5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

RPG大辞典【第10版】

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 02:12:00 ID:Y4U5UTkK
●しんぜんたいし【親善大使】
2005年冬に発売したテイルズ オブ ジ アビスの主人公、ルーク・フォン・ファブレの前半の状態のこと。
厳密には、序盤を過ぎたあたりで親善大使となる。
敵国マルクト帝国から鉱山都市アクゼリュスの救援を要請され、
ルークが親善大使に任命されるのだが、それまで以上のDQNっぷりを発揮するようになる。
何をするにも師匠、師匠と連呼し、仲間のことなどは気にもかけず、そのことを非難されると俺は親善大使なんだぞ!と逆ギレをかます。
目的地に到達すると、目の前の病人たちは無視してやはり、師匠さえいれば、とか師匠を見付けないと、などと繰り返す。
だが、その師匠に利用され、に町を崩壊させてしまい、町の人間全員を殺してしまう。
そのことを仲間に非難されると、俺は何も悪くない、師匠が悪いと責任を全てなすりつけ、結果仲間から総スカンをくらってしまう。
(一応、町が崩壊することなどの忠告を受けるが、師匠妄信のため完全無視)
このDQNっぷりがヒットし、特にアビス関連のスレで厨な行動をとると、高確率で親善大使認定され、攻略板には親善大使御用達スレも立っている。

ちなみにルークは精神的には7歳であるし、一番悪いのが師匠なのは間違いないので(師匠は計画犯、ルークは実行犯という感じ)、
この言動は理解できなくなくもない。
また、仲間内にもそのことに気付いている奴がいて、お前フォローしてやれよと思わなくもない。

が、実質2歳の人間が一緒のメンバーにいて、落ち着いた対応をしていたため(そいつも一応実行犯)、やはりDQNだったのかもしれない。
ちなみにこのゲーム、1年は20時間の765日らしい。

また、ルークはこの後反省して、厨な言動は少なくなる。

341 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)