5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その16

1 :詠み人知らず:04/12/08 00:07:39
二人で一つの二人三脚。
私は発句。あなたは挙句。連歌などどうでしょう? (by 岩男さん)

 過去スレ >>2-3あたり

2 :詠み人知らず:04/12/08 00:08:49
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その15
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1077652694/
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その14
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1062020362/
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その13
http://game.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1054391758/
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その12
http://game.2ch.net/tanka/kako/1046/10465/1046565508.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その11
http://game.2ch.net/tanka/kako/1040/10406/1040621201.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪その10
http://game.2ch.net/tanka/kako/1031/10314/1031447991.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その9
http://game.2ch.net/tanka/kako/1022/10223/1022374591.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その8
http://game.2ch.net/tanka/kako/1015/10158/1015862993.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その7
http://game.2ch.net/tanka/kako/1011/10112/1011278049.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その6
http://game.2ch.net/tanka/kako/1004/10041/1004146972.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その5
http://game.2ch.net/tanka/kako/998/998624320.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その4
http://game.2ch.net/tanka/kako/991/991446331.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その3
http://game.2ch.net/tanka/kako/986/986415875.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪♪その2
http://game.2ch.net/tanka/kako/980/980220255.html
七七を 付けてちょーだい お願いね♪
http://game.2ch.net/tanka/kako/960/960291919.html


3 :ゆきの@携帯から:04/12/08 13:40:24
前スレ>>998
がんばるぞとて
徹夜で励む

久々に
出して眺める
卒アルは

4 :詠み人知らず:04/12/08 14:07:00
ワタシの隣
見知らぬ笑顔

つむぎ繰る
挙句発句の
妙は難し


5 :詠み人知らず:04/12/08 19:18:17
難産なれど
できはいまいち

このよでも
あのよでもとは
ちかいしが


6 :ねむたん(-д-):04/12/08 20:22:14
一度目破れ
二度目の誓い

冬眠の
熊の子として
生まれたか

7 :詠み人知らず:04/12/08 22:01:58
たらちねの胎
そら豆のゆめ

すぎこしの
ヒイラギの棘
あかき実を

8 :紅色:04/12/08 23:26:57
幾たびながめ
おとなとなりぬ

こっそりと
しこみをするは
おやごころ

9 :詠み人知らず:04/12/09 00:37:50
しこしこするは
こどもごころか?

部下の胸
Tシャツの柄
「背苦覇羅」と

10 :詠み人知らず:04/12/09 13:41:55
元族のくせ
何を言いたい

セクハラで
仕留めた女房
脇におり

11 :詠み人知らず:04/12/09 19:36:28
いまはセクハラ
受ける身になり

英の世に
漱石逝きて
それから の

12 :紅色:04/12/09 22:15:31
透かしてみるは
おのれゆくさき

レンコンの
泥を洗えば
しろきかな

13 :ね、無為:04/12/10 01:30:40
熱気を秘めて
心の空虚

血管の
穴が奪いし
自由とは



14 :QRZ:04/12/10 02:55:18

コレステロール共倒れする

涙してねぶかむかるる白さかな

15 :詠み人知らず:04/12/10 04:36:31
みず滝に散り
よせてなべする

病し床
まだ明けきらぬ
朝の月



16 :詠み人知らず:04/12/10 10:06:39
薄き光に
我が身重ねつ

冬来れば
春遠からじと
言うものの

17 :詠み人知らず:04/12/10 14:24:34
ちぢみあがりし
かりごやの雪

しのぶれど
やまこしの恋
空を渡りて



18 :◆N.T.nuy0nw :04/12/10 16:24:44
想いし人の
夢を訪ねん

風雪の
中を駆け行く
わが御魂


19 :詠み人知らず:04/12/10 19:50:17
平安の鐘
山里に降る

風花の
散るを仰ぎて
すみいろの

20 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/10 21:45:07
雪の刈田に
青鷺の群

手袋を
はめてかばんを
持ち上げる

21 :くすりやさん:04/12/10 21:48:17
ろくぶてなぁんて
いっちゃった君

マフラーを
編んでみました
クリスマス

22 :QRZ:04/12/10 21:56:06

雲のはたてに春光を見る

来し方をかえりみすればセピア色

23 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/10 21:58:43
もどれないから
前に進もう

この線路
きっと明日に
続いてる

24 :QRZ:04/12/10 22:08:00
# ↑>>19につなげるつもりで遅刻しました――次の方無視してくださっても、これでつないで下さっても――

25 :QRZ:04/12/10 22:10:58
#つながっちゃってた――早い列車ですね――ありがとうございました

26 :くすりやさん:04/12/10 22:22:17
戻って来るよ
メビウスの輪で

時間とは
始めと終わり
あるかしら

27 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/10 22:25:04
君に出会える
前のわたくし

赤ちゃんも
年よりもいる
大所帯

28 :詠み人知らず:04/12/11 00:02:20
時の彼方の
晴れやかな日々

終わり無き
輪廻の中に
我が居り



29 :詠み人知らず:04/12/11 00:12:46
遠くに立ちて
想い届かず

暑き冬
心は枯れし
越年草

30 :詠み人知らず:04/12/11 05:48:00
薫風慕ひて
露ぞのみける

白桜
ゲレンデの雪
まちぼうけ

31 :詠み人知らず:04/12/12 11:43:01
いよいよきたる
かがやくせかい

わんこでも
スキーを履いて
カッ疾ぶ時代


32 :ねむたん(-д-):04/12/12 11:58:03
寒がりオイラ
こたつにみかん

ああ寒い
外に出るのも
マンドクセ


33 :QRZ:04/12/12 14:52:54

夜目にもちらりはらり風花

バニーガールに着替えしばらくまるはだか


34 :詠み人知らず:04/12/12 17:34:31
>>33
震える笑顔
ニヤけるオヤジ

白き朝
今日もペダルを
踏みしめて

35 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :04/12/12 17:35:51

コテ入れ忘れたw
あとレス番はキニシナイ!

36 :詠み人知らず:04/12/12 20:16:22
いざ往かんいざ
ゆきの轍を

アイロンを
かけし手のシワ
ふと眺む

37 :詠み人知らず:04/12/12 22:42:39
柔軟剤に
浸してみるか

ごめんなさい
悪妻の上に
歳とって



38 :詠み人知らず:04/12/12 23:23:22
許してあげる
まゆつば付けて

戻らない
姿雪降る
クリスマス

39 :詠み人知らず:04/12/13 04:11:25
面影びとは
橇を駆り往く

いずる息
肺に沁み込む
寒椿

40 :詠み人知らず:04/12/13 18:04:44
むせる吐息に
血滲む吐息

軒下に
吊り連なる
大根の

41 :40:04/12/13 18:07:19
↑むせる吐息に
 血滲むつばき

42 :紅色:04/12/13 19:49:49
しんなり具合は
世渡りのあと

沢庵の
墨跡掛けて
茶を点てる

43 :詠み人知らず:04/12/13 20:45:52
紫雲たなびき
けさと流るる

湯豆腐に
清み酒二合
大徳寺

44 :詠み人知らず:04/12/13 21:39:01
ぬるり味あう
底冷えの床

くだらねぇ
事ばかりじゃないか
人生は

45 :詠み人知らず:04/12/13 21:56:10
これじゃ うまれて
きたかいがねえ

みじかくも
ほそくいきては
首をつる


46 :詠み人知らず:04/12/13 22:01:17
新巻きサケの
歳暮たずさえ

我に問う
良く死ぬことは
よく生きよ

47 :詠み人知らず:04/12/13 22:33:20
病床に挑む
ミクロコスモス

名人に
香車を引いて
勝つまでは

48 :ねむたん(-д-):04/12/13 23:17:00
蹴飛ばし散らし
勝ちは譲らじ

白と黒
返し返され
また返す

49 :旧古今後家集:04/12/14 00:12:31
かぶりつきなら
譲り合いませう

イスラムの
こすにこせない
神の国


50 :詠み人知らず:04/12/14 10:38:18
河わかれまた
海と交わる

北天の
ポラリスを指し
白き未知ゆく

51 :詠み人知らず:04/12/14 19:18:04
↑50 ありゃりゃ。字余り直します!
北天の
ポラリスを指し
みちをしる

52 :ねむたん(-д-):04/12/14 19:23:28
流れる星を
旅の友とし

夕暮れに
弓引く乙女
天駆けて

53 :詠み人知らず:04/12/15 00:54:06
きみ射るな其の 
 矢のさきは闇   #アルテミスへ

ありし日は
袖の氷柱と
なりけるも

54 :詠み人知らず:04/12/15 11:33:48
今は涙も
涸れし空蝉

暗黒の
光無き世に
生を受け

55 :叢雲太夫:04/12/15 13:03:51
救いとならん
きよしこの夜

響く鐘
ひとそれぞれに
思いあり

56 :詠み人知らず:04/12/15 13:34:36
いま祈りしは
福引の鐘

門前で
そばがき屠り
寺参り



57 :詠み人知らず:04/12/15 18:24:58
四十七士の
勝鬨はるか

義の廃たる
浮世の月を
見上げれば

58 :詠み人知らず :04/12/15 18:59:24
としよりころす
暴力横行

法治より
義理で収める
神の国


59 :詠み人知らず:04/12/15 19:09:59
あいさつまわり
気疲ればかり

来年を
チラリとみたり
カレンダー

60 :とらたぬ ◆HmqLf3qSgk :04/12/15 20:03:22
密かに○を
付けたる「あの」日

来年に
思い馳せれど
ふと気づきゃ

61 :詠み人知らず:04/12/15 20:20:29
表紙のみ無い 今年の暦

冬ざれに 耳きれつつも 問屋街

62 :ねむたん(-д-):04/12/15 20:26:17
白紙のままの
葉書の山よ

そこの猫
寒くはないか
抱いたろか

63 :ねむたん(-д-):04/12/15 20:27:08
リロし忘れたー!
>>62>>60の続きです。ごめん。

64 :詠み人知らず:04/12/15 22:11:23
>>61-62拝受

痩せ犬ありて
また寒し

マッチ売る
少女の姿
見えざりし

65 :詠み人知らず:04/12/15 22:14:31
違うものでも
売っているのか

意味深な
童話あらゆる
国にあり

66 :詠み人知らず:04/12/15 22:27:48
汚れし大人
童話を読めり

今日もまた
つぶらな瞳
世を去りぬ


67 :詠み人知らず:04/12/16 19:24:50
われぶらぶらと
日を過ぎるなり

生きていて
すこしは役に
たつのかな

68 :ゆきの@携帯から:04/12/16 21:51:41
僅かな希望を
胸に脱ヒキ

今日もまた
意味成さぬまま
過ぎていく

69 :遥かな道:04/12/16 22:08:50
そうはいっても
尊きいのち

軒下に
イルミネーションの
飾りつけ

70 :ねむたん(-д-):04/12/16 22:50:59
独り空しく
迎える聖夜

サンタさん
眠れる夜を
くださいよ

71 :詠み人知らず:04/12/16 23:27:16
よぉしピーター
窓に遣わす

凍てつけど
空飛ぶベッド
乗りたし夜も

72 :QRZ:04/12/19 00:41:42

箒じゃやっぱり安定わるいか

異端異教もそわそわやがて降誕祭

73 :詠み人知らず:04/12/19 16:25:34
零時まわれば 春の海♪かな

雲紅し 仰ぎて夜は 雪なるを

74 :詠み人知らず:04/12/19 22:07:54
白組勝利の
印と見しかな

年の瀬も
公転軌道の
通過点

75 :ねむたん(-д-):04/12/19 23:19:56
いったい今年で
何億回目

オリオンと
牡牛と双子
おおいぬ座

76 :詠み人知らず:04/12/20 00:48:56
君はコスモを
感じているか

メルトモに
写メ送ったら
返事無し

77 :詠み人知らず:04/12/20 01:22:37
あとできがつく
ウイルスがえし


としのせに
こどものなやみ
おいかねて



78 :詠み人知らず:04/12/20 04:01:14
一瞬の光 永遠の闇

隙間風 火影ゆらめき 映りしは


79 :詠み人知らず:04/12/20 04:27:59
金欠病の
君の横顔

父さんは
サンタなのかと
児に聞かれ

80 :詠み人知らず:04/12/20 14:56:47
むかしはそうよ
今日から君だ

こにおしう
ものにまよひて
いまなやむ

81 :詠み人知らず:04/12/20 16:08:49

http://ringoriri.fc2web.com/28/vci/ 最近、この子に萌え。


     まじヤバイ・・

                リリカぁ、俺とも頼む・・・



82 :◆OHE9frLDk. :04/12/20 16:18:19
そのめでうつせ
ながためのわれ

吾子求め
仕事も趣味も
色褪せん

83 :詠み人知らず:04/12/20 17:49:23
そんな時代が
なつかしきかな

たはむれに
息子を背負いて
そのあまり

84 :詠み人知らず:04/12/20 18:01:39
腰を痛めて
我が歳を知る

大掃除
はかどらないね
その訳は

85 :ねむたん(-д-):04/12/20 18:37:46
2ちゃんに来ては
歌を詠むから

電線の
鳥を避けつつ
歩く道



86 :詠み人知らず:04/12/20 20:16:58
野糞を踏みて
鳥に笑わる

天災は
忘れたころに
来るといふ

87 :詠み人知らず:04/12/20 21:07:29
乾パンラヂオ
かばんに詰めて

暗くした
押入の中
探検だ

88 :遥かな道:04/12/20 21:41:57
サンタの預けた
おもちゃ発見

十歳の
時を映すか
ルミナリエ

89 :ねむたん(-д-):04/12/21 21:41:24
光に託せし
思い新たに

ついに来た
ビデオデッキも
寿命かな



90 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/21 21:49:19
DVDが
出番を待てり

憧れの
一眼レフ付き
デジカメや

91 :詠み人知らず:04/12/22 00:39:36
腕が粗末で
豚に真珠か

誕生日
息子がねだる
PSP

92 :詠み人知らず:04/12/22 20:53:43
百人一首で
わたしゃアナログ

日めくりの
こすぷれゲームで
おとなかな

93 :QRZ :04/12/24 05:16:33

インクジェットは買ってみたけど

姫いじめ初めもどきの二日三日

94 :詠み人知らず:04/12/27 23:28:08
年末年始
昼もサービス

掃除して
ほこりまみれの
御ふだかな

95 :詠み人知らず:04/12/28 00:59:57
御利益なくて
あたりまえだな

納会に
出ないで休暇
大掃除

96 :遥かな道:04/12/28 01:17:46
昇進なしに
来期迎える

週末を
含んで来年の
三が日

97 :zzz:04/12/28 01:27:28
魂洗う
アルコールにて

下戸の泣く
正月帰省の
友の酒

98 :詠み人知らず:04/12/28 01:29:00

http://rinrinka.value-net.net/28/vci/ 最近、この子に萌え。


     まじヤバイ・・

                リリカぁ、俺とも頼む・・・



99 :zzz:04/12/28 01:34:26
頼む友にも
李下の契りが

燃え滾る
マグマの如し
怒りかな

100 :紅色:04/12/28 13:52:34
蔵王権現
片足立ちに

101 :紅色追記:04/12/28 15:42:19
丹頂の
声は遠くの
静けさよ


102 :詠み人知らず:04/12/28 17:19:43
薄日こもりて
鉄瓶の沸く

103 :詠み人知らず:04/12/29 02:36:00
大晦日
掃除に追われて
年は過ぎ

104 :ねむたん(-д-):04/12/29 10:11:28
ふと気が付けば
除夜の鐘鳴る

105 :ゆきちゃん ◆eVG0LR8.hk :04/12/31 17:32:24
大晦日
紅白よりも
575を

106 :ね、無為:04/12/31 18:01:04
書類横目に
とりちらかして

>ほんまに眠いし。年越しの書類山盛り。

107 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/01 08:54:56
初詣冬将軍がお通りだ

108 :とらたぬ ◆HmqLf3qSgk :05/01/02 07:59:18
身の引き締まる
年の初めか

109 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/03 22:01:07
正月の気持ちは抜けぬ日は過ぎて

110 :ねむたん(-д-):05/01/03 23:04:15
明日は社長の
年頭訓辞

雪の後
どこへも行かぬ
三が日

111 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/03 23:12:13
初詣参りも
行き損ねて

大波に
流され一家
散り散りに

112 :遥かな道:05/01/03 23:27:47
蓮のうてなに
出会いたまいし

安かれと
わが身を替えて
願いしものを

113 :サイバラ式:05/01/03 23:42:28
たたみいわしの
一山百円

初売りは
戒厳令下の
縁日で

114 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/04 02:39:36
手に入れしもの
幸せ ぬくもり

伝わらない
理解得られる
我の想い

115 :詠み人知らず:05/01/06 01:40:57
朝陽となりて
彼の君瞼

あすははや
七草なりに
どく落とし

116 :zzz:05/01/06 01:49:46
七年越しの
彼を溶かして

シチューかな
ドア越しに香る
光景

117 :ゆきの@携帯から:05/01/06 09:31:40
漂う香りに足早になって

あれこれと悩んだ末に決めるのは

118 :詠み人知らず:05/01/06 13:08:08
中途半端な役立たず


ダイエット
今年こそはと 走りこみ

119 :詠み人知らず:05/01/06 13:09:00
↑ごめん、つけたし

中途半端な役立たずかな

120 :詠み人知らず:05/01/06 19:41:39
まろびて骨粗と己が歳知る

若菜摘む妹が背の山光射す

121 :QRZ :05/01/06 23:13:11

七草がゆはセットで買えと

年甲斐もなくまろびあいつつ

122 :QRZ :05/01/07 01:03:27
すみません、下5落としました、今入れます。

123 :QRZ :05/01/07 01:10:55
#121訂正
 下5でない上5にします 下5は字余りにします
 
丘のべに年甲斐もなくまろびあいつつ

124 :遥かな道:05/01/07 01:24:34
春のぬくもり胸の火ともす

箱に居る唐土の鳥か若菜もか



125 :zzz:05/01/07 01:33:15
谷間に隙間の春を告ぐ

新春に
鈍感な人
急増中

126 :遥かな道:05/01/07 01:41:22
エアコンたのみ常春の国

初春と
フォントを選ぶ
書初めや

127 :zzz:05/01/07 01:45:29
手書きが一番
いいと知りつつ

莫山先生
みつを先生
フォントでき

128 :詠み人知らず:05/01/07 10:10:25
添えるイラスト
実篤センセ

いたずらに
日々を啜って
粥柱



129 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/07 11:02:52
なかなか莫り
仲良き夫婦

とりやすい
ところからとる
歌留多とり

130 :詠み人知らず:05/01/07 11:59:33
好きな娘の手に
わざと触れ

そんなこと 
しちゃいけません
先生が

131 :詠み人知らず:05/01/07 12:52:55
不実な戀を
すわ木鷽がゑ

おごそかに
積もりて昭和
雪の下



132 :詠み人知らず:05/01/07 12:57:57
平成の世に
見付かる遺体

時効だが
やはり知りたい
真犯人

133 :ねむたん(-д-):05/01/07 22:54:34
三億円は
伝説となる

きな粉餅
雑煮お汁粉
食べ過ぎて

134 :詠み人知らず:05/01/08 00:09:08
凭れて三日
滋味なり慈愛

大宰府の
煙に巻かれて
鬼が泣く


135 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/09 00:38:55
道真公の冥福祈り

人生の
節目節目は
雨の日か

136 :無名氏:05/01/09 02:26:15
吐息にかすむ 
大橋の灯(ひ)も

元彼の
メール短く
雪の朝


137 :詠み人知らず:05/01/09 04:32:45
枝の雪崩音 鳥も舞い立つ

吸い呑みの脇で見守る雪うさぎ

138 :紅色:05/01/09 14:36:50
露地の万両
重たくしなり

受け箱に
年賀見に行く
ちゃんちゃんこ

139 :詠み人知らず:05/01/09 17:38:23
路地の角まで
つい雪まろげ

柑橘の
かほり漂う
ふみ炙り




140 :詠み人知らず:05/01/09 22:53:00
兄妹仲良く
瓶詰めの地獄

名も知らぬ
遠き島より
流れ着く

141 :遥かな道:05/01/09 23:11:26
椰子の実ひとつ
故郷いづこ

    そのまんまでごめん!自然に出てきた

宵恵比寿
笹にほのかな
恋も付け

142 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/09 23:25:44
風花の舞う
行方も知らず

143 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/09 23:27:07
いつよりか
ふりだしている
音もなく

144 :ゆきの@携帯から:05/01/09 23:35:31
積もりし雪に
消えゆくおもひで

あでやかに
全身纏う
振袖は

145 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/09 23:37:34
さくらふぶきの
宵闇の色

ささやきが
風に紛れて
花吹雪

146 :詠み人知らず:05/01/09 23:47:02
ア行だったか♪
サ行だったか…

因果とて
瓶詰め兄弟
ひねり出し

147 :詠み人知らず:05/01/10 10:06:58
あの七色の
ビ〜玉何処

瓶に詰め
土深く埋め
たあの頃

148 :ゆきの@携帯:05/01/10 11:23:09
今忘れ去られて
永遠の眠り

新成人
市長の話し
馬耳東風

149 :遥かな道:05/01/10 11:36:38
彼が主か
春は来たらじ

赤飯も
どこ吹く風の
祝い膳

150 :無名氏:05/01/10 20:09:26
見知らぬ伯母に
酒を強いられ

耳紅く
染める従弟(いとこ)の
銀ピアス

151 :ゆきの@携帯:05/01/11 01:22:58
揺らせて歩けば
きらりと光って

この国の未来担うは若人よ

152 :詠み人知らず:05/01/11 19:42:08
思い動けば
半ばは成せる

養生を
心配しての
腹八分

153 :ゆきの@携帯:05/01/11 20:07:19
腹虫鳴いても
飯食うなと

この先を行こう行くまいと立ち往生

154 :詠み人知らず:05/01/11 20:09:52
どちらにいくも 出たとこ勝負

このくには ほろぶといわれし 三四郎


155 :QRZ:05/01/12 02:37:49

角灯ならば似合う赤門

歳明けてどよもして来る時間空間

156 :詠み人知らず:05/01/12 11:09:00
かた越しのかげ漠とつのける

錐揉まれ軸なき凧のひのもとよ

157 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/12 12:23:24
主なきとて春な忘れそ  #ぱくり初め

いつのまに連なっている句会かな

158 :詠み人知らず:05/01/12 13:11:25
挙句の果てを知る者ぞ無き

利払いのために国債出し続け

159 :詠み人知らず:05/01/12 17:10:06
やがてまたるる 徳政令が

はかつくりおむかえまてどまだしねず


160 :ゆきの@携帯:05/01/12 18:47:50
生きて棺にぞ入る夢見る

遠方に輝く石を手にとれば

161 :詠み人知らず:05/01/13 04:54:59
ぐらつく足元消える視界よ

162 :詠み人知らず:05/01/13 04:57:04
ぐらつく足元消える視界よ


冴える夜の 寂しさまぎらす 庭のバラ

163 :遥かな道:05/01/13 11:51:12
凛として咲くや
しじまのなかに

いざ発てよ
かくも厳しき
荒波に



164 :風流人:05/01/13 13:02:35
妻の背見つつ
鴎鳴くらむ

寒々と
遠く浮かべる
岩ひとつ


165 :詠み人知らず:05/01/13 14:55:40
励ますような
宵の月

バスを待つ
靴の中にも
霜ばしら




166 :詠み人知らず:05/01/13 15:32:20
母迎え出る大漁旗


恋心 桃に染めたる爪の先

167 :詠み人知らず:05/01/13 15:37:57
もとい
165
香り恋しい石焼き芋


恋心 桃に染めたる爪の先

168 :風流人:05/01/13 16:14:13
彼に見せたや 見せたくも無し

古の人は言はばや
恋の道 

169 :◆OHE9frLDk. :05/01/13 17:59:18
赤き華咲く
茨木の道

蒼き月
幼き頃の
影映し

170 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/13 19:07:44
帽子の下の 顔がみえない

初釜に
滾る湯ありて
ほころびぬ

171 :詠み人知らず:05/01/13 20:01:26
こぞわりし椀
継金熱し

焼き物の
口舌聞きて
いきをはく


172 :詠み人知らず:05/01/13 21:55:40
香に八寸
ぶぶが本命

暁に
三十畳で
開け放し

173 :詠み人知らず:05/01/14 01:29:27
眼下の海で
鯨釣る

寒檠に
くちびる紅し
切子盃


174 :QRZ:05/01/14 02:06:04

きれあがってるというはこのこと?

寒灯のまたたくひまを相聞譜

175 :詠み人知らず:05/01/14 03:09:33

影を見立てに宵越しのとこ

暁紅に鶏啼くや寒卵


176 :風流人:05/01/14 09:42:23
抱へて春を
耐へて待つらむ

音絶へし夜半に目覚めぬ悲しさに

177 :風流人:05/01/14 09:45:02
もとい
音絶へし夜半に目覚めし悲しさに

178 :◆OHE9frLDk. :05/01/14 12:57:50
梅酒かたむけしのぶ過ぎし日

胸に染む水滴の音夜深く

179 :詠み人知らず:05/01/14 15:20:52

湯殿のぞける出羽の寒月

明か時の竈に参りし粥占の

180 :紅色:05/01/14 21:52:36
ほむらきらめく
百年の土間

吹雪山
竹をいくつか
みちしるべ

181 :QRZ:05/01/14 22:28:30

こけしまつげのことさらに濃き

共通テスト今夜ホテルと親苦笑い

182 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/14 23:09:03
なぜか東京 大雪特異日

私も共通テストは雪のなか

183 :15の君:05/01/15 00:17:52
テストなど受けたくないさおれたちは

184 :詠み人知らず:05/01/15 20:30:08
篩いが欲しい
大人の狡さ

降る雪や
青春遠く
なりにけり
(すまんです!!)

185 :風流人:05/01/15 21:37:28
老いたる目にも
雪は見えつる

人知れぬ
寒の山路に
迷ひける


186 :遥かな道:05/01/15 21:47:22
手折りたる枝の
新しきかな

たよりなき
迷いを払う
道しるべ

187 :風流人:05/01/15 21:55:09
一人で生きよと
神が言いつる

極寒に鳥も潜みぬ
山奥に

188 :詠み人知らず:05/01/15 22:06:12
さとにすめない
けんじゅのこころ

うまいうた
であってみたいな
しぬまでに


189 :詠み人知らず:05/01/15 22:10:54
気づかずにもう
会ってるかもね

正月に
増えた体重
減らぬまま

190 :風流人:05/01/15 22:11:20
それは無理だと
わたしが言うよ

人恋し時はどうする
夜鳴き鳥

191 :詠み人知らず:05/01/15 22:15:07
ちゃるめらかなし
かじるみょうじょう

よのなかは
こんなにせわし
めくるめき


192 :詠み人知らず:05/01/16 19:41:10
冬物値引き
人を掻き分け

そろそろと
明るい服を
試着室

193 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/16 21:35:17
鏡に映るは暗め我が面

寒き冬若気パワーに暖を取る

194 :詠み人知らず:05/01/16 21:56:00
フグ食べて
幸せ感じる
この季節

195 :ねむたん(-д-):05/01/16 23:43:10
>>193
吸血鬼かと 若者怯え

>>194
熱燗つけて
さらに幸せ



着膨れて
混み合う電車
曇る窓



196 :QRZ:05/01/17 00:12:14

着やせのひとが長湯している

だるま市今宵どこまでめぐっている

197 :詠み人知らず:05/01/17 07:15:32

居間の大師は五順目なりき

縁起棚おおらかなるや神仏


198 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/17 09:24:32
合格祈願 キティお守り

厳寒の入学試験なつかしき

199 :詠み人知らず:05/01/17 10:34:39
かおはひえても
てゆびはあつく


200 :詠み人知らず:05/01/17 11:02:07
人生の出会い別れは鉄道よ

201 :詠み人知らず:05/01/17 13:39:22
一緒になれぬ
二人は並路


202 :詠み人知らず:05/01/17 13:41:23
同じ道なれど行く先散り散りに

203 :詠み人知らず:05/01/17 21:37:22
お伊勢まいりか谷汲詣で

よっこらと縁に腰掛け与太話

204 :QRZ:05/01/18 23:11:28

即身仏があくびしている

寒に入り滅びの星は美しき

205 :漂太:05/01/19 01:31:07
水垢離をするはりつめた朝

紛争を洗い流して欲しかった

206 :紅色:05/01/19 22:17:17
しつこい焦げの鍋にあかぎれ

上州のお湯に浸かってああといふ



207 :遥かな道:05/01/20 01:34:17
旅に行きたし寒のきびしさ
 
灯油缶いくつ数えて春を待つ

208 :漂太:05/01/20 02:03:27
君に会いたい昏い空見る

流木の焚き火にあたる人も無く

209 :zzz:05/01/20 02:10:39
凍る海を
独り見ていた

美しさ
生命の息を
飲み込んで

210 :詠み人知らず:05/01/20 18:52:14
君は風船蹴り上げたっけ

寒椿の花びら道に散り敷いて

211 :遥かな道:05/01/20 21:01:11
去りにし人の跡のはかなく

今はただ幸せという君がいて

212 :ねむ:05/01/20 21:07:47
ふと行く末の重さ垣間見

こしかたは思いがけないこと多く

213 :QRZ:05/01/20 21:48:16

ともに語らずささやかの過去

寒灯を消しては点(とも)す旅のつれづれ

214 :詠み人知らず:05/01/20 23:08:44
希望を捨てるん
じゃないよ,マルコ
−−−−−−−−−−
40歳
学年でいうと
1コ上w

215 :遥かな道:05/01/20 23:24:46
年を頼みに先輩といい

ライターの炎はしばし爪に映え

216 :詠み人知らず:05/01/20 23:37:52
壁に綴った
とがなくてしす

あの時は
酒が入って
いたからねぇ

217 :詠み人知らず:05/01/20 23:44:27
こしがぬけてて
やくたたずでね

じふしんの
あまりのつよき
はらがたち

218 :ゆきの@携帯:05/01/21 18:23:20
人を悪く言い
強がってみる

佇めば
ほんとになるのか
雪だるま

219 :俳諧老人:05/01/21 18:50:36
つれない人の
窓を見詰めて

夢に見る
故郷の人は
若いまま



220 :詠み人知らず :05/01/21 19:14:46
かえるところに
あるまじきとは

ははのかお
ちちのすがたに
なみだぐむ


221 :詠み人知らず:05/01/21 19:20:22
苦労かけたと
言葉には出ず

夢だけを
追って漂泊
二十年

222 :詠み人知らず:05/01/21 20:59:32
フジツボ背負う
器量となりて

初恋の
あねさん女房
おもひだす

223 :詠み人知らず:05/01/21 21:25:36
一人のわけを
人に語らず

人生の
折り返し点
目の前に

224 :ねむ:05/01/22 00:58:09
未だとどまる夢の数々

名残惜しきみずみずとする肌の日々

225 :豊中の女:05/01/22 01:25:59
母のおもひに後悔おさえ

いきをせず耐えてうえみるしろいつき


226 :無名氏:05/01/22 01:39:30
己身の弥陀の姿こそ思へ

雪やみて風ひとつだになかりけり



227 :QRZ:05/01/22 03:04:53

夜陰うるおふ女身ナルシス

春光のデジャヴュはるかにエーゲ海ゆく


228 :QRZ:05/01/22 03:07:12
夜陰うるおふ女身ナルシス

春光のデジャヴュはるかにエーゲ海ゆく

229 :QRZ:05/01/22 03:10:36
# すみません、訂正をあせり二重入力になりました。以下訂正です。

夜陰うるおふ女身ナルシス

春光のデジャヴュはるかにエーゲ海

230 :詠み人知らず:05/01/22 15:17:43
そをええ下界よのと人の言う

好きなのに好きだと言えず過ぎていく

231 :漂太:05/01/22 21:33:51
去年の秋も今年の春も

色恋を
追っていた日は
今昔

232 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/22 23:07:30
水母海亀
生胆もとめ

大雪で
降りてこられぬ
はぐれ熊

233 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 00:06:23
人里に出でて蜂の巣になり

眠れぬ日携帯片手にメール打ち

234 :ねむ:05/01/23 00:27:45
子が求めいる「吾を識る人」

眠れぬ夜 月の凍える 音のして

235 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 01:18:25
時計手に取る
今日も夜更かし

思い出す
俳句覚えた
あの頃を

236 :無名氏:05/01/23 01:25:22
まなこに砂をそそぐ妖精
コーヒーをさまし無聊を慰むる

237 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 01:37:17
渦巻くクリーム
スプーンで弄り

すれ違い
いつかどこかで
見た人と

238 :無名氏:05/01/23 02:28:57
同じ夜空を仰ぐ冬の灯
コンタクトはずし思い出遠ざかる

239 :ゆずぱっぱ:05/01/23 02:42:22
ぼやけきらめく
輝きの日々

遠いほど
速く離れる
そうですよ

240 :詠み人知らず:05/01/23 03:26:14
いえちがいます
とまってみえます

望遠の
すんずまりなる
ひともよう


241 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 09:39:33
人塵のようと子らの言う

242 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 09:49:06
人肌が恋しき布団を抱きしめて

243 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 10:39:34
訂正)人肌が恋しく布団を抱きしめて

244 :詠み人知らず:05/01/23 13:15:48
ぬれたあなたが
しのばれうれし

ともになき
こころのまじり
あさあらた


245 :紅色:05/01/23 18:22:09
つとめにいそぐ
あしおとひびき

窓開けて
澄み渡る冬
胸にいれ

246 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 19:06:05
今日も出陣
いざ行かんとす

寒きかな
思いて窓を
明けて見る

247 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/23 22:00:19
ごめん、訂正…

寒きかな
思いて窓を
開けて見る

248 :詠み人知らず:05/01/23 22:32:57
ほほにとけくる
ゆきのちいさき

てがかじみ
おもひもこおる
さむきへや

249 :無名氏:05/01/23 22:41:29
明日からは女子大生が住むという

世間とはいかなるものか入社式

250 :無名氏:05/01/23 22:45:23
あ、訂正します!
明日女子大生借主となる

世間とはいかなるものか入社式

251 :詠み人知らず:05/01/23 22:57:56
大人にならめ
そのつらがまえ

のびゆけば
くにのたからぞ
おしむべし


252 :ゆきの@携帯:05/01/23 23:23:26
小林、宅間よ反省しる!

ゴミ屑よつまらん喧嘩はやめなはれ

253 :詠み人知らず:05/01/24 02:30:44
あっち行ってチョンチョン
こっち来てチョン

息しろき
ふゆぞらのあさ
ベランダで


254 :詠み人知らず:05/01/24 14:10:36
のそくすかうと
さむざむそよぐ

あさがきた
まぶしいかぎり
めがあかぬ


255 :ゆきの@携帯:05/01/24 21:47:42
この愚者にも今日がこようとは

凍てついたフロントガラス爪で掻く

256 :詠み人知らず:05/01/24 22:01:10
わかればなしを
ただでやるとは

なさけなや
こんなあほにさえ
ふらるとは



257 :ゆずぱっぱ:05/01/25 03:04:59
あめにふられて
なさけめにしむ

なぜかしら
右目だけから
涙出る



258 :無名氏:05/01/25 04:05:27
さざんかの葉に
そっとうけとり

赤ワイン
飲みつつ含む
チョコケーキ




259 :ゆきの@携帯:05/01/25 07:00:10
溶けくる思い出苦くも甘き

どうせなら時間よ止まれと願うが

260 :詠み人知らず:05/01/25 10:00:02
止まらぬ時もまた楽しけり

ちゅんちゅんと小鳥さえずる寒い朝

261 :紅色:05/01/25 22:05:35
出るに出られぬふとんの温み

梅林の香り高きと伝え聞き

262 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/25 22:34:57
時雨れて暮れる無念を想う

遅ればせ大雪寒波もとをとる

263 :詠み人知らず:05/01/25 22:35:22

法華経唱へ春をまつたけ

春隣 蕗味噌食べたし まどい月



264 :詠み人知らず:05/01/25 22:43:00
つめたいしせん
ひるまのきみは

つきこわし
なきごえたかし
まごだきぬ



265 :263:05/01/25 23:09:01
261〜のつもりでリロ誤爆でした。スミマセン。261-263-264〜ですね。

ちさき命の雄雄しさ照れる

硝子戸に映りし吾が身背の丸さ


266 :263:05/01/25 23:11:44
うわっスミマセン!261-262-264でした!あかね様失礼をば。

267 :ゆきの@携帯:05/01/26 07:07:55
過ぎし年を恨めしく思い

再会の最初の言葉「えーと誰?」

268 :遥かな道:05/01/26 12:04:39
同じ言葉にちと不満足

過ぎし日の色紙色あせ恋も消え



269 :詠み人知らず:05/01/26 12:24:19
想い褪せても褪せぬ思い出

懐かしき思い出の道歩きつつ

270 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/26 13:57:35
百円拾うここに幸あり

橋の上すれ違いざま触れる袖

271 :詠み人知らず:05/01/26 18:01:48
たもとで気付くこころ盗びと

すな留めて明かし暮すは数あわせ

272 :詠み人知らず:05/01/26 18:30:14
今はもう ダブルナックル フィストにて

あや度知恵でも 笑うまぞなき

273 :漂太:05/01/27 00:52:55
>>271カラ?
時計のくびれにぶら下がってる

砂時計
中に流れる
時を止め

274 :QRZ:05/01/27 04:31:03

雑煮ラーメンおまちどうさま

シリウスです! などいうキザも言ってみたい

275 :ゆきの@携帯:05/01/27 04:59:45
輝く君いと近寄り難いが

最低と思う日多し年頃か

276 :ばかにゅーす(W):05/01/27 11:54:45
しゃかいのまどは
おおきくあけど

きみのこと
わすれてはげむ
いきること


277 :詠み人知らず:05/01/27 17:27:33
そのうちきっと春になるから

何草のロゼットだろう青々と



278 :ゆきの@携帯:05/01/27 20:38:49
春の開花の
可能性秘める

新聞を
広げ親父の
真似をする

279 :紅色:05/01/27 22:30:04
週刊誌ネタ
脇目でチラリ

中吊りを
見飽きた頃に
土手日なた

280 :詠み人知らず:05/01/27 23:23:21
むかしデイトの
川面はずかし

281 :詠み人知らず:05/01/27 23:25:37
はきだせど
こころにすまう
おりこびり

282 :ねむ:05/01/27 23:42:58
しばらく放置
しておこう

仲直り
できるだろうか
あの人と

283 :詠み人知らず:05/01/28 01:45:22
ゆるすこころは
ほころびおえぬ


284 :詠み人知らず:05/01/28 01:49:40
あひみても
みあげてのぞく
ずるさみせ


285 :ゆきの@携帯:05/01/28 20:46:50
あくびの振りで
カンニングする

この頃はテレビのセンスもゼロなると

286 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/28 21:49:03
薄型液晶
大画面など

壁掛けの
テレビに映る
壁の花

287 :漂太:05/01/29 02:19:54
ぼくと踊っていただけませんか

現実を
とりあえず見よ
目を開けて

288 :詠み人知らず:05/01/29 03:24:58
足ると足らずを
知るは福豆

寒鴉
狩りてあしたは
鳩うとう

289 :詠み人知らず:05/01/29 11:33:23
食えぬものより
食えるものをと

人はパン
のみにて生きる
ものなるか

290 :遥かな道:05/01/29 12:30:05
お菓子もあれば
おにぎりもある
   m(__)m
訂正
豊かなこころまさに糧なり


大寒の衣ぬぎすて春隣

291 :詠み人知らず:05/01/29 14:02:09
まだぎこちない鶯の声

北野社に梅林ガルのガイド嬢

292 :詠み人知らず:05/01/29 15:35:05
御一行様 里訛り濃く

母馬のはちきれる腹ゆるゆさり

293 :詠み人知らず:05/01/29 15:42:02
当て馬屠殺
種は老衰し

ボスだけは
にがしてやると
あおもりで


294 :詠み人知らず:05/01/29 16:47:52
なまりの海に
いきぎも曳かれ

あぶらのり
仄かにあまい
ふくはうち



295 :詠み人知らず:05/01/29 21:46:51
お庭清めて生垣のそと

出番待つ虎の腰巻きブラシ掛け


296 :詠み人知らず:05/01/29 22:59:44
毛並みの良さに角を忍ばせ

福をとこ種を蒔きませ神の庭




297 :詠み人知らず:05/01/29 23:08:22
榊の緑冬空へ伸び

悪い子と良い子の境に吾はいて

298 :とらたぬ ◆HmqLf3qSgk :05/01/29 23:26:29
どっちつかずのまま年老いる

この道を振り返るとも影はなく

299 :ねむたん(-д-):05/01/30 00:16:34
先に見えるは 亡者の群れよ

猫抱いて 日なたぼっこの 昼下がり

300 :詠み人知らず:05/01/30 00:37:52
あくびつられて淡く膨らむ

日脚伸び のたりのたりと今日はマル



301 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/30 01:50:58
夜にならねばよきかと思い

オリオン座見上げて今日の帰り道

302 :詠み人知らず:05/01/30 03:11:24

おおいぬこいぬを付き従えて

うすずみの枝のさきより春はらむ

303 :詠み人知らず:05/01/30 06:18:48

薄墨色に まだ凍る空


闇の空 白く輝く君の息

304 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :05/01/30 10:27:31
同じ星空2人で共有

別れ際「じゃあまたね」と去る君を

305 :とらたぬ ◆HmqLf3qSgk :05/01/30 21:34:31
地平の彼方に縫い込めし夜

星明り纏う姿が眩しくて

306 :ねむたん(-д-):05/01/31 00:05:26
燃えろコスモよ セイントセイヤ

               #ふざけてごめん


真夜中に 鳴る腹なだめ 寝る準備

307 :漂太:05/01/31 00:19:34
ホットミルクくらいならいいか

真夜中に
ヤキソバ食べたい
悪いクセ

308 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/31 00:23:00
作ってあげたい悪い習慣

夜更かしは美肌の敵と知りながら

309 :漂太:05/01/31 00:26:54
今日もあなたの
帰りを待ってる

思いつく
すべての美容法
試し

310 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/31 00:29:59
生まれ変わった
サイバービーナス

きめぜりふ
ハニーフラッシュ
秒殺よ♥


311 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/31 00:55:13
アブソリュート
ゼロの炸裂

ゴジラさえ
定年退職
するものを

312 :漂太:05/01/31 21:51:55
ワシラにはない
定職さえも

定食は
アジかサバかで
小一時間

313 :ねむたん(-д-):05/01/31 22:10:39
決めた時には
売り切れ御免

腹が出て
脚が太って
胸減って

314 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/31 23:00:17
ようやく男の
魔手を逃れり

呪いでは
なくてホントの
加齢です

315 :詠み人知らず:05/01/31 23:05:03
それは誤魔化し
雲隠れして

隠しても
隠し切れない
目の光

316 :詠み人知らず:05/01/31 23:57:11
あなたは決して
気付かないけど

この想い
伝えるために
ハート型

317 :ゆきの ◆QlzbOxbC42 :05/02/01 09:55:12
私に来るかな甘い生活

体調を崩し今年もまた寝込む

318 :ゆきの@携帯:05/02/01 10:02:25
↑トリップ間違い
紛らわしくてごめん

319 :漂太:05/02/01 23:05:06
言いわけがある
バレンタインデー

この日だけ
男はみんな
左党なり

320 :詠み人知らず:05/02/01 23:08:43
あなたはみぎね
たんそくだけど

たべました
あなたの料理
すごすぎる


321 :漂太:05/02/01 23:15:26
あの材料が
何故こんなことに

手料理の
上手な彼が
ほしいのと

322 :ゆきの@携帯:05/02/02 13:18:33
今日も食堂巡り物色

なんとなく寂しく鼻歌奏でたり

323 :詠み人知らず:05/02/02 14:04:05
鬼の看守に
またおこられる

あなたには
わからないでしょ
この涙

324 :ゆきの:05/02/02 15:11:12
しぼれど溢れるこの気持ちは

325 :詠み人知らず:05/02/02 18:46:36
ごまめはぎしり
うわきのしるし

あひしての
のちのこうひは
つめたくて

326 :ゆきの:05/02/02 18:50:51
雪の下春のいのちの生まれれば

327 :詠み人知らず:05/02/02 22:07:07
肌に感ぜし ぬくもりのみを

移り気な
あなたの性(さが)を
胸に秘め


328 :漂太:05/02/02 23:23:22
新しい女に
にっこり押し付け

あとくされ
ない別れ方
考えて

329 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/02 23:27:12
壇ノ浦から身を躍らせて

☆になるあなたの空で光りたい

330 :漂太:05/02/02 23:39:38
ツキがなくても私がついてる

いつの日か
めぐり合えると
信じたい

331 :詠み人知らず:05/02/02 23:42:05
まずはもぐりて
かねめのものを

三種の
神器テレビで
鑑定し



332 :漂太:05/02/02 23:53:11
PSPと
DSとなに?

追いかけて
置いていかれる
流行に

333 :詠み人知らず:05/02/03 00:23:04
やがて一巡
レトロポップと

白熱の
テレビ対局
茶の間冷え

334 :漂太:05/02/04 00:52:04
家計の春は
いまだ遠い日

税金を
預けたいよな
信用を

335 :詠み人知らず:05/02/04 01:17:43
そんなの知らぬ
あふさかの関

 本来「逢坂の関」は京都府と滋賀県の境なので「大阪」ではありませんが
 ここは「関大阪市長」にかけてみました。


諭吉さん
たまに会っても
別れては



336 :詠み人知らず:05/02/04 02:11:45
まれに一葉 英世がたより

いにしえの暦であらば元旦と

337 :ゆきの@携帯:05/02/04 15:05:00
そうか昨日は節分だっけ?
チョコレートそろそろ買い込む男多数

338 :詠み人知らず:05/02/04 20:06:26
このときばかり食玩いらず

商魂かケーキ太巻きチョコレート

339 :詠み人知らず:05/02/04 20:19:41
ベージュのこぐまリボンに下がり

この際はアルファベットをバラ撒いて

340 :QRZ:05/02/04 21:43:38

GOTIVAなどとつなげてみせる

静電気たてがみ恥毛髪に早春

341 :漂太:05/02/04 22:18:42
巽の風が薄毛吹き抜く

北風が
まだ強く吹く
予報見て

342 :詠み人知らず:05/02/04 23:22:30
旧正月を屠蘇でことほぐ

ゆきぐもにカーテン着替え窓の春



343 :漂太:05/02/04 23:25:54
クロッカスなど置いてみようか

にぎやかに
旧正月の
港町

344 :詠み人知らず:05/02/04 23:38:42
苦労のにおう
船首のかざり


345 :詠み人知らず:05/02/05 02:07:51
流氷や蓮のはなからうまれでぬ

346 :詠み人知らず:05/02/05 15:53:03
法の渡しはガリンコ2号

流氷を
砕きて進む
その先は

347 :sage:05/02/05 17:08:40
わが家庭より
あたたかき庭


凍る風
新芽もとめる
シャッター音

348 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/05 18:40:01
写してたのはコンパニオンだけ

早咲きの梅はそろそろ散り失せて

349 ::05/02/05 18:59:58
鈍行列車の 花見は続く

それぞれに 独自の形 香りあり

350 :詠み人知らず:05/02/05 19:05:45
花は心で 愛でるもの

寒椿 雪に埋もれて 何処やら

351 :詠み人知らず:05/02/06 02:04:40
一滴たらそう赤いろうそく

群青にからすき星がつきを狩る


352 :詠み人知らず:05/02/06 14:23:08
#唐鋤星?カラス来?
西へ逃れて白き朝来る

風強く 洗濯物の まわりおり

353 :詠み人知らず:05/02/06 18:56:38
>>352  
和名「からすきぼし」(参宿)=オリオンの事です。


354 :352:05/02/06 18:59:20
ありがとうございます。

355 :詠み人知らず:05/02/06 20:31:35
シャツのピエロも かこちがおなる

うち寄せる波につづらの あさひかげ

356 :zzz:05/02/08 01:42:45
巻貝ひとつ
指先ふたり

国道の
舗装の中の
貝殻に

357 :紅色:05/02/08 19:48:45
炎天おちて
ゆらぐかげろう

照葉の
杜をくぐりて
白き塔

358 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/08 22:02:18
タージマハール
水の面に

月の宮
かぐやの袖が
翻る

359 ::05/02/09 20:40:48
玉兎とも言へ
可愛いあだ名

たらちねの
母の思い出
ソナチネが


360 :詠み人知らず:05/02/10 00:34:37
オルゴールの音
覚えていたね

ヒーリング
1/fの
夢うつつ



361 :詠み人知らず:05/02/10 02:47:34
ノイズの筈が
主役の顔で

ひとのみず
ながれていやす
かわのいえ



362 :詠み人知らず:05/02/10 09:02:14
飲み込んだもの
全て吐き出し

豊受けの
大きな口に
飲み込まれ

363 :詠み人知らず:05/02/10 23:53:27
癒すいにしえ
振り向けど
帰れず

相模原
停車中に電車
乗り込んで

364 :詠み人知らず:05/02/11 00:49:18
ファーストクラス
のように眠る

ジリジリと
足浴仕掛ける
中央線


365 :詠み人知らず:05/02/13 21:36:45
ビニ革ブーツ
溶けかけている

坐っても
立ってもつらい
通勤時

366 :詠み人知らず:05/02/13 21:51:17
眠い人から
飛び込む人も

やすみあけ
なまったこころ
せまる鬨




367 ::05/02/14 21:16:01
奮い立たせる
淡い思い出

忘れたの
あの日の君は
輝いて

368 :詠み人知らず:05/02/15 19:11:05
日の暮れるまで
はしるすなはま

ジャンプして
ナイスキャッチの
フリスビー

369 :詠み人知らず:05/02/15 21:15:20
あの日の犬は
本当にお前か

飼い犬の
肥満で量る
幸福度

370 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/15 22:27:08
老犬用の
フード求めて

犬を飼う
夢がいつしか
遠のいて

371 :ショボン:05/02/16 02:23:49
隣の犬に
腕を噛まれる

ドル円の
理屈ばっかり
強くなり

372 :MT ◆u8TNVp7nQM :05/02/16 02:24:30
君の寝顔の
愛しからずや

現世への
期待は断った
我が身だが

373 :ショボン:05/02/16 02:35:47
酒を断つのは
明日からにする

中年の
恋迷いだと
言うなかれ

374 :zzz:05/02/16 02:36:07
来世の投資と
仏像を買う

この値段
お買い得だよ
もってきな

375 :zzz:05/02/16 02:39:03
>374撤収 373から

道のはずれの
スミレを摘んだ

飽きもせず
繰り返すのみ
答弁に

376 :ショボン:05/02/16 02:50:08
敵も罵声を
繰り返すのみ

風邪なのに
インフルエンザと
言ってみる

377 :zzz:05/02/16 02:55:19
とたんに熱など
下がってしまう

ずる休み
何年ぶりか
楽しいな

378 :QRZ:05/02/16 21:44:38

夕日眺めてちょっと後悔

かさなって日々の思ひ出たたまれて

379 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/16 21:55:00
身を捨つるほどの
故郷はありや   #インフルエンザのためパクリで堪忍ね

一立米
家財まとめて
夜逃げする



380 :詠み人知らず:05/02/16 22:21:53
人目無き夜の
ロールスロイス

春まじか
年度のかわり
きしむころ


381 :◆Ten.RC482M :05/02/16 22:36:42
ほわあんと夢見る人は誰

日向にはタンポポ低く咲いていて



382 :ショボン:05/02/17 02:25:28
どこより早い
春の訪れ

酔えもせず
宴の後の
一人酒

383 :詠み人知らず:05/02/18 01:15:36
愚痴も口説きも
相手いてこそ

友達で
いいから今夜
つきあって

384 :詠み人知らず:05/02/18 01:38:33
だめ おとなには
あすのしごとが

さきのこと
かんがえすぎて
なにもせず




385 :紅色:05/02/18 20:56:23
おひやの氷
くるりとまわり

はなだより
今年はなぬか
早まりて

386 :詠み人知らず:05/02/18 23:56:16
よそごとに聞く
雨のきさらぎ

雪深し
北ほど寒く
あるまいが

387 :QRZ:05/02/19 18:09:56

午後の点滴すきとほりつつ

おもひでだけの遠い女身になりました

388 :詠み人知らず:05/02/22 20:03:50
辻で鈴ふる
墨染めの袖

念仏の
鉢のぞくよに
春の風

389 :紅色:05/02/22 22:18:56
笠の端にも
つむじたわむれ

市に出る
イチゴの香り
背伸びして

390 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/22 22:59:17
彩の春
映えてゆくころ

鶯の
番がそっと
営巣中

391 :◆Ten.RC482M :05/02/23 18:41:48
鬼っ子孵りし様子もなくて

桃色も鶯色も餅の色

392 :QRZ:05/02/23 20:18:52

はだ色だけはかのひとのもの

ささ啼きの春はめぐれどうつろなる

393 :詠み人知らず:05/02/24 03:12:22
観念がまえちちとさへづる

ことほぎの椀にさくらも七部咲き

394 :紅色:05/02/24 22:08:29

白湯の湯気立ち綿ぼうし居り

保津川の晩冬金襴屏風かな

395 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/24 22:32:52
男雛女雛を
置く嵐山

春だより
合格通知
ぽつぽつと

396 :詠み人知らず:05/02/24 23:02:38
子らの顔見て
こころやすらぐ

たかきもの
のぞむこころも
おさえかね



397 :詠み人知らず:05/02/24 23:55:53
ふじにのぼれば
かすむたてやま

ヒマラヤの
絶壁越える
いきおいで

398 :詠み人知らず:05/02/25 10:28:39
車で爆走
そして捕まる

寒桜
愛でる今宵に
月はなし

399 :詠み人知らず:05/02/25 12:11:41
ついでに彼女も
月のものなく

雪降りて
ついでの花粉も
降り出でて

400 :zzz:05/02/28 01:54:51
コートも振るう
ハハハ・・ハクション

マンションに
知らぬ男が
ピンポンと


401 :詠み人知らず:05/02/28 21:25:55
テレビあるなら金を払えと

えぬえいちけー大本営を垂れ流し

402 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/28 21:54:18
関節はずれ
ねじれた時代

香木で
焼き芋やいて
うまくねぇ

403 :詠み人知らず:05/03/01 07:51:52
なかをくぐれば風も芳し

春おぼろ独楽塗椀で貝あわせ






404 :詠み人知らず:05/03/01 22:12:02
開けば三つ葉と
芹で残念

筍の
木の芽田楽
鼻にきく

405 :シトリ:05/03/02 02:26:55
春を食らいて
  風を感じる



ハナウタで
キミは答えた
ピーヒュルル

406 :ねむたん(-д-):05/03/02 18:56:19
歌と一緒に
提灯つくり

風邪ひいて
なりを潜める
花粉症

407 :紅色:05/03/02 22:55:14

はな咲くまえに眠り貯めする

春大根並んだ空に白き山

408 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/02 23:31:50
まだ寒風は
吹きすさぶ中

大雪で
桜の開花
遅れ勝ち

409 :詠み人知らず:05/03/03 21:04:34
咲けば散るちる
急ぐなよ花

大雪の
記録キロクの
名残り雪

410 :詠み人知らず:05/03/05 01:37:58
名残惜しきは
信濃の祭

寒空に
積もれる雪を
溶く汗の

411 :詠み人知らず:05/03/05 02:40:44
しばれるおとに
ちからいれつつ

あちらでは
ゆきをよろこぶ
こどもらが

412 :詠み人知らず:05/03/05 02:55:17
どちらいつの日
飛び立ちゆかん

嫁さんの
尻を撫でたる
爺さんも

413 :QRZ:05/03/05 15:03:26

ドメス痴漢とたしなめられて

丁子かほりその子愛(かな)しき不合格

414 :詠み人知らず:05/03/05 19:37:35
ゆうこりんしか
目に入らない

遥か遥か
彼方の星から
舞い降りた

415 :zzz:05/03/08 02:32:13
異星の人に
心奪われ

恋をした
そばにいるのは
宇宙人

416 :詠み人知らず:05/03/08 03:26:31
言葉通じて
常識通じず

南北に
体も心も
引き裂かれ

417 :詠み人知らず:05/03/08 03:40:21
イムジン河よ、
 涙 伝えて


数えるな、
下を見るほど
雫、落ち

418 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/08 09:11:16
来年の春
笑って会おう

少年よ
大志を抱け
顔上げて

419 :紅色:05/03/08 20:45:41
みなみの風に
動く流氷

枯れ山に
辛夷こぼれる
峠道

420 :詠み人知らず:05/03/08 20:59:30
これよりかぜは
ふきあぎすする



421 :詠み人知らず:05/03/09 02:00:35
宙に舞う
ハズれ馬券の
美しく

422 :詠み人知らず:05/03/09 02:00:51
あの〜(TÅT)575下さい。
まっ、とりあえづ


慌てン坊
春待ちきれづ
蕾酒

423 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/09 18:46:14
ゆっくりひらく
盃のなか

松の枝
つきの影差す
荒城の


424 :ねむたん(-д-):05/03/09 19:17:07
石垣崩れ
我下敷きに

鼻取りて
水でチャプチャプ
洗いたい

425 :走れ ◆TIGERS9Vwk :05/03/09 19:30:03
脳もついでに
油さしたい

確定の
申告したら
税取られ

426 :詠み人知らず:05/03/09 22:44:11
家には年金
未納の通知が

取られても
恩恵受ける
ときは来る

427 :ねむ:05/03/09 23:14:57
介護予防に
つとめましょう

春の雪
そっと触って
思い出す

428 :詠み人知らず:05/03/10 01:08:23
なごりのみずと
うわべのこおり

はるになり
さむさがすきと
おもひしる

429 :詠み人知らず:05/03/10 23:22:49
燗が指先
まづ温めて

春泥を
踏んでつまみを
買いに行く

430 :詠み人知らず:05/03/10 23:26:43
 #ごめん、仮名遣いを間違えた。>>429


燗が指先
まづ温めて

春泥を
踏んでつまみを
買ひに行く

431 :詠み人知らず:05/03/11 00:54:13
わが衣手に
花粉まつわり

山間に
四温廻るは
いつのこと

432 :zzz:05/03/12 01:43:07
おしろいまみれ
参観日の母

春の日は
母の制服
エプロンに

433 :くすりやさん:05/03/13 00:39:48
父は縁側
にて舟を漕ぐ

春の日に
吹雪のように
散る桜

434 :詠み人知らず:05/03/13 01:43:27
進む季節に
立ち止まる我


雪の音
まさか今ごろ
聞こうとは

435 :詠み人知らず:05/03/14 02:40:17
こころに溶けて
春に挑まむ


懐かしき
巣を飛び立たむと
鳴く声の

436 :詠み人知らず:05/03/14 05:06:31
むじゃきにおもう
ねこがいるのか

はるがきて
じかんにおくれ
なおあせる


437 :シトリ:05/03/14 12:27:44
友、サクラサクも
 我、蕾カタシ。



隣人は
どこかで見た顔
あっ!そうだ!!!!

438 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/14 12:37:13
夕飯豚の
しゃぶしゃぶしよう

ドラえもん
206歳
若返り

439 :紅色:05/03/14 22:01:13
じゃらじゃら囲む
面子は老けて

三ヶ日の
でかい蜜柑は
卓の上

440 :詠み人知らず:05/03/15 22:07:45
見えぬあたりが
ゆるみカビ生え

みかん過ぎ
苺の旬も
過ぎました

441 :ねむたん(-д-):05/03/15 23:30:50
今はデコポン
次はマンゴー

手羽先を
食べても荒れる
春の肌

442 :zzz:05/03/16 00:57:12
不意の雪にも
鳥肌も無く

買収と
売春さほど
変わりなく


443 :詠み人知らず:05/03/16 01:49:53
うまくいかぬは
うんの無きにか

宝くじ
夢見れたで賞
皆勤賞

444 :シトリ:05/03/16 04:35:15
次は我にと
  ネバギバで賞。



テレビ見て
比べちゃいけない!!
彼の事

445 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/16 09:50:56
一千億は
夢のまた夢

君だって
チャンスはあるぞ
スクラッチ

446 :ねむたん(-д-):05/03/16 22:04:33
だめもと挑戦
またもハズレて

福引きも
賀状も当たらぬ
我がクジ運

447 :詠み人知らず:05/03/16 22:31:37
くるまにあたる
よりひくしとか

いつのひか
あたるひもくる
まちましょう

448 :詠み人知らず:05/03/17 20:32:18
期限過ぎてる
コンビニ弁当

中っても
食いたかったよ
ふぐコース

449 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/03/17 22:36:05
入鉄砲も
出女にやり

プリンスの
バイキング船
閑古鳥

450 :詠み人知らず:05/03/19 00:16:35
悔い放題の
お手盛り経営

ハイキング
こごみタラの芽
どこかいな

451 :くすりやさん:05/03/20 09:37:46
ハイキングにて
野山で摘もう

春の野を
歩めば心
はずみます

452 :詠み人知らず:05/03/20 21:50:49
かわいいあのこ
こちらをみてる

そつぎょうの
あとできがつく
ラブレター


453 :詠み人知らず:2005/03/21(月) 15:00:41
遠く離れた
あの娘の思い出

高校で
もらえなかった
思い出は

454 :QRZ:2005/03/22(火) 00:57:55

いつかの春にまたよみがえる

輪廻とは怠惰なのかなまた眠い

455 :詠み人知らず:2005/03/22(火) 22:58:51
めぐりゆく春
生まれ変わる朝

四月から
初めて尽くしの
生活が

456 :詠み人知らず:2005/03/24(木) 18:27:17
花散る毎に
私を育てる

花開け
明日の我が身は
知らないが

457 :紅色:2005/03/24(木) 21:55:44
満帆白く
波をかき分け

ユキヤナギ
垣根のすき間
溢れ出て

458 :詠み人知らず:2005/03/24(木) 22:03:30
春は待って!と
空にお願い



孫社長
堀江相手に
為す術は

459 :456:2005/03/25(金) 14:24:38
フジの高嶺に
またがる騎士か

ヤタガラス
十一人の
戦士らを

460 :詠み人知らず:2005/03/25(金) 18:22:11
したがえすすみ
イングランドへ

かみなりが
とどろくはるの
ひとあめか


461 :詠み人知らず:2005/03/26(土) 19:30:48
睫毛の長き
十八のきみ

口紅の
ついた煙草を
吸ってみる

462 :詠み人知らず:2005/03/27(日) 00:47:43
後ろを見れば
好きな女が


慣れないが
あなたのために
化粧する

463 :QRZ:2005/03/27(日) 02:23:58

余寒といふにもろ肩抜いて

花粉症の師匠稽古の泣き笑ひ

464 :詠み人知らず:2005/03/27(日) 18:57:39
ティッシュのやまは
はやよつとなる

すぎうえし
やまもすてられ
じごくかな


465 :くすりやさん:2005/03/27(日) 20:32:04
過ぎたるはなお
及ばざるが如し

あちこちで
花咲き乱れ
春ですね

466 :おやつ:2005/03/27(日) 22:49:15
ミツバチたちも
忙しそうで

温めた
牛乳の膜
マグカップ

467 :シトリ:2005/03/28(月) 07:07:45
「コレが好きなの」
そんなキミが好き!!


寒風を ふくむ春風
  蕾かたし

468 :紅色:2005/03/28(月) 19:42:57
行灯ゆれる幹の中ほど

そばがきをひるより喰らう花見酒

469 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/03/28(月) 22:32:40
まだ一輪も咲かぬうちから

宇和島で一番桜咲きにけり

470 :詠み人知らず:2005/03/28(月) 23:30:02
伊達の殿様
もりのみやこぞ

だんだんと
はたけのせわも
こしおれて


471 :詠み人知らず:2005/03/31(木) 00:45:35
ひとあめほしい
ひとでもほしい

売ろうかな
先祖伝来
この田んぼ

472 :詠み人知らず:皇紀2665/04/01(金) 01:14:25
貸せば良いから
やっぱり止めた

未だ寒し
球根植えた
休日の

473 :QRZ:皇紀2665/04/01(金) 01:32:08

童女生(な)る樹といふ萬愚節

不機嫌にヴィクトリア朝のセピア色



474 :詠み人知らず:皇紀2665/04/01(金) 01:47:31
うろんなる者
訪れ憚る

黄雀と
春風そよぐ
電話線

475 ::皇紀2665/04/01(金) 19:43:37
アネモネ色の
光を放ち

俺こそが
生まれ変わりだ
キリストの

476 :シトリ:皇紀2665/04/01(金) 20:56:47
4月馬鹿とは
言って巧妙!!


食べ掛けの
ピザを残して
中央線

477 :ねむたん(-д-):皇紀2665/04/01(金) 23:08:48
飛び込むつもりが
事故で動かず

新年度
組織改編
うわべだけ

478 :あかね ◆wSdkSdy/To :皇紀2665/04/02(土) 02:19:53
十年一日
朝令暮改

旗印
高く掲げて
前進だ

479 :詠み人知らず:2005/04/02(土) 10:57:34
皆で行けば
怖くないぞ

かくすれば
かくなるはずが
やめておきゃ

480 :詠み人知らず:2005/04/04(月) 20:40:37
やったいじょうに
くいがのこった

観光地
桜まつりの
日取りには

481 :詠み人知らず:2005/04/05(火) 17:55:55
花の都合も
二の次の次

いちにちの
長さは春も
変わらねど


482 :紅色:2005/04/05(火) 21:42:44
値千金
財布平均

ひとしれず
はな満開の
社宅跡

483 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 02:37:14
渋滞で
足がつりそう
クラッチは
かたすぎなのだ
しゅうりべため

484 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 02:40:33
げりなのか
おなかごろごろ
さがせども
といれはいずこ
もうだめぽなき

485 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 02:43:55
レアゲット
おおよろこびの
そのときに
われにかえって
むなしさつのる

486 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 02:50:21
ざんねんを
ことしは新の
ねたにかえ
がしかーーーし
つかえどうけず

487 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 03:27:19
せいへきを
ひやかさずには
おらねるる
かなしきさがか
おとことは(爆)

488 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 03:31:02
こいごころ
きかずにいれず
わくわくは
おんなこころを
しげきされつつ

489 :詠み人知らず:2005/04/06(水) 17:35:31
新手の荒らしですか?

490 :シトリ:2005/04/07(木) 14:48:04
>>482
【 散り際見届け
「また 会う日まで。」】


幼き日
夢みた花嫁
花は散り。

491 :詠み人知らず:2005/04/07(木) 15:45:46
かみのまにまに
うれい沈みぬ

キミどこに
わかっているのに
彷徨す

492 :詠み人知らず:2005/04/07(木) 23:51:58
レンギョウの花
黄いろ狂おし

トタン板曲がれる屋根や鳥交る

493 :QRZ:2005/04/08(金) 00:46:05

地場産業の歩みはかなし

熱退かず桜のうわさ夢うつつ

494 :詠み人知らず:2005/04/08(金) 01:10:42

翅重たげな荘周の蝶

風に散る花集まりて鳥となる





495 :詠み人知らず:2005/04/08(金) 02:44:58
月の輪はただ闇吐いてをり
春の闇ふと魔に出逢う刻の来て


496 :QRZ:2005/04/08(金) 03:58:24
 >>494
# りっぱに付けてくださいましてありがとうございました。

497 :詠み人知らず:2005/04/08(金) 14:48:38
幼子の顔じっと眺むる

「生きてこそ」誓いし今朝の蒸し暑さ

498 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 03:44:15
滴る汗をなどか恥ずべき

大慈悲も もと夜叉なりし 鬼子母神

497さんの「生きてこそ」の力強さに、嗚咽してしまいました。

499 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 03:57:09
余談でごめんなさい。先日こんなことがありました。
先日小沢昭一さんが、ラジオで視聴者から送られた、
思い出に関する手紙を紹介しておられて、
「おかあさんの手仕事・・・」というところを読まれたところで
突然言葉が途切れてしまいました。
ボリュームをあげてみると、かすかに嗚咽が聞こえました。
今年76歳の小沢さんに、どんな思い出がよ蘇ったのだろうか、と、その時ふと思いました。

500 :詠み人知らず:2005/04/11(月) 02:37:30
あした小庭に咲く花柘榴

鈴の音も陽の射すほうへ遍路道

501 :紅色:2005/04/11(月) 19:29:40
田に水入りて映る青空

花追いて白河越える酔客の

502 :詠み人知らず:2005/04/11(月) 19:39:48
行きて還らぬ春の夕暮れ

夕桜暮れ残りたり仄白く

503 :後衛ですが:2005/04/13(水) 00:05:29

肌さぶを言ふ女身恋ひしき

大字小字廃線軌条廃寺址




504 :詠み人知らず:2005/04/13(水) 11:01:15
足元の草 吹く風は春

仰ぎ見て「飛行機雲」と指を指す

505 :詠み人知らず:2005/04/13(水) 21:52:08
かなたに離る横雲の空

なすがまま濡れそぼりをり花廃し

506 :詠み人知らず:2005/04/14(木) 00:02:34
乾く間もなきながめふる里

苗床の芽をうながして降る雨か

507 :詠み人知らず:2005/04/14(木) 14:15:56
濡れはしゃぐ子ら育て育てよ

ぬかるみの柔ら温かさ踏みしめて

508 :詠み人知らず:2005/04/14(木) 22:43:08
小学生が踊る春駒

早乙女に恋せしという卒寿かな

509 :紅色:2005/04/15(金) 22:22:43
源氏の絵巻解く皐月晴れ

こいのぼり里いっぱいに吹き抜けて

510 :QRZ:2005/04/16(土) 07:28:20

法王庁のうわさに遠く

残酷な卯月の雨をエリオット


511 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 22:31:24
思ひ出もなき霧の街角

人を待つシナモンティーの翳りかな

512 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 16:03:49
ナイル下りの月のさやけさ

灰色の脳細胞も活性化

513 :くすりやさん:2005/04/17(日) 16:26:06
認知症など
無縁なあなた

桃色の
花びらが散る
初夏の風

514 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 17:36:23
あのときできた
不肖のむすこ

反日の
デモに郷愁
安保の日


515 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 18:10:26
くすりやは
どんなくすりを
うるんだろ

買ってみたいな
そのくすり

516 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 18:23:44
514 より
しなびたあたま
こころもなえて

青春の
わきりたつかや
くにおもう


517 :詠み人知らず :2005/04/17(日) 18:43:45
にがきおもひの
のこるこのごろ

わかきくに
なつかしきくに
わがこころ

518 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 20:52:28
うぐいすの音の
清しき春よ

買えるなら
あの日をかって
みたいけど

519 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 22:59:33
ただ力なく
微笑んでみる

旅に出る
車に風を
受けながら



520 ::2005/04/18(月) 12:27:24
二度と帰らぬ
故郷よさらば

意外にも
出来たよソフト
ランディング

521 :詠み人知らず:2005/04/19(火) 09:46:29
あとに残るは
ホームスティール


早くにも
五月病が
出て来てて

522 :QRZ:2005/04/19(火) 09:58:31

愛国無罪と落書きのまま

いとこでと紹介し合い五月祭

523 :詠み人知らず:2005/04/19(火) 10:01:58
遅き桜と
相まみえけり


ぬばたまの
髪を薫風
駆け抜けて

524 :523:2005/04/19(火) 10:19:58
>521への下の句でした

525 :詠み人知らず:2005/04/19(火) 17:46:33
おごりの春の美しきかな

新緑にうもれつつ咲く山桜

526 :紅色:2005/04/19(火) 20:37:20
思いもかけず出逢ううれしさ

店先に山と積まれしかしわ餅

527 :詠み人知らず:2005/04/19(火) 22:54:00
葉に思い出す 祖母の手のひら

水入れて 万頃の田を 海となす

528 :詠み人知らず:2005/04/23(土) 00:57:58
誰とともにか 東流を問ふ

白鷺や 日差しさえぎる ものぞなき  

529 :QRZ:2005/04/23(土) 09:25:37

蔭をえらびて鴛鴦の澪

いづくにか汽水の春もとはまほし



530 :詠み人知らず:2005/04/26(火) 20:14:00
しじみ汁吸う卓のかたすみ

ごろ寝して妻に鰹を買いに遣り

531 :詠み人知らず:2005/04/26(火) 20:21:13
青葉台まで車で5分

通勤はマイカーにするしばらくは

532 :とらたぬ ◆HmqLf3qSgk :2005/05/01(日) 08:22:26
妻の目避けて行くその先は

マイカーの中に漂う秘の香り

533 :詠み人知らず:2005/05/05(木) 01:00:22
命をかけた侠の生き様

トランクに積んで見つかるファブリーズ

534 :をとめ:2005/05/05(木) 01:22:35
車専用詰め替えあれば

菖蒲葉の青き剣先勇ましく

535 :詠み人知らず:2005/05/05(木) 01:32:01
露を払って子らの初陣

こどもの日だけならコドモもかわいいが

536 :QRZ:2005/05/05(木) 01:44:09

柱の傷はしかられている

かしはの葉もどきに美童ぬがされて

537 :詠み人知らず:2005/05/05(木) 01:51:52
食いつかれては「あん」がでるほど  #あえぎ声。念のため。

柏餅 新茶 みどりの清しさよ

538 :紅色:2005/05/10(火) 20:44:45
早苗をゆらすそよかぜの里

生け垣がつつじだったと気付かされ

539 :詠み人知らず:2005/05/12(木) 00:26:12
犬のつな引くむらさきの花

はなみずき青葉ばかりの休み明け

540 :◆N.T.nuy0nw :2005/05/12(木) 10:46:23
笑みの残像 桃の顔(かんばせ)

たんぽぽの綿毛巣立ちし休み明け

541 :QRZ:2005/05/12(木) 18:16:57

どこから天と古い設問

さなぶりの日程審議さきおくり

542 :詠み人知らず:2005/05/17(火) 00:54:55
魚沼産は 年こしひかり

雪溶けて見たくないもの見えてきた

543 :詠み人知らず:2005/05/17(火) 03:03:07
春 夏 秋と
花月観て待つ

544 :詠み人知らず:2005/05/17(火) 03:05:54
↑うっかりと、
忘れてました
女将さん

545 :◆OHE9frLDk. :2005/05/26(木) 11:41:07
あなたは私の 女房でした

この夏は 本丸攻めか 人生の


546 :QRZ:2005/05/30(月) 09:53:03

外堀埋めるだけで十年

廃校の屋根を敲いて走り梅雨

547 ::2005/05/30(月) 12:30:59
蛙が守る
我が母校

ひとまずの
休み人生
はからずも

548 :◆OHE9frLDk. :2005/06/01(水) 18:03:04
闇に眠るは
暁のため

節目ごと
育ち伸びるか
狂おしく

549 :詠み人知らず:2005/06/03(金) 22:21:30
格子突き抜く
白粉の腕

今生の
脚さし入れる
六ツの鐘

550 :詠み人知らず:2005/06/06(月) 22:16:34
風絶へてなほ
音はありけり

仰向けば
眼の月は
十三夜



551 :QRZ:2005/06/07(火) 01:50:44

栗の花房やうやうに散る

山菜責めに飽きて不倫の旅路かな

552 :詠み人知らず:2005/06/07(火) 10:41:31
宙返り何度もできる無重力

やっててよかった公文式

553 :詠み人知らず:2005/06/07(火) 10:42:27
苦労する平安美人

まくってまくってやっとおしっこ

554 :詠み人知らず:2005/06/07(火) 18:28:02
苦労する平安ぶす人

まくってまくってやっとけつをふく

555 :詠み人知らず:2005/06/07(火) 18:51:53
おすすめ 出会い系サイト

フリーメール登録可能
完全無料

http://www.geocities.jp/kininaru_deai/
http://www.geocities.jp/kininaru_deai/index2.html

556 :紅色:2005/06/17(金) 20:12:40

洗濯物は軒下に干し

まちかどの古家の裏に枇杷たわわ

557 :詠み人知らず:2005/06/17(金) 21:49:37
人なき庭の昔の証

ふるさとを離るにもつに木々はなく


558 :QRZ:2005/06/17(金) 22:53:57

おさななじみにひとみかなしき

夕茜そびら未来は白紙かな

559 :詠み人知らず:2005/06/18(土) 23:11:08

丸まってよむ競馬新聞

週末はギョーザセットにビール附け

560 :◆OHE9frLDk. :2005/06/20(月) 10:42:13
苦き一口 真の甘露か

父の日に捜し求める贈り物

561 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/06/20(月) 13:18:36
胸元輝くネクタイピン一つ

夏来ても頭は未だ春心地

562 :虚無僧@一茶 ◆2H0If6CM3I :2005/06/23(木) 16:50:22
茶店で休む午後のお仕事

満員の電車に揺られ疲れ果て

563 :ゆきの@携帯:2005/06/23(木) 19:03:22
出社朝から爆睡モード

564 :ゆきの@携帯:2005/06/24(金) 18:09:54
メール打つ 文字キー見ながら 一字づつ

565 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 00:28:15
漢字変換こころうわつき

荷物なくこの世をいきるメールより

566 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/06/26(日) 00:44:30
早朝届く便り一通

流行に 流され我を 見失う

567 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/06/26(日) 00:45:34
#次からは幸乃←このコテで出没します。(トリップは同じ)

568 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 00:57:16
身に纏うものすくなからねど

気負いたちおもひを述べて縮こまり
 

569 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/06/26(日) 01:30:58
明日で良いや今日はもう寝る

名声も 一年までの 命かな

570 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 09:46:33
調子に乗る者廃人と化す

571 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 09:56:09
俳人も歌人も何時か旅枕

572 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 15:26:19
めざむるときはふようのひとと


573 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/06/26(日) 20:50:57
あぜ道を 虫を払いて ペダル踏む

574 :詠み人知らず:2005/06/26(日) 21:07:49
みずぬるむときどじょうのおどり


575 :詠み人知らず:2005/06/28(火) 21:01:33
柳川の溶き卵から湯気が立ち


576 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/06/28(火) 22:22:29
ゆうらり笑まう 君がいとしい

577 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/06/28(火) 22:24:17
>576 上句忘れ!
天の川はさんで星と星のある

578 :幸乃@ゆきの:2005/06/29(水) 00:40:11
今夜は一緒に2人で見上げ
願ごと 書いた短冊 物干しに

579 :QRZ:2005/06/29(水) 00:46:45

ヨシコもヴェガも濡れて相聞

アンタレス灼けていますかお母さん



580 :詠み人知らず:2005/06/29(水) 02:01:16
撃ち落したよ太平洋上  #アンタレス:手塚治の漫画にパンアメリカ軍のエースでした

ムシナラヌ戦い果てて夢あがる

581 :詠み人知らず:2005/06/30(木) 13:16:20
夢のあとには 草さえ残らず

夢の中 イケメンの俺 もてまくり

582 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/06/30(木) 15:00:45
浅き夢見じ 寝覚めの悪い

はればれとローン完済今日定年

583 :詠み人知らず:2005/06/30(木) 19:15:03
犬連れ歩く夕焼けの坂

早起きでとれたて野菜を買いに行き

584 :詠み人知らず:2005/06/30(木) 23:15:13
あさづけつくりよるにくらう

こどもなるわらいがおしてひがくれて

585 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/03(日) 01:30:55
我の年またひとつ過ぎ行く

雨近し 我懐かしき 匂いかな

586 :QRZ:2005/07/03(日) 02:28:54

小買ひ物する夜半のコンビ二

イベントのうわさも聞かで半夏生

587 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/03(日) 12:55:35
一人さびしく休日の午後

夕食の 匂いにつられ 早足に


588 :詠み人知らず:2005/07/03(日) 22:23:02
うなぎの匂いだけで3杯

晩飯を 一人で作り 一人喰い

589 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/03(日) 22:45:59
写真のあの人 じっと見つめる

冬の日に 夏を思いて 暑き日は

590 :詠み人知らず:2005/07/03(日) 23:42:13
ちょっと暖房 止めて窓開け

青春にやり残したことあれこれと

591 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/04(月) 00:41:09
戻れぬものか すごろくみたく

朝刊で はじめにチェック する面は

592 :詠み人知らず:2005/07/04(月) 12:24:43
まだみつからぬ遺体三面

きままにとやれるはずだがなまけもの


593 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/04(月) 14:25:30
決まり文句は 明日でいいや

通学生 通りしときに 髪香る

594 :紅色:2005/07/04(月) 19:38:13
季節を抜ける時の早さよ

この夏はどこの花火を見に行こか

595 :詠み人知らず:2005/07/05(火) 12:59:04
結局テレビで一人見物

縁台で ビール片手に 夕涼み

596 :ふぁみタン:2005/07/06(水) 10:36:36
娘は庭で 妻と花火を

暑い日が 続きますねと あいさつを

597 :詠み人知らず:2005/07/06(水) 12:48:09
ひまわり微笑む 夏の夕暮れ

ひまわりの ように明るい あの娘

598 :詠み人知らず:2005/07/06(水) 22:40:15
夜は裏路で 黒薔薇に咲く

哀しみと 喜びの素 君だけは

599 :詠み人知らず:2005/07/07(木) 21:27:48
守ると誓う 星の降る夜

600 :詠み人知らず:2005/07/07(木) 21:29:36
↑つけ忘れた

空合いを 気にして見上げる 七夕の

601 :QRZ:2005/07/08(金) 00:19:18

地には兵燹テロのうわさも

ヴェガよりもさだめ危うきオイローぺ













602 :虚無僧@一茶 ◆2H0If6CM3I :2005/07/19(火) 22:46:01
なんの事かとしばしググらん

知らぬ事 多々あるこの世 学ぶ日々

603 :詠み人知らず:2005/07/19(火) 23:02:58
学べと学べど なお及ばずや

今日もまた 眞鍋かをりの ブログ読み

604 :詠み人知らず:2005/07/19(火) 23:34:13
ついでにりぼんの
付録も読んで

決着は
ロシアのルールに
則って

605 :紅色:2005/07/20(水) 19:52:41
歌声喫茶にうれしはずかし

ひっそりと板絵のイコン世に伝え

606 :QRZ:2005/07/21(木) 03:33:58

アトスの山に還俗はない?

ふり返り「送り火始末気をつけて」


607 :詠み人知らず:2005/07/21(木) 21:52:36
夏祭り 金魚のきみを 持ち帰り

608 :詠み人知らず:2005/07/21(木) 21:54:05
濡らさんと むくむく起る 入道雲

609 :詠み人知らず:2005/07/22(金) 21:24:54
>>607
鉢に放せど自由はなけり

>>608
往くはびしょぬれ帰りはくしゃみ

610 :詠み人知らず:2005/07/22(金) 21:36:05
−下の句待ちなので拙き連投御免−
>>606
くぎ刺す君の 紅にうずみ火
>>607
モノトーンの部屋 あか解き放つ
>>608
雷神を待つ 池のあづまや
-----------------------
ほおづきを きみの手向けに ご縁日

611 :詠み人知らず:2005/07/23(土) 19:19:40
>>610
吸うくちびるに 触れたき思ひで


612 :詠み人知らず:2005/07/23(土) 19:25:54
白抜きの
水着の後に
キスマーク

613 :612:2005/07/23(土) 19:31:46
白抜きの 水着の跡に キスマーク

---------------------------
#誤字スマソ!下の句タノム

614 :詠み人知らず:2005/07/24(日) 17:59:38
潮のかほりに 置き土産

路地裏に 茄子や胡瓜の 迎えうま


615 :詠み人知らず:2005/07/27(水) 14:54:26
何度目だろう 君去る夏より

616 :詠み人知らず:2005/07/30(土) 16:10:28
今年こそ
今年こそはと
夏は往き

617 :詠み人知らず:2005/07/30(土) 16:17:44
三十路を越えて 女を知らず

618 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/31(日) 18:12:15
夏休み 子らの高声 窓に聞く

619 :詠み人知らず:2005/07/31(日) 18:48:37
その窓割られ
警察沙汰に

620 :詠み人知らず:2005/07/31(日) 19:12:16
蝉時雨
短い命が
散っていく

621 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/07/31(日) 22:59:42
しみ込む涙
土の黒きに

風を切り
制服なびかせ
通学生

622 :詠み人知らず:2005/08/01(月) 01:06:52
しろき背中に 蝉時雨ふる



623 :詠み人知らず:2005/08/01(月) 13:38:06
網を手に虫籠ぶら下げ夏休み

624 :詠み人知らず:2005/08/01(月) 15:22:35
消え去りし虫 偲ぶ父親

625 :詠み人知らず:2005/08/01(月) 15:33:59
右うちわ
左に西瓜
夏の午後

626 :ゆきの@幸乃:2005/08/01(月) 16:25:56
縁台並べて 一家だんらん

朝顔の
色水眺め
子供時代

627 :後衛ですが:2005/08/01(月) 17:23:57

照葉樹林杳(とお)きふるさと

没り日あかあか鎖骨大腿肩甲骨


628 ::2005/08/03(水) 21:35:57
ショカツ狡猾
裏金調達

エボラ熱
吐血悶絶
崩れ落つ

629 :詠み人知らず:2005/08/04(木) 14:39:15
記憶ふつふつめぐる歳月

630 :幸乃@ゆきの(携帯):2005/08/04(木) 17:43:25
夏休み
今ならやります
宿題を

631 :詠み人知らず:2005/08/08(月) 12:43:54
時給千円 今なら安いよ

アルバイト 必死で貯めた この給料

632 :雪乃@ゆきの(携帯から書き込み):2005/08/08(月) 15:35:30
パチンコ競馬で
この夏文無し

青空に
響く声援
掛け声と

633 :幸乃@ゆきの:2005/08/08(月) 15:37:52
名前蘭間違いごめん

634 :詠み人知らず:2005/08/08(月) 16:54:00
解散選挙 これぞ祭りか

635 :幸乃@ゆきの:2005/08/08(月) 18:00:22
道端に
蝉の死骸の
転がりて

636 :詠み人知らず:2005/08/08(月) 18:41:52
我も逝きたし
生命燃やして

637 :詠み人知らず:2005/08/08(月) 19:00:41
西空を
焦がす夕日の
赤々と

638 :QRZ:2005/08/08(月) 21:22:39

ビール樽往く坂の下まで

階段飛んで走ってなまあし発車ベル


639 :詠み人知らず:2005/08/10(水) 00:59:52
脱げたサンダル
君を見送る

目の前で
扉の閉まる
情けなさ

640 :詠み人知らず:2005/08/10(水) 01:52:55
占める面倒締める優しさ

夕立の
降り止まぬ時は
お嬢さん

641 :幸乃@ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/08/10(水) 02:26:24
風邪ひきますよ
我が家へどうぞ

夕食の
仕度伝えて
換気扇

642 :詠み人知らず:2005/08/11(木) 01:03:50
通りすがりに
カレーの誘惑

坦々麺
麻婆豆腐に
トムヤムクン

643 :詠み人知らず:2005/08/11(木) 18:51:14
たらこ唇
さらに真っ赤に

風鈴を
わずかに揺らす南風

644 :詠み人知らず:2005/08/11(木) 23:31:38
雲は夕立
呼んでいるのに

ざっ と降り
からっ と晴れる
夏よどこ?

645 :QRZ:2005/08/12(金) 11:43:21

「ここ」と呼んでる古いアルバム

剽窃でも風立ちぬなど言ってみたい

646 :詠み人知らず:2005/08/13(土) 03:06:57
堀辰雄より
松田聖子か

まとまった
雨のついでに
停電し

647 :詠み人知らず:2005/08/13(土) 04:49:13
都会の俺は
テレビでワロス

ワロスより
ハイクォリティな
ワードとは・・・・

648 :詠み人知らず:2005/08/13(土) 07:25:26
ぬるぽこれでしょ
やっぱり最強

649 :詠み人知らず:2005/08/13(土) 18:10:42
↑の人
五・七・五を
残せゴルァ

650 :詠み人知らず:2005/08/13(土) 18:28:51
ワードローブに
濡れスーツかけ

怪しげな
天気横目に
出掛けます



651 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 00:18:20
二人ぬれれば
いいだけのこと

すぐ止むよ
一緒にいよう
もうすこし

652 :86:2005/08/14(日) 00:19:28
予報外れる
こと祈りつつ

楽しみを
先に済まして
最終日

>>648
ガッ



653 :ゆきの ◆qD55XXjuEU :2005/08/14(日) 00:24:48
↑間違えた。無視してください。

>>651から

明日になれば
会えない僕ら

朝イチの
列車を見送る
ホームにて

654 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 00:33:43
孫のおもりで
ぐったりする爺    #>>653 その「間違い」はどこに誤爆?

たまに来て
すぐ帰るのが
ちょうどいい

655 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 01:33:39
隣のばぁちゃん
長居し過ぎだ

久々に
田舎の祭り
出てみれば

656 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 03:04:15
変わり はてた 
友の姿あり

夕暮れに
はえる姿が
愛しくて


657 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 07:46:03
思わずそっと
君の手を取る

君の手は
思ったよりも
荒れていて

658 :島ちゃん:2005/08/14(日) 10:21:52
一箱送るよ
メンソレータム

ブルジョアが
箱根で過ごす
夏休み

659 :詠み人知らず:2005/08/14(日) 10:43:12
貧乏人は
今日も仕事だ  orz

故郷の
迎え火心
和ませて

660 :QRZ:2005/08/16(火) 01:08:22

村営バスの窓でバイバイ

えにっきはおばあちゃんちのヲシュレット

661 :詠み人知らず:2005/08/17(水) 04:06:31
ページをめくるな入れ歯がなくなる

年齢を引くことの十のたましいで

662 :詠み人知らず:2005/08/22(月) 23:50:07
ホラ片足が棺桶からでた

色欲の
灰になるまで
残るのは

663 :くすりやさん:2005/08/24(水) 21:54:28
すべて煩悩
それも本能

子を作る
それが目的
生物は

664 :詠み人知らず:2005/08/24(水) 22:24:14
愛に逃げない
それが天然

人の世に
まぎれて生きる
ケダモノは

665 :くすりやさん:2005/08/24(水) 22:29:15
ゲテモノ喰いの
ハゲかもしれぬ

ゲーテ読み
ちっとは教養
ついたかな

666 :詠み人知らず:2005/08/24(水) 22:57:42
そんなの読んでも
所詮トリビア

退屈で
スレを徘徊
するけれど


667 :詠み人知らず:2005/08/24(水) 23:02:25
俳諧違いと
追われるがオチ

いうほどの
ポリシーもない
五七板        

668 :詠み人知らず:2005/08/25(木) 22:43:27
思いつくまま
キー叩くかな

ジャニーズの
顔の区別も
つかぬまま

669 :くすりやさん:2005/08/25(木) 22:56:04
区別がついても
変わらぬ人生

とりあえず
今日も終わった
明日こそ

670 :詠み人知らず:2005/08/25(木) 23:04:44
あいつに言うぞ
貸した金返せ

雨戸閉め
待てど暮らせど
来ぬ台風

671 :詠み人知らず:2005/08/26(金) 12:47:31
準備万端
待ち人来たらず

準備して
心はドキドキ
はやるだけ

672 :詠み人知らず:2005/08/26(金) 17:43:36
知らぬ間にどこかに
行っちまった台風

夕焼けの
雲の色見て
知る季節

673 :詠み人知らず:2005/08/26(金) 22:18:27
設定温度
悩める残暑

ふり向けば
とんぼが目の前
走り出す

674 :詠み人知らず:2005/08/26(金) 22:39:50
豆腐屋を見て
おばさん走る

そよ風と
田んぼの稲穂が
踊りだす

675 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 00:25:55
ことしのみのり
すべてよしかな

しあわせを
ねがひてつくる
はっぴをみる


676 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 00:40:33
あなたの笑顔
思い出しつつ

コンバンハ
夜中にひょっこり
やってきた

677 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 00:43:50
テカテカ光る
黒いゴキブリ

知らぬ間に
時が過ぎ行き
夜も更けて

678 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 09:00:07
テカテカ光る
己の愚息

初キッス
レモンの味は
しなかった

679 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 12:22:34
テカテカ光る
風俗の婆

大切な
ものは統べて
君の中

680 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 23:02:33
瀬戸物の猫
カナヅチ振るう

涼しくて
夏の終わりが
しみる夜

681 :詠み人知らず:2005/08/27(土) 23:29:50
地を這うような
イビキ響ける

カーテンを
揺らす夜風と
虫の声

682 :詠み人知らず:2005/08/28(日) 01:52:15
そして今夜も
枕を濡らす

秋近し
オーストアリアは
アボリジニ


683 :詠み人知らず:2005/08/28(日) 21:32:19
テカテカ光る
イモムシを食う

冷蔵庫
1ヶ月前の
牛乳が

684 :詠み人知らず:2005/08/28(日) 22:04:04
あるけど怖くて
中を覗けず

蚊に刺され
かゆくてかゆくて
かきむしり

685 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 04:28:52
パンツ下ろして
なんこうをぬる

なつおわる
はなびをあげる
あたみかな


686 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 11:27:11
露天温泉
日焼けがいたむ

ずいぶんと
海水浴に
行けなくて

687 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 12:04:07
日サロで焼いて
行ったふりする

腹減った
今日の昼飯
何食おう?

688 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 12:28:33
ハヤシライスが
あるじゃないか

なんだこれ?
ハヤシライスと
思ったら

689 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 13:19:14
麻婆豆腐の
素にうつむく

アイス食べ
一時しのぎに
涼をとり

690 :をとめ:2005/08/29(月) 17:38:04
ギュルと腹鳴り
正露丸飲む

残り物
勿体ないと
ラップかけ

691 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 18:12:49
置き場を探す
冷蔵庫の中

早々に
入浴済まし
さっぱりと

692 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 21:01:54
腰に手をあて
牛乳一気飲み

もう9時だ
そろそろ風呂に
入ろうか

693 :詠み人知らず:2005/08/29(月) 23:31:46
我が家の自慢は
ヘチマのタワシ

風呂の中
ポコポコポコと
アワ3つ





694 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 00:56:29
鼻先にでて
意識遠のく

ゆっくりと
湯船に浸かり
今日の日を

695 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 01:08:48
かえりみおもう
無事これ感謝

遠のくは
何か不思議な
ものがあり

696 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 01:15:32
想いめぐらし
こぼれる笑顔

暑き夏
終り間近に
ふと思う

697 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 08:46:40
さあ宿題を
始めようかな

学生は
この時期みんな
鬱ぎみで

698 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 10:11:58
前途多難で
途方にくれる

潔く
机に向かって
みたけれど

699 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 11:22:29
なやんだあげく
2ch中の下を  #名無しさんのできの悪い句を宿題提出。。

おのれには
自負があるのか
ひきこもり



700 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 19:04:15
違うさオレは
ただの出不精

久しぶり
掃除はじめて
みたけれど

701 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 19:29:08
取捨に迷いて
遅々と進まず

選挙カー
声高らかに
遅くまで

702 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 21:51:54
宵闇に揺れる
白い手袋

肩凝った
PCの前で
2時間半



703 :詠み人知らず:2005/08/31(水) 06:16:59
粘るオナニー
まだ発射せず

選挙前
創価の電話に
困り果て

704 :詠み人知らず:2005/08/31(水) 09:36:44
はいはいはいと
受話器を置く

ホリエモン
ドラエモンだよ
しずかちゃん


705 :詠み人知らず:2005/08/31(水) 12:56:15
静かでなくとも
静香と名乗りて

いよいよか
決戦突入
夏の陣

706 :詠み人知らず:2005/08/31(水) 20:22:22
一気呵成の
勢いつけて

報道に
平等求める
政治家は

707 :詠み人知らず:2005/08/31(水) 21:54:45
相手の話を
いつも遮る

夕空に
烏のねぐらへ
帰り行く

708 :詠み人知らず:2005/09/01(木) 21:01:35
それにつけても
おやつはカール

チーズ味
やっぱり今日も
歯に絡む

709 :詠み人知らず:2005/09/01(木) 22:09:32
爪楊枝使い
シーシーハーハー

ああダメだ
今日はおやつを
食べ過ぎた

710 :詠み人知らず:2005/09/01(木) 23:19:05
夜食は
ポテチだけにしとくか

やせないと
嘆くあなたは
食べている

711 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 00:03:17
ながねんつれた
うちのぽちなの

ふろこわれ
せんとうかよひ
ひとをしる


712 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 00:20:22
まちであいさつ
するもはずかし

よそひとに
すべてさらして
かくれなき

713 :QRZ:2005/09/02(金) 06:27:38

Old man riyer のこのいきどおり

祖国大事イラクの州兵すぐ呼び戻せ

714 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 19:09:14
異国の地にて
記憶薄らぐ

テキストを
広げてみては
席をたち

715 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 19:10:43
↑五七五訂正

テキストを
開いてみては
席を立ち

716 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 19:19:56
にきびを潰して
夜が明ける

風呂上り
肌から湯気が
立ち上り

717 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 23:27:42
くもりガラスを
手で拭いている

銭湯で
子供の頃は
女湯で

718 :詠み人知らず:2005/09/02(金) 23:40:46
知らない振りして
ハダカ観察

腹の肉
あっという間に
浮き袋

719 :詠み人知らず:2005/09/03(土) 02:04:23
沈む気持ちで
始める運動

気持ちいい
汗をかきたい
熱帯夜

720 :詠み人知らず:2005/09/03(土) 10:41:31
スーパー銭湯
サウナに入れ

休日も
2ch俳句に
入りびたり

721 :詠み人知らず:2005/09/03(土) 10:51:24
窓を閉め切り
電気を消して

選挙カー
批判がなって
主張なし

722 :詠み人知らず:2005/09/04(日) 07:56:38
テレビつけりゃ
岡田の説教

痩せていた
娘、政治家
元バレー部

723 :詠み人知らず:2005/09/04(日) 08:42:00
日焼けの肌も
美白になりて

被り過ぎ
テレビの中の
討論会

724 :詠み人知らず:2005/09/04(日) 16:05:00
熱くなりすぎ
近所迷惑

725 :詠み人知らず:2005/09/04(日) 16:06:20
小泉の
思惑思惑通り
ホリエモン

726 :詠み人知らず:2005/09/05(月) 17:31:39
そっくりさんの
出現うけて

大変ね
台風中継
飛ばされそう

727 :詠み人知らず:2005/09/05(月) 21:20:38
最大級の
台風だとか

台風の
逝った後には
選挙風

728 :詠み人知らず:2005/09/05(月) 22:37:25
吹くか吹かぬか
神のみぞ知る

本当に
台風来るのか
静かだな

729 :詠み人知らず:2005/09/05(月) 22:46:44
被害の大きは
いづれの風か

スマスマの
マイアヒ見ながら
手が動き

730 :詠み人知らず:2005/09/05(月) 22:51:25
メロディーがほら
グルグルまわる


今晩も
2ch俳句をパトロール

731 :詠み人知らず:2005/09/06(火) 00:34:54
あれ書き込めん
プライバシ高

オードリー
踊りながら
屁っプバーン

732 :詠み人知らず:2005/09/06(火) 01:27:39
乱れた髪を
パーマの休日

シルベスター
競馬で金を
すったローン

733 :詠み人知らず:2005/09/06(火) 16:23:22
ランボー働き
怒りの脱出

アーノルド
最近少し
皺多くねッガー?

734 :詠み人知らず:2005/09/06(火) 20:59:29
きっちり治すよ
80デイズで

スティーブン
沈黙をする
くせがあル

735 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 00:01:52
映画は苦手と
続く沈黙

記事捏造
疑いつつも
読み続け

736 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 00:09:57
しんじつよりも
なぜおもしろい

うたよみも
それでよいのか
きみのなか


737 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 00:28:58
ふかくは読まず
サラリと流す

五七五
みそひともじに
込めるのは

738 :QRZ:2005/09/08(木) 00:53:16

喜怒哀楽の波の拍動

秋風や留守にひとりのメトロノーム

739 :戯作者:2005/09/08(木) 01:06:21
ゼンマイゆるむ そのときまたむ

すててみてわかるひろさのひとのよか

740 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 01:42:26
果ての無きゆえ彷徨いつづける

夜深し風に消される虫の声

741 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 12:57:50
やおら高まる 室内の息

嵐去り庭もしとねも乱のあと


742 :詠み人知らず:2005/09/08(木) 17:54:09
激しすぎたとため息ついて

雨戸閉め光の射さぬ部屋の中

743 :詠み人知らず:2005/09/09(金) 01:56:03
息子ふと見て
片手でなでる


並木道
気付けばほんのり
葉が赤い

744 :詠み人知らず:2005/09/09(金) 15:27:43
色づく時期には
ちと早いかな

曇り空
聞こゆはカラスと
子らの声

745 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/09(金) 23:28:47
いわし雲まで
とよみけるかも

秋空に
ひるがえりたる
万国旗

746 ::2005/09/09(金) 23:45:11
ぎんぎんぎらぎら
夕陽が沈む

セメント屋
倅地盤を
世襲する

747 :詠み人知らず:2005/09/10(土) 11:06:59
いづこもおなじあきのゆふぐれ

郵便が来たかバイクの音が汁

748 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:31:21
何も落とさず
通り過ぎ行く

もうだめぽ
如実に現す
我が状況

749 :きぅ:2005/09/10(土) 23:57:18
ぽ一文字の
余裕残して

名月を
指さしている
飾り爪

750 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:34:23
見せる相手も
きれい見とれる

衆院選
テレビをつけて
あっとする

751 :詠み人知らず:2005/09/12(月) 22:33:37
遠い親類
なぜか候補で

当落の
差が物語る
ドラマあり

752 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/12(月) 23:16:46
若手ライター
鮮烈デビュー

候補者が
足りない党の
おこぼれを

753 :詠み人知らず:2005/09/13(火) 03:12:41
いただく党も
気持複雑



気がつけば
時計の針は
3を指し

754 :詠み人知らず:2005/09/13(火) 05:12:17
睡魔に襲われ
二時間過ぎる

夜明け前
道路工事の
音目覚め

755 :詠み人知らず:2005/09/13(火) 08:04:10
一度は見るも
またすぐに寝る


爽やかに
自転車で急ぐ
高校生

756 :詠み人知らす:2005/09/13(火) 09:56:16
親に学校
友達進路

思春期の
酔いが覚めない
行動は

757 :詠み人知らず:2005/09/13(火) 13:26:19
夢に死するを
本意とぞすれば

日の光
干す白布の
けがれなさ

758 :詠み人知らず:2005/09/13(火) 23:16:21
秋日和かも
天の香具山

明日あすと
一日のばしに
残る夏

759 :詠み人知らず:2005/09/14(水) 09:47:54
秋を待ちつつ
香る潮波

これやこの
秋の名月
朧月

760 :きぅ:2005/09/15(木) 00:25:25
冴えわたるべき
気もはるかなり

路傍にて
調べ哀しく
鳴くケータイ

761 :QRZ:2005/09/15(木) 16:55:44

波長あわせてこほろぎ孤独

露地マニア団子ぬすびと十三夜


762 :詠み人知らず:2005/09/15(木) 20:05:11
きぬを担いで
隠るる名月

いも恋し
月のおもてに
残るかげ

763 :詠み人知らず:2005/09/15(木) 23:34:16
もちつくやつは
どこのだれだろ

つきみれば
うつるはやさに
あしよろむ

764 ::2005/09/16(金) 00:14:10
ウサギと杵で
餅をつくかも

望月(もちつき)と
良くも言ったり
満ち潮の

765 ::2005/09/16(金) 00:19:16
>>763すみません。ぼっーとしてて、かぶりて候。
>>764無しで

千鳥足でも
辿る我が家よ

月見れば
心の戦ぐ
遺伝子に


766 :詠み人知らず:2005/09/16(金) 00:47:58
>>765
幾万年の
年月を見ゆ

大漁の
旗を掲げた
父の船

767 :QRZ:2005/09/16(金) 02:24:19

# 恥ずかしいですが761露地は路地の変換ミスでした。

出たついでに>>766

祖先塩飽といふはガセネタ

流罪の人の裔の娘らうつくしき

768 :詠み人知らず:2005/09/16(金) 02:53:30
扇子亡くして
名に恥を着る

紅葉の
季節はまだかと
木々達の

769 :詠み人知らず:2005/09/16(金) 04:05:30
楽しげな声
風に聞こゆる

校庭に
伸びる童の
影長し



770 ::2005/09/16(金) 16:11:14
銀杏の木々の
色づく頃に

たゆたいて
いずれの岸に
流れ着く

771 :詠み人知らず:2005/09/16(金) 18:18:18
ほどよくねむる
両岸のいも

ひがくれて
おもうにはやる
重きあし

772 :詠み人知らず:2005/09/16(金) 20:28:46
ただひたすらに
約束の場所

狂い咲く
花に忘れじ
語りかけ

773 :きぅ:2005/09/16(金) 23:59:13
実らずともよい
十七の恋

意味のない
煽りが得手の
キャスターは

774 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/17(土) 00:09:05
きるきる回る
空港デッキ

地から湧く
油を空飛
ぶために燃す

775 ::2005/09/17(土) 00:29:56
故に争う
国もありやと

環境を
守れと人は
言うけれど

776 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 00:35:21
人のたまりし
熱球空海

人の世を
いきてわからぬ
死神よ



777 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 00:41:42
甘い誘いは
永遠の眠りか

木工所
かんな屑とて
美しき

778 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 00:46:20
みにくきわれは
そのうすさのみ

かなしきや
あいたいひとと
わかれたり

779 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 00:57:01
ひとのよなれば
おわりあるべし

さりながら
とこよのいのち
あらまほし


780 ::2005/09/17(土) 01:10:46
銀河鉄道
乗れば悟るか

流れ星
見ながら願い
込めている

781 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 01:15:28
明日はどうか
晴れますように

運命の
出会い信ずるか
尋ねられ

782 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 01:25:17
順調ではない
友の恋知る

10ヵ月
二人の間に
淀む時間

783 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 01:28:23
おしながさんと
きみにせまりて

ふあんなる
おのれこころが
たよられず

784 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 04:28:01
にげうつときも
いやなよかんが

垣間見る
秋の夜長の
夢なれど

785 ::2005/09/17(土) 23:25:13
現(うつつ)になれと
密かに願う

しだり尾の
長鳥の声
窓の外

786 :詠み人知らず:2005/09/17(土) 23:50:48
うちにはけづめ
しらずこうふん

せわしなき
とうそういちず
かりたてて





787 :くすりやさん:2005/09/18(日) 09:59:05
時にはゆっくり
月眺む秋

日曜の
朝はこれから
何しよう


788 :詠み人知らず:2005/09/18(日) 19:02:07
考えながら
見るサザエさん

明かり点け
パっと目覚める
側頭部

789 :詠み人知らず:2005/09/18(日) 23:13:13
はげはあれども
昨日は丸だ

思案なり
こたえがないの
わかんない

790 :詠み人知らず:2005/09/18(日) 23:40:58
思考能力
限界なりし

残暑とて
日ごとに増する
秋の色

791 ::2005/09/19(月) 01:19:24
錦秋なるか
我が人生も

虫の声
代わりて気付く
日めくりの

792 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 02:36:06
わすれしおもひ
てにあまりたり

こどもらの
こえのなかみに
はいられず


793 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 14:24:28
一人あそびて
こころなぐさむ

もてなくて
一代男
名を残す

794 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 21:35:06
今世之介は
あまたさぶらふ

中秋の
名月さえも
気づかずに



795 :QRZ:2005/09/19(月) 22:03:30

うへにさぶらふ猫はみすうち

いざよひも立ち待月も夢うつつ

796 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/19(月) 22:21:39
中内ダイエー望月も欠け

潔き風雲児一人駈け逝けり

797 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 23:03:53
殺意わく
あいつの顔を
見るたびに

798 :飛行少年:2005/09/19(月) 23:09:11
親にさえ
きもいといわれ
泣きじゃくる

799 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 23:38:33
797-> 
こいつはいつか
消しゴムになれ

798-> 
こころはぬるく
おいらはいたい

800 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 23:39:35
としおへど
あまりおおきや
きのまよひ

801 :詠み人知らず:2005/09/19(月) 23:55:11
うわきぐせかな
こころがせきて

ものおぼえ
わるきはまよひ
おおければ

802 :詠み人知らず:2005/09/20(火) 13:07:12
往きつ戻りつ
堂堂巡り

彼岸入り
迎えて暑さ
衰えて

803 :ダダイ:2005/09/20(火) 17:46:02
つじつまを合わす
蝉のにんにん

扉開け
秋の空気と
夏の空

804 :詠み人知らず:2005/09/20(火) 19:17:36
嫁の顔みて
詠む空気かな

だいどころ
リフォームうれし
嫁の顔

805 :詠み人知らず:2005/09/20(火) 20:40:50
匠のワザよ
我またうれし

下痢の気配
間に合う?合わない?
括約筋

806 :zzz:2005/09/21(水) 02:31:41
このときばかり
活躍もせず

爆発は
運動会の
日曜日

807 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 02:36:55
飛びぬけ走る
いもの勇姿

さてねるか
おかしなおっさん
ありがとう

808 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 02:37:05
太もも痛む
火曜日の朝

気が付けば
海を見ずして
夏が過ぎ

809 :zzz:2005/09/21(水) 02:45:15
>>807-808

風船ふくらむ
寂しげにして

さつまいも
地面の下に
膨らんで

810 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 02:52:31
焼き芋、粉吹き芋…
夢も膨らむ

おいも掘り
自分のおいもは
小さいなぁ

811 :zzz:2005/09/21(水) 03:06:03
根は深いから
まだ先の芋

耕した
土の深さで
決まるなら

812 :QRZ:2005/09/21(水) 13:11:13

いもづる式にあらはなる過去

将来は読めぬハイゼンベルクかな

813 :2ch de 句会 選考委員会事務局:2005/09/21(水) 14:57:17
いまもよめない
ドイツ語なんだ

いもなんて
くひすぎたのか
戦後びと

814 :ダダイ:2005/09/21(水) 15:20:28
現代っ子も
ポテトくひくひ

皮衣
残すあの子の
食事時

815 :カキノモトヒット麿:2005/09/21(水) 17:14:00
皿の外まで
脱ぎ散らかして

台所
ふと目をやれば
スズメバチ

816 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 19:43:01
いつしか帰る
女王のもとへ

ポーカーの
波に飲まれて
ゆくハート

817 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 21:10:00
かわりなきつら
さらしてすわる

きみこいし
おもひはつのる
いたみまし

818 :詠み人知らず:2005/09/21(水) 22:37:12
いつかしびれて
かいかんとなす

いかんとも
しがたい事実
打ちのめす

819 :きぅ:2005/09/22(木) 00:09:29
メイド姿も
萌えぬわが妻

小悪魔のような
教師が担任で

820 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/22(木) 00:29:07
悪魔のような
子どもらと居る

よくみれば
君も私も
おちこぼれ

821 :詠み人知らず:2005/09/22(木) 02:46:40
あいをもとめる
ひとはすくわる

いつのひか
まよいはさめん
ゆめのなか

822 :詠み人知らず:2005/09/22(木) 07:04:08
うつつのに目覚め
うとうと眠る

いつの間に
心の中にも
秋風が

823 :ダダイ:2005/09/22(木) 11:26:55
クーラー消えて
地球(ほし)もにっこり

長廊下
まばたきしている
蛍光灯

824 :きぅ:2005/09/23(金) 01:14:11
ナースコールに
応答はなく

駅が吐く
勤め帰りの
影長し

825 :すーと:2005/09/23(金) 01:30:55
味噌汁思ふ
家路の明かり

すれちがい
どんな人かと
逢えぬ人

826 ::2005/09/23(金) 23:00:00
まるで縫い目の
上糸下糸

別れても
また巡り合う
君ならば


827 :詠み人知らず:2005/09/23(金) 23:16:49
預けておこう
僕のこころを

待ってたよ
やっと帰って
来たんだね

828 :きぅ:2005/09/24(土) 00:07:55
見舞いあるごと
つぶやける祖父

運命の
恋はブログに
晒されて

829 :詠み人知らず:2005/09/24(土) 00:08:37
僕には分かる
君の足音

可愛いな
誰かほおずき
置き忘れ

830 :QRZ:2005/09/24(土) 00:37:15

分教場にやがて夕月

そろそろとドレリハ無形文化財


831 ::2005/09/24(土) 00:53:50
朝起きて
トイレに行くと
花畑

832 :詠み人知らず:2005/09/24(土) 11:10:23
あさぎりたちて
においわれなり

833 :カキノモトヒット麿:2005/09/24(土) 15:17:19
若サマ、832番さん、ここは前の人の句に下の句を付け、次の人に上の句を提示するスレ
ですンで、よろしく! てなわけで次は俺が上の句を・・・

夏逝けり 一度も海に 行かぬまま

834 :詠み人知らず:2005/09/24(土) 18:46:26
まくろにやけし
彼女見送る

かきのもと
たねをまきます
ありがとう

835 :詠み人知らず :2005/09/24(土) 19:20:04
花の名は しらぬ めずらし 花の咲く

836 :poo:2005/09/24(土) 19:46:04
砂時計

同じことの繰り返し

落ちては戻しまた落ちる

その動きに意味があるのか

そう尋ねられたらどうする?

同じことの繰り返し

落ちては戻しまた落ちる

たとえそれが無意味でも

別に私は構わない

同じことの繰り返し

落ちては戻しまた落ちる

いつまでも

ただずっと

同じことの繰り返し

837 :詠み人知らず:2005/09/24(土) 21:19:01
??

838 :詠み人知らず:2005/09/25(日) 10:17:50
>>834
最後は猿に
実をぶつけられ

こおろぎの
歌清らかな
十五夜に

839 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/09/25(日) 12:12:16
伊達の薄着で
風邪に捕まる

全自動
空調完備の
仕事場で



840 :きぅ:2005/09/25(日) 15:07:38
まるまる太る
チャバネゴキブリ

腹くちく
舟を漕ぎだす
一時半

841 :くすりやさん:2005/09/25(日) 16:20:33
三途の川を
渡ってしまった

舟を漕ぎ
何処へ行こうと
してるのか

842 :月龍:2005/09/25(日) 22:01:09
東に浮かぶ
黄金の国

願わくば
次の世代に
繋ぎたし

843 :詠み人知らず:2005/09/25(日) 22:28:52
ヤキウという名の
斜陽産業

いいんだよっ
俺は楽しんでんだから!

844 :ほほい:2005/09/26(月) 06:15:02
いいんだよっ
俺は楽しんでんだから!

一人呟く
画面の前で

845 :紅色:2005/09/26(月) 20:02:24
ブルガリア
欧州のなか
どのあたり

846 :猿二歳:2005/09/26(月) 20:44:28
机の地図を
駆け巡り三月

ヤベー字余り

847 :月龍:2005/09/27(火) 02:06:46
ジパングに
東西の雄
戦いて


848 :詠み人知らず:2005/09/27(火) 23:09:18
やはり勇者は
美しき者

若武者と
呼んで良いのか
国会に

849 :詠み人知らず:2005/09/27(火) 23:41:06
どうせかわらぬ
このよのならひ

よのなかは
どちらにころぶ
かみのわざ

850 :カキノモトヒット麿:2005/09/29(木) 15:40:35
あなた当選
わたし落選

料亭に
いってみたいと
つぶらな眼

851 :詠み人知らず:2005/09/29(木) 17:48:37
かねははらわぬ
秘書は美人

きみはいま
もっとも正直
政治家ぞ

852 :月龍:2005/09/29(木) 21:54:39
魑魅魍魎に
もまれし今は

北風が
こんなに早く
吹こうとは

853 :詠み人知らず:2005/09/30(金) 23:21:58
恋に破れた
心に沁みる

彼の声
姿が今も
愛しくて

854 :詠み人知らず:2005/10/01(土) 00:33:03
かぜのおとにぞ
おどろかれぬる

鳩歩く
黄金三島
星の舟

855 :zzz:2005/10/01(土) 01:21:43
砂の蟹にも
届かぬ鋏

ロシアには
残した女が
一人いる

856 :詠み人知らず:2005/10/01(土) 01:26:41
かっての同士よ
カマラドZZZ

シベリアに
魚の骨を
みるなんて


857 :zzz:2005/10/01(土) 01:33:31
ニシン北かと
カモ女問うなり

たつ鳥は
流氷を背に
羽広げ




858 :QRZ:2005/10/01(土) 02:28:04

助走と見えてしばしためらう

呼び声はDNAか母の浪漫

859 :zzz:2005/10/01(土) 02:56:42
マロン片手に
グラッセグラッセ

甘いもの
手土産にして
彼のもと

860 :るい:2005/10/02(日) 00:27:13
糖尿病とは
これいかに

変わるかな
霞を食って
健康体

861 :詠み人知らず:2005/10/02(日) 01:06:42
はらもきれいに
かねもいきけり

ぼけすすみ
はなしもずれて
ぱんつさげ

862 :月龍:2005/10/03(月) 23:10:55
老人力で
乗り切れるかも

敬老と
人は寿ぐ
高齢化

863 :カキノモトヒット麿:2005/10/05(水) 16:48:42
一方で若者
ニートとなり果て

黒づくめ
「フォー」と叫びつ
腰を振る

864 :詠み人知らず:2005/10/05(水) 17:28:35
スリとこたえて
あとをおいかく

このよでは
なにがほしいか
いってくれ

865 :紅色:2005/10/05(水) 20:15:06
指のすきまを
こぼれる時間

成島の
毘沙門さんに
秋の風

866 :QRZ:2005/10/06(木) 00:51:29

二ランバビランバ元気ですかね

おぼつかない終バス拾い今日も旅往く

867 :詠み人知らず:2005/10/06(木) 14:47:48
家路も知らず 母の面影

秋晴れに 君思いつつ 散歩道

868 :詠み人知らず:2005/10/07(金) 02:59:33
温まりゆく 気持ちかかえて

初雪や 湯屋の煙に 溶けかかる

869 :詠み人知らず:2005/10/07(金) 17:32:06
寒さに負けぬ ひとのにぎわい

雨止まず
灰色の空
恨めしく

870 ::2005/10/08(土) 14:05:55
北国の底
襟をすぼめて

波の様に
我が人生も
常ならず

871 :詠み人知らず:2005/10/08(土) 14:36:23
満ち引きの間に
足跡も消ゆ

雨の音が
悲しく聞こえる
土曜の日

872 :詠み人知らず:2005/10/08(土) 16:25:28
金曜に貯めし
食料はやなし

学寮の
まどから見れば
彼女みゆ





873 :十六夜ニッキ:2005/10/08(土) 16:34:40
静けさが
こんなにうるさく
感じる夜
 
逃げるように
音楽かける

874 :詠み人知らず:2005/10/08(土) 17:39:27
>>872
目が合い笑われ
うれしはずかし

社長秘書
夜も勤めて
ビショビショに

875 :くすりやさん:2005/10/08(土) 19:19:48
そうよ私は
美女だったのよ

秋が来て
君との別れ
ほらそこに

876 :をとめ:2005/10/10(月) 09:39:47
俯く二人
色付く紅葉(もみじ)
葡萄園
ワイナリー寄り
試飲して

877 :をとめ:2005/10/10(月) 09:42:30
↑改行失敗スミマセン

878 :詠み人知らず:2005/10/10(月) 09:49:46
心高鳴る
君の口元

のんだから
すこしやすんで
いきませう


879 :詠み人知らず:2005/10/10(月) 10:55:23
休んだところで
またのむ私

雨の日も
何が降ろうが
構わずに

880 :詠み人知らず:2005/10/11(火) 18:06:40
勉強!勉強!
勉強!勉強!

足の爪
親指の端
嗅いでみる

881 ::2005/10/11(火) 23:19:37
結構これが
癖になるやも

いやだとは
言いつつ通う
足しげく

882 :詠み人知らず:2005/10/12(水) 02:06:48
魚の目とは
明日でさよなら

また明日で
たまる宿題
消える金

883 :詠み人知らず:2005/10/12(水) 22:54:14
交尾する猫
眺めせし間に

蛭の池
勇気だめしと
たわむれに

884 :詠み人知らず:2005/10/13(木) 01:26:00
足が滑って
うつぶせに倒る

六本木
ヒルズに巣食う
吸血鬼

885 :zzz:2005/10/13(木) 03:10:34
自身の自信に
地震が襲う

富士見かな
雲の形が
まだらにて

886 :詠み人知らず:2005/10/13(木) 22:06:13
北風さえも
待たるる夕べ

仰ぎ見て
なお仰ぎ見る
高さかな

887 :あかね ◆wSdkSdy/To :2005/10/13(木) 23:20:57
初冠雪の
富士の高嶺や

高いのは
富士より世界
一ですが    #林檎

888 :詠み人知らず:2005/10/14(金) 01:16:45
マッキントッシュは
日本で旭

一人でに
扉ひらいて
メチャびびる

889 :詠み人知らず:2005/10/14(金) 01:55:16
向こうでセールス
あやふやな笑み

天高し
秋の青空
雨の間に

890 :QRZ:2005/10/14(金) 04:31:24

洗濯物がなま乾きする

黙々と隣はカレーおれ秋刀魚



891 :詠み人知らず:2005/10/14(金) 23:28:01
香に鈴虫も
喉をならす

初紅葉
吾の子の笑顔に
あらわれたり

892 :詠み人知らず:2005/10/15(土) 03:28:05
初めて二人
入る混浴

露天風呂
眼下色づく
渓谷に

893 :くすりやさん:2005/10/15(土) 08:02:44
老婆が一人
座るて祈る

渓谷を
流れる水に
浮かぶ色

894 :詠み人知らず:2005/10/16(日) 00:04:34
瀬を湛えたる
清みや知れる

松の葉の
落ちて二身
に別れたる

895 :詠み人知らず:2005/10/16(日) 23:55:17
これもある意味
松葉崩しか

英字紙に
ホットドッグの
包まれて

896 :詠み人知らず:2005/10/17(月) 00:08:39
雰囲気でてる
ダケド日本

897 :詠み人知らず:2005/10/18(火) 00:11:25
食欲を
そそる秋こそ
ダイエット

ライバル達に
差をつけたらん

人知れず
筋トレ続く
運動の秋

898 :紅色:2005/10/18(火) 19:28:07
亜鈴を掴む
手のひらにマメ

大福を
上手に食えず
こなだらけ

899 :とまと:2005/10/19(水) 01:30:25
あっという間に
浦島太郎

ITの
裏戦略に
乗っ取られ


900 :詠み人知らず:2005/10/19(水) 19:36:02
既存メディアは
あわてふためき

ホリエモン
の次はまたまた
あの男

901 :詠み人知らず:2005/10/20(木) 05:30:45
二番煎じで
うざがられる男

四十八
DVDが
現れる

902 :くすりやさん:2005/10/22(土) 08:19:32
あの手この手と
秋の夜長に

秋晴れは
どこに行ったの
シトシトと

903 :虚無僧@一茶 ◆2H0If6CM3I :2005/10/23(日) 17:47:35
君の心に
巣くっているよ

しらじらし
言葉の羅列
肌寒し

904 :詠み人知らず:2005/10/23(日) 18:08:03
甘えと愛の
ちがいがわからん

徳利の
セーター送ると
母親が

905 ::2005/10/24(月) 00:45:58
可愛い熊の
デザインを編む

暖かな
夕げの煙
懐かしく

906 :詠み人知らず:2005/10/25(火) 02:12:21
隣家のにおい
嗅いでなぐさむ

このところ
めっきり冷えて
冬の服

907 :紅色:2005/10/27(木) 18:56:00
コートで語る
背中の哀愁

寄り途の
屋台の酒は
燗になり

908 :詠み人知らず:2005/10/28(金) 13:01:49
水溜りには
金貸しのビラ

かあちゃんの
ヒステリーなど
思いつつ


909 :カキノモトヒット麿:2005/10/30(日) 16:20:02
嫁の暴力に
今日もまた耐え

外国の 
習慣のはず
ハロウィンは

910 :きぅ:2005/10/30(日) 23:57:03
などとぼやきつ
祖父の今日逝く

イブイブが
なぜか知らぬが
休日で

911 :QRZ:2005/10/31(月) 16:55:48

イブイブイブは冬瓜を食う

食われないカボチャ歯を剥き棚の上

912 :よっちゃん:2005/11/01(火) 12:57:02
視線のさきは
経よむ母の背
   
初投稿
やはり気になる
できばえは
     【初心者の初投稿です。ご指導ねがいます。】

913 :よっちゃん:2005/11/02(水) 15:49:33
ビギナーズラック
あるはずもなし
 
  (皆さん無視だもん…(;_;)…自分で付けちゃったわ!)
  
母 見舞い
心のこして
背を向ける

914 :詠み人知らず:2005/11/02(水) 18:39:19
タリウムのんで
やさしくなった

母見舞い
死んだら困る
われひとり



915 :詠み人知らず:2005/11/02(水) 19:49:30
いちょうの大ぼく
徐々に色づき

小春日に
追分けだんご
熱いお茶

916 :詠み人知らず:2005/11/03(木) 13:01:09
暇(いとま)の多い
主婦の楽しみ
 
願わくば
この世のすべてに
幸あらん

917 :詠み人知らず:2005/11/03(木) 13:08:03
それは欲深
望むべくも

私だけ
幸せ不幸は
隣人へ

918 :詠み人知らず:2005/11/03(木) 19:39:33
塀を潜りて
猫行き来する

特大の
次郎柿をば
おすそわけ

919 :よっちゃん:2005/11/03(木) 22:39:31
よるの食卓
子どもが笑顔
    
ふときずく
まえのけんかは
いつの日か

920 :詠み人知らず:2005/11/04(金) 12:01:23
なにかひそめど
しあわせうれし

おちつけば
おのがじんせい
おのがこよ

921 :ヨッチャン:2005/11/05(土) 02:00:56
親老いたいま
親がたいせつ
   
はつ孫は
うんこをしても
ほめられる

922 :詠み人知らず:2005/11/05(土) 04:08:49
ぶりぶりぶーが
かれのあいさつ

半人前 
一人前を 
たいらげる

923 :ヨッチャン:2005/11/06(日) 19:54:51
隣りの娘
ボクたいらげた
   
言えぬこと
星の数ほど
あるけれど

924 :詠み人知らず:2005/11/07(月) 20:35:55
朝になったら
すっかり消える

原付で
走る公道
寒すぎる

925 :…も、少し反省:2005/11/07(月) 22:27:03
冬と一緒に
街にふく風

手の色も
冷たい風に
赤くなる

926 :詠み人知らず:2005/11/07(月) 23:34:40
ウインドーすっかり
クリスマスカラー

こづかいが
リップクリームに
化けまして

927 :QRZ:2005/11/08(火) 00:25:40

春咲小紅は母が想い出

立冬の宵入院の父なりき

928 :ヨッチャン:2005/11/08(火) 01:41:16
月にむかいて
父さんと呼ぶ
   
ヨッチャンの
まいどの句には
季語が無い

929 :詠み人知らず:2005/11/08(火) 02:08:17
「オーレー オーレー♪マツケンサンバ♪オーレー オーレー♪マツケンサンバ♪」
   ∧_∧   ∧_∧
  ( ・∀・) ( ´∀`)
 ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)

 「あぁ 恋せよ アミーゴ♪踊ろう セニョリータ♪」
   ∧_∧  ∧_∧
  (・∀・ ) (´∀` )
 ⊂、   つ⊂、   つ
    Y 人    Y 人
   (_)'J   (_)'J
  「眠りさえ忘れて 踊り明かそう♪サーンバ ビバ サーンバ♪」
  ∧_∧  ∧_∧
 ( ・∀・ ) ( ´∀` )
 ( つ⊂ ) ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ  ヽ ( ノ
 (_)し'  (_)し'

 「マ・ツ・ケ・ン サーンバー♪オレ♪」
   ∧_∧   ∧_∧               【ゴールデンレス】
  ∩ ・∀・)∩∩ ´∀`)∩             このレスを見た人はコピペでもいいので
   〉     _ノ 〉     _ノ              10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
  ノ ノ  ノ  ノ ノ  ノ                そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
  し´(_)   し´(_)                出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です


930 :詠み人知らず:2005/11/10(木) 16:17:38
>>928
季語がなくても
綺語ありゃゆるす

愛してます
今すぐ結婚
してください

931 :YYY:2005/11/11(金) 02:34:57

また今度ねと言われたりして

立冬の一番星も翳るまま

932 :詠み人知らず:2005/11/11(金) 20:19:51
我の頭は禿げるままなり

シコースキー正しく発音シコルスキ 


933 :ヨッチャン:2005/11/12(土) 01:03:27
ピウスーツキふぉー
ハリャホリャヒレホロ 
世界地図
めぐり疲れて
ひじ枕

934 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 07:36:07
眠気に襲われ
起きたのは朝

おねーさん
そんなにティッシュは
要りません

935 :ヨッチャン:2005/11/12(土) 12:38:36
タオルとシーツで
まにあわせます
 
吉野家の
牛鉄鍋が
消えちゃたのよ

936 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 17:38:27
家に着いたら
妻子も消えた

はき慣れた
パンツに穴が
開いたとき

937 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 21:59:49
短パンにして
’06年モデル

望遠鏡
澄んだ夜空を
覗き込む

938 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 22:04:18
もしもし君は?
と警官の声

澄んだ闇
中天の月
六十度

939 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 22:17:34
あの子の部屋は
2時の方向

高倍率か、
勉強しなきゃ
受験生

940 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 22:22:41
石焼イモの
メロディー窓に

深夜2時
見るもの全て
集中力

941 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 22:38:26
朝日昇れば
疲れて眠る

隣室で
いびき 歯軋り 我が亭主

942 :詠み人知らず:2005/11/12(土) 22:44:03
静かになれば
寝顔伺う

日常の
起伏の無さに
温む日々

943 :詠み人知らず:2005/11/13(日) 00:01:23
たまには浮気
でもしたくなり

繁華街
迷路の街は
秋の色


944 :詠み人知らず:2005/11/13(日) 10:26:02
揺れる衝動
鎮めつ歩く

どんぐりを
拾い集めて笑う子等

945 :詠み人知らず:2005/11/13(日) 10:42:58
くさいと銀杏
取巻きだした

青空に
上野公園
イチョウの木

946 :詠み人知らず:2005/11/13(日) 12:14:16
黄金の扇
揺らして輝く

金が無い
ボーナス待てぬ
どうしよう

947 :ねむたん(-д-):2005/11/13(日) 23:58:49
質草もなく
寒い懐

柿実り
カエデ色づく
他家の庭

948 :zzz :2005/11/14(月) 00:03:53
幸せそうだ
爆竹投げる

買出しに
秋刀魚3尾を
手に入れて





949 :詠み人知らず:2005/11/14(月) 00:11:03
猫に盗られて
知らずに帰宅

青魚
光る背中は
海の色

950 :zzz :2005/11/14(月) 00:14:54
まな板にいて
夕日に染まる

はらわたを
右指が抜く
ずるずると

951 :詠み人知らず:2005/11/14(月) 00:17:36
いっそ話せば
楽になるのに

背わたまで
抜いて揚げれば
甘み増す

952 :zzz :2005/11/14(月) 00:37:20
白魚の身に
油注いで

両肩に
夜が乗る
モニターの前

953 :詠み人知らず:2005/11/14(月) 07:27:10
指折り数え
おもしろきを探す

すすき咲く
川筋の道
眺むれば

954 :詠み人知らず:2005/11/14(月) 08:48:32
茜が飛びぬ
夕日に染まり

せせらぎに
紅葉浮かびて
船旅か

955 :詠み人知らず:2005/11/14(月) 12:21:28
我の迷ひを
乗せて流さん

西の空
光りかがやく
星ひとつ

956 :QRZ:2005/11/14(月) 14:19:21

おさななじみの逝きしたましひ

フィアンセの写真と菊と入れました

957 :ヨッチャン:2005/11/15(火) 10:58:07
成仏してよ
かれはもらうね
 
サーヤ様
目をあわすのも
恥ずかしげ

958 :カキノモトヒット麿:2005/11/15(火) 15:30:45
さらに恥ずかしい
儀式はこれから

今日からは
「清子」さんです
紀宮

959 :カキノモトヒット麿:2005/11/15(火) 15:33:53
すんません!後半訂正させてください!

今日からは
「黒田清子さん」
紀宮



960 :ヨッチャン:2005/11/15(火) 19:27:03
宮は消えても
かわらぬ気品
 
ひさかたの
和式トイレに
老いを知る

961 :詠み人知らず:2005/11/16(水) 06:36:17
壁の手摺りを
思わず握る

テーブルに
並んだ空ビン
酔っ払い

962 :ヨッチャン:2005/11/18(金) 00:09:57
ハニャホリャヒレホロ
ブェッグゥォゲェッ
   
玄関を
出ればキリリと
薄暮の月

963 :詠み人知らず:2005/11/18(金) 15:50:03
駆ける舗道に
吐く息白く

行き違い
当てなく淀む
問いかけに


964 :ヨッチャン:2005/11/19(土) 01:01:25
うかぶおもいは
口にはだせぬ
   
不倫愛
十年過ぎて
ときめかず

965 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 01:34:04
本当の愛は
ここにはあらず

晩秋の
深夜の風の
冷たさや


966 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 08:02:25
震える心に
降り注ぐ星のきらめき

野の草に
降りる冬霜
輝やけり

967 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 08:16:50
厳冬なれど
日は昇りゆく

紅葉を
小さき山も
着飾りて



968 :ねむ:2005/11/19(土) 09:22:50
今を一期の
秋は過ぎ行く

襟立てて
ビルの谷間の
風をゆく

969 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 09:41:51
背筋伸ばして
我が身励ます

みぞれ降る
泣き顔めいた
街並みに



970 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 15:43:49
華やかなる傘
楽しげに歩む

軒下に
橙色のつるし柿

971 :詠み人知らず:2005/11/19(土) 22:53:05
寒さに縮む金玉みたい

幼き頃
祖母の干し柿
恐くて拒んだ

972 :ヨッチャン:2005/11/20(日) 00:35:49
美輪明宏なら
ひきつけ起こす
  
夜の窓
二度と会えない
人がいた

973 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 01:49:22
消えぬよう
じっと見つめる

真白な
煙となりて
消えた母

974 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 10:21:53
人の命の
はかなさ思う

命燃え
短き時を
生き生きと

975 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 11:38:30
伸ばして思う
はかなさうれし

なさけなき
ひのよおえるか
もえつきず

976 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 15:45:23
まよわずいけよ
いけばわかるさ

暖かさは
いつの間にやら
しんしんと

977 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 19:36:19
心も安らぐ
足湯の極楽

紅葉の
山道流れる
せせらぎは

978 :QRZ:2005/11/20(日) 20:44:02

暮色に沈む聚落に入る

自治体の終バス降りて兄いもと

979 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 22:57:52
家までの道
かけっこで競う

潮風に
吹かれて拾いし
白き貝

980 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 23:04:42
海の大きさ
共に手に乗る

海深し
計り知れない
未知の場よ

981 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 23:19:47
隠し事には
ええんじゃないか

今日は晴れ
猫に追われる
赤とんぼ

982 :詠み人知らず:2005/11/20(日) 23:26:22
荒ぶる鐘の
ごとく吼えたり

青春の
放つ光の
眩しさよ

983 :982:2005/11/20(日) 23:29:43
>>980
(に続けてしまいました、迷ってる間に)

984 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 06:12:43
>>981 続き
青空高く
とべばいいのに

青春の
放つ光の
眩しさよ

985 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 09:28:32
己の目をも
惑わす程に

寄り添った
心気付けば
後ずさり







986 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 19:48:37
別々の道
歩いてみるか

わがままを
亭主関白と
勘違い

987 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 20:36:16
いつかしるべし
陶片追放

988 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 20:37:40
働いて
終わればうれし
棺おけか


989 :紅色:2005/11/21(月) 21:11:53
木箱の端にカンヅメ発見

つまみ無きひと夜を燗でやり過ごし

990 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 21:14:12
朝は仙台
嗚呼常磐線

なつかしや
もしやきみらは
刑務所の

991 :ねむたん(-д-):2005/11/21(月) 22:46:24
庭に咲きたる
同期の桜

夏は冷や
秋はぬる燗
いま熱燗

992 :詠み人知らず:2005/11/21(月) 23:13:45
今夜は一人
春を恋いつつ

寒を問い
君は喜ぶ
冬夜の長さ

993 :ねむ:2005/11/21(月) 23:44:02
しばし自閉を
許されるとき

わくら葉を
転がす風の
冬めきて

994 :詠み人知らず:2005/11/22(火) 01:29:53
紫濃いし
源氏のころも

とき忘れ
思ひのはてに
えたるもの

995 :詠み人知らず:2005/11/22(火) 09:30:51
心残りは
何一つなし

君の他
惜しいもの無き
日がありて






996 :ヨッチャン:2005/11/22(火) 12:04:38
恋は盲目
嗚呼、身の破滅
  
人生は
こんなものだわ
自己責任

997 :詠み人知らず:2005/11/22(火) 13:17:58
さりとはなんと
つめたいおひと

いきていて
いいひとみつけ
みかえさん



998 :ヨッチャン:2005/11/22(火) 14:23:46
とは思えども
めじりのしわよ
   
逝くまでに
いまいちどだけ
燃える恋

999 :詠み人知らず:2005/11/22(火) 14:53:25
くすぶりつづく
うらみもやさん

なつかしや
おのれのすがた
くぎをうつ

1000 :カキノモトヒット麿:2005/11/22(火) 15:17:51
無為に過ごせし
若き日呪いて

名も知らぬ
顔もまた知らぬ
歌人たち


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

126 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)