5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

RPGツクールのネタを考えるスレ4

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:42:05 ID:JummdxSf0
とにかくネタ募集中!
ここは、RPGツクール(それ以外のゲーム作成、小説でも可)のネタ書くスレです!
・思いつきで書いてよい。
・シナリオだけでなく、システム、アイテム名、魔法名なども自由に書いてよい。

wiki
http://www22.atwiki.jp/001txt/

前スレ
RPGツクールのネタを考えるスレ3
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1160913013/l50#tag991

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:43:59 ID:xOGaBEpoO


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:44:37 ID:e8mJJpuCO
(゜凵K)

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:53:16 ID:kUFV2MjT0
まあ下らねえ自称シェアードワールドよりはマシだな

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:53:17 ID:OuBh39LJ0
エターナルフォースブリザード

一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:53:27 ID:bL2SdFzBO
乙。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:46:46 ID:t1+lVfO00
ttp://phans.org/upimg/index.cgi/d/pupimg10416.jpg

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:49:51 ID:mhqBZR51O
いきなり廃れてるなw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:56:51 ID:FhUPCn8QO
いつものことってかもはやジンクス

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:13:24 ID:FgWEBr7TO
いちおつ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:40:56 ID:shpNV7Xl0
>>8
うれしそうだな。
荒らしにしたら感無量だろ。

そりゃ200も300レスもネタをたいして出さず
批判だの荒らしだのされりゃ
どんなスレだって廃れるわな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 19:02:11 ID:ckXH+6lv0
確かに
シェアード荒らしに追い出された本住人かわいそう

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:41:47 ID:mhqBZR51O
>>11
すまん、「w」は苦笑いのつもりだった

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:49:54 ID:Cr8PRSj60
>>13
ぐっ・・・こっちこそすみません・・・誤解でした。

スレの次はWikiまで荒らされる始末で、
イライラしすぎてました・・・。

・・・と書くとまた荒らされるんだろうなぁ・・・。
マジでタチが悪すぎる・・・。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 03:44:24 ID:u8x9yV5R0
なんていうか、作業効率が早くなる便利ネタが書いてあると使えそう。
まぁ、オナネタくらいしか溜まらないんでしょうけどw

16 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 19:22:52 ID:FKwwDhxR0
まあ下らねえ自称シェアードワールドよりはマシだなのコピペよりもマシだな
と思ったがそうでもなかったな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:30:35 ID:uzl+G21M0
ギャルゲー風のファンタジーRPG作ってるんだけど女キャラに困ってる
誰か面白いの考えてよ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:46:46 ID:TNyR37xx0
翠かわいいよ翠
 l .:.:.:.l.:.:.:.:.:l:::::::::::l   .:.:.:.:.:::::::::/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/ |.:.:.:.:.:.:.:::::::/.:.:.:.:|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..l .:.:.:.l.:.:.:.:.:l:::::::::::l   .:.:.:.:.::::::::/ .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/ /.:.:.:.:.:.::::::::/.:.:.:.:.l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::.:.:.:.:.:.:.:
l .:.:.:.:l.:.:.:.:.:l:::::::::::l   .:.:.:.::::::::/ .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::_,..:.:.:.:.:.:.:.::::::::::/  /.:.:.:.:.:::::::::/.:.:.:.:./:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::.:.:.:.:.:.:.:
 .:.:.:::l.:.:.:.:.:|:::::::::::|   .:.:.::::::::/ .:.:.:.::::::::::_,-:':´.:.:.:.:.:.:.::::::::::/   /.:.:.:.:.::::::::/l.:.:.:.:.∧:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:::|.:.:.:.:.:|:::::::::::|   .:.:.::::::/ .:.:.:::::::::/:::.:.:.:.:.:.::::::::::::::/    /.:.:.:.:.::::::/ l.:.:.:./ ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::.:.:.:.:.:
:.:.:.:::::|.:.:.:.:.:|:::::::::::|  .:.:::::::/ .:.:.::::::/::.:.:.:.::::::::::::::_,.-'´       /.:.:.:.::::::::/  l.:.:.:/   ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::.:.:.:.:
:.:.:.:::::l.:.:.:.:.:.l:::::::::::l   .:.::::::l,. .:-‐フ ̄ ̄::::::ー_,.-'´-―'′   /.:.:.:.::::::::/ 、」.:.:/    ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::.:.:
:.:.:.:::::l.:.:.:.::.:.:l::::::::::l  .:.:::::l .:.::::/.:.::::::::_,. - '´         /.:.:.:.::::::::/   /.:.メ .,_     ヽ::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::::::::::
:.:.:.::::::l.:.:.:.:::.:.:!:::::::::l .:.::::l .:/:::_;: - '´--―― ''こ.,_   ./.:.:.:.:::::/  /.:/   `' - .,_  \::::.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::
.:.:.:.::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:.::::レ´∠_,.. --―――--、    /.:.::::::/    /./        ` ' ‐ t:::.,_.:.:.:.:.l::::::::::
.l:.:.:.::::::l.:.:.:::::::::::::::::::://い /ニ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:「´ \  /.:.:::/    .// こ' ‐- .,_         \`:.:''.:t-:::::
..l::.:.::::::::l.:.:.:.:::::::::::〃l .:::l  \j丶ー′ノ○:;:;:}      /.:./     //  >二‐- .,_' - .,_      \:::::::::::::
 .l:..:.:::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:l  ,.-ヽヒ:;:;`´:;:〃ノノ     //      /´    7__.:.:.:.:.:.:.:`.:'-.,_       ヽ:::::::::
  l.:.:::::八:.:.:.:::::::::::::::::!.:l (    `ー''""゙゙ ''― 、     ′           {(  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.「`'-_     |:::::::
   l.:.:{ {\.:.:::::::::::::::::::l .`ー~`´     `ー'´                   l.:.`~´ヽ.:.:.:.○.:}   >>   |:::::::
   l.:.:ヽ  \.::人:::::::::ヽ ////〃 ハ ヽ丶             ,'⌒ゝ‐-=こ.:〃_.:丿 //   ./.:.::::
    l.:.:l l (二\.:::\::::::::\      〃ハヽ丶             `''´   `( ""゙゙''='⌒ヽ   ./.:.:.::::
    l.:ヽ ヽ  / \.:\:::::::::\           〈       ////〃ヽ  ヽ       ) /.:.:.:::::::::
     l.:.〉   /   l lヘ ` ' - ,\                       // ハヽ` ' -‐'´,-'´.::::::::::::::::
      { l       ヽ′ヽ                                 _ - '´::::::::::::::::::::::::::
      ヽ ヽ       |\            __             _  -.:':´::::::::::_::_- ' ´ ̄`'-、
       〉        l:;:; \             ヽ        ー----―_,..,_フ,´{
       { l         l:;:;:;:;:\                        _-'´   Y   ヽ
 __    ヽ ヽ       _ .\:;:;:;:;\                  _,,..-‐y′     `-‐´,. --‐亠
´:;:;: \   .〉       ヽヽ \:;:;:;:;\             _,,, _//~/ 〈   ,.  /,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:    \ { l   \   } }  / , :;:;`'‐、,_           /,. ,. ‐-、 /   )/-‐'´,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 08:15:28 ID:dfHiPdZO0
まあ下らねえ自称シェアードワールドよりはマシだな
って言ってる人々のことがなんとなく分かってきた。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 10:45:25 ID:sTLE7NQU0
ならいちいちスレみなくていいと思うぞ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:43:32 ID:YUh/pGfZO
>>20
待って、どういう意味?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 15:44:55 ID:agQC2cK80
IPでも抜いたか

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 16:27:33 ID:+tvbITSMO
>>11
過去ログ読んどけ
このスレの出だしは毎回こんなもんだ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 17:03:52 ID:97LgCBNw0
そろそろネタこねぇかな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 17:28:48 ID:RrFHkitA0
なんという良スレ・・・
スレタイを見ただけでワクワクしてしまった
このスレは間違いなくageに値する
       
   / ̄\
  | ^o^ |  
   \_/

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:00:49 ID:67ORJrXA0
まあ下らねえ自称シェアードワールドよりはマシだな

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:27:26 ID:zTfyrdmr0
厨房のときに書いた、
RPGの厨設定黒歴史ノートが出てきたんだけど
書いていいか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:37:52 ID:2UW8oK9G0
どうぞ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:40:43 ID:9KyWKs1v0
黒歴史なのに晒すか普通

31 :Mr.G:2006/11/22(水) 22:42:24 ID:jrAMa7iK0
かつて闇に支配された時代があった
闇は人の心の中から生まれ、分離し、ほかの人間の死体に取り付く

闇に支配された場所・・・サーベルデスマンション
人々に忘れ去られ、廃墟と化したこの場所は
人々の希望の光から逃れるよりにはうってつけであった

主人公は、嵐の夜、そんなマンションに迷い込む
だが、そこはすでに、闇より作られた
恐怖の世界と化していた


それは人々の心から生まれたため
どんな姿をしていれば人が怖がるか、どんなことをすれば人は怖がるか
苦しむか、死ぬかを心得ている
その上で人に襲い掛かっているが、ほとんどは本能で行動している
また、体のベースは人間の死体のため、ところどころ腐った肉や
削げ落ちた部分などが覗いている

マンションの住人(ダーカー)
彼らはかつてここに住んでいたものたちだが
人間社会の暗黒時代が過ぎ去ると
人々の間から、深い闇が消えさり、希望の光が差し出したことから
すでに闇と化した化け物たちがここに逃げてきたため
住人たちもまた、闇に取り込まれてしまった

職人(デルヴ)
人間だったころ、職人として働いていたが、心に深い闇があったため
真っ先に闇に取り込まれた
片手にチェーンソーをつけ
腕はハンマーと化している
背中には人の血で作られたコンクリートがつめられたポンプをしょい
ただひたすらマンションの構造を作り変えている
コンクリートがちでできているため
壁はすべて赤く、時々そこから新たな闇が生まれることがある

血人(ブラッディ)
血のコンクリートから生まれ、人の肉を求めて動いている
こいつらだけは、例外なく、動くものすべてを襲う
その容姿はおぞましく、見ただけでも失神するほどである
さらにその体の腐臭は、人間の嗅覚を狂わせる

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:28:21 ID:+9gnDc+k0
>>31
ん?
恐怖のマンションに迷い込んだ主人公が
脱出を試みるRPGなのかいな?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:31:52 ID:rmi/JQfa0
>>32
自分が職人になってマンションを建て直す建築ゲームじゃないのか?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:37:52 ID:+9gnDc+k0
主人公はいきなり
両手がチェーンソーとハンマーのモンスター
「職人(デルヴ)」にされてから
ゲームがスタートするのか?w

オリジナリティなら誰にも負けないゲームになりそうだが・・・。

35 :Mr.G:2006/11/22(水) 23:38:00 ID:jrAMa7iK0
★ジャンル:ホラーアクション
デルヴは主人公にとっても強大な敵
何度も襲ってくるが、そのたび逃げなくてはならない

最終目的は司教(ザビスト)を倒すこと

ザビストは、闇の中でも特殊な存在で
再び人間社会を闇の魂で染めようとしている

36 :Mr.G:2006/11/22(水) 23:43:40 ID:jrAMa7iK0
あ、あと、戦闘手段としては、自分自身がやみに取り付かれるが
まだ人間の魂が残っているため闇にはならなかったが
結果的に戦闘手段を得る
武器は鎌
闇からできているため、ステータス以上や体力が消耗しているときほど
攻撃力が上がる

俺の空想では、デビルメイクライみたいなんだが
文章力なくてスマソ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:01:02 ID:E/nbpAtrO
結構興味あるから今週から初めてみようかな、
PS2でおすすめはどれ ?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:29:08 ID:rIYiXyNz0
ん?誤爆か?
それともRPGツクールのオススメヴァージョンを聞いてるのかいな?

まあ一応、
PS2ならRPGツクール5しかない。
(無印はやったことないが、どこを見ても不評)
5はスクリプトを導入したことにより、
格段に製作自由度が上がったが、初心者キラー。
やりこめば、ボンバーマンやシューティングゲームも作れるらしい。

PS1ならRPGツクール3がおすすめ。
1000円でお釣りがくる。初心者にやさしい。
ちなみにフィールドはなく、移動できるのはダンジョン・街のみ。

4はFFのようなサイドビューを採用し、
召喚獣など演出が多彩だが、致命的なバグがあり、
自作グラフィックを使うとロード地獄が待っているなど
長所より短所が多いヴァージョンらしい。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 14:10:10 ID:E/nbpAtrO
サンクス、じゃあ5を買ってみるよ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 16:10:08 ID:7yMtwynQ0
正直、出来上がったゲームを他人にやらせたい、とか
徹底してゲームを作りこみたい、とか
そういった人には家庭用ツクールはオススメしないがな。

まあ余計なお世話か

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 17:19:38 ID:XMDhHaxp0
何事も根気でしょ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 19:45:11 ID:rrfG1jNUO
>>40
正直、そこまで言う相手には家庭用ぬきにしてツクール自体オススメできないかと…

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:26:02 ID:KllPn+ER0
話のタネが無いなら、ツクール5のスクリプトを語るスレにしないか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:59:49 ID:3gy+A8V5O
スクリプトの話なら普通に
本スレですればいいんじゃない?

ここは本スレだとできない
妄想 空想 チラシの裏に特化したスレのような気がする。
もちろんツクールに関する話なら
ここでやっても全然かまわないんだけどね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:50:32 ID:WLH469oT0
もともと初代ですら1000レス消費するのに
9ヶ月もかかるようなスレだから、
これが普通のペースなんじゃねーの?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 02:19:48 ID:WChj/kdaO
ネタ投下したいんだがかまわないかい?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 03:46:15 ID:0ZX2kFwY0
本スレよりも、質問スレよりも、辛うじて人のいるこのスレで質問してみるよ。
というか家ゲーツクール総合質問スレとか無いの・・・・・。

ツクール5で、エフェクト→エフェクト エフェクト→人物イベント 人物イベント→エフェクト イベント→イベント
に接触した場合発生するイベント、当たり判定についてのスクリプトがわからないんだけど
このスレにツール5猛者の神はいらっしゃるか!?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 08:43:50 ID:sFX774NaO
>>46
ここはそのためにあるようなスレだ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 15:33:04 ID:WChj/kdaO
ネタ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:13:13 ID:RaAqcAiK0
主人公紫艶の物語

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:15:38 ID:TeiNT9da0
主人公が魔王なんてどうよ!

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:26:08 ID:q0AGk5Id0
魔王の娘を抱いちマオウ!

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 17:38:59 ID:EWQfpcc+0
ラスダンが一番最初に訪れるダンジョン

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 17:49:48 ID:Mo/l175FO
リュートですか

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:56:13 ID:XA7rDaet0
>>52
魔王の娘と交際⇒人間と付き合ってて魔王キレる⇒追われる。
っていうRPGはどう?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:06:53 ID:DViHngKx0
魔王が世界制服をするために世界各国の猛者(モンスター)を仲間にしたりして
四天王みたいの結成したりする、もちろん戦って勝たないと仲間にならない
魔王らしい技を覚えるために特訓したりするイベントもあったり
魔王の城を築くためにお金を稼いだりもしなければならない

みたいな、魔王が魔王になるためのRPGってのはどうよ?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:24:52 ID:qgX0r9q00
魔界を統べるという野望を持ったコボルトが、
悪魔合体(相手の精神を食い殺し、自我はそのまま)を繰り返し、
最終的には魔王に相応しい肉体を目指すRPGはどうよ?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:28:27 ID:qgX0r9q00
合体相手まちがうと、
スライムとか知能の低いモンスターになって
バッドエンドとか。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:00:13 ID:uFXb/wwLO
いま猟奇殺人事件(?)の謎を解くサスペンス系のゲームを作ってるんだけど、犯人の動機が思い浮かばない。
誰か考えてくれないか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:34:13 ID:LFXjd6dDO
〜ウンコルティ〜

魔剣士ウンコルティは王女アナルンバの護衛。
今日の任務は王女アナルンバの隣町への買い物の同行。
隣町へはザーメントス海をはさむため船で渡る必要があった。
一向は船でくつろいでいると海賊チンポスにおそわれ船は転覆してしまう。
ウンコルティは気付くとベッドにいたが王女アナルンバの姿はなかった。
ウンコルティが町で情報収集していると王女らしき者をみたという人がいた。
ウンコルティは安心して国へ帰った。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:39:24 ID:QJ+o4hydO
>>52 
カリメロ乙

偶然に出会った自分が好きだった相手に名前間違えられたとか

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:42:48 ID:ci0GQ7yC0
>>59
余命を告げられ自暴自棄になったとか
欲望のままに動いた結果

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:02:49 ID:X/45Uljy0
>>59
・なんかの儀式
・昔起こった手口が同じ事件の関係者をおびき出すため
・猟奇的な死に方をする薬の実験台

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:15:21 ID:uFXb/wwLO
>>62
>>63
サンクス。
これまでにない理由を探してるんだが他にないかな?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:58:08 ID:X/45Uljy0
どんな感じの事件なの?
世界観とかも教えてもらえると嬉しい。
「猟奇的」ってだけじゃこれ以上は思いつかん。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:11:59 ID:CeX8dobC0
この世には大地の精を吸い取るという特性を持った人間が生まれてくることが稀にある。
精を吸い取りながら成長した奴らは、身体的、精神的に優れた能力を見せるのだ。
この星を衰弱させ続けながら、自分達は優れた人物としてちやほやされやがって…。
そんな奴らは殲滅しなければならない。それが出来るのは奴らを見分ける眼を持った
俺だけなのだ…。俺のナイフが奴らの肉体を切り裂く度に、吸収されていた精は大地に還っていく…。
            という妄想だったとさ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:27:27 ID:+wxT6uVA0
>>59
君のアイデアが一番猟奇的というか、怖いと思うよ。

犯人は動機が思い浮かばない。わからない。

壁に血文字でこう書いてある・・・。
「ねぇ・・・僕はなんでこんなに人を殺したくなるのかな?誰か知らないかい?」

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:29:29 ID:uFXb/wwLO
>>65
ある日、ひとりの老人が死んだ。
主人公はその老人の息子。主人公が老人の遺品の整理をしているとそこから、何かに関する記録が出て来た。
それは拷問されている人の記録。
何日間生存出来たか?
どんな感情を抱いていたか?
など様々な事が記録されていた。
さらにそれは老人が死ぬ直前の日までつづられていた。
戸惑う主人公。
しかしタチの悪い冗談だと思い、それらを忘れる事にした。
ところが数日後、例の記録が老人宛てに、差出人不明で主人公の元に届いた。
いったい親父は何をしていたのか?
わずかな手掛かりを元に主人公は、記録の差出人と、親父の過去を探そうとする。


こんな感じです

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:33:19 ID:uFXb/wwLO
>>67
それ恐ろしいね…
純粋に恐怖を感じる動機だ…
でもすまん、なんかちゃんと筋の通った動機を持った犯人なんだ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:46:15 ID:+wxT6uVA0
>>65
・拷問をしてたのは誰?
・拷問を受けていたのは誰?
・猟奇殺人で殺されたのは誰?
・猟奇殺人の犯人は誰?

物語の核になるような、アイデアを募集するのは正直無理があると思うよ。
サスペンスは「犯人」と「真相(動機・トリック)」を
最後に暴くシーンが一番の見せ所だけど、
真相を話さなきゃ、犯人の動機なんて思い浮かばない。

自分で考えるしかないんじゃない?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:48:18 ID:+wxT6uVA0
アンカーが全然違う・・・。
>>69宛てということで。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:06:53 ID:X/45Uljy0
ん〜、とりあえず俺が思いついたのはこんなんかな。
 老人は昔、なんらかの(非人道的な)研究に携わっていた。
 この研究は何か精神的、遺伝子的なもので。
 そして拷問を受けた人々はその実験の犠牲者だった。
 犯人はその研究の中心人物である老人にこれらの記憶を送りつけた。
 老人は罪の意識に耐えられなくなって自殺…。


まぁここまで書いといてなんだが、やっぱり自分で考えるのが一番だよ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:08:31 ID:uFXb/wwLO
>>71
実はまだそこまで深くは考えてないんだ。
猟奇殺人 = さっき書いた拷問の類い
って考えてもらえれば。漠然と考えてるのは、
老人 = 犯人
だったけど、けっこう年だから弟子(これが差出人)に自分のやってる事を引き継がせた。


ちなみにここでの、
拷問 = 猟奇殺人
は、被害者をどこかに幽閉し、何か拷問チックな事を行うこと。


あと被害者がどんな人物かは、犯人(老人と弟子)の動機によって変わるからまだ決められないんだよ…

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 00:51:30 ID:9c0V+7ql0
暗いの多いな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:08:10 ID:2qZDegk1O
アブ板行けば何か閃くんじゃないかな

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 09:24:06 ID:/fyBjqzfO
アブ板?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 15:19:00 ID:ezG5vdGO0
あなたが男性なのか女性なのかお年寄りなのか若者なのか、少年なのか少女なのか、僕は知らない。
老若男女すべての人に読んでもらいたい。
あなたの命はあなただけのものではない。あなたは、あなたのお父さん、
お母さん、お爺さん、おばあさん、そして限りなく遠い昔から受け継がれてきたものである。
あなたはその人たちの希望の星なのである。
そして、あなたの命はこれから出会うであろう最愛の人、そしてその人との間に出来るかけがえの無い子供につながっている。
そう、あなたにとっての希望の星である。
その子供達、そして子孫がこの世に生を得る権利を奪うことは誰にも出来ない。あなた自身にでもある。
死ぬな。生きるんだ。何があっても。俺も生きる。もう一度言う、決して死ぬな。
http://sound.jp/mituruofficial/kasisyuu/charenge.htm


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:08:00 ID:05xOb2wm0
小さな島に目立つ場所があり、調べる?と
「アリの巣だ!」敵が出てきて(弱い)倒すと
「おいしい」 エンド

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:29:20 ID:QtncQQet0
くだらねぇ自称シェアードワールドのほうがマシだな

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:50:31 ID:gp04g9rG0
ツクール2000で細かく属性防御をつける(例)

     A   B  (C〜Eはどうでもいい)
熱×  0% 200%  基本耐性は全てAにチェック。
熱△  0% 150%  熱にとても弱い(2倍ダメージ)なら
熱+ 100%   0%  ×をBにする。1.5倍なら△をBに。
熱○ 75%   0%  75%に軽減なら+をBに。半減なら
熱◎ 50%   0%  +と○をBに。25%に軽減なら+○
熱☆ 25%   0%  ◎をBに。無効化なら+〜☆をB。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:33:33 ID:+V7WfzM80
>>79
何をそんなにツンツンしてるんだww

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 21:26:25 ID:VVis5vWA0
>>73
君の作品に期待している。
でも仮タイトルつけてみろ。

んで以下俺のプラン。
老人は戦争中の外国(老人の自国)でそういう仕事をしていた。
んで亡命、戦争は敵国の勝利。新政権の奴らが残党狩り中。
んで今に至る。
はいかが?
残党狩りは老人の妄想ってのもアリか?



83 :82:2006/11/27(月) 21:35:47 ID:VVis5vWA0
悪い。動機だったな。
愛国心。んで亡命中の国も現在戦争中。
でも根幹が崩れるな。すまなんだ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:06:50 ID:/fyBjqzfO
>>83
いろいろアイディアありがとう。
仮タイトルか…
今から考えてみる

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:33:36 ID:2qZDegk1O
老人が不老不死の研究者で記録が実験のデータとかどうだ
で、不死の方がある程度成功してて首を切って死なないか確認したり、
手足の爪先から少しずつ刻んでどの程度の怪我まで問題ないか調べたり
生体解剖し放題だからついでに臓器とか循環器系の研究もしてたとか

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:47:07 ID:szQp+MaU0
「時を駆ける騎士(エターナルナイト)」と呼ばれる騎士ジクウが使う禁断の奥義。
自分の寿命を一年縮め、一年間修行した成果と同じだけの力を瞬間的に引き出す。

ジクウ「確かに今のお前は俺よりも強い……だが、この程度の差ならいつでも縮められる」
ライバル「ここは戦場ですよ、二度目があると思って貰っては困りますねぇ」
ジクウ「……教えてやろう、俺が『時を駆ける騎士』と呼ばれる理由を……!」
ライバル「時間を止めて私を倒そうとでも言うのですか、笑わせるなぁ――ッ!」
ジクウ「どこを見ている、俺はここだ」
ライバル「な、何ッ!?(奴の動きが全く見えなかった!)」
ライバル「まさか、本当に奴は時を止めたというのか……?」
ジクウ「違うな、俺はたった今、時を駆け抜けた……今お前が見ている俺は一年後の俺だ」
ジクウ「そして、一年後の俺は……」
ライバル「……バ、バカな、そんなことがあってたまるか――ッ!」
ジクウ「――貴様ごときなら一撃で倒せるッッ!!」

ジクウの究極奥義ピリオディック・ギャロップ炸裂!!
次号、「龍に愛された少女」の過去が明らかに!!

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 22:59:50 ID:E/pSl9kx0
くだらねぇ自称シェアードワールドのほうがマシだな

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:14:31 ID:3OAePEAB0
先週から製作をはじめた妄想全開のネタなんだけど、晒してもいい?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:40:45 ID:cSL5Bmf/0
ダメ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:07:54 ID:iYsN23Z50
なんとなく思いついた
中世ベースのファンタジーRPGだけど、世界は巨大な洞穴のような形状。
さらに世界は傾斜となっていて、下のほうは身分の低い者が、
上のほうは身分の高いものが住んでる。
下のほうへズンズン進むと端は崖になっていて、その先は広大な空が広がっている。
上のほうへズンズン進むと城が建てられていて、その先は神の世界と呼ばれ立ち入り禁止。

遥かな昔からこの世界に住む戦士は、下層の先の空からこの世界へ侵入しようとする
悪魔達と熾烈な戦いを繰り広げてきた。
なんでもこの悪魔が上層の城のさらに奥、神の世界へ侵入した時
世界はドロドロの濁った水に覆われ、さらに大嵐が吹き大災害を巻き起こすと言われているが
その真相も、また下層から飛来する悪魔達の目的も知るものは誰も居ない。
ただ世界の平和を維持するためだけに、戦士達は戦い続ける。

この世界は常に神に見張られている。
この世界の住人が下層の先、外界と呼ばれている世界を知ろうとすることは許されない。
時折、好奇心に駆られた者や悪魔を相手に打って出ようとする者が外界へ近づいたりするが
そうした連中は神の怒りに触れ、神の剣によって首を刎ねられ、また神の指先によって連れ去られたりする。
また、この世界の戦士が強力すぎる力を持つ事も許されない。
度を過ぎた力を手に入れた戦士もまた、神によって粛清される。

物語は永遠に続く人と悪魔の戦いの歴史の中のほんの一こま。
フィールドマップは無く、ステージ制で終始防衛戦。
二部構成で第一部・氷の魔王編 第二部・花の魔王編
飽きた

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:39:39 ID:3OAePEAB0
>>89
そうか・・・

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 23:45:59 ID:P21mnm/E0
>>77
それなんてチュンソフ党の陰謀?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:39:05 ID:+hRJiE/70
>>88
ん?ネタふりしてくれるんじゃないのか?

>>89は、冗談もしくはバカなヤツだから気にしなくていいと思うよ。
フォロー入れないから後者だと思うがね。

ちなみに俺も最近ツクール3で製作を開始した。
うーんサンプル画像が全て載っている
公式ガイドが欲しいなぁ・・・。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:25:53 ID:hN0GEiWK0
>>93
レスサンクス!
俺も最初は3だったんだが、変数がなかったり色々あって5ではじめたよ。
では、お言葉に甘えて投下させてもらいます。痛いかもしれないけどご容赦を・・・



ストーリー
どこに行ってもまともな生活が出来ない主人公、セイの元に、ある国の将軍がやって来た。
将軍はセイを傭兵としてスカウトしに来たのだった。
金を稼ぐため、自身の飢えを満たすため、傭兵となって戦うセイ。
城へ行けばどれでも好きな戦争に参加できる。

キャラクター
セイ:主人公。ネクロマンサーの家に生まれ、その能力のために忌み嫌われてきた。
   何かを壊したり、殺したり、血を見ると落ち着く。
将軍:セイの素性を知り、有能な戦力になると踏んでセイをスカウトしに来た。
   王からは絶大な信頼を得ているが、鉄仮面の下の素顔を見たものは誰もいない。
ヴァイン:セイの父親にしてネクロマンサー。従来は再生できなかった「心」までもを
     死体に宿す術の研究のために「歪みの宮殿」に篭っている。
メアリ:ヴァインの「心の研究」のために利用された感受性豊かなセイの母親。
    「哀」の感情の研究のためにヴァインに拷問される。
セシリア:セイの姉。ヴァインの「心の研究」の実験台となって殺され、屍霊術により復活させられる。
     「心」は完全復活はしなかったが、微弱ながら意思は存在するようだ。
ウィム:セイの弟。ヴァインの「心の研究」のために利用された、屈強な戦士。
    「怒」の感情の研究をするために、父親に湖から落とされ、溺死する。
ハイム:かつてはヴァインのライバルだったネクロマンサー。
    大陸に戦乱を持ち込んだ張本人。

他にも、戦闘で使える仲間として、殺害した敵将をネクロマンシーで復活させて使える。
自宅で既に倒した敵将から好きな死体を2人まで選んで連れて行ける。
主人公は傍若無人な性格なので、生身の人間はついて来てくれない。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:27:45 ID:hN0GEiWK0
システム
戦争に参加すると敵国の戦場マップに移動し、敵将を倒すことになる。

また、兵士だけでなく、敵国の都市などにいる一般人相手に略奪行為をすれば、
武器や薬や技術書や魔道書が手に入る。
それを町の武器屋や魔法屋に渡せばより品揃えが良くなる。

このゲームではHPだけでなくMPがなくなってもゲームオーバーとなる。
とはいっても戦闘によるMPの消費は無く、戦闘時はHPを削って技や魔法を使う。
MPが減少するのは、罠にかかったとき、スキルを使用するときである。
また、主人公は極度のサディストなので、一定時間暴力行為をしなければMPが減少する。
戦闘が発生する兵士を殺害する、戦闘意思の無い敵国の住民を拷問する、
貴重品の精神安定剤を飲む、以上が基本的なMP回復方法である。

移動スキル
イベントをこなしていけば、移動スキルを手に入れることができる。
『古代文字解読』『水中呼吸』『開錠』『暗視』『ジャンプ』等、多くのスキルがある。
このスキルを活用すれば、通常では行くことのできないマップへ行けるほか、
情報や宝箱を入手したり、近道ができたりする。

悪行値
見ることのできない変数として悪行値という数値が設定されている。
略奪や拷問をやりすぎると悪行値が溜まっていき、
人助け等のイベントを行うと減少する。
この数字が高すぎると町での買い物ができなくなる。
救済措置として、裏通りなら悪行値に関わらずアイテムが購入できる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:30:20 ID:hN0GEiWK0
シナリオ
戦争に行く以外に、町でサブイベントをこなすことができる。
誘拐犯退治や猫探しなどの人助けイベント、
セイの家族に関連するネクロマンサーイベント、
スキルを習得できるイベントがある。

ネクロマンサーイベントを進めるとセイの出生の秘密が明らかになり、
また、イベントをクリアするたびにMPの自然減少量が減る。
このイベントの完遂はトゥルーエンドの条件になる。

結末
エンディングは悪行値によって変化する。
功績をたたえられて爵位と領地をもらい、安息を手に入れるベストエンド。
再び傭兵として活躍できる場所を探し、他の大陸へ旅立つノーマルエンド。
身体中にこびりついた怨念の篭った血により封じられていた
ネクロマンサーとしての殺人願望が発現、王様以下全員を殺害するバッドエンド。
バッドエンドの条件を満たし、かつ家族イベントをクリアしていれば、
その後、ネクロマンサーの王として大陸の覇者になるトゥルーエンド。



・・・以上です。妄想・厨設定・長文と三拍子揃った書き込みで申し訳ない。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:05:23 ID:Vf/ssIZK0
オナニーしたいなら勝手にすりゃいいのに
誘い受けのつもりか知らんがいちいち聞くからうざい。
正直馬鹿は>>93-95だろ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:17:46 ID:So/qBUGp0
と馬鹿が申しております。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 18:53:51 ID:zL/6cW1F0
980円でPS1のマウスが売ってたので購入し、
ツクール3のアニメティカに挑戦!


・・・・・・ドット絵なんて描けません。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 19:24:50 ID:M8i/y6v20
君は実に馬鹿だな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:20:19 ID:yX5x3BvT0
誘い受けとか腐女子かよ
キモッ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 22:07:14 ID:7KpoR5k4O
>>101
スレタイ読め
煽りたいなら違う板行け

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 00:01:31 ID:kmbpSoCa0
>>56
亀だがそれなんの「WIZ4」?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 09:42:57 ID:dmULn3g7O
>>101ワロタ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 11:21:33 ID:+UwBWyMN0
パーティにいた仲間が途中で抜けるの。
そして話を進めていくとモンスターの村に着くの。
そこの道具屋にほしにく(HP全回復)が売ってるの。
道具屋には奥に地下に下りる階段があって
降りるとそこには白骨と抜けた仲間が着ていたマントが

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 16:37:33 ID:amzTfOw1O
仲間が特攻して壊した砲台のそばを調べるとミンチというアイテムが手に入るゲームがあってだな

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:57:31 ID:VWRVO2eiO
ツクール3のアニメティカってマウスなくても頑張ればいけるかな?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 18:36:52 ID:I5B1WMBT0
>>94のはRPGじゃなくてAVGの方が見映えする気がするな。



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 18:51:25 ID:8thwXdJR0
オサレなレリクス

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 02:17:13 ID:N46PcNMA0
>>107
いけるんじゃない?
ただマウスの方がラクチン。

うーん・・・いまツクール3で、
マップにでかいワイバーン(72×96)を描こうとしているんだけど
アニメティカの24×32のキャラクター製作ツールで描いて、
組み合わせるしか方法ないのかな?

イベントでキャラクターグラフィックを並べても
1ドット隙間が開いたり、
キャラクターの頭部分には重なり処理があるのが
困ったものだ・・・むう。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 04:49:33 ID:HfZShYtr0
>>110
Aコン入賞作で、イベントシーンに1ドットの隙間が2カ所ある
顔グラフィック表示したゲームがあったぞ

そんなに違和感ないからがんがれ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 16:57:34 ID:jDLz/PkSO
ゲーム内容考えた。舞台は…SOっぽい近未来で。

母が何年も戻って来ない寂しい生活を送る少女の元に、母が死んだという手紙が。
そして母が軍人で、戦って死んだと言う事を少女は初めて知る。少女は何故母が軍人になった事を黙っていたか、どうなって死んだかは詳しい事は分からなかった。
そして少女が最後に知ったのはある、母と同じ軍に居た男の存在。この男に聞けば母の事が分かるのだ。少女は男を捜すために銃と宇宙船の技術を習い、宇宙船に乗り込んだ。
そして少女は男が母を見殺しにしたと知り、やがて非情になっていく…
OPはこんな感じ。ゲーム中で詳しい描写をする、と。

後は情報を得る為に色んな惑星から人々から情報を聞いて、仲間は拉致で仲間に。しかもマルチエンディングで。

仲間は王子王子な亜人宮廷魔道士少年と幼染みとはぐれた青髪魔道士公女と紳士亜人戦士が基本メンバーかな。
他にも何人か。少女の母と同じ軍に居た父を持つ格闘家少年。そして母を見殺しにしたらしい男を知っている少女とそのやんちゃな弟。それから治療系の魔法を使う紫髪の少女と、青髪の少女の幼染みの少年。
各メンバーにはモデルが居るんだけどね。


…ごめん。忘れて。暴走しすぎた。てかストーリーが主人公少女のモデルのそのまんま。しかもSOっぽい言ってる時点でだめじゃん。
でも少女を少年に変えれば使えるかな? 完全にパクリ作品だと? うわなにをするやめ(ry

お願いだからユグドラジルとかスルメイカのカードとか送らないで。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 16:59:15 ID:XmiX0J5j0
ブルードラゴンの設定が俺の妄想とものすごく似てて驚いた
ありがちかな

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:01:57 ID:KX9RnH940
厨ゲ作るなら作るで突き抜けろ、恥ずかしがるな、でももうちょっと勉強汁
中途半端が一番バツが悪い

ブルセラまでいきゃ引きはすれど賞賛もされる

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:39:55 ID:PunJhA99O
ブルセラってなんじゃい?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:42:08 ID:+26lPcS8O
ブルマとセーラー

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:45:06 ID:jDLz/PkSO
>>114
だよな。そうだよな。ぶっちゃけキャラクターが凄い壊れ方をしてたんだよ。勇気が出た…けど、さ。これ3で作ってるけどやっぱり二刀流が問題になるんだ。
実はマルチ主人公で復讐少女の他にも亜人宮廷魔道士少年と青髪公女が主人公に出来る訳だが…

シナリオの都合上全主人公が入手出来て装備出来るアイテムがある訳だが、そのハンドバルカンや菊水の小太刀を二刀流で装備してぶっ放す亜人少年と公女…
イメージが…イメージ…
…あ゙あ゙あ゙あ゙…

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:49:38 ID:sV55AyJt0
などと意味不明な供述をしており、動機は不明です

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:52:32 ID:PunJhA99O
システム変更で左手使えなくすれば
いいじゃない。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 20:26:52 ID:zCfin7Wk0
>>94-96といい>>112といい、厨設定を考える奴はなぜか中身まで厨な件。


>>94-96
戦争の話か家族の話か、どっちかにしろ。中途半端なんだよ。
うまく両立できるなら面白くなりそうだがな。
あと設定がバイオレンス杉。氏ね。
俺は嫌いじゃないが。

>>112
未来的な設定なら武器も重火器等に統一しろ。
そうすれば装備共有も違和感は無いだろうが。
それから3は未来のマップが少ないから苦労することになるだろうな。
どうせ一人で厨なゲームをシコシコ作るんなら5でも使えwww
5なら二刀流問題で悩むことも無い品

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 20:35:24 ID:HSQETAJX0
統合失調症かなんかか?

悪態ついてるのに
しっかりレスしてるから
実はいい人なんじゃないか君は?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 21:24:00 ID:jDLz/PkSO
>>120
うん。SOっぽくファンタジーとSFを混ぜようとしたけどやっぱり漏れが厨過ぎて無理そうだwwファンタジー世界で未来のパーツの少なさもカバー出来そうだったけどね。
やっぱり純未来かな。そうすると魔法が使えないけど。5は今の技量で作ろうとすると死ねるから無理。


ちなみにネタバレすると主人公の少女モデルは某桃球アニメの某殺戮少女S。てかそのもの。
亜人宮廷魔道士少年は某超国民的有名大作RPGのSRPG版のGBA版のB。
青髪少女は某国民的人気SRPGのR。後は要妄想。

やっぱり厨設定だ。キャラだけ少し弄れば問題無いと思ったんだけど、ダメだこれ。N社とか■eから苦情来る。orz

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:28:16 ID:53fM7wa/O
>>121
バカ!ここは>>120の優しさに涙する所だ!

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:56:18 ID:1RJSDWzZ0
妄想を垂れ流すだけなら何も言うことはないんだが…聞いてもいない設定を語りだすのは勘弁してほしいもんだ
ID:jDLz/PkSOは自虐的なことを言いながらさりげなく「ちなみに〜〜」「〜〜な訳だが」と、俺設定を語りだすからウザイ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 09:10:47 ID:g8bDUHRIO
>>124
それも含めて『妄想の垂れ流し』
それがイヤなら他のスレ行け

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 15:02:16 ID:rVeQJ7mX0
妄想が正義! 妄想が必要!
何故それが解らない!

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 07:32:38 ID:Axp3rhJGO
妄想を崇めよ

妄想は幸いなり

いざ妄想の世界へ


…まあそもそも妄想(≦想像)しないと作れないからな、ゲームは…
それはともかくイベントネタを考えた。

ダンジョンにイベント敵(宝箱イベントに非ず)を出しまくって、ダンジョンの最後の方にスイッチがあって、スイッチがONになると倒さなかったイベント敵が宝箱になる陰湿仕様イベントだ。

スイッチ大量に使うけど。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 11:42:54 ID:NUwjenfR0
最近ツクール3に
シミュレーションRPGツクールの
顔グラフィックを移植してる。

意外と楽しい。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:12:48 ID:IuVgaNBQ0
前スレにて元シェアード用のネタを再利用して独自に作り始めてた者だけど
制約が無くなったので世界ぶち壊しまくりんぐwwwwwww

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:55:52 ID:S2vVkc1iO
>>129
なんと、シェアードワールドの生き残りがいたのか。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 18:46:14 ID:ES2NYW5U0
主人公がとある村で目を覚ます。
でもそこは主人公が寝る前までいたはずの村じゃない。
その村は主人公がいたはずの村からずいぶん離れていた。
その村の村長の話によると主人公は近くの森で倒れいたところを
発見されこの村で怪我の治療を行ってもらったそうだ。
でも主人公がその森にいった記憶はない。
自分の村で寝てきずいたらここにいた。
空白の時間・・・。
その後とある理由で旅をし仲間もでき、信頼関係が深まってきた というそのとき
主人公が仲間を裏切り敵になってしまう。
すべて最初から仕組まれていた。
裏切るつもりで仲間になったと話す主人公。
そう・・主人公は裏切る3日前空白の記憶を思い出していた。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:40:04 ID:b7AMT/H8O
切り結んだ剣を吸収して無限に刀身を増やし続ける魔剣ジレットというものを思いついた

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:56:12 ID:JjydFGuDO
邪気眼RPG作ろうかと思う
イベントで脳内設定が増えて特殊能力が開花するってゆうシステム

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:24:17 ID:F9m7y903O
ところでたまに出てくる
その邪気眼ってなんじゃい?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:42:56 ID:xZLp1Cke0
っふ…

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 18:09:48 ID:x2nbxgXFO
ひたすら塔を昇りまくるRPG。
つまり魔界○士SA○A。ちなみにランダムダンジョン式で。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:02:59 ID:K6/MAfpv0
っふ…

138 :おしえタロウ:2006/12/10(日) 10:57:35 ID:UR7iPZBrO
やぁ ぼくはおしえタロウ。
きょうは みんなに
アイスソードじけんの
ことを おしえるよ!

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:09:30 ID:TepBIBIl0
っふ…


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:09:09 ID:qjNmD0vK0
3で主人公がオナニーする動画作った
上下でシコシコ 横でドピュ


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 18:32:49 ID:2HzbQ/axO
>>134
若気の至り

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 13:58:21 ID:5h9VH6eG0
>>140
キャラクタはどれ?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 12:34:42 ID:NGfXhClcO
        仙そ
  r、ノVV^ー八  道れ
 、リ":::::::^vィ なで
 ヽ::::::::::イ らも
  |:r¬-―勹:|
  |リ__ 、_`}f)
  ヘi`'` `'` |ノー-、
  >|  、r  ハヘヾ、ヽ
`//ハ -=- /|‖|| j
/::ヾ \二/ |‖||ハ
へ::ヾ、_、 _ノ:|| |
 ヾ::\__/z先|| |
〃〃〃〃:::::L夂Yノ
しき仙〃:::::_土| ゙
てっ道〃:::::L半ハ
くとな〃iニニ7:/ \
れ何ら〃|」://:/
ると 〃:://::ヽ
:か 〃://::::/
〃〃〃〃

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:48:41 ID:T9Gv2jku0
ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……

俺は昇り龍の一撃をモロに受けてしまった。

                               END

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 18:41:24 ID:ZxEHLkIk0
まあくだらねえ自称シェアードワールド(ry

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 09:25:43 ID:4LNNmDsCO
RPGで街の名前を決める時って、
何かの由来で名前つけてる?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 10:26:08 ID:gw5NSIfYO
>>146
昔やってたTCGからランダムで1枚引いて、ソコからつけてる

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 10:29:38 ID:uQeT+TnX0
名前って難しい
パクると世界観が変になるし、凝りだすと言語まで考えて発音を統一したくなる
ストーリーは浮かぶのに名前だけ決まらない

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 10:51:08 ID:u+/GcUytO
意味のある言葉や
文字の組み換えアナグラム、逆さ読み、
それに単なる語感などその時の気分で。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 12:09:59 ID:reqp+woY0
2000で
マップ設定で音楽選んでも全く再生されないんだが・・
落としてきたmidiどころか、デフォルトであった音楽も再生されない
選択時に再生しようとしてもできない
これってサウンドボードが悪いうんぬんってやつかな?

151 :ハゲ ◆A4CLSjRhLQ :2006/12/14(木) 14:22:56 ID:SEMpJlqX0
>>122
現代に必殺仕事人がいたら


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 14:08:48 ID:8cHXCa/00
                ,/ヾ,,
              ,/    \
             /       `li
       .___,r-ー=='ー'''''''''⌒ ̄ ̄ ̄''''''''''=ー-|-
      )}|                     ,|
      }|.                      |;:
      ;|                       |}     ij  ,L__,,,      |}    | |
      |___,r-ー==ー'''''''''⌒ ̄ ̄ ̄''''''''''=ー--|   -=^|~~~|   \. ,ノ  }_    ;|  {{
       ,|       ,,</        \,  ,j}      |  .;|    _ノ   } ~^'  }  .;}
      |;       ,/,,_       __,,,,;;;-\j)j       .ノ   /     )    }  .;|i
      ji     ,/__,,, ~      ¨ _,,,_  :I}
      ;)  .,ノ^ソ^  ¨lI、      ,/~  ~i, |}      --、,,_        ノ
      I},,/  .|i rilij .I}      |; pノ jI ;|}        |j ~^''   ,/~
      I}    {i_ ii|i|  I}      lL,_¨ .,/ ;|}         ||     ,/  ._,,/
      /V;   .~ij,_ _,ノ'   \   ¨''~  ({;.|;              ̄ ̄ノ
 .ノ;    ,) .|l    ~~       _,'>     (I; (|
 |;|   ,人.,ノ^|i       ,____.,,,,,_。    {| {|  ⌒|i
 \_./ .,/  ^|;_      \,  ノ     ,;|  {{    Il
   \,_,,ノ    \,,,,__.    ~^~    __ノ   {(  ,,j)
             ~~i''=,,,___  _,,,,,.r='''^|~    `゙'''゙`
             ;|   `~~¨     ;|(


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 17:25:18 ID:g/unqNMRO
省4

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 18:56:27 ID:jjAwcOpH0
シェアードワールドじゃないけど、
一つのマップデータ(ワールドマップ、街、ダンジョン)を
皆で共有したら面白そうだな〜、と思った。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 19:59:18 ID:N16+pnHn0
それを人はシェアードワールドとry

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:58:51 ID:Qpxzp47NO
ワールドがアレならシステムをシェアリングすればいいじゃない

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:54:55 ID:/kwtDh/C0
結局、楽したいだけじゃないか

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 00:38:29 ID:6Wrtym+SO
それいいね

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 07:00:50 ID:nmIO//Sw0
ネタ投下。権力闘争を描きたかった。


中世ファンタジー風

神はいるけど、完全な存在ではなく、一神教の神よりもギリシャ神話の神のような感じ


戦乱の時代
地方貴族の青年に一目ぼれした女神は、青年に力を与え、
青年はやがて大陸を統一し強大な帝国を築くも病没。
以後女神は、青年を生き返らせるべく、青年の生まれ変わりが
女神と青年の子孫の間から生まれてくるまで行方不明となる。

時は流れて400年。主人公(もちろん青年の生まれ変わり)は、皇族の傍系で軍人。
主人公の祖父である宰相と軍部の代表である元帥は対立関係。
ついに元帥が反乱を起こし、宰相側と見られていた主人公は部下であるA大佐とともに南の小国へ亡命する。
亡命先の小国で悪者からお姫様を助けた主人公はお姫様に惚れられて結婚。
(ただし、主人公は兵と亡命先での公的地位、軍資金を得るために)
ついで亡命先の小国の隣の国の革命に介入し、制圧。強力な軍を手に入れる。
軍を手に入れた主人公は、帝国への派兵に反対する亡命先の老臣たちを粛清。
帝国へと介入し、元帥率いる反乱軍を鎮圧して帝都に凱旋する。
ちょうど皇帝が崩御して、皇帝の孫が即位。
主人公は反乱鎮圧の功労者として政府の重役となるが、若い皇帝と対立。
皇帝を暗殺し、ついで皇族や自分の一族ことごとく粛清して皇帝となる。
皇帝即位の慣例にしたがい、聖地に巡礼するが、そこで女神と遭遇。
女神から自分が青年(初代皇帝)の生まれ変わりであると言われ、
その後復活した青年に体を乗っ取られて死亡。

20年後。主人公とお姫様の息子は、
主人公の死後摂政として権力を振るっていた母親である元お姫様を暗殺。
元お姫様の暴政のため各地で起こっていた反乱を鎮圧していく。
捕らえた反乱首謀者を拷問しているうちに、反乱を影で操る女神と青年の存在を知る。
女神と青年は再び帝国を掌握しようと暗躍しており、
主人公の息子は父親の死の真相と自分の権力を守るために、
女神と戦う。ラスボスは女神。


登場人物
主人公:権力を得るためなら手段を選ばない冷徹漢。
主人公の息子:権力を維持するためなら手段を選ばない冷徹漢。
お姫様:最初は純粋だが、主人公との愛のない生活に嫌気が差し、主人公の死後摂政として恐怖政治を行う。
A大佐:主人公の皇帝即位後元帥となる。主人公の死後はお姫様とともに恐怖政治に加担。主人公の息子に処刑される。
主人公の兄:皇位継承権では主人公より上位にくるため粛清される。
主人公の父:皇位継承権では主人公より上位にくるため粛清される。
宰相:主人公の祖父で皇帝の弟。後に宰相の位を狙った主人公が暗殺する。
元帥:反乱を起こす。後に主人公に破れ主人公自らの手で処刑される。
皇帝:主人公の大伯父。病死する。
皇帝の孫:皇帝の没後即位。主人公に暗殺される。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:43:05 ID:JNRnMny90
>ギリシャ神話の神のような感じ

まで読んだ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:41:02 ID:FfejkP6XO
つまり神にヒロインをレイプされて女神にヒロインを殺されるわけか

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:57:15 ID:/Hu3rjQQO
>>159
マジレスすると
人間関係泥沼すぎて救い様がない

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:12:21 ID:4dfkO4X30
>>ネタ投下。
まで読んだ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 19:13:47 ID:NoDA48SR0
>主人公に暗殺される。
まで読んだ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 00:20:34 ID:qn3NiClo0
>>159
うーん全部読んだけど、
・物語の構成上、女神は本当に必要なのか?
・女神の存在が浮いてないか?
・前世の話が本当に必要なのか?
・なぜ簡単に主人公を殺すのか?
・2代目に物語を引き継ぐ必要があるのか?
・読み手は誰に感情移入すればいいのか?
・この物語のテーマは何か?
・読み手に何を伝えたいのか?

・・・と、色々指摘したい点があるね。

権力闘争を描きたいなら
主人公が暗殺や謀略の限りを尽くして、
国をのっとる話だけで十分だと思うから
ぶっちゃけ女神いらないんじゃない?

もしくは逆に、
人を愛してしまった「死の女神」を主人公にして、
死んだ男を転生させるために、地上で暗躍。
男の魂とリンクする肉体を探すため、
英雄と呼ばれる者たちを狩りまくる物語にするとか。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:26:48 ID:baf7Wddk0
ttp://s-io.net/up/3/_/jump/1166364069843163.IOwc0Y
ツクールでこんなん作れるんだな。知らなかった

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:27:19 ID:baf7Wddk0
パスはpeerね

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:37:17 ID:LXCs6B630
>>165
レスありがとう
女神が必要か、浮いてないか、前世は必要か、については
主人公と権力争いをするレベルの相手とは別の相手が欲しかった。
前世については相手側の目的を見せるために挿入。

主人公を殺すについては思いつき
こじつけて言えば、結局主人公も主人公が粛清していった人間と同じ
ただの人間ってことを表したかった

二代目については、権力獲得の過程ではなく、権力維持の方を表したかった

読み手は誰に感情移入するか
そこまで考えてませんでした。

テーマ、読み手に何を
権力者もただの人間ってことを表したかった
初代皇帝の青年は女神に気に入られたおかげで大出世
主人公は野心や能力は高いがあっさり死亡
二代目は主人公から権力を世襲しただけ みたいな感じです


ただ やっぱりご指摘の通りわかりずらくて申し訳ないです
精進します

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:03:32 ID:TxPrWW2q0
山の頂上で邪悪な気配がする
王さまに命じられて、頂上へ探索に行くことになった勇者(主人公)
城門に行くと、王さまが呼び寄せた6人のお供
戦士、僧侶、魔法使い、盗賊、狩人・・・一人足りない
次の町の宿で待っているとの事
勇者はこの中から3人選び次の町に進むことにした(あとの2人は別行動)

ここで組んだパーティによって、この後のシナリオが変わったり、
次の町で待っているもうひとりのキャラが変わる。

流れとしては
スタート→ダンジョン→町(休憩所)→ダンジョン→休憩所→ダンジョン・・・休憩所→山の頂上
休憩所でシナリオに沿ったイベントが起きたり、パーティの入れ替えができる

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 19:52:36 ID:CieTy4Ud0
最初だけじゃなくて最後も設定しないとグダグダになるぞ
主人公、仲間、敵、ラスボス

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 22:57:35 ID:jIDOOFaS0
スチームファンタジーが好きなのでここで・・・

ちょっと早く来過ぎた産業革命時代。
ある国は蒸気の力を手に取り世界を支配しようとしている。
ある国は魔術の力を手に取り世界を支配しようとしている。

二つの国が衝突するとき100年の世界大戦の幕が上がり・・・
戦争は今も続いている。
とある町に住む少年少女はひょんなことから戦いに身を投じることになる。

蒸気の国が帝国主義
魔法の国がその反対

主人公は一応蒸気の国からスタート。ひょんなことから戦いに巻き込まれる。
ただ、後に蒸気の国の裏に気づき始め少女と一緒に少年は魔法の国への亡命を
企てることになるのだが・・・・

スタート→ダンジョン→町(イベント)→戦場→町(休憩所)→町(イベント)→戦場→振り出しに戻る
以降エンディングまでほぼ無限ループ




172 :Mr.G:2006/12/18(月) 23:04:23 ID:RRCY/2TZ0
ここって、今ツクってるネタ相談も受け付けてくれますか?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 23:19:26 ID:qn3NiClo0
無責任な意見・感想でよければ、どうぞ。

174 :Mr.G:2006/12/18(月) 23:26:06 ID:RRCY/2TZ0
それでは

物語はとある辺境の村で始まる
主人公は、幼いころに村に来た凄腕の剣士に憧れ
我流で剣の腕を磨いている

ある日、主人公がいつものように稽古から帰ってくると
村に謎の集団が来ていた
全員が黒コートを着込み、村の守り神である巨大な龍の像の前に
集まっていて、なにやらしようとしていた
主人公はなにやら不信感を覚え、近ずいてみた
すると、その集団は、守り神の像を持ち去ろうとしていたのだ
主人公はとっさに剣を抜きとめに入る

175 :Mr.G:2006/12/18(月) 23:39:53 ID:RRCY/2TZ0
だが、主人公は、黒コートの一人にあっさり倒されてしまう
主人公はなぜそんなことをするのかとたずねる
黒コートいわく
「これは古代兵器だ」とのこと
かくして、守り神は持ち去られてしまう


基本的には、主人公が守り神を取り戻しに行くが
そのたびの途中でだんだん真相が明らかになる

黒コートの集団は、世界のあちこちに眠る古代兵器を呼び覚まし
世界を征服しようとしている
だが、本当の目的は別にあり
古代兵器全てを起動させると開くという異界の門をあけようというのだ

さて、ここで詳細設定

主人公
我流剣技を身につけ、いつしかは憧れの剣士に
追いつきたいと願っている
いつも自分で作った衣装を、「俺の流派の専用装束だ」といって
身に着けている

逃亡者
黒コートの組織から逃げてきた男
彼のおかげで主人公は真相を知る

黒コートの集団
正式名称『黒の先導者達』
魔族との混血種であり、そのため幼い頃から非難されてきた一族
自らを認めないものたちを消し去り、新たな新天地を築こうとしている
そのために、古代兵器や魔族の力も借りている
だが、常に内部抗争が耐えなく、ただ単に新天地を探そうというものも
いれば
魔族と手を組み、自分達をののしってきた奴等を滅ぼそうというものもいる

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 23:42:00 ID:qn3NiClo0
>>171
スチームパンクって
画期的な蒸気機関を搭載した飛空挺やらで大空を駆け巡ったり、
深海で潜水艦バトルを繰り広げるイメージがあるから
(たぶん俺はアニメに影響されすぎてるんだと思うが)
そういう要素いれてみたら?

あと、ここにネタ書きこむなら
「ひょんな事」とかで片付けない方が良くないか?
正直いってそれじゃあ、物語の見所がさっぱりわかんないよ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 23:54:08 ID:CieTy4Ud0
異界の門あけると何があるんだ?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 00:56:22 ID:aOaa/kztO
なんのツクールで作ってるの?

179 :Mr.G:2006/12/19(火) 06:43:29 ID:qvkshAtF0
GB1です

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 10:29:47 ID:dHgL69KC0
>>175
読んだ率直な意見は「薄い」。
敵の目的とか、主人公の旅立ちの理由とかが。

RPGにおける倒すべき敵って、
残虐性・冷酷さ・鉄の結束がないと、
全然脅威に感じない。

意見にまとまりもなく、略奪先で人も殺さず、
新の目的が「異界の門」を開くことなら、
ぶっちゃけ
「魔族と人の混血種なんて、この世界にいらないから
 さっさと古代兵器集めて、別の世界に行って下さい」
と思うのね。

それに主人公の村で崇めていた守り神の正体が、
「古代人の創った兵器だった」と解っても、
村の人たちは、そんな物騒なもの取り返したいものかね?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 10:31:14 ID:dHgL69KC0
>>175
仮に俺なら・・・、
主人公は、早くから両親を亡くし、叔母に育てられているが、
その寂しさから悪さを繰り返し、村で厄介者扱いされている少年。

ある日、主人公が裏山の主、大イノシシを狩りに行っている間に
村へ黒いコートを羽織った集団が襲来。
村人全員を縛り上げ、「隠された守り神」の在り処を問いただす。

長老たちは「神聖な物だから」と何も教えないでいると、
業を煮やした略奪者たちは、幼い子供たち(もしくは長老衆)を
一人一人、虐殺していく。

そこに帰ってきた主人公。
村の惨状を見て、剣を抜き、略奪者たちに襲いかかるが、
簡単にあしらわれ、気絶してしまう。

目を覚ました時には、多くの村人が殺され、
守り神も奪われた後だった・・・。
村人は呆然とし、無気力になっているのを見た主人公は
「俺が守り神を取り返してきてやるよ!」と
啖呵を切って、村を後にする・・・。

敵である「黒の先達者たち」の正体は
魔族と人の混血種、ゆえに様々な迫害を受けてきた集団。
彼らの目的は、世界に13ある「守り神」を集め、
古代兵器「メサイア」を復活させること。

この「メサイア」は、世界規模の洗脳兵器で、
「黒の先達者たち」が望むのは
「世間から疎まれてきた自分たちを愛してほしい」という願い。

「黒の先達者たち」の一員が言った。
「好きな子がいたんだ・・・その胸を内を伝えたら、
 その子に『寄るな化け物』って言われたよ・・・。
 こんな俺たちでも愛してくれる世界が欲しい」

主人公は旅の途中で、敵の目的を知り、
その野望(?)を打ち砕くため、奮闘。
ついに「黒の先達者たち」を壊滅させる。
そこに残された古代洗脳兵器「メサイア」。
「自分を愛してくれる世界」を創るため
「メサイア」発動させるか、
主人公は、最後の選択に迫られる・・・。

みたいな物語にするかな?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 12:17:53 ID:dHgL69KC0
>>168
ふむ・・・遠まわしに言い過ぎたみたいだから直球で言うね。
「安易に主人公を殺すな」
「ゲームの目的がさっぱりわからん」

物語の進行上、どうしても必要じゃない限り、
安易に主人公を殺すのは個人的に受け付けられない。
(ロマサガとか俺屍の継承システムなどは可)

あと物語って一貫した方向性がないと、読み手がついて行けない。
自分(作者)が好き勝手に、話を進めるのではなく、
受け手(読み手・プレイヤー)がどう感じるのか?
意識しないとダメと思うよ。

183 :Mr.G:2006/12/19(火) 13:55:53 ID:CbAOF0XN0
>>179は偽者だ!

184 :Mr.G:2006/12/19(火) 14:02:04 ID:CbAOF0XN0
>>180
レスサンクス
これからいろいろ検討してみるよ

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 17:33:06 ID:qqx7ttHu0
>それに主人公の村で崇めていた守り神の正体が、
>「古代人の創った兵器だった」と解っても、
>村の人たちは、そんな物騒なもの取り返したいものかね

それなんてターンエーガンダム?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 17:34:59 ID:/z+lYCLV0
>>175にかなり似た雰囲気のゲームつくってるよ…。
せっかくなのでさらしてみよう。

187 :1/3:2006/12/19(火) 17:36:06 ID:/z+lYCLV0
世界最古の大陸が舞台のRPG。大陸には三つの『封印の地』がある。
紅き溶岩に覆われた『血流の紅』、濁った海底に沈む『哀涙の蒼』雷が常に注ぐ『天牢の白』だ。
三つの封印と、その封印を守る三つの神殿。これらは、かつて戦乱に疲れた大陸諸国をまとめ、
諸侯に代わって大陸を統治することになったエルミナ教会が造ったものだ。

そんな大陸の中心、聖地エル=アルネラへの道中の護衛をして生計を立てている主人公は、ある日学者の護衛をする。
道中、その学者は色々と各地を旅して得た知識を教えてくれる。
中でも興味深い話は、封印の地では、封印内部に取り残されている人がいる、というものだった。
興味を持った主人公は学者の護衛を果たした後に、自分の故郷の村に近い『哀涙の蒼』へと赴いた。
確かに中では人が暮らしている形跡がある…。だが、封印の力で入ることは出来ない。

そもそも封印とは何の封印なのか?
そのことについて調べ始めた主人公だが、程なくして教会から、警告が出される。
封印についてこれ以上調べるようなら処刑される…それほどまでに重大な封印なのか。
好奇心に勝てずに主人公は調査を続行する。そこへ主人公に近づく謎の詩人。
彼の話によると、どうやら教会は覇権を握るために対立していた部族を封印したらしい。
詩人と話をしていたところに、教会の粛清部隊が現れる。どうやら尾行されていたようだ。
真実を隠す教会の態度が気に食わない、もともと教会が嫌いだった主人公は、
そんな理由で封印を解除することを決意した。

188 :2/3:2006/12/19(火) 17:38:14 ID:/z+lYCLV0
封印の神殿へ赴き、結界を破壊して回る主人公。
『血流の紅』『哀涙の蒼』は解放した。
確かに中には少数民族が暮らしていた。やはり、封印は教会の私利私欲のためか…。

最後の封印も解除しようとするが、さすがに教会も守りを固めている。
『天牢の白』に封じられているエルフ族の少女に抜け道を教えてもらい、神殿中枢まで侵入する一行。
最後の封印の前では粛清部隊の団長がいた。

封印を壊す主人公達に対して、自殺行為だ…と意味深なことを言い、まだ間に合うからやめろと説得する団長。
しかし、教会の豚に貸す耳はない!と団長を切り捨てる主人公。最後の封印が解き放たれた…。

結果だけを言えば、封印とは、大陸を吹き飛ばす巨大魔法陣の発動を抑制するものだったのだ。
この魔法陣は、旧教義――教会の祖、ハトゥラが唱えた『無を望み、無を受け入れよ』という教え――を信じる狂信者が、
『無』を目指して星の中核へ辿り着き、この星自体を破壊するために、100年前に組まれたもの。
星の中核への蓋をしているこの大陸を破壊しようとして大陸全体に描いた巨大な魔法陣である。
その効力を失わせるために封印はあった。
すなわち、封印がなくなれば巨大魔法陣は発動してしまうということだ。

しかし、最後の発動の鍵はまだ健在。聖地エル=アルネラこそが最後の封印神殿だった。
真実を知らされた主人公は封印を破壊した償いに教皇に協力することにした。
エル=アルネラの封印の間にたどりつく主人公達。そこで事件は起こる。

なんと、仲間の詩人が突如として教皇を刺したのだ。
さらに、その隙を突いて粛清部隊の副団長が封印を破壊する。
彼らこそが、開祖ハトゥラの思想に感化され、星の破壊を企む『旧聖典狂信者』だった。

そして、最後の結界が効力を失うことにより、大陸崩壊の魔法陣が発動した。


189 :3/3:2006/12/19(火) 17:40:58 ID:/z+lYCLV0
崩壊した大陸は、FF6の崩壊後のように見るも無残な姿になっていた…。
なんとか生き残った主人公とエルフの少女は、星を守るために詩人と副団長(+もう一人)を追って星の中核へ。
粛清部隊の最後の一人が、教皇の敵を討つために協力してくれる。

序盤に出逢った学者もなんとか生き延びていた。
彼を仲間に加えて、星の中核へ向かう。
途中で狂信者の一人を倒し、最深部へ辿り着く。
そこで見たのは、過去の狂信者(魔法陣を敷いた奴ら)の思念に身体を乗っ取られた二人の「元」信者だった。
ラストバトル。合体した古代遺念を倒し、星の危機を救う。
俺達の復興はこれからだ!ご愛読ありがとうございました!!みたいな感じでED。

登場人物
主人公:聖地周辺の街道に魔物が出ることに目をつけ、護衛をしている。無神論者で教会が嫌い。
学者:世界中を旅して、そこで得た知識を本に記している。星の中枢を見てみたいという好奇心のみで主人公らに同行する。
詩人:教会の裏の顔を主人公に教える。自由を縛る教会を嫌っているが、聖典を批判すると怒る。これは聖書の教義を信じているため。正体は旧聖典を信じる狂信者。
エルフ:18歳程度。古代の大陸戦争の時に捕虜となったエルフの一族で、一族の故郷である『天牢の白』へ行くことを夢見ている。
教皇:聖書から民衆支配のために都合の悪い部分を削り、新しく『新正統聖典』を発した改革派から出た教皇。彼の行った旧聖典焚書は、多くの旧教義信者に反対された。
賢者:150年間、歴代教皇の右腕となって仕えている老賢者。教義を受け入れない異民族に対して迫害を行い、魔法陣だけでなく、ともに異民族をも封印した。
粛清部隊:団長と、その下につく5人の精鋭からなる、教皇直属の軍事組織。一騎当千の力を持つ。
 団長:秩序を守ることが正義だと考えている騎士。教会の信者ではないが、大陸を支配する教会の教えこそが正しいのだと信じている。最後の封印を守って戦死。
 副団長:旧聖典の信奉者。その思想は崇高にして危険。ハトゥラの教えを信じ込み、『無』をもたらすために暗躍する。
 老信者:魔術師としての実力も高く、教会の徒の手本のような厳格な男。『血流の紅』の封印が破られた責任をとって自害した。
 腰巾着:旧聖典を信奉しているという一点が副団長の目に止まり、粛清部隊に入隊した騎士。改革派の教皇に従う団長のことはあまり好きではない。
 紅一点:ドSな性格で、反逆者とされる主人公達を執拗に追う。祖父でもある老信者の死を聞き、動揺したところを『天牢の白』のエルフ族に撃たれ、戦死する。
 青二才:理想を追い求め、教会のエリートコースを歩む敬虔な信者。『哀涙の蒼』を守る神殿の警護も任されていた。教皇の敵を討つために仲間になる。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 17:44:48 ID:/z+lYCLV0
システムはツク3製なのに無理してロマサガ方式。
シンボルエンカウントをイベントで無理に再現しているので逃走不可。
さらにこっちからぶつかる必要があるひどい仕様。
シンボルを倒すごとに一定確率で「ステータスが後々アップ!」というメッセージが出る。
各キャラ専用のクリスタルを入手。街に入った時点で持っているクリスタル分のステータスがまとめて上がる。

出来がいいとは言えんが、批評を聞かせてくれると嬉しいぜ!

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 18:53:38 ID:YuGoVtkb0
>>187-189
なんというどんでんがえしだ……

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 19:20:02 ID:dHgL69KC0
>>187-190
ふむ・・・率直な意見を言えば「濃い」。
「封印の地」の名前とか「古代遺念」とかのネーミングが。

まあ簡略化したストーリーだから、
単純に書かなかっただけだとは思うけど、
教会の人間を豚の罵り、
独善的に殺人(もしくは暴行)をしまくり、
世界を半壊させた主人公は、
人々から侮蔑の言葉を浴びせられ、
馬糞を顔に投げつけられるくらいされなきゃおかしい。
そして己の愚行を死ぬほど後悔するべきだ。
そういったシーンが絶対必要。

ただ人間は、自分の失敗を責められると不快に思うから、
自分の分身である主人公がそんな目に合ったら
ゲームとはいえ気分悪いわな。

あと、世界宗教の前身が、虚無主義やニヒリズム、
終末思想よりひどい「自滅思想(造語)」で
「死ね」なんて意味の教義を持つ宗教というのは無理がないかな?
はっきりいって邪教から
現行の世界宗教が生まれたってことだからね。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:24:15 ID:QmVUP1360
>>176
あくまで「スチームパンク」ジャナイ。
魔法と蒸気の混合が好きなんだ。(それをスチームパンクと言うのか?)

魔法の国「ジェシカ」
自然を愛し、自然とともに行く。そんな穏やかな国ジェシカ。
主に魔法研究が盛んで、自然を破壊する蒸気工業は基本的に禁止されている。
緑豊かな国だがルーツスの国境に近づけば近づくほど緑が失われている。
主人公が生まれる92年前に隣国ルーツスと戦争を開始している。

蒸気の国「ルーツス」
蒸気の力で世界を統一しようとする国家。
200年ほど前に意見の食い違いで反乱を起こしジェシカから独立。
国土の30%以上が荒野(昔は森林含める)な国。
魔法は禁止術とされている。蒸気研究や工業が盛んである。
隣国のジェシカとは以前からいざこざがあったりする。


この中央大陸はジェシカとルーツスで二分されている。
一応端っこに小さい国はあるが、この物語ではあまり関わって来ない。



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:36:56 ID:dHgL69KC0
>>193
ふむ・・・
蒸気の国「ルーツス」って語感が悪くないかね?
「ルーツ」「ルース」「ルーズ」のいずれかの方がしっくりくる。

相反する魔法の国が「ジェシカ」という
女性の名前としてありふれた言葉を使ってるから、
座りの良い単語にした方が無難だと思う。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:37:07 ID:8pfIllI80
なぜ世界を統一するんだ?
蒸気の力が広まってるならわかるけど

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:43:54 ID:dHgL69KC0
>>195
多くの人口を抱えた上で、国を豊かにすれば、
より多くの税を搾取することができ、
為政者が贅の限りを尽くせるからじゃないか?
自然とともに生きる国だと納税も少ないだろうしね。

もしくは、魔法は使用できる人が限られるが、
蒸気を中心とした科学力は、万人が使用できるからじゃない?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:34:46 ID:8pfIllI80
しかし統一する必要はなくないか?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:49:51 ID:dHgL69KC0
魔法文明が邪魔なんじゃない?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:01:25 ID:Cit8rpGv0
別のスレに書き込んだ事があるネタだが、

怪物たちによって世界がおびやかされている時代、旅人である主人公はとある村につく。
その村には生贄の習慣があり、洞窟の奥深くにいる守護獣に生贄をささげれば村は守られると村人は信じていた。
その生贄の習慣を乗っ取った怪物がいて、生贄は増えていき、村の人口全滅近い!!。
次の生贄が決まるとき、その生贄は婚約の予定があった。
中には生贄の習慣を無意味に思う村人もいて、その生贄の婚約者もその一人
カタいんだよ生贄の習慣にかんしてこいつら。
こんな無意味な生贄の習慣から開放すべく、主人公は洞窟にのりこみ、生贄の習慣で村人を脅かした怪物を倒す。
その結果、村人は主人公を「自分達の生きる希望を奪った者」と見なし恨んだ。
騙されていたほうが幸せだったやらなんやらで・・・。
その後の村人は生気の無い表情だった。
んで、主人公は自分がなぜ戦っているのか考える。
戦うことで、自らの生きる希望を得ているのだと考えた主人公は、
人々の生きる希望を奪っっていった自分に希望をもって生きる資格はないと見なした。
END。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:50:58 ID:dHgL69KC0
>>199
うーん・・・長文の場合、直接書き込むんじゃなくて
メモ帳とかワードで一度文章を書いて、
よく校正してから書き込んだ方がいいと思うぞい。
日本語がめちゃくちゃになってる。

>その生贄の習慣を乗っ取った怪物がいて、
>生贄は増えていき、村の人口全滅近い!!
      ↓↓↓
例文:
しかし、村人の知らない間に、守護獣は怪物に殺され、
怪物はそのまま、守護獣に成りすまし、洞窟に居座っていた。
その怪物はひどく貪欲で、度重ねて生贄を求めたことから
村は全滅の危機に瀕していた。

>次の生贄が決まるとき、その生贄は婚約の予定があった。
      ↓↓↓
例文:
次に生贄に捧げられることになった娘(男)には、
将来を誓い合った許婚(いいなずけ)がいたが、
村の掟には逆らえず、2人は悲しみに暮れていた。

>カタいんだよ生贄の習慣にかんしてこいつら。
      ↓↓↓
例文:
3人称の文章の合間に、いきなり1人称の文章を入れないこと。

主人公は自分がなぜ戦っているのか考える。
戦うことで、自らの生きる希望を得ているのだと考えた主人公は、
人々の生きる希望を奪っっていった自分に希望をもって生きる資格はないと見なした。
      ↓↓↓
例文:
主人公は「自分はなぜ戦っているのか」を考える。
そこで見出した答えが
「戦うことで生きる希望を得ていたのだ」ということ。
そして
「生贄の村で人々から生きる希望を奪った自分には
 希望を持つ資格がない」と
永年使い込んだ剣を叩き折り、戦うことをやめた。END

201 :199:2006/12/19(火) 23:20:56 ID:jJGyVpAx0
ご指摘どうも、恐れ入ります。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:59:29 ID:/z+lYCLV0
>>191
特に狙ったつもりはなかったんだけど、
結果的に最初のどんでん返しになっちゃったなw

>>192
「濃い」か…厨くさいネーミングと言われるかと思ったんで、その答えは意外だった。
主人公の後悔については、一応激しく後悔するシーンがある。
だが、言われてみれば「後悔→仲間がはげます→世界を救うことが先決だ」の流れで
エンディングまで言ってしまうので、他人に攻撃されるシーンはないな。
強いて言うなら崩壊後に聖地跡へ行くと、生き残った神官達に恨み言を言われるぐらい…。

一応封印を組んだ奴らには本当に「異民族を排除する」という目的もあったので、異民族側からは封印の破壊は歓迎された。
英雄呼ばわりされるが、実は踊らされていただけだと判明したときには、
素直に宗教裁判にかけてくれと言うんだが、
この時は「それは後回しで最後の封印を守れ」と言われるので、激しく後悔する暇がないんだ。

旧教義については考えてみればその通りだな…。
邪教というか、一応本編中で語られる内容は、
「苦痛や悲哀を感じるのはそこにお前が『在る』から。『無』になれば全てが解放される」的なことが書かれてるんだ。
なんかいい改善案ないかな?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:38:58 ID:MO338wO20
アメリカのカートゥーン風に動物が大暴れしたり、馬鹿馬鹿しい物語を作りたいな。
日本のRPGは真面目なのが多いから雰囲気が重くなりがちなんだよね。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:40:16 ID:PuRSWv9C0
>>202
宗教についての改善案ねぇ・・・。
そうだな、まずは旧教義を示した教祖は、
「本当に神の愛を謳い、人々に光を示した」存在、
真の預言者でいいと思う。
いきなり教祖が狂信的思想の持ち主だと、どうしようもないしね。
そして、世界を星を滅ぼし、無を目指す狂信者の一団を別に用意する。

ここでポイント。
その狂信者たちは、経典を「都合良く拡大解釈している」か
「読み違えをしている」ことにする。

原文には、そうだな・・・
「原始に還れ、そこに神の祝福があらん」
とかいう一文があり、本当は
「神の祝福を受けて生まれ落ちたことを再確認し、神の愛に生きなさい」
という意味なんだけど、狂信者たちは「無に還れ」と解釈し、
星を滅ぼそうとしたとか。

経典の一文は適当に考えた物だから、
矛盾があるので、煮詰めてくれ。

ああ、あと、間違いを犯した主人公を
「仲間が励ます」っていうのは、違うような気がしないか?
そもそも仲間は「同罪」なはず。
励ます立場じゃなく、一緒に反省すべき存在だと思うがどうか?

205 :199:2006/12/20(水) 00:46:13 ID:KwsMXXZ60
>>200の指摘を受けまして、ネタを訂正してみました

怪物たちによって世界がおびやかされている時代、旅人である主人公はとある村につく。
その村には生贄の習慣があり、村の外れにある洞窟の奥深くにいる守護獣に生贄をささげれば村は守られると村人は信じていた。
尚、守護獣は本当に存在するのかどうかは定かではなかったが(肝腎なところ語り忘れるのは俺の悪い傾向)、
その生贄の習慣を乗っ取った怪物がいた。
その怪物はひどく貪欲で、度重ねて生贄を求めたことから
村は全滅の危機に瀕していた。
次の生贄が決まるとき、生贄に選ばれた女性は以前、将来を誓い合った許婚がいたが、
村の掟には逆らえず二人は悲しみに暮れていた。
無論、村人の中には生贄の習慣が無意味であると唱える者もいた。
こんな無意味な生贄の習慣から開放すべく、主人公は洞窟にのりこんだ。
そこにいたのは怪物で、村人が信じている生贄の習慣を利用し、
村人を喰らっていたのだということがわかる。
主人公はその怪物を倒しようやく村人が生贄を捧げなくてすむようになると思った。
だが結果、村人たちは主人公を「自分達の生きる希望を奪った者」と見なし、恨んだ、
無意味であったとしても騙されていたとしても何かを信じていた方が幸せだったやらなんやらで……。
その後の村人は生気の無い表情だった。
主人公は自分がなぜ戦っているのか考える。
そこで見出した答えは「世界の平和を目指し、戦うことで、自らの生きる希望を得ているのだ」と言う事だった。
そう考えた主人公は、
人々の生きる希望を奪っていった自分に希望をもって生きる資格はないと、戦う事をやめた。
END

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:43:53 ID:PuRSWv9C0
>>205
ツクールでセリフを打つ上でも重要なのが、
文章の切れ目や、読むリズムに合わせて
改行や行間を開けること。

長文が切れ目なく続くと
それだけでめんどくさくなって
読むのを諦めちゃう人もいるからね。
ちょっとした気配りだけど、結構重要だと思うよ。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 14:07:04 ID:QBdUXw2K0
>>194の続き
>>198
昔は蒸気の国と魔法の国は一緒の国だった。
まだ国が一緒だったときに東部地方で「蒸気」が発明された。
蒸気の力は凄まじく、あっという間に東部は蒸気工業が発展した。
何よりも自然を大切にしていたその国は蒸気工業を抑制、
それに伴い東部で反乱が起き、そのまま独立へといたった。
以後蒸気の国(国名未定)と魔法の国(国名未定)は争うようになった。

100年戦争
その後、独立から80年の月日がたった。
工業公害による森林破壊や様々な汚染は魔法の国にまで及んでいた。
魔法の国は蒸気の国と工業公害の会議をおこなった。
蒸気の国は公害のことでペチャクチャ言ってくる魔法の国が邪魔だった。
会議は喧嘩のような状態のまま終了し・・・・

そのまま開戦へといたってしまったのである。
これが、後に100年戦争と呼ばれる戦争の幕開けになるとは誰も知らない。




208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 14:57:03 ID:7CWPhC5+0
世界背景はわかったけど
肝心のストーリーはないのか?主人公やら敵やら

209 :199:2006/12/20(水) 17:04:25 ID:s6EJVEkz0
>>206の指摘を受けまして、ネタを訂正してみました

怪物たちによって世界がおびやかされている時代、旅人である主人公はとある村につく。
その村には生贄の習慣があり、村の外れにある洞窟の奥深くにいる守護獣に生贄をささげれば村は守られると村人は信じていた。

尚、守護獣は本当に存在するのかどうかは定かではなかったが、その生贄の習慣を乗っ取った怪物がいた。
その怪物はひどく貪欲で、度重ねて生贄を求めたことから
村は全滅の危機に瀕していた。

次の生贄が決まるとき、生贄に選ばれた女性は以前、将来を誓い合った許婚がいたが、
村の掟には逆らえず二人は悲しみに暮れていた。
無論、村人の中には生贄の習慣が無意味であると唱える者もいた。

こんな無意味な生贄の習慣から開放すべく、主人公は洞窟にのりこんだ。
そこにいたのは怪物で、村人が信じている生贄の習慣を利用し、
村人を喰らっていたのだということがわかる。

主人公はその怪物を倒しようやく村人が生贄を捧げなくてすむようになると思った。
だが結果、村人たちは主人公を「自分達の生きる希望を奪った者」と見なし、恨んだ、
無意味であったとしても騙されていたとしても何かを信じていた方が幸せだったやらなんやらで……。
その後の村人は生気の無い表情だった。

主人公は自分がなぜ戦っているのか考える。
そこで見出した答えは「世界の平和を目指し、戦うことで、自らの生きる希望を得ているのだ」と言う事だった。
そう考えた主人公は、
人々の生きる希望を奪っていった自分に希望をもって生きる資格はないと、戦う事をやめた。
END

とうとう俺はしつこい奴になってしまったらしいw。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:43:40 ID:QBdUXw2K0

ここはアクルスの村
蒸気の国で東北部に位置する比較的寒い村。
ある日ひとりの女が村にやってくる。名前は「リリー」

村の入り口で倒れていた彼女を家に連れて行った少年「アレン」
彼女は蒸気の国の最高軍事機密を握っていた。
国に嫌気がさした彼女は魔法の国への亡命を考えていたのだ。
そのことを主人公が知った直後に軍が村全体を包囲していることに気づく。
村人の気遣いで何とか井戸の隠し通路から脱出したアレンとリリー
高台から村を眺めると村がある場所は更地と化していた。
アレンは蒸気の国から魔法の国へと亡命することを決意西の国境を目指すのであった。

ゲームの目的
蒸気の国の追ってから逃げながら西のアルケルン国境を目指す。
町では基本的に犯罪者扱いなので変装して切り抜ける。
メタルギアソリッドみたいになるかも。

変装システム
任意のアイテムを所有することである程度変装が可能。
ただマップにあわない不可解な動きや上官の命令を聞かないと疑われ、
疑惑をとかないと最終的には招待がばれてつかまってしまう。

>>207とだいぶ変わってしまった。
一応蒸気の国脱出までは2時間弱で終わる予定。


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:03:02 ID:mTC/8Dfk0
>>210
なんか切ない展開になりそうだな

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:19:52 ID:b4YiyPRe0
>>204
なるほど…教祖の教えは正しかったが、信者が勘違いってことか…。
参考になるな。今から再構築してみるよ、ありがとう。

仲間が励ますっていうのは、うーん…同罪になるのかな?
具体的には「エルフ」が主人公を励ますんだが、
彼女は自分の一族の解放のために主人公を神殿に導いただけで、封印については何も知らなかった。
わかりにくいたとえだが、FF5で例えると、
クリスタル破壊のウォルス王と同じぐらいの罪のつもりで考えていたんだが…。
もちろん反省はしているが、励ますっていうのは変かな?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:50:26 ID:I+BOFD+J0
>>204
>>187-190
俺好みのエンディング案。

ラストバトル。
合体した古代遺念を倒し、星の危機を救う。
俺達の復興はこれからだ!

と意気込む主人公たちの元に、
10歳くらいだろうか?子供の一団が駆け寄ってくる。
よく見ると、旅の途中で知り合った子供たちだった。
優しい笑顔を浮かべながら、抱き寄せようと
両手を広げ迎える主人公たち・・・。

ずぶり

気がつくと、主人公たちに胸にナイフが深々と刺さっていた。
「な・・・何を・・・」
驚きの声を上げる主人公たちを、
見下すような表情で子供たちは告げる。
「あなたよりも、殺された何百万、何千万の人たちの命が軽いとでも思ったの?」
「お父さんもお母さんも、弟も死んだ」
「新しい世界にあなたなんていらない・・・」

主人公は子供たちに唾を吐きかけられながら思った・・・。
「これが罰か・・・」

・・・ブラックフェードアウト・・・

END

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:06:54 ID:Y41VaXZD0
204の人気に嫉妬

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:19:09 ID:z8itFtiE0
がんばってクリアして>>213みたいな結末だったら萎えるな

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:19:30 ID:hkdbyPpE0
俺なんて物語の世界観考えすぎて、舞台となる世界の年表まで作って外国との政治形態の違いとか言語の違いとか
挙げ句の果てには軍部と元老院の対立構図とかまで作って無駄に難解な世界になっちまったぜ
誰も俺のゲームを理解してくれねぇ・・・。

217 :Mr.G:2006/12/20(水) 22:27:16 ID:jiKOIrts0
>>175です
いろいろ練り直してみました

黒コートの集団襲撃
黒コートの集団は、今まで幾度となく多種族からの
迫害を受けてきた
そのため、元来の魔族の血と憎しみが交じり合っている
村の守り神(兵器)を奪ったあと
突然あたりの人間を殺戮し始める
村を焼き、殺し、中には賊のようなことを働くものもいた

主人公はその時、気絶していたため難を免れた
そして、おきたときには、自分が知る人間も、村も、全て
失われていた
主人公はすぐにそれが黒コートの集団の仕業だとわかり
旅立つことを決意する
かくして、復讐のたびが始まる

黒コートの集団の最終目的
一度世界を滅ぼそうとして、そのために
かつて一度異界の門が開かれたときにそこで封印された
最強最悪の破壊兵器を、自分達を迫害し続けた
人間達を滅ぼすために使おうとする
だが、異界には、人間や黒コートの集団が想像もしない力がある
その力によって、封印されていた最終兵器に"自我"が芽生えていたのだ
そのせいで、黒コートの集団が異界の門を開いたときには
すでに異界は、その最終兵器によって滅ぼされていた
異界の門をくぐり出てきた最終兵器は、黒コートのほとんどを一瞬で焼き
去り、そして世界を滅ぼそうとする

主人公達は、かくして最後の戦いに挑む

ラストのほうだけ長くてすみません



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:36:06 ID:b4YiyPRe0
>>213
暗い…www
けど、これなら指摘されたように主人公の因果応報の要素も描写できるな。
1週目のエンディングにして、クリアデータから始めると2週目エンディングが見れる…
みたいにしてもいいかも。

このスレ見てて思ったんだけど、ここの住人ってダーク基調の話が多いな。
みんな暗い要素が多いほうが好きなのかな。
>>59とか>>94とか>>131とか>>159とか。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:40:20 ID:z8itFtiE0
>>216
どうせなら晒せばいいのに

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:42:11 ID:OpHGSXBH0
逆SO3の人じゃまいか

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:44:43 ID:jiKOIrts0
>>220
それはディーサスのことかな?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:45:54 ID:MwQ9ZaMlO
まるでDODの2だな

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:54:26 ID:I+BOFD+J0
>>218
俺好みの2週目エンディング案。

ラストバトル。
合体した古代遺念を倒し、星の危機を救う。
俺達の復興はこれからだ!

と意気込む主人公たちの元に、
10歳くらいだろうか?子供の一団が駆け寄ってくる。

その時、主人公が叫んだ。
「ガキども!俺を殺そうとしているのはわかっているぞ!」
主人公の恫喝に、ビクっと体を硬直させる子供たち。
その隙を見逃さず、主人公は音もなく剣を抜き、胴薙ぎにした。

崩れ落ちる小さな身体・・・。
その手にはナイフ・・・などなく、
花輪と「お兄さんありがとう」と書かれた主人公の似顔絵だった。

「・・・俺はまた間違ってしまったのか・・・」

・・・ブラックフェードアウト・・・

END

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:56:57 ID:MwQ9ZaMlO
>>223
何かそれ虫酸が走るな

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:04:10 ID:jiKOIrts0
二週目でもバッドエンドかよ
世界を救ったならハッピーエンドは必ず入れたほうがいいな


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:07:48 ID:jiKOIrts0
あと、まえあった善行値とか悪行値とかでエンディングが
変化するようにすればいいんじゃね?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:10:04 ID:z8itFtiE0
タイトルに意味のあるストーリーって作るの難しいな

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 00:30:06 ID:WmuwBEAd0
>>217のネタを見た俺はその後どうなるかを適当に妄想してみました↓

『異界の門をくぐり出てきた最終兵器は、黒コートのほとんどを一瞬で焼き
去り、そして世界を滅ぼそうとする

主人公達は、かくして最後の戦いに挑む

強大な力で大地を焼く最終兵器、
最終兵器の体はとても強靭で、キズ一つつけることさえできなかった。
あきらめずに最終兵器に攻撃を続ける主人公達。
最終兵器いくら打撃を受けてもは平然として攻撃を続けていた。

なすすべも無く絶望にくれていたその時、
最終兵器の体を光が貫いた。

主人公が光の飛んできた方向に目をやると、そこにいたのは主人公の村の守り神だった。
守り神は主人公達の方向を向いた。
そう、異界の力は守り神にも自我を与え、守り神は守り神として崇められていた記憶を持っていたためか、
その役目を果たそうとしていたのだ。

最終兵器を攻撃する守り神、
守り神の力は主人公達では歯が立たなかった最終兵器を破壊していく。
だが反撃する最終兵器の力は守り神を凌駕するかと思われた。
体のかけた守り神は最終兵器の攻撃を受けてもなお、最終兵器に近づいていき、
ついに最終兵器を完全に破壊した。
同時に守り神も機能が停止した。

主人公は倒れた守り神に語りかける「あなたはやっぱり守り神だった」と…。
こうして主人公は復讐をとげ、世界の危機はさった
最終兵器から世界を守った守り神は再び、村で守り神として崇められている…END』

ってなったりして

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:12:51 ID:X1OU/XNv0
痛い!痛すぎる!!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:27:59 ID:GreNOR6EO
>>229
この世界にあなたなんていらない…

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:02:11 ID:Z2Vwa/Ja0
>>223
さすがに2週目もバッドエンドは勘弁…。

とりあえず、1週目のクリアデータをロードしたら崩壊直後から始まるようにしてみた。
魔法習得イベントは一度覚えたらどうしようもないので仕方ないが、
それ以外のイベントはスイッチ戻してアイテム減らして、擬似的に巻き戻し。
金はクリアボーナスってことで、最大まで与えてみた。

それでその後のボスは全員強化して、ラスボスも1形態増やして、
後は2週目エンドをつくるだけってとこまで進んだ。ここから煮詰めていくつもり。

かなり作品も改善できたと思う。結局は自己満足なんだけど、ここの住人に感謝!

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:57:05 ID:YqC24X+g0
いいね、それ!
アニメ化希望!!!

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:11:39 ID:87QdvO3J0
>>231
むほ?完成したのか?
おめでとう!

2週目バッドエンドはだめか・・・ふむ・・・。

悪ノリして
「画期的システム、マルチバッドエンディングを採用!!」
「主人公のとった行動で、様々なバッドエンディングとなります!」
とか提案しようと思ったのに・・・。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:59:58 ID:lCwzUhoE0
>>231
もう終わったのかおめでとう。
俺も乗って2週目ハッピーエンドとしてこんな案を提案しようとしてたのだがw…
とりあえず晒しておきますねw

気がつくと、主人公たちに胸にナイフが深々と刺さっていた。
「な・・・何を・・・」
驚きの声を上げる主人公たちを、
見下すような表情で子供たちは告げる。
「あなたよりも、殺された何百万、何千万の人たちの命が軽いとでも思ったの?」
「お父さんもお母さんも、弟も死んだ」
「新しい世界にあなたなんていらない・・・」

主人公は子供たちに唾を吐きかけられながら思った・・・。
「これが罰か・・・…
 いや、違う!!」

ふと主人公は立ち上がった。
「お前達は何者だ!!まさか、古代遺念?消滅したのではなかったのか」
子供の一人は言う
「古代遺念は確かに消滅したよ、俺達はお前達の中に内在する罪の意識さ」

話によると古代遺念は消滅寸前、最後のあがきで主人公達の中に力を送り込んだらしい。
主人公達の罪の意識が具現したというのが目の前にいる子供達だというのだ。

本当のラストバトルは自分自身との戦い!!
そしてなんやかんやでハッピーエンド
とか……。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 20:51:30 ID:87QdvO3J0
>>217
うーん・・・おそらく携帯からなんだろうけど日本語めちゃくちゃになってるよ・・・
最低でも句読点をつけよう。

例文:
【黒コートの集団襲撃】
黒コートの集団の正体、それは魔族と人の混血種。
彼らは今まで幾度となく、他種族から迫害を受けてきた。
悪しき魔族の血と憎しみの心。
その2つが混ざり合い、彼らがより凶暴となっていくのは、
必然だったのかもしれない。

黒コートの集団は
村の守り神(兵器)を奪ったあと 村を焼き、奪い、殺戮の限りを尽くした。

村が襲われた時、主人公は真っ先に略奪者たちへ襲い掛かったが、
いとも簡単に返り討ちに合い、気絶してしまう。
そして、主人公が目覚めた時には、全てが失われていた。
生まれ育った村も、そして友も・・・。
目の前には、焼き落ちた家々と、
無残に殺された人々の死体が残るのみだった・・・。

主人公の心にドス黒い憎悪が沸き起こる。
焼きただれ、まるで恨み言をつぶやくような姿で
無残に転がる同胞たちの遺体に
主人公は復讐を誓い、村を後にする・・・。

【黒コートの集団の最終目的】
今から数千年前、異界の門が開かれ、
最強最悪の破壊兵器が地上を蹂躙した時代があった。
しかし悪夢は長く続かず、教会に祝福を受けた勇者たちが
破壊兵器を封印、異界の門を閉じ、世界に平和が戻った。

黒コートの集団は、自分たちを迫害してきた人間たちを滅ぼすため、
異界の門とその先に眠る古代兵器に目をつける。
彼らは世界中を暗躍し、異界の門をこじ開ける唯一の手段、
主人公の村で守り神とされていた神像を集め、
ついに門を開くことに成功する。

そこには世界を滅ぼす力を持つという古代兵器が眠っていた。
黒コートの一団は、地上に生きる人間の全てを殺そうと
古代兵器を起動させる。
だが、そこで思いも寄らないことが起こる。
古代兵器がまばゆいばかりの光を放ったかと思うと、
黒コートの集団を一瞬にして焼き殺してしまったのだ。

「私は長い間、考えてきた・・・」
古代兵器がゆっくりと語り始めた・・・。
「この世界に平和をもたらす方法を・・・」
「私に搭載された論理回路は、一つの答えを見出した」
「知識とは悪である。この世界に知的生命体は必要ないと・・・」
「貴方たちが異界と呼ぶ世界にも、人型知的生命体が存在した」
「私がその生命体を滅ぼすと、その世界に静寂が訪れた」
「私が見出した答えが正しいと証明されたのだ」
「この世界にも、静寂をもたらそう」

かくして人類の未来をかけた、最後の戦いが始まる。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:01:43 ID:Z2Vwa/Ja0
終わったっていっても、まだシナリオだけw
村人なども、必要なだけしかいないし、武器防具やモンスターの数値は全部未設定だし。
ダンジョンなんかはほとんど一本道で、仕掛けも皆無。これから増設していくつもりだけど…。

マルチエンディングにするなら、まぁ他のバッドエンディングも考えてみるw
容量が許せば5段階ぐらい考えてみるか。
村人の配置や、ステータス設定が終わったらまたいじってみるよ。マジでいろいろとありがとう。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:05:41 ID:TK39rxFV0
>>235
内容さえ伝わればいいと思うが、そこまで細かく語る必要があるのか。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:19:22 ID:87QdvO3J0
>>237
文章の粗さ、細かさを言ってるんじゃないんだけどね・・・。

一度世界を滅ぼそうとして、そのために
かつて一度異界の門が開かれたときにそこで封印された
最強最悪の破壊兵器を、自分達を迫害し続けた
人間達を滅ぼすために使おうとする

この一文に気持ち悪さを感じないなら、別にいいよ。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:10:02 ID:TK39rxFV0
良スレAGE

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:57:46 ID:JhbD/0cB0
>>234
>>そしてなんやかんやでハッピーエンド
なんやかんやw

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:14:28 ID:BKQGmlGIO
てーか、バッドエンドになる前に難民や冒険者に襲われまくるんじゃねぇか?
封印をぶち壊してまわり世界を一回崩壊させるとか魔王そのものやんけ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:58:19 ID:OVgWXCoA0
気がつくと、主人公たちに胸にナイフが深々と刺さっていた。
「な・・・何を・・・」
驚きの声を上げる主人公たちを、
見下すような表情で子供たちは告げる。
「あなたよりも、殺された何百万、何千万の人たちの命が軽いとでも思ったの?」
「お父さんもお母さんも、弟も死んだ」
「新しい世界にあなたなんていらない・・・」

主人公は子供たちに唾を吐きかけられながら思った・・・。
「これが罰か・・・… 」
主人公達の血は驚くほどに湧き出てきた、痛みなどもう感じなかった。
それでもなお何かが体から湧き出てくる感触は続いていた。
意識が遠くなる……。

目が覚めると、主人公は教会のベッドで寝ていた。
思い出した、封印の謎を突き止める前にここのベッドを借りて寝ていたのだ。
窓の外を見ると、世界は崩壊しておらず、いつものように晴れた空と緑が広がっていた。
「やれやれ、夢オチか」
主人公は思い切ってベッドから体を起こした。

冷たい!まさか!?
主人公が布団をめくると、黄色いシミがみるみるうちにひろがり、魔方陣のような形になった。
「や、やっちまった!!」
…イエローフェードアウト…

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:55:46 ID:OVl/vTGg0
>>242
くどい

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 08:27:54 ID:6lQzB4020
>>242
夜光虫のパクリwwww

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:54:48 ID:xfte2Smj0
ウンコって何使ってた?
3と4は自作だったけど
それ以外はスライムで代用してたよ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 10:11:57 ID:H8wyRH7yO
そんな下品な物を
作品に出したいと思う奴が
大勢いるとでも思ったのか?

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 12:38:37 ID:7KZTfy5R0
ウンコなんか作らねえよ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 12:49:36 ID:6mFCST2S0
達成感のないEDはイヤだな

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:40:42 ID:BZHUymBY0
随分人気あるな>>187-190

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 15:37:10 ID:kVWKxK5J0
>>246-247
ツクールGBにはウンコのグラフィックが敵・キャラともにデフォであるわけだがw

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 16:26:27 ID:C0J3oKAc0
>>250
スライムだろ

252 :Mr.G:2006/12/22(金) 16:30:19 ID:08zcrVGL0
>>235
自分の文章の荒さを、指摘していただいたのは
ありがとうございます。
ですが、ひとつ言わせてもらいます。
あなたは細かいところまで書きすぎて、勝手な設定まで考えていない
でしょうか?
例文を出さなくても、ただ文書の間違いを言えばいいじゃないですか!?


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 16:43:27 ID:C0J3oKAc0
勝手な設定まで考えたとか言うのは言いすぎだろ、その部分はネタを見た側の想像とか解釈とかってことでおk。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 16:55:15 ID:16G3+X5k0
>>252
ごめんごめん・・・
行間を自分の想像・解釈で埋めたつもりだったけど
癇に障っちゃったみたいだね。

でもね、ゲームや小説の企画・ストーリーを第三者に見せるなら、
解読するのに苦労するような文章は厳しいと思うよ。

絵も描けない、作曲もできない、スクリプトも組めない僕たち
(もしできるならごめんなさい)に残されたのは
文章しかないと思うのね。

揚げ足取りに感じてしまうかもしれないけど、
「指摘していただいたのは、ありがとうございます」じゃなくて
「指摘して頂いたのはありがたく思います」もしくは
「指摘して頂き、ありがとうございます」だと思う。

美しく、読んだだけで情景が浮かぶような
文章をお互い目指しましょう。
ではでは。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:06:03 ID:KUasJK2w0
ここは別にそんなかしこまった場所じゃないだろ

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:30:44 ID:DFC38gR00
ところで
守り神って兵器じゃなくなったんでしたっけ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:44:43 ID:LCWUTiKqO
>>187-190を読んだが、戦闘システム以外は面白そうだな。
ゲーム化して欲しい。
家庭用に限界があるなら、PCのツクールで作ることも出来そうだし。

258 :Mr.G:2006/12/22(金) 19:43:11 ID:08zcrVGL0
はぁ、負けた・・・・
ここの住人のLVは99を突破しているのか?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 21:15:41 ID:JPMlFK1h0
>>258
何の勝ち負けですか?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 21:35:54 ID:Sj5rDOF60
>>249
ネタがないから
しっかり作ってる人がいれば助言などはできる

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:45:20 ID:GbVDLvvh0
みんな、俺の作品に付き合ってくれてありがとう。
客観的に評価がもらえたり、ちゃんと矛盾点は指摘してくれるし、ほんとに参考になるよ。

>>241
言い訳させてもらうなら、まぁ結果的に主人公は大陸崩壊のきっかけになってしまったが、
それも狂信者たちに踊らされていたからともいえる。

エンディングまで襲われることがなかったのは…
生き残った異民族たちからしてみれば、自分達を助けるために封印を解放してくれたんだから、
それが結果的に世界崩壊に繋がっても、主人公は自分達にとっての英雄なんだ。
教会の人間も、封印には自分達に都合のいい後ろめたい役割もあったわけだし、強くは責められない。
そして一般諸侯や民衆は主人公の顔をよく知らない。

…だから襲われることはなかった…と、いうのは苦しいか…。

>>257
面白そうって言ってもらえるのは嬉しいな、ありがとう。
だがPCツクールは敷居が高そうだ…。5でさえ挫折したからなw
とりあえずは今やってる作品の完成が最優先だしね。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:56:50 ID:JPMlFK1h0
>>217も面白そうですよ。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:33:59 ID:JCl1BYv30
>>261
ふむ「民衆は主人公の顔を知らない」のか・・・。
まあ裏の思惑があって、
秘密裏に主人公を処分したかったのかもしれないけど、
普通、封印を壊すことが、
世界を滅ぼすことと同じ意味ならば、
1つ・2つ・3つと封印を破壊して回る主人公たち一行は、
世界を滅ぼさんとする最悪のテロリストとして
世界中に指名手配されると思うけど、どうなんだろう?

あと封印について疑問が。
「封印の内部に人が取り残されているらしい」ということから、

@封印の規模は?
 少数民族がまとめて閉じ込められるということは、
 村・街・都市クラスの面積があるのか?
 100年もの間、生き残れるということは、
 食料となる動植物や水が豊富になければならず、
 かなりの面積が必要と思うがどうか?

A封印の内と外で、もちろん行き来はできないと思うが、
 見えない壁によって進めないということなのか?
 それとも物理的な壁があり、視覚的にも遮断されているのか?

B封印の内と外で、会話はできるのか?

まあ、ストーリー部分は完成したということだから
あんまり突っ込みいれて、
全てがぶち壊しになるのもなんだから、やめときますか。

264 :Mr.G:2006/12/22(金) 23:47:40 ID:08zcrVGL0
封印とは物理的にどういうものか知りたいな

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:02:52 ID:fDaqsP7EO
ちょっと調べるだけで警告出すぐらいだから、一般人は封印自体知らんのだろうけど
ここまでの危険人物なら教会が異端にでもして指名手配しそうでもある

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:50:07 ID:NVUONM6N0
なんで大抵教会って悪なんだろうね
国家的なもののほうが悪として説得力ある気がするけど

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:53:13 ID:Suq8+cPT0
矛盾とかもあるかもしれないので、納得いかない答えになったらすまん。
一応自分なりの答えを…。


教会は封印の地を『聖域』みたいな扱いにして、近寄るな、知るな、関わるな、と教えてきた。
もし内部の人と接触されでもしたら、教会は非人道的なことをしたことがバレて民衆の支持を失うかもしれないからね。

封印の破壊は世界の崩壊に繋がる!と言ってしまえば、同時に異民族排除のことも知られてしまう。
だから教会は、選りすぐりの粛清部隊だけで始末をつけようとした。


封印の規模は、それぞれ1ステージ分(?)ほど。
『流血の紅』っていうのはドワーフ族を活火山に押し込め、溶岩のドームで覆ったもの。
『哀涙の蒼』は湖の周辺を人魚族ごと水の壁を張って封印したもの。
主人公は水の壁越しに内部を見て、焚き火の跡を発見した。
『天牢の白』はエルフ族を封印した大森林一帯のこと。境界線は常に雷が降り注いでいる。

内部の異民族は集まって小さな集落を形成している。
ゲーム中ではそれぞれ家が5軒ほど。…だからまぁ、実際は100人ぐらいかな?
面積は琵琶湖一帯、富士山周辺、ぐらいかな。特に設定していない。

食料のことは全然考えてなかったorz
とりあえず、これぐらいの範囲があれば自給自足はできる…かな?
火山については言い訳できない。設定ミスだ。ドワーフのセリフに共食いの描写でも入れようか…。

会話が出来るかは未設定だが、声は届くだろう。
だが集落はかなり奥地にあるため、境界近くまで来ることはなさそう。


封印ってのは要するに、「魔力を送る管の集合体」である「魔法陣」の上に置いた、
魔力の流れを止める「仕切り」的な物で、魔力を塞き止めるために魔力の塊を置いてるんだ。
脳梗塞になるときに血管にできるアレみたいな感じ。
で、どうせだからその塊を異民族の居住地に置いちまおうぜ、みたいな。


…説明ヘタだな、俺。一応説明できる部分は説明したいんだが、うまく伝わらない…。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:14:47 ID:YDAuMTrV0
要するに
古代遺念と教会の関係はDrリーガルとデューオのような関係…って違うかw

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 09:23:13 ID:w/4F3sjFO
>>267
まあリアルにしすぎるのも変か。
封印内部は100年間、時が止まっているか、
もしくはドワーフは石化、ウンディーネは氷づけ
エルフは樹木と同化してるとかで良さそう。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 11:42:18 ID:dgDR1naY0
封印内部の異民族が封印のためのエネルギー源として拘束されていると言えば、
主人公の封印解除に一種の正当性ができるな。

これなら、主人公が行動しなかったにせよそれが元で彼等が死滅すれば大陸がドッカーンになるとかで。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 12:44:20 ID:fDaqsP7EO
随分と不安定な封印だな

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 13:04:30 ID:+bUf+AJR0
要するに、
封印は破壊の力を持った魔法陣に対する、教会の必死な抵抗だったという説だな。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 22:11:17 ID:nQlkQOs60
>>269
一応、中では普通に生活してるんだ…。
時が止まってたら食糧問題とかも解決するけど、
やはり中で生きて、教会への恨みを募らせてるほうがいいかな、と。

>>270
んー、後付けでもその設定にすれば正当性が出るかもね。
改善案どうもです。

封印については、実際のゲームでも表現し切れてないからな…。
一応封印の地の画像をあげてみたので、よければどうぞ。
かなりヘタレなのは勘弁してくれ。

ttp://imepita.jp/20061223/792850
これが炎の封印のつもりw
ttp://imepita.jp/20061223/794240
わかりにくいけど、上の水色の壁が水の封印の境界線。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 22:45:54 ID:2vSQJvmW0
>>273
その画像ケータイでとったの?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:39:36 ID:nQlkQOs60
>>274
Yes.

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 13:04:08 ID:/oWMyqlX0
ツク3の水って歩けるんだよな

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:35:38 ID:Fcn27YU/0
むむむ!!
ワジコン・サトコン改め、ヤミコンの
募集要項ができあがったみたいだな。
ちなみに、ヤミコンとは、
有志による家庭用ツクールのコンテストのこと。
締め切りは7月31日かー・・・
今から作り始めて、間に合うかねぇ?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 17:22:46 ID:Va6YT4wD0
>>273
主人公がウィッツで詩人がルークリッド

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:19:44 ID:IpqH9zluO
>>270
あっという間に異民族が滅んで封印が自然消滅するだろそれ

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 01:05:20 ID:ROe/dYnh0
メリクリメリクリ

>>276
そうなんだ。まぁ、船のグラを使って動き回ったりできるから一長一短かな。
侵入不可にするために俺はアニメティカで透明な人物を登録して配置してる。

>>278
正解w

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:08:45 ID:nlPx9n6R0
さては、タイトル背景は魔方陣でラスボスはスピリットだな?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:46:13 ID:xN7l7OHp0
>>280
今考えると透明系の置き物位はほしかったな

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:00:55 ID:BW5JaW6v0
回復アイテムなど冒険に必須のアイテム名募集

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:11:19 ID:YGcA/VKt0
タンス      HPを24回復
鋼鉄の剣     HPを100回復
革靴(中身入り) HPを333回復

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:18:22 ID:7Xt/gKA6O
薬か食い物でいいと思うけど

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:24:18 ID:TwPxxQPJ0
癒しの音楽     HPを小回復
ノリノリの音楽    HPを大回復

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:27:24 ID:X2YkJhC30
>>281
残念ながらタイトルは黄昏で、ラスボスはクロウラーだ。
っていうか当てられたら怖いよw

>>282
禿同。逆に透明の通行可能チップは良かったね。隠し通路マンセー。
確かに不便だけど、でも、そこを工夫するのも楽しいぜ!


>>283
バンドエイド
包帯
マッサージチェア

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:36:40 ID:vKwhfFDa0
あまりにセンスのない名前に脱帽

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 15:36:08 ID:mw/hfXJN0
まさか古代遺念が虫だとはな……

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 19:58:08 ID:R+GUV3GT0
>>283
単純にしたほうが、わかりやすいとおもうから、

傷薬
癒しの水
大地の精気
乙女の祈り
光の結晶

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 20:30:34 ID:rd6jVaPM0
ドラッグ  痛覚をマヒさせ打たれ強くする。:防御力UP小
魔薬    精神を侵し打たれ強くする。:防御力UP大
ZeroG   異国で人気の筋肉増強剤。:攻撃撃力UP小
覚醒薬   中枢神経系を興奮させる。:攻撃力UP大

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:20:38 ID:ItoZiEn70
>>289
実体のないものだから、何でもいいんだけどね。虫はダメかな。
最初は女神のグラだったんだけど、
大陸壊そうとする古代遺念がそんな綺麗な外見はマズイかなと思って変更した。

どっちがいいと思う?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 00:06:27 ID:VlaGljn80
誰もダメとか言ってないだろ〜ん
まあ、邪悪な心系の敵ってよくグロ系のグラフィック使われますよね
邪心(ミスティックアーク)とかギーグ(マザー2)とか

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 13:12:33 ID:mTZXTImf0
たしか、異民族が大陸の原住民で、
そこに住んでる人間は侵略者の子孫達なんだよな

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 16:32:10 ID:n02/f72d0
ネタがないな

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 17:04:05 ID:4o87qMjd0
俺が今まで考えてたやつのひとつ
あくまで、自分にだけわかればいいや、見たいな感じで
書いたから読みにくいかもしれないけど

★パラレルワールド
似ていても、どこか違う世界
主人公はある日そんな世界に迷いコこむ
自分の記憶と一致しないこと
今までとは違う環境
だが、それはすべて仕組まれていたことだった
だが、それでも今までとは一致するところがどこかにあるはずだ
主人公はそれを探す

裏づけ
このアイディアを使う場合あらかじめ主人公が現実世界に戻らなければ
いけない理由をつけなくてはならない
パラレルワールドとは、主人公がそう感じているだけで
実際には現実世界である
だが、現実といっても何らかの力によってゆがめられた
空間

・・・・・・つまりは
同じ世界に二つの空間
あるいは大規模な組織的暗躍があることになる
そしてその組織も、通常の人間の力ではなし得ないこと
を行っている
主人公はたった一人でこの状態から抜け出さなくてはならない



297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 19:33:53 ID:ffem9QPv0
>>296
同じ世界に2つの空間だと、
それってパラレルワールドって言わないんじゃない?

パラレルワールドって字の通り、平行世界のことで
「君が朝にご飯を食べた場合の世界」と
「君が朝にパンを食べた場合の世界」という風に
君が取り得た行動の数だけ、可能性の数だけ
世界が生成されるという考えから
生まれた世界観だったと思うんだが。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 20:53:55 ID:1gCBcOT+0
ニーベルンゲンの指輪を元にした話
構成は舞台通り四部からなる物語
序夜「ラインの黄金」
第1夜「ワルキューレ」
第2夜「ジークフリート」
第3夜「神々の黄昏」
とか作れそう

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:50:14 ID:4o87qMjd0
>>297
ごめん、比喩した表現のつもりだったんだけど
われながら、自分の文章力の無さと、無知ぶりに笑えるよ
まぁ、あくまで原案の時点だから、変更したってかまわない

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:12:00 ID:pTQFc/HC0
>>296
うーむ・・・
「似ていても、どこか違う世界」
「主人公の記憶にある世界と、一致する物を探す」
この2つって矛盾しないかね?

主人公の記憶にある世界について
・自分の家の屋根の色
・母親の名前
・父親の職場
・・・などなど100の項目があるとする。

そのうち一致する物が1つあり、
一致しない物が99あるとすれば、
すでにそれは「似ていない」。

「記憶と一致する物を探すと、なぜ元の世界に戻れるのか」も
よくわからないな。


「パラレルワールドとは、
 主人公がそう感じているだけで
 実際には現実世界である」

この一文は、
「主人公は『自分はパラレルワールドに迷い込んでしまった』と
 思っているが、実は、今まで主人公がいた世界が変化しただけで、
 パラレルワールドに移動したわけではなかった」
という意味かいな?

そして主人公の目的は
「その世界を脱出し、元の世界に帰るのではなく、
 変わってしまった世界を元に戻す」
ということかね?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:35:27 ID:Q80kUYRz0
>実は、今まで主人公がいた世界が変化しただけで
傾いた自由の女神を見て呆然とする主人公とか。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:15:35 ID:b/mGOKxK0
>>301
猿の惑星だな、
未知の惑星についたとばかり思ってたが、実は未来の地球だったというオチ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:49:57 ID:b/mGOKxK0
今更ながら前々スレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1147564091/

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:51:34 ID:b/mGOKxK0
さらに前々々スレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1125011101/

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:05:00 ID:Ny4r/mxp0
マリオ面白えwww

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:27:35 ID:ceC8DgYV0
そして世界は動き出す・・・

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:27:53 ID:k8YiE2/t0
>>233の「マルチバッドエンディング」と
>>296の「パラレルワールド」のアイデアから思いついたんだが、

今、現在の記憶・知識・能力・所持品を持って、
過去の自分に戻れる(人生をやりなおせる)
「リプレイ」ってゲームはどうだ?

ファーストプレイでは、最悪のバッドエンディングを迎えるが、
そこに、天使(まあなんでもいい)が現れ、
「あなたは、選択を誤りました。人生をリプレイしますか? Y/N」
と聞いてくる。

Yを選ぶと、いつの時間の、どの場所に戻るのか指定し、
今度はバッドエンディングにならないように、
ファーストプレイとは違う選択、行動をとることで、
ベストエンドを目指す。
何回も何回も、プレイすることが前提のゲーム。
人生1回分は、1・2時間で終わるくらいが丁度よさそう。

自分の人生や世界に
重大な影響を与える分岐点を「リプレイポイント」といい、
様々な時間・場所に「リプレイポイント」が存在する。

・・・と、ここまで考えたが、
これってマルチエンディングというよりマルチストーリーだな。
普通に1本分作る、数倍の労力が必要かもしれない・・・。
スイッチ管理も複雑そうだしな。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:36:34 ID:cq0tCrEn0
>>307
そ…それって…RPGなの……か

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:36:42 ID:NOM1DKaWO
魔界から人間界へ来た主人公(魔族)が
同胞による人間界侵略から人間を守るために戦う
…という、あらすじの話を考え中なんだが
なかなか話がまとまらない。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:02:55 ID:TkDFgkfp0
>>309
kwsk

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:40:32 ID:ceC8DgYV0
>>309
主人公は魔王の息子ってことにすれば

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:45:05 ID:aKHh7HKC0
>>309
それなんてレイズナー?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:59:23 ID:cbSnbyK50
>>293
ありがとう。
結局1週目クロウラー、2週目女神ってことにしたよ。
ステータスがギニューとフリーザぐらい違うぜ!

>>294
そこまで詳しくは設定してないww

でも、教会が侵略者的な位置かな。
別大陸から布教のために巡礼者の一団がやってきて、発言力を高めるために戦乱に介入した。
結果として大陸の覇権を握ることとなった。みたいな感じ。


>>307
結構面白そう。
『神の視点』から見たゲームにして、
天使兵みたいな奴を主人公にするのはどうかな。
目的は人間界を正しい方向に導くこと。
失敗したら再び天界から、「失敗か…次!」みたいな感じで。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 00:11:11 ID:/RYmmyEn0
>>309
それだけだと、何について悩んでるのか
さっぱりわからないな・・・。

魔族が人間の味方になる物語だと・・・
思いつくのは、そうだな・・・

@人間の女(もしくは男)を好きになった。

A両親に先立たれた
 盲目の少女(8歳〜10歳くらい)に
「優しいおじさん」と懐かれたから。
 少女の目を治すことが目的。

B魔界の辺境の地で
「人間が流した『愛の涙』を受けると、人間になれる」
 と記された古文書が発見されたから。
 これを信じ、多くの魔族が人間に取り憑くが、
 「愛」が何なのか、さっぱりわからないため、
 脳をイジってドーパミンを大量に発生させてみるとか、
 恨みを持つ相手を殺しまくってみるとか
 中年女性を若返らせてみるとか、
 キテレツな「愛」を与えはじめる。
 主人公もその一人。
(どんな人間に取り憑いて、どのように愛を知っていくかは
 まあ適当に考えてくれ)

C三蔵法師と孫悟空の関係のように、
 人間のエクソシストなどに
 主従関係を強要されているため。

とりあえずはこんな所かね?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 00:30:21 ID:82UDF4o00
>>314「人間が流した『愛の涙』を受けると、人間になれる」
主人公は、自分に無い『愛』を人間に求めるために
人間界に降り立った、というのはどうかな?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 00:58:01 ID:8BC3XS1b0
>>309
主人公が魔界から人間界に来た理由は
主人公が戦争ダメダメ派だから
それを止めに行くんだろ?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 03:53:07 ID:gZgcVWYZ0
今度は魔界の主人公で盛り上がりそっすね。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 07:30:55 ID:Leep0nN1O
>>316
うん。

主人公が仕えていた魔界の王は穏健派で
人間界への侵略を良しとしないという考えだったんだけど
王の息子が王を殺害し、王座に即いてからは
魔界を支配するだけでは飽きたらず、人間界へ侵攻を開始した。
穏健派で前王の忠実な家臣だった主人公は
亡き前王の意志を守るため、現王と対立する

というあらすじです。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 09:24:27 ID:jPFwqpzu0
>>318
うーん・・・一言で言えば「動機が弱い」
だからストーリーや世界観に広がりが出ないんじゃない?

例えばの話、魔界が日本、人間界が韓国としよう。
日本でクーデターが起こり、一党独裁の軍事国家が形成されたとする。
そして、韓国に宣戦布告したと。
このような状況の中、主人公は戦争をやめさせるために
「韓国の味方となり、韓国の牛や豚・犬、それに猫のために祖国を敵に回す」

・・・なにこれ?

他種族のために同族を裏切る主人公の行動は
このくらい奇天烈なはずだよ?
「同族殺し」が「穏健派」なわけねーし。
「過激派」どころか単なる「反逆者」だね。

だから主人公に、かなり大きな使命・目的を持たせないと
「血の通っていない、机上で考えたキャラクター」に
なってしまうんじゃない?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 10:29:22 ID:wOwRxSOUO
318はなかなか話がまとまらないっていうことでここに来たんだから、少しずつ考えていこうや

321 :318:2006/12/29(金) 10:58:48 ID:Leep0nN1O
>>320氏の仰る通りですね。
話がちぐはぐで、矛盾した部分も多いです。
勉強不足で申し訳ない。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 11:20:27 ID:jPFwqpzu0
いや、>>318さんを
からかっているわけでも、
馬鹿にしてるわけでもないんだけど・・・。
どうも俺の書いた文章が乱暴で、
印象悪かったみたいだね・・・すみません。

まあ、>>319でも書いた通り、
手段と目的に整合性を取った方がいいと思うよ。
恐らく手段である「人間に味方をし、同族に立ち向かう事」が
物語でやりたい核だと思う。
それに合う目的を煮詰めた方がいいね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 11:27:36 ID:tn12Fwn50
チョイ待てや
魔族を人間に置き換えると、相手側の人間は牛とか豚とか犬とかになるってのは
極論だぞ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 11:51:47 ID:jPFwqpzu0
>>323
確かに俺の「魔族のイメージ」で、
他人に押し付ける気はないけど
そんなに間違っているかね?

人間を知的生命として尊重したり、
人権を守ったり、対等の立場として扱ってくれる
魔族って俺のイメージに全然合わないんだけど。

魔族って「人間に対する脅威」や「悪行」などからくる呼称なはず。
人間を食料や家畜として見ないなら
魔族じゃなくて、単なる異世界の住人じゃないの?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 12:57:12 ID:X0RDCV0J0
わー論破されちゃったー

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 13:17:02 ID:82UDF4o00
まぁ、その世界観にあわせていけばいいと思うよ
それを含めて、ひとつの物語になるんだからさ

327 :318:2006/12/29(金) 20:12:40 ID:Leep0nN1O
改めて物語を考えるのは難しいことなんだと実感しました。
>>318を読み返して、もっと別の動機でもいいかなと。

人間に友好的な魔族(=実は異世界の住人)という設定を活かしたいのですが
物語にどう絡ませるのかが悩むところです。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:19:30 ID:/RYmmyEn0
>>327
「なぜ命がけで人間の味方をするのか?」を
 突き詰めてみればいいんじゃない?

大体において、命を賭けて行動する場合、
@復讐 A野望 B愛情 C欲望
のいずれかじゃないのかな?

まず@の復讐は、
魔族の王になんらかの恨みがあり、王を倒すために
人間を利用している。人間に対する愛情はない。

次にAの野望は、
魔族の王に恨みはないが、
倒して王位を簒奪するために人間を利用している。
この場合も人間に対する愛はない。

Bの愛情は、
A:1人の人間(異性)と出会い、恋に落ちてしまう。
 その人間を守るため、数百万・数千万の軍勢に立ち向かう。
B:幼い人間の子供に懐かれ、その愛らしい生き物を守り通そうとする。
C:人間全てに愛情を感じ、守ろうとする。  
・・・など。

AとBは比較的、物語にしやすい。
Cの思考は、聖人や天使などに近いため、
魔族にはあまり似つかわしくない。
>>318のアイデアはCに近い)

最後のC欲望は、
人間を守ることで、永遠の命や、
世界を牛耳れるほどの莫大な財宝、人間になれるなど
何かしらの恩恵を受けることができる場合。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:44:18 ID:LF6dWKfD0
俺の設定では魔族とは“魔力を持つ一族”
別に悪い奴じゃない

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:07:25 ID:kaehTEc90
悪魔の類ではなく、魔力を持つ一族ということか
でも、魔族というのは、人の先入観として『悪』というのが
一般だからね。ストーリーの部分でそこを強調しといたほうがいいよ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:26:56 ID:SWx64HbA0
俺的設定

不気味な外見をしているが中身は人と同じ、心を持った種族
過去には悪いものも存在したが、色々あって魔界に封印されている
現在では少数が人里離れひっそりと暮らしているのみである

人間たちの間では恐れるべき存在と思われているが、ただの偏見であり
真実を知っているものはいない(この辺ストーリーにも絡む)
英知に長け、魔法をたやすく操ることができるのが特徴

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:35:53 ID:dnD0E5lbO
アスリートRPG

アスリート数十人が受賞式で
ある敵勢力(強靭な肉体を求める奴ら)に
異世界へ連れていかれてしまう。

その世界のその地域は戦場の真っ只中。
アスリート達は、各々の得意とする技で、
形状の似た武器に持ち替えて
戦場を生き延びる。

現世に戻る為、真実を探す旅に出る主人公達。
その世界の人に魔法や術を教わって
自らの技と合わせて強めたりする。

アスリートの数人は敵に改造されたり
強化されたりして主人公達の前に立ちはだかる。敵の目的は?主人公達は現世に帰れるのか?

〜協力〜
松坂(野球)
清原(野球)
朝青龍(相撲)
曙(相撲?)
亀田(ボクシング)
室伏(ハンマー投げ)
なかやまきんにくん(芸人)
中田(サッカー?)
武豊(競馬)

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:17:01 ID:kaehTEc90
 ゼルム大戦記
〜王の継承者〜

〜ゼルム百人隊〜
ある世界の戦乱の世
世界全土をまたに駆けた伝説の傭兵集団がいた
その名を『ゼルム百人隊』
傭兵王ゼルム率いる、ゼルムと99人の傭兵達のことだ
世界各地で、傭兵として活動する彼らは
一人一人が、一個師団よりも強いとされる武の達人達だ
そして、彼らは、伝説となった

〜物語〜
時は戦乱、伝説の傭兵団「ゼルム百人隊」が
解散して10年後の話

主人公は、戦争で家族や友を失い、その恨みだけで
傭兵になる
いつかは、自分の街を襲った敵国にも復讐してやろうかと考えていた
そして、ある日、主人公は出会う
かつて、伝説とまで呼ばれた、傭兵王『ゼルム』に
その世界で生きるものなら誰でもあこがれる存在、傭兵王
主人公は、ただ目的も無く、ただ目の前にした傭兵王への
憧れで、彼に近づく
だが、主人公は見てしまう、かれ、ゼルムのずたぼろになった体を
(もう2度と戦えないほど)
主人公はゼルムに聞いた「なぜ、そのような体に」と
事情によると、ゼルムはある男と戦っていたらしい
その男は、理由もつげづ、ゼルムに襲い掛かってきたのだという
そして、負けた・・・傭兵王ゼルムが
主人公はその事実に驚愕した、そして、ゼルムはこういった
「お前からは、同じにおいがする、今の私と同じ、復讐を心に秘めたものの
におい」
そこから、主人公の数奇な運命が始まる

というのを考え中なんだが、なかなか思いつかん


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 12:19:16 ID:VbJM2hm90
ttp://www.youtube.com/watch?v=bLeJi9cgifM&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=xUtfSNZ1e1o&mode=related&search=

ツクった人スゴイ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:03:50 ID:iNg8s6wl0
最初と最後ぐらいは設定しないとシナリオって作れないと思うが

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:11:46 ID:TCd9POMJO
最初と最後の部分も具体的に出来上がってないです。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 21:14:56 ID:adGHtAY00
具体的でなくとも理想でも

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 21:22:17 ID:KZzud6+l0
>>333
よし、続きを考えてみよう。

負けた・・・傭兵王ゼルムが・・・。
主人公はその事実に驚愕した。
そして、ゼルムはこういった。
「その男とは・・・お前の親父だ!!」
「剣の腕ではとても適わん・・・だから密かにスープへ毒を入れてやったよ」
「ヤツは女もろとも、苦しみながら死んでいったわ!」
「しかし、それだけでは、こんな身体にされた恨みは消えん!」
「ヤツの血をこの世から消し去ってくれる!貴様を殺してなぁ!!」

そして主人公の最初で最後の戦いが始まる・・・。
傭兵王ゼルムを倒すとエンディング。

思いつかないなら、もうこれでいいべ?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:18:31 ID:9Ayn9Fx10
終わるのはやw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 01:59:21 ID:FY0u+HIL0
>>333
よーし、続きを考えてみよう。

その前に少し設定を変更してみる。
・ゼルム百人隊は解散じゃなく、壊滅した。
・傭兵王ゼルムは、闘いで敗北していない。

戦乱の時代、各地の戦争・紛争で目覚しい活躍をしたゼルム百人隊。
しかしその栄光も長くは続かなかった。

大陸全体を飲み込んだ戦乱の末期
(つまり戦乱から平和への過渡期)に起こった
ノーランド紛争(仮名)が、ゼルム百人隊の最後となった。
この紛争で、ゼルム百人隊と敵対した
ノーランド国の正規軍、銀狼騎士団(仮名)が
傭兵団を壊滅させたのだ。
この敗北により、傭兵王を名乗ったゼルムは囚われの身となり、
城下で晒し物にされた後、監獄へ幽閉されることとなる。

それから10年後、
再び世界に戦乱の世が訪れていた。
ゼルムは衰弱した身体を引きずりながらも監獄を脱出。
主人公と出会う。
そこでゼルムは主人公に対し、驚くべき真実を告げる。
ノーランド紛争は、でっちあげだというのだ。

戦乱の世が終わろうとしていた時代。
ゼルムは「これからは傭兵の出る幕はなくなるだろう」と考え、
傭兵団を解散しようと決意していた。
それに対し、職を失うことを恐れた副団長を始めとする、幹部たちが猛反発。
しかしゼルムの考えは変わらなかった。

そこで、副団長は一計を案じ、ノーランド王国と密約を交わす。
・紛争をでっちあげ、そこにゼルム百人隊を派兵すること。
・進軍中、ゼルムに痺れ薬を盛り、捕らえること。
・存在しない架空の騎士団が傭兵団を壊滅させた事にすること。
・副団長ほか、幹部たちを銀狼騎士団として正式に任命すること。

つまり、
副団長一派は「王国の正規軍に就任すること」
王国側は「伝説の傭兵団を打ち破ったという名声を得ること」
で両者の利害が一致したのだ。
この陰謀により、ゼルムは戦うことなく敗れることとなる。
その後、ノーランド王国では圧政が続き、
多くの民衆が蜂起したが、銀狼騎士団により全て鎮圧された。
(その際、主人公の両親も騎士団により虐殺されている)

ゼルムは、10年にも及ぶ幽閉と拷問により、
すでに戦える身体ではなくなっていた。
戦うことなく敗れ、戦う力を奪われたその恨みは
ゼルムの中で、黒い復讐の炎となり燃え盛っていた。
そこでゼルムは、主人公に
自分が身につけていた剣術、戦術を叩きこみ、
銀狼騎士団への復讐を果たそうとする・・・。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 03:05:28 ID:/ffFkjQpO
おお、筋が通ってていいんジャマイカ?
あとは起承転結の「転」にあたる部分が欲しいところだな

銀狼騎士団を壊滅させ、
復讐劇は幕を閉じた
しかしその瞬間、かつて奪われた力を
取り戻したゼルムが野心を起こす
(彼の力は、拷問ではなく魔術で封殺されていた)

妖魔・邪鬼を操り
世界を混沌にみちびくゼルム
主人公はヒロインとその家族を守るため、
師であるゼルムに剣先を向けた…

なんてのはやりすぎか


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 04:06:08 ID:xmJ9E2tK0
>>340
この設定を借りて、これより前の部分を書いてみよう。

かつて、戦乱の時代。ノーランド王国も、その時代を戦い抜いてきた。
ノーランド王国の正規軍、銀狼騎士団は、申し分のない戦力を持ち、戦うたびに勝利を収めていた。
しかし、ある事件を境に、銀狼騎士団は、敗北・撤退を繰り返す、弱小の騎士団になってしまった。

現在から遡ること15年。数々の勝利を収めていた銀狼騎士団の前に、ゼルム百人隊が立ちはだかった。
銀狼騎士団は、彼らに戦いを挑んだが、全く手も足も出ず、一方的な戦いを展開された。
これが、事実上、初めての銀狼騎士団の敗戦である。
戦力を大きく失った銀狼騎士団は、以降、戦うたびに敗戦・撤退を余儀なくされてしまう。

戦乱も終わりに近づいたある日、一人の兵士がノーランド王国にやってきた。ゼルム百人隊の副隊長である。
ノーランド王国は、彼を含むゼルム百人隊と契約を結ぶ。
そして行われたのが、あの「ノーランド紛争」である。

ノーランド王国の国民は、かの有名なゼルム百人隊の隊員が銀狼騎士団に入団することを知り、心から喜んだ。
しかし、それが糠喜びであることを、国民は知る由もなかった。

ノーランド国民が王国政府から受けたのは、厳しい弾圧だった。

ノーランド王国は、戦争借款や賠償金によって、僅かながら借金を背負うことになってしまった。
王国は、このつけを、国民に回したのだ。しかも、銀狼騎士団の力を使って。
圧政や重税に耐え切れない国民が蜂起を起こすと、銀狼騎士団が鎮圧をする。
銀狼騎士団がいる限り、この圧政から逃れることができない。いつしか国民は、そう思うようになってしまった。

主人公は、そんなノーランド王国で育ってきた。たとえ苦しくとも、明るく生きようとしていた。
しかし、その考えは、ある事件をきっかけに、百八十度方向転換する。

ある日、国民が、今までに例を見ないほど大きな規模の蜂起を起こした。
王国は、鎮圧をさせようと、銀狼騎士団を出動させた。
国民と銀狼騎士団が激しい衝突をしていたある時……。
「                                   」(←どういう理由で死んだか考えてない)
主人公の両親は死んでしまった。

両親が目の前で死んだ。そのことで、主人公の心に銀狼騎士団への恨みが満たされた。
そうして、主人公は、傭兵になった。

傭兵になった主人公は、強くなろうと、必死になって訓練に励んでいた。
そんなある日、かつての英雄、傭兵王ゼルムと遭う……。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 04:30:21 ID:pMHHbiyiO
 ゼルム大戦記
〜王の継承者〜

〜ゼルム百人隊〜
ある世界の戦乱の世
世界全土をまたに駆けた伝説の傭兵集団がいた
その名を『ゼルム百人隊』
傭兵王ゼルム率いる、ゼルムと99人の傭兵達のことだ
世界各地で、傭兵として活動する彼らは
一人一人が、一個師団よりも強いとされる武の達人達だ
そして、彼らは、伝説となった(完)



344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 08:41:47 ID:kD/vhNgX0
山の頂上で邪悪な気配がする
王さまに命じられて、頂上へ探索に行くことになった勇者(主人公)
城門に行くと、王さまが呼び寄せた6人のお供
戦士、僧侶、魔法使い、盗賊、狩人・・・一人足りない
次の町の宿で待っているとの事
勇者はこの中から3人選び次の町に進むことにした(あとの2人は別行動)

ここで組んだパーティによって、この後のシナリオが変わったり、
次の町で待っているもうひとりのキャラが変わる。

流れとしては
スタート→ダンジョン→町(休憩所)→ダンジョン→休憩所→ダンジョン・・・休憩所→山の頂上
休憩所でシナリオに沿ったイベントが起きたり、パーティの入れ替えができる


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 11:58:07 ID:XakM/6B60
まあ
>>340>>342
いきなりゼルムが陰謀の全てを話すんじゃなくて、
最初は「俺の人生をめちゃくちゃにした銀狼騎士団に復讐する」程度しか話さず、
真相を小出しにして、物語に複線を張っておくという手法がいいかもね。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 14:26:53 ID:s2IAGG6L0
>>345
ゼルムが真相を話す前に暗殺されちゃうっていうのもありだね
いまや銀狼騎士団の団長となったゼルム百人隊の副団長か誰かが出てきてさ、
元副団長(仮)「お久しぶりですね、"団長"」
ゼルム「お、お前は・・・!」
元副団長「おっと、残念ですが再会を喜んでいる暇は無いのですよ(ズバッ)」
ゼルム「ぐああっ」
駆けつける主人公、しかし元副団長の強さに太刀打ち出来ず
元副団長「おやおや、師匠が弱ければ一番弟子もこの程度ですか」
主人公「待ちやがれ・・・ぐっ!(ドサッ)」
自分を見下ろす男の胸に付いていたのはあの銀狼騎士団の紋章、
そこから主人公はさらなる復讐の炎を燃やすことになる


すまん、ちょっと妄想しすぎたな

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 14:43:50 ID:RRcDhNlO0
また面白げな話が出てきちゃって…
何故かメタルギアを連想したのは俺だけかな

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 15:12:48 ID:ATHUV/LXO
ボスキャラは99人まで出せるわけですね

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 15:44:41 ID:o1mZYglj0
お前ら、知恵を貸してくれ

今ツクール3で、職業の上達度を七段階に分けて表示するシステムを作っている。
職業の上達度は、「(職業名)の種」というアイテムを特定の場所で使うことで
スイッチ操作をして、擬似的にステータスの一部としている。

職業は14用意してある。
仲間の数は四人。

普通にスイッチだけでやろうとするなら14×7×4で392も専用にスイッチを消費する。
シナリオ上で消費するスイッチは250ほどあるので実現不可能。

そこで2進法を使って168個のスイッチで14の職業四人分の上達度を疑似変数として作った。
スイッチ112、113、114のオンとオフの組み合わせが七通りあるので
それに対応して数値が増える仕組みだ。

例:キャラクターAの職業Xの上達度
上達度  スイッチ  ○オン ×オフ
0   112× 113× 114×
1   112× 113× 114○
2   112× 113○ 114×
3   112× 113○ 114○
4   112○ 113× 114×
5   112○ 113× 114○
6   112○ 113○ 114×
7   112○ 113○ 114○

これで3つのスイッチで7通りの役割を果たしたのだが、問題はこれからだ。
キャラクターカスタマイズ画面を作りたいので、上達度に応じた発生条件を作りたい。
しかし二進法での疑似変数だと、発生条件にまでは対応きれていないようだ。
例えば、上達度に応じて以下のようにイベント発生をさせるとする。

○グラフィック39 カラー1 ●グラフィック39 カラー4
上達度3の場合

●●●○○○○

のようにゲージになるようにしたいのだが、二進法変数だと

○○●○○○○

のようにしか表示されず、1のときと2のときのものが表示されない。
これを解決するにはどうすればいいのだろうか・・・・。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 16:08:44 ID:/yo1qAvD0
>>349
んなもんイベントで職業変えればいいだけだろ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 16:08:54 ID:XakM/6B60
>>349
実際にスイッチ2進数を使ったことがないので
なんともいえないが、

まずは上達度を表す@ABCDEFのグラフィックを用意し、
全てのイベントで下位に引き継ぐようにする。
(つまりFにはEへ引き継ぐ、EにはDへ引き継ぐ。内容はグラフィック●の表示)

初期化イベントでスイッチ2進数による上達度の判定を行い、
上達度と同じイベントへ引き継ぐ。

これだと、1人分の上達度しか表示できないからダメだな。
それに、実際これで正常に動くかもわからないし。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 16:16:04 ID:o1mZYglj0
>>350
職業はゲーム中に転職屋で変更できる。
が、職業を変えることで解決する問題なのかこれは・・・?

>>351
イベントの引継を使えば確かに強制的にイベントを発生させられそう。
だがイベントを終了させると消えてしまうのが辛いな・・・。
プレイヤーキャラの四方をイベントで固めて
疑似カーソルを用いて仲間四人分のイベントグラフィックを透明・非透明などを使い
カスタマイズ画面で四人の表示をコントローラ操作で切り替えることが可能な仕様にしたいので
「スイッチなどによって制御されるイベント発生条件」が不可欠なんだ。
説明不足で申し訳なかった。助言ありがとう。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 19:04:58 ID:ATHUV/LXO
職を位で分けていくつかまとめてしまうとか

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:52:41 ID:5Ob8yqNa0
>>348
副団長派とゼルム派の存在を入れてみたら?
最終的には主人公率いる新・ゼルム軍団と
副団長率いる銀狼騎士団の大陸最終戦争にしてみたり

ちょいと設定変更して
銀狼騎士団はいつの間にか勢力を拡大し
すでに大陸規模の軍団となっていた

対する主人公軍は、勢力こそ小さいもの、過去の
ゼルム百人隊のゼルム派の仲間達が何人もいる
世界最大の軍団VS世界最強の軍団

みたいな

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 23:26:59 ID:xmJ9E2tK0
>>354
ゼルムを中心とする新生ゼルム百人隊派と
副団長を中心とする銀狼騎士団派に分かれて戦うが
第三勢力が両方を打ち破り、
新生ゼルム百人隊と銀狼騎士団の生き残りが団結。
第三勢力の中心人物あるいは新たな戦争の中心人物を倒す。

という展開もいいと思うんだが、


まんまFFTなんだよな


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 02:23:04 ID:ZfqFfyqvO
どんどん話が大きくなってるぞ

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 11:22:10 ID:uh2vfnYQ0
んー?
ゼルム百人隊の原案者
>>333の姿が一向に見えないな・・・。

俺たちの妄想力で
ドンドン話をデカくしていっていいのかいな?

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 12:41:58 ID:5f45TA1T0

その後、>>333の姿を見た者はいない……

359 :333:2007/01/01(月) 13:04:41 ID:lTC7jW2t0
どこまでもこの話しが成長していけばいいなぁ、と

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 13:56:42 ID:hSFgdz7N0
>>333
>>ゼルムはこういった
「お前からは、同じにおいがする

この台詞のあとゼルムは死んでしまう
それが何の臭いなのかを主人公が探求するストーリー
花の芳しい匂いであったり、靴下の悪臭であったり・・・


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 14:16:11 ID:uh2vfnYQ0
>>333
いやいやいや・・・
原案者・製作者が一応、方向性を決めようよw

362 :333:2007/01/01(月) 14:45:34 ID:lTC7jW2t0
原案の最終的には、主人公が大陸統一する、見たいな感じだったけど

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 14:53:43 ID:uh2vfnYQ0
>>333
>>354みたいな展開ということか。
ふむふむ。

まあ煮詰めるとしたら、次は
「ヒロインはどんなヤツで、主人公との関わりは?」とかかね?

364 :333:2007/01/01(月) 15:00:45 ID:lTC7jW2t0
ヒロインの役割は
仮に主人公が、力を手に入れ、復讐に取り付かれた
復讐鬼となったら、それをとめる役割かな
そんで出会いは、幼馴染とか、同じ銀狼騎士団に家族を殺されたとか
戦争中の出会いでいいんじゃないかな?

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:21:37 ID:lTC7jW2t0
ちょっとキャラ考えてみたぞ

★主要人物
ゼルム 伝説の傭兵王。副団長の裏切りにより力を失う

レヴォ ゼルム百人隊の元副団長。全てはこの男から始まった、諸悪の根源
今は銀狼騎士団の隊長という地位に着き、実質上大陸最強の男

レイド(名前変更可) 主人公。銀狼騎士団に家族を奪われ
傭兵になる。そして、ゼルムと出会うことで彼の復讐劇が幕を開ける

ステイ ゼルム百人隊の幹部。おちゃらけていてつかみどころの無い男
だが芯は強く、幹部の中で唯一ゼルム派の人間だった

シュリンナ(名前変更可) ヒロイン。でっち上げのノーランド紛争に
疑問を持って、王国に反発した貴族の娘。ゼルム同様、つかまっていた

★ゼルム百人隊
〜幹部と裏切り者達〜
副団長含め40人

〜ゼルム派〜
ステイ含め59人
そのうち19人はすでに死去

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:36:01 ID:eGQfPHzO0
今度はゼルム騎士団で盛り上がった♪

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:50:42 ID:lTC7jW2t0
ゼルム百人隊一人一人考えてくか

368 :333:2007/01/01(月) 16:21:05 ID:lTC7jW2t0
レヴォ派

1ディエル(幹部)  2スタンデーク(幹部)  3シュリア(幹部)
  
4フォルクラウス(幹部) 5エルハイド(幹部)

6ロダー 7グレイス  8マグナード

9シューデス 10イスケイド   11へルマン  12ティエス

13キュレス  14ハルバート   15カルヴ  16ヨヘルム

17エスクレイド18ディーティ  19ゾーキリアム 20アランガル

21ジェス   22ユロンド   23ジン     24フェディル

25トドム   26スー・シェイ  27ドルドーテ  28インディス

29メイヴ   30ヘイル     31イーガ   32ジャックス

33クロード  34アルアイディ  35カジム   36ゼーフェン

37ウィカエル 38モーゼン    39トライト  40レヴォ

はぁ〜、疲れた、後39人誰か頼む

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 16:44:26 ID:uh2vfnYQ0
>>333
ヒロインは、傭兵王ゼルムの娘でも良くないか?
ゼルムが24歳の時に娘が生まれ、
32歳の時にノーランド紛争で投獄。
現在は42歳。ヒロインは18歳。

これでどうだ?

370 :333:2007/01/01(月) 17:21:35 ID:lTC7jW2t0
ゼルムは”孤高の男”って感じだから、あんまり家族はいないほうがいい

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 17:41:42 ID:OQr31LGG0
ディエル・C・リークン
年齢 43 性別 男 外見 黒髪 目は茶 浅黒い肌 顔には幾つもの古傷が残っている

常に寡黙であり、感情を表に出さないず幹部とでさえ殆ど言葉を交わすことがない男。
幼い頃から傭兵を続けている老兵だが、戦場での動きは全く衰えを感じさせない。

元々はゼルム側の人間であったが、レヴォの巧妙な計画によって
ゼルムが悪人であると信じ込まされ、裏切りを決意する。


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 18:06:06 ID:lTC7jW2t0
スタンデーク・セイス
年齢39 性別 男 外見 黄土色の髪 茶褐色の肌 かなりの豪腕

レヴォ派の人間。かつてはゼルムと並ぶ豪腕の持ち主だったが
今は己の力よりも武器にこだわる

武器 戦斧

シュリア・レファント
年齢 32 性別 女 外見 長い赤髪 隻眼 

異例の若さで
幹部へと上り詰めた女傭兵
幼少期は貧しかったため、金銭的なことを優先する
元はゼルム派だったが、かつての苦い経験から、レヴォ派へ乗り換えた

武器 戦扇 

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 18:39:30 ID:kHfp+mhT0
5買ってきますた。ここのを参考にさせて頂きます。


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 19:58:10 ID:v8DhQTuXO
>>117とか>>122とか読んだけどもう少し弄ればマトモになると思う。


ストーリーはそのままで、舞台は宇宙規模じゃなくて、大陸規模にすればおk。

復讐少女の母親はある機械技術がある程度進んだ国の騎士団に入ってたけど、戦争が起こった時に戦死。
機械技師のところで生活していた復讐少女の元に母親の死の知らせが…
って感じだったらまだ舞台が中世でも銃を使う復讐少女の設定もイケると思う。

中世世界観なら平気で魔法も出せて、王子王子な亜人少年魔道師も幼馴染みを探している魔道師少女も出せるしね。

まあ亜人、機械、魔法有りだと、確実にF○12世界になるけど。
後は亜人がどんな種類の亜人かだとか考えないと。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:10:00 ID:459mvh3B0
キャラ設定ばかりで肝心のゲームをツクる所まで行った事が無い俺が来ましたよ。厨キャラノートから何人かくれてやろう。

ディスティン・ブロイド
 年齢・40 性別・男 外見・全身毛むくじゃら/屈強な肉体 武器・鉄球
  “戦闘狂”で、闘うために傭兵となった。
  レヴォ派に属してはいるが、面白い闘いのために、敵を見逃すこともある。
カフレシュ・カフカ
 年齢・33 性別・男 外見・金髪碧眼/長髪の優男 武器・ワイヤーの先に針が付いたようなもの
  元貴族の男で、その美貌で女性を誘惑しては、地下の拷問部屋で女の悲鳴を聞くことが趣味だった。
  過去に戦争で没落し、傭兵となる。現在は戦場で、思う存分拷問を楽しんでいる。
  殺傷力のある武器よりも、いかに長時間苦痛を与えられるかを追求し、今の独特の武器を使用している。
  レヴォ派ではあるが、没落の原因となった銀狼騎士団に属することにはいささか不満があるようだ。
チェリ・サーヴェイレン
 年齢・18 性別・女 外見・美しいブロンドの髪/幼女 武器・自身の身長の4倍の長さの槍
  戦争孤児だったが、その戦闘センスを買われてゼルムに育てられる。
  単身戦場に躍り出て、槍と共に舞い、敵を殲滅するその姿から“戦姫”と呼ばれた。
  年齢以上に幼い外見、身長、思考を持ち、純粋で人を疑うことを知らない。
  レヴォの嘘を信じ、未だに「ゼルムはいつか帰ってくる」と信じている。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:27:07 ID:ZfqFfyqvO
ヒロイン要るの?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:25:17 ID:zN60kJ63O
いなきゃ萌えないだろう

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:50:08 ID:lTC7jW2t0
>>375
いや、もうレヴォ派は定員オーバーだろ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:59:15 ID:lTC7jW2t0
フォルクラウス・サイデニー
年齢25 性別男 外見 常に両手に何か持っている(ひよことか)
常に両手に何か持っている(たぶん盗品)
自分が会話に入れないと怒る(たぶんさびしがりや)





380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 22:04:14 ID:lTC7jW2t0
ステイ・アシュルド
年齢33 性別男 外見 ぼさぼさの黒髪 ぼろぼろの土色ロングコート
ゼルム百人隊の幹部。おちゃらけていてつかみどころの無い男
だが芯は強く、幹部の中で唯一ゼルム派の人間だった


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 22:55:28 ID:459mvh3B0
>>378
おお、すまん。レヴォ派が59人かと思ってた。
適当に変えて使ってくれ。いや、使いたくないんならいいんですけどね。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:02:47 ID:G2Rw39160
なぁなぁ敵の大ボスとその反抗組織のリーダーがクローンで同一人物ってのはありかな?
そいつはマッドサイエンティストで強い素材探してて世界最強の軍団を作りたいってことでそんな感じにしたんだけど。

あかん。うまく文に表せない。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:19:32 ID:459mvh3B0
>>382
敵の大ボスって、敵ってのが抽象的でよく解からんが…。
カトリックとプロテスタントのようなものだと仮定するとこんな感じか?

2つの宗派の対立自体がそのクローン男の研究のために仕組まれたものだった。
そして互いに争い、人材、規模ともに大きくなった組織を最終的には吸収合併、実験台大漁うはww
別に争いなんかねぇしwwお前ら釣られ杉www

…こんな感じか?
まぁアリだとは思う。ちゃんとストーリー晒してくれ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:20:47 ID:lTC7jW2t0
>>382
いいんじゃないかな
そのアイディーアを使うなら、直前まで両方のボスの
正体を隠しといたほうがいいね

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:31:49 ID:G2Rw39160
>>383>>384
サンクス。
敵のボスの正体は割りと中盤で晒すつもりなんだけどもっと後にしたほうがいいかな?

あとストーリーは今ちょっと概要まとめてるからちょっと待ってくだちい

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:35:50 ID:DrL191Iy0
>>383
それなんてロックマンエグゼ?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:51:50 ID:G2Rw39160
うーん・・・国語もっと勉強すればよかった・・・
なかなか短く要約するのがムズイ・・・

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:55:16 ID:G2Rw39160
ストーリー自体は結構オーソドックス。
とりあえず世界観と主人公たちの設定
いろんな世界が同時に介在してて「門」っていうものでつながってる。
あと精神的なものがこの世界ではかなり重要で力のある奴はたいてい心の強さも伴ってる。その「心の強さ」の多様さもテーマのひとつ
主人公の二人は両方とも人造生命ではるか昔から世界の調和を保つために生きてる。
本当はもう一人同じ目的で作られた人造生命体がいるんだけどそいつはまぁただのライバルキャラだからここでは割愛
主人公二人はちょっと特殊な奴で↑の奴はたとえ死んでも同じ体でよみがえれるけど
主人公二人は諸事情でこれができなくて体が老いてきたら新しい肉体となるものをさらってきて記憶とか移して長いこと生きてきた。
で、ちょっとした事故で二人は記憶を失ってさらに事故でどっかの世界に送られる

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:56:53 ID:G2Rw39160
あ、主人公の二人ってのはヒーローとヒロインってことね。
ついでに主人公は男女選択性。ストーリーに大きな変化はないけど細かいところでちょくちょく変わる。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 00:13:29 ID:lazyMLXS0
前後編に分かれてて前編はさっきの大ボスとかぜんぜん出てこないんだけどやっぱそっちも書いたほうがいい・・・?
前編、結構複雑で上手く要約するのめちゃめちゃ時間かかりそうなんだ・・・

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 00:35:40 ID:lazyMLXS0
とりあえず後半。
主人公とかのキャラとかなんかわからないことあったらいくらでも聞いてください。

運命戦争っていうKARMAとその反抗組織の大戦争が主題。
KARMAは言ってみたら「運命最高!運命万歳!」って人たちの集まりでこの考えの下に結構イカレたこといっぱいする。
このリーダーがマッドサイエンティストのオリジナルで反抗組織の方がクローン。
この人が研究してることは「業(カルマ)」と呼ばれるもの。まぁいって見れば運命とか宿命みたいなもん。
人には強い業を持つものと弱い業を持つものがいて強い人間ほどその業は強い。
つまり逆に言えば業を高めることができればその者は無限に強くなれるわけ。肉体的にも精神的にも。
だからより強い業を持つものを研究してその業を取り込みたいの、このおっさんは。
そのために二つに自分を分けて自分同士を争わせ、強い業を持つ集団を意図的に生み出そうとした。
で、この目論見は大成功。戦争後に反抗組織のメンバーが次々といなくなる事件が発生。
当然犯人はリーダー。
究極の業をもつ者と主人公達との最後の決戦開始。

かなりはしょりました。他にも数多くある世界の中心となる世界「アビス」とかいろいろ細かいことはたくさんあるんだけど、とりあえずこんな感じ

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 01:58:35 ID:i51mHO6r0
あまり複雑な話は苦手でな

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 02:02:00 ID:lazyMLXS0
すいません・・・なんかいろいろ考えてたらこんなのになってしまって・・・

ていうか全部書いたらもっと複雑です。これほんとにめちゃめちゃはしょってますから。
大ボスの周辺事情書いただけだし。
まだまだ特殊能力者「通心師」とか「カルマレコード」とか「8074傭兵隊」とか「空間歪曲現象」とかけっこう厨くさいのが盛りだくさん

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:14:58 ID:1GSSWmrj0
>>378 >>381
いや・・・別に定員オーバーとか
今からいう事じゃないんじゃないの?
決定稿が出てるわけじゃないし。

構想段階では、たくさんアイデア出して、
最後にどれを採用するか決定すればいいじゃない。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:35:10 ID:1GSSWmrj0
>>388
大きなお世話だと思うけど、
基本的に主人公はより平凡にして
「俺でも勇者になれるかも?」
「もしかしたら俺にも秘められた力(超能力や気・フォースなど)が・・・」
と思わせた方が、プレイヤーが感情移入しやすいと思うのね。

・主人公とヒロインが人造人間。
・人間をさらってきて、肉体を奪い取ることで半永久的に活動している。

とかいう設定だと、
正直「そんな化け物が主人公なのか?」と
感じてしまうんだよなぁ。

特に、ヒロインが人造人間とか、どうなんだ?
まあアンドロイドとかロボット萌えがあるくらいだから
いいのかもしれないが・・・人造人間ねぇ・・・?
主人公の恋愛対象は
最初からヒロイン以外ありえなさそうだしなぁ・・・。

あと、カルマって視覚的・能力的に見えるとおもろそうだな。
まあオーラ≒カルマみたいな感じで。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:44:39 ID:1GSSWmrj0
>>371-372 >>375

俺の偏見で申し訳ないが、
命を賭けて、はした金を稼ぐ傭兵って
訳ありのヤツらばかりで、呼び名はほとんどがあだ名。
本名は誰も知らないし、過去は聞かない事が傭兵団のルール、
ってイメージがあるんだよね。
だから苗字があると、何となく違和感を感じてしまう・・・。
どうでもいいことなのかもしれないけど。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 07:21:37 ID:iAP8diGK0
エルハイド・クレム 異名【冷血なる眼】
年齢28 性別男 外見 鉄仮面をかぶった細身の男
古くからのレヴォの知り合いで、ゼルムを裏切る計画の
肩を持っていた男。
戦場をかけるように戦い、仮面の眼を見るだけで
敵は恐れをなして逃げていくという。
ゼルム百人隊の中でも一味を争う実力者

武器 巨大鎖鎌

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 11:40:32 ID:lTgeoUEl0
>>333
よーし、続きを考えてみよう。

【第1章:魔剣奪還】
主人公を弟子にしたゼルムがまず目指したのが、
「魔剣オーガイーター(悪鬼喰らい)」の奪還。
ゼルムは、このオーガイーターに悪鬼5体の魂を封じ、
その魔剣の力で傭兵王にまで上りつめたのだ。

ゼルムは監獄から脱出した後、すぐさま
オーガイーターの在り処を探り、その結果、
ドゥルガー砦(仮名)の宝物庫にあることをつきとめる。

まだ技術も精神も全く未熟な主人公だが、
時間が経つにつれ、銀狼騎士団の勢力が拡大してしまう
と考えたゼルムは、砦への侵入作戦を強行する・・・。


【第2章:悪鬼封印】
衛兵に発見され、戦いになってしまったが
なんとかドゥルガー砦から
魔剣オーガイーターを取り戻したゼルムと主人公。
しかし魔剣にはすでに悪鬼の魂が抜かれ、単なる鋼の剣と化していた。

そこで、再び剣に悪鬼の魂を封じるため、
ゼルムがかつてオーガと戦った「腐敗の森(仮名)」を目指すこととなる。
腐敗の森には魔獣が跋扈していたが、
主人公が奮闘し、2人は最深部までたどり着く。

その時、魔剣が「オオオォォォォン」と不気味な啼き声を上げたかと思うと、
大木をなぎ倒しながら、巨大な悪鬼「グレイソウル(仮名)」が現れる。
主人公はオーガイーターを握り締め、悪鬼グレイソウルに斬りかかった・・・。


【第3章:輸送部隊強襲】
グレイソウルを倒し、魔剣に魂を封じることに成功した主人公。
ゼルムは銀狼騎士団に対抗する、必要最低限の力がそろったと
行動を開始する。

大陸最強の座にいる銀狼騎士団を壊滅させるには
@魔剣オーガイーターの奪還する。
A魔剣に悪鬼の魂を封入。
B銀狼騎士団を弱体化
C情報操作による、銀狼騎士団の影響力・発言力低下
D民衆を味方につけ、軍隊の編成
E決戦による銀狼騎士団の壊滅
という長い道のりが必要だ。

ゼルムがとった次なる行動は、
B銀狼騎士団の弱体化を目的とした
輸送部隊を強襲作戦だった。
輸送部隊がノースクリフ峡谷(仮名)を通過する際、
崖上から岩を落とし、護衛隊と輸送隊を分断。
主人公が輸送隊に襲い掛かり、食料に火をつけ、
護衛隊がたどり着く前に、脱出する作戦だ。
たった2人による
反抗作戦の狼煙が、今、上がろうとしていた・・・。

・・・to be continued

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 11:49:24 ID:lTgeoUEl0
うーむ・・・誤字が多いなぁ・・・。

誤:@魔剣オーガイーターの奪還する → 正:@魔剣オーガイーターを奪還する
誤:輸送部隊を強襲作戦だった → 正:輸送部隊強襲作戦だった

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 11:56:47 ID:WnUN1zAqO
ダークヒーロー物を簡単なストーリープロットだけさっと考えてみた。
オチ含め、ちょっとありがちなので修正点とか考えてくれると有り難い。

守り神が静かに見つめる平和な世界。
しかしそこにはかつて悪魔と呼ばれる邪悪な種族が存在していた。
悪魔は他の悪魔を倒しその肉を食らうか、人間と契約し、共に行動して
その欲望を叶える事で魂(命)を奪い、魂の強さに応じた力を得ていた。
小さな望みであれば魂の一部しか奪えないが
巨大な望みであれば願いを叶えた時点で魂の全てを奪う事も可能だった。
−契約者との契約の破棄は悪魔にとって死を意味する

主人公はそんな世界に生きる小さな悪魔のひとりであったが
様々な人間と出会い契約を繰り返す事でやがては強力な魔力を得るに至る。
そしてある日、世界征服を望む男と出会った主人公は、彼と契約を交わす事となる。
対立する人間、悪魔、軍隊。全ての敵をなぎ倒し、男の欲望を叶えていく主人公。
男の際限なき欲望に応じその魂を奪い、敵を食らっていくうちに
主人公は世界でも屈指の大悪魔となっていた。

世界は悪魔と契約する人間で溢れ、欲望に満ち混沌としていた。
そんな中、東の国で立ち上がった勇者により、悪魔とその契約者達は次々と撃破されていく。
主人公も自らの契約者やその部下と共に戦い、勇者一行を一端は追い詰めるが
最終的には敗れてしまう。
成長を続ける勇者の剣は、ついには魔王をも打倒し
世界から悪魔は追放されたかに見えた。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 11:58:13 ID:WnUN1zAqO
一方、何とか命をとりとめた主人公は勇者打倒の為に
地下に眠ると言われる神を呼び起こしていた。
その神は圧倒的な力を備えた純粋な破壊衝動の塊と呼べる兵器であった。
突如現れ殺戮を繰り返す神の力の前には勇者すらも及ばなかった。
人間達は強大過ぎる神と戦う為に、再び悪魔との契約を願う事になる。
そして神に敗れ仲間を失った勇者の眼前に現れた主人公は
計画通り勇者との契約に成功し、神との戦いに臨む。
激闘の末に神を撃破した勇者と主人公。
主人公は契約に従い勇者の魂を奪おうとする。
しかしその契約は実は「神を倒す事」ではなく「人間世界の平和を守る事」であった。
悪魔にとって契約は絶対的な存在。
主人公は呪詛をあげながら平和の守り神となった。
世界を静かに、憎しみを込めて見つめる守り神へと。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:07:27 ID:WnUN1zAqO
以上であります。
魔王主人公も考えてみたのですが、主人公も成長過程という印象を考えて
あくまでもいち悪魔という部分、基本的には
ハッピーエンドという部分にはこだわっています。
では忌憚無き意見をお願いします。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:11:56 ID:lTgeoUEl0
うーん?
まず問題なのは、このプロットが
RPG用なのかサウンドノベル用なのか
ライトノベル用なのかだね。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:15:58 ID:WnUN1zAqO
ああ、申し訳ない。RPGです。
実は半分くらい出来てますw

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:17:00 ID:lazyMLXS0
>>395
主人公には自分が化け物である、って言う葛藤の中で苦しんでもらいたいんですよ。
そしてその中で自分が進むべき道、世界の調和とはなんなのかを自分なりに見つけていくって言う。
平凡な育ちで強くなるキャラは他にもいるんでそれじゃあダメでしょうか・・・?

それと肉体自身はただの平凡な肉体でも、強いものは心が強い。っていう感じの設定なんです。
結局強さは精神的なものである(別に昭和的な根性論とかじゃなくて)ていうのが世界の根幹にあるので。
だからある意味、誰でも強くなろうと思えばなれるんですよ。この世界では。

どうっすかね・・・?

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:32:15 ID:lTgeoUEl0
>>402
気になったのは、
たとえば「一国を征服し、王として君臨したい」という
願いをもった男がいたとする。
その男と契約した悪魔が、
苦楽をともにし、国を征服したとする。
そしてその場で男の魂を回収し、男は絶命する。

・・・???

なんか変じゃないか?
普通、悪魔と契約した場合、
絶大なる力を苦労もせずに手に入れ、
それにより欲望を叶える。
その後契約者は生涯を全し、
死んだ後、契約に則り、悪魔に魂を回収される。
っていうパターンだと思うが。

つまり、悪魔は契約者を直接殺さないし、
叶った途端に殺されるなら、
契約者は目的までの過程しか味わうことができないため、
メリットがほとんどないことになる。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:40:41 ID:lTgeoUEl0
>>405
いやダメじゃないけど、感情移入しにくいなぁと。
ヒロインが人造人間でも、萌える人は萌えるだろうしね。
他の人間の肉体を奪うってことは
かなりダークサイドな2人(3人)だなぁ。

いっそ名前を
ヒーロー=初号機 ヒロイン=零号機 ライバル=弐号機
にしてみたら・・・いや何でもないです。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:44:46 ID:lazyMLXS0
>>407
うーんまるで俺のシナリオを見透かされているかのよう・・・
主人公物語途中で暴走するから・・・w

主人公は結構鬱展開バリバリ。
他のキャラでその鬱分を明るい成分で補完って感じなんですけど鬱やるなら一貫して欝のほうがいいですかね?


409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:50:52 ID:lTgeoUEl0
>>402
契約内容が履行された場合の支払う対価を
契約前に確認できるっていう設定なら
その場で履行してもいいかもしれない。

望む願いによってだけど
片目、片足、両足、聴力、味覚、痛覚、触覚、知識、記憶
・・・などなど。

魂の場合は、執行猶予期間を設定した方がよさそうだね。
@人生をまっとうする。 A10年後 B1年後 C猶予なし

Cは、「妻と子供を殺された男が、敵討ちをした場合」など
契約者が生き残ることを考えていない願いだけ。
そのかわり、かなり協力な呪詛を行うことができる(100人殺害可能とか)

しかしRPGで半分できているって事だけど、
主人公の悪魔は、何と戦って経験値を得るんじゃい???

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:53:25 ID:lTgeoUEl0
>>408
いや、鬱と明るいシーンのギャップが
より主人公の暗さ、うざったさが強調されるから
全て鬱よりいいんじゃない?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:58:24 ID:lazyMLXS0
>>410
なるほど。言われてみればそうですね。
ありがとうございます。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 13:14:25 ID:762adCw00
おまいら
ネタが暗すぎ


>>409
それなんてDOD?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 13:31:28 ID:8CbkPdZoO
>>407
お前人造人間って単語に反応しすぎだろ
漫画やゲームにゃいくらでもいんだろうがよ
ただの「何か普通じゃなくてすっごい奴」だ
それに人造人間って人間だぞ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 13:40:01 ID:lTgeoUEl0
ふむ・・・人造人間って、ただの人間か???
時代は変わったものだな。

隣の家のヤツが人造人間(しかも肉体を乗っ取るタイプ)だったら
俺は普通に接することなんかできないけどな。

漫画やゲームで主人公が
人造人間(最初から正体がわかっている)の作品ってなんだっけ?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 14:21:36 ID:qqjim7ir0
>>414
アトムとかキャシャーンとかサイボーグなんとかとか
どれもレトロなものばかりだ
ゲームだとロックマンだな

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 14:28:09 ID:DZ/rkxI90
銀河鉄道とか0091とか

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 14:40:47 ID:lTgeoUEl0
ふむ・・・
まあ過剰反応って言われりゃその通りだな・・・。

『人造人間』というシチュエーションは、
普通の人間であるプレイヤーが
共感しにくいんじゃない?って、
単純に思って、感想を書いただけなんだけどね。

「少数意見としてそんな考えを持つ人もいる」と参考にしたり、
スルーするのも製作者の自由だと思うよ。

しかし・・・感想すら否定されるのか・・・このスレは・・・。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 14:57:21 ID:qqjim7ir0
んなこたあない

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:02:32 ID:lTgeoUEl0
挙がった物の全てが
人造人間じゃないような気もするんだが・・・。
まあロボットもサイボーグも広義的には人造人間か・・・。

アトム・・・10万馬力のロボット。
キャシャーン・・・元人間。なんかと融合して伝説の救世主、新造人間キャシャーンとなる。
サイボーグなんとか・・・元人間。ようするに身体を機械化した改造人間。
ロックマン・・・家庭用ロボット。
銀河鉄道の夜・・・鉄郎は人間。
0091・・・しらん。

人造人間って、ゼロから作り上げた
フランケンシュタインみたいなホムンクルスを
イメージしちゃうんだよなぁ・・・。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:04:49 ID:lTgeoUEl0
うへ・・・
銀河鉄道の夜は宮沢賢治だわw

銀河鉄道999に脳内変換よろしく

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:06:49 ID:lazyMLXS0
もしかして俺のせいで荒れているのだろうか・・・

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:06:53 ID:DZ/rkxI90
ロボットは人造人間じゃないんじゃない?
俺の中ではサイボーグとかアンドロイド

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:11:14 ID:lTgeoUEl0
>>421
いや全然関係ないよ。
ネタ振りありがとう。
今後もモリモリ書きこんでくだされ。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:17:14 ID:lazyMLXS0
とりあえず人造人間ってのは人格だけ(しかもほとんど人間と同じ)
今の体はどっかから奪ってきた人間の体だからもう厳密には人造人間とはいえないかもしれないです。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:50:52 ID:lTgeoUEl0
>>424
ふむ・・・情報生命体というやつかね?

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:01:48 ID:lazyMLXS0
>>425
超精密なAIって感じですかね?
まぁでもほとんど人間と変わりないからそんな感じですね。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:23:12 ID:XRFcACJP0
RPGツクール3だととりあえず主人公に近寄ってくる井戸とか柱とか作ってみたくなるよな

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 17:14:22 ID:zyrxqUNS0
前にどこかのスレで挙げたネタ、武器を中心に主人公が次々に変わっていくRPG。

魔法が当たり前に使える世界で、
有名な魔術師の家系の男が魔法が使えないことへのコンプレックスから作った魔法を弾く剣と、
魔王の系譜に伝わる破壊神を封じた呪いの魔剣が何十年もかけて戦う話。
主人公達は正義のため、欲望のため、復讐のため、武器を手にして戦う。
主人公達は前の奴の子孫だったり、盗賊だったり、サブキャラの子孫だったり、
狂った奴だったり、まったく関係ない奴だったりする。

中盤から主人公たちの武器と同じく、持ち主を移り変えて行くアイテム(ラスボス)が登場する。
そのアイテムは人間に悪い力を与え、ひいては世界を破滅させかねないことが判明する。
魔剣側の主人公達はそのアイテムを破壊することが目的になるが、鍛冶師の剣の方の奴らは最終章まで知らない。
最終章では両方のパーティが手を組んでラスボスを倒す。
そして鍛冶師の剣と魔剣の最後の戦いが行われ終了。

鍛冶師の剣と魔剣の主人公を交互に操作していく。
操作する順や選択肢で歴史が変わる。
どんどん時代が経過していき、次の主人公へのステータス引継ぎは無いが、
武器が強くなることで次の世代・主人公の力になる。
ラスボス撃破までの行動によって、最後の戦いで操作する方(勝利する方)が変わる。


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 17:56:04 ID:8CbkPdZoO
ギュスターヴとウィルとエッグですか

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:00:51 ID:zyrxqUNS0
ん、サガフロ2が元ネタ。
でもサガフロ2みたいなRPG他に見ないんだよね。
そういうRPGが他に無いなら自分で作れという発想。
まぁネタだけど。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:11:09 ID:lTgeoUEl0
しかしよくわからないのが時系列だね。
最終章で、主人公サイドの魔剣Xと、ライバルの魔剣Zサイドの
キャラが一同に会するってことだけど、
タイムトラベルでもしてくるんかいな?

例えば、
第1章:主人公=村の少年
第2章:第1章主人公の子孫
第3章:第2章サブキャラの子孫
第4章:1〜3章までの系譜と関係ないヤツ。
だとしよう。
子孫というからには100年くらいは経過していると仮定する。
すると、第1章と第3章の主人公では時代的に200年以上もの差が生まれる。

もしかして第1章からのオールキャストじゃなくて、
中盤からは、同じ時代に生きる
魔剣Xサイドのパーティ4人と魔剣Zサイドのパーティ4人の総勢8人による物語で
ラストバトルはそいつらが入れ替わり魔剣Xを手にするってことかいな?

あと気になる点は、いきなり出てくる鍛冶師の剣。
まあ文脈からいって
鍛冶師の剣というのがライバルの魔剣Zだと思うけどね。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:15:05 ID:8CbkPdZoO
魔剣と弾く剣の両方が人の手を渡り歩いて時も渡るんだろ

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:22:48 ID:lTgeoUEl0
>>432
????????????

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:45:20 ID:QCn69E4n0
ゼルムの話はどこいったんだ

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 18:59:53 ID:8CbkPdZoO
時を渡るつってもタイムトラベルじゃねーぞ
決戦の時までこの世残り続けるってことだ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 19:03:03 ID:CwHAyjhE0
>>431
ごめんミスったw
鍛冶師の剣=魔法弾く剣
「武器を中心に主人公が次々に変わっていくRPG」とあるので。
同じ時代を生きるメンバーがパーティ。てか分かりにくいな。

要約すると「弾く剣VS魔剣」の話。弾く剣と魔剣のダブルヒーローというか。人じゃないけど。
弾く剣は盗賊に盗まれたり、最初の主人公の仲間が後に手に入れたりと、いろんな奴らの手を移っていく。
魔剣は呪われていて、魔王の系譜しか使えないため、子孫に直に受け継がれていく。

以下適当に妄想した。

1世代目
弾く剣と魔剣の長い戦いが始まる。
最終的に、この時代では弾く剣側の主人公が勝つ。

2世代目
弾く剣は魔王を討ったことから有名になり、最初の主人公からその息子に受け継がれたとき、盗賊に奪われる。
話の中で盗賊は死亡。最初の主人公の仲間が弾く剣を手に入れる。
魔剣側は魔王の娘が剣を受け継ぎ、弾く剣を持つ者を狙う。
ここでは、魔剣側が勝つ。

3世代目
弾く剣は勇者を目指す少年の元へと渡る。
成長し、戦いの虚しさを知った少年は剣を本来の持ち主に返す。弾く剣は最初の主人公の子孫の少女へ渡る。

同じく魔剣は魔王の子孫へと受け継がれる。が、それは双子であり、魔剣は双剣へと変貌した。
双子は戦ってどちらが後継者として相応しいか決めなければならなかったが、優しいが故にできなかった。
そんな中、弾く剣の少女が魔王の子孫と知らず双子Aと恋仲になる。
一方、双子Bは悪しきアイテム(ラスボス)によって邪悪化。
AがBを助けるが、逆にAは悪しきアイテムによって邪悪化されかけてしまい、それを止めるために自殺する。
しかし、悪しきアイテムは人を変えて存在していた。
残された少女は双子BがAを殺したのだと思い、魔王の系譜を恨む。
一方、双子Bは悪しきアイテムを破壊することを決意する。

とか、こんな感じ。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 19:31:04 ID:ZuhQGuu+O
>>434
>>398で打ち止めかな?

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 19:37:45 ID:iAP8diGK0
>>437
ラウンジ版になんか変なのできてたぞ

439 :400:2007/01/02(火) 20:33:24 ID:WnUN1zAqO
>>406
レスありがとうございます。同じ疑問は自分でも抱きました。
基本的に「悪魔に魂を売ってでも欲望を叶えたい人間」が相手であり
悪魔は力を得る為に力を貸し、人間は欲望の為に
悪魔の力を利用する、という類いの付き合いなので
「苦楽を共にする」というのとは違うと考えました。
後半部分に関しては、全てを失うリスクを犯してでも
欲望を満たしたい人間の葛藤のようなものを描きたくて
こういった設定にした次第です。
(実際には台詞回しやシナリオが難しく上手くいってませんが)
ですが、改めて指摘されてみると厳しい部分があったようです。
非常に参考になりました。


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 20:43:15 ID:+B+rGCJP0
ツクール3のシナリオデータってデータ間ではコピーできないの?
一つめのシナリオが出来て二つめのシナリオを作っているんだが
途中で最初のシナリオをあれこれといじったら
二つめでも必要な部分になってしまった。
かなり最初のシナリオをいじったし二つめのシナリオも結構作ってるので
今更二つめを消去して最初のシナリオをコピーというのもつらい。
ようするに最初のシナリオを部分的に次のシナリオにコピーしたいのだが・・・。だめ?

441 :400:2007/01/02(火) 20:45:36 ID:WnUN1zAqO
>>409
丁寧にありがとうございます。
ゲームの流れはVPに近いイメージで進行し
悪人登場→欲望を抱く→悪魔登場→契約
→ダンジョン突入→戦闘→魂を入手
といった感じです。
成長システムは戦闘による経験値と魂の入手による
魔法や武器の精製といったところです。
しかし実際に試行してみると、全く平凡で面白くないシステムでした。

契約で入手する対価を魂にはこだわらず、体の部位や記憶などにして
ステータスのボーナスや魔法入手という風にしてみるのは面白そうですね。
猶予期間というのもシナリオに組み込めば面白いかもしれません。
ちょっといろいろ試してみます。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 20:59:06 ID:lazyMLXS0
昨日のものです。前半がとりあえずまとまったので書いておきます。
サブキャラってどんな奴?とか主人公の性格は?とか質問はどんどんしてください。

主人公、ヒロインの名前はそれぞれザイン、セレーナ
物語は前後編に分かれてて前半は主人公達の因縁とかが重視。大ボスは後編から登場。
ザインは世界に現れてからしばらく小さな村で暮らしていた。
ある日いきなり謎の人物に
「自分はお前の記憶を知っている。自分のところにこれたら教えてやる。知りたいだろう?知りたいに決まってる。」
って感じで無理やり別の世界に召喚され(しかもこいつがいるところとはぜんぜん違うところ)こいつの所まで来させられる。
(この途中でセレーナ側のパーティと合流それまでの経緯は後で)
でやっと辿りついて自分の記憶を戻してもらう。
そしてこの謎の男はザインに選択させる
 「この旅の中でお前は今の世界をどう思った?乱れてると思った?それとも調和が取れてると思った?」
ザインの中で「今の世界はだめだ、誰かが変えなければならない。それが自分の使命だ」という使命感と
 「だが、調和が取れている世界なぞ異常だ。そんな世界はありえない。それに自分はこの世界が好きだ。」という思いがぶつかり暴走をする。
暴走しつつ様々な世界に攻撃を加えるザイン。
その攻撃で多数の死者が出、中には消滅してしまった世界もある(一定以上の損害が与えられると世界は滅びる)
だけど、これはザインの意思ではない。ザインの本当の意思はこんなことをしたがっている訳ではない。そう信じたセレーナは何度も彼を説得しようとする。
だが、彼の耳には届かずひたすらザインは破壊と殺戮を繰り返す。
ならばもう自分の「力」でとめるしかない、とセレーナは決意。セレーナも力を暴走させ、ザインと戦い、仲間たちの協力もあり、辛くも勝利する。
ザインは戦いの後、しばらく心神喪失状態であった。
長期に及ぶ看護の結果、ザインはついに再び眼を覚ますことになる。
だが、目覚めた人格は体の元の持ち主の人格、両親を失い、孤児院で育った気弱な少年エレンの人格であった。
とりあえず一行は彼がいた孤児院に彼を預け、ザインを暴走させた謎の人物を探すことにする。
しばらくたった後、孤児院を魔物の大群が襲う。
その戦いの中で傷を負ったエレンはザインに全てをたくし、自身の命と引き換えに傷を治し、ザインを目覚めさせた。
ザインは超絶的な力で魔物の大群を薙ぎ払い、セレーナたちが到着したころには魔物たちは全滅していた。
パーティに合流したザインは一緒に謎の人物を探すことを決意。

ここまでで前半終了
サブキャラのサイドストーリーとかはとりあえずはしょってます。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:20:50 ID:8CbkPdZoO
エレンは聖人ですか

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:24:49 ID:lazyMLXS0
>>443
まぁぶっちゃけご都合主義です。
なんか命賭けたらできたんです。
この世界はそういう世界です。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:39:56 ID:8CbkPdZoO
ちょwww
そういやお前さんのはそういう世界観だったな
とりあえず、心の強さとその多様性ってのについて、どういうのを考えてる?
気になるから聞かせて下さいな

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:49:29 ID:lTgeoUEl0
>>442
うーん?
ザインについてなんだが、暴走することにより
いくつもの世界を滅ぼしてしまう・・・。
まあここまではいいとして、

問題は次の部分。
エレンの命と引き換えに目覚めたザインが
超絶的な力で魔物を全滅させてしまう。

これはちとマズくないかね?
敵を倒しながら段々と強くなっていく手法のRPGなのに
暴走してない状態で超絶的な力を使えるなら
もうその力つかって全てなぎ払えよ・・・って思うんだがどうだろう?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:54:23 ID:FyISJvGX0
それなんてゼットマン?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:00:14 ID:lazyMLXS0
あんまりバリエーションは考えてないんですけど。
「心の強さ=業の高さ」というつながりがあるんで
何にも縛られない自由意志の高い奴とか
何も考えずに命を奪える奴も、ある意味心が強い
何かひとつのことに全てを賭けている人とか(これの派生が多い)
うーんぶっちゃけ三つ目のバリエーション以外はあんまり考えてないです。

>>446
さすがに暴走状態ほどは強くないです
自分の中にいたエレンの分の業力も扱えることになりますから飛躍的に強くなります。
パラメータもここで飛躍的に上昇させてザインTUEEEEEな状態になりますし。

後書いてませんが孤児院守ってるのはザインだけじゃなくて
他にも上に書いた「8074傭兵隊」の副隊長(ここに恩がある)とか雇われ用心棒とかもいて一人で壊滅させたわけじゃないので。
すいませんちょっと説明不足でした。

一応「8074」についても説明しておきます。
とにかく戦闘狂ばかりが集まった傭兵部隊です。
争いごとさえあればはした金で戦ってくれるので結構民衆には頼られてる部分もありますが
戦い方は残忍極まりないのでやはり少し敬遠されています。
戦闘能力は折り紙つきです。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:19:09 ID:iAP8diGK0
ゼルム百人隊とどっちが強いかねww

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:21:26 ID:8CbkPdZoO
業の高さってのがわかんねー

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:25:21 ID:lTgeoUEl0
>>450
もともと仏教用語だからな
簡単にはわかんねーだろうよ。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:25:57 ID:iAP8diGK0
>>438
本当だ!ゼルム百人隊のスレができてるよ!


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:29:09 ID:lazyMLXS0
>>449
こっちはせいぜい十数人ですからw
全員化け物じみてるけど

>>450
心の強さ、精神力の強さ、運命の強さです。
業でwikiってくれたらありがたいです。

ちなみに物語中の業理論は俺の個人的解釈なんで本当の仏教としての業とは違うかもしれません。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:42:11 ID:8CbkPdZoO
背負ってるしがらみの数
ツケにしてる運命の量
人生の選択とそれに対する報い

こんなところか?
とりあえず多くの人に感謝されてる奴と多くの人に恨まれてる奴は強くなるな

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 00:00:59 ID:lazyMLXS0
>>454
簡潔にわかりやすく答えてくれてありがとうございます。
自分は国語能力が低くて文で伝えるのは苦手なんです。
感情とか台詞で伝えるのは得意なんですけどねえ・・・

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 00:36:31 ID:fcOCxFjz0
>>455
台詞で伝えるにも国語能力は必要だが…。
そこんとこ感情のこもった台詞で解説してくれ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 00:46:11 ID:0HmuQAmX0
そこんとこってどこ・・・?

こんな感じですか?
「ク・・クソッ・・・いつもだ・・・いつもなんだよ・・・!
 文だけじゃダメなんだよ・・・台詞じゃなきゃ・・・!
 感情じゃなきゃダメなんだよおお!!

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 00:48:50 ID:mdiJO2Oz0
>>457
ノリがいいなキミw

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 01:14:40 ID:6o4Z1bjU0
307の「リプレイ」のようなネタだが。現在構想中のADV。

主人公は「時」の魔術を研究し、自身も少なからずそれを使うことのできる魔術師。
ある地に時魔術に関する手がかりがあると聞いてやってくる。
そこで起こる問題などを解決し、出会う人々やヒロイン達と仲良くなっていく主人公。
そんな時、現れた記憶喪失の少女。
少女は主人公と同じく、「時」の魔術を使える魔術師だった。
そしてなぜかこれから起こることを知っていて、
突然、姿・性格・能力が全く違う同一人物に変身してしまうことがあった。
少女を追って現れる、時の魔術を狙う者達。時の魔術を消そうとする高度な知性を持った魔物。
やがて戦いの中でヒロインと恋仲になる主人公だが、事件の解決と引き換えに命を落としてしまう。
そして数年後、主人公とヒロインの娘は、主人公が研究していた時魔術を完成させ、
父である主人公を救うため時間を遡る。

ファーストプレイではバッドエンドを迎えるが、
ED、または2週目プロローグでヒロインとの間にできた子供が過去に跳んだ事が示される。
子供はヒロインから、いつ何が起こるかを聞いているが、ところどころ記憶を失っている。
さらに、主人公が1周目と違うヒロインとの関係が強くなったとき、未来に影響が出て、姿・性格・能力が変わってしまう。記憶と名前は同一。
子供は前回のプレイでの主人公たちの能力が反映される。
主人公は少女のことから彼女が未来から来た存在だと気づき、良い未来へと変えるために行動する。


307のと違うのは、好きな時間に戻れないということと、
物語の核心に至るまではキャラクター自身は未来の出来事を知らないということ。
周回プレイ前提だから、1周目は軽く作らないといけないな。もしくは2周目以降は簡略してできるように。
リプレイ系というかループ系というか。RPGじゃなく戦闘ありのADVのだけどね。
エロゲの「マブラブオルタネイティブ」のストーリーとか、「月陽炎」のシステムとかがリプレイ・ループ系だけど。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 02:00:21 ID:/WBXd2c+O
初めから二周分で一周のストーリーにすればいいんじゃない?
最初は主人公視点で、後半は娘視点で。

たとえば、一周目で運良く主人公が命を拾うようなことがあるんだけど、それが実は娘の裏工作のおかげだったことが二周目でわかる、とか。
主人公の目的は事件を解決すること、娘(後半は主人公)の目的は事件解決を手伝いつつ、自分がちゃんと生まれてくるようにおおまかな歴史
は変えず(一発で犯人をバラしたり、事件を解決したりはしない)、なおかつ父親が死なないように裏工作するって感じで。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 13:12:29 ID:vUR9qfVW0
>>440
でけん

462 :333:2007/01/03(水) 13:48:28 ID:5O8w/8Rv0
あのぉ〜、ちょっといいですかね
さっきゼルム百人隊で検索したらなんか
ゼルム百人隊ってスレができてたんですけど
誰か詳しいこと知りませんかね?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 14:03:33 ID:d0EHM3ob0
たしかラウンジ版にできたとか言ってなかったかな

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 14:04:09 ID:f3lqH/bN0
もう落ちてるけどな


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 14:20:44 ID:w1jI5IgvO
>>460
親父が死ななかったら娘が過去に行く理由が無くなってタイムパラドクスじゃね?

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:09:26 ID:WfStayW40
>>465
タイムパラドクスは
パラレルワールドで回避できるとかいう作品があったような?

例えば主人公がタイムマシンで過去に行き、
若い頃の父親を殺すと、主人公が生まれず、
主人公が生まれないなら、
主人公が過去へ行って、父親を殺すこともない。
これが有名な「父殺しのパラドクス」。

パラレルワールドの存在を否定するならば、
時間軸は過去から未来への1本道しかなく、
過去が書き変えられれば、それに続くはずだった未来は消滅する。

しかしパラレルワールドの存在を肯定するなら、
主人公が過去に行った時点で、パラレルワールドが生み出され、
@主人公が過去に行かなかった世界(元いた世界)
A主人公が過去へ行き、父親を殺した世界(新たに生み出された世界)
は別々の世界であり、@からAの世界へシフトした主人公には
影響がないことになる。

ただし、パラレルワールドが
可能性の数だけ無限に増殖するというのは
質量保存の法則にそぐわないため(そもそも適用されるのかは知らんが)
新しいパラレルワールドが生み出された際、
最も「生み出される可能性の少ない世界」が消滅する。
とかなんとか・・・。

でも、主人公が過去に戻った時点で、
別のパラレルワールドへシフトしてしまった場合、
主人公がいくら望んでも、元の世界には戻れそうもないよなぁ・・・。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:16:43 ID:WfStayW40
いやまてよ・・・
>>459のアイデアだと、娘の容姿や性格にモロ影響があるから、
主人公のいる世界と、娘のいた未来は直結しとるな・・・。
だめだタイムパラドクスを回避できん。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:24:08 ID:+UQkxc6x0
>>462
このスレだ
http://etc5.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1167734130/1-100

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:26:44 ID:w1jI5IgvO
最終的に少女が自分の娘で、自分を助けるために来たんだってことを
親父が知ってしまえば、生きてても娘を過去に送るんじゃないか?

470 :459:2007/01/03(水) 15:52:39 ID:VwQ7jGBK0
パラレル設定にしないとパラドクスを回避するのは無理なんなんで、
一本道設定の場合、「過去に存在する未来」が破綻することは無いように世界が修正を加えているというようにしてる。

「父殺しのパラドクス」の場合、子供が親を殺した時点で修正が入り、
別人がその子供を生んだことになる。同時に記憶も修正。
「父親を殺したはずだが、別の人間を殺してしまった」という結果になる。

よって、過去に行った娘の存在が消滅することは無い。
これでも十分矛盾はあるけどさ。
ぶっちゃけ時間移動は物理的に無理なんで、ツッコミいれられるとどうしようもないんだよなぁ。
プロット見直すか。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 17:32:36 ID:w1jI5IgvO
まあタイムパラドクスなんて「何がどうなるのかわからん」ってだけの話だし、てきとーでいいんじゃね

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 19:29:35 ID:eXFk9dx90
時間なんて妹に嫌われたから「少し修正が必要になった」とか言って戻しちまうくらいが丁度いいんだよ

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 19:54:56 ID:WfStayW40
>>470
うーん・・・それだとタイムトラベラー(この場合、娘)中心に
世界が回りすぎてる感じがするんだよね。

世界に「矛盾を解消する修正機能」があるならば、
時を越えてきた時点で、娘の存在が不確定要素となり、
(もしかしたら生まれないかもしれないという存在になってしまう)
「本来いないはずの娘」は、その場で消滅しそう。

物語が主人公中心に進み、娘の視点で語られないならば、
パラレルワールドの概念で矛盾は解消できると思う。
つまり1周目と2周目、3周目・・・と未来からやってくる娘は、
それぞれパラレルワールドA・B・C・・・と
別の世界からやってきた事にすればいい。

しかし、その場合、妥協しなければならない点は、
「主人公の行動で、目の前にいる娘が変化する事はない」ということ。
つまり、娘が現れて、1周分のストーリーが終わるまで変化があると、
現在の時間軸と、未来から来た娘の時間軸が同一の物となってしまい、
これまたタイムパラドクスが発生してしまうから。

まあ「選択肢により、少女の姿や性格がその場で変化する」
という事が最もやりたい事だった場合、
どうしようもないけどね・・・。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 20:27:59 ID:LColFvHB0
シナリオって作るのにプロでもふつう100日くらいかかるから
うまく煮詰めていけばいいんじゃないかな

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 21:55:22 ID:ygbr1xsIO
某所の書き込みで面白そうだったアイデア
主人公は魔王と戦って世界を救う勇者のサポート役。具体的には

@王道ストーリーの中で戦士や魔法使いとなってパーティーの一員に
A魔王に負ける運命の勇者を助ける助言者。電車男ならぬ勇者男?
B勇者とは独立で魔王と戦う存在。歴史の影。
C最初はライバル役だが途中から勇者の味方に

などなど。上の意見は複合させてもいいし一つだけ採用してもいい。
他のアイデアを盛り入れてもいい。
面白そうな設定やストーリー無いかな?

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 21:57:36 ID:h1CZPhji0
勇者が負けた後、魔王の手下になって世界を統一するとか

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 22:08:22 ID:ygbr1xsIO
>>476
じゃあそれDで。Cと複合させるとハチャメチャだなw

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:48:49 ID:l44hcIxm0
>>174>>217
このすごいストーリーをGBのツクールでツクったMr・Gってスゴイ

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:24:03 ID:TnTj6+5a0
しがない青年に憑依して勇者にしてやる謎の意識体が主人公

普段は弱くて使えたモンじゃない勇者も、戦闘中に力を与えてやると一気にパーティ最強キャラに
ただし、一定回数以上使うと、勇者が力におぼれて主人公と暴走勇者のタイマンバトル→BADエンド
最大使用回数はボスの数-1で、どっかでがんばらないとラスボス戦で全力が出せなくなる。

首尾良くラスボスを倒せたら、主人公がラスボスを道連れに自爆して、勇者を戦いから解放するエンド

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:26:08 ID:60YmIoHv0
あんまり宗教色強いと敬遠されるよな?

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:32:50 ID:OkAeFGXV0
>>478
確実に違うと思うが
それにたぶんまだ完成して無いだろうし

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:38:31 ID:ZttPf4lPO
>>480
やり方によるんじゃない?
ものによっては宗教関係なくてもキモいし

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 03:01:03 ID:60YmIoHv0
難しいな。海外のドラマって考えられてるよなぁ。
プリズンブレイクおもしろいストーリーだ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:14:21 ID:TnTj6+5a0
宗教色って言うとあれだ
神様が、教えを拡大解釈してなんでも自分のせいにする信者達にお仕置きするゲームとかどうよ

狂信者を間引くために、異教徒に喧嘩吹っかけて戦争起こしたり
悪徳僧侶を粛清すると庶民からの信仰が上がってレベルうpしたり

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:33:58 ID:kZEZQyMiO
>>479
具体的な戦闘が微妙になりそうだな。
結局、勇者にドーピング魔法かける役か。


486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 08:11:21 ID:c1m7WNzp0
山の頂上で邪悪な気配がする
王さまに命じられて、頂上へ探索に行くことになった勇者(主人公)
城門に行くと、王さまが呼び寄せた6人のお供
戦士、僧侶、魔法使い、盗賊、狩人・・・一人足りない
次の町の宿で待っているとの事
勇者はこの中から3人選び次の町に進むことにした(あとの2人は別行動)

ここで組んだパーティによって、この後のシナリオが変わったり、
次の町で待っているもうひとりのキャラが変わる。

流れとしては
スタート→ダンジョン→町(休憩所)→ダンジョン→休憩所→ダンジョン・・・休憩所→山の頂上
休憩所でシナリオに沿ったイベントが起きたり、パーティの入れ替えができる


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 08:17:09 ID:4WiO+s150
このコピペ見飽きた。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 09:45:52 ID:XbK29/gG0
>>475
よーしストーリーを考えてみよう。

主人公は、勇者の弟。
美しく勇者としてふさわしい風貌を持つ兄。
しかしこの兄貴、実は自称勇者で、
「化け物を退治してくるぜ!」と街を出発するものの、
どこかで時間をつぶしているだけで、
実際に行動しているのは、弟である主人公。

弟は兄貴と違い、醜い容姿と2mを超える身長を持つ大男で
「苦しむ人々を助けたい」というやさしい心を持つが、
その悪鬼を思わせる風貌のため、人々からは恐れられていた。
主人公は人々から疎まれながらも
人々の笑顔のため、命を危険に晒されても戦いをやめなかった。

主人公のパーティは
醜い大男の勇者(主人公)
幼い時に母親の虐待により、顔の半分に火傷がある神官(ヒロイン)
盲目の魔導師
両腕を失った戦士
といずれも世の中で迫害され続けた者ばかり。

主人公たち一行は数々の苦難を乗り越え、
魔王を倒すことに成功すると
人々は自称勇者である兄を褒め称えた。

世の中に平和が戻ったある日、兄が主人公に語る。
「貴様みたいな化け物が、俺の弟のわけねーだろうが」
「明日、貴族の晩餐会に招待されているが、
 その席で、王女を落とし、この国の頂点に立ってやる」
「貴様みたいな化け物にうろつかれると迷惑なんだよ!」

「おで(俺)・・・おで・・・これからどうしたら?」
あまりの仕打ちに、呆然としつつも、
主人公たちは悲しげな背中を見せながら、街を後にする・・・。

しかしその平和はつかの間のことだった。
魔王はかろうじて生き延びていて、
再び人間たちに襲い掛かる。
もちろん自称勇者に魔王と立ち向かう力もなければ
使命感も持ち合わせていなかった。
雲隠れした勇者に助けを求めながら、人々は無残に殺されていった。
その時、主人公たちが現れ、果敢にも魔王軍に立ち向かう。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 12:42:01 ID:OkAeFGXV0
>>488
TSやBSみたいに最後にどんでん返しが来るのっていいよね
今まで迫害されてきた主人公が、最後に英雄になるの

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:19:34 ID:6tZLhqgD0
>>488
もう少し主人公をいじめたいなw

本当は弟のほうが賢くて強いのに、
貴族の晩餐会で兄貴と戦うことになって
兄貴を立てるためにわざと負けるようにするとか。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 15:23:20 ID:+EZA+BCN0
腕なし戦士の攻撃手段は蹴りなのか?
それとも、兜を武器に見立てた頭突き?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 15:43:12 ID:kZEZQyMiO
>>488
おとぎ話みたいでちょっと素敵かも

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 15:46:00 ID:HZUEWpth0
>>479
それなんてどこそかのレゲー?

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 16:48:45 ID:TnTj6+5a0
>>491
武器はどたまカナヅチだな

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 18:37:22 ID:IT69HDZD0
>>491
踵で地面を強く蹴ると、脚甲のつま先に刃が出る。
それを使い、多彩な蹴り技で敵を切り裂く。
とかでいいんじゃないかな?

496 :ねりごむたくみ:2007/01/04(木) 23:21:35 ID:/rPShxzkO
友達をクリエイトするRPG

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 00:53:37 ID:y+ZiZHDt0
(゚Д゚)ウボァー

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:01:38 ID:y+ZiZHDt0
(゚Д゚)ウボァー

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:02:12 ID:y+ZiZHDt0
(゚Д゚)ウボァー

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:02:46 ID:y+ZiZHDt0
(゚Д゚)ウボァー

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:31:05 ID:AolCLwpw0
暗い設定が多いな

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 03:23:06 ID:mJxz1xZyO
たしかに暗い話ばっかだな。
>>488は馬鹿でアンポンタンな勇者を弟である主人公が支えるって設定なら
一気に明るくなるような気がする。ちょっとありがちだけどさ。
ドラえもん役みたいなもんで
まあ>>488のテーマみたいなものは変わるけれど。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 09:18:15 ID:0KpyNaT50
ポケモンの人間版
金持ちが町にいる若者はもちろん
女や子ども、ボケ老人までをも捕獲して
別の金持ちが捕獲している人間と戦わせる
オスとメスで配合も可
人権の有り方そのものを無視した娯楽ゲーム

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 12:12:23 ID:gxf5InHN0
>>503
暗い!!
俺が見てきたネタの中でも最も暗い
Darkest!!

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 12:27:41 ID:kHTecy/zO
DARKESTってなんじゃい?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:18:38 ID:0+6RinvxO
暗いの最上級じゃね。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:45:36 ID:5OAOIUZb0
http://www.enterbrain.co.jp/techwin/data/contents/cpd/spy.html
唯一のプラチナ

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 16:35:25 ID:OJjLJGvs0
自称作家降臨しないかな

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:06:29 ID:5OHW5tTa0
俺、作家。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:48:18 ID:RQ1lXNv40
俺、ブラッドサッカー

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 22:03:00 ID:t78guDxd0
少し前にでてたがパラレルワールドが無数にできても
質量保存の法則にもエネルギー恒存の法則にもさからわずにできるぞ。
ただしパラレルワールドは互いに関わらないのと主人公が行った世界は
主人公分のエネルギーを主人公がいた世界に渡せばの話だが。
どちらもSF的には無理なく設定できるものと思う。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:09:09 ID:CDAG/YI50
ところで思ったけどさ
このスレのネタってじっさい完成したことあるの?

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:34:49 ID:+SMfwhpD0
>>512
完成させた人いますよ
>>187-190>>202>>232>>273>>313
とか

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:28:24 ID:3Fk8/epY0
こうみると宗教臭強いものが多いな

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:19:27 ID:gLJmSqf2O
よし。ライターの俺様がストーリーを書いてやる。
主人公は腐った死体で。名前は…そうだな「スミス」でいいな。
で、このスミスなんだが、腐ってもゾンビ。大して強くもない。
レベルMAXにしてもあんまり強くならない。魅力も無いから仲間もいない。
そんなスミスが例によって魔王に勇者討伐を命じられるわけだ。
当然、スミスには実行不可能な命令。
しかし断れば魔王に殺される。
とはいえ魔王以上のワルと噂の勇者に勝てるわけもない。
さあどうする?
こうしてスミスの大冒険が始まったのでした!
おしまい

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:34:22 ID:36PTzRWNO
>>512
定期的にこういう書き込みする奴でるのは
なぜだろう?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:42:07 ID:tjoiWXgQ0
>>515
「さあどうする?」じゃないよw
その「どうするのか?」を書いてこそ
ストーリーでしょうが。

5点/100点

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:51:10 ID:Br0frvjQ0
マフィアみたいな組織が前面に絡んでくるストーリーってどうでしょ。
現代劇ではなくてあくまで中世風の世界観で。

舞台は中世風の国家。いわゆる帝国風の巨大中央集権国家。
モンスターや魔法みたいなファンタジー要素は一応ありで。
比較的安定した政治が敷かれてはいるが、地方やアングラでは幾つもの非合法組織が蠢動している。
国家転覆を狙うような過激派や、官と癒着して武器や人身売買で利ざやを稼ぐ組織、
腑抜けな地方役人に代わって魔物から市民を守る人望の有る組織、などなど。

一つの組織に忠義を尽くして成り上がっていくもよし
裏切りを重ねて複数の組織の間を暗躍してのし上がるのもよし
はたまた国家の手先として組織壊滅を狙うもよし、みたいな。

ただRPGにするには最終目的をどうするかってのを決めなきゃならないんだけど。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 03:08:33 ID:gLJmSqf2O
>>517
いや〜考えてみたけどさ、スミスには無理っぽくね?
それに続き書くのも何だか恥ずかしかったのさ。

520 :ツク。:2007/01/06(土) 04:16:26 ID:vTL/qgwFO
ひとつ紹介します。ツクール4で
レースが出来るのですが。


移動させたいイベント(仮にA)のコース移動を決めて、指定通りに移動させて
そのコース中に
「何番のイベントと触れる」が開始条件のイベントを用意して
イベントA番に触れることを開始条件にする。

内容はスイッチオン。そのスイッチを使ってイベントAのコース移動の仕方を切り替える方法です。


イベントAの別ページに異なるコース移動の仕方を設定していき、例えば途中で曲がったり速さを変更すれば
更にリアルなレースになるかなあと。



注意すべきは
その移動するコース上を主人公が遮ると
進まなくなるのですがこれを改善するためにイベントA自身に
開始条件「主人公に触れる」で
内容をパーティを移動にして下さい。

ぶつかるとパーティが移動し、
イベントAは難なく
移動を続けられます。


単純なレースのシステムですが
ミニゲームとして
時間内にゴールまで
競争するとか
賭けをするなど
利用出来るかなと。

バグと容量には
注意して下さい。

521 :ツク。:2007/01/06(土) 04:46:41 ID:vTL/qgwFO
ツクール素材。

アイテム名
・プレミアムダーツ
・ラグライツ
・カーサルソード
・イレブンシャイン
・ライトアタッカー
・ベルディウス


マヂイミフ名
・びっくり箱
(一瞬のマヒ効果…)

・ゼンマイ式ネズミ
(かなり無意味)

・りもこん
(イベント《テレビ》に必要)

・お経
(アンデッド系には最適でしょう)

・赤い口紅
(浮気の証拠品)


かなーり思い付きです。センスありません。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 05:21:50 ID:WrCK3ILIO
特殊アイテム
・ことこのポスター
使用するとキモオタの体力全回復

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 05:43:37 ID:FdC8cFtf0
なんかこのスレ
ツクールスレのわりににぎわってんだなw

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 07:06:12 ID:GI8TWIhc0
まぁ、ツクール以外も可だし。
事実上プロット相談スレに近いし。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 09:47:42 ID:gLJmSqf2O
>>522
一定時間経過後、キモオタの気力0に

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 10:52:00 ID:RzK7kOqdO
序盤はすっごい普通の中世RPG。喋る剣、主人公の血統は鬼と人のハーフ(抑制するペンダントが破壊されると鬼人化してしまう)、などベタながらもキチンとした作り。
パーティーは主人公、盗賊、魔法使いの三人。
第二部が存在する。第一部のラストで主人公は魔王と差し違える。お互いの力が暴走して世界が消滅しそうになるのを魔法使いが命を賭して押さえ込む。結果魔法使い消滅、主人公と魔王は封印。盗賊は封印の効果を中途に受けて白髪化、死ねなくなる。

死ねなくなった盗賊が第二部の主人公。暴走の余波で荒廃しきった世界を一人で旅する。第一部では表面的にしか描かなかった人々の内面を描く。(魔物から救った村を訪れると、結局村長がその村に圧制をしいていた等)

テーマとしては第一部が勧善懲悪、第二部がカオスの傍観。

穴だらけだなあ。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 11:16:20 ID:e+NmDUCuO
なあなあ、RPGつくって楽しいのか?コンクール的なものでもあるのか?なけりゃただの自己満じゃん…

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 11:24:39 ID:9vUMUgzoO
友達にやってもらうんじゃない?ゲームの中でクラスのヤツが出てきたら結構盛り上がるよ

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 11:26:31 ID:2ROgGvQyO
楽しいこともあれば辛いこともあるだろ。
コンテストはあるけどコンテストのためにゲーム作るやつは少ないんじゃないか?
まあ、自己満足だよ。
世には「そんなことしてたのしいか?」と思う役に立たない趣味持つ人だっているのさ。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 11:54:36 ID:tjoiWXgQ0
>>527
大きなお世話だ。
もうお前はゲーム・漫画・テレビ・映画・ネットなど
趣味全般を一生やるな。
実益のあることだけやって天寿をまっとうしろ。


531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 12:18:49 ID:DGa1mG1s0 ?2BP(350)
主人公が魔王で、回覧板を勇者に届ける。
勇者がそれを開けると爆発を起こし、ゲームオーバー。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:15:31 ID:v035bdnNO
舞台は世界でも最大規模の魔法都市
そんなところだから色々と凄いアイテムとか魔法もある訳で
これはその中でも最大級の秘術『時逆の法』が記された魔術書を巡る物語


時逆の法…物体の時間を巻き戻す魔術。
通常死んだ人間の蘇生や高い魔力を持つ物品の修復は不可能だがこの魔術はそれらの奇跡さえも起こすことが可能。
ただし扱いが非常に難しいうえ代償として使用者は自身の大切なものを失うため、現在では失われた魔術。

魔法都市オクトベル…世界最大規模の魔法都市。黄昏都市。旧き魔法使い達の街。
魔法使いギルドの総本山。それなりに開放的、ただし深いところでは閉鎖的。
あらゆる魔法の研究が行われている。白いのも、黒いのも。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:44:57 ID:v035bdnNO
登場人物

・灰色…主人公、灰色の冒険者。柩を担いだ青年。
駆け出しの頃、魔物に襲われ死にかけるも通りがかった『彼女』に助けられる。その際に『彼女』は死亡。
助けられた借りをさっさと返すために『時逆の法』を求める。
どのようにも染まる『無色の才』を持つ。中途半端にしなければなんでも極められる。

・『彼女』…灰色を助けた女性。本名不明。防腐処理を施され棺桶に入れられて運ばれる。
灰色と出会う数週間前に恋人を亡くしており、
その後を追って自殺しようとしたところに魔物に襲われている灰色と遭遇。
どうせなら、と灰色を助けて死亡する。
蘇生された後、また自殺しようとするも灰色からラブコールっぽいものを受け、
その後も色々あるも、結局二人で旅することに。でも結局本名は不明。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:21:32 ID:oZ995gqb0
>>532-533
オチがワンダっぽくなりそス

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:25:19 ID:damGthM40
>>533
むう・・・主人公の名前が「灰色」ねぇ・・・
俺には真似出来ない、すごいネーミングセンスだ(皮肉じゃない)。

だけど「灰色」と「無色の才」って所だけ、ちとちぐはぐな感じがする。
灰色は色があり、無色というと、白か黒って感じなんだよね。

ときに「時逆の法」ってもちろん造語だが、なんて読むんじゃい?
「ときさかのほう」かね?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:28:50 ID:damGthM40
でも、まあモノクロテレビは
「色のない映像」だし、
灰色=色がない、で間違いないか・・・。
ふむ・・・

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:29:46 ID:v035bdnNO
・双子…魔法使いの姉妹。鏡写しの道化姉妹。
家宝である『太陽と月の瞳』を壊してしまったため家を飛び出して修復方法を探している。
悪戯好きで他者への悪戯のためならどこまでも目的から脱線する。
というか最近は目的を忘れている。


・少年…半人半獣の少年。魔術実験の失敗作。施設から逃亡後盗賊になる。
たまに来る激痛以外は割と便利な体なのであまり治したいとは思っていない。
金になりそうなので魔術書を狙う。世の中銭ですよ。

・邪教神官…黒いローブの男。死体繰りの魔法使い。
邪神復活のため西へ東へ奔走する男。邪神様人形と死体だけが友達。
本人も死人。自分で自分を操っている。
細かい策より物量に物を言わせた力押しを好む性格。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:36:33 ID:damGthM40
>>537
んー?
邪神神官の「本人も死人。自分で自分を操っている」って事なんだけど、
確かに変わった設定で面白いと思うが、実際、どんな状況なんだ?

本人の魂は邪神様人形に封じられていて、
そこから自分の死体を死霊魔術(ネクロマンシー)で操っているため、
半不死とかいう設定なのかいな?

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:44:56 ID:Eg6mME8k0
ツクール2000買っただけでどうにも行き詰まり
ゲームとか小説になりそうな設定はあるのだが・・・・・・
スレ参加しながら煮詰めよう

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:38:22 ID:v035bdnNO
・本名はありますが誰にも教えないので『灰色』です。プレイヤーにも教えないので『灰色』です。
双子や少年にも名前はちゃんとあってちゃんと本編で名乗りますが灰色は覚える気がないので表記はいつまでも双子とかです。
軽く失礼な主人公ですね。

・個人的なイメージだと灰色が一番無色っぽいからです。
というか『無色の才』はただの主人公特権です。

・「ときさかのほう」です。

・老体で無理してた邪教神官ですが数獣年前に肉体に寿命が来てしまいました。
だがこの邪教神官には夢がある!
元々死体繰りは生者を操る操りの魔術を簡略化して死体限定で操れるようにしたものです。
なので一応普通の操りも使えます。という訳で操りで自分の体を無理矢理動かしてます。ガッツです。肉体は既に死んでるので肉体的には死人です。
あと魂が滅びなければ魔術の行使は可能なのですが、魂は肉体から離れているとそのうち消滅します。
他者の肉体に取り憑くことも出来なくはないですが自分の肉体の方が魂との相性がいいので自分の肉体で頑張ってます。


というか十分くらいで考えた設定なのでツッコミどころ満載です。
気にしたら敗けです

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:52:55 ID:Eg6mME8k0
時逆の法についての発祥とかエピソードがあったら教えてくだしい

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:54:16 ID:UX4XcD/50
前スレ57です。
シェアード用の設定に手を加えてツクっている所ですが
考え付いた主人公キャラの設定についてスレ住人の意見を聞いてみたい。

面白そうなのが来てるから後回しにした方がタイミング的によいのかな。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:01:30 ID:v035bdnNO
>>541
割とよくあるネタだと思います。
名前だけなら「うしおととら」に時順・時逆ってのがいたね、じゃあそれでいいやなノリです。

>>542
ネタも書くほどないのでどうぞ

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:30:16 ID:Eg6mME8k0
>>542
そもそもどんなものかわかりませぬ

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:15:18 ID:fRDro/uI0
山の頂上で邪悪な気配がする
王さまに命じられて、頂上へ探索に行くことになった勇者(主人公)
城門に行くと、王さまが呼び寄せた6人のお供
戦士、僧侶、魔法使い、盗賊、狩人・・・一人足りない
次の町の宿で待っているとの事
勇者はこの中から3人選び次の町に進むことにした(あとの2人は別行動)

ここで組んだパーティによって、この後のシナリオが変わったり、
次の町で待っているもうひとりのキャラが変わる。

流れとしては
スタート→ダンジョン→町(休憩所)→ダンジョン→休憩所→ダンジョン・・・休憩所→山の頂上
休憩所でシナリオに沿ったイベントが起きたり、パーティの入れ替えができる


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 19:01:38 ID:damGthM40
前スレ57氏の元ネタ。

巨大な浮遊大陸や浮島が無数に点在する空の世界で、
それらは上古に「神」と「魔族」(※1)の 戦いによって砕かれた
世界の断片とされている。
一つ一つの大陸にはまったく違った 国家、文化が根ざしている。

各大陸は最近になって飛空挺技術の発展により
交流が持たれるようになったが
異文化との交流は戸惑いが多く
まだまだ国際社会とはいえない状況。

大陸の淵から下を見下ろすと、遥か下方には雲の世界が広がる。
「叢雲海」と呼ばれる その領域では、
どんなに強靭な飛空挺でも、
乱気流や、数千メートルを超す体長を持つ謎の生物
“叢雲海の住人”(※2)に襲われ、雲の下へと墜落していく。
そのため雲の下がどうなっているのか
見て生きて帰った者は居ない。

また、航空網はまだまだ発展途上であり
未開の大陸が数多く残っている状況。
叢雲海とその上空に浮かぶ陸地で構成された世界が
どこまで続いているのかは 誰も知らない。

世界の果てを見ようと旅立った飛空挺乗りたちもまた
誰一人として 帰ってこなかった。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 19:02:41 ID:damGthM40
現在、航空ネットワークの主要加盟国は

・A国:
古代文明の遺跡が眠る痩せた国土を有し、主に飛空挺の生産・輸出国。
桁外れの科学力により強大な軍を持つが、
消費の増大により国外からの輸入なくしては 立ち行かない国となっている。
無宗教だが「神と魔族の戦い」は言い伝えとして残っている。

・B国:
『魔法』と呼ばれる、自然エネルギーを操る術が発達した学問の国。
国民性からして温厚だが軍隊は強力。
魔法力学などによる独特の建築様式が見受けられる。
魔法は精霊の力を借りるものと考えられているため
精霊信仰、アニミズムが形式的な国教にあたる。
ここでもやはり「神と魔族の戦い」は
神話以前の旧世界の話として知られる。

・C国:
ネットワーク内で最も歴史の深い国。
B国との親交が深い。王を君主とする
封建的な政治体制で、秩序の守護者として騎士団が大きな権力を持つ。
また、コロッセオでの闘技がそのまま国技となっており
国の経済に多大な影響を与えている。
ドラゴンなどこの国にしか生息しない生物も多い。(※3)
過去の歴史上に名を残した偉大な騎士は
そのまま神になると考えられており
先祖に祈ったり、決闘に際し
「○○の血を受け継ぎし、××が息子!」と名乗りを上げるなどの風習あり。

・D国:
大陸クラスではない浮島の群島からなる連合国。
技術や軍事力はそれほどでもないが
鉱物、空産物(「海産物」にあたる、空に住む生き物)、
エネルギー原料など とにかく資源に恵まれた地域なので
ネットワーク内でも重要視されている。
当然大国に狙われているのだが、
皮肉なことにこの国を狙ういくつもの国が牽制しあっている
という状況そのものが平和を守っている。
民族も多種多様なので宗教は統一されていない。

・E国:
国家の成り立ちから一神教の宗教が深い関わりを持つ教主国。
首都は 『聖地』とされ、
法王庁の最深部には旧世界の「神」(※4)の遺体の一部が眠っているという。
国家を挙げて「神」のパーツを集める事業が進められており
小国を次々と侵略している。
が、本土は常に巨大な球状雲に包まれていて
侵攻不可能な上にこの国でしか生産できない
希少金属、魔導具などがネットワークに
少なからぬ経済的影響を与えており、
国教は信者たちの巧妙な布教活動によって全大陸に拡散しつつある。
そのため大国もうかつに報復、攻撃が出来ないというのが
現状の謎多き国。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 19:03:14 ID:damGthM40
この果てしなく広大な雲の世界の正体は、
恒星に匹敵する直径を持つ巨大な円盤状構造体。

その内部、縮退物質による人工重力で1Gが作用していた
三層構造の「大地」の二層目が、
第一層(神界。遺伝子操作により永遠の命と美しさを得た人々の世界)と
第三層(魔界。ナノテクノロジーにより自己の肉体に改造を繰り返した
異形の人々の世界)の 戦争によって崩壊し、
二層目を支えていた浮揚システムの周辺だけが
浮遊大陸となって巨大な雲海(本来は第三層の高層雲)の上空に残る
奇妙な世界が出来上がった。

第二層の住人は本来、遺伝子操作や肉体改造を避けて暮らしていた
自然のままの人類だったが、崩壊の影響で文明はリセットされ、
数千年の時を経て現在に至っている。

※1 ここでの「神」は第一層『神界』の住人、「魔族」は第三層『魔界』の住人を指す
※2 巨大な生物と思われていたのは、深海魚のような形状をした魔族の飛行船
※3 大戦にて放たれた遺伝子操作生物の末裔、異形の生き物たち
※4 こちらの国での「神」はかつての戦争で第二層の大地を崩壊させた直接の原因である生体戦略兵器

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 19:49:36 ID:Eg6mME8k0
非常に良いと思うので質問よろしいでしょうか

>恒星に匹敵する直径を持つ巨大な円盤状構造体
その世界は、宇宙があってそこに存在するものですか?
そうなら、宇宙空間での存在はどんなイメージなんでしょう
果てがある塔のような巨大なコロニー?それとも一周できる球形の惑星?
円盤状だと果てに壁があると思うのですが・・・・・・

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:04:10 ID:GFQKmPpu0
果てに存在する壁から抗体が湧き出すように分泌されてて、それがドラゴンその他のモデルになったオリジナルのモンスター

とかどうよ?
帰ってこなかったってことは、何かがあったんだろうし

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:24:59 ID:Eg6mME8k0
おまwww
あと3回全部読めwwww

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:58:08 ID:damGthM40
>>518
もうギャングのサクセスストーリーでいいんじゃない?
いろいろできるRPGって実際作るの大変だしな。

最初、主人公は一匹狼。
その後、主人公のことを「アニキ」と呼んでついてくるチンピラを手下にする。
(舎弟とかいうと任侠みたくなるから手下にしとく)
ある組織に入り、用心棒としての街を守る傍ら、
・敵対するギャングと抗争
・派閥(グループ)の立ち上げ
・組織での内部抗争
・幹部への付け届け
・警察など国家機関への賄賂
など様々な手段で力をつけ、
組織内での地位を上げて、トップを目指す・・・とか。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 00:24:23 ID:4KVPVtUMO
攻撃魔法
・キモオタのワルツ
キモオタが画面を覆いつくして、プレイヤー、敵キャラ、味方キャラ全員に大ダメージ
尚女性キャラは即死

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 12:52:39 ID:6XgI08/yO
ただしキモオタキャラは同志の出現により回復、だな



555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:47:10 ID:b9H2UcS30
ツマンネ

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:49:00 ID:CXAp8hSI0
このスレ何人いんの?

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:50:21 ID:mCHyvojRO
>>553-554
ははは…
きみたちすげー浮いてるよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 14:11:35 ID:mCHyvojRO
>>556
さあ?調べる方法ないしなぁ。
5〜10人くらいじゃないの?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 16:17:05 ID:4KVPVtUMO
武器
・キモオタソード
キモポスターを丸めたやつ、攻撃力1、数回の攻撃で破れる

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 16:43:22 ID:b9H2UcS30
笑えないネタほどいらぬレスはないな

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:06:37 ID:4KVPVtUMO
自分がキモオタだからってそんな拗ねたりしないでよ

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:10:45 ID:4KVPVtUMO
防具
・キモオタの鎧
防御力1、布製で真ん中にシャアと書いてある、臭い

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:12:03 ID:4KVPVtUMO
・キモオタのズボン
防御力1、ケミカルジーンズ

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:27:18 ID:mCHyvojRO
はぁ…
また荒らしが沸いたか…
なんで隔離スレをわざわざ荒らすんだ?

「あなたなんてこの世界にいらない…」

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:43:57 ID:0ePkgWnc0
しかしMOTHERみたいな世界観ならネタアイテムとして通用するかもしれないぞ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 17:46:41 ID:RJ7SG/vaO
この寒さならマザーでも浮くけどな

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:26:11 ID:mCHyvojRO
>>542
まだかい?
すごく興味があるんだけど。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:01:25 ID:IpMLu8PV0
>>546-548
ありがとうございます。説明のスペースが省略できて助かります。
>>567
家族にPCを占領されておりました。
あまり期待はしないでご覧ください。

主人公1 ミシェル・ラグランジュ
十四歳、女性。A国で伝説の飛空挺乗りであった父に憧れ同職を目指すが、『女が飛空挺乗りなんて』という
周囲からの嘲笑(飛空挺乗りは通例男性)に対する反動と『男らしさ』の象徴であった父の影響からか、
言動や性格、外見を意識して男らしくしている節がある。
(中性的なファーストネームのおかげもあり、初対面では男と思われることが殆ど)
叢雲海(浮遊大陸群の下方に広がる広大な雲海)の向こう、世界の果てを見に行くと
旅立ったまま帰ってこなかった父を探しに行くことを望んでいる。
武器は拳銃などの軽火器。連射が効き、跳弾を利用した曲芸的な技も習得する。
また攻撃時に押すボタンの順番で技が変化。

主人公2 カール・ウィンチェスター
二十九歳、男性。もとはC国の騎士であり、十八の頃までは騎士団が掲げる正義に
何の疑問も持たず、記憶にない父親についても母の『あなたの父親は高潔な騎士だった』
という言葉を信じていた。
十九の誕生日前、突如現れた黒い鎧の男に母が殺される。男が兜を脱ぐと、
目の前で割れている写真立ての中の男と同じ顔――男は彼の父親だった。
男に挑むが一刀で叩き伏せられ、目が覚めた時には母を殺した下手人と疑われ捕縛されていた。
証拠不十分で釈放されるも、名誉を失った騎士に待つ道は事実上の国外追放。
母の嘘に一時は傷つくも、それが自分のための優しさだったと理解する。しかしそれは
喪失の悲しみを大きくしただけだった。やがて、極限まで高まった激情の全てが父への怒りに集束する。
母の仇を討つため、汚名を拭い去るため。父親を殺す復讐の旅に出て、もう十年になる。
武器は騎士の魔法剣。使い手の魔力を注ぎ込み、指数関数的に攻撃力を跳ね上げる。
攻撃の瞬間にタイミング良くボタンを押すことで魔力による追加攻撃。


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:04:10 ID:IpMLu8PV0
主人公3 アリス・ルフェーブル
二十三歳、女性。E国の女性神官であり、国教の掲げる道徳を絶対のものと信じていた。
性格はやや多面的な見方に欠け、自己満足的な優しさを押し付けがちな面を持つ。
聖職者らしい物腰から反発を買うことは無かったが、あるとき法王庁にて行われていた
おぞましい秘儀<サクラメント>を見てしまい、教義への疑いを抱く。
真実を知るべく国外への布教活動と称して諸国を旅し、母国の秘密を探っている。
生来の性格が理想主義者なため、現実主義的で捻くれ者・理想論を真っ向から否定するカールには反抗的。
武器は全42巻からなると言われる魔導書『トートの書』。ストーリーの進行と共に巻数が増え
強力な魔法攻撃が可能になる。通常攻撃にも魔力を消費するが、これは自然回復する分と釣り合いが取れている。

主人公4 アシモフ
年齢不明、男性。A国の遺跡で盗掘者に発見されたロボットで、盗掘者らを気絶させ逃亡。
以後は体内ナノアセンブラによる自己変質(筐体偽装)で人の姿を取り、諸国を流浪している。
記憶を失い、ロジックでの思考しか出来ない自分に違和感を覚え、記憶と感情
――『心』を取り戻したいと願う。
後に明らかとなることだが、彼の正体は上古の大戦にて機能を停止、半永久的な
自己調整機能によって現代まで眠り続けた第一層の住人『魔族』の一人である。
武器は主に重火器。バズーカ等の実弾兵器からレーザー砲、反物質、量子干渉兵器まで多種多様。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:38:09 ID:IpMLu8PV0
>>549
円盤は宇宙に浮かんでいることになってます(脳内で)。
もちろん恒星や惑星、ブラックホールに引かれないように、重力均衡点(ラグランジュ・ポイント)
に設置されているわけですが…。
あと、直径が恒星並みはやりすぎ(130万kmもあったら絶対端まで行けんわな)だと思ったので
惑星サイズの直径まで縮めることにしました。
形状は前述の通り「円盤」のつもりですが、なにぶん一層ごとに必要な空の高さは試算していないので
場合によっては「円筒」になる可能性も否定は出来ないかと…。
果てに『壁』があるのは仰るとおりです。壁面には巨大な空気吸入/噴出孔があり、構造体内部の
大気を常に理想的な環境に整えています。
ストーリー中盤で壁に到達、そこから人工世界を作った者たちの文明に触れるイベントもありますので…。

「こいつの行動原理がわからない」「ここはこうした方がいい」等の意見があれば
ぜひ挙げてください。どうしても、自分だけだと多面的な見方が出来ないので。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:32:25 ID:8VT74Blk0
>>568-570
どの主人公の設定も、矛盾なくまとまっているかと。
気になった点は・・・

@下手人
 これは日本の江戸時代に使われていた単語。
 西洋風の世界観に合わないので、普通に容疑者で良いかと。

A証拠不十分で釈放
 犯罪者の人権が尊重されている現代じゃないので、
 一度疑われたら、拷問に掛けられそうな気がする・・・。

Bアシモフの名前と行動
 ロボット3原則
 (人間に危害を加えない。人間の命令に絶対服従。自己防衛)
 を提唱した、アイザック・アシモフと同じ名前なのに
 いきなり発掘者を殴りつけるのはどうなんだろう?w
 
Cアシモフの心
 また心を「取り戻したい」という表現がちと気になった。
 取り戻したいというのは、元々心を持っていた場合に使う言葉。
 アシモフくんは最初、心を持っていたのかね?

D反物質兵器
 ・・・強力すぎないかね・・・?
 1発で宇宙船の外壁ぶっ壊しちゃうぞ?

E上古
 上古ってなに?
 検索すると「人間の生活が初期状態だった時代」を指す言葉らしいが
 これって一般的に知られているの?

F円盤型構造体とラグランジュポイント
 ラグランジュ・ポイントとは
 ガンダムなどに出てくるスペースコロニーは、
 下手な場所に建造すると、
 地球や木星などに引っ張られて、惑星に落下してしまう。
 そこで惑星間の引力が均衡している場所に建造しなければならない。
 その場所をラグランジュ・ポイントと呼ぶんだったと思う。
 
 はて? 俺、物理が苦手なもんでさっぱりわからんのだが、
 惑星規模の宇宙船って、自らが重力を発生させないか?
 とすると、そんな巨大な物体を安定させるほどの
 ラグランジュ・ポイントを生み出す恒星と惑星って
 どんだけ巨大になるんだろう?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:20:41 ID:NqFYUOIu0
反物質を調べていたら「ダイソン球」という
巨大宇宙建造物についての記述をみつけた。
おもしろかったので、ちと紹介したい。

恒星(太陽など)はそのエネルギーのほとんどを宇宙空間に霧散させており、
(地球が太陽から受けているエネルギーは、全体の一握りにすぎない)
そのエネルギーを有効活用しようとするのが、ダイソン球らしい。

ダイソン球の構造は、
一言でいえば、恒星を卵の殻のような人工の壁で覆ってしまう事。
それにより恒星が発する全エネルギーを吸収・活用できる。
材料は、その恒星の回りに存在する惑星を解体することで確保する。

ダイソン球の建造工程
@恒星を巨大なリングで囲う。
A巨大なリングをいくつも作る。
B球形にする。

卵の殻のようなものといっても、
恒星を覆ってしまうくらいだから、その厚さは相当なもので、
人が居住できる空間はラクラク確保できると思う。

>>546-548の世界観に流用できないかな?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:26:05 ID:tJPx90+wO
>>564
面白いかどうかはともかく、ネタを書き込んでるだけだろ。
お前みたいなのが本当の荒らしを呼び込むんだよ。マジで。


574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:35:25 ID:GMjNXUoh0
自分でおもしろいと思って書き込んだのだろうか
果てしなく寒い

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:58:19 ID:ubDjDVpqO
ちょい質問

ゲームキャラの名前って由来とかある?
てか、スクエニだろうが何だろうがキャラの名前に由来ってあるのかな?
プロが作ってるゲームって

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 01:00:22 ID:NqFYUOIu0
プロじゃないからわからん。
ただ開発秘話とか見ると、
大体キャラの名前の由来はあるみたいだねぇ。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:26:34 ID:i/yskl1RO
とにかくネタ募集中!
ここは、RPGツクール(それ以外のゲーム作成、小説でも可)のネタ書くスレです!
・『思いつき』で書いてよい。
・シナリオだけでなく、システム、アイテム名、魔法名なども『自由』に書いてよい。


寒いと思ったんならスルーしてろ、いちいち口出すから場が荒れるんだろうがバカ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:34:42 ID:m++gWUbL0
と言いながら自分が暴言吐いて荒らしてるんだなw

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:48:46 ID:NqFYUOIu0
>>577-578
2人とも言い争いはやめなされ。
ここにいるみんなは、
ストーリーとか企画を考えるのが好きな
「妄想仲間」じゃないか。

ということで、
2人は>>568-572のネタについて、
なるべく長く感想や意見を書くこと。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:56:17 ID:Hkkvu23WO
いや、簡潔にまとめろよ
長く書いたってしょうがねえだろ

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 08:23:52 ID:QZsohA010
典型的な厨房が、RPGツクールで中二病ゲームを作る。ところが、完成と同時に、
ひょんな ことからそのゲームの世界に魂だけが吸い込まれてしまう。何とか
脱出を試みる厨房。しかし、自身の作った厨臭いストーリー・厨臭い敵に悪戦苦闘。
しかもデバッグ不足のため情けないバグ続出。ついには、エターナルフォース
ブリザードで全滅するイベントから、ストーリーを進めることが不可能になる。
そんな中、現実世界では、魂の抜けた厨房の体に異変が。肉体は、魂なしには1日で
死んでしまう。厨房の肉体が滅びるまであと12時間。厨房は、無事に現実世界に
帰る方法を見つけ出せるのか。

582 :577:2007/01/08(月) 08:24:04 ID:ZBHcowpN0
>>579
へえへえ書きますよ書けばいいんでしょ
仕切り屋の579さん

主人公1 ミシェル・ラグランジュ
言動だけでなく暴力的な性欲までも男並みの実は凄いヤリマン
弱そうな男を見つけては逆レイプをする。
周囲の人間はその性癖を知りつつも黙認している。

主人公2 カール・ウィンチェスター
表向きは反逆の悲劇の戦士のように見えるが本性はムッツリスケベ。
実は妹がいて、17歳のある日、些細なことからその妹と喧嘩をして負けてしまい
童貞まで奪われてしまう。
その妹は今では立派なC国の騎士団長。

主人公3 アリス・ルフェーブル
実は父親のわからない3人の子どもの母親でもある。
自己満足的な優しさを押し付けがちな性格が災いした結果でもある。

主人公4 アシモフ
外見は赤く丸っこい体つき。いつも失敗ばかりして0点ばかり取る。
同属の女の子ロボットがすき。佐々木家に居候中。
仲間に、お掃除ロボット、料理ロボット、警備ロボットなどなど。

583 :577:2007/01/08(月) 08:26:41 ID:ZBHcowpN0
>>581
>肉体は、魂なしには1日で死んでしまう。厨房の肉体が滅びるまであと12時間

死んでると思った両親が荼毘に付して火葬するまでのタイムリミットを12時間にしろ

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 08:31:16 ID:QZsohA010
>>583
息子からの応答が無いだけで「死んでいる」と思い込むようなバカすぎる
親は居ないと思ったので、そういう設定にはしなかった。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 09:34:20 ID:lPnIBD6fO
>>583
他人が真剣に考えて書き込んだアイディアをけなすんなら他の板行けよ。厨房用の板ならいくらでもあるはず

586 :577:2007/01/08(月) 10:30:17 ID:ZBHcowpN0
>>585
たかがネタスレにマジになってんじゃないよ
言っおくけど、このスレは普通じゃないのよ。まだわからないの?
それにねたスレと言うのは、真剣に考えてようが、人に読まれて
意見を出されて話を膨らませようが、あくまでネタだよ。
大体こんなスレが隔離する必要あるのか?それこそおかしいだろう。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:44:08 ID:MaFzpNPm0
モンスターフェチの私が来ましたよ。

四人の掟が存在する怪物たちの世界
四人の掟とは、この世界を旅するものは四人以上で行動してはならないという掟である。
この掟の秘密を探ろうと司令塔を目指す者は後を絶たないが、いずれも闇に葬られてしまう。
主人公が何でも入る四次元の壷を手に入れたとき、これがあれば四人以上で行動しても
大丈夫だよなぁと思い、前から疑問に思っていた四人の掟の秘密をさぐる旅に出る。

前半は、ふらふらその辺をうろついて、ごろつきどもを成敗したりする
中盤からは、漸く世界の秘密を探るために、知ってそうな連中に会ったり、司令塔に目をつけられて村にはいれなくなったり
そして、後半は司令塔を登り、実は彼らの世界は地下世界で司令塔の先に真実の地表を見ることとなる。
真実の地表には、宇宙人たちが闊歩していて彼らは皆宇宙人が作った生き物だったと言うオチ。
宇宙人たちが、怪物を地下世界に閉じ込めたのはただの遊び、いろんな怪獣がいたら面白じゃない、それだけ。
だけど一致団結して暴れだすと困るので四人の掟を作ったと言うわけ。

モンスターはそれぞれ属性がある、例外もあるがそれぞれ能力の系統があり、専用スキルを持っている

人型…リザードマンやオーガなど…装備品が多い:武器、道具作成能力
植物…トレントやドライアドなど…体力が多く回復や援護の魔法が得意:再生
世界…通常の生物とあまり変わらない、能力も様々:罠やアイテムを発見する
根性…ドラゴンなど魔獣、幻獣、兎角強いが必ず凄い弱点を持っている:一部の障害物を根性で壊す
愛…スライムなど、ヘンな生き物、物理攻撃に強い:瞬間移動
マシーン…ゴーレム、ロボットなど、強い、専用アイテムが多い:起動(機械なんかの電源になる)
電波…実体を持たないモンスター、物理攻撃に強い、装備品が少ない:ピッキング

・主人公…人型 女 人間っぽい
ドラクエよろしく喋らない、選択肢は豊富。
・仲間1…植物 女 植物女
主人公の友達、内気だが思い込みが激しい回復担当、途中で年下の男と駆け落ちして離脱するがその後かくまってくれたりする。
・仲間2…根性 男 ドラゴンっぽい感じがします
うそ吐き、見栄っ張り、臆病者だが、心身ともに成長してゆく。
・仲間3…世界 女 猫科
神経質で基本的に信じきることも出来ない代わり、疑い抜くことも出来ないタイプ。
・仲間4…電波 男 ガス状
悪い奴じゃないけど、頭がちょっと足りなくて付き合ってると疲れてくるタイプ。

他にも沢山仲間がいるぞ。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 12:01:25 ID:NqFYUOIu0
>>587
ふむ・・・モンスターが主人公で、
目的が正義を示すことや悪を倒すことではない事や
救われないエンディングなど、なかなか面白そう。

ただ気になった点は・・・
@四次元の壺
 ドラエもんの4次元ポケットから
 なんでも入る入れ物を4次元ってつけたくなるけど、
 もう少し名前を考えた方がいいかもね。
 実際4次元って空間の広がりだけじゃなくて、
 時間軸にも広がりがあるという世界みたいだし。

A属性
 まあいいんだけど、
 属性に突然「世界」「根性」「愛」が出て来るのが
 意外すぎておもしろかった。
 普通は
 ・姿形を表す「形態」
 ・4大元素や五行思想からくる「属性」
 ・行動指針などを表す「性格」
 ・攻撃方法などの分類「攻撃属性」
などあるけど、
人型・植物・世界・根性・愛・電波だと、
それが混ざっちゃってる感じがするんだがどうだろう?

>>583
ふむ・・・
俺もあまり国語得意じゃないけど、
荼毘に付す=火葬 じゃないの?
それだと「頭痛が痛い」って言うのと
同じのような気もするが?

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 13:06:15 ID:lPnIBD6fO
>>586
意見を書き込むのならそれでいい。
書き込まれている意見に対して、反対の意見、もしくは異なった意見、を言うのとけなすのは別。>>586のは、けなすの部類に入る。
それとスレの存在意義を定義するのは>>586ではない。自己中心的に物事を考えないほうがいい。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 13:50:46 ID:MaFzpNPm0
>>588
では四次元の壷ではなくて歪んだ袋とか無限瓶とかそんなの?
あと…尻尾咥えた蛇の壷とか?ウロボロスとか固有名詞はあえて使わないで頭が悪そうなネーミングにしたい。

混ざってるのはポケモンのイメージ、むし、ほのお、くさ、この辺のタイプが同列にあるあたり。
基本的には、淡々としていて、ちょっとズレた感じにしたい。

キャラクターの設定をもう少し細かく考えてみた

主人公…人型 女 人間っぽい
小さな村で、道具を作りながら家族(母、妹、弟)で暮らしている
父親は幼い頃、四人の掟の秘密を探ろうとした結果、無残な姿で発見された。
家族は平穏を望んでいるが、わざわざ秘密に首を突っ込むあたり気は強いと思われる。
ドラクエの主人公よろしく喋らない。

・仲間1…植物 女 植物女
主人公の住んでる村の外れにいる植物の怪物。
見かけによらず年を食っていて物知り、男塾でいうなら雷電のポジション。乙女雷電。
控えめだが思い込みが激しくて、意外と世話好きである。
途中で年下の男と駆け落ちして離脱、でも色々先々で助けてくれる。

・仲間2…根性 男 ドラゴンっぽい感じがします
どこぞの街の自称凄い奴なんだが、口ばっかりでなんだかんだ理由をつけてやらないわ
利己的で人を利用することをなんとも思わないが、頭が悪いので馬鹿にされている
その上臆病者で追われるように旅の仲間に加わり、心身ともに成長してゆく。

・仲間3…世界 女 猫科
男運が悪い猫科の怪物、裏切られても裏切られても、縋らずにはいられないが
ヘンに尽くしちゃうタイプなので結局都合のいい女にされる可愛そうな猫、普段は割りと冷静を取り繕っているが
スイッチが入ると自傷行為をしたり、ストーカーしたり回りを振り回したりして大変。
神経質で基本的に信じきることも出来ない代わり、疑い抜くことも出来ないタイプ。

・仲間4…電波 男 ガス状
司令塔付近の町に住んでいる怪物、頭が足りないのでみんなに馬鹿にされている。
唯一の友達は司令塔を空から登ってやろうと思った結果、黒焦げになって落ちてきた。
悪い奴じゃないけど、頭がちょっと足りなくて付き合ってると疲れてくるタイプ。
知恵遅れなのは自覚しているけど、でもどうしたらいいかまではわからない。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 13:56:52 ID:l2QZTck20
>>571
自分の日本語能力の欠如が多すぎて泣けるw

1:「下手人」
ここは単純に国語力の問題です。「容疑者」に直しておきます。

2:証拠不十分で釈放
考えてみれば確かにその通り。偽の証拠もでっち上げられて死刑はほぼ確定の状況で
隙を見て脱獄→復讐に加え、無実を証明するため真犯人である父を探す
…としておけば、追っ手が来てカールの過去を暴露するイベントなど挟めそうなのですが
代替案はこんな具合でどうでしょうか。

3:アシモフの名前と行動
実は特段ロボット三原則を意識して作ったわけではないんですw どちらかといえばサイボーグですし…。
が、A国で発掘品のロボットが三原則に基づいて普通に運用されている場合は
パターン一・自律行動し人間に危害を与えうる存在として、通常のロボットとは違うことをアピール
パターン二・盗掘者はスルー、やっぱり隙を見て逃げる
という展開が考えられます。アイザック・アシモフへのリスペクトが皆無な一を採用する場合
キャラクター名は変更してしまってもおk。「魔族はロシア系の名前」ぐらいの制約しかないので。

4:アシモフの心
ひとえに自分の脳内設定と文章がかみ合っていなかったが故の間違いです。指摘させて申し訳ない。
魔族は分子機械で自己の肉体を改造した『元人間』の種族なので、心は人並みにあるのです。
(または、機械による補助を受けているため人間よりよほど理知的)
アシモフは機能停止の際に元々持っていた生体脳の部分が機能を停止、そうした事態のために
脳機能を一時的に受け持つ機械脳だけで動いている状態です。しかし機械脳のみでは
論理による思考しかできず、生体脳の記憶も引き出せない有様。
また機械脳も自己認識部位に欠損が生じたため、自分が魔族であるとかは中盤まで思い出せません。
――というわけで、アシモフには元々心があった設定です。

5:反物質
実はこれ、大して危険なものでもありません。
いえ、確かに1gあたり9京Jのエネルギーを全てガンマ線としてぶちまけるのは
凄い変換効率ですが、それはあくまで『1g』あればの話。
例えば電子の反粒子である陽電子は電子と同じで、一個あたりの質量が僅か9.109*10^-28g
という極小の数字になります。たぶん、一個やそこらではお湯も沸かせないかと。
要は、必要に応じて量を調節すれば歩兵の携行火器にも出来るんです。
むしろ反物質兵器の利点は、硬いだけの装甲では防げない点にあると考えています。

6:上古
申し訳ない。指輪物語で多用されていたのを「大昔」的な意味で覚えていた模様。
「太古」あるいは「遥か昔」にでも修正しておきます。

7:ラグランジュ座標
当初は恒星や惑星のL座標に設置されている構想でしたが、なにぶん恒星系も運動していますので
安定性を欠くと思い、銀河系レベルでのL座標ということになっています。
(二つの銀河があればその重力が中和される座標、三つ以上でも同じ)
ある程度の姿勢制御、座標修正機能(スラスターの噴射等で)は持っている設定です。
…重力子を直接どうこうできるテクノロジーがあったことにすれば、どこにあっても関係ないんですけどね。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:10:47 ID:l2QZTck20
>>572
ダイソン球大好きです。
……が、恒星級どころじゃないデカさになってしまって私には扱い切れそうもないです。
エンディミオンの植物ダイソン球・天界樹<スターツリー>に住みたいです。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:40:05 ID:Qt7acHZS0
57氏にさらに質問を。

@壁について
「世界の果て」の考えが、雲の上下でなく同一高度上の平面にある、とは思った人はいないのか
そして壁があるのなら、飛空挺乗りは雲を越えるよりも先に壁にたどり着いてしまうのでは?
(地球では、上下である地と宇宙に進出するのは世界一周がなされてからだったかと)

して、壁の存在は一般には知られていないのでしょうか
知られていないのなら、すでに壁にたどり着いている人がいるのか、主人公達が初になるのか・・・・・・?
(ネットワークがまだ未発達ということなんで、主人公達は大航海時代のマゼラン?)

A建造物内の重力について
>>571氏の指摘と「雲の下に墜落」という言葉の通り、重力はあるのでしょうが
3層それぞれに重力が発生しているのか、どうか
もしくは一番下(上下の概念があるなら)の層に重力発生源があるのか
(重力発生源はどこ?)

円盤や筒でなく球にしたほうが、人工惑星の設計上無難であるとは思うのですが・・・・・・

最後に規模について
恒星といったら太陽だけじゃなくスピカとかも含んで大小様々です
「惑星くらい」だって太陽系だけでも木星から水星まであるんで、
「地球くらい」とか具体的なものに言い換えたほうが良いかと思います

とりあえずこれだけ。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:03:43 ID:ZOwWb7X40
4次元の壺とモンスターってラストハルマゲドン?

って、読めば読むほどラストハルマゲドン……

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:20:13 ID:Qt7acHZS0
>また、航空網はまだまだ発展途上であり
>未開の大陸が数多く残っている状況。
>叢雲海とその上空に浮かぶ陸地で構成された世界が
>どこまで続いているのかは 誰も知らない。
書いてあったのに間抜けな質問をしてしまった
まあ、ここからさらに派生・・・・・・

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:29:17 ID:l2QZTck20
書き込んで良かった。すごい参考になるわ、ここ。
>>593

1:『壁』
これも文が悪かったか……毎度正確でない説明になってしまってまじでスマソ。
「雲の下に落ちて戻ってこなかった人々」と「世界の果てを見極めに旅立って戻らなかった人々」は
逝ってしまった方向が90度違います。前者は事故的なもので雲の下(魔界)へ落下してしまった者、
後者はまさしく雲海を越えて「同一高度上」をどこまでも飛んでいった連中なのです。
一応ミシェルの父は壁に到達したという設定ですが、彼を含めて誰も母国に帰れた者はいないので
壁の存在は知られていません(ゆえに、世界の果てに在るものを知りたいと望む冒険者が絶えない)
現存する通信機の有効範囲は狭く、壁の付近からでは浮遊大陸まで届かないことになります。

2:重力
三層それぞれに重力が発生しています。正確に1Gのみを生み出しているのではなく、実際は
上下からの微弱な重力の影響も加味して各層で微妙に縮退物質の量を変えて
「体感で1Gになる」ようにしてあります。
が、最近見つけた不都合として、これだと浮遊大陸の崖っぷちから落ちても
崖の「壁面」に吸い付けられて落ちない……というのが出てきました。
落ちて行方不明になるのは飛空挺や飛竜、気球など航空機関の搭乗者のみにして
各国の学者が「どうして私たちは大陸の底部を『雲海を頭上に臨みながら』歩けるのか」
なんて話し合いをしていることにしてもいいかも、と思っています。
(『当然のもの』として誰も気にしていなかったので、まだ万有引力が発見されていない)
もしくは魔界にのみ重力の発生源があり、各層の重力が2〜3G、1G、0.5Gぐらいになるような
距離の調整がされている――というのでも多分可能。
こちらだと「魔族は高重力下で機敏に動くため肉体改造を始めた」とかの設定を追加でき、
かつ「なぜ重力が弱いはずの雲海上空で航空機が落ちるのか」という謎も解消できます。
この辺は正直、まだ固まってません。

球状にする場合は、おそらく外面に居住スペースを置いて中心に向かう重力を発生させる
もしくは中心に人工太陽を設置して小型ダイソン球にするのが効率的な利用法だと思うのです。
球体の内部で三層に別れた世界も勿論出来るとは思うのです(メインたる第二層はあまり変わらないし)
が、やると魔界と天界がドーム型になってしまう。すると重力の発生方向が増えて
構造計算がややこしくなりそうなので、作者の足りない頭で簡単に形を思い描けるように
重力の方向を均一にしただけなんですね、実際。
……やっぱ、グラヴィトンの制御技術があったことにして全部そっちに投げた方が矛盾も減るかな……。
巨大構造体の自重による崩壊も防げるし、縮退物質なんて代物を使う必要もないし。

3:規模
具体性を欠くレスで容量を無駄に使ってしまい、申し訳ない…。
恒星と言っても太陽より小さいのから約28億kmぐらいまで、ピンキリですしね。
とりあえず円盤(球体になるかも)の直径は15000〜20000kmぐらいの想定です。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:30:57 ID:l2QZTck20
>>595
ごめん! また書き込む前にリロード忘れた!
該当部は飛ばしておk

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:59:30 ID:lgfWcD3E0
上でマフィアものを構想してたものだけど、
無理のない範囲までスケールダウンしてRPGらしい筋を考えてみたので晒してみる。


世界観:中世〜近世ヨーロッパ風。科学技術は殆ど無し(銃器レベル)
     モンスター(というより危険な異形の生物)の存在あり、
     魔法は希少な技術として存在
舞台:地方領主の治める一都市。規模はかなり大きく、一つの国家として成立するレベル。
    領主を始めとする貴族層、市民層、スラム層の三層が主な住人。

粗筋:
主人公は少年時代に謎の人物に父親を殺された青年。
父親を失った彼はスラムで妹と共にストリートチルドレンとなる。
そんな兄妹を拾ったのが、この都市の暗黒面を取り仕切るマフィアのボス。
少年から青年へと成長した時分、主人公は父の仇をとるため、蛇の道は蛇、マフィアの構成員に志願する。
しかし、ボスの下で幾つかの任務をこなし、ようやく一人前と認められるようになったある日
組織のNo.3であった男がクーデターを起こし、ボスを殺害、新しい組織を立ち上げる。
主人公はNo.3の男に新しい組織への勧誘を受ける。
一方、主人公が新人時代に知り合った騎士団の長は、彼と妹を堅気の道へと導こうとする。


という感じで、中盤以降にルート変更を設けるつもり。手本はいうまでもなくTO。
Lルート→組織抗争に嫌気が差し、騎士団長の誘いに乗って騎士団入り、マフィアを鎮圧する
Nルート→ボスへの恩義に尽くし、主力の抜けた旧組織を立て直しながら新組織と対決
Cルート→力こそ正義、新組織で覇道を突き進む
みたいな感じで。

いずれのルートにしても、No.3と謎の男(謎の男が持つ力をNo.3が手に入れようとしてクーデターを起こした)
の関係に話が進み最後は父の仇をとってEND。
L,Cルートではかつての仲間との対決が、Nルートではキャラ立ちした仲間との共闘がメイン。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:01:34 ID:Qt7acHZS0
やっぱり2層についてさらに

2層にも重力発生装置があったら魔界に「落ちない」のでは?
浮かぶ陸地の中心に重力発生装置があればそうもならないか
そうすると陸地同士が引っ張りあって離れなくなるということが・・・・・・
引っ張り合わない距離にあるなら、中間点の重力は無くなっちゃうような

もっとたくさんあるけどとりあえず重力についてすっきりしたい
現実じゃあありえないので、夢の装置を出しちゃうのもアリだよね
一層と二層の大陸はなんか知らない魔法みたいので浮いてる とか

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:19:34 ID:l2QZTck20
>>599
思わぬ盲点。指摘に感謝。

やはり第三層(魔界)の重力が最も強く、上二層はその『余波』で暮らしていると
考えるのがいい模様です。節操がないかなw
でも、これなら二層の住人や大陸はちゃんと『落ちる』し…。

大陸を浮かせているシステムも一応SF的なものは考えていますが
クソ複雑で前スレでの反応がいまいちだったので採用すべきかどうか検討中。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:24:26 ID:Qt7acHZS0
そうなると三層が一番重力強くて、一層が一番弱いってことですね
すると大気圧の差がとんでもねー事になると思うんですが

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:26:45 ID:NqFYUOIu0
>>600
大陸が浮いている仕組みについては、
前スレ57氏がその後出した、
「高出力ジェットで浮いている」でいいんじゃない?
たしかあれは、数億トンもの大陸を浮かせるほどの
ジェット噴射を地表に向け行うと、
地表の気圧がとてつもないものになり、
世界が異常気象に襲われるってことだったけど、
まあ、その過酷な環境が魔界ということでw

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:37:37 ID:l2QZTck20
>>601
やばいwww気圧忘れてたとかアホスwwww
ええと、三層と二層を隔てる天井が殆ど崩壊したわけだから…猛烈な下降気流?
一層は影響がないとして、二層の残骸では空気薄くなりますよね?
・二層の住人は数千年かけて薄い大気に順応した
・円盤の環境維持システムによって気圧の問題をクリア
・二層、三層は凄まじい乱気流にいつも悩まされている
……二層目を両面構造にして、反転するマップとかにした方がマシかな○| ̄|_

>>602
それが乗っかってる状況に耐えられるとなると、魔族が強すぎる気がw
ジェットだから推進剤と空気が要るわけだし…。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:47:39 ID:Qt7acHZS0
地球ベースで考えたら三層構造とかまず無理じゃないっすか?
順応してしまうと、防護スーツでも身に着けないと別の層に行ったら死んじゃいますよ
気圧は重力がモロ影響してくるから、システムでどうこうできるようなものでもないかと・・・・・・

「こんな面倒なもの作って、何がしたかったんだろうなぁ」
「コロニーにしても不自然な設計だよなぁ・・・・・・」
っていうオチに

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:51:20 ID:NqFYUOIu0
やっぱ前スレでも色々考察したけど、
世界が宇宙船の内部で、
しかもその中に浮遊大陸が存在するっていうのは
重力の方向など、かなり難しいねぇ・・・。
浮遊大陸がなければ、簡単な話なんだけどねぇ。
もう磁力で強引に説明をつけて見る。

世界は球形もしくは円筒形。
回転することによる遠心力で人工重力を発生。
その中心に浮遊大陸が存在するが、それは高出力ジェットで浮いている。
浮遊大陸の表面(つまり地表)は+の磁力、
裏面(つまり浮遊大陸の崖)は−の磁力を持っている。
そして浮遊大陸に住む人間は−の磁力を持っている。
(サイボーグみたいだな)

かなりブサイクな設定だが、これで、

・飛空挺が落ちる(回転方向によるが、下にも上にも「落ちる」)
・浮遊大陸の崖から雲海に落ちる
・浮遊大陸が浮いている
が説明できる・・・のか?

ただし、魔族・神族が住む1層・3層がどこに存在するのかは・・・しらん。

いっそのこと巨大な鎖で大陸がぶらさがっていて、
それが3つ数珠繋ぎになっている。
一番上から、神界・人間界・魔界ということで・・・
・・・いやなんでもありません。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:02:11 ID:Qt7acHZS0
>>605
磁力も考えたけど、羅針盤が使えなくなっちゃうから飛空挺に大きな影響を及ぼすと思われ
あ、そもそも円筒じゃ使えないか・・・・・・

確かに難しいのは一層、二層の発想だよなぁ・・・・・・
まあ言いたいのは か な り 無 理 が あ る と言う事
どっちかが納得するまでやるつもりではいますが・・・・・・

とりあえず、円筒か球か他の形かはっきりしない?
壁にたどり着くイベントが絶対ってわけでは無いと思うんだけど・・・・・・
ウィキペディの「スペースコロニー」の項目が参考になりそう

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:16:34 ID:l2QZTck20
>>604
そっか……気圧の問題はちょっと解決が難しすぎますね。短絡的でした。
まっこと節操のない話ながら、「各層が1G前後の重力を持つ」方に戻すっきゃないか。
「何故、独立した重力を持っていた第二層が、破断されたぐらいで『第三層の方向に』落ちるのか?」
を考えた方が楽そうです。思いつきで設定変えるとろくな事がない…。
「第二層は破壊の際の衝撃で第三層の方向へ『飛ばされ』て、残った部分が浮遊大陸と化した」
こんな所でしょうか、重力の方向を考えると。

>>605
大陸が浮くことと、世界が巨大な宇宙船の中ってのはいわゆるロマンで考え付いたことなのです。
鎖で数珠繋ぎってのもビジュアル的にはなかなか美しそうなんですが、ね。

しかし重力の方向はどうなってるのか、自分でも自信がなくなってきた。
矢印の方向へ引っ張るのが引力と仮定して、一つにつき1Gなら
(底面)魔界←(距離の開き)→浮遊大陸界←(距離の開き)→天界(←上底?)
…ってことになるんだろうか。
間にある層は一つにして、天界と魔界はそれぞれ対する底面にしたほうが
コスト的には安くつくかも。…設定上、コストとか殆ど意味を成さないけど。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:22:08 ID:NqFYUOIu0
ふと思ったんだが、縮退物質ってつまり、
超重力の中性子星とか、白色矮星とかのことだよね?

その縮退物質の回りに外壁を作って(卵の黄身と殻の関係のようなもの)
重力を生み出していると?
しかもこの縮退物質に近づきすぎたら、二度とそこから出られないよね?
(縮退物質から脱出するエネルギーってどのくらい必要なのかはしらんが)

ふむ・・・遠心力を使った人工重力で事足りるのに、
わざわざとてつもなく危険な縮退物質を使う利点ってなんじゃろ?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:27:12 ID:Qt7acHZS0
縮退物質ってよくわからんからけど、小さくて便利な重力源、では無いような。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:38:52 ID:l2QZTck20
>>606
あまり現実に即しすぎると破綻するので、どこでフィクション特有の不思議システムを
導入するかが難しいところかとw
ホントに自分の日本語能力の低さで苛立たしい会話を強いてしまって、悪いと思ってます。

・構造体はやっぱり円盤(高さが20000km超ってことは多分ないので)
自己崩壊を防ぐために、重力子の直接制御が可能な文明が作ったことにします。
・天界、魔界はそれぞれ円盤の上底面、下底面に存在(上下の区別は便宜上)
大地が一枚分節約可能なため。浮遊大陸は上下方向に重力を働かせる(雲海側にも街などがある)
ただし横方向への重力は皆無なので、大陸から外れれば近い方の底面に向かって落ちていく。
…どうでしょうか。

>>608-609
縮退物質は中性子星になる寸前ぐらいの密度らしいです。
量さえ調整すれば1Gぐらいの弱い引力を生み出すことも可能だとか。
重さから取り回しも悪いですが、あまり大きな個体でなければ離れられないことはないかと。
(縮退物質でも薄い板ぐらいならその上に寝そべって腹筋、腕立てが可能)
遠心力だとコリオリ偏差とかで面倒かな、と思ったので…。
縮退物質の活用自体はロバート・L・フォワードの本を読んで思いついた代物。
重力子の直接的な操作が可能なら不要のものになりますが…。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:05:09 ID:Qt7acHZS0
>重力子の直接制御が可能
これについてはちょっと触れられませんw
イメージがまったくできない。
アリだとは思うんですけど、他のプレイヤーはどう思うか
ただこれがすんごーく都合よく働いてくれるものなら、革命的にいけますよこれ

うーむ・・・・・・まだちょっと後にしたいんですけども
何のために作ったのか、なぜこんな設計なのかの“必要性”についても
ネタバレを大いに含む年表があれば非常にわかりやすい

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:22:01 ID:NqFYUOIu0
>>610
むむむ・・・?
>縮退物質でも薄い板ぐらいならその上に寝そべって腹筋、腕立てが可能
とな?

ここで一つ思考実験をしてみよう。
俺は物理が全くダメだから、
トンチキな事いうかもしれないけどカンベンしてくれ。

例えば、この強い重力(万有引力?)を発生させる縮退物質が、
砂粒くらいの大きさで、しかも、それを土に混ぜ、球体の内壁に散布したとしよう。
すると、この土は外壁と引き合い、定着し、大地を形成する。
これにより、球体の内壁には外へ向かって重力(引力)が発生する。
しかしその中心は、無重力状態だ。

そこで、この球体に外部から巨大な隕石がぶつかり、
外壁を突き破ったとする。
その衝撃により、土が舞い上がり、重力(引力)の均衡点である
球体の中心で停滞する。

しかしこの中心に停滞した縮退物質にも、重力(引力)が発生するため、
浮遊大陸上で重力を感じながら生活する人間も存在できるのではないだろうか?

あと、コレは疑問なのだが、
この砂粒大の縮退物質。その粒の数が増えると
重力(引力)も増大するのかいな?

物理が得意な人、頼む。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:31:54 ID:d3lZAQ3Q0
>>594
ぐぐってみたらマジでそっくりだ…orz

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:51:49 ID:l2QZTck20
>>611
当初の構想では、その構造にする必要性とかを考えていなかったもので
今から考え始めることになりますが……明日か明後日になりそうです。
かなり難しい。あえて球状にしなかった理由とかも「面倒だから」で済ませられないしw

ということで他の人のアイデアに関するレスもドゾー↓

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 19:12:51 ID:raNfLeT6O
>>612
元ネタらしいフォワードの構想じゃ「直径45p、厚さ10pで質量400万dの円盤」
を作ると、面に対して垂直方向に1Gが発生するそうだが。
砂つぶレベルまで小さくする必要はなさげ

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 20:57:47 ID:Hkkvu23WO
>>613
モンスターじゃなくて人間の話だったら何か似てるね程度で済んだのに

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:12:19 ID:uAwgNndy0
このスレで挙がった案を実際に使って誰かRPG作ってるの?

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:14:25 ID:Qt7acHZS0
時間と技術はあるけどネタがないって人が来てて、
「これは使えそうだな」ってアイデア出してる人と共同で作る
みたいなことになればいいのに

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:35:46 ID:6p8iJW6Y0
>>617
>>516

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 01:38:13 ID:seGctWRB0
>>616
モンスターが好きなんだ…
モンスターが主人公で、人間とモンスターの立場が逆転しただけって世界じゃないのがいいんだが…
モンスターモノだと、他に魔物使いネタばっかりだしな…

モンスターがモンスターの街を作って人間とか基本的に出ないような…

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 01:44:18 ID:ihQzWkLA0
>>620
フリーシナリオで
ドラゴンに差別されるリザードマンを助けたり、希少種族の人間を密猟者から保護したりしたら面白いかも

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 03:33:18 ID:u0OQzG/SO
食べ物になって人間に食われるんだけど、消化器を冒険して
栄養素を吸収されてウンコになって無事脱出するストーリー。
ジャンルは「君から脱出するRPG」

主人公はコーン。
中ボスには寄生虫とか考えてる。


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 07:42:07 ID:7Tp4DSRXO
>>622
ちょww

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 07:51:47 ID:v37uW4b8O
召喚魔法『ラーズグリーズの悪魔』

戦闘機が四機現われて敵を絨毯爆撃

召喚魔法『PJ』

上空から攻撃を受けた戦闘機が敵に向かって落ちてくる

魔法『エクスキャリバー』

極太レーザー束が上空から降ってくる

魔法『メガリス』

隕石が上空から降ってくる

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 10:55:11 ID:DKCKYanB0
マザーとリンダキューブを混ぜ合わせたようなゲームの
アイデアの募集中。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 11:08:41 ID:9QJ1BgsVO
リンダキューブはやったことあるが
マザーはやったことがない。
ひとことで言ってどんなゲームなの?

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 12:27:14 ID:7Tp4DSRXO
>>621
そのイベントで助けたリザードマンが仲間になって尚且つ萌えれる設定だったら最高なんだが


>>626
君の中の心が目覚めるRPG


現代テイストにファンタジーを加えた感じかな。

詳しい事はググれ。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 14:31:21 ID:9QJ1BgsVO
>>610
むむむ・・・不思議システムを思いついたぞ・・・。
その名も「重力(引力)パネル」に対する「斥力パネル」。

円盤型構造体の底部には、1Gを発生させる「重力パネル」を敷き詰める。
そして天井部には−1Gを発生させる「斥力パネル」を貼る。
さらに浮遊大陸は、底部に−2Gの「斥力パネル」の上に+1Gの「重力パネル」を
重ね合わせ、接着したものにする。

・・・・・・なんだかわけわからなくなってきた・・・。
これだと、重力はどう働くんだろう?


629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 14:57:32 ID:DB6F2kf+0
>>628
浮遊大陸の下が斥力2つ分喰らうようになる

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:39:00 ID:E45fjhFl0
ttp://terra.cside.com/yohko/labo/303-anchor.htm
重力のこと書いてあるよ。
変に科学取り入れると矛盾が多くなると思うんだが。

273 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>2月まで夢の中で遊んであげるわ♪ /test/read.cgi/gamerpg/1163914925/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.01 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)