5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆【感想付き】恋・失恋575☆☆

1 :瑠衣:03/11/21 22:23
前の人が呼んだ歌に感想つけて次の575(77)を読もう。
恋のスレッドはいっぱいあるけど読みっぱなしが多いので作ってみました!
感想、意見、批判などなにか一言つけて次を読んでね^^
マターリでお願いします。



だいきらい
もう絶対に
会いたくない
だけどあなたは
幸せになって


2 :詠み人知らず:03/11/21 22:31
だいすきよ
だいだいすきよ
あいたくない
わたしだけしあわせ
みかえしてやる

3 :詠み人知らず:03/11/21 23:06
#相手の幸せを思えれば大人の別れ。。

別れ際
涙見せずに
ほほえんで
背中で強がる
女の意地よ


4 :まにあ:03/11/23 16:55
#背なで強がり震える肩よ…失恋哀歌

意地っ張り
すねた横顔
みるたびに
可愛くもあり
憎くもありて

5 :瑠衣:03/11/24 12:06
 #分かる!私の場合、男がすねるのはどうかと思ってたけど…
 まぁそれも可愛いってことで

恋短歌
詠んで浮かぶは
前彼氏


6 :詠み人知らず:03/11/24 19:51
#忘れる期間は流そうだな

歌になる
別れのドラマ
それも恋



7 :瑠衣:03/11/27 23:26
#それをいっちゃ全部「恋」ですね〜

口で言う
本気真剣
全部嘘
そういう気持ちは
体で示して


8 :しろう:03/11/27 23:30
#どのくらい一緒にべたべたして耐えられるかが愛の量を測る最も簡単な方法なのは確かですね

口づけは
人前でする
公然と
照れや面子は
別れの言い訳

9 :詠み人知らず:03/11/27 23:36
# なんとなくいいね。そうするかな。。

雰囲気を
はやとちりして
かやの外
それはそれとて
好きは好きなり



10 :詠み人知らず:03/11/28 02:03
# 好きこそもののジョーズなれ。。サメた愛

恋愛は
燃えたら負けの
焼き芋か
ホカホカ加減
クールで調節

11 :るい:03/11/28 11:33
# 燃えて自爆 かなりカコワルイ

石橋を
叩いて壊す
彼だから
ふたりでトビます
バンジージャンプ



12 :詠み人知らず:03/11/28 18:33
#叩くだけましだな。

石橋は
渡らず下を
泳ぐ俺
恋はきまぐれ
冬の台風


13 :北斗:03/11/29 08:36
#きまぐれ台風東進中。

怒ってる
連絡ないな
あいつから
恋の嵐も
風速強し



14 :こてこ:03/11/29 11:02
#ただいま強風警報発令中。グスン

じっとして
嵐過ぎるの
待つよりも
風にまかせて
あなたのもとへ

15 :詠み人知らず:03/11/29 14:50
#まつのも人生よ

むりをせず
まてばかいろの
ひよりとて
こんなにもいい
ひとがいたのよ  #イルハズナイジャン



16 :こてこ:03/11/29 18:37
#イルハズナイナンテ。。。。

待つ間
募る想いが
こぼれでて
涙になって
流れて消える


17 :北斗:03/11/29 23:26
#いじらしく、時はながれて。。

待たせたね
お詫びに渡す
玉手箱
開けた煙で
二人は他人

18 :あかね ◆wSdkSdy/To :03/11/29 23:34
#素敵な箱ね。どこで買えるの?

封印を
解けば飛び出す
魑魅魍魎
悪霊退散
呪文もきかず

19 :はばたき:03/11/29 23:51
#どこにいったの?

呪文やら
こころで叫び
狂うても
いないだもんな
しかたないや、、

20 :るい:03/11/30 11:58
# オトナしく

死んだとき
葬式でたい
呼んでよね
最後のおねだり
してみたりする

21 :zzz:03/12/01 01:12
#無理です

たはむれに
てをとりならの
みやこへと
むつみしきみは
・・・・・・・・・

22 :島ちゃん:03/12/01 23:27
#鹿煎餅を喰う...

積雪に
二人が書いた
約束は
春を待たずに
溶けて流れた

23 :瑠衣:03/12/02 20:08
#越冬は至難のわざ…

この恋は
桜を見ること
できるかな
二月三月
行事がないし

24 :あかね ◆wSdkSdy/To :03/12/02 21:00
#受験勉強真っ最中で

巡りあい
信じて待とう
雪解けを
冬来たりなば
春遠からじ

25 :こてこ:03/12/02 23:25
#なんかずーっと秋。。。

色づいて
深まっていく
その前に
ため息ひとつ
落ち葉踏む音

26 :北斗:03/12/03 18:12
#なんとなく同感。。

落ち葉とて
自分で散りたい
心あり
季節はずれの
風は強引

27 :詠み人知らず:03/12/08 17:42
#その強引さに惹かれ。

強引と
男らしさは
違うから
落ち葉の散り際
優しく見つめて

28 :あかね ◆wSdkSdy/To :03/12/10 22:27
#恋は女の一大事。でも男には・・・

世の中に絶えて女のなかりせば猿は人には進化せざりき

29 :詠み人知らず:03/12/11 00:14
#恋はおとこのさっかく。でもおんなには・・・

世の中に絶えておとこのなかりせば猿は人には進化せざりき

30 :るい:03/12/11 11:26
#男も女も腹据えて

遍くは恋の命と愛の命
新たな命 紡ぐ目的

31 :こてこ:03/12/11 23:28
#「できちゃった」「・・・・えっ、誰の」

曖昧の波に揺れてる心ひとつ

32 :北斗:03/12/12 00:37
#ゆれてる時は転覆しない。。

小船漕ぐ
波に迎って
地平線
沈む夕陽に
涙輝き


33 :島ちゃん:03/12/13 22:15
#小船は転覆しやすいので、注意が必要。

マフラーを
二重三重
巻くよりも
貴方の腕に
巻かれていたい

34 :詠み人知らず:03/12/14 23:53
#ストーカーは強い

12月
非通知着信
過去の人
わらわらわらわら
わらえるわ



35 :こてこ:03/12/15 21:25
#できれば今の人でいたい。。。んだけど

過去なんて
どうでもいいの
今さえも
どうにでもなれ
愛してる

36 :詠み人知らず:03/12/16 21:06
#今、この時のこの瞬間。。

愛しては
いけないはずの
あの人に
想い募らせ
夜汽車に一人

37 :あかね ◆wSdkSdy/To :03/12/16 22:27
#全てを賭けて愛せば・・・

愛に罪などないのですどこまでも愛し続けて愛し続けて

38 :耶柾渡世:03/12/16 22:50
#愛は尊いわ、地球より重いわ、ねぇ私って重い?

愛してね あなたが愛よ 愛してる 愛より出でて 愛より恋し

39 :詠み人知らず:03/12/16 22:53
#愛によってるきみに ちきゅうよりおもいなんて バカジャナイ

あいなんて しょせんはむなし もとめても いずれはしるの おわるとききて




40 :あかね ◆wSdkSdy/To :03/12/16 23:08
#愛はただ与えるだけのもの

降る雨のように積む雪のように知らず知らず我愛されており

遠い日の愛の続きが我を出て君を包みぬ降る雨のごと

41 :詠み人知らず:03/12/16 23:24
#愛はただ与えるだけのもの  ウツクシイコトバデスガ ナガツヅキシマセン

降る雨のように積む雪のようにいずれはきえるよのことわり

遠い日の愛の続きが我を出て君を包みぬいきるあかしに  #ソウナノヨ


42 :詠み人知らず:03/12/21 22:52
#与えつつもらいつつならうまくいくよ


もしもあなたが空ならば
ずっとわたしは雲でいる

もしもわたしが月ならば
ずっとあなたは星でいて

43 :詠み人知らず:03/12/21 23:05
>#与えつつもらいつつならうまくいくよ

それがしんりよ ふうふなら たがいにたすけおぎなって せいちょうするの

#なかなか それがうまくいきませぬのがせけんナノです。 ナムアミダ ゴケニセッキョウ


44 :こてこ:03/12/29 23:43
#なるほど〜

思うほど思われたいと物思うそんな自分を葬ってみる

45 :北斗:03/12/30 10:07
# 葬ってホームに立たずむ君がいる。。

恋の駅 始発列車が まだ来ない
 恋愛特急 止まらぬ駅で

46 :ポタージュ:04/01/02 06:41
# 恋の各駅停車。出来れば乗りたい快速に。

いつ来るの恋の到着時刻表 
 着たら飛び乗り終着駅へ

47 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/01/02 16:10
#天国で待ってるはずが見つからず・・・

乗り遅れ先回りして飛行機で飛び立ったけど還らざる旅

48 :北斗:04/01/02 16:36
# なんとなく複雑ゆえの旅姿。。

約束と契りの違い計りしも 測定不能単位が違う

49 :佳月:04/01/02 16:57
#期待と現実、妄想と実感、良くも悪くも違いますよね。

欲しいのはあなたじゃないと気がついた深夜の本屋閉店一時



50 :詠み人知らず:04/01/29 10:50
age

51 :詠み人知らず:04/01/29 11:02
ひとりねの かるいねどこに なれてきて 不安の空気 かこいこみける


52 :詠み人知らず:04/01/29 11:11
君からの
連絡なくて
少しずつ
寂しさ募り
怒りへ変わる

53 :詠み人知らず:04/01/29 11:50
こちらから
れんらくすれば
今食事
あとでれんらく
ひまならするわ

54 :詠み人知らず:04/01/29 11:57
Oh
I'm busy with cooking right now.
Iwill call you later if I have a time.
Bye!



55 :詠み人知らず:04/01/29 18:55

すみません
いま火をつかってるの
こちらから
でんわをかける
ひつようならば


56 :詠み人知らず:04/02/04 11:16
#恋の火が・・

四ヶ月
ぶりにあいつの
声聞いた
受話器置いたら
涙こぼれた

57 :碧海吟遊:04/04/12 08:07
#雲は移り気ですぐ次の空を探すけどね。

古雑誌
まとめ交換
するごとく
俺と彼奴を
替えて行く君

58 :碧海吟遊:04/04/12 08:11
#>>57は派手なレスミスでした、何が雲だ。

59 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/04/12 16:52
嫉妬(やきもち)は
愛の証に
なりえない
深みにはまる
前に気づいて

60 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/04/12 16:53
>>59 >>57への感想になってます。

61 :まにあ:04/04/12 21:57
#焦げ過ぎの餅は苦くて喰えやせぬ。

焼餅は
甘い醤油で
味付けて
焦げ付く前が
一番美味い…トカ。

62 :詠み人知らず:04/05/10 09:12
焼き餅は 焦げてからが おいしいが 食べ過ぎたら おなかいっぱい #焼き足りない餅は ただの餅 焼きすぎの餅は 病気餅

63 :北斗:04/05/10 21:06
#餅つ もたれつ 語弊餅。。

人生に
尻餅ついて
秋がくる



64 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/05/10 21:42
#飽きが来て そこから真の 夫婦道

さよならは 初夏にしましょう 何もかも
 夏に向かって 輝くころに

65 :詠み人知らず:04/05/10 23:28
もう飽きた 言ってみたいよ そのセリフ いつかなれるの? そんなふたりに #飽きたなんて なんて贅沢 ついでに言うとうらやましい

66 :詠み人知らず:04/06/28 02:00
あきなんて
とっくにきたは
抜け殻よ

#いやこれではいけませんぞ

67 :詠み人知らず:05/01/28 23:54:23
あたしが好きな歌は

柔肌の
熱き血潮に
触れもみで
寂しからずや
道を説く君

ですね。自分で作ってないので恐縮ですが・・・

68 :詠み人知らず:2005/04/30(土) 22:44:21
#今度は自作の歌をぜひ

見つけたの 貴方と言う名の磨き砂
いつか見つけて 輝くわたし

#ふ・・・自分磨きでいっぱいいっぱいだぜ。

69 :詠み人知らず:2005/06/14(火) 13:41:30
#恋愛で自分を磨けるのは素敵なこと

「あたしたち恋人なのに隠すのね」
「恋人同士でも他人さ」

70 :蚊絵男 ◆AYACA.kaEo :2005/08/06(土) 11:34:18
#他人として出逢い、いつしか他人でなくなる

今朝君が夢に出たよと文(ふみ)打てば
出演料の請求が来た

71 :なゆ:2005/08/07(日) 04:03:10
#他人ってどこまでが他人なのかな?私にはあなただけです。

君が好き
その一言が
喉の奥
つかえたままの
三度目の夏

72 :奈々氏:2005/08/07(日) 04:56:25
あなたには
ふれられないまま
さよならで
私の心は
止まったままです

73 :詠み人知らず:2005/08/21(日) 17:47:16
>>71
喉の奥まで出かかった言葉は…、喉で止めておいてよかったのだといつか思えるかもしれません。

>>72
あなたの心がいきいきと動き出しますように!

弱さゆえ
溺れる愛は
酒に似て
ハマりすぎれば
胃が痛くなる

74 :詠み人知らず:2005/10/10(月) 07:27:20
age

75 :みかん:2005/10/15(土) 20:36:19
こんばんはー。みなさんは、ネットで、恋をした方ですか・・・?

76 :みかん:2005/10/15(土) 20:37:21
それとも・・・

77 :詠み人知らず:2006/01/14(土) 08:16:09
失恋短歌スレ消えちゃったんだ。

78 :詠み人知らず:2006/01/15(日) 03:11:30
73自分がつらくなる恋は寂しさが多いですね…それでも抜け出せないものですよね

君思う
君が他人を
好こうとも


79 :詠み人知らず:2006/01/15(日) 03:34:56
78誰かが人のことを思わないと恋は存在しない、でも思われないと愛は存在しない、
難しいものです。

罪悪感
感じさせない
為君を
避けて嫌われ
残る虚しさ

思いついたんでもいっこ
おもうこと
きてくれずとも
こいという
よんであえれば
れんあいという 


80 :クロネコ:2006/01/15(日) 14:06:21
#相手を思って悪役になる…難しいけど立派だと思う

あぁ君よ
幸せになれ
誰よりも
この俺よりも
他の誰よりも

81 :詠み人知らず:2006/01/16(月) 05:59:42
※夫婦して興信所使ってる馬鹿な二人に(よく恥ずかしくねぇ)
恋愛は自由で(笑)
独身は自由で(当然)
既婚者はもう恋愛する自由なんか両方に有る訳無い。
それでもあると言うのなら
それは俗に言う不倫で(キッタネー)
悪いけど私には関係ないから。
だって独身だし、モテルカラ。


82 :詠み人知らず:2006/01/16(月) 06:08:30
オマケ(笑)
君の事が好きだったのは昔の話(大笑)
だれが人のお古になった男なんか欲しがると思うの(馬鹿じゃねぇ)
あんなチビノちんちくりん女なんか仕事場に遣すな。
邪魔でしょうがないな。
ゴメンネこれでもモテルカラ
他にもういるよいい男が。

83 :詠み人知らず:2006/02/12(日) 09:44:25
おだやかになりましょうよ……

久しぶり
宿がないのよ
お願いよ
別れた彼の
部屋に泊まった

部屋の中
パジャマ姿で
感じるのは
懐かしさと
復縁の期待

哀しきは
君の机の
上にある
新しい女(ひと)と
君との写真

絶望に
うちひしがれた
このあたしに
「キスしていい?」
訊くなチクショウ

悪いとは
知りつつ抱かれ
残るのは
虚しい思い
決別の念

84 :詠み人知らず:2006/03/17(金) 01:22:59
期待してしまう気持ち判ります。終わらせたはずなのになぜでしょうね。

気まぐれに
思い出しては
くれるけど
嬉しいなんて
思ってないよ


本当は
めちゃくちゃ嬉しい
ことなんて
絶対言わない
絶対言えない

85 :詠み人知らず:2006/03/23(木) 21:31:57
素直になれない。
素直になったら楽になれるけど、
そんなこと出来ないよね。



この冬の
思い出のキミ
語るとき
BGMは
レミオロメンかな

86 :詠み人知らず:2006/03/23(木) 23:18:52
粉雪ですか?本当に1億人もいるのにどうしてたった1人だけを欲しいと思ってしまうんでしょう。


春風が
吹き荒れた午後
振り向いた
君の笑顔も
ただただ悲しい

87 :詠み人知らず:2006/03/27(月) 12:05:37
春は別れの季節・・・切ないです。

君のこと
ずっとみてても
いいですか
そんなことなど
いえるわけない


88 :詠み人知らず:2006/03/27(月) 21:44:00
だめって言われたって見ずにはいらるないし、自然に目が追うのはどうしようもないですよね。今日も後ろ姿を見つめることしかできませんでした…


花粉症
ひどくなったと
言うあなた
あ〜ぁ今年も
花見誘えず

89 :詠み人知らず:2006/03/30(木) 12:43:39
あらら、お薬いただいたらアレルギー症状も楽になるんですよ。
来年こそは誘えるといいですね。



カツカレーと
ラーメン好きと
言った君
わたしがそれしか
作れぬを知り

90 :チャーリー:2006/03/30(木) 12:50:02
この季節
出逢いがあれば
別れあり

91 :チャーリー:2006/03/30(木) 12:51:30
フラれたら
次の出逢いで
もう一度

92 :詠み人知らず:2006/03/31(金) 01:36:29
89
優しい彼ですね。愛されててうらやましいです。大事にしてあげてください。


わがままで
自分勝手な
望みでも
君に会いたい
今すぐ会いたい

93 :詠み人知らず:2006/04/02(日) 00:54:21
その気持ち、分かりますよ・・・。切ないですよねぇ・・・。

もし彼に
振られてしまう
そんな夢
見たならわたし
次の日ブルー


94 :詠み人知らず:2006/04/04(火) 23:39:11
想像するだけで悲しいですね(。´Д⊂)。。。私もよく好きな人の夢見ますよ。


誰よりも
あなたのことを
想ってる
例えあなたが
望まなくとも

95 :詠み人知らず:2006/04/05(水) 00:40:02
ど真ん中
俺のハートに
ストライーク、バッターアウッ!!!!

96 :詠み人知らず:2006/04/05(水) 01:28:53
↑↑痛い存在↑↑

97 :詠み人知らず:2006/04/05(水) 02:07:09
ここのスレ
何だか心に
しみてくる
みんな誰もが
辛いんだ......ね
Mr.字余り

98 :詠み人知らず:2006/04/05(水) 22:35:21
<<94
そうなんですよね。こんなにも思ってるのに彼が必ずしも望んでることではないんですよね・・・。

春桜
咲くころ部屋に
二人きり
もうすぐ二人
別々の道


99 :詠み人知らず:2006/04/06(木) 02:06:22
春は桜も綺麗で気候も良くて素晴らしい季節なのに、別れの季節だなんてあんまりですよね。こんな季節こそ大事な人とのんびり過ごしたいのに…


この腕も
この目も耳も
思想さえ
全部あなたの
ための存在

100 :あっさむ:2006/04/06(木) 04:59:21
この声が
いつかは届くと
信じてた
叶わぬ恋は
雪の中

101 :詠み人知らず:2006/04/06(木) 08:50:41
>>99
恋したらみんなそうなっちゃうんだよなあ…。
切ない。

>>100
叶わぬ恋。片想いは恋愛の醍醐味です。


コンチクショウ
別れの際に
いい男
気取らないでよ
忘れられない

102 :やれやれ:2006/04/06(木) 23:12:28
昔日の 恋のはかなさ 思い出に 性懲りもなく 今宵もひたる

103 :詠み人知らず:2006/04/06(木) 23:16:53
恋ゆえに人は苦しまねばならぬ
恋ゆえに人は悲しまねばならぬ
恋ゆえに・・・恋ゆえに・・・恋ゆえに・・・・・・・・・

104 :やれやれ:2006/04/06(木) 23:25:28
人ゆえに 恋もしもすれ 愛しもし はかなき夢に 迷うがごとく

105 :ゴーヤベイベー ◆GOYA58JJHY :2006/04/06(木) 23:49:20
人である限り、生きてる間に恋という物をしてみたいです。儚いものであったとしても。

柔肌の 熱き体に 触れもせで 悲しからずや パンツ履かずに

106 :詠み人知らず:2006/04/07(金) 09:49:45
>>101
中途半端に優しくされると余計に苦しいですよね。



忘れたい
あなたの全て
忘れたい
忘れたいのに
忘れられない

107 :詠み人知らず:2006/04/13(木) 16:37:24
>>106
無理して忘れる必要などナシ!
いさぎよくひきずろう!



春の雨
散る花びらに
見えるのは
どこか儚い
君のおもかげ

108 :詠み人知らず:2006/04/13(木) 23:10:29
ありがとうございます。潔くひきずることにします!
桜を見ると愛しい人を思い出しますよね。私も私の好きな人を重ねてしまいます。

桜散り
私の恋も
淡く散り
残ったものは
朽ちた花びら

109 :オタク、名無しさん?:2006/04/14(金) 03:37:47
何だか…
美しかったビラビラが別れた彼氏に使い古されてドス黒く変色した
〜と、詠んでしまいました。

失礼。

…良いですね。
桜の散りざまと恋の散りざまをかけた綺麗な歌にエロスを醸す良い歌だと思います。


僕の人生遅めの大恋愛を詠みます。

遅咲きの
桜は冬に
咲き誇り
春愁無く
春秋咲いて

110 :詠み人知らず:2006/04/14(金) 10:34:17
公園で
子供見てるよ
ペッティング

111 :やれやれ:2006/04/16(日) 22:02:53
恋が白熱してくると視野が極端に狭くなって、相手の目しか見えなくなるのですよね。
手足は勝手に動いてしまうし。

人間て なんでキスを するのかと 子供みたいに 今ふと思う



※スレの規範をよく見ないで、自分勝手な五七五七七をただ書きなぐってました。
申し訳ない。

112 :詠み人知らず:2006/04/16(日) 22:10:21
これからは感想つけてくださいね〜ないとやっぱ寂しいので。
ホント何で人間はキスという形で愛を感じるようになったんでしょう。不思議なことですね。


愛情の
無いキスだとは
知りつつも
触れる悦び
かみしめていた

113 :やれやれ:2006/04/21(金) 22:02:51
愛とは触れたく思う心で、さらに触れることで昂揚し成熟してゆくものなのではないかと・・・。

抱きしめた 腕のあわいに 応力を 感じる幸せ 二人生きおり

114 :詠み人知らず:2006/05/01(月) 08:10:01
難しい言葉があった(学が無い)ので、辞書片手に感想です。

なるほど。『あわい』という言葉には『間』という意味の他に『人と人との関係』や『釣り合い』なんて意味もあるんですね。
強く抱くほど『応力』は大きくなるけど、それを掴んでいられる幸せ。
いい詩ですね。



駄作ですが、五七五が少ないので↓

『また明日』

アイツの返事は

『さようなら』



115 ::2006/05/01(月) 21:28:12
坂の下
今日はひとり
風の下

116 :詠み人知らず:2006/05/03(水) 07:08:02
>>114
こんな部分で気持ちの温度差を感じるのも辛いですよね。


早春の
別れの傷も
やや癒えて
少しだけだが
恋に目を向け

117 :詠み人知らず:2006/05/04(木) 11:33:44
季節がかわれば、か。
芽吹きとともに恋もつぼみ。

忘れてよ
つぼみ結ばぬ
恋ならぬ
誘いしものは
我なれども

字足らず。
早く次に行ってほしいなんて
浮気しておいて傲慢だとはわかっているけどね…

118 :詠み人知らず:2006/05/10(水) 18:57:19
すいません。私も同じ状況です。
共感させていただきます。


あの夜を
過ごした人は
言えないわ
君と彼の
友情のため

119 :やれやれ:2006/05/12(金) 23:18:30
人それぞれにいろんな恋の道をたどってゆくのですね。

他が人の 子を孕みたる 幸せを 我に語りて 微笑みて去る
君もはや 母になりしか 我もまた 父とはなりて 昔想いぬ

120 :詠み人知らず:2006/05/18(木) 14:38:46
みんな辛いですよね。
モテなかった私に優しく接してくれた女性が、パラノイアだった!!!!!
私は未だに寝込んでいます。
失意の歌二首。

心病んだ君を憎めず吾を責め愛しき日々を想ひ苦しむ
気違ひと知りき今なほ君を戀ふまとまりつかぬ愚かさを恥づ


ところで皆さん、歴史的仮名遣で詠まないんですね。
私は和歌は歴史的仮名遣がいいなあ、口語であっても・・・

121 :120:2006/05/19(金) 11:17:04
↑文語の使い方がおかしいか・・・
知りき今なほ、「き」なんておかしいか?
「し」はだめなんでしたっけ?
「知りたるもなほ」
の方がいいのかな?
古文の文法は学校で習わなかったし(あー低学歴!)、和歌も入門書すら読んだことがないから、いくら旧かなができてもダメですな(自嘲)

122 :やれやれ:2006/05/21(日) 10:25:30
恋愛はある意味、パラノイア的要素を内包していると思わなくもない。
紙一重ってこともあるのかしらん。

かの人の 写真も文も 色あせて 思い出だけは 今も鮮やかに


歴史的仮名遣いに憧れることもありますが、「i」という音だけでも「い」「ひ」「ゐ」を識別し使い分けるなんて自分には無理だから、普通にやってます。
普通って表現、変かしら?

123 :詠み人知らず:2006/05/23(火) 14:06:39
>>120
ごめんなさい。好きだった人を気違ひなんてあんまりだと思う。
もう少しきれいな言葉で表現して欲しかった。

>>122
どんな写真よりも、手紙よりも、記憶って鮮明ですよね。
一緒にいた人の体温や、ほのかな匂いまで、
生々しく残ることがあります。

返さずに たんすの奥に 眠ってる
あなたのシャツを ふと取り出した

124 :詠み人知らず:2006/05/23(火) 14:18:37
??!

125 :120:2006/05/23(火) 21:56:38
>>123
どうも申し訳ありません、このような歌を詠む、また2chとはいえ、発表してしまうというのが、私の気が狂っている証拠ですね。
私にも彼女にもかなり複雑な事情があるのですが、それは関係ありませんので、お詫びします。
今は歌を詠める精神状態ではありません。
きれいな歌を・・・スレ違いですが、彼女に本当に贈った恋歌を三首(少し変えました)

恋に病む毎夜々々の切なさも愛しき君の声に癒され
寒き夜 毛布抱きしめ君想ふ吾にかへりて顔赤らめる
真夜中に携帯電話を鳴らす君 眠りたくとも俟つ吾 愛(かな)し

>>122
実は、現代仮名遣いのほうが法則に例外がありすぎて難しい、と言ったら驚かれるでしょうか?
「歴史的仮名遣」でぐぐってみてください。「い」「ひ」「ゐ」の使い分けなんて簡単です。覚えようとしたことがないから、何となく難しいと感じるだけなのです。
私は毎日、日記を旧かなで書いて、2週間で辞書は要らなくなりました。1ヵ月後にはスラスラ書けるようになりました。

126 :詠み人知らず:2006/05/28(日) 13:30:08
test

127 :やれやれ:2006/05/29(月) 22:54:47
ほぼ今現在の恋を詠えるというのは、ただそれだけでうらやましくある。
その恋の形態とは関係なくそう思う。
もう恋など過去の遺物となりにけり状態の枯れた人間ゆえに。
和泉式部の日記だったかな、「橘の花を取りいでたれば昔の人のといわれて」とか、そんな文面があったような。
こういうばあいの「人」とは異性、それも想い人のことなんだそうですが。

一茎の 花を贈れり 梅雨入りの つめたさびしき 想いを流す
花に寄す わが身こころの つめたさを 抱きしめてほし 冷たき雨の日


>>125
仮名遣いに関しては、あれやこれや、正直いって不毛の議論があるようですので、あまり関わりたくありません。
まあ、単純に考えれば、今、わたしが避けたく思う旧仮名表記もそれしかなかったころには、小学生でも使いこなしていたわけですから、簡単とおっしゃる所以は理解できます。
でもまあ、今の時代にあえて過去に縛られたくもない。
そんな気分かな。
表意文字と表音文字の混在する日本語の宿命が、旧仮名新仮名の議論を生んでいるようです。
わたしはわたしが使い慣れている言葉と文字と表記を使います。

128 :三味線屋:2006/05/29(月) 23:49:01
こういう心境の人結構いる事だろう

夢に咲く
ひかり輝く
紫陽花の
滴る雫
じっと見ている

129 :やれやれ:2006/06/25(日) 00:08:48
最近は夢も見ることが少なくなった。
昔の恋人の後姿だけでもいいから、夢で出会えたら嬉しいんですが。

夢とても 会わずとなりぬ かの人の 面影遠し 梅雨終わりゆく

130 :詠み人知らず:2006/07/05(水) 01:29:33
夢でさえ会わなくなった人‥‥若輩ながら私にもそんな人がいます。

雨音が
切ない響く
夕暮れに
去り行く人の
背中見送り

131 :やれやれ:2006/07/08(土) 00:29:59
梅雨が長く続きますね。
雨の日の恋しい人の後姿はなぜかとっても悲しくてせつなくて、いとおしくて・・・。

降る雨の しぶきに消える かの人の 傘遠景に にじみてかすか

132 :詠み人知らず:2006/07/09(日) 17:36:48
こすっても
咥えられても
出てこない
反り立つ刀に
滴る涙

133 :詠み人知らず:2006/07/10(月) 17:10:01
>>131
何となく余韻の残る、しっとりとした歌です…。
こんな感想でごめんなさい。


想い出の
二人の輝く
瞬間を
とどめて残る
廃墟のホテル

134 :詠み人知らず:2006/07/14(金) 22:17:12
活気に満ち溢れていた秋祭りがあった翌日の参道を
ぼんやり見ているような寂しさを感じます。

135 :詠み人知らず:2006/07/16(日) 02:35:49
色の濃い
花を手折りし
我なれど
誰にか渡さむ
乞う人は無し

136 :詠み人知らず:2006/07/16(日) 21:20:30
>135せっかくの綺麗な花、誰かに見てほしいですよね。花の色鮮やかさが、余計に心の切なさを強調しているように感じます。


137 :詠み人知らず:2006/07/16(日) 23:58:34
君は乞う
なれど私は
後ろ髪
淡いつぼみは
春と散って

138 :詠み人知らず:2006/07/17(月) 01:48:59
好かれる気持ちに、応えられない。好きだけど、正視されると恥ずかしい。春の七草のように絡まる乙女の気持ちを、唯一見ていたのは春のつぼみ。気持ちが散る先は夏の向日葵か、冬の土か。色々な可能性を感じさせる綺麗な夏前の唄です。


139 : ◆khs2YE/F5I :2006/07/17(月) 08:29:09
放浪の
ただ中ふいに
人恋し
同じ浜辺に
同じ陽の落つ

140 :詠み人知らず:2006/07/18(火) 02:52:37
>>138
感想ありがとうございます。
この歌はいろいろな意味に取れるように書いたのですが。
138サンは見事歌の心理をついてますね。
本当にびっくりです。


141 :詠み人知らず:2006/07/18(火) 02:59:22
>>139
歌を歌われるのがとてもお上手ですね。
読んでいて惚れ惚れしてしまいます。
この歌からせつなさがあふれ出ていますね。
こんな感情は誰しも味わった事があるでしょう。
私自身の記憶もよみがえりました。

142 :詠み人知らず:2006/07/18(火) 17:17:47
>>139
凝った表現は無く情景がイメージし易いです。
でも、少なからぬ違和感があります。
放浪者=同じ場所に長期の滞在はしない。
なのに、同じ浜辺 という表現を使っています。
そこで生活をしているか、それとも長期の滞在を
していることがイメージされます。
長期滞在すれば新たな出会いも生まれるはずです。
 

143 :詠み人知らず:2006/07/21(金) 01:45:08
ああ愛し
愛を注ぐも
師弟かな

下手ですいません

144 :詠み人知らず:2006/07/21(金) 18:36:46
もう恋は
しないと堅く
決意して
そろそろ十年
経つんじゃないの

145 :詠み人知らず:2006/07/21(金) 19:20:16
リンク貼って喋れと言ってるだろうが( ゚Д゚)ゴルァ!!

146 :145:2006/07/21(金) 19:21:14
誤爆すみません・・・

147 :ねむ:2006/07/22(土) 01:00:53
片恋を秘すれば花はあじさいの仇紫か小暗き中に 

148 :詠み人知らず:2006/07/22(土) 12:02:55
#片想いって切ないですね。
面影を抱いて眠る今宵さへ枕にしみる涙も知らず。

149 :詠み人知らず:2006/07/22(土) 14:16:46
あまりにも
あの白蓮の
麗しさ
過ぎ去りし日の
あの残り香か

150 :詠み人知らず:2006/07/23(日) 00:19:36
>>147 >>148
人しれずおもえばくるし紅のすえつむ花の色にいでなむ
わが恋を人しるらめや敷妙の枕のみこそしらばしるらめ
個人的には、古今和歌集の作品と遜色が無く感じます。
「仇紫」は「徒紫」の変換誤りですよね?

151 :本日失恋:2006/07/23(日) 01:19:25
片思いでしかも失恋しちゃった・・・

152 :詠み人知らず:2006/07/23(日) 07:29:04
春の日の
別れを胸に
生きていく

153 :詠み人知らず:2006/07/23(日) 08:22:09
>>150

竹久夢二の詩にこんなのが有りますよ。
染めてくやしき仇紫や もとの白地がましぢやもの(春の鳥)


154 :詠み人知らず:2006/07/23(日) 10:03:53
知りませんでした。
夢二の「仇紫」は、その前の言葉に「くやしき」があるから使えるのであって
147 の方の歌には「仇」は似合わないように思います。
秘することが「仇」とすれば、不倫関係を匂わせる背徳の世界を想像してしまい
評価は大きく変わります。

155 :詠み人知らず:2006/07/28(金) 02:51:06
通学路
いつも探すは
君の声

156 :詠み人知らず:2006/08/01(火) 16:13:15
>>155 小房時代の片思いをふと思い出しました

織姫と 
別れの夜の 
星の海
愛の音色も 
今は聞こえず

ため息の
重さに嘆く
夏時雨
明日の夜明けに
かかる雲無し

157 : ◆khs2YE/F5I :2006/08/07(月) 12:25:55
>>141>>142レスありがとうございます。

>>141 最大級の賛辞、少し照れます。
>>142 言われてみればその通りですね。
自分は今現在放浪中のつもりですが、確かに同じ土地に長く滞在しています。
その矛盾が、無意識のうちに歌に詠み込まれてしまったようです。勉強になります。


158 : ◆khs2YE/F5I :2006/08/07(月) 12:35:21
汝が身裂く
二つの心を
嘆けども
乱れ髪こそ
汝が証なれ

(ながみさく ふたつのこころを なげけども みだれがみこそ ながあかしなれ)

二人の男性のあいだで揺れ動くある女性に贈った歌です。
なかなかの出来栄えだと思ったのですが、当人には不評でした(笑

159 :詠み人知らず:2006/08/14(月) 16:14:06
>>158
「けんかをやめて」状態ですね。
私だったらそんな歌歌ってもらえたらすごくうれしいですよ。
そういうシチュエーションがそもそもないんだけど。


携帯の
電話帳から
消せなくて
かけてみたけど
解約されてた

160 :詠み人知らず:2006/08/15(火) 05:29:30
「乳首立つ」
言って見ただけ
夜空の星よ

161 :詠み人知らず:2006/08/15(火) 06:22:10
夏過ぎて
メモリー1件
消去する

162 :詠み人知らず:2006/08/17(木) 03:00:49
あなたはいい人。
友達としては本当に尊敬してる。

嫌いじゃない
嫌いじゃないの
分かってよ


163 :詠み人知らず:2006/08/17(木) 03:24:19
胸疼き 彼への想い 高なると 退かれて恋は 泡と消えゆく

阿波・鳴門・渦

164 :詠み人知らず:2006/08/18(金) 00:18:29
喉仏ばかり見てゐる別れかな

165 :詠み人知らず:2006/08/18(金) 15:11:05
出会い方
今更悔やむ
さようなら

166 :詠み人知らず:2006/08/18(金) 15:39:47
サイトの模様替えをしたので是非一度観てやってください。
アクセス数の伸びがフラッシュ職人の力になるので世界史を愛するものは
どうかよろしく。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/2816/flash/link.html
世界史フラッシュ2


167 :詠み人知らず:2006/08/23(水) 22:36:28
oh no は
懊悩だつた
貴方へ

168 :無名氏:2006/08/23(水) 23:14:00
君が告白すると思わなかった
鰯雲

まさか同性にキスされるなんて。


169 :詠み人知らず :2006/08/24(木) 00:15:30
いるけれど
諦められない
この恋は
散ると知りつつ
想い続ける

170 :詠み人知らず:2006/08/24(木) 05:06:34
想えども
彼には届かぬ
この気持ち
せめて心は
一途のままで

171 :詠み人知らず:2006/08/24(木) 10:03:03
誰も感想つけない。

172 :156:2006/08/24(木) 10:31:18
>>171
どこか途中から、感想つけることすら知らずに続いているようです。
私は運よく最初から読んでたんでわかりましたけど。



みなさん、せっかくの【感想付き】スレです。詠み人も、感想あると
嬉しいんで、宜しくお願いします。

173 :詠み人知らず:2006/08/24(木) 18:55:09
甘やかに
這う貴方の舌、唇が
静かに熱く
愛を伝える

174 :156:2006/08/24(木) 19:19:04
>>173
おとなしいイメージが、逆に激しい想いを伝えますね。


夏の夜に 
一人眠れず 
朝の陽を
迎え気がつく 
愛の傷跡

175 :詠み人知らず :2006/08/26(土) 00:09:06
さようなら
私の心は
キミじゃなく
花を咲かせた
あの人に行く

176 :詠み人知らず:2006/08/27(日) 07:11:29
あなたなど
こっちの方から
願い下げ
思ったはずが
残る後悔

177 :詠み人知らず:2006/08/27(日) 12:14:16
>>176
2通りに解釈できる歌です。
「残る後悔」の部分が、
断わったことの相手に対する申し訳無い気持ちからくるのか
又は「その人でも良かったかな?」って言う打算にも似た気持ちからくるのか。
歌の前半の部分から推測するに後者のように読み取れます。


178 :詠み人知らず:2006/08/29(火) 10:07:57
>>177
なるほど、前者の方しか思いつきませんでした。小生の読解力のなさが悲しくなります。

ではわたくしから。(学校に提出した奴ですが)

いつも寄る
駅前にある
コンビニで
素敵な恋が
買えたらいいな

179 :詠み人知らず:2006/08/29(火) 10:33:27
>>178
なるほど、私も軽く詠んでみます。本当はもっと深刻なのですが。

君はもう私のことは忘れてるこちらは君を忘れられない

180 :詠み人知らず:2006/08/31(木) 02:57:25
もう二度と
立ち直れぬと思っても
以外に強い
我に驚く


181 :詠み人知らず:2006/09/03(日) 22:29:24
百日紅粉々にせし彼の写真

二物衝撃の句に憧れているのですが難しい、ふぁ〜


182 :詠み人知らず:2006/09/04(月) 15:02:08
この先 我が身は 監獄へと 気付けば お前を 愛してた 執拗に 怒鳴り 散らした あの日から 一体 お前は 何処へやら 今も お前を 愛してる だから 俺は 日々 想う きっと お前は 幸掴むと

183 :詠み人知らず:2006/09/04(月) 16:55:24
愛したい
壊したいけど
守りたい
どれかが本心
どれかが矛盾

184 :詠み人知らず:2006/09/04(月) 17:10:32
>>180
その時はお終いだと思っても…失恋位じゃ滅多に死にゃしねえんですよね
身も心も焦がれる様な恋愛ってそうそう無いですもんね

時は過ぎ
きみへの想い
淡い虹

185 :詠み人知らず:2006/09/08(金) 23:59:32
>>184
その時はつらくても、時間が過ぎてしまえば失恋もまた良いものですね。
だって思い出はバリエーション豊かなほうが幸せですから。
思い出が豊かなら表現が豊かになって、表現が豊かな人は多くの人に愛される・・・と良いんですけどね。
僕はまだまだダメダメ・・・orz

長き夜の明けて消えゆく月見れば 叶わぬ恋を愛しく思う

186 :詠み人知らず:2006/09/27(水) 01:02:35
>>185
いやいや、なかなか豊かな表現だと思いますよ。
明け方に月を薄れさせる朝日が見えてくるので、
「叶わぬ恋」もかなってしまいそうな予感です。


ヤケザケに まどろむ夏の夜 夢うつつ
苦い記憶も 琥珀の果てに

187 :詠み人知らず :2006/09/27(水) 01:28:36
(すいません。引用がうまくできません。お許しください。)
苦い記憶も琥珀色になれば落ち着くのでしょうか。それはどの位の時間がかかるのでしょう。

埋み火が あなたの息で 紅くなる



188 :俊輔:2006/09/27(水) 05:37:18
>>187自分の 気持ちを火に例えてますね、埋め火という表現が好きです♪上手いです。

あぁ君よ
木枯らし染みる
空渡る
候鳥ならば
春を待つのに


ちなみに候鳥とは秋に渡り、春に戻ってくる鳥、要するに渡り鳥の事です。批評お願いしますm(_ _)m


189 :詠み人知らず:2006/09/30(土) 13:02:57
自分の元を去って、もう戻ってこないであろう人のことを詠んだんですよね?
声に出して読んだとき音の響きが素直でした。
秋を喩えた「木枯らし染みる」の部分がちょっと浮いているように感じました。



190 :俊輔:2006/10/01(日) 03:25:28
その解釈です♪「木枯らし染みる」はもっと良い表現があったかもですね(^_^;)批評してくれたので新しいのを作りました♪(^-^)v
懐かしい
遠い、遠い
背中の声
葉桜見上げ
景色濡れる

まぁ前のがストレートに伝えたい短歌だったから、今回はちょっと何通りかに取れるのを(^o^)/ どう感じたか教えて下さい♪批評もお願いします(*^_^*)

191 :詠み人知らず:2006/10/01(日) 08:47:19
懐かしい遠い、遠い背中の声葉桜見上げ景色も濡れる

#とても良い響きの歌だと思いますよ。
  背なから聞こえる声は誰の声でしょう?恋人
  それとも亡くなった両親、知人、様々なその人の
  心の中に残る最愛の声でしょう。素敵な歌です。

ふきよせるやさしい風に誘われてそんなあなたが誘惑してる。

192 :詠み人知らず:2006/10/02(月) 01:54:12
>>191
誘われたのは「そんなあなた」?それとも詠み人本人でしょうか?
大人の恋の始まりを匂わせる、心地よい詩ですね。

秋の夜に 独り静かに 冷おろし
思い馳せるは 恋の道のり



193 :詠み人知らず:2006/10/02(月) 10:16:19
幻の 添い寝優しき 人影の
できぬうつつの 惑いきりなく


194 :俊輔:2006/10/02(月) 15:35:01
優しい添い寝は愛する人で、愛する人の優しさは、失って気付く事がありますよね。夢から覚めて欲しくない、そんな気持ちになる切ない歌に感じられました。

胸に抱く
儚い想い
溢れ出す
どうか今は
幸せな夢を


195 :詠み人知らず:2006/10/03(火) 01:01:05
結ばれないと分かっている恋でしょうか。
「どうか今は」に、なんとなく不倫関係の匂いを感じます。でも気持ちは純粋な。


断章の愛を捧げて咲く薔薇は緋を極めつつ死をも怖れず

↑これ、少し前に僕が別スレに書き込んだ歌ですが、
>>194さんの歌にイメージがジャストフィットしたのでここにも書きました。
使いまわしゴメンナサイ。詠み人は間違いなく僕です。

196 :詠み人知らず:2006/10/05(木) 08:40:17
ぞっとするほど純粋で真摯ですね。なのにどこか報われないような、渇望のようなものを感じます。
望みのない片思いなのでしょうか、それとも許されない二人? とすれば薔薇は二輪なのかも。
痛いほどの赤が目に浮かぶようです。


白桃をむいて振り向けないでいる

あえて状況は書かないでおきます。自由に解釈してもらいたいです。

197 :詠み人知らず:2006/10/09(月) 22:47:53
>>196
短い句の中にドラマチックな余韻あります。
「別れ話」のシチュエーションなのかな……。
こんな感想ですいません。

恋愛は
しない主義だと
言う君を
好きになっちゃう
わたしが憎い

198 :詠み人知らず:2006/10/10(火) 10:10:11
>>196
僕は、恋人の裏切りをひそかに知ってしまった作者さんの心境を思いました。
甘い蜜を含んだ果肉に最後の望みを託すべきか迷っているような・・・
関係ないですが、僕は俳句で恋愛をまったく詠めません。
このスレにある多くの句で季語の使い方など非常に参考になりました。
でもやっぱり俳句は難しい・・・。歳時記を読むのは大好きなんですが。

>>197
何かコミカルなものを感じて顔がニヤけましたww 口癖になりそうなくらい気に入りました。
「恋愛しない主義」と言ってる人は、本命の恋人がいるから予防線を張っているだけだと思います。
そんな妙な主義を持つ男はいないですから。たぶんw
本当のこと言うと、イケメンのホストが思い浮かんだんですがww


動脈を断ちて絶えたる愛ゆえにその返り血を形見とぞする

199 :詠み人知らず:2006/10/12(木) 01:00:11
「動脈を絶ちて絶えたる」まででは、絶ったのは自分のようなのですが、
「返り血」と言う言葉で相手を手にかけたことが分かってゾクッとしますね。
自ら手を下しながら形見を求める狂気めいた姿を感じます。
絶ったのはあくまで「愛」だけで、前後の表現は痛みの比喩であるともとれます。面白いです。

秋時雨携帯電話沈黙す

今度も状況は書きません。自由に読んで下さい。
前回感想を下さったお二方ありがとう。私の句には正解はありません。
お二方の解釈を読んで、作者の私が逆に発見させられました(^ω^)

200 :詠み人知らず:2006/10/12(木) 01:53:29
>>199
とても奥が深い句のようですね。
携帯が沈黙×秋時雨
が合っています。


さよならと
笑ったんだ泣いたんだ
涙に色が
なくてよかった

201 :詠み人知らず:2006/10/25(水) 15:05:44
>>200
いえいえ、女性には涙に色があるんです。
ウォータープルーフマスカラの存在はありがたかったですね。
泣くってのはすごい浄化作用みたいなのがあって、
思いきり泣いたら未練を断ち切れたりするんですよ。


ウィスキーの
瓶を片手に
持ちながら
便器にむかい
想いごと吐いた

202 :詠み人知らず:2006/11/16(木) 21:55:22
今さらに 昔の恋を しのぶとて 我が人でなし ふりかえる罪

203 :詠み人知らず:2006/11/16(木) 23:55:52
白桃をむいて振り向けないでいる

あえて状況は書かないでおきます。自由に解釈してもらいたいです

やはりバックがいいですか?

204 :詠み人知らず:2006/11/17(金) 00:16:15
さようなら
私の大好きな人
幸せになってください


205 :詠み人知らず:2006/11/17(金) 21:19:11
>>204
大好きな人なら何故追いかけていかないの?
ぶしつけな質問でしたでしょうか?

ただひとつ 言葉が継げず 毎夜ごと 後悔に泣く 引っ込み思案

206 :詠み人知らず:2006/11/18(土) 00:14:16
生きている だけがオノレの 人生か それもまたよし 恋など糞だ

207 :詠み人知らず:2006/11/18(土) 04:18:48
>>201
好きだった相手ではなく便器に向かって吐いているところにうまく切なさの込められた作品だと思います。
>>202
今さら相手が恋しくなってしまう、そんな時頭に浮かぶのは自分の心無かった言動・・
“罪ふりかえる”ではなく“ふりかえる罪”としたことで悪かったという気持ちがよく出てると思います。
>>205
“毎夜ごと”というのは意味が重複になってるので“夜ごとに”とかにしてみた方がいいかもですね。
>>206
ほんとにそう思うのかなー?


遠くなる薄着の胸からする匂い第2ボタンは未だ捨てれず


208 :詠み人知らず:2006/11/18(土) 13:03:18
好きなんだ
愛してるんだ
君のコト
愛する気持ちは
誰にも負けない

209 :詠み人知らず:2006/11/19(日) 02:19:40
後輩の娘が会社を去ります。

退き際を 心得たりし 愛妹子よ 秘めたる想い 届けざりしか
          (まなでし)


210 :詠み人知らず:2006/11/23(木) 20:46:29
自分も似たようなことあったんだよね。
部署もフロアも違っていたからほとんど接点が無くなったんだけれど
数年前の7月7日の午後、スーツ姿で自分のデスクの横にひょっこり来て
「今日で退職します。」って。
顔で笑って心で泣いたよ。


211 :詠み人知らず:2006/11/23(木) 20:50:23
http://www.geocities.com/fuzoku_ou/index.htm

212 :詠み人知らず:2006/11/25(土) 00:54:53

帰り道 一筋もれる この涙
冷たい風の せいなのだろか

213 :詠み人知らず:2006/11/28(火) 08:13:12
>>212
冷たい風のせいだ…と言い切らないところが、むしろあなたの強さを感じさせます。
感情をすなおに表現するのって、逆に強いのではないでしょうか。

もし吾子が
この世にあれば
今頃は
七五三かと
不義の子を偲う

214 :詠み人知らず:2006/11/28(火) 10:48:07
ふじTVばくはする。11:08ふん。

215 ::2006/11/29(水) 14:05:13
ゆっくりと
君の歩幅は
狭いから



ツリー見る
君の横顔
カラフルに

216 :詠み人知らず:2006/11/30(木) 23:40:00
給料だらけ
http://eriqoo.com/coolranks/front/view_cat_d/1306/1311/1312

217 :詠み人知らず:2006/12/01(金) 10:59:01
DJのターンテーブル恋の繰り言

218 :詠み人知らず:2006/12/01(金) 11:07:28
傷ついたレコード フレーズ繰り返し

219 :詠み人知らず:2006/12/01(金) 11:17:45
傷ありて先に進めぬ針哀し

220 :詠み人知らず:2006/12/05(火) 22:22:08
一目惚れ
光るあの娘は
彼氏持ち

221 :詠み人知らず:2006/12/05(火) 22:32:52
好きな人
またきえちゃった
さようなら

222 :詠み人知らず:2006/12/05(火) 23:54:44
時を呼ぶ声にも二度と振り向かず 色素を失くした世界よ滅べ

どんな傷も時が癒やすという嘘を信じることが幸せですか

223 :詠み人知らず:2006/12/06(水) 11:22:00
俺の恋
決まっていつも
彼氏もち

224 :詠み人知らず:2006/12/07(木) 21:48:05
夜中の空
星を見上げて
誓うんだ
次寝る時は
君の元にと

225 :詠み人知らず:2006/12/08(金) 11:18:12
たまに見る(名古屋?の)竹石圭佑ってどんな奴だ…
っていうか実在すんのか?20なら成人式に出るのか

226 :詠み人知らず:2006/12/10(日) 08:55:43
>>224
孤独感が漂ってますな〜(T_T)

北極星が違う星と変わる事と、他の男を選んでしまった
彼女を掛け合わせ詠んでみました。
えぇ、失恋したんです…

北の星
時を越えれば
違う星
心変わりも
時の悪戯

227 :詠み人知らず:2006/12/12(火) 22:21:58
短くも
素敵な恋を
したのだろう
澄んだ夜空も
今は思い出

字余り

228 :詠み人知らず:2006/12/13(水) 21:48:57
せつなさや
胸に染み入る
君の声
うつむく姿
抱くこと出来ずに

字余り

229 :詠み人知らず:2006/12/14(木) 11:16:49
会いたくて
心の涙が
止まらない

230 :詠み人知らず:2006/12/14(木) 14:42:58
>>229
自分の場合は吹っ切れました。一刻も早くわすれたいです。

童貞で
二十過ぎた
やりたいよ

231 :詠み人知らず:2006/12/17(日) 03:00:56
知らないで 寝る夜の幸を 大切に 守りて眠る 昔話よ

232 :詠み人知らず:2006/12/17(日) 18:56:04
酒飲みて 妙にくるおし 寒し夜 ものに思うは 古き世の恋

233 :詠み人知らず:2006/12/21(木) 22:32:51
くやしさの 夜毎深きに まさるのみ やがては明ける こともあるかと

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)