5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【やるのが】ストーリーを教えてもらうスレPart17【面倒】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:21:45 ID:vvQG0ack
自分でやるのが面倒だけどストーリーが知りたい、という
ゲームのストーリーを教えてもらうスレです。

発売して半年以内の新作について語る際は名前欄に
タイトルと新作ネタバレ用の共有トリップの #新作ネタ をつけて下さい。
新作のネタバレを読みたくない人は ◆l1l6Ur354A に要注意。
またリクの際は、正確なタイトルとハード名を付記して下さい。

まずは↓で既出かどうか調べてからリクしましょう。

515 ◆A.ilTwwjjQ さんが作った今までのまとめサイト
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/

1レスでストーリーの概要を知りたい方は↓でどうぞ。

ストーリーを要約してもらうスレ【面倒】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1082540928/

前スレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1118229538/

ストーリーを書く際の注意、関連スレ、未解決リストなどは>>2-10

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:22:01 ID:Y2Zy3XoG
今日、前から見たかったオフスプMステ出演ビデオをやっと
見ることができた・・・
とりあえず、出演者が恥ずかしい。何もわかってねぇくせに大物ぶってる。
大塚愛のhappydays(happydaysってwしかも連呼してるしww)
ピョンピョンピョンはねやがって・・・
頑張って美声?を披露しまくるケミストリー。しかし所詮はアジア人の歌。
RIPSLYMEの所々にワケのわからん英語をもりこんだくだらないラップ(何あれ?)
へんちくりんなガキどもがピョンピョンはねて踊りまくりこれまた、
へんちくりんな過去の歌を誇らしげに歌うジャニーズジュニア。幼稚園児以下だぜ。
馬鹿アナウンサーは超カタコト英語でインタビューになってない。
タモリも福岡の話題に固執しすぎだし。あいつも所詮日本の芸人だな。グローバルさが皆無。
恥ずかしすぎるぜ、JーPOP。
オフスプは見たいけど、周りのせいで見てて恥ずかしくなりました。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:22:30 ID:vvQG0ack
ストーリーを書いてくれる方へのお願い。

・要望に出ているゲームのストーリーはどんどん書いて下さい。 
 ただ要望に出ていないものは敬遠される傾向にあります。
 レスは期待しないで下さい。それでも良いというならどうぞ。
・この板は一般板なので18禁のゲームのストーリーの要望、紹介はご遠慮下さい。
・名前欄に作品名を入れてもらえると、まとめやすくありがたいです。
・時間を置いて数回に分けて投稿する際には、最後に「続く」と御書き下さい。
 そうする事でストーリーの投稿の混交を防げます。
・これを書こう、と思われた際は「○○○○を書きたい」と意志表明し、予約していただけると、
 投稿の重複が防げて大変ありがたいです。
 また、書くのはよそう、と思われた時には面倒でも予約の取り消しを御願いします。

関連スレ
(漫画サロン)
ストーリーを教えてもらうスレ Part11
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1111715626/
(アニメサロン)
【見るのが】ストーリーを教えてもらうスレ【面倒】
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1082602343/
(ギャルゲー)
ギャルゲーのストーリーを教えてもらうスレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gal/1113816336/

(エロゲネタ)21才以上の方のみ!
エロゲのストーリーを教えてもらうスレ
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1116568135/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:23:15 ID:vvQG0ack
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・グレゴリーホラーショー ・キングダムハーツFM
・フェイズパラドックス ・鬼武者2 ・ロックマンX7 ・決戦3 ・イリスのアトリエ(1、2)
・ライゼリート ・紅忍 血河の舞 ・BUSIN ・FF11(国別、プロマシア) ・ガレリアンズ:アッシュ
・ステラデウス ・ジェネレーションオブカオス2、3 ・悪代官(1、2) ・Remember11 ・X−FIRE
・ファントムキングダム ・ワイルドアームズ3(詳細に) ・ガンバード1&2 ・桜坂消防隊
・スペクトラルフォース ラジカルエレメンツ ・バイオハザード(OB1,2) ・ジェネレーションオブカオス4
・爆炎覚醒 ネバーランド戦記 ZERO ・スペクトラルフォースクロニクル ・ぼくのなつやすみ2
・michigan ・「ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ」(EXダンジョン以降) ・ポポロクロイス 月の掟の冒険
・レイジングブレス ・over the monochorme rainbow ・ナムコ×カプコン ・キラー7 ・半熟英雄4
・機動新撰組 萌えよ剣 ・花と太陽と雨と ・ディノクライシス(ガンサバ、3) ・慶応遊撃隊外伝蘭末ちゃん〜
・サイレントヒル4(アイリーンの死ED)
■PS ・ミスティックドラグーン ・クーデルカ ・黒ノ十三 ・すべてがFになる ・エクサフォーム
・猫侍 ・ドラゴンシーズ ・聖霊機ライブレード ・フェイバリットディア純白 ・立体忍者活劇天誅弐
・王子さまLv1 ・フロントミッションオルタナティブ ・ミスティックアークまぼろし劇場
・スタートリングオデッセイ ・エースコンバット(1、3) ・クロノトリガー(追加部分のみ)
・厄 友情談義 ・厄痛 呪いのゲーム ・火星物語 ・ガレリアンズ ・プラネットライカ ・影牢
・カウボーイビバップ ・ゲッPーX ・ゲッターロボ大戦 ・サーカディア ・ディノクライシス2
・学校のコワイうわさ花子さんがきた!! ・スーパーロボット大戦α外伝 ・夕闇通り探検隊
・シュレディンガーの猫
■GC ・バイオハザード0
■SFC ・ラストバイブル3 ・大貝獣物語 ・スーパーマリオRPG ・セプテントリオン ・ざくろの味
・弟切草 ・FFUSA ・ソウルアンドソード ・エルナード ・魔神転生 ・幕末降臨伝ONI
・ヒーロー戦記プロジェクトオリュンポス
■FC  ・太陽の神殿 ・ゲゲゲの鬼太郎2 ・道(TAO)・ボディコンクエスト ・メタルギア
・スプラッターハウス(2、3) ・モンスターメーカー ・スウィートホーム ・ヘラクレスの栄光2
・ゼルダの伝説 ・リンクの冒険 ・まじかるドロピー ・えりかとさとるの夢冒険 ・亀の恩返し
・スーパースターフォース ・魔法のプリンセスミンキーモモ ・京都財テク殺人事件
・メタルスレイダーグローリー
■64  ・スーパーロボット大戦64
■XBox ・真女神転生NINE ・FATAL FRAME2 CRIMSON BUTTERFLY
■セガ系  ・サイバードール ・ファンタシースター(1、2、3、千年紀、オンラインep3)
・ラングリッサー2 ・シャイニング ザ ホーリィアーク ・ロンド〜輪舞曲〜 ・ゆみみみっくす
・ディノクライシス ・リアルサウンド〜風のリグレット ・大冒険セントエルモスの奇跡
・エターナルアルカディア ・慶応遊撃隊 ・慶応遊撃隊活劇編 ・七ツ風の島物語
■携帯機  ・ONI1,2,4,5 ・KOF R-1,EX ・ゴットメディスン ・超執刀カドゥケウス
・真女神転生デビルチルドレン(赤、光、闇、炎、氷、メシアライザー) ・聖剣伝説1
・エストポリス伝記 よみがえる伝説 ・風来のシレンGB2 ・スーパーロボット大戦OG2
・ファイアーエンブレム烈火 ・アレサ1〜3 ・メタルギアソリッドゴーストバベル(おまけドラマも)
・新天魔界〜GOCWアナザサイド〜
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・「囚人へのペル・エム・フル」 ・ガラージュ
・コマンド&コンカー ・偽典女神転生 ・サイキックディテクティブ(1、2、3、4、5、ファイナル)
・アークトゥルス ・英雄伝説X 海の檻歌 ・シュバルツシルト(F以降?)
■その他 (PC Engine)・コズミックファンタジー ・青いブリンク ・不思議の海のナディア
・天外魔境ZIRIA ・てきぱきワーキンラブ (PC-FX)・虚空漂流ニルゲンツ (MSX)・メタルギア2
(サテラビュー)・ラジカルドリーマーズ (アーケード)・ストリートファイターIII 2nd ・鉄拳シリーズ
(特殊)・剣神ドラゴンクエスト

5 :(^Д^)ギャハッ:2005/07/16(土) 19:37:58 ID:HG/+TYcc
239 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/07/16(土) 16:57:50 ID:LFjCsu3P
ジルオールは糞ゲーと気づくのが遅いゲームだった
アークザラッド3みたいな感じ

240 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/07/16(土) 16:59:17 ID:l5y7m9Uq
最初は結構楽しいんだよな、新鮮で。
んで、化けの皮が剥がれてくる。そして糞ゲー確定となる。

241 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/07/16(土) 17:17:01 ID:LFjCsu3P
そうそう、おまえみたいなウンコちゃんでも最初は楽しめちゃうんだよな

243 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/07/16(土) 17:22:19 ID:LgTBTX+d
同意した途端、ウンコちゃんとかいわれる>>240に嘲笑の嵐w
まぁジルオールが糞なのが事実かもなぁ
お使いゲーと聞いただけでやる気ナッシング

246 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/07/16(土) 18:56:42 ID:emseTk7T
これはなかなか愉快な展開ですたね


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:57:02 ID:wAv9hSSD
>>1
乙です

>>2-5
(・∀・)ニヤニヤ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 21:25:48 ID:Zues1+gx
●途中
■現スレ 
■前スレ ・ロックマンゼロ4 ・学校であった怖い話 ・.hack// ・DOD2 ・かまいたちの夜
・黄金の太陽 ・逆転裁判3
■Part15以前から放置 ・真メガテンデビチル白 ・クーロンズゲート ・重装機兵ヴァルケン
・アバタールチューナー2 ・大正もののけ異聞録 ・キングダムハーツ ・スーパーロボット大戦OG
・ポリスノーツ ・逆転裁判3 ・ルドラの秘宝 ・ONI2 隠忍伝説 ・「テラ・ファンタスティカ」
・グランディア ・ONI3 ・九龍妖魔学園記 ・ブルーフォレスト物語 ・東京魔人学園符咒封録
・ロマサガ(WCだけの話) ・ジャングルウォーズ2 ・バイオハザード2 ・幻想水滸伝3(主3人のED詳細)
●執筆予告がある物 
・ミッシングパーツ[2] ・英雄伝説6 空の軌跡[2] ・ティアリングサーガ[2] ・デビルメイクライ3[2]
・聖刻1092 操兵伝[2] ・転生學園幻蒼録[2]・大貝獣物語2[3] ・LUNAR ザ シルバースター[5]
・LUNAR2[5] ・ファイアーエムブレム蒼炎[5] ・エヴァーグレイス2[6] ・白中探検部[6] ・九怨[7]
・ペーパーマリオRPG[7] ・探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件[7]

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 03:46:52 ID:EXprlA/R
>>1
乙ー。
なかなか立たなかったな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 04:08:46 ID:vilq/SV8
>>1乙。

メガドライブのバトルマニアとバトルマニア大吟醸をお願いします。

10 :逆転裁判3 第四話:2005/07/17(日) 09:43:42 ID:/a/wo2VQ
【第四話 始まりの逆転】
事件発生日時:2月14日午後4時〜5時(検死等により推定)
現場:吾童川上流 吊り橋「おぼろ橋」
被害者:美柳勇希(ミヤナギ゙ ユウキ)警察の巡査部長。5年前の事件で、尾並田容疑者を逮捕した。
死因:刺殺。背中をナイフで刺されたことによる失血死。
容疑者:尾並田美散(オナミダ ミチル)25歳。5年前に誘拐殺人の罪で有罪となった死刑囚。

入院中の成歩堂が、ある事件のデータファイルを読むところから話は始まる…。

6年前、新人弁護士綾里千尋の最初の法廷。依頼人は、脱獄と殺人の罪に問われている死刑囚、尾並田。
かつて営利誘拐で人質を殺し、今回は脱獄して、以前の事件で自分を逮捕した婦人警官を殺したとされている。
あまりに不利な被告の状況、そして検察側が、噂の天才新人検事、御剣怜侍
(まだ新人なので、スタイルが師・狩魔豪〔1-4〕のパクリである)とあって、ベテランは誰も引き受けなかった弁護だ。
千尋のサポートに付くのは、彼女を「コネコちゃん」と呼ぶ皮肉屋の先輩、神乃木荘龍(カミノギ ソウリュウ)。
イトノコ刑事(これまた刑事課に配属されたばかりの新人)の説明の後、証人として出てきたのは
女子大生、無久井里子(ムクイ サトコ)。(どう見ても〔3-1〕の美柳ちなみなのだが、それはプレイヤーにしか分らない)。
偶然現場に居合わせ、事件の写真を撮ったという無久井だが、その証言はどうも不自然だ。
証言の矛盾を突いていくうち、千尋は証人が偶然の目撃者でなく、事件に深く関わっていると確信する。

一時休憩の間に、千尋は尾並田から昔の誘拐事件についての詳細を聞いた。
千尋の弁護に感服した尾並田は、秘密にしていた事件の真相を打ち明ける。「あの事件は狂言誘拐だった」と。
尾並田と勇希、そして人質役で勇希の義妹・ちなみの三人で、美柳家からの身代金を山分けするはずだった。
だが、勇希の裏切りで計画は頓挫し、ちなみはおぼろ橋から川に落ちて行方不明。尾並田は勇希の偽証によって
誘拐殺人犯にされた。…勇希の突然の裏切りは何故だったのか。それを知りたくて尾並田は脱獄したのだという。
尾並田の話と証拠品を組み合わせ、ある確信を得た千尋は、再開された審理でそれを無久井に突きつける。
「あなたの本名は美柳ちなみ!行方不明と見せかけて生きていた、昔の事件の被害者です!」
大逆転!……と思いきや、御剣検事はあっさりそれを認め、証人保護のためにあえて偽名を認めたと発言。
予想以上に狡猾な御剣の弁論に舌を巻く千尋だが、ここで退くこともできない。千尋はさらに攻める。
「過去の誘拐事件は尾並田の犯罪ではなく彼女によるものです!彼女は身代金代わりのダイヤを持ったまま
 川に転落して死んだ風を装い、罪を尾並田に被せて身代金の独占を図った!
 しかし今回、尾並田が勇希に接近し、罪の意識に耐えかねた勇希が真相を暴露しようと考えていると知って
 彼女は義姉を殺し、その罪を尾並田に被せて二人の口を同時に封じようと企んだのです!」
千尋、怒涛の反撃だが、証拠品は無くその論拠は乏しい。ここで千尋は、尾並田自身の証言を希望する。
千尋の推理によるなら、ちなみは尾並田と待ち合わせていた勇希を殺し、自分が勇希になりすまして
尾並田と対面したはず。尾並田が会った女がちなみだとの証言が得られれば弁護側に有利となる。
だが、証言台に立った尾並田は、かすかに微笑んだ後、突然血を吐いて倒れた。
…尾並田は優しすぎたのだ。恋人だったちなみをあくまで信じようとした尾並田は、それが難しいと気付いたとき
ちなみから託されていた毒を自らあおり、自らの口を封じたのである。
法廷が騒然となる中、ちなみは微笑んで、法廷から去っていった。
自分の弁護が尾並田を死に追い込んでしまったと泣く千尋を、神乃木は初めて「コネコちゃん」ではなく名前で呼ぶ。
「泣くな、千尋。オトコが泣いていいのは…全てを終えたときだけ、だぜ」
そう呟く神乃木の拳は、握りつぶしたマグカップの破片で流血しているのに気付かぬほど硬く握られていた…。

この事件から半年後、美柳ちなみを追い詰めた神乃木は、ちなみに毒を盛られて倒れる。
そしてその半年後、〔3-1〕の事件で、千尋はちなみを有罪判決に追い込み、悲願を果たした。
…だが、5年前に決着したはずの事件がまだ終わっていないことを、間もなく成歩堂は知ることになる…。

11 :逆転裁判3 第五話 1/4:2005/07/17(日) 09:44:43 ID:/a/wo2VQ
【第五話 華麗なる逆転】
事件発生日時:2月7日午後11時頃(検死・目撃証言により推定)
現場:霊場「葉桜院」境内
被害者:天流斎(テンリュウサイ)エリス 年齢不詳。癒し系の作風で知られる絵本作家。デビュー前の経歴が一切不明。
死因:刺殺。背後から胴を貫通するほど深く刺されている。死後、3mほどの高さから落ちたらしき打撲傷あり。
容疑者:あやめ 25歳。葉桜院を住職と二人で切り盛りする尼僧。なぜか成歩堂を知っているらしいが…?

2月7日、成歩堂は真宵、春美と共に山奥の霊場「葉桜院」へ修行ツアーでやって来た。
霊力修行に付き合う気など無かった成歩堂だが、ある事情で動向を承諾する。春美が持ってきたオカルト雑誌、
霊場を紹介する記事の写真には霊場の管理者として、美柳ちなみそっくりの尼僧が写っていたのだ。
葉桜院で一行を待っていたのは、院の住職、毘忌尼(ビキニ)、そして宿泊客の作家、天流斎エリスと
その弟子、天流斎マシスこと矢張政志(〔3-2〕の後も失恋を重ね、生き方を変えるべくエリスに弟子入りしたらしい)。
写真に写っていた尼僧あやめは、本堂から離れた「奥の院」にいるらしい。吊り橋を渡って
(つり橋の名はおぼろ橋。勘のいい人は気付くが、〔3-4〕の現場だ!)奥の院であやめと対面。
あやめは成歩堂を見てうろたえるが、彼女と成歩堂の接点については口をつぐんで語らない。
やがて夜になり、真宵は奥の院の修行へ。成歩堂たちは本堂に残る。
そして11時、突然の悲鳴を聞きつけた成歩堂が見たのは、境内の黄金像が持つ七支刀に貫かれる形で
地面に横たわるエリスの死体だった。
本堂には電話が無いため、つり橋のたもとの公衆電話に向かった成歩堂が見たものは
落雷で火がつき、燃え落ちたおぼろ橋の姿。真宵の身を案じて、無理に向こう岸へ渡ろうとした成歩堂は
転落して、吾童川へと落ちていった…。

ここで視点が切り替わる。矢張から緊急の電話を受けて、外国に居た御剣怜侍は緊急帰国する。
そこで待っていた成歩堂が御剣に手渡したのは、成歩堂の弁護士バッジ。
葉桜院の事件で、あやめがエリス殺害犯として逮捕された。成歩堂は彼女が犯人ではないと考えているが
川に落ちて風邪を引いた彼は、とても出廷できない。代わりに御剣に弁護を頼むということらしい。
無茶もいいところだが、親友の頼みを無碍にもできない。御剣は身分を偽り、捜査を開始する。
御剣に心酔するイトノコ刑事の協力で捜査は進展するが、出てくるのは不利な証拠ばかり。
毘忌尼の目撃証言、そして現場の凶器にあやめの指紋が残っていた事実。
だが、御剣はあやめの証言と他の人の証言の食い違いから、そこに手がかりを見出す。
あやめは事件当夜、謎の脅迫状を送り付けられ、おびえて本堂の自室から出なかったらしい。
脅迫状の送り主が矢張だと見抜き、御剣はおぼろ橋近くの山小屋に隠れていた矢張を問いただす。
矢張いわく「脅迫状じゃねえ!あれはラブレターだ!」とのこと、この男、まだ懲りていないらしい。
さらに詰問しているうち、事件当夜もここにいた矢張が何か目撃したらしいことが分るが
彼はそれを話そうとしない。御剣は、矢張を法廷に引き出して尋問することを決意する。
もうひとつ気になるのは、おぼろ橋の焼失によって外界と切り離されてしまった奥の院。
吊り橋の修理は明日まで掛かり、それまでは向こう岸に居るはずの真宵の安否は確認できない。
さらに、春美も行方不明であるとの報告が入る。あの夜、奥の院に入って取り残されたか、それとも…?

12 :逆転裁判3 第五話 2/4:2005/07/17(日) 09:45:10 ID:/a/wo2VQ
2月9日、あやめの第一回法廷。担当裁判官は、いつもの裁判長とは違う、御剣との面識が少ない裁判官。
そして、なぜか行方不明のゴドー検事に代わって検察側に立つのは、御剣の要請に応えた狩魔冥検事〔3-2・3・4〕。
期せずして狩魔門下のふたりの、ありえないドリームマッチが始まる。もちろん冥は御剣を知らぬ振りはしても
犯罪の立証それ自体には手を抜かない。
証言台に立った毘忌尼は「事件当夜、あやめが被害者を七支刀で刺すところを見た」との証言。
あやめの母親代わりである毘忌尼が、あえてあやめの犯行を証言したことで、法廷は有罪に傾く。
しかし御剣はその証言を切り崩しに掛かる。反論する冥とのすさまじい舌戦。勝負を制したのは御剣だった。
凶器は別に有りとの主張で目撃証言自体を無効化する御剣。だがここで、毘忌尼が新たな証言を始めた。
「あの夜、誰かが山門前のスノーモービルを動かした跡があった。犯人は凶器を外へ持ち出したんじゃ?」
昨夜、スノーモービルを運転できたのはあやめだけ。またもあやめに不利な証言だが
御剣は山門前の写真から、スノーモービルが事件前に山門を離れ、事件後に戻ってきたことを証明する。
では、誰が何のためにスノーモービルを動かしたのか…ここで御剣は切り札、矢張を証人として召喚する。
事件当夜、ラブレターであやめを外へ呼び出していた矢張は、そこで何かを見たらしい。
彼が事件直後に描いたスケッチが法廷に提出されたとたん、異様な空気が立ち込めた。
スケッチには、落雷で燃える橋の上を、踊るように飛ぶ人影が描かれていたのである。
矢張いわく、飛んでいたのはあやめだったとのこと。彼は証拠として橋のたもとに落ちていた飾り水晶を取り出すが
御剣は、それがあやめのものではなく、被害者エリスのものだと看破し、新たな推理を展開する。
「本当の殺人現場はおぼろ橋だったと主張しよう。犯人は被害者を刺し殺した後、スノーモービルで
 その死体を葉桜院まで持ち帰り、境内で殺されたように偽装したのだ」
御剣の推理を崩す証拠は検察側に無かった。事件現場が特定できていないという弁護側の主張を容れて
裁判官は審理延長を宣言する。冥は勝ちきれなかったことを本気で悔しがるが、御剣は笑顔を浮かべる。
「成歩堂の復帰まで審理を長引かせる」という目的は達成されたのだ。

2月9日午後、成歩堂は無理を押して捜査現場に顔を出す。おぼろ橋の修理が済み、奥の院へ渡れるようになった。
そこには、真宵を心配して奥の院に入ったまま閉じ込められていた春美が居た。だが真宵の姿は無い。
現場に忽然と姿を現したゴドーは「手遅れだぜ。お前があの子を見殺しにしたんだ」と成歩堂を責める。
調査の結果、奥の院地下の修験堂に人が居る可能性があると分かり、堂の入り口に掛けられた
「からくり錠」を唯一解くことのできるあやめが急遽護送されてきた。
一方、周辺を捜査していたイトノコ刑事が、奥の院中庭で奇妙なものを見つける。
中庭の雪はまるごと取り除けられ、そして庭の石灯籠には血文字で「マヨイ」と書かれていた。
どうやら、ここが真の殺人現場らしい。調査を進めるうち、成歩堂はそこに落ちていた奇妙な護符を拾う。
その護符には、綾里家の紋が付いていた。ある推理をひらめいた成歩堂は、毘忌尼を問い詰める。
「天流斎エリスの正体は、綾里舞子…真宵ちゃんの母親じゃないんですか?」
隠し切れなくなった毘忌尼は、その事実を認める。密かに娘を見守っていた舞子は
娘を狙う陰謀を知って、それを阻止するためにこの葉桜院に姿を現したのだ。
さらに話をするうち、毘忌尼のくちから驚くべき事実が飛び出す。あやめは、春美の母、綾里キミ子〔2-2〕の実子で
しかも彼女には、双子の姉がいたという。父方に引き取られていったその姉の名は聞くまでも無かった。
美柳ちなみ。…そう、全ての事件が倉院流霊媒術のもとに帰結する。
だが御剣はちなみがこの事件に関わっている可能性を否定する。なぜなら、半月前に彼女の死刑が執行され
彼女はもうこの世の人ではないから。
しかし、成歩堂は知っている。倉院流絡みの事件である以上、死者は生者以上に危険な存在だ。
事件の闇は深い。真宵はどこへ行ったのか。奥の院で綾里舞子を殺したのは誰なのか。
そして、橋が燃え落ちた事件の夜、矢張が目撃した空飛ぶ人影の正体とは?


13 :逆転裁判3 第五話 3/4:2005/07/17(日) 09:46:35 ID:/a/wo2VQ
2月10日、第二回法廷。奥の院で修験堂の開錠作業をしていたあやめが審理のために戻ってきた。
だが、なぜか彼女は検察側に向かい、ゴドー検事を通して「真相を証言する」と主張し証言台に立つ。
その内容は驚くべきものだった。事件の夜、被害者、天流斎エリスが奥の院にいた真宵を襲い
真宵は必死に反撃して被害者を刺し殺してしまったというのである。
しかし成歩堂はその証言を否定する。エリスの正体は真宵の母、舞子なのだ。二人が殺し合う理由が無い。
真宵は正当防衛だと言いつつ、エリス殺害の犯人が真宵だという事実は譲らないあやめを尋問するうち
奇妙な矛盾が浮かび上がる。あやめは、何故かおぼろ橋が落雷で焼け落ちたことを知らず
「死体を引きずって橋を渡った」と証言したのだ。
あやめが橋を渡れたはずは無い。だが、死体が橋の向こう、葉桜院で発見されたのは事実である。
この矛盾を解くべく、成歩堂は「谷川を越えた死体」のトリックに挑む。
「矢張のスケッチを逆転するんです。あいつは、山小屋でうたた寝していたときにこの光景を見たと言っていた。
 つまり、このスケッチは風景を逆さに見たもの。そう、死体は空を飛んだのではなく、橋の下をくぐったのです。
 橋を支えていたワイヤーに死体を結び、振り子のように死体を向こう岸に送る!これが『空飛ぶ人影』の正体!
 死体の全身の打撲傷も、橋のたもとで見つかった被害者の水晶も、すべてこれで説明が付きます!」
「ちょっとまて、このトリックだと向こう岸に共犯者が必要だぜ。共犯者が誰か、指摘できるのか?」
「共犯者は…もちろん、あやめさんです。毘忌尼さんが目撃したのは彼女の現場工作だったんです」
成歩堂は確信していた。奥の院で犯行の瞬間を見たと言っている証言台の女性はあやめではない。
奇妙な記憶の欠落、そして擁護するふりをして罪をなすりつける手口。自分はこの女性を知っている…!
「この名を呼ぶことは二度とないと思っていました…美柳 ちなみさん」

名を呼ばれた彼女は、一転して邪悪な笑みを浮かべる。やはり彼女は霊媒で現世に現れた「ちなみ」だった。
修験堂に潜んでいた彼女は、昨日のうちに堂に現れた本物のあやめと入れ替わっていたのだ。
あっさりと自分の正体を認めた彼女は、自分の企みを語る。分家から倉院流を牛耳るべく
キミ子は真宵暗殺を計画した。死刑になった自分の長女・ちなみを、春美に霊媒させて実行犯にする計画だ。
倉院流の権力争いに振り回され、エゴイスティックな性格に育ったちなみがこの計画に乗ったのは
自分を死刑に追い込んだ千尋の妹を殺すことで、千尋の魂に苦痛を与えるため。
あまりに残忍な計画に法廷中がちなみに怒りを向けるが、彼女は意に介さない。
「あなたたちに私は裁けない。私は既に死者なのだから」
そしてちなみは、復讐の完成を宣言する。真宵が見つからないのは、彼女が自殺したからだ、と。
あの夜、何も知らない春美が、キミ子の指示通りちなみを霊媒するのを避けるため、舞子は自らちなみを霊媒した。
現世に舞い戻ったちなみは、そのまま舞子の体を介して真宵暗殺を実行しようとした。
だが、ちなみは真宵を殺そうとしたとき、何者かに刺されて一度だけ意識を失ったという。
「殺されそうになった真宵が反撃して舞子を殺してしまい、後になって相手が自分の母親だったと知って
 己を恥じて吾童川に身を投げた。そんなところじゃないかしら?だから、私の復讐は達成されたの」
真宵を守れなかった…机に伏して慟哭する成歩堂。だが、ゴドー検事が異議を唱える。「それはありえない」と。
その言葉に、成歩堂は入院中に見たかこの事件のファイル〔3-4〕を思い出す。
「奥の院がある吾童川東岸は岩場になっている。飛び降り自殺したなら死体は川に落ちずにすぐ見つかるはずだ!」
そう、答えはすぐそこにあった。舞子が死に、春美は確保されている。とすれば、今ちなみを霊媒しているのは?
「ちなみさん、今あなたを霊媒しているのが真宵ちゃんです。あなたは標的が自分の手中にあるのを知らなかったんです!」
愕然とするちなみの前に、春美に霊媒された千尋が現れた。あの夜、真宵はいち早く千尋を霊媒して
「自分に敵対する霊を呼ぶはずが無い」という心理的盲点に隠れるこの策を伝授されたのだ。
「これで分ったでしょう、ちなみさん。あなたは私に一生…いえ、死んでも私に勝てないのよ!」
…死者を裁く法は無い。だが、その魂に敗者の烙印を押され、ちなみの霊は絶望の悲鳴と共に消えていった。
すべて終わりかと思いきや、ゴドー検事がさらなる異議を唱える。
「綾里舞子殺害の真犯人は立証されていない。検察は最後の証人として綾里真宵を召喚する!」

14 :逆転裁判3 第五話 4/4:2005/07/17(日) 09:47:14 ID:/a/wo2VQ
検察側の要請で、真宵が証言台に立つ。だが、その証言には違和感があった。
舞子を殺した「犯人」は、真宵に嫌疑が及ばぬよう気を遣い、そして真宵もその犯人をなぜか庇う節が見られる。
だが、真実こそが全てに優先するという信念に従い、成歩堂はその矛盾を暴く。導かれた答えは意外なものだった。
「真犯人は…ゴドー検事、あなたです。あなたは奥の院に居たから昨日の法廷に出ることができなかった。
 中庭の不自然な工作もあなたが行ったのなら納得がいく。あなたは視力補助のためにその仮面をつけているが
 それでも特定の色が…『白地に赤』が見えないんだ。だから、現場の雪に散った返り血を取り除くために
 中庭の雪全てを掻き出さねばならなかったし、白い石灯籠に書かれた血文字を見逃すというミスを犯した!」
そして成歩堂は、なぜゴドー検事が真宵を庇ったのか、その理由も解き明かす。ゴドー検事の真の名は
神乃木荘龍。死んだと思われていた、千尋の元恋人にして先輩弁護士。
ゴドー検事はその事実を否定せず、己の境遇を語り始める。5年前の事件で、彼はちなみに毒を盛られて
死にこそしなかったが、昏睡状態のまま5年間眠り続けた。1年前、彼が目覚めたとき
彼は毒の副作用で視力を失い、また恋人・千尋も復讐対象・ちなみも失っていた。
全てを失った彼が見出した目標は二つ。千尋を守ることができなかったにもかかわらず千尋の後継者と呼ばれている
成歩堂の打倒。そして、千尋の最愛の妹、真宵を倉院流をめぐる陰謀から守ること。
検事となった彼は、その権力を使ってキミ子の動向を監視し、行方不明だった舞子を探し出して協力を取り付け
あの夜、舞子、あやめと共に真宵殺害計画を防ぐべく、ひとり奥の院に待機していた…
そこまで語って、ゴドー=神乃木は口をつぐむ。最後の一点「彼が舞子を殺したのか」は自力で立証せよというわけだ。
(ここでBGMに流れるのは、逆転裁判3のクライマックス曲ではなく、懐かしい逆転裁判1のクライマックス曲!
 『3年実経験を積めば一流になる』と千尋が評した、成歩堂の真価が今、問われる!)
ポイントは刀傷。真宵の証言から「真犯人」は真宵を襲おうとした「ちなみ」と争いになり、刀傷を受けたことが分っている。
だが昨日、事件当時のまま奥の院に隠れていたはずのゴドー検事の体に、そんな傷は見当たらなかったのだが…?
「その仮面です!あなたは『ちなみ』ともみ合った際、仮面を弾き飛ばされて顔面に傷を負った!
 そして今も、その仮面の下に刀傷を隠している!!」
成歩堂の渾身のツッコミに大きくのけぞったゴドーは、最早言い逃れようともせず、己の心境を語り始める。
…あの夜、自分は本当に、真宵を守るために戦ったのだろうか。
真宵を守るなら、なぜ真宵の保護者である成歩堂に話をしなかったのか。あの夜、刀を振りかざしたとき
それが本物のちなみでなく、ちなみを霊媒した他人の体だと承知の上で刀を振り下ろしたのはなぜなのか。
あの戦いが無私の義侠心によるものか、それとも自分の虚栄心を満たす自己満足の暴力だったのか
もはや彼自身にも分らない…。
「あたしは信じてます。神乃木さんはあたしを守るため戦ってくれたんです!」
その言葉に応えるように、ゴドーの頬を一筋の血が伝う。…やはり彼は、仮面の下に傷を負っていた。
「俺の世界に『赤』は存在しない。…これは、俺の涙だ。男が泣いていいのは、全てを終えたときだけ、だぜ」

事件は解決した。あやめは事件への関与を認めたが、殺人については無罪となる。
最後に言いたいことはあるかと聞かれたあやめは、成歩堂にある秘密を明かした。
それは「成歩堂とちなみお姉様は、あの裁判の日までに2回しか会っていない」という驚くべきものだった。
「今まであなたをだましていました。ごめんなさい…リュウちゃん」
その呼びかけで成歩堂は全てを察した。警察にマークされていたちなみの影武者として、成歩堂と交際していたのは
彼女、あやめだった。しかし、あやめは本気で成歩堂を好きになってしまい、彼女を疑いだしたちなみは
自分の手で証拠品を滅却しようとして〔3-1〕の事件を起こしたのだった。
「ひとつだけ、言わせてください。…あなたはやはり、僕の思った通りの人でした。それだけはずっと信じていました」
一方、一連の事件の黒幕が自分の母だったと知って、春美は真宵の元を去ろうとするが
真宵はそんな春美を引き止め、自分は今とても幸せだと語る。
「みんながあたしを守ろうとしてくれて、そして今あたしがここにいる。だからあたしは幸せなんだよ」
成歩堂も真宵も、大きな試練を乗り越えた。庇護者の元を離れ、一人で立つときがやって来たのだ。
〜逆転裁判3 END〜

15 :逆転裁判3担当:2005/07/17(日) 09:51:33 ID:/a/wo2VQ
逆転裁判3、これにて全編の終わり。同時に、逆転裁判三部作の完結でもあります。
逆転裁判シリーズは、1を飛ばして2や3から始めても構わない造りになっていますが
新人時代の千尋や「御剣弁護士」VS狩魔冥といった、逆裁ファン向けのくすぐりの多い本作は
やはり1・2をプレイしてから遊んでみてほしいというのが個人的な意見ですね。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 12:08:48 ID:EXprlA/R
逆転裁判の人乙です

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 22:14:58 ID:9Cihi6Cx
すれ違いだが
最終的に敵側の勝利に終わるRPGってない?STGのシルバーガンみたいな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 22:25:10 ID:aJ0sqGQ6
ある意味ラジアータ

19 :イリスのアトリエ2:2005/07/18(月) 00:21:13 ID:3azBQgZ0
平和な世界「エデン」で暮らすフェルトとヴィーゼ
ヴィーゼが一足早く正錬金術師になった日、地震が起きマナの聖地が消滅
封印の解けた「アゾット剣」を手にエデンの危機を救うべく
フェルトは異世界「ベルクハイデ」へと旅立った

フェルトは反帝国組織シルムシルトのメンバーのノインと知り合い
彼らに協力することになる。その一方、ヴィーゼはシェアドリングを作成
フェルトとお互いアイテムを送れるようになり情報とアイテムで手助けする。

フェルトを襲撃する謎の少女フィー。彼女は世界を滅ぼしかけた真紅のアゾットを
破壊しようとしていたがフェルトの持つ剣は対となる深緑のアゾットだった。
彼女の育つ教会へ真実を確かめに行くと、そこにはエデンがあった。
かって真紅のアゾットが引き起こした災厄により錬金術師達はマナと共に
エデンを作り閉じた世界に住み分けたのだ。
一方ヴィーゼは謎の少女イリスと暮らし始める。
マナとの契約なしにアイテムを練成するイリスに謎を感じるヴィーゼ

フェルトは工房をめぐりエデン再生に取り掛かっていく。
その前に立ちふさがる帝国の瞬弟ケイオス。その手には真紅のアゾットがあった。
シルムシルトリーダーのマックスは一騎打ちで追い詰めるが
ケイオスの秘儀エグザズノシスにより石化する。で、フィーがマックスの妹で
帝国に滅ぼされた王家の王女と発覚。帝国の執政官を倒し国を奪還する。

エデン再生と王国奪還後、エデンへ帰ると手紙を残し失踪するフェルト
ヴィーゼは彼を救うため単身ベルグハイデへと向かう

20 :イリスのアトリエ2:2005/07/18(月) 00:35:32 ID:3azBQgZ0
フェルトの知り合い達と共に教会に向かったヴィーゼたちの前には石化した
フェルトと破壊された装置があった。フェルトの石化解除に成功するが
エデンの封印が解かれベルクハイデに顕現する。

ケイオスはエデンに向かい、原初のマナ「リリス」の転生体である
イリスを捕まえる。だが、ここで真紅のアゾットに込められた錬金術師
パラケルススがケイオスの身体を乗っ取る。彼の目的は最初からリリスの力だった。
エグザズノシスの力でエデンに侵入不可になる。

フェルトたちはケイオスとの戦いで破壊された深緑のアゾットを再生。
材料が良かったので出力3倍になる。その材料集めのなかで
ケイオスが病気の妹を助けるためエリキシルを手に入れようとしたが
必要なマナはエデンにしかいないのでエデンの封印を解こうとしていたことがわかる。
でも、妹は既に死んでた。「ヴェーゼ…彼女にエリキシルを頼む…」

リリスの力を取り込み、無制限にマナの力を扱うパラケルスス
深緑のアゾットの意思エラスムスは彼の一番弟子で力に魅せられた師を倒すため
その全ての力を解放する。リリスの力は世界に飛び散り一体化した。
フェルト、ヴィーゼはイリスと共にエデンの我が家へと帰っていくのだった。
終わり

イリスは後に大錬金術師として大成し、1000年後ぐらいの話が1になる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 01:43:20 ID:37Q0iKqK
SFC「マーヴェラス もうひとつの宝島」のストーリーをお願いします。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 05:38:02 ID:2XvWpXBM
イリスのアトリエ2の人乙です

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 06:28:29 ID:b1LgLB3F
誰か「流行り神」お願いします。
ソフト買ったはいいが、恐くてプレイできない…。

あとイリスの人、乙です。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 09:36:42 ID:QC66srs7
>>23
怖くないよ。流行り神。
オカルト話のうんちくが主。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 17:23:53 ID:n0Vmxcn4
>>20
>イリスは後に大錬金術師として大成し、1000年後ぐらいの話が1になる。

1のイリスと同一人物?


つか、1のほうも誰か頼む

26 :流行り神:2005/07/18(月) 22:53:47 ID:OUpqXmLE
>>25 明言されてないんであくまで俺解釈。でも合ってると思うぜ
リベンジの方を買ってきた、一話まで投下

「友達の友達から聞いた話なんだけど…」
そんな口上で始まる噂、都市伝説を誰もが聞いたことがあるだろう。
実際にその話が嘘か本当かわからない。その友達を探そうとしても
話の出所は友達から友達へと連鎖し、決して体験者にたどり着くことはできないのである
怪談と違い「いつ」「どこで」「だれが」という信憑性を与える項目が曖昧…
何故なら、都市伝説においては「いかに面白いか」というのが重要なのである。
更に噂は人から人へ伝えられるうちに尾ひれがつき、形を変え広がっていく…
まるで、その伝説自体がいきているかのように…

「FOMAという言葉を知っているかね?」…フレンド オブ ア フレンドの頭文字
あなたに声が問いかける謎の声。彼は都市伝説の中には決して表には出ない真実の一端が
隠されていると告げる…そして、あなたは行方不明になった刑事風見純也として
それに関わることになる…

風見純也…元・キャリア組?
小暮宗一郎…経歴は長いのに主人公を先輩と呼ぶ部下。体育会系。おばけ大嫌い
犬童蘭子…上司、仕事をしているのを見たことがない。関西弁のねーちゃん

第一話 チェーンメール
不幸の手紙…稚拙で誰も信じない内容でも受け取った人は精神的圧迫を受ける…
そして被害者は加速度的に増えていく。時代と共に変化し現代ではチェーンメールと
いう形で今も行われている…これは一つのチェーンメールが生んだ悲劇である。

警視庁地下5階…警視庁には地下4階までしか存在しないはず…そこが職場だ。
巷では若い女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きていた。
眉をひそめる風見の元にメールが届く。(いつもは電波が届かないはずなのにだ
「私は都内で起こっている連続殺人犯の犯人を目撃しました。
メールでは詳しいことは話せません。けど、何とか犯人を止めたいと思っています。
協力していただける方は、電話番号を返信してください。なお、協力が難しい方は、
このメールを3日以内に10人の友達に送ってください。
もし送らなかったら、連続殺人事件の次の犠牲者はあなたになるかもしれません…END」
返信しないと…数日後殺される…というようなデジャブを覚えたので返信する。
すると送り主からホントに連絡がはいる、犯人は「はっとりえりさ」だと言われ調べると
人気アイドル川原ミユキの本名と同じだとわかる。

27 :流行り神:2005/07/18(月) 22:55:03 ID:OUpqXmLE
林奈緒ルート
送り主は林奈緒、メークの仕事をしている女性だった。彼女は川原ミユキと新人時代からの
付き合いだったという、しかし彼女はある心霊番組に出てから変わり始めた…
独り言を呟いたりナイフを持ち歩いたり…そして彼女は殺人の現場を目撃したというのだ。
彼女の証言を信じ、殺害現場に案内してもらう…廃ビルの地下には黒魔術を思わせる
祭壇があった…。そこに現れた川原ミユキは血を浴び外国語のような呪文を唱える…
「被疑者確保だ!」だが、小暮は気絶していた。首を絞められ気絶した風見…
「はよ、起きんかい!」蘭子に起こされると既に川原ミユキは逮捕されていた。
「なるほどなぁ…」壁に掛けられた肖像画を見て蘭子は呟く。
エリザベート・パートリ。自らの美しさを保つため3百人以上を殺した女吸血鬼…
川原ミユキも永遠の美しさを求め血を求めたのだろうか…
そして事件解決から姿を消した林奈緒、彼女は4ヶ月も前に殺されていたのだ…

川原ミユキルート
送り主は川原ミユキ本人だった。半年前から楽屋が荒らされたりバッグにナイフが入っていたり…
そして、いつも誰かが近くにいるような感覚がしていたという
そして一週間前、彼女は殺人現場を目撃することになる。あなたは誰なのという問いに
殺人鬼ははっとりえりさ…そう名乗ったというのだ。幻覚、妄想、二重人格。
彼女は自分を疑い検査を受けたが精神状態は正常という判定を受けたそうだ。
警察にも訴えたがまともに取り合ってはくれなかったのだという。
1、彼女の話を信じ保護を行う。
急によそよそしい態度になる川原ミユキ、仕事現場に行くといいつつ廃ビルへと姿を消す
追いかけた風見の前には黒魔術の祭壇があった。襲撃する殺人鬼
人間とは思えない力で襲ってくるが小暮の着メロに拒絶反応を起こし倒れる。
殺人鬼の正体は川原ミユキ本人だった。自らの罪を知ったミユキは屋上から飛び降りる…
それから2週間彼女は一命を取り留めたものの眠り続けている…
「風見、あんた生まれ変わりを信じるか?古の亡霊に取り付かれた悲劇の歌手…単なる妄想や」
あの時の着信は川原ミユキの携帯からだった。あれは彼女の抵抗だったに違いない
曲名は彼女の新曲ファントム(幽霊)、それは悲しいエンディングテーマに聞こえた…
2、彼女の話を信じない
その日の夜、川原ミユキは心臓麻痺で死亡した。この日を境に連続殺人事件は止まる…
これを見てください…小暮が見せてくれた2つのサイン。あの日もらったものと懸賞であたった
サインは明らかに別物だった…。2重人格。ドッペルゲンガー。
謎は解けないまま事件は闇へと消えていった…。

密室の中、風見純也の関わる事件を聞かされる「あなた」
声は言う我々人間が見聞きする自称すべてを不可思議なものと認めてしまえば、迷いはなくなる
友達の友達が流布する噂話に隠された真実を見極められるようになるだろう…と。
「ところで君は聴いたことがあるか?これは私の友人の友人から聞いた話なのだが…」

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 05:59:44 ID:Lba4Mq/t
これからの俺の人生を教えてくれ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 06:54:09 ID:Nd2eEBoF
武蔵伝2お願いします

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 12:15:21 ID:MmXFMipK
皆さん乙〜
イリスだけど、シェアドリングってヴィーゼが作ってないような気がする。
錬金術師になったときもらったんだと(本来の使用法を見つけたのはヴィーゼだったけど)
あとフェルトのアゾットは深蒼だったかな。

イリス1の大まかな話は、主人公クレインが、
奪われた、ヒロインリィタの命の源である赤水晶(賢者の石)を作るために、作り方と材料を求めて東奔西走する話。
無事に赤水晶を作成した後は、
過去に大暴れかなにかして、封印されていたトリスメギストスが、奪われたリィタの赤水晶によって復活したので、
復活させた奴を倒して、トリスメギストスをもっかい封印しなおして終わり。
クレインとリィタは共に旅に出ることになりました。

イリスは1000年前の錬金術師、そしてリィタの製作者(リィタはホムンクルス)
本来は、一人一マナしか契約できないが、複数のマナと契約できるもの(本作ではクレインがそう)はイリスの系譜と呼ばれている。

サブイベントで、ちょっと暗い雰囲気の魔法屋のビオラという女の子と仲良くなると、
死んだ兄に会いたいから、あるアイテム(名前失念)の材料を集めて欲しい・・・という話を聞くようになって、材料を集めることに。
途中で兄に会う=魂に会うではなく、=死ということに気がついたリィタはビオラを一喝。
なにも知らないクレインは材料を全部あつめてしまい、リィタは本当に作って兄の下へ行ってしまうのか・・・と思っていたが、
ビオラもクレイン達と接するようになって、考え方が変っていて、前向きに生きるようになっていたので、
結局出来たアイテムは全然違うものになり、クレインにプレゼントされた。

話のほとんどがお使いなので、つきつめるとこんな感じだったと思う。
ぶっちゃけサブイベントの方がよかった。
さすがにあのガッツ&クイック連続のアレをもっかいやる気にはなれない。

31 :23:2005/07/19(火) 14:04:19 ID:IN72aThO
流行神の人、ありがとうございます。
絵が好みで衝動買いしてしまったんですが、恐くてプレイできなかったんですよ。
でも何とか昼間ならプレイできそうな内容で良かった…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 16:06:41 ID:MmXFMipK
>25
ビジュアルとしてだけど、1と2のイリスは同一人物に見える。
リィタもヴィーゼ&フェルトもファミリーネームはブランシモン
この点から、同一人物じゃないかなと。作中では明らかにはされてなかったと思います

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 17:03:00 ID:ZgULm8AB
同一人物じゃなければ2と付ける必要も無いしな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 19:54:01 ID:Nd2eEBoF
上げたいけど、夏が終わるまで上げるの止めといた方がいいんだろうか
なんか人も少なくなってきたし、新規を呼び込みたいんだが

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 22:03:21 ID:wfq+X4yh
容量使い切る間近に投稿しようとする人は
少し気を配ってくれるとすごく嬉しい。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 22:13:01 ID:YaCn7bzT
>>30
そうそう深緑じゃなくて深蒼だった。
シェアドリングも錬金術師合格時にもらったものだったネ。訂正ありがd

>>31
バッドエンドはちょっと怖いので、攻略サイトを見よう

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 02:22:34 ID:MGLA2m0o
ゲームボーイの、「サバイバルキッズ孤島の冒険者」と「サバイバルキッズ2脱出!!双子島」をお願いします。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 05:57:09 ID:GUAIWZmK
最近出たGENJI(ゲンジ)をお願いします

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 11:11:23 ID:TU0Oo5HK
>>31
凄い怖いのもあるので注意が必要です。
以下ちょっとしたグロbadバレ注意













両目をくりぬかれた男性が目(があった所)から血を流しながら
目の前まで迫ってきて「次はオマエだ」みたいな事を言うENDもあります。

書いてて寒気がしてきた…

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 12:23:17 ID:jl++8hT8
>>39
男性じゃなくて林奈緒。事件解決に協力しなかった逆恨み…

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 16:15:24 ID:8xBdEsnG
要望はないけど書いてみたいソフトってのもあるわけで、
そういうのはどうすればいいでしょう?

PSの「アランドラ」とか、けっこう鬱入ってて書きがいがありそうですけど

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 16:28:43 ID:fi5Nnzcw
よきにはからえ

43 :PCが壊れたり大変だった…:2005/07/21(木) 17:56:00 ID:MDSY7cjb
その4チュンソフ党の陰謀編

その3暗号編
>金でも せ しめようとでもする気なのか、香山さんは驚くことを言い出す
>ので呆 れ る透たち。
>まった く とてつもない商魂の持ち主だ。
>「きっ と そう言うと思いましたよ…」真理が突然話し出す。
>「これ を 売ることは出来ません」
>少しお お げさに真理は言った。
>「どう せ 偽者なんだろう?」と透は真理に聞く、から分岐

わたしはまだ生きている。そのことを神に感謝すべきなのかもしれない。
1994年、この『かまいたちの夜』がSFC用ソフトとして発売された時、原作者であるわたしは
ある秘密文書をそのカセットの一部に忍び込ませることに成功した。
恐ろしい陰謀を止めるために。

当時の機密文書
今これを読んでいるあなたが誰なのか、わたしには分からない。子供なのか、大人なのか、男なのか、
女なのか…。このゲームの購買層を考えるなら、高校生くらいの男の子というのが可能性としては
高いのかもしれない。
いずれにしても、純粋にゲームを楽しもうとしてこのソフトを借ったごく普通の人であって、”彼ら”の
仲間でないことを痛切に願う。
あなたが誰なのか、私には分からない。わたしはさっきそう書いた。しかし、あなたの方はわたしの
ことを知っているはずだ。少なくともその名前を、このゲームのパッケージなり、スタッフロールなりで
見かけているに違いない。
わたしの名前は我孫子武丸。いや、そういう名前で知られている人物の影にいる、本当の作者。
それがわたしだ。パッケージやマニュアルに顔写真が出ているかもしれないが、それはわたしではない。
わたしの名前を語っている”彼ら”の仲間だ。
わたしはこの『かまいたちの夜』のストーリーのほとんどすべてをチュンソフトの社内の一室で
書かされている。そしてわたしは今、仕事をしているふりをし、”彼ら”の目を盗みながらこれを
書いている。そう、”彼ら”とはすなわちチュンソフトの社員達のことだ。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 17:56:54 ID:MDSY7cjb
正直に言うと、わたしも始めは”彼ら”の仲間、チュンソフトの社員だったのだ。しかし、この
『かまいたちの夜』の制作に参加し、プロジェクトが進むにつれ、この会社の真の姿とその恐るべき
陰謀に気がついたのだ。わたしはもちろん逃げ出そうとしたが、あと一歩のところで”彼ら”に
取り押さえられてしまった。それ以来、ずっとこの部屋に監禁され、強制的に仕事をさせられている。
”彼ら”にとって都合のいいことに、わたしには身寄りもなく、社外の友人も少なかったから、
わたしの行方を探してくれる人もいないだろう。
この仕事が終わると同時に、わたしは殺されるだろう。だから多分、あなたがこれを読んでいる今、
わたしはもう”彼ら”の手によって抹殺されていることと思う。ここから何度も逃げ出そうとしたが
そのたびにつかまり、思い出すのもおぞましい数々の拷問を受けた。
わたしはもはや生き延びる希望など抱いてはいないが、”彼ら”の陰謀を世間に伝え、阻止してもらうため
これを書いている。普通のゲームの背後に、暗号を解かなければ見つけることのできないように、この
メッセージを隠しておく・・・そうすれば”彼ら”の目に触れずに、外の人間に情報を伝えることが
できると考えたのだ。マスターのROMにこのメッセージを仕込む事ができればいいのだが、わたしの立場
ではそれは不可能だ。一ケース分、あるいは二ケース分をすり替えるのがせいぜいだ。
その何十本かのうち、果たしてこのメッセージにたどり着ける人間がいるのかどうか、そしてたとえ
これを読んだとしても信じてもらえるのかどうか…わたしにはまったく分からない。そしてまた、出荷
する前にチェックを受け、”彼ら”によって破棄されてしまうことがないという保証もない。
…あれこれ心配するのはよそう。誰か善良な人間がこれを読んでくれていることを信じ、わたしはこれを
書き続けることにする。
あなたは多分どこかで、サブリミナル知覚という言葉を耳にしたことがあるだろう。
気がつかない程度の刺激・・・潜在知覚とも呼ばれているものだ。聞こえないほどの小さな音、認識できない
ほど短い時間だけ映し出される画像…そういった知覚できない刺激が、潜在意識に影響を及ぼす。
”彼ら”はこのサブリミナル知覚をゲームソフトにおいて実験しようと試みた。その最初が『弟切草』
というソフトだった。埋め込まれたメッセージは比較的他愛もないものだった。『チュンソフトのソフトは
面白い』というものだ。
メッセージを埋め込んだのと、そうでないソフトを別々の地方に出荷し、次回作の売れ行きを比べて
結果を探ろうというものだった。そして『トルネコの大冒険』というソフトによって実験の効果は
確かめられた。メッセージを埋め込んだ地域の売れ行きはめざましいものがあったのだ。
この段階でも、商業モラル上若干問題があることはお分かりだろうが、”彼ら”の真の狙いはビジネスの
成功などというささやかなものではなかった。やがては日本をになうことになる若者たちを子供のうちに
洗脳し、熱狂的なチュンソフトの支持者にすること。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 17:58:01 ID:MDSY7cjb
このソフトをプレイした子供達が大人になる頃には、チュンソフトは単なるゲームソフト会社ではなく
宗教法人、政治結社、多国籍企業の複合体となっているだろう。その時、洗脳された若者たちは中村光一を
神と崇め、”チュンソフ党”に投票し、チュン食品のインスタント・フードを食べながら廃人のように
なってチュンソフトのゲームをプレイし続けることだろう。
それこそが”彼ら”の目的なのだ。経済、政治、信仰のすべてにわたって日本全体を支配すること。
笑い話のように聞こえることは承知している。しかしこれは本当のことなのだ。
現にこのソフトをすでに何度かプレイしているはずのあなたは、チュンソフトに対して奇妙な信頼感を
覚えているはずだ。十回以内であれば、まだ洗脳されきってはいない。二十回、三十回目でこれを読んでいる
のだとすると、おそらく何を言っても信じてはもらえないことだろう。
しかし、これは真実なのだ。誰か”彼ら”の陰謀を暴いて欲しい。簡単なことだ、わたしがこれから教える
電話番号に、電話を一本かけるだけでいいのだから。わたしが全面的に信頼できる唯一の友人の電話番号だ。
彼にすべてを話してくれ。それだけでいい。
危険なことは何もない。逆に、彼に伝えてしまうことであなたの危険度は下がるのだ。
…恐がらせたくはないので黙っていようとも思ったが、そうもいかないようだ。
もしわたしがこのメッセージを何十本かのソフトに忍び込ませ、正常なカセットにまぎれこませることが
できたとしても、”彼ら”はいずれ本数が合わないことに気がつくだろう。
そうすれば、”彼ら”が小売店までソフトを追跡するのは簡単だ。予約して買った人や、小さな店で買った
人なら、”彼ら”はすぐにでも見つけ出すだろう。もし量販店で予約せずに買ったのだとしても、安心はできない。
発売後一ヶ月…多分、それだけあれば”彼ら”の力ならすべてのソフトの行方を探り当てることだろう。
購入して一ヶ月以上経っているのだとしたら、確実に今のあなたは”彼ら”の監視を受けている。
高性能の指向性マイク、赤外線カメラ…そういったものがあなたの部屋のすぐ外であなたを狙っているに
違いない。
待って!窓から外をのぞこうなんて考えないほうがいい。ライフルの絶好の的になってしまう。
窓際には絶対立たないこと。今あなたがすべきことは、床を這って電話にたどり着き、わたしの友人に
かけることだ。”彼ら”はこのメッセージを見つけてしまったあなたの口を塞ぐべきかどうか、すぐ外で
思案しているところなのだ。時間はない。電話をかけてすべてを伝えてしまえば、あなたを殺しても
後の祭りだ。だからあなたが生き残るためには、電話をかけなければならないのだ。
早く、早くしないと”彼ら”がやって来る。新聞の集金のふりをして。あるいは電気工事を装って
・・・ああ、外で”彼ら”の足音が


…これが四年前の機密文書だ。
話を元に戻そう。
当然のことながら発売数日も経たぬうちに、わたしの行為は”彼ら”に発覚し、社内にある拷問部屋で
様々な責め苦を受ける事となった。しかし何百人かのユーザーの手元には確実にメッセージは届いたはず
だし、そのうちの何人かは陰謀を止めるために行動を起こしてくれたと信じている。
しかし、チュンソフトの野望はいまだ潰えていないようだ。今回、『かまいたちの夜』をPS用ソフトと
して再発売するというのだ。その結果、わたしも四年ぶりに地下の独房から引きずりだされ、移植作業
を手伝わされる事となった。当然、以前告発文書を隠していた「リセット」の部分は使えない。
やむなく文書を手直しするふりをして新たな隠し場所を作った。
果たして何人のユーザーがここにたどり着いてくれるのだろうか?
そして何人のユーザーが、立ち上がってくれるのか?
…これがばれれば、今度こそわたしは殺されるだろう。
後はただ運を天に託して祈るだけだ。
今これを読んでいるあなたが無事に生き延びて、陰謀を止めてくれる事を…

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 20:47:56 ID:8xBdEsnG
じゃ、読む人いるかどうか知らないけど勝手にアランドラ投下します

47 :アランドラ:2005/07/21(木) 20:48:28 ID:8xBdEsnG
「神の御姿を描いた如何なる物−−絵画、像などの所有を禁ずる」

突然、国王より偶像崇拝を禁じる触れが出された。
神が人間のこの行為に腹を立てないわけもなく、
罰として、愛すべき民は物を作り出す力
すなわち創造力を奪われてしまったのだった。
だが、神は人間を見捨てはしなかった。
人々は神より授かった、「夢に干渉する力」を使い、
失いかけた生きがいを夢の中に求め始めた。
そしていつしか、人間は夢を自由に操ることができるようになっていった…。

48 :アランドラ:2005/07/21(木) 20:49:59 ID:8xBdEsnG
その晩もまた、アランドラは夢を見た。
いつの頃からか、眠りにつくと必ず見る。
「イノアの村の北方、湖の深き底に眠る悪魔が
今まさに目覚めようとしておる。
滅びようとしている世界を救えるのはそなただけだ」
守護者を名乗る老人が必死に呼びかけてくる。
自分にそんな力があるのか?「悪魔」とは何者なのか?
そんな疑問に終止符を打つべく、アランドラはイノアの村へと向かう旅に出た。


旅の途中、アランドラが乗る船が嵐に巻き込まれ難破した。
彼が目を覚ますと、そこはベッドの上だった。傍らに中年男性の姿がある。
「気がついた様だね、よかった。
 君は気を失って海岸に流れ着いていたんだ。
 わしの名はアンゼス。このイノアの村で工匠をしている。
 よかったらこの部屋を使いなさい。わしは独り者だ。気を使うことはないよ。」
というわけで、アランドラは当分の間、アンゼスの家に居候することとなった。

当分はこのイノアの村に滞在することになる。
そこでアランドラは村人たちに挨拶回りをしに行った。
しかし、ちょうど今、村ではある問題が発生していた。
ワインズという老人が悪夢に苦しめられているというのだ。
数年前に村にやってきた、「夢」の研究者セクタスにもどうにもならないらしい。
アランドラはセクタスに依頼されて足を運んだ、
夢研究の第一人者ターレス(故人)の館で一冊の本を見つけた。
セクタスは、アランドラの額にある傷とその本を見比べて、言った。

「この本にはこう書かれています。
 額に傷ある者、人の夢に入る力を持つ。
 アランドラ、あなたはエルナ、すなわち『まどろみの一族』。
 人の夢の中に入り、悪夢と戦う力を持っているのです。
 あなたならワインズを苦しめている悪夢を何とかできるかもしれない。」

アランドラはワインズの手を握り、セクタスの言葉に従って意識を集中した。
次の瞬間、彼はワインズの夢の中に入っていた。
夢の中でワインズを襲っていた魔物を倒し、アランドラは現実の世界に戻った。
まもなくワインズは目を覚ました。ワインズは悪夢から救われたのだ。

ワインズが助かったという事を聞いた村人ゴウゼスは、アランドラを教会に誘った。
教会で、アランドラはロエイン神父とともに神に祈りをささげた。

49 :アランドラ:2005/07/21(木) 20:50:57 ID:8xBdEsnG

この村はなぜか悪夢に苦しめられている人が多く、それを救うためにセクタスはこの村に来たらしい。
しかし、結局は自分の無力を痛感するだけだったという。
あなたには悪夢と戦う力がある。
その力を貸して欲しいというセクタスの言葉に、アランドラはうなずいた。

そのとき、轟音がとどろいた。そしてまもなく、人の叫ぶ声が聞こえた。
「大変だ!炭鉱が崩れたぞ!」
家から飛び出した二人は、村長の家に運び込まれた鉱夫オーレンの元へ向かった。
崩れる炭鉱から脱出できたのはオーレン一人だけ。そのオーレンも重体だ。
オーレンは、気を失う直前、「ムルータ」と呟いたらしい。
「ムルータ」とは、村の北西の森に住む猿のこと。
炭鉱が崩れたのはそいつらの仕業だろうか?

何が起こったのかを知るべく、アランドラはオーレンの夢に入った。
オーレンの夢の中で見たものは、鉱夫が崩した壁の向こうから現れたムルータの群れだった。

アランドラは夢の中で見たことを周囲の人に話した。
ムルータに洞窟を掘るほどの知能があるとは考えにくいのだが…。
そんな話をしているうち、オーレンの容態が悪化。そのまま、彼は息を引き取った…。

アンゼスの家に戻りなさい、と言われたアランドラはその通りにした。
アンゼスは、工房にこもって何かを作っていた。

「偶像崇拝が禁じられてから、わしらは物を作る意欲を失ってしまった…
 きっと、神の怒りに触れてしまったのだろうね。
 しかし…わしは、やる。
 『武器を作ってくれ!その武器を取って、戦ってくれ!』
 …そう、オーレンの魂が語りかけてくるんだ。」

アランドラは、出来上がった「炸裂弾」を手にして、
生き埋めになった他の鉱夫を救出するべく炭鉱に向かった。

塞がった入り口を、炸裂弾で破壊して炭鉱内部を探索したアランドラ。
しかし、生存者は誰一人いなかった…。
オーレン含めて4人いた鉱夫は、誰一人として生きて帰らなかったのである。

50 :アランドラ:2005/07/21(木) 20:52:35 ID:8xBdEsnG
とりあえず序盤だけ。
この時点ですでに4人死んでます。
本当に人死にが多いんです、このゲーム。鬱になれます

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 20:54:20 ID:rpUoh//2
乙。先が気になる。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 21:24:32 ID:bMO9pZev
アランドラ懐かしいなー
ヌルゲーマーの自分には操作が難しすぎて何度投げ出しそうになったことか…
でもおもしろかったな。ストーリー鬱だが

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 21:31:01 ID:DB6MCIBq
アランドラ乙です
読む人はいるから頑張って下さい

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 21:43:02 ID:qG/aZkB0
アランドラは隠れた良作だよな。
2はやってないが・・・

55 :アランドラ:2005/07/21(木) 21:56:51 ID:8xBdEsnG
村に戻ったアランドラは、シヴィルという少女に会いに行った。
彼女の母親シーラがぜひ会ってやって欲しいと言ってきたのだ。

シヴィルは睡眠中には夢を見ず、覚醒中に夢を見るという特異体質であり、
しかも、その夢は「予知夢」であるのだと言う。
彼女の夢に入ったアランドラはさまざまなものを見た。

悪魔と思しき影を崇めるムルータ。
獣のような声が轟く村を徘徊する、村に住む狩人クライン。
囚われの少年の夢の中に次々飛び込んでいくムルータたち。

シヴィルは呟いた。
「いつか、この夢は現実のものとなるでしょう。」


アンゼスの家に戻ったアランドラは、鉱夫たちの墓参りをしてやって欲しいと花束を渡された。
それを受け取り、教会の隣にある墓地へと向かった。

鉱夫の墓前に花束を供え、祈りをささげた。
そして、立ち去ろうとしたアランドラの耳に、聞き覚えのある声が届いた。
その声に導かれるように、アランドラは、賢者ラアの地下墓所に入っていった。

その最深部で、今まで毎晩のようにアランドラの夢に登場し、
メッセージを送り続けていた賢者ラアと対面した。こんな話だった。

村の北にある湖の底に封じられている悪魔「メルザス」が世界を支配しようとしている。
奴の準備が整う前に封印を解き、メルザスを討て。
封印は、私を含む7人の「守護者」がそれぞれ守っている。

アランドラは、メルザスの封印を解く鍵のひとつ、「鳩血のルビー」の紋章を受け取った。
(うんちく:ルビーの中でも最高級のものは「鳩の血・ピジョンブラッド」と呼ばれている)

56 :アランドラ:2005/07/21(木) 21:59:09 ID:8xBdEsnG
墓参り(?)を終えて戻ったアランドラは、
青年ボージスと彼を慕う女性ナーシアの2人が倒れたと言う話を聞いた。
ナーシアは、眠ると周囲の物体を破壊してしまうと言う謎の力を持ってしまったため、
眠ると周囲に迷惑がかかると言って、もう6日も寝ていない。倒れて当然である。

ベッドで寝息を立てているナーシア。そのとき、どこかで何かが破壊される音が聞こえた。
飛び込んできた村人によれば、故・オーレンの家が破壊されたらしい。
これは悪夢のせいだと断じたセクタスの言葉を受け、アランドラはナーシアの夢に入ろうとした。
しかし、目を覚ましたナーシアは、それを拒絶した。
「アランドラが夢に入るには、私が眠っていなければならない、でも眠るわけにはいかない」
 それより…ボージスを連れて来て。愛してる、なんて言ってくれなくてもいいの。
 ただ、私のためだけに笑ってくれれば…。おねがい。」
報われない愛。ナーシアはこんなに想っているのに、ボージスは全く相手にしない。
そのため、冷たい現実を無意識のうちに破壊してしまうのだろうとはセクタスの弁。


アランドラは、ボージスの家に向かった。
ボージスは、眠りについたまま、どんなに起こそうとしても目を覚まさなくなってしまった。
うわごとで、「サーティ」という女性の名らしき言葉を呟くのみ。
アランドラは、ボージスの夢の中に飛び込んだ。

サーティとは、現実の女性を好きになれなかったボージスが夢の中に作り出した理想の女性だった。
しかし、サーティはいつしか人の魂を食らって生きる夢魔と化し、
今まさにボージスがその餌食になろうとしていた。
アランドラは、ボージスを救うために夢魔サーティを倒した。
夢魔サーティは、「ボージスが将来愛するであろう女を道連れにしてやる」と言い残して消滅した。


こうしてボージスは救われた。しかし、ボージスはサーティの最期の言葉が気にかかっていた。
もしかして、将来愛するであろう女とは、ナーシアの事じゃないか…

…残念なことに、その通りになってしまった。
サーティの力によるものなのか、現実を破壊する自分に耐えられなくなったのか、それはわからないが
ナーシアは、二度と覚めない眠りについてしまった…。

57 :アランドラ:2005/07/21(木) 22:01:53 ID:8xBdEsnG
このボージスとナーシアのくだりは一番好きな、だけど一番嫌いなシーンです


続きはまたそのうちに

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 23:05:34 ID:S6fJo+2E
アランドラ懐かしいなー
お葬式の音楽今でも覚えてるよw

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 23:14:08 ID:8Ci7NIJl
FE烈火、大貝獣、ざくろの味、スーパーマリオRPG

の何れかなら書けます。
需要あらば次スレより書き込み

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 23:14:56 ID:8Ci7NIJl
ミスった。
次スレじゃないです。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 23:53:47 ID:lLpjKKZE
FE烈火とざくろ見たいです。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:00:50 ID:Iy8xgbI5
シャイニングティアーズお願いしたい

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:02:43 ID:ai37/Qxs
PS2のジルオールお願いします

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:03:08 ID:DB6MCIBq
需要はあるので是非お願いします

>>55
蘊蓄が為になった

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:15:58 ID:JJ7y4seS
ではFE烈火書きます。
世界観はまとめの封印を見てください。その20年前の世界です。

先ずはリン編より物語を追って行きます。

主人公であるあなたは軍師としての修行の為に各国を渡り歩いています。
ですがただの軍師なので力も無く魔法も使えません。多分色々苦労したんでしょう。
お金や食べ物が尽きたのか、サカの大草原の中で力尽きて倒れてしまいます。

END

じゃなくて、力尽きて倒れたところを一人の少女に助けてもらいます。
それが「リン」でした。リンは主人公をゲル(遊牧民の住む折りたたみ式住居)に搬送します。
主人公はそこで介抱されてなんとか意識を取り戻します。
安心したリンは簡単な自己紹介をして主人公と話をします。

安堵したのも束の間、突然外から物音が聞こえます。外では悪い山賊がゲルを作っていました。
どうやらリンのゲルも狙われている様子・・・。

それを追っ払う為にリンは剣を持ちます。主人公も軍師としてリンに協力をします。
結果、山賊を難なく撃破したリンはゲルに戻ります。
一難も去り、主人公はまた軍師の修行に出る為にゲルを出ようとします。
ですがリンも剣の修行の為に着いて来ると言いました。主人公は了承して
二人の旅が始まりました。

こんなものでいいのだろうか。長い予感

66 :FE 1章運命の足音:2005/07/22(金) 00:27:43 ID:JJ7y4seS
さて、二人の旅が始まりました。ここで一言ですが主人公は男女選択が可能です。
それによって若干シナリオが変化しますが若干なので注釈程度で留めます。

サカの交易都市ブルガル・・・
ここではその名に相応しく旅をするための必需品が数多く入手できる。
その街中で装備を整えている二人のもとに一人の騎士がやって来る。
名前は「セイン」、定番の緑騎士なのだが性格が軽い。しかも力が上がり易い不思議な奴。
その軽さを遺憾なく発揮してリンを(主人公女も)ナンパする。
軽くあしらわれるセイン。彼は聞くところによるとキアランの騎士であるという。
キアラン騎士の評判を大きく下げてしまったセインにたしなめる声が。

その声の主は「ケント」。定番の赤騎士だが性格は冷静沈着。技が上がり易い。
なんとかセインを諫めるがその姿にもリンは白ける。さっさと行ってしまおうとするリンの顔にケントはふと気づく

ケ「君、どこかで会ってない?」
リ「はぁ?」
セ「お前もナンパしてるじゃん」

この言葉でリンは更に呆れて二人の前から消える。
しかしケントは確信した。「任務」の少女だった・・・と。

街を去ろうとするリン達、だが柄の悪い男達に呼び止められる。
そして男達は言った。「リンディス」(本名)と・・・。

一体多数。窮地に追い込まれるリンと主人公、だがそこに先程の騎士達がやってきた。
軽いコントの後に男達を撃破するリンと一行。

67 :FE 1章運命の足音:2005/07/22(金) 00:37:26 ID:JJ7y4seS
ならずものを撃退したリンに自分達の任務などについて語るケント。
どうやら彼らはキアラン侯爵の命で動いている様子。

では何故動いているのか?その理由はキアラン侯爵の娘マデリンにあった。
マデリンはキアラン侯爵の一人娘、本来なら貴族の娘として貴族の男と結婚するはずであった。
ところが彼女はサカの男と恋に落ち、勘当の末に駆け落ちをしてしまい。音信は途絶えた。
最初は完全に怒り狂っていたキアラン候だったがやはり年月が経つと怒りは薄れていく。
どうしているだろうか・・・と思うことも多くなった矢先に、マデリンが手紙を寄越したのだった。

その手紙には「親子3人仲良く暮らしています。15歳になる孫娘もいますよ」
なんてのが書かれており、キアラン侯爵大喜び。すぐにでも会いたいと思っていた。
ところが残念な事にリンの両親は山賊に襲われて部族ともども皆殺し。

だが諦めきれない侯爵はついに「孫娘」に会いたいと彼らを使いに送ったのだった。

だが―。

キアラン候が死ねば次の侯爵は誰か?勿論跡継ぎは侯爵の孫娘、つまりリンとなるはずだ。
それを面白く思わない男が一人。それがキアラン侯弟「ラングレン」
ラングレンは孫娘の存在をこの世から消すべく、先程のならずものを差し向けたのだった。

自分の血縁がまだこの世に残っている嬉しさ、そして命を狙われる恐ろしさ
その二つがリンの頭にはよぎっていた。だがリンは決意する。キアランへ向かおうと。

こうして二人の騎士を仲間に加えた一行はキアランへと向かう
運命の足音は確かに歩を刻み始めていった。

続く

68 :FE 2章精霊の剣:2005/07/22(金) 00:45:56 ID:JJ7y4seS
旅の前の願掛けと、リンは一旦とある古い神殿に向かう。
なんでもそこには伝説の剣が奉られているサカのメッカらしい。
ところが神殿にはならずものが集結。司祭を追い出して伝説の剣を奪ってしまう。
ところが伝説の剣は抜けない、精霊に認められなければ鞘から抜くことは出来ないらしい。

リン達はその暴虐な振る舞いに怒り心頭。ならずものを追い出そうと考えます。
その為に神殿の一部を破壊しつつならずものを撃破します。

こうして伝説の剣を取り返したリン一行。ところが不思議なことにリンはその剣を抜くことが出来ました。
こうして一行は伝説の精霊の剣「マーニ・カティ」を手に入れて旅を続けるのでした。

話は変わってキアラン城

ラングレンが策略を張り巡らしています。
キアラン侯爵に毒を盛って殺害するつもりなのです。

そしてリン暗殺計画もしっかり進めています。

続く

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:46:10 ID:7zZWfaRf
ドリームキャストの、エレメンタルギミックギアをお願いします

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 00:47:28 ID:JJ7y4seS
今日はここまでです。
余分に長かったり編に端折ってるかもしれません。
覚えてる範囲で頑張りたいと思います。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 01:07:19 ID:qbUwYU+Z
FE烈火乙です
頑張って下さい

72 :アランドラ:2005/07/22(金) 09:28:03 ID:hKCbO9IF
アランドラは目を覚ました。いつもと同じような朝だった。
ただ一つ違うのは、ナーシアがいないことだった…。

「ナーシアの事を考えていたら、これを造ってしまったよ。」

1階の工房にこもっていたアンゼスは、鎖付き鉄球を取り出した。
それを受け取って表に出たアランドラは、ゴウセルに罵声を浴びせかけられた。
「お前が来てからというもの、まるで呪われたかのように、村人が次々と倒れていった。
 悪魔め!村から出て行け!」
しかし、アランドラを悪魔だと言う村人はむしろ少数派で、
ほとんどの人はアランドラに好意的に接してくれる。
ゴウセルは信心深すぎて、やや狂信的なところがある。
だから許してやって欲しいと言われた。


その一方で、村の南の海岸の潮が引いて洞窟が現れたと噂になっていた。
なにかある。
そう直感したアランドラは海岸の洞窟へ向かった。

海岸の洞窟の奥でアランドラは、「守護者」である占星術師ヴルと出会った。
しかし、ヴルの持っていた紋章は、ムルータどもに奪われてしまったという。
メルザスは、ムルータを使って自身の復活を画策しているようだ。

73 :アランドラ:2005/07/22(金) 09:29:49 ID:hKCbO9IF
村に戻ったアランドラは、自分がいない間に村にやってきた旅の少女の話を聞いた。
彼女の名はメディアム。アランドラと同じく、エルナの力を持っているらしい。
そして今、メディアムは、ナーシアの母親であるモラアスの治療に当たっているという。

メディアムは、夢そのものを見られなくするという方法でモラアスの悪夢を取り除いた。
そしてアランドラに言った。
「あなたは…甘いわ。夢そのものを見られなくするくらいでなければならないわ。
 少しでも隙を見せれば、悪魔はそれを狙ってくるのよ。」
しかしセクタスはそれを否定する。
「夢」とは人の生きる希望であり、それを失ったらもはや人ではなくなってしまうのではないかと。
しかし、たとえ夢を失うことになろうと、死ぬことだけは避けたいと願うのもまた人間である。
そう言われてもなおセクタスは反論する。
「悪夢を夢に戻す方法は実際にある。なのに夢そのものを消すのはやりすぎだ」と。しかしメディアムは
「確かに悪夢を夢に戻す方法はあるわ、でも、それにどれだけの危険が伴うのか考えたことはあるの?
 自分の理想を他人に押し付けないでよ。…迷惑だわ。」


その夜。
アランドラの部屋の窓から、狩人クラインが飛び込んできた。
狂気に満ちた目で、「お前の苦しむ顔を見せてくれよ」などと呟く。
まるで正気とは思えない。
物音を聞きつけて部屋に入ってきたアンゼスの姿を見て、クラインは姿を消した。
狂気のクラインを追ってアランドラは家を飛び出した。獣の咆哮が村中に響く。
それを聞いて起きてきたセクタスとともにクラインを追うが、
あちこち逃げ回るクラインを捕まえることはできない。
これではきりがないので、夜明けを待ってクラインの夢を調べることになった。


夜が明けた。
アランドラはクラインの家に向かった。すでにメディアムもクラインの家に来ていた。
しかし、メディアムは、クラインを治すのは無理だと言った。
クラインの夢には、正常な部分がまったく残されていない。
彼の自我は悪夢と融合していて、悪夢を無理矢理取り除こうとするとクラインは死んでしまうという。
それでもアランドラはクラインの夢に入ってみた。
しかしメディアムの言うとおり、もはや手の施しようがない状態であった。

アランドラが現実世界に戻ってくると、突然クラインはベッドから起き上った。
絶叫とともに、クラインは人狼へと変貌した。
彼の心を完全に浸食した悪夢は、ついに彼の肉体をも侵しはじめたのだ。

「俺の魂が叫ぶのさ…アランドラを殺せ、とな。」

クラインはアランドラに襲い掛かった。周囲には他の村人も集まっている。
やむなくアランドラは応戦する。
やがて、クラインの夢が暴走を起こし、それによってクラインは命を落とすことになってしまった。


悪魔…
メディアムは、人に悪夢を見せて苦しめているのは「悪魔」だと言った。
それは、メルザスのことなのだろうか…?

74 :アランドラ:2005/07/22(金) 09:32:13 ID:hKCbO9IF
ではまた今度。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 12:07:22 ID:kgX3KkB3
>>74
アランドラ乙です
あの鬱さ加減が忘れられない…
そしてラストの「ぷはぁ〜(*´Д`)=3」も忘れられない…

76 :FE 3章 小さな傭兵団:2005/07/22(金) 14:07:23 ID:4Jg/pGqh
宝剣マーニカティを入手したリン
キアランを目指し、サカの国境付近の村に辿り着きます。
ところがこの辺りは山賊が幅を利かしていて荒れ放題。
リン達もその現状を見ざるを得ない状況に立たされます。

村に着いた一行。突然荒くれ者の声が響きます。
荒くれ者は女の子を集団で脅している様子。慌てて止めに入るリン
止めてびっくり、なんとその少女はリンの親友で天馬騎士の「フロリーナ」でした。
話を聞くとフロリーナは天馬を地面に下ろす際に山賊を踏みつけてしまったらしい
それで難癖をつけられていたのだ。

フロリーナを解放するよう要求するリン、山賊は引かない様子。
畢竟。戦闘になってしまいます。

その状況を見ていた青年弓使い「ウィル」が世話になった村を守る為にリンの側に付きます。
突然の要請でしたがリンは快く承諾して、かくして新たな仲間二人を加えて山賊を撃破します。
予断ですがフロリーナは大の男性恐怖症で、主人公が男だと少しセリフが控えめになります。

村を救い、また一行は旅を続けることになります。
フロリーナ、そして成り行きでついてきたウィルを加えた小さな傭兵団。
「リンディス傭兵団」は一路キアランを目指してサカを離れるのでした・・・

続く

77 :FE 4章 生業の影で:2005/07/22(金) 14:19:37 ID:4Jg/pGqh
更に旅を続ける一行ですが、夜も徹して歩くわけがありません。
途中廃虚となった砦で休むことになります。セインは嫌がりますが。
リンは風が心地良いと満足そうです。

砦に入る一行。しかし砦からは物音が聞こえます。
怪しがり警戒するリン、しかし居たのは一人の(多分)中年女性。
なんでも彼女は足に病気を持っていて体が不自由で
その病気の治療代を稼ぐ為に出稼ぎに行った夫が帰ってこなくて心配なので探しているとか。
足が不自由なのに探しに行くとはこれ如何にな状況なのですが愛は偉大なのです。

夫「ドルカス」について話を聞くが一行はそんな人を知りません。
一応彼女が似顔絵を見せてくれます。下手だと彼女は言いますが、あながち下手ではなかったようです。

一方、先日リンが撃破した山賊団が復讐の為にその砦を襲う計画を立てています。
夜、全員が寝静まった頃に襲えば良いのに、女を手に入れるという助平心が彼らを支配しており。
まだ皆が起きているうちに攻撃を開始してしまいます。

それが失敗でした。

次々にやられていく手下達、大慌ての山賊団のボス。
しかも山賊団の中には仕事が見つからず山賊に手を染めた「ドルカス」がいました。
リンは彼を説得して仲間に引き入れ、山賊団が撤退するまで生き延びることが出来ました。

ドルカスは自らの行いを反省して、今後はこの傭兵団の一員として斧を振るうことになります。
こうして一行は頼もしい戦士を仲間に加えて進撃することになるのです。

続く

78 :FE 5章 国境を越えて:2005/07/22(金) 14:36:16 ID:4Jg/pGqh
山賊を撃破した一行はキアランを目指し、遂にリキアの国境に辿り着きます。
前作通りリキアの中にはオスティア、フェレなんかがある訳ですが。その一つにキアランがある訳でして・・・
早い話が国境を越えればキアランは間近、順調に行けば旅はもうすぐ終わるはずなのですが・・・

リキアが近づくことで活気付く一行。ところがまだ山賊団が追ってきます。
正直うんざりする一行ですがこいつらを倒さないことには国境を越えることは無理の様子。
構える一行。ところが一筋の火球が山賊の一人を貫きます。

その火球を放った方向を見ると、一人の魔術師が山賊と交戦をしていました。
魔術師は山賊の攻撃で多少の怪我を負っていましたが、隣に居た少女がその傷をたちどころに治してします。
魔術師の名は「エルク」オスティアのシスター「セーラ」をオスティアに送り届けるボディーガードだと言うのです。
双方の利害を考えたエルクは共同戦線を張ることを提案します。
セーラはシスターとは思えない性格です。エルクの表情がやけに鬱なのは多分その所為でしょう。

しかし性格は破綻していてもシスターはシスター、回復の杖を使って仲間を癒すことの出来る貴重な仲間です。
(リン編では唯一の回復ユニットになります)
エルクの協力もあって山賊を撃破した一行。これで山賊の脅威は去りました。

こうして一行はリキアの大地を踏みます。
しかしラングレンがそれをよく思うはずがありません。
リキアに到着してことが、いわば本当の戦いの始まりを意味することに等しかったのです。

続く

79 :FE 6章 誇り高き血:2005/07/22(金) 14:47:18 ID:4Jg/pGqh
山賊を倒してリキアの大地に足を踏み入れた一行。
彼らが辿り着いたのはアラフェン領、オスティアに次ぐリキア有数の大都市です。
アラフェンの領主はキアランとも通じていて、キアランへの道中
ラングレンに襲われない様に手配するのも目的の一つでした。

ですが何やら様子がおかしい。それもそのはず、城が燃えています。
更には突然リンの命を狙う刺客まで現れる始末。あわや、その瞬間刺客の体を一筋の矢が貫きました。
矢を放ったのは馬上の射手。誇り高きサカの民、クトラ族の「ラス」
(予断ですがクトラ族とは前作の灰色の狼とその孫娘スーのいる部族のことです。彼はスーの父親です。)
サカの民を守る為に矢を放ったという彼、彼自身はアラフェンの傭兵として雇われている身で
燃える城をなんとか奪回すべく戦っていました。リンは命を救ってくれたこともあり
また同じ目的を持つ仲間として彼に協力をします。

しかし、城の門は閉ざされました。

その頃とある民家、一人の盗賊が街中でこの戦いを見物していました。
男の名は「マシュー」、ケチな盗賊とは彼の弁です。

城の門は閉ざされ、その上にアラフェン領主のいる所は仕掛け扉になっており
仕掛けを解除する為にはスイッチを三箇所踏む必要があります。
閉ざされた門の前に立ち往生する一行。仕方なく情報を集めに民家に向かいます。
そこでマシューがリンに話しかけてきます。「俺の力がいるか?」と。
盗賊マシューの盗賊の鍵で扉は呆気なく開きました。町の人から貰った扉の鍵の力もあって
仕掛けを解除する一行。

ついにアラフェン領主と対面です。

80 :FE 6章 誇り高き血:2005/07/22(金) 14:54:58 ID:4Jg/pGqh
アラフェン候はラスを満足そうな顔で歓迎します。
アラフェン侯爵はサカ民族嫌いで有名なのですがどうもラスだけは別問題のようです。
さて、城を救ったはずのリン達を見る侯爵の目は何故か厳しい。
それもそのはず。城が襲われた直接の原因はリンにあったからなのです。

この騒ぎの張本人は勿論ラングレン、家督争いに巻き込まれたと侯爵はリンを責めます。
キアラン候の孫である彼女を支援したいと思っていたアラフェン侯でしたが
彼女の中に流れるサカの血を彼は許すことが出来ませんでした。
掌を返すようにアラフェン候は彼らを拒絶します。
リンも、自らの「誇り高き血」を拒絶されることに反感を覚えて啖呵を切って城から出て行きます。

その一連の話を見ていたラス。
ラスはとうとうアラフェン候に愛想を尽かし、城を出て行くリン達に5000Gと自らの力を与えてくれます。

盗賊マシュー、そして頼りになる遊牧民ラスを加えて一行は
更なる悪意の根源へと近づいていくのでした・・・

81 :FE 7章 旅の姉弟:2005/07/22(金) 15:12:41 ID:4Jg/pGqh
「黒い牙」・・・泣く子も黙る暗殺集団、数年前は市民を助け、悪徳な官吏を倒す。
言わば義賊の身であった彼らを人々は慕って、応援していた・・・
しかし今では金さえ払えば善人すら刃に掛ける。そんな悪党となってしまった彼ら。
一体何処で歯車が狂ってしまったのか・・・

一人の少年が必死で人々に訴えかける。だがその言葉に耳を傾けるものはいない。
まさにけんもほろろの扱い。少年「ニルス」は旅の芸人、笛を演奏して国から国を渡っている少年だった。
その姉「ニニアン」は踊り子、二人の演奏と舞踊はまさに奇跡とも思えるもので、人々に活力を与えることが出来た。
ニルスは人々の心が自分達の届かぬところになったのを悟り、その場を去っていった。
去り行く少年の後姿を黙って美しい金髪の修道士が眺めていた・・・

リン一行はカートレー侯爵領に到着する。ここから南に抜ければもうキアランは目の前だった。
その一行に気づいたニルス、必死の形相でリンにすがりつく。

彼の姉ニニアンは悪い奴らに連れ去られたとニルスは言う。
ケントはキアラン候を想ってそれを拒もうとするが、リンはニニアンを助けることに決める。
早速ニニアンを助ける為に剣を抜くリンだが、敵の集団はこれまでとは一味違う「シャーマン」だった。
(闇魔法は威力が非常に高く通常ユニットは大打撃を受ける。)

苦戦は必至と思われたが、先程のニルスの顛末を無言で見つめていた
修道士「ルセア」が宿を出て協力を申し出る。
(ルセアは美人、セーラは女性だと思っていた)
ルセアの協力もあって敵を撃破し、ニニアンの元に駆け寄る一行・・・

そこに居たのがフェレ候の息子エリウッドだった。エリウッドはニニアンを助けていたのだ。
(正直良いとこ取りのような気がしないでもない)

82 :FE 7章 旅の姉弟:2005/07/22(金) 15:17:37 ID:4Jg/pGqh
エリウッドはリキアの貴族ながらサカの部族を嫌うことの無い人間であり。
リンがキアラン候女あることもすんなり信じてくれた。
感激するリン、その時ニニアンが目覚めた。

ニルスは気づく、彼女の指にあったはずの「ニニスの守護」と呼ばれる指輪が無いのだ。
どうやら金目のものと思われて敵に奪われたらしい。
その敵の場所は分かっているが、かなり多くの敵がいる上に大変遠回りになる。
キアラン候の身を心配するリン、しかしその指輪は二人にとって非常に大切なものらしい。

ここで、あなたが選択をすることにあります。
条件としては15ターン以内に7章が攻略されていることくらいなものでしょうか。

指輪を取り返しに行けば 外伝黒い影
指輪を取り返しに行かなければ 謀略の渦に進むことになります。

83 :FE 7章外伝 黒い影:2005/07/22(金) 15:22:30 ID:4Jg/pGqh
行き行きて一行はニニアンの指輪を取り返しにカートレー領内外れの古城に向かいます。
そこでは大量の敵が彼らを待ち受けていました。
敵は城からわんさか沸いてきます。リン達は身体、頭脳をフル回転させて戦いを始めました。

敵の将軍を倒し、ニニスの守護を手に入れる一行。
敵の将軍は毒を飲んで自殺をします。
その姿に、彼らがただの無法者でないことを感じ取る一行

ニニスの守護を取り返し、最早ここには用が無い一行は、再びキアランへと向かうのでした。

84 :FE 8章 謀略の渦:2005/07/22(金) 15:33:05 ID:4Jg/pGqh
ニルスとニニアンは不思議な力を持っています。
それは危険を予知する力。しかし彼ら自身にそれを避ける力が無い為に
あまり役には立っていませんでした・・・

キアラン領内に辿り着いた一行。はやる気持ちを抑えつつリンは足を急がせます。
ところが突然ニルスが叫びます。不思議に思うリンでしたが、更にニニアンもリンにその場を動かぬように指示します。
何も無い平野に立ち止まるリン、しかし突然彼女の脇に弓矢が降ってきたのです。
「シューター」です。遠距離の兵器で当たれば危ないところでした。

↓そこでセインの名ゼリフ
「ラングレン殿も 必 死 だ な(´_ゝ`)」

フロリーナも迂闊に空を飛べません、弓矢を切らすまで待つ方法もあるのですが
実はウィルがそれを操縦できることが判明。急いで倒せばシューターが使えるようになります。

なんとかシューターの脅威も取り除き敵を倒すことに成功するリン。
しかしケントの顔が思わしくありません。
敵の兵士は皆キアランの正規兵だったのです。それは即ち
ラングレンが全兵士の指揮権を握っているのに等しいのでした。

さらに悪いことに、マシューが集めた情報によると、ラングレンは
ケント・セインがキアラン候の偽者の孫娘を連れて来て侯爵の地位を乗っ取るつもりだと領内で噂を流していたのです。
正規兵を挙げる事の出来る良い口実です。

四面楚歌、孤立無援に等しいリンの頭に唯一浮かんだ希望はエリウッドでした。
彼を頼るべく、一行は一旦カートレーに引き返します。

85 :FE 9章 悲しき再会:2005/07/22(金) 15:43:40 ID:4Jg/pGqh
エリウッドを頼ってカートレーに戻った一行。エリウッドは領内で
幾つかの諸侯に連絡を取って、キアランの揉め事に一切手を貸さないように請願した。
その事はリンを守ると同時にリンを見放すのと同然であった。
手を貸せないことを悔やむエリウッドだが、リンの瞳に絶望の色は浮かばなかった。

霧が濃いカートレー領、深き濃霧の中から一人の巨体が姿を現した。
その名も「ワレス」。大きな鎧に身を包んだ彼は既に隠居をした兵士のはずだった。
ところが偽者の侯爵の娘を討つべく久方ぶりに槍を持ったという。
リンを出すように大声で叫ぶワレス、セインやケントはリンをかばうがリンは姿を現し
ワレスを凝視する。ワレスはリンの瞳を見て、微笑んだ。

ハイテンションで大笑いをしながらリンを本物と認めたワレス。
正当な主君を守るべく、彼は槍を握り締めた。

ここで少しチュートリアル。FEファンの誰もが悔やんだこのシーン
騎士の勲章をレベル12で使ってしまうワレス。ハードモードならセインかケントにあげましょう



86 :FE 9章 悲しき再会:2005/07/22(金) 15:54:49 ID:4Jg/pGqh
カートレーを抜ける最大の壁はイーグラー将軍
彼は善人との誉れも高く。またセイン、ケントの恩師でもある。
そんな彼が何故リンに剣を向けるのか、彼らの頭に疑問が生じる。

簡単な話である。イーグラーは人質を取られていた。
反逆の徒としてリンに手を貸すことも容易であった彼の苦渋の決断であった。
最後まで武士らしく・・・そう考えていたイーグラーはこの地での死を求めていた・・・

戦友、恩師、そういった思いを抱くキアラン騎士三人。
遂にイーグラーを倒し、一行は最後の戦いに赴くのであった。

場面変わってキアラン城、ラングレンが本性を侯爵に見せます。
とことん悪人です。

87 :FE 10章 遥かなる草原:2005/07/22(金) 16:05:09 ID:4Jg/pGqh
遂にキアラン城が見えてきた。ラングレンは城門でリンを待ち構える。
しかしながらどうも雲行きがよろしくない。雨が降って何度と無く足場を取られる一行だったが
粘り強く敵を撃退していく。

ラングレンはジェネラル。強固な守りで攻撃を寄せ付けません
しかしラングレンを倒すためともいえる装備を販売している店の商品や
宝剣マーニカティの力によって、遂に遂にラングレンは倒れました。

城門をくぐるリン一行、ラングレンに囚われていた反ラングレン派の人間が解放されていく。
そして・・・リンはキアラン侯爵に出会うのであった。
病に(盛られていた毒でそんな感じ)伏せるキアラン侯爵。弟の裏切りもあって
相当ショックな様子だった。しかしリンは彼に近づき、自らの素生を明かした。

リンとの再会を喜ぶ侯爵、侯爵はこれで思い残すことは無いと言う。
しかしリン自体はまだ色々と侯爵と、いや実の祖父としたいことが山ほどあったのだ。
一緒に話したり、音楽を聞いたり散歩をしたり・・・そう語るうちに侯爵も元気が出てきた。

こうして、リンは侯爵との再会を果たすことが出来た。
しかし彼女は侯爵の療養の為に一旦キアランに留まる事になる。

主人公は再び軍師の修行としての旅に赴くことになる。ここで一旦お別れとなる。
「また・・・どこかで会えると良いね」

夕暮れの中でリンはそう呟くのであった。

リン編 完

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 16:14:15 ID:4Jg/pGqh
その後・・・

リンの看病の甲斐あって、侯爵はメキメキ元気になって行った。
ケント、セインも主君と候女のその姿を見て嬉しく思っていた。
フロリーナはキアランでの天馬騎士として認めれ、男性恐怖症は相変わらずながらも頑張っているとか。
ウィルはそのままキアランに残る事になった。
今でもリンの家来として、そして傭兵団の一員として弓の腕を磨いている。
ドルカスは更なる傭兵の仕事を探しに行った。今回の報酬で奥さんの薬を買ったらしい
エルクはセーラをなんとかオスティアに届けた後、次の主人を探しているとか
ニルス、ニニアンの姉弟はまた旅に出てしまい
ルセアもまた、新たな修行の旅に向かっていった。
ラスもひっそりとその場を去り、また何処かで傭兵をやっているだろう
ワレスは方向音痴らしく、故郷に帰るはずが何処かに消えてしまった。
マシューは戦いの後、何処へいくとも告げずに消えてしまった。謎多き人であった。

以上、ここまでがリン編です。お付き合い頂き、真に有難うございました。
次はエリウッド編予定です。クリアしてきます。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 17:35:00 ID:CHNdLlZS
誰かキングダムハーツよろしくお願いです

90 :アランドラ:2005/07/22(金) 18:52:54 ID:hKCbO9IF
次の日。
目を覚ましたアランドラの耳に、何かを作る音が聞こえてきた。
アンゼスは、クラインのことを考えているうちに造ってしまったという
「弓矢」をアランドラに手渡した。

村の南西には、リザードマンが住む沼がある。
ムルータがいつ村に攻めてくるかわからない今、
リザードマンの動きにも注意したほうがいいと考えて
アランドラは沼へ向かった。

リザードマンの住処の最深部にて、
アランドラは、人の身を捨てた錬金術師ジルと出会った。
ジルもまた、メルザスの封印を守る「守護者」の一人であり、
アランドラはジルから「青碧のラピス」の紋章を受け取った。


村に戻ってきたアランドラは、
今度はゴウセルが倒れてしまったと聞いて彼の家に向かった。
メディアムが先に彼の夢に入ったのだが、
彼女は何もせずに、すぐに出てきてしまったらしい。
メディアムは、アランドラに言った。
「ゴウセルの夢に入るの?…やめておきなさい。
 これは、悪魔のワナよ、私にはわかるの。」
仮にそうだとしても、ゴウセルを見捨てるわけにもいかない。
アランドラはゴウセルの夢に入り、悪夢を滅ぼした。

こうしてゴウセルは救われたが、ゴウセルはあまり嬉しそうな顔をしなかった。
ゴウセル自身が「悪魔」と呼んでいた者に救われたという矛盾ゆえか?それとも…

91 :アランドラ:2005/07/22(金) 18:53:33 ID:hKCbO9IF
村人の多くは、村の北にある「お袋」と呼ばれる洞窟にやってきていた。
この洞窟には、あらゆる者がここで生まれ、ここへと帰っていくという言い伝えがある。
それゆえ、瀕死の者がいる時、人々はここへやってきて、瀕死の者に向かって呼びかけるのだ。
「そっちへ行くな!帰って来い!」と。

「お袋」に来ていた村人は、ゴウセルが助かったということをアランドラから聞いて、村へ戻っていった。
そのとき、アランドラは洞窟の奥の壁にひびが入っているのに気付いた。
…なにかある。そう思ったアランドラは壁を叩き壊し、その奥へと入っていった。

「お袋」の最深部には、生と死の女王ンヴがいた。「守護者」の一人である。
しかし、ンヴの持つ紋章もまた、ムルータに奪われてしまったという。


ンヴの力によって村に戻されたアランドラの元にセクタスがやってきた。
メディアムが気になることを言っていた、という。
曰く「悪夢の原因は、ロエイン神父が神ではなく悪魔に祈りをささげているからだ」と。
それを確かめるべく、アランドラとセクタスは教会へ向かった。
その途中で、アランドラはシヴィルに呼び止められた。
また気になる夢を見たから、どうしてもそれを伝えたかったのだという。

シヴィルの見た夢、それは…
メルザスの神殿を独り突き進むアランドラ。
その手には、村人の一人ルータスが悪魔を討つために自らの命を捨て、
その死を受けてアンゼスが造り出した「聖剣エルナート」が握られていた。
そしてついにアランドラはメルザスと対峙する…
そこでシヴィルの夢は終わった。

教会の入り口には鍵がかかっていた。二人は、窓を割って教会に入りこむ。
教会の中を探索すると、隠し階段を発見した。
その階段の先に、神父ロエインはいた。
そして、国王によって禁じられたはずの神の像がそこにあった。

ロエインは言った。
人が悪夢を見ることになったのは、偶像崇拝を禁じられたことで
神への祈りの力が弱まったことに怒った神の御業なのだと。
すなわち、悪夢の原因は人の側にこそあるのだと。
だから私はあえて禁を破ったのだ。
それに対して、セクタスは宣言した。
たとえ、相手が神であろうとも戦う、と。

…神の像。
その姿は、アランドラが今まで夢の中で度々目にしたメルザスの姿そのものであった。

92 :アランドラ:2005/07/22(金) 18:55:19 ID:hKCbO9IF
次の日の朝。工房から聞こえてくる音に、アランドラは目を覚ました。
朝起きたら無性に何かを作りたくなった、というアンゼスから「パワーグローブ」を受け取った。
…嫌な予感がした。アンゼスが何かを造り出す時…それは。

その時、セクタスが家に飛び込んできた。なんと、シヴィルが「殺された」という。
シヴィルは、昨晩の夜遅くに発見され、首の骨を折られて死んでいた。
悪夢によるものではない。明らかに、人の手によるものだ。
犯人はおそらく悪魔に味方する者だろう。

メディアムは昨晩、遅くまで起きていたらしい。
まさか、シヴィルを殺したのは彼女なのだろうか…?
彼女が敵か味方かを確かめるため、アランドラはメディアムの夢の中に入った。
そこで、アランドラは、メディアムの過去を見ることになる。


父を事故で亡くしたころから、母は神に対して疑いを持ち、
神の正体を知ろうと、さまざまな文献を調べまわっていた。
そのことが神の怒りに触れたのか、母は火炙りの刑に処せられた。
そして、その娘メディアムもまた追われる身となり、彼女は故郷を捨てた。
旅暮らしの中で、いつしか彼女はエルナの力に目覚め、
その力をもって人々の夢を癒しているうちに、「神の正体は悪魔である」ことを突き止めた。
そして、イノアの村にたどり着いた彼女は、この村の近くに悪魔がいると確信した。
そして彼女は亡き母に誓う。必ず悪魔メルザスを討つと。


そんな過去を持っていたからこそ、
彼女は夢そのものを消してまで悪夢に対抗しようとしたのだろう。
目的は同じなのだから、協力しあうこともできるはずだ。
メディアムが心を開いてくれることを願いながら、アランドラは床についた。

93 :アランドラ:2005/07/22(金) 18:57:31 ID:hKCbO9IF
では、続きはまた今度。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 21:03:35 ID:M14U6DMS
FEとアランドラの人乙です

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 00:02:17 ID:UEsDcSKN
アランドラは面白かったな・・・ゲーム中盤で偶然にも最強の剣を手に入れてから
その後の武器入手イベントが少々白々しくなったが、あれはあれで味があったし
「よく考えたら結構そんなもんだよな」と妙に納得できた。
最後の武器入手イベントで手に入る剣のチャージアタックの約半分の攻撃回数で
あらゆる敵を撃破できる攻撃力には、素直にスゲェと思ったよ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 00:14:03 ID:izBOYSJj
>>95
あれはいわゆる「初心者救済」のための武器だと思われ。
まあ、武器がいくら強くなろうとも、それ以外のところで難しいから
あんまり足しにならなかったりするけど

97 :アランドラ:2005/07/23(土) 00:17:37 ID:izBOYSJj
次の日。
村から少し離れたところに住む老人ハヴァンと会ったアランドラは
巨神ニルードに会え、と言われた。
ニルードとは、かつて「神」として崇められていた巨神族の生き残りである。
今もなお、ニルードを神と崇める小人族ミミングの妨害をかわし、
アランドラは巨神ニルードの元へたどり着いた。

ニルードはアランドラの力を認め、メルザス打倒を彼に託した。
ニルードもまた、メルザスの封印を守る「守護者」であったのだ。
その時、メルザスの部下である悪魔ゾルジアが現れ、ニルードを亡き者としてしまった。

去り際にゾルジアはアランドラに言った。「次は、ないよ」と。

アランドラはニルードに託された「黄玉のトパーズ」の紋章を手に、村へ戻った。


アランドラは、村人ルータスに「相談がある」と言われ、話を聞いた。
なんでも、最近ルータスの身の回りにおかしな事が起こっていると言う。
落石にあったり、モンスターに追いかけられて殺されそうになったり。
おかしな事と言うのは、そんな時には決まってロエインが助けてくれることだと言う。
単なる気のせいなんだろうか?…いや。

ルータスの家を出ると、そこにはメディアムがいた。二人の話を聞いていたらしい。
ルータスには言わなかったが、アランドラには心当たりがあった。
シヴィルの予知夢によれば、ルータスの死によって聖剣エルナートが造られる事になっている。
ロエインはそれを妨害しているのだ。
しかし、シヴィルがそんな事を他人に話すわけがない。
いつ、どこで、どうやってそれを知られてしまったのか?

「アランドラ…あなた、もしかしてメルザスに祈ったことがあるんじゃないの?」
思い出した。村に来てすぐのこと。ワインズを悪夢から救った直後だ。
確かにあの時、教会で神に祈った。
「祈るという事は、神を心の中に住まわせるという事なの。
 つまり、あなたはメルザスに夢を盗み見られていたことになるわ。」

…教会地下にあるメルザスの像を破壊しよう。
祈るべき対象がなくなれば、メルザスの力も弱まるはず。
そう考えた2人は教会に入っていった。
しかし、ロエインは言った。
像の存在は村長も知っている。つまり、これは村全体の意思なのだと。
それを破壊したとなれば2人は村を追われることになるだろう。
引き下がるしかなかった。

「そっちがそう来るのなら、こっちにも考えがあります。後悔させてやりますよ…」

2人は、シヴィルを殺したのはロエインだと確信を抱いた。
おそらく、次もまた、アランドラと親しい者を狙ってくるだろう。
メディアムはセクタスを守るから、アランドラはアンゼスを。
そう決めて、それぞれの家に戻った。

その話をアンゼスにした。
「ロエインがそんな事を?…いや、考えられる話だな。
 …君は先に寝なさい。わしは…まだ寝られないよ。
 寝る前にやるべきことがあるからね。」
不安を感じつつも、アランドラは自分のベッドにもぐりこんだ。
アンゼスは、アランドラの寝顔を見ると、何かを決意したかのように家を出て行った。

98 :アランドラ:2005/07/23(土) 00:19:23 ID:izBOYSJj
次の日の朝。
アランドラの部屋に飛び込んできたメディアムが叫んだ。
「アランドラ、起きて!! 大変な事が…アンゼスが……。
 …殺されてしまったわ。」


アンゼスの葬儀がしめやかに執り行われた。
村人たちは黙祷をささげ、アンゼスの墓に花束を供えていく。
アランドラはただ、呆然と立ち尽くしていた。

村人たちはみな墓場から去り、最後まで残っていたアランドラの耳元でロエインが囁いた。

「お前が村に来なければ、アンゼスが死ぬこともなかった。
 そう…
 お 前 が 殺 し た のだ。」

失意のうちに村へ戻ったアランドラに、セクタスが特殊な鍵を手渡した。
アンゼスは、死んでもなお、これを強く握り締めていたらしい。
アランドラは、その鍵を使って、アンゼスの工房にあった、鍵の掛けられた箱を開けた。
中には、手紙が入っていた。


君が、これを読んでいるということは、わしはもう生きていないのだろう。
君だけに危険なことはさせられないと思い、
わしは夜中に墓地でロエインと会うことにした。
わしも君と同じように彼が人間の道を踏み外しているのではないか、と思っている。
それを、確かめてみるつもりだ。
正直に言ってしまうと、今、とてもおそろしいんだ。
この手紙を、丸めてどこかに捨ててしまいたい。
そして、あたたかなベッドに潜り込んで、寝てしまいたい。
そうすれば、いつもと変わらぬ朝を迎えることができるだろう。
だが、それはできない。
わしは、君のことを本当の息子のように思っているのだ
父親であるわしが、そんなに臆病では、情けない。
だから勇気をふりしぼってロエインと戦おうと思う。

妻だけでなく、生まれたばかりの息子にまで死なれてしまい、
生きる希望を失っていたこのわしに、君は、笑顔を運んできてくれた。
短い間だったが、とても楽しかったよ。
ありがとうアランドラ。本当に、ありがとう。

                          父より


悪夢とさえ思える1日がようやく終わろうとしていた。
目を閉じると浮かんでくるのはアンゼスの優しい笑顔…。
いくら涙を流しても、心の痛みは消えなかった。

いつしか眠りに落ちたアランドラは
いつもと同じ朝が来ることを無意識の内に祈っていた。
だが…


神は、いなかった。
無情の朝がやってきた。

99 :アランドラ:2005/07/23(土) 00:20:44 ID:izBOYSJj
このゲーム最大の鬱は、間違いなくこのシーンだろうと思ってます。

続きはいずれまた

100 :FE 11章 旅の始まり:2005/07/23(土) 00:39:47 ID:+9bIfont
アランドラの人乙です。自分も頑張ります。

1 year later

キアランの動乱から約一年・・・エリウッドは旅の支度を整えていた。
領主であり、民からも慕われていた父エルバートが失踪して最早一月が経とうとしていた。
領民の不安も募る中、彼は母親一人を領地に置くべきか大いに悩んだ。
だが彼はこうして旅立つことになった。父の失踪には「何か」がある。そう確信していたのだ。
エリウッドは母親を騎士「イザベラ」に任せて、自らは「マーカス」「ロウエン」の二人の騎士を従えて旅に出る事となった。
もっとも三人では辛かろうとのマーカスの計らいで、傭兵を雇うことに決めていた。
(マーカスは前作の人物と同じ人物、但し若い)

一方ロウエン、彼は近くの村で傭兵を募っていた。
しかし突然村の周囲から物音が聞こえてくる。山賊が現れたのだ。
彼は村長の娘と、一人の旅人を馬に乗せて主人と上司(マーカス)の元に駆けた。

その旅人こそが、また「行き倒れになっていた」主人公である。
主人公は村の門前で倒れていたところを救助されたのであった。

村長の娘「レベッカ」は村を助けるように懇願する。勿論エリウッドに断る理由などは無かった。
しかし如何せん敵の数が多い、各個撃破・・・と思っていた矢先、もう一つの村から屈強な男が二人現れて山賊を倒していく。
(レベッカはウォルトの母親である)
それが「ドルカス」「バアトル」の二人である。
(バアトルも前作の人物である。フィルの父親)
この二人、そしてレベッカや主人公の手助けもあり村を助けることに成功するエリウッド
だが領内でこのような事件が起きたこと、またラウス領内での良くない噂を耳にした彼は一路
同リキア領のラウスへと足を向けることとなった。

101 :FE 12章 比翼の友:2005/07/23(土) 00:55:49 ID:+9bIfont
ラウスでは戦争の準備が始まっている。そのような噂を耳にしたエリウッド
もしそれが本当ならば父の消息にも関係があるに違いない。そう思い彼は主人公の助言もあり
フェレからラウスへの通り道にあるサンタルス領へ向かうことにした・・・

サンタルス候は穏やかな人物であるが、心が弱く、とんと君主には向いていない人間であった。
彼は実は全てを知っていた。だが謎の男によって彼は口止めをされており、その男の成すがままにさせられていた。
そして男は命令するのである。エリウッドを襲え・・・と。

一方エリウッド達はサンタルス候に会う為に領内で暫し待機をしていた。だが突然遅い来るならず者達。
サンタルス候はまさか奴らがエリウッドを殺すとは思っていなかったがこの男達は本気だった。
幾ら仲間が増えたとは言え、少数のエリウッド達に波の如く押し寄せるならずもの。
苦戦は必至と思われていたが、突然敵の動きに変化が訪れた。
戦場を見渡すエリウッド、確かに見知った人物がそこにはいたのだ。

オスティア候弟「ヘクトル」エリウッドの第一の親友である。
性格は大雑把ながらその斧の腕前は超一流に属するものがある。
彼もまた最近の異変を感じ取り、旅立つエリウッドを支援すべくオスティアを旅立ったそうなのだ。
更には重騎士「オズイン」も加えて敵を撃破していくエリウッド達。
まさに虎に翼とはこのことである。敵は成す術も無く敗退していった。

戦闘も終わり、親友との再会を喜ぶエリウッド
ヘクトルは自分一人で行こうとしたエリウッドを水臭いと言い、力を貸すことを約束してくれた。
また、ヘクトルの一行にはあのオスティアのシスター「セーラ」
そして謎の盗賊こと、オスティアの密偵「マシュー」も居た。
主人公との再会にはしゃぐセーラであった。主人公はどうやらマシューの招待を見破っていたらしい
二人とも調子のよさだけは相変わらずであった。

しかし、事態は簡単には済みそうもない状況である。エリウッドを襲うよう命令したあの男は?
そしてラウスの戦争準備は?サンタルス候の今後は?それは次章以降での話となる。

続く

102 :アランドラ:2005/07/23(土) 13:00:16 ID:izBOYSJj
アランドラが心休まる日は来ないのであろうか。

今度は、村に住む少女エリーンが悪夢によって倒れた。
エリーンは、母親が駆け落ちして行方不明になったことがきっかけで人格が分裂してしまった。
今の彼女は、4つの人格を持っている。
メディアムは1度エリーンの夢に入ってみたのだが、
多重人格ゆえに夢の構造も複雑をl極め、
そのため、悪夢退治をあきらめて戻ってきたのだった。

メディアムは、アランドラに協力を申し出た。
1人では手に負えないが、2人なら何とかなるかもしれない。
アランドラとメディアムは、2人でエリーンの夢に入った。

2人の協力により、エリーンの4つの人格に巣食う悪夢は退治される。
そして、そのうち3つの人格は、悪夢とともに消滅した。

エリーンの救出に成功した2人は、心身ともに疲れ果てていた。
時間はまだ早いが、休むことにした。

103 :アランドラ:2005/07/23(土) 13:04:04 ID:izBOYSJj
その日の夜も更けたころ。
ゴウセルの妹・キーシャがアランドラの元にやってきた。
またしてもゴウセルが倒れた、助けて欲しいと。

メディアムは先にゴウセルの元に来ていたが、彼女はなぜか夢に入ろうとしない。
そして断じた。これは罠だと。

今まで、こんな真夜中に悪夢で倒れる人はいなかった。
何故か?
それは、悪夢で倒れた人を他の人に見せることによって「恐怖」を与え
神への祈りを捧げさせるためなのだ。
メルザスは、今までそうやって力をつけてきたのだ。
しかし、エルナの2人が村にやってきてから、悪夢は退治されるようになった。
悪夢は、人々を脅かす存在ではなくなりつつある。
そうなると、神に祈る人もいなくなる。
祈る者がいなくなった神は、もはや神ではいられない。
そこで…人を脅えさせるための悪夢ではなく、2人を殺すための悪夢を仕掛けたのだ。

その時、外から猿の鳴き声が聞こえた。
ムルータ。 ゴウセルの家をすっかり囲んでいるようだ。
メディアムの推理はこれで立証された。
2人が夢に入った後にゴウセルを殺し、2人を現実世界に戻って来れなくするのが狙いなのだ。

アランドラは家を出て、村に侵入したムルータを一掃した。
これで、メルザスの計画は破れたわけだ。
そして、ゴウセルの夢に入ろうとしたその時。
咆哮をあげ、ゴウセルは獣と化した。クラインの時と同じように…。

「神からのお告げがあった!アランドラ、お前を殺せ、とな。」

正気を失ったゴウセルは、止めに入った妹キーシャを突き飛ばした。
アランドラが剣を抜こうとしたその時。

「…キーシャ?…まさか…俺がやったのか?
「アランドラ…お前さえいなければ!お前が…
「いや、そうじゃない…俺は…俺じゃない!
 シヴィルやアンゼスを殺したのは…俺じゃないんだ!
 神が…メルザス様が…」

ゴウセルは戦っていた。悪夢と。自分自身と。
「兄さん…元のやさしい兄さんに戻って…」

ゴウセルは絶叫とともに朽ち果てた。 死体すら残さず消えてしまったのだ。
ただ、最期の瞬間、彼は確かに人の姿に戻った。
彼は、悪魔の下僕としてではなく、人間としての死を選んだのだ。
そこへ騒ぎを聞きつけた村長がゴウセルの家にやってきた。

いままで神と呼ばれていたメルザスが悪夢を作り出している。
それを聞いた村長は、それでも神への祈りを捨てることはできないと言う。
「祈りはすでに生活の一部になっていた。
 神はいないと思って生活するなど、耐えられない…」

それを受けて、セクタスは言った。
「それなら、彼に…アランドラに祈りを捧げてください。
 人々を悪夢から救うのが神だというのなら…彼こそが、その人なのですから。」


ゴウセルは信心深い男だった。その心の隙を狙われてしまったのだ。
アランドラは、メルザスに対する強い憤りを感じていた。

104 :アランドラ:2005/07/23(土) 13:05:41 ID:izBOYSJj
まだ続きます、ではまた

105 :アランドラ:2005/07/23(土) 16:56:48 ID:izBOYSJj
次の日。
昨晩の件を考えるに、いよいよ敵も本腰を上げてきたようである。
こういう時は先手必勝。
アランドラは、ムルータの住処である大樹の塔に攻め込んだ。
一度は敵の罠にかかり、囚われの身となってしまうもあっさり脱出に成功。
所詮は猿知恵、といったところである。

そして、アランドラはムルータの王・ザザンを討ち、
奪われていた2つの紋章「真紅のオパール」と「褐色のアゲート」を奪い返した。


アランドラが村に戻ると、突然地震が起こった。
村の北西にある「トーラ山」が噴火を起こしたらしい。
しかし、村人はだれもトーラ山が火山だったなどとは知らなかった、という。

アランドラはトーラ山の調査に向かった。
そこにいたのは、火竜ウィルダ。
「深緑のオリビン」を持つ「守護者」の一人である。
ウィルダに自らの力を示したアランドラは、6つ目の紋章を託された。


いつもと同じように夜は更けていく。
村の誰もが、いつもと同じ朝が来ることを疑わなかった。
しかし…

部屋で眠っていたアランドラはメディアムにたたき起こされた。
村に住む少年ベグラスがムルータに誘拐されたという。

べグラスの居所がわからないので助けに行くこともできない。
そんな時、セクタスによって妙案がもたらされた。
べグラスには、双子の弟ネスタスがいる。
そして、双子は夢の中でも通じ合っているのだ。
つまり、ネスタスの夢に入ってべグラスの夢へ抜ければ、
べグラスがどこにいようと関係なく、助けに行くことができる。

アランドラはネスタスの夢に入り、べグラスの夢へと抜けた。
べグラスは、大樹の塔の近くにある小屋に幽閉されていた。
小屋を脱出し、村への帰路につく2人。

106 :アランドラ:2005/07/23(土) 16:57:51 ID:izBOYSJj
村に戻ったアランドラとべグラスが見た物。
それは、ムルータによって火を放たれ、燃え盛るイノアの村であった。
こみあげる怒りに任せて、村にいたムルータを全滅させたアランドラ。
しかし、この焼き討ちによって、多くの村人が命を落とした。
ワインズ、ボージス、モラアス、シーラ、エリーン……


生き残った村人たちは、被害が少なかった村長の家に集まっていた。
ムルータどもは、アランドラとは逆に、
べグラスの夢からネスタスの夢へ抜けてきたのだとセクタスは言った。
猿知恵でそんなことが思いつくわけがない。
間違いなく、メルザスの入れ知恵だ。

村人たちは、これからの事について話し合った。
まず、村人の考えをひとつにまとめる必要がある。
それは、神について、である。

村人たちにも、悪夢を見る理由がすでに見えてきていた。
神を裏切るのかというロエインに、村人たちは一斉に反発する。

「…神なんていないわ。いるのは、悪魔よ!」
「そうだ!祈りを捧げさせておいて、人を苦しめるなんて最低だ!」
「偶像崇拝を禁じ、像や絵画を破壊しただけで怒り、創造力を奪ったのですからね。」
ロエイン「しかし、その代わりに、我々は夢を操る力を授かったのではありませんか!」

その時、メディアムはすべてを理解した。
メルザスは、偶像崇拝の禁止に怒って創造力を奪ったのではない。
偶像崇拝を禁じられたことで、メルザスの力は弱まった。
そんな時に、もしも人間がメルザス以外の誰かを神として崇めるようになったら…
メルザスはそれを恐れて、人々の創造力を奪ったのだ。
しかし、その反動で人々は夢を操れるようになってしまった。
夢を操り、現実にもその影響を及ぼすことができるほどの力は、
物を造り出す事よりも遥かに大きな事ができるはずだ。
すると、今度はメルザスはそれを恐れた。
メルザスは、自分の力を超えつつある人間を滅ぼすしかなかったのだ。

「つまり、我々が力を合わせて夢を操れば、メルザスと戦うこともできるわけですね。」
結論を急いだセクタスを、村長はたしなめた。

今決めるべきことは、
それでもメルザスに祈りを捧げ、奴に神の座を与え続けるのか。
あるいは、死を覚悟で夢を操り、メルザスと戦うのか。
つまり。
メルザスを神とするか、悪魔とするか、なのだ。

村長は、各自の考えをまとめる時間を与えた。
明日の昼。 その時、村の意思を決める。
しかし、村人の意思はすでに一つに固まっていた。
ある一人を除いて。

「…呪ってやる。お前を一生、呪ってやる。」
アランドラに向けてそう言い、ロエインはその場を去った。

107 :アランドラ:2005/07/23(土) 16:58:36 ID:izBOYSJj
村の意思を決める日。

アランドラの前に、ロエインが現れた。
「お前だ!お前さえいなければ…
 お前が、神と我々の関係を破壊してしまったのだ!
 だが、まだ望みはある。 お前を生贄として捧げれば…」

ロエインはメルザスに祈りを捧げた。
この「悪魔」を滅ぼす力を与えて欲しいと。
その時、ロエインは見るもおぞましい姿へと変貌した。

「こ…この体は!
 す…すげー、かっこいーぞー!
 アランドラよ!神はお前のような者にも、大いなる慈悲を与えてくださったぞ!
 私の、この美しい体で、殺されることができるのだ。
 ああ、なんという幸福!私が代わりたいほどだっ!」

アランドラは、メルザスの下僕と化したロエインを倒した。
思えば、ロエインも哀れな男だった。
ただ、神に忠実なだけであったのに、
その神がたまたま悪魔であったからこのような事になってしまったのだ…。


村人たちは、全員で教会の地下にこもった。
教会の建物は頑丈に作られている。
ここなら、ムルータに襲われてもそう簡単には侵入を許さないだろう。

村人たちはある一つの目的のために、ここでただひたすら眠ることになった。
夢を操って、メルザスと直接戦うアランドラを支援する。
村人たちが見る夢は、「とにかくひたすらに強いアランドラ」の夢。

その前に、決戦に旅立つアランドラに、してやれることがひとつある。
村人たちは、手を取り合って眠り、全員で同じ夢を見た。
村人たちの夢は形となり、アランドラの手で強く輝く。


彼の手には、村人の想いから生まれた「聖剣エルナート」が握られていた。

108 :アランドラ:2005/07/23(土) 16:59:51 ID:izBOYSJj
次で最後になります、ではまた

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 17:39:51 ID:R23y+1+y
FEとアランドラの人、乙!
2人共面白いので頑張って下さい

110 :FE 13章 真実求めて:2005/07/23(土) 20:11:22 ID:koev8nkS
突然の襲撃だったがなんとか撃破し、一行はサンタルス候の城へと向かう。
しかしその道中にも敵の魔の手は迫っていた・・・

サンタルス候は悩んでいた。旧知の仲であるフェレ候の息子を間接的とはいえ殺そうとしてしまった事を。
彼はエリウッドに全てを打ち明けるつもりであった・・・だがそれがエリウッド達の耳に入ることは無かった。
謎の男の剣が彼を貫いたからだ。

城に向かうエリウッドの目の前には大量の敵が、村人の話によると
城に向かう唯一の道には強力な傭兵がいて進むことが難しいというのだ。
その傭兵の名は「ギィ」サカ族の少年である。
その名前に聴き覚えがあったマシュー、彼は昔、ギィに食事の世話をしてやった事があったのだ。
それを盾にギィを説得(脅しとも言う)して仲間に加え、一行は城に向かっていく。

城に向かうルートは一つだけではない、城の真北の村から攻める方法もあった。
木を切り倒して橋を作り、川でさえぎられ村からの奇襲攻撃も可能だ。
(この時村を訪問する如何で外伝への分岐が決まります。村では商人が落し物をするのですが・・・)

城門を守る「ボイズ」を撃破し、サンタルス城に突入したエリウッド
しかし、そこで彼が見たのは今にもその命の灯火を消そうとするサンタルス候であった。
彼は残された僅かな命の息吹でエリウッドに謝罪の言葉を繰り返す。
そして・・・同じくリキアのラウス候「ダーレン」を訪ねる様に言うのであった。
それを言い残すと同時に彼の命の鼓動は静かに鳴り止んでいった。

「黒い牙」の謎を残して・・・

111 :FE 13章外伝行商人マリナス:2005/07/23(土) 20:21:33 ID:koev8nkS
一行はサンタルス候の言葉を頼りにラウス候ダーレンの元に急ぐ。
ラウス候の息子エリックはエリウッドにとってヘクトルと同じように古くからの知り合いである。
だが・・・。ヘクトルの様に仲が良かったわけではなかった。

そんな不安がよぎる中、世界は闇に包まれようとしていた。そう、夜が来たのである。
夜道には危険が石ころのように存在している。彼らのような兵力があるものならともかく
弱い一般市民にその危険が取り除けるはずも無い

行商人「マリナス」もまさにその一般市民そのものであった。
突然上がる悲鳴、何事かと向かったエリウッド一行は山賊に襲われるマリナスを発見する。
マリナスが相当溜め込んでいることに気付いた山賊はマリナスを襲う為に兵力を大量に投入する。
かくして闇の中での一戦が始まった。
(前回のシナリオでのマリナスの落し物は松明、これを使うと有利に戦闘が進む)

暗闇に紛れて敵が襲撃を仕掛ける中、一行はマリナスを守る為に夜を徹して戦った。
夜明けが訪れると同時に兵力を失った山賊は逃亡していく。マリナスは安堵ですっかり腰が抜けてしまった。
朝が来たのなら急がねばなるまいと旅支度を進める一行、マリナスは何かお礼を・・・と思ったのだが
中々いい方法が思い浮かばない。そこでヘクトルが輸送隊として働いてはどうかと提案する。

一度でもいいから貴族に仕えることを夢見ていたマリナスにとってそれはまさに青天の霹靂
彼がその申し出を拒む理由が何処にあるのだろうか

こうして輸送隊を加えて一行は更なる戦いに赴くのであった。
(マリナスは封印では貴族の仲間入りを果たしてエリウッドの家臣となっています)

なお、この章に来なかった場合はマリナスは後の章で仲間になります。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 22:24:12 ID:daJgL8qx
聖剣エルナートのシーンが>>95で台無しになっちまってるぜ・・・

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 22:52:17 ID:0OQdq+Lc
雷神剣だっけ?ン十回死ぬと謎の像からもらえるやつ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 02:10:20 ID:2CFyugLv
ベルウィックサーガも発売されてしまいましたが、今頃ティアリングサーガを投下します…。

115 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:10:56 ID:2CFyugLv
〜プロローグ〜

舞台はモーラトン海に浮かぶ大陸リーベリア。
今をさかのぼること800年前、この地は邪神ガーゼルが支配する暗黒の大陸であったが、
青年カーリュオンが、大地母神ミラドナの娘・ユトナの愛を得て、
人々を率い、邪神が支配する帝国を討ち滅ぼした。

カーリュオンとユトナは結ばれ、4人の王女が生まれ、それぞれの王女の名を冠した4つの聖王国が誕生した。
リーヴェ王国、カナン王国、レダ王国、サリア王国。
4王国は協調と抗争を繰り返しつつ、600余年の永きに渡りリーベリア大陸に君臨した。


だが50年前に起きたレダ王国とサリア王国の戦争により、両王国が相次いで滅亡。
リーヴェ王国とカナン王国もまた長く戦争状態にあったがリーヴェが滅び、大陸の覇権はカナン一国のものとなる。

カナン王バハヌークは、邪神ガーゼルの教えを第一とするガーゼル教国と同盟を結び、
かつての邪神が支配していたゾーア帝国の再興を宣言。
皇帝となったバハヌークは、大陸全土の制圧に向けて動き出す。

物語は、その1年後より始まる。

116 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:11:44 ID:2CFyugLv
※あらかじめ知っておくと便利な近代史:【レダ解放戦争】
  レダ王国が滅亡した際、協力なリーダーを失い、混乱したレダ地方に集まった若者たちの戦い。
  その中で特に卓越した12名が「12英雄」と呼ばれ「6勇者」と「6賢者」に分類される。
  6勇者→グラムド(ラゼリア公国大公・故人)
      アーレス(カナン王国第一王子・故人)
      ロファール(ウエルト王国国王)
      テムジン(エリアルの傭兵王)
      ヨーダ(ゾーアの暗黒剣士)
      ヴァルス(グラナダ提督)
  6賢者→マイオス、ナリス(水の神官家の父息子・二人とも故人)
      オクトバス、アンドレ(火の神官家の父息子・二人とも故人)
      エーゼンバッハ(風の神官家)、アフリード(レダの賢者にして、エーゼンバッハの娘シルフィーゼの夫)

※神官家とは
  かつて、王国は巫女(王女)とその一族である神官家が政治を行う神聖国家だったが、
  現在では王家がそれに取って代わり、神官家は祭事的なことにのみ発言力がある。
  どちらもカーリュオンの血は引いており、王家と神官家の間では婚姻も盛ん。

・本編ストーリーは、リュナンとホームズ、二人の主人公の視点から交互に進みます。

 リュナン:リーヴェ王国の一公国ラゼリアの公子。12英雄の一人・グラムド(故)の息子。
      17歳。生真面目で沈着冷静な割にぶっとんだ台詞を吐くことが多い。

 ホームズ:グラナダ海賊「シーライオン」の若。12英雄の一人・ヴァルスの息子。
      20歳前後。リュナンの幼なじみで親友でかつ兄貴分。弓の使い手。

117 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:12:53 ID:2CFyugLv
《リュナン編》
MAP1〜7(ウエルト王国)

カナンとリーヴェとの戦いにより、リーヴェ王国から落ち延びたラゼリアの公子リュナンは、
父グラムドも亡くし、守り役のオイゲンや生き残った若い部下たちと共に、
グラムドとも旧知であったグラナダのヴァルス提督のもとに逃れていた。
だがグラナダでも戦いが起き、ヴァルス提督は息子のホームズとリュナンを逃がしていた。
(本編はここから)
リュナンは島国ウエルトに助力を請うためシーライオンの船を進めてもらう。
リュナンとホームズと一時別れることになるが、二人は再会を約束しあう。

しかし、ウエルト王国では国王ロファールが戦争で行方不明となっており、
宰相コッダが国を牛耳ろうと企み、王妃リーザを幽閉していた。
リーザ王妃は娘のサーシャ王女と騎士ケイトに、信頼するヴェルジェのマーロン伯爵のもとへ命令書を届けさせるが、
コッダはサーシャへ兵を差し向けていた。
ウエルトに上陸したリュナンたちは、兵に追われていたサーシャを救い出し、話を聞き出す。

サーシャと共にマーロン伯の元を訪れたリュナン。
ウエルトの助力を請う以前に、まずウエルトの国政を何とかしなければどうしようもない、
ということで、リュナンたちもウエルト解放のために戦うことに。


まずは国の混乱に乗じて暴れている山賊たちをさくっと討伐することになったリュナン軍。
山賊討伐の最中にリュナンは、山賊たちに囚われていたと言う、シスターのエンテと出会う。
エンテは元にいたマルス神殿に戻ると言うが、女性一人では危険だということで、軍で保護することに。
エンテは、リュナンのことを知っている様子だが……。
また、6勇者の一人・暗黒剣士ゾーアの娘である剣士ジュリアも仲間に。

マルス神殿からエンテを迎えにやって来たサリア王国の天馬騎士・マーテル。
サーシャの母・リーザ王妃とマーテルの母は姉妹で、マーテルとサーシャはいとこ同士。
神官家の血に連なるマーテルは、命令を受けてエンテを守る任務を受けていた。
しかしマルス神殿では、エーゼンバッハが突如来襲したガーゼルの教皇・グエンカオスと対峙し、敗北。
リュナンたちが神殿に辿り着いた時には虫の息だった。
エーゼンバッハは、駆けつけたエンテに、勇気を持って生きろと言い残し息絶える。

ここでエーゼンバッハの孫、風の魔道士マルジュが、母親のシルフィーゼから「エンテを守れ」と言われ仲間になる。
エンテはマルジュを弟のように思っている。マルジュはそれが気に入らず、思春期+反抗期まっしぐら。

また、神殿内で、北の小国バージェから亡命してきたと言う騎士ジークが仲間になる。
しかしリュナンはジークに対し不審を感じる。
ケイトもジークに不審を感じ、ジークに素性を問い詰めるが、彼の悲惨な過去を聞き、ころっと女心を揺らされてしまう。

118 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:13:50 ID:2CFyugLv
その頃、ウエルト王宮ではリュナン軍から敗走した聖騎士ロジャーがコッダに責められていた。
ロジャーの家は貴族で、代々コッダの家に仕えてきたため、やむなくコッダに加担していた。
しかしロジャーはコッダに、駆け落ちまでした恋人のメルを、反乱軍を討伐するまでの人質に奪われてしまう。

だがメルは救い出され、解放軍と合流。
メルは風の神官家の娘で、弟のマルジュと再会したメルはロジャーとの仲はとっくに許されていたことを知る。

嫌々ながらも解放軍と戦うために王宮を守るロジャー。しかしメルの無事な姿を見ると、解放軍に寝返る。
また、サーシャが母親のリーザ王妃から預けられた天馬の笛で天馬騎士になることができる。
リーザ王妃は昔は有名な天馬騎士で、レダ解放戦争でも夫のロファールらと共に戦ったことがあった。

ついに解放軍の前に敗れ去ったコッダ。
リーザ王妃は、国を救ってくれたリュナンに、快く兵力と軍資金を出す。
また、サーシャも行方不明となった父ロファールを探すためにも、ついていくことになった。

119 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:14:30 ID:2CFyugLv
MAP8

その頃ホームズは、イスラ島で暴れていた海賊退治をしていた。(こいつらも海賊だが)
そこで出会った、天然系・素性不明の少女カトリ。
カトリは育ての親のロウ司祭に連れられ、マルス神殿のエーゼンバッハの所に預けられるところだった。
だが司祭が海賊に殺され、囚えれられていたのだ。

カトリは最初はホームズのことを怖がっていたが、天然なのですぐ懐く。
ある日ホームズと喧嘩したカトリは、拾った杖でゾンビを大量召喚して沼地に一人きりになる。
恐怖でカトリがユトナ神に祈ると、カトリの体が火竜に変化する。
時間が経つと元の姿に戻ったものの、カトリはすっかり怯えてしまう。

ちょうどそこにリュナン軍到着。

ホームズは、カトリの身につけていた腕輪がリングオブサリア、
サリア王家に伝わる紋章の腕輪であることに気づいていた。
カトリが変化したのは、サリアの守護聖竜ネウロン。
ホームズは、カトリが聖竜の巫女であると言い、普通の娘として暮らしたければ腕輪を外せ、と言うが、
話を聞いていたエンテが突然、腕輪はカトリを守るものであるから、決して外してはならないと主張する。
まだ怖がるカトリに、ホームズは「俺がお前を守ってやる」発言。

ホームズはリュナンに、「世界を巡って冒険するから、レアアイテムゲットしたら届けるぜ」と
気前のいい友情を見せる。
また、リュナンがウエルトの兵力を連れて行ってしまうため、このあたりの悪党も片付けておいてくれるとのこと。

※ここでリュナン軍とホームズ隊のメンバー入れ替えができる。
 リュナン、エンテはリュナン軍に固定、
 ホームズ、カトリ、シゲン(ホームズの相棒兼ホームズ隊のツッコミ役・ジュリアの義兄)はホームズ隊に固定。

ホームズと別れたリュナンは、マール王国へと船を向ける。
マール王国では、リチャード王子がレダ王国の生き残り、ティーエ王女を救い出しており、
リチャード軍と共にレダ同盟軍を率いていた。
ティーエとリチャードは婚約している。

マール港に辿り着いたエンテは、旧知である、光の魔道士メリエルと再会する。
メリエルは水の神官家の大賢者マイオスの孫娘で、行方不明の兄リシュエルを探していた。
メリエルとエンテはいとこ同士とのことで、メリエルはリュナン軍についてくる。

マール王宮へ出向いたリュナンは、リチャード&ティーエと対面。
リュナンを侮っていたリチャードだったが、リュナンは堂々とした態度で渡り合う。
リュナンはティーエに、レダ王国の再興を考えているのか尋ねるが、
ティーエは「ガーゼル教国を滅ぼし、教皇グエンカオスを倒すことが私に課せられた使命です」と語る。

120 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:15:05 ID:2CFyugLv
MAP9〜MAP10

軍を進めるリュナンたちに、カナン軍との戦いは避けられない。
だが、敗れ去ったカナンの将軍に「祖国を救ってくれ」と言われたり
カナンも一枚岩ではないことを知る。
カナンのバハヌーク皇帝は若い后に溺れ、カナンが持ちこたえているのは
有能な二人の王子、バルカとジュリアスおかげらしい。
もともと、リュナンの父のグラムド大公とカナン第一王子アーレスは盟友で、
両国の間には二人の働きによって和約が結ばれるはずだった。
だが、リーヴェの守護聖竜ミュースが現れ、その場を焼き尽くし、グラムドもアーレスも死亡した。
これが「ノルゼリアの悲劇」である。
どちらの国でもこの殺戮が互いのせいだと思っており、和約は当然破棄された。
誰が何のために聖竜を利用したのか? カナンとリーヴェが憎しみ合えば利を得るものは誰か?

自由都市セネーからカナン軍を追い払ったリュナンは、
いつのまにかティーエ、リチャード率いる西部諸国同盟と
リュナン率いるリーヴェ・ウエルト連合がゾーア帝国を相手とする
「ユトナ同盟」として盟約を結んでいたことを知る。
リチャードが勝手に発表したらしい。油断のならない奴である。

121 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:15:59 ID:2CFyugLv
《ホームズ編》
MAP11〜MAP16

自称「夢をロマンを求めて世界を旅する冒険者」ホームズ一行はウエルトで悪者退治。

サーシャがホームズ隊にいると、ホームズ&サーシャ関連のイベント発生。
サーシャはホームズの身につけているペンダントに見覚えがあるとのこと。
「ホームズのようなお兄様がほしかった」とサーシャはずいぶんホームズに懐く。
ホームズは天然系の年下の少女に懐かれる属性があるらしい。
また、ホームズ隊がウエルト王宮に立ち寄ると、何故かリーザ王妃は姿を見せない。

とある洞窟では山賊に囚われていた雷魔道士エリシャとエリアルの傭兵サムソンが仲間になる。
エリシャはマルス神殿に行く途中で、マルジュとメルの行方不明の父・アフリードのことを知っている様子。

また、ホームズ隊は、イスラ海賊の頭目に義姉レネを奪われていたブラードの少年アトロムを助ける。
孤児のアトロムは、自分を拾って育ててくれたレネをとても慕っていた。
だがレネは海に落ちてしまい、落ち込むアトロム。

カトリは、ホームズ隊に敗れたイスラ海賊の頭目・メルヘンの命をこっそり助けていた。
メルヘンは、実は割と信心深く、カトリの養父のロウ司祭を生かしておいたことが判明する。
ロウ司祭と涙の再会を交わすカトリ。めでたしめでたし。レネは行方不明のままだが。
ロウ司祭はホームズを信頼し、カトリをそのまま預ける。

マール王宮に辿り着いたホームズ隊。
グラナダとマール王国は同じ海運国として同盟を結んでおり、
ホームズとリチャードは幼なじみのようなものだったが、大変仲が悪かった。
ホームズをとっとと追っ払うリチャード。
ホームズはリチャードに野心がありすぎることに懸念を抱き、ティーエに
リチャードに利用されているんじゃないか、と苦言を呈すが、
ティーエは「リチャードは悪人ではない」ととりあえずリチャードを庇うのだった。

アトロムの住んでいた街・ブラードに辿り着いたホームズ隊。
そこには、草原の狼の異名を持つ、セルバ大公レオンハートがいた。
レオンハートは、サリアの王妃の弟。レオン大公はホームズのことが気に入った様子。
また、レオンハートの姪で、マーテルの妹である天馬騎士フラウと、
その友人でカナンから亡命してきてレオンハートに預けられていた騎士見習いサンが仲間に。
フラウはマーテルから「カトリ様をお守りする事があなたの使命」と命令される。
理由はわからないものの承諾するフラウ。

その頃リュナン軍でも、レオンハートに協力を仰ごうという動きが。
リチャードと対等に渡り合ったと言うリュナンのことをやっぱり気に入ったレオンハートは快く承諾。
ホームズにブラードの街を任せて(リュナン絡みのことなのでホームズもあっさり承諾)出陣するのだった。

122 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:18:01 ID:2CFyugLv
《リュナン編》
MAP17〜MAP19

レオンハートと協力し、セルバで戦うリュナン軍。
しかしそこに、何故かカナンの守護聖竜ラキスが現れる。突然の事態にそれはびっくりするリュナンたち。
だが、ラキスはどこか攻撃をためらい、そのままいなくなる。
ラキスの正体は、盗賊にさらわれていた少女ネイファ。
ネイファは、兄のセネトと再会すると、セネトと共にエリアル国へと戻っていった。
エリアルに戻ったセネトは、ティーエが同盟を率い戦っていることを聞き、昔なじみであるティーエに会いたいと思う。
ここではセネト&ネイファ兄妹の素性は明かされない。

レオンハートとやっと対面したリュナンは、カナン王国の事情を聞く。
亡くなったアーレス王子の妻が14年前何者かに殺され、二人の子供が行方不明だと言う。
アーレス王子の妻はカナン神殿にいたエーゼンバッハ老師の娘であり、
エーゼンバッハもカナンから追放されたのだ。
カナンにも複雑な事情があることを改めて知るリュナン。

レオンハートは、内乱状態にあるサリアを解放するまでは
リュナン軍と合流して帝国と戦えないからそれまで待っててくれ、とさわやかに別れる。

カナンの盾と呼ばれる強力なバルバロッサ将軍を倒し、カナン軍の要塞を落としたリュナン軍。
そこに、サリアの村から火の神官家・大神官オクトバス(故)の娘であるクラリスがリュナンの元に面会へやってきた。
クラリスはウエルト王妃リーザの姉でもあり、戦乱で落ち延びたウエルト王ロファールを匿っていた。
ようやくロファールと対面するリュナン。
(サーシャがリュナン軍にいるとロファールとの父娘再会イベント有り。サーシャがホームズ隊にいる時はイベントは後回し)
身体も癒えたロファールは、帝国を討ち果たすためにリュナンたちと共に戦う心意気を語る。

また、リュナンはクラリスから、聖竜ミュースがカナン王子アーレスとリュナンの父・グラムド大公の命を奪った
「ノルゼリアの悲劇」についての話を聞く。
リーヴェ王家には、一般には知られていないがメーヴェという名の末の姫がいたらしい。
だがメーヴェ王女はユトナの聖痕を持って生まれたために、水の神殿に預けられ神殿から出ることは固く禁じられていた。
しかし教皇グエンカオスが水の神殿のマイオスを殺し、メーヴェ王女と王家の腕輪・リングオブリーヴェを奪い、
王女を無理矢理、聖竜として覚醒させたのだ。
エーゼンバッハとオクトバスはグエンと戦い、オクトバスの命と引き換えに王女と腕輪は取り戻された。
リュナンは、父の仇をミュースだと思っていたが、グエンカオスことが真の敵だったことを知る。

リュナンとの会見の後、クラリスはエンテと会話。
エンテこそがリーヴェの王女メーヴェであった。
エンテは幼い頃、神殿に閉じ込められていることを知って哀れに思ったリュナンの父のグラムド大公に連れられ、
3日間だけ外の世界に出たことがあった。
その時に出会ったリュナンを、エンテは幼い頃から想い続けていたが、
何も覚えていないリュナンに本当のことは話せずにいた。
だがクラリスはエンテに、リュナンは気づいていながらあえて知らないふりをしているのでは…、と語る。

123 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:19:41 ID:2CFyugLv
《ホームズ編》
MAP20〜MAP23

ブラードにレオンハートが戻ってきたので、ホームズ隊も行動を再開。
行き先はレダの古城。
死んだと思われる、アトロムの義姉・レネのため、レダ古城にあると言われる
死者を甦らせる伝説のオーブ・ダクリュオンを取りに行くためだ。
50年前のレダ王国とサリア王国の戦争で、形成不利と見たレダ王は戒めを破り、レダの守護聖竜クラニオンを呼び出した。
クラニオンはサリア王国を破壊し尽くしたが、レダの諸都市をも壊滅させ、最後にはレダ王宮をも焼き払った。
そのため、レダは滅亡し、王宮跡も魔獣たちの巣窟となっていた。

レダ古城に辿り着いたホームズ隊だが、ちょうど魔竜となったクラニオンが暴れ回っていた。
逃げ惑いながら戦うホームズ隊。
だがそこにグエンカオスが現れ、クラニオンに優しく語りかけるとそのまま共に去って行った。
ダクリュオンはなんとか手に入れたものの、イル島の聖なる塔の復活の祭壇まで持っていかなければ使えない。
ホームズたちは一度ブラードまで戻ることに。

ブラードではレオンハートが、サリアの王位を狙うサリア王弟・アハブ大公の手の軍隊から攻撃を受けていた。
戻ったホームズ隊はレオンハートの窮地を救う。
しかし、軍を率いていた老将ザカリアはまだ生きていた。
ザカリアを助けようと手当てをするカトリ。
気がついたザカリアは、カトリの胸元にあるユトナの聖痕を見つけ、カトリがサリア王国の王女マリアであると告げる。
十数年前、サリア城を制圧し、反乱を成功させたアハブ大公はザカリアに生まれたばかりの王女を殺すよう命令させたが、
ザカリアは王女を殺すことはできず、旅の神官に王女を委ねたのだと言う。
更に、カトリの両親である、国王夫妻も生きているとのこと。サリア城の地下牢に幽閉されているらしい。

レオンハートやホームズたちは、アハブのいるサリア城に攻め込み、勝利を収める。
国王夫妻も無事に救い出され、カトリは長い間夢見ていた両親と再会し、涙を流す。

124 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/24(日) 02:20:59 ID:2CFyugLv
国王夫妻とホームズたちは、サリアの神官長クラリスから話を聞くためにサリアの村へ向かう。
クラリスは喜び、サリア王国再興までにサリアの村へ留まるよう国王夫妻に促す。
王女と判明したカトリも同様である。

サリアの村に留まっていたリュナン軍とホームズ隊も久々に合流。
リュナンはホームズに会えたことに喜ぶ。
一方、ロファールもホームズのことが気になる模様。

その頃、今までリュナン軍に従属していたジークが、軍を脱走する。
ジークを今まで信用しきれなかったリュナンは、驚かなかったが、
ジークに恋をしていたサーシャ付きの騎士・ケイトは激しく動揺し、ジークはガーゼルに捕らえられたのだ、と主張する。

ガーゼル魔道軍との戦いで傷を負い、療養していたところをアハブ大公に利用されていた炎の魔道士リシュエルは、
妹のメリエルと、いとこであるエンテと再会した。リシュエルとメリエルはエンテの素性を知っている。
リシュエルとメリエルの兄妹は火の神官家・水の神官家、双方の血を引いており、
リシュエルが火の神官家、メリエルが水の神官家の力を受け継いでいた。
リシュエルは、権力欲に取り付かれ自分の妹をリーヴェ国王に嫁がせ、
国王の意のままに動いていた父親・ナリス(故)を恨んでいた。
エンテが幼い頃神殿に閉じ込められていたのはリシュエルの父の仕業でもあったのだ。
8年前にエンテが解放されてからは、リシュエル&メリエルとエンテは、兄妹のように育っていたのだった。


リュナンとホームズも、長く再会を喜び合う間もなく、それぞれ出発の時が来ていた。
リュナンは祖国リーヴェを、ホームズは故郷グラナダを取り戻すために。
カトリはホームズとの別れを惜しむが、ホームズは「お前なんかいなくたって平気だ」とそっけない態度を見せる。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 02:23:41 ID:2CFyugLv
長い…。
キャラやイベントは大分はしょってますが、王家+神官家に連なるキャラはフォローしようと思ったら
それでも結構多くなってしまいました。

これで大体半分ですが、後半は説明部分が多いのでもうちょっと長くなります。
大体できてはいるのですが後日投下。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 03:17:38 ID:hk2VJihe
サターンのRAMPOをお願いします

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 04:52:53 ID:kt78bUhJ
ティアリング乙です!
登場キャラの殆どが親戚だったりして家系図がめちゃ複雑なんだよなあ。

128 :FE 14章 うごめく者たち:2005/07/24(日) 14:47:26 ID:3CAoBQ85
リキアの中央、ラウス領
サンタルス候の言葉を頼り、戦の準備を始めているラウス候「ダーレン」の真意を得る為一行は
ラウス城へと向かうのであった。

一方城では、ラウス候ダーレン、息子エリック
そして謎の男「エフィデル」が今後の計画についての話を進めていた。
戦の準備を始めていることを知られたダーレンは息子エリックを先頭にエリウッドを討伐することに決めた。
エリウッドとは昔馴染みであったエリック、しかし彼は槍や学問、何においても
エリウッドに敵うところは無かった。屈折した彼の思いはここで爆発する。

旧友気取りでエリウッドに近づくエリック、しかしエリウッドはそれを見抜いていた。
戦準備について責められるエリック、計画外れとなったエリックは城の部隊を率いて
ここに20年後にも続くラウスとの因縁の戦いが始まろうとしていた。
(分かる人には分かるのだが、封印でこことほぼ同じマップがある。)

さてさて、その戦いの中、一人の老婆がエリウッドに近づいてきた。
老婆の名はハンナ、占い師であり、彼らの戦況について占ってくれるという
彼女の占いによるとこの戦いの途中何度か雨に降られるらしい
情報を手にしたエリウッドはハンナを仲間に加えて、進撃を始めた

129 :FE 14章 うごめく者たち:2005/07/24(日) 14:58:49 ID:3CAoBQ85
その頃、その一帯には二つの村があるのだが・・・
南の村では一人の少女がその戦いを不安げに眺めていた。
また北の村ではその戦況を冷静に見据える瞳があった。

魔術師「エルク」は南の村に匿われている主人を案じていた。
戦いの最中、南の村に海賊が襲い掛かろうともしている。
エルクは自らの主人を守る為に魔道書を手にした。
(この時セーラ、若しくはプリシラで話せば彼は仲間になります)

その頃南の村を訪問し、門を閉ざすよう説明する一行
その村から一人の少女が一行に助けを求めた。
彼女の名は「プリシラ」元々はリキアのコンウォル家、貴族の娘であった。
しかし今、コンウォル家は取り潰しに合って姿が無い。

彼女は幼い時に強国エルトリアのカルレオン伯爵家に養女として出されていた。
彼女は生き別れの兄を探すべく、護衛の魔術師と共にリキアに舞い戻ってきたのだ。
しかしその素性を知ったのがラウス候、彼女をラウス領に留めて離しません

彼女は兄を探すべく、そしてラウスから解き放たれるべく、エリウッド一行に身を委ねます。

戦況が悪化するエリック一軍、援軍を呼ぶも、ついにダーレンは彼を切り捨てました。
エリックは倒れ、彼らの捕虜となり、ラウスにはもう誰も人がいませんでした。
エリックはダーレンが戦の準備を始めたのを黒い牙、そしてエフィデルの所為だと言います。

黒い牙、またこの名前を聞くことになりました。そしてエフィデルとは?
闇の中で「うごめく者たち」の正体は一体何なのか・・・戦いは続きます。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 15:00:16 ID:3CAoBQ85
|Д´)ノ   
|回.ノ  ジャ、マタ・・・     
| < 



131 :アランドラ:2005/07/24(日) 15:28:33 ID:qZMIfOA7
村人たちの想いを手に教会を出たアランドラを、墓守のケイトスが呼び止めた。
「…わしやハヴァンがこの村の者ではない事を、何となく気づいているようだな。
 我々はゾリスト。長き時を生きる民だ。
 メルザスが現れるよりも前から、この地に住んでおる。
 国王の命により、メルザスの真の復活を遂げさせぬ事。
 それが我々の役目だ。…だが、それも今日で終わりだ。
 やつは血に飢えている。やつを復活させ、その息の根を止めねばならぬ。
 最後の紋章はハヴァンの手にある。…頼んだぞ。」
アランドラはハヴァンの元へ向かった。

ハヴァンは、傷つき床に倒れていた。
「…ゾルジアを知っておるか?…奴が来たのだ。
 紋章の隠し場所を喋らなかったばかりに…このざまだ。」
ハヴァンから紋章の隠し場所を聞き、
アランドラは最後の紋章「白銀のダイヤ」を手にした。

「メルザスのことを教えてやろう。
 奴は、隕石とともに空からやってきた化け物なのだ。
 一度は王によって捕らえられたのだが、
 奴に甘い夢を見せられた王は、奴を処刑できなくなった。
 奴には神の座が与えられ、数多くの絵画や像が作られた。
 だが、奴は人間を支配する事に味を占め、
 夢を通じて現実世界へと干渉しはじめた。
 王は世界の破滅を予感し、奴の絵画や像をすべて破棄させたのだ。
 今、奴は自分の信者としてムルータを選んだ。
 ムルータ程度の生き物なら、反乱の危険はないと考えての事だろう。」

その時、窓が割れ、ゾルジアが飛び込んできた。
「くっ…ゾルジアめ、戻ってきたか!」

「アランドラ。悔いの無いように生きたか?
 俺は以前、お前さんに『次は、ないよ』と言ったよな。
 ニルードのおっさんをぶっ殺した時だよ。
 俺も男だからさ、ま、そういうわけだ。」

アランドラは、そう言って襲いかかってきたゾルジアを倒したが、
ハヴァンはそのまま息を引き取った。
「長生きなどするものではないと思っていたが…間違いだな。
 守護者とならなかったら…お前には、会えなかった。
 頼むぞ…奴を…」

132 :アランドラ:2005/07/24(日) 15:30:11 ID:qZMIfOA7
メルザスの封じられた湖のほとりに、7つの祭壇がある。
そのそれぞれに紋章を納めると、湖からメルザスの神殿が姿を現した。

広大な神殿を抜け、アランドラはメルザスの元へ歩み出た。
「貴様…そうまでして、このメルザスに歯向かうか。
 よかろう…後悔させてやる。
 出でよ、わが忠実なる下僕よ!」
メルザスはブラックドラゴンを呼び出し、アランドラにけしかけた。
アランドラは激しく消耗しながらも、これを何とか倒した。


その頃。
教会の地下で眠っていた村人たちは、次々に目を覚ました。
彼らの耳には、確かにアランドラの声が聞こえたのだ。
「…通じたんだわ!
 私たちの、祈りにも似た夢が、あの人の心に通じたのよ!」

村人たちは皆、アランドラのために祈り始めた。
「兄ちゃんは強いんだ!メルザスなんかには負けないよね!」
「みんな、あなたを待ってるのよ!」
「どうか、みんなの仇を討ってくれ!」

村長「天国のアンゼスも、きっと君を応援しているはずだ!」
セクタス「人々のために、身を呈して戦ってきたあなたこそが神なのだと、私は思います。
      どうか、悪魔を!メルザスを…!」
メディアム「…後悔しているわ。
       たとえ、駄目だと言われても、あなたについていけばよかった、と。
       お願い、無事に帰ってきて!あなたが帰ってきてくれたら、私…」


アランドラは、村人たちの祈りの声を聞いた気がした。
そうだ、自分は一人じゃない!
体に力がみなぎってくる。
村人たちの思いを一身に背負い、アランドラはついにメルザスを討ち果たした。

「くくく…アランドラよ。
 確かに貴様は神を…このメルザスを打ち倒した。
 だが、貴様らの望む平和は、それでも訪れぬであろうな。
 ……。
 貴様ら人間が、その心に闇を住まわせている限り、血は流され続ける。
 それこそが、人間の歴史なのだ。
 心の底から崇める事の出来る、全能の神が現れるまでは……。」


アランドラは、崩れ落ちる神殿から脱出した。
主を失った神殿は、再び湖の底へと沈んでいく。
これで…終わったのだ。

133 :アランドラ:2005/07/24(日) 15:32:02 ID:qZMIfOA7
村に戻ったアランドラは大いに歓迎され、勝利の宴が催された。
注がれた酒を一息に飲み干すアランドラ。

村も復興の兆しを見せはじめ、アランドラも村のために汗を流した。
みな、一生懸命だ。

ある日の夜、アランドラの部屋のドアをノックする音が。
そこに立っていたのは、メディアムだった。

そして、アランドラとメディアムは、村人たちに見送られながら村を後にした。
雨に打たれ、風に吹かれながら、2人手を取り合い旅を続けていった。
しかし、やがてそんな2人にも、道を分かつ時が来た。
メディアムは、彼にそっと口づけて、手を振りながら去っていった。

アランドラの胸中に、メルザスの最後の言葉が蘇る。
いつか、世界に真の平和が訪れる日は来るのだろうか。それとも…。
彼の旅は、まだ終わらない。


             -The End-

134 :アランドラ:2005/07/24(日) 15:34:48 ID:qZMIfOA7
ちなみに、「アランドラ2」のほうは、「1」とはまったく関係ないストーリーです。
アランドラも登場しません。
雰囲気も異様に明るく、というか軽くなり、前作とはまったく別物になっています。
ゲーム的にはそこそこ面白いかもしれないけど、ストーリー的には駄作と言っていいかもしれません。


では、名無しに戻らせていただきます。

135 :FE 15章 キアランの公女:2005/07/24(日) 16:56:25 ID:3CAoBQ85
あれから一年、キアラン候は一時危篤状態にまで陥っていた。
だがリンディスの必死の看病のお陰で、今では見違えるほどの健康を取り戻していた。
リンディスは今でもあの母なる大地、草原のことを思い出す。
だが今は唯一の肉親と共に生活をする喜びもあるのであった。

はずだった。

突如としてキアランを襲うラウスの兵士達、全てはダーレンの手によるもの
リンは辛くも脱出に成功するが、未だキアラン候は城の中であった。
リンは少数ながら、フロリーナ、セイン、ケント、ウィルの5人で巻き返しを図ろうとする。
一方、キアラン襲撃の報せを聞いたエリウッド一行はリンの生命を心配していた・・・

フロリーナが伝令に走り、リンの生存、しかしキアラン候がまだ城にいること
仲間が幾つか森で待機していることなどを聞く一行。
その仲間たちとも合流してなんとか敵の部隊を鎮圧、城へと突入する一行。

しかし城の中では既に黒い牙の魔の手がキアラン候を襲っていった。
ダーレンはエフィデルに良い様に扱われて、遂にはキアラン候までもを手に掛ける。

また、ここで敵方に密偵の「レイラ」が出現する。彼女は実はオスティアの密偵で
マシューとは恋仲である。

136 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/25(月) 01:48:16 ID:erF/XuCb
《リュナン編》
MAP24〜MAP26

順調にリーヴェにまで軍を進めていくリュナン軍。

その頃、リーヴェ王宮にいるカナンのバルカ王子とジュリアス王子は、亡き兄アーレス王子の遺児である、
セネト王子とネイファ王女が現れたと言う報告を聞く。
セネトもネイファも、14年前にアーレスの館が賊に襲われた際、死んだと思われていた。
セネトと名乗る少年はカナン王国で反乱軍を興し、ガーゼル教国に支配されていたカナンの街や村を解放しているらしい。
バルカとジュリアスは、事の真相を確かめるため、リュナン軍との戦いから一時撤退。

ついに故郷のラゼリア公国へまで戻ったリュナンは、昔からリュナンをライバル視していた
レンツェンハイマー公子の卑劣な作戦に遭いながらも、レンツェンを討ち果たし、見事ラゼリアを解放することができた。
リュナンはラゼリアの民たちの前に姿を現し、改めて、リーヴェ王宮を解放し戦争を終わらせることを誓う。

137 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/25(月) 01:48:46 ID:erF/XuCb
《ホームズ編》
MAP27〜MAP30

サリアの村を後にしたホームズは、追いかけてきたカトリから、リングオブサリアを預かる。
本当は皆と別れたくない、と言うカトリは、ホームズに「私の代わりにこの腕輪を連れて行ってほしい」と頼み
サリアの村へ戻った。

マールの王宮まで戻ったホームズは、カトリの育ての親のロウ司祭に、カトリが無事に両親に会えたことを話す。
身体の癒えたロウ司祭は、ホームズ隊についてくることに。
ホームズはロウ司祭から、さまざまな大陸の歴史や神話を聞く。
ロウ司祭の話によると、レダ古城にいた魔竜クラニオンは、40年前に行方知れずとなったレダの王女ティータらしい。
また、ガーゼルの教皇・グエンカオスは、元はレダ王国の土の神官家の一族だった。
レダが滅亡した後、グエンカオスはゾーア人を率いて反乱を起こし、レダの旧領北部にガーゼル教国を打ち立てたのだ。
常人とは思えないほどの知識を持つロウ司祭だが……?

ホームズたちもついにグラナダにまで上陸する。
そこには、死んだと思われていたアトロムの義姉・レネがいた。
レネはカナンの将軍に救われていたのである。
アトロムは無事に、レネと再会することができた。
戦いには勝ち、グラナダを取り戻したものの、ホームズには釈然としないものが残った。

とりあえず父親のヴァルス提督の安否を気にするホームズだったが、
相棒のシゲンの案内で連れられた館では、身体の癒えたヴァルスが女性を侍らせくつろいでいた。
ヴァルスは、もう自分は引退するからおまえがグラナダ領主になれ、と、ホームズに鎧と剣を渡す。
いい加減な父親にすっかり腹を立てるホームズ。
シゲンは、ヴァルス提督はグラナダの民を必死で救い出し、
ホームズの帰りを待っていたのだ、ととりあえずフォローする。

またホームズは、レネからアトロムを拾った経緯を聞く。
詳しい話を聞いたホームズは、アトロムがヴァルスの息子であると確信する。
つまりアトロムはホームズの異母弟であった。
ヴァルスは大陸中に女性がおり、自分の兄弟姉妹は100人を越えているだろう…、とはホームズの弁。
この件はひとまずアトロムに黙っておくことにしたホームズ。

イル島の奥にある、伝説の大賢者モースが住むと言うモースの塔へ行くため、イルの村へ立ち寄ったホームズ隊。
イルの村には、シゲンの義理の父親でありジュリアの実父である、6勇者の一人・ヨーダがいた。
シゲンの両親は二人とも古のゾーア人であり、ヨーダは育ての父である。
シゲンは自分と実の父親を捨て、カナンのバハヌーク皇帝の女となった実母・カルラを憎んでいた。
ジュリアに手合わせをしたりシゲンと語らったり一通り父親っぽいことをしたヨーダもホームズ隊についてくることに。

モースの塔の最上階まで辿り着いたホームズ隊だが、そこに大賢者モースはいなかった。
塔を守っていた巫女ミーメによると、モースは異世界に旅立ちしばらく戻ってこないそうだ。
※これまでにリュナン軍及びホームズ隊に死亡者がいると祭壇でダクリュオンを使い生き返らせることができる。

その頃、サリアの村では、カトリがグエンカオスにさらわれる事件が起きていた。
クラリス神官長は、ホームズに使者を送る。
そのことをまだ知らないホームズは、ラゼリアを取り戻したリュナンの元へ。

138 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/25(月) 01:49:45 ID:erF/XuCb
《リュナン軍&ホームズ隊合流》
ラゼリア公国。リュナンは一人で部屋にいるエンテを発見する。そこはリュナンが幼い頃使っていた部屋だった。
リュナンはエンテに、昔の思い出話を語り始める。
5歳か6歳くらいの頃に、父が小さい女の子を連れてここで一緒に遊んだ記憶がある、と。
その女の子は泣いていたから「泣くな。僕が守ってあげる」とリュナンは約束した。
彼女は、自分がいつか恐ろしい竜に生まれ変わって人々を焼き殺し、リーヴェ王国を滅亡させると信じていた。
幼いリュナンは、そんなことには絶対させないから僕の側を離れるな、と彼女に言った。だがその子は突然いなくなった……。
リュナンは、その女の子に裏切られたと思った、と語る。
「約束を破ったのはエンテ。君の方だ……」
リュナンは、エンテのことを思い出していた。
幼すぎたリュナンは、エンテがいなくなったのは全てエンテのせいだと思っていた。
エンテと言う名前は、リュナンの父親のグラムド大公が与えた仮の名であった。
エンテは、本名のメーヴェよりもエンテと呼ばれる方が好きだから、マルス神殿に身を隠す時もエンテと名乗っていたと語る。
だがリュナンは、「今でもエンテは僕を裏切っている。エンテは僕を試そうとした。だから僕を欺き続けた」と
エンテを冷たく突き放す。
思い悩むリュナンだったが、ホームズとの再会で酒を酌み交わし、気を紛らわせる。

リュナンとホームズが話をしていると、サーシャとロファールがやってくる。
ロファールはホームズに、サーシャへの気遣いに感謝している、と述べる。
いずれは真実を話さなければいけない、と語るロファールに、
ホームズは「何を言っているのかわからねえ。ただサーシャが好きだから守る」と話をはぐらかす。

レオンハートは恋人のレネとゆっくり話をすることができた。
レオンハートには忘れられない妻がいたが、最近、娘との再会イベントで妻が死んだことを知り、
妻を忘れることはできないが、これからはレネ一人を愛すると誓う。

一方、ケイトはジークがいなくなってからずっと気を落としていた。
サーシャはそんなケイトを心配し、励ます。


そんな中、ホームズの元にサリアの村がグエンカオスに襲われたことが知らされた。
リュナンと別れ、カトリ救出のために急ぐホームズ。
ロウ司祭は、邪神ガーゼルを復活させるため、女神ユトナの血を引くカトリを連れさらったのだ、と推測する。
ユトナの血を受け継ぐ巫女を邪神に捧げれば眠りから目覚めると、経典に記されていると言うのだ。
しかし、カトリ一人だけでは意味がない。ユトナ神の4人の娘が全員そろわなければいけないはずだ。
全てを見透かしたようなロウ司祭の言葉。
司祭に力があっても戦えないのでは仕方がない、とホームズはロウ司祭とここで別れる。

サリアの村に戻ってクラリス神官長から話を聞いたホームズ。
ホームズはカトリを取り戻すためにガーゼル神殿に向かうことを決意。
ホームズは改めてカトリが大切な存在であると気づく。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 01:55:06 ID:erF/XuCb
ティアサガ、ひとまずここまで。次かその次にはエンディングまでいけそう。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 08:50:07 ID:LhvUV27b
英雄伝説Yってマダー?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 12:15:55 ID:gu5SHmR0
>140
6って家庭用に移植されてたっけ?

142 :FE 16章 謎の行方:2005/07/25(月) 14:16:13 ID:FALuvMTG
キアラン城に乗り込むエリウッド一行
しかしながら敵は未だ城内に残る。そしてキアラン候は無事なのか
はやる気持ちを抑えつつ絢爛な城内に大よそ似つかわしくない剣戟の音が鳴り響く。

(13章外伝に言っていない場合ここでマリナスが仲間に)

その頃キアラン城のとある一室ではラウス兵と一人の戦士がなにやら揉めていた。
彼の名は「レイヴァン」キアラン候に雇われた傭兵だが、彼は実は今は亡き名家コンウェル家の跡継ぎだった。
コンウェル家が取り潰されたことと関係のあるオスティアを彼は憎んでいた。
そして彼はラウス兵に戦闘への参加を申し出る。オスティア候弟ヘクトルを倒すために。

その一室では他のキアラン兵も残されていた。中には戦闘とは関わりの薄そうな修道士もいた
彼は「ルセア」レイヴァンの従者であり、またそれ以上(注目)の関係でもある。
キアラン兵は時を待った。脱出、そして主人を守る為に。

さて、一行はキアランの玉座を取り戻す為に戦闘を始めた。
荒れ果てていく城内、レイヴァンの剣はヘクトルを捉える為に機をうかがっていた
(プリシラで話すと仲間に出来ます)
プリシラはレイヴァンの妹であった。{プリシラはそれ以上(注目)と思っているらしいが}
妹の頼みを断れるはずも無く、彼はエリウッド一行に協力を申し出、ルセアを引き連れて戦場に舞い戻る。
(レイヴァンでルセアを話すと仲間に出来る)

次々に倒れていく兵士達、脱出に成功したキアラン兵を守りつつ、遂に玉座を制圧する一行
キアラン候は何処だ?城内には残された血痕、しかしながら侯爵は生きていた。
密偵「レイラ」の話によるところ、一命は取り留めたという。

そしてレイラは口を開いた。黒い牙についてを少しずつ、黒い牙は元々は義賊であった。
しかし首領のブレンダンが後妻を得てから話は変わったと・・・
その後妻の影にある男ネルガル、彼こそが全てをゆがめた。レイラは語る。
黒い牙は南の島「ヴァロール島」にあると・・・一行はヴァロール島を目指すべく、港町バドンを目指した。

また、ここでマシューはレイラに結婚の約束をする。しかし・・・・

143 :FE 16章外伝 港町バドン:2005/07/25(月) 14:27:18 ID:FALuvMTG
港町バドンに到着した一行。
「ヴァロール島」とは「魔の島」とも呼ばれており、一度そこに行った船は二度と帰って来れないという。
そんなものだから普通の船乗りは誰一人一行を乗せて行こう等言ってくれない
困ったエリウッド、彼は最後の手段と・・海賊に頼むことに決めた。
リンは断るものの、それ以外に術は無い。

海賊の親玉「ファーガス」はそれを簡単によしとは言わなかった。
出発したければ十万ゴールド寄越せという、一行にそんなお金があるはず無い。
仕方なく闘技場で金を貯める事にするエリウッド、その姿を見たファーガスは
「これは冗談でもなんでもない本気だな」と思うのであった。
命を掛けたゲームが始まろうとしていた

ルールは簡単、港にいるファーガスに声を掛けるだけだ。そうすれば十万はチャラだと言う
しかしそれまでにいる海賊などを全てやり過ごさなくてはいけない
とんでもないゲームに招待されたエリウッド一行、しかしこれ以外に魔の島に行く方法はなさそうだ。

そんな中、学者崩れのシャーマン「カナス」を加えて一行はファーガスを目指す。
途中レベッカがよく知った人物をその戦いで見かけるがそれはまた別の話
強力な武器を搭載した海賊達をなんとかやり過ごすいっこうに、牙の恐怖が襲い掛かる
↓名台詞(ダミアン)
「フェレ侯公子エリウッド、きみは[牙]の恐ろしさを知らない。
嘆きたまえ、私にそれを教わる不運を」

それらの障害を乗り越え遂にファーガスの元に辿り着いた一行は
遂に魔の島に向かうことが出来るようになった。黒い牙の真意を知るべく
そして父の所在を探すべく・・・・

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 17:30:53 ID:qae2MOyr
アランドラの人、乙でした!
ティアリングとFEの人も頑張って下さい

145 :マーヴェラス もうひとつの宝島 1/3:2005/07/25(月) 23:59:08 ID:drFoVAn4
かつて、荒くれ揃いの海賊の中にあって、知恵をもって最強の海賊と呼ばれた男、キャプテン・マーヴェリック。
彼は晩年になって、自分の財宝を自らの発明したからくりの数々によって隠し
「我こそはと思う者は財宝を手に入れてみせよ」と挑戦を発したという。だが、財宝を手に入れた者は無く
彼の残した伝説の財宝「マーヴェラス」の存在は、人々の記憶から忘れられつつあった…。

【第一章 キャンプ島の夏】
主人公は、チビですばしこいディオン、デブで力持ちのマックス、ノッポで手先の器用なジャックの三人。
仲良し三人組が、クラスメートや引率のジーナ先生と共にキャンプ島にやってきたところから物語は始まる。
薪集めをしたり他のクラスメートの仕事を手伝ったりしているうちに、三人は一匹の小猿に出会う。
謎の男たちに追われていた小猿を助けた三人は、小猿に連れられて島の奥へ。
そこには、地面の上に大きな古い船が安置されていた。船の中に閉じ込められていた猿たちを助けた三人は
小猿から一人に一つづつ、色の付いた鍵を手渡される。さらに森の奥の洞窟に進んだ三人は
洞窟の中の罠を潜り抜け、奥に隠されていた大きなクリスタルを手に入れた。
クリスタルを先生に見せようとしてキャンプ地に戻ると、テントに「先生を人質に取った。クリスタルと交換だ」
という脅迫状が届く。先生を助けるため、三人は脅迫状が指定した立ち入り禁止区域の中に入る。
途中で、小人の少女ポリーを仲間にして、三人はさらに奥にあるトンネルに入っていった。
そこで三人を待っていたのは、キング・ブルと名乗る海賊。この島にあるという秘宝「マーヴェラス」を狙って
島を守る猿たちを捕らえ、秘宝への鍵となるクリスタルを手に入れようとしていたのだ。
クリスタルを奪い、秘宝への扉を開くキング・ブル。だが、海賊の手下たちが人質のジーナ先生を連れて
扉をくぐったところで、なぜか扉は閉まってしまう。無理やり扉を開こうとしたキング・ブルは感電して気絶した。
そこへ駆けつけたのは、三人に鍵を託した小猿のウインキーと、おしゃべり鳥のピラック。
「扉を開くには、鍵となるクリスタルを全て揃えなければならない」という彼らの言葉に従って
三人は、閉じ込められたジーナ先生を助けるため、秘宝をめぐる旅に出ることを決めた。
トンネル前の池の底が抜けて、流れた水が森の船の元に注がれ、船は海へと乗り出す。さあ、冒険の始まりだ!

【第二章 海賊ベンソン】
自動操縦の船に導かれて三人がたどり着いたのは、水源が枯れて水不足に苦しむ島。
かつて、ベンソンなる海賊の根城だったという島の町では、悪いインディオ率いる海賊に島の宝を盗まれて以来
水も枯れ、悪いこと続きだと聞かされる。だが、くだんのインディオの娘、シスコの話を聞く限りでは
インディオが悪人だったとも思えない。インディオは、時を操る秘術によって島の暗い未来を知り
その対策のために町の有力者だったベンソンに協力していたのだという。
「時の秘術」が、秘宝のクリスタルと関係しているらしいと知った三人は、故ベンソンの屋敷を訪れ
そこにあった隠し部屋から、昔の時代へと移動する。
そこで見たのは、実際に時の秘術を遣って見せていたインディオが、山賊にクリスタルを奪われてしまい
泥棒の濡れ衣を着せられる様子であった。このままでは、島の不幸な歴史を回避できない。
三人は、島の水源となる井戸掘りに協力すると共に、クリスタルを手に入れるため
三人と入れ替わりに現代を訪れていた海賊ベンソンを探し出し、山賊退治に協力してもらう。
ベンソンの協力を得て山賊のアジトを発見した三人は、卑怯な山賊を撃退してクリスタルを取り返す。
「インディオの無実を証明するためにクリスタルは私に預けてくれ。必ず君たちに渡るようにするから」という
ベンソンの言葉を信じて、現代に帰還した三人が見たのは、井戸が確保されていたおかげで豊かになった
歴史の代わった町の姿。インディオは町を救った英雄とされ、娘のシスコは念願の教師の職に就いていた。
ベンソンの墓に隠されていたクリスタルを回収した三人は、再び船に乗り込んで次なる目的地を目指す。

146 :マーヴェラス もうひとつの宝島 2/3:2005/07/26(火) 00:00:13 ID:drFoVAn4
【第三章 バオバブの木】
次に船が着いたのは、ジャングルの島。騒々しい猿たちや奇妙な植物が見受けられる。
新種の植物を探しているという生物学者、マーロー博士のキャンプを横目にジャングルの奥に進むと
そこには小さな村があった。この村は、村長のスミスがバオバブの木から取ったオイルを売って生活しているらしい。
スミス氏がクリスタルを持っているらしいと知り、スミス氏を探す三人。
マーロー博士の協力を得て、スミス氏が研究していた「寄生植物」のデータを収集する。
やがて村の奥にあるバオバブの木の根元でスミス氏に会うが、スミス氏は話も聞かず姿を消してしまう。
そのうち、雨と共に村には無数の奇怪な「寄生植物」がうろつき始めた。
村の研究所で、寄生植物に呑まれていた「本物の」スミス氏を発見。
彼が言うには、この植物は人間に化ける能力があるという。バオバブの木で会ったスミス氏はニセモノだったのだ。
すでに村人の中には、寄生植物が紛れ込んでいるらしい。植物の弱点が塩水だと知った三人は
マーロー博士の作った塩水スプレーを武器に、村人に化けた寄生植物を探していく。
やがて、バオバブの木の地下にあるトンネルが寄生植物の巣であることが判明、三人はそこへ突入する。
そこに居たのは、巨大な寄生植物の親株だった。侵入者を攻撃してくる寄生植物に、三人は
めいめいの道具や塩水スプレーで反撃、ついに寄生植物を倒す。すると寄生植物は縮み始め
後に残ったのは小さな植物の芽と、クリスタルだった。このクリスタルの力が植物を暴走させていたのだ。
クリスタルを回収した三人は、また船に乗り込んで次の島を目指す。

【第四章 リリパット王国】
船が次にたどり着いたのは、なんと小人のポリーの故郷。そしてポリーはこの島の王国の王女だった。
彼女の国では、突如国の周りの動植物が巨大化し、国を襲うという怪現象が勃発しており
その中でも特に手ごわい巨大アリ「青き者」を倒すべく、ポリーは助っ人を探す旅に出ていたのである。
だが、ポリーの国に入ろうとした三人は、突然ポリーと同じくらいの大きさに縮んでしまう。
彼ら「巨人」に助っ人を頼むはずだったポリーは怒って、三人を牢屋に入れてしまった。
大臣ハザンの提案により、刑の代わりに三人は森に入り、アリを追い払う薬「アントバスター」の材料を探すことになる。
カエルやクモ、ミノムシといった森の住人から材料を集め、無事アントバスターを完成させて三人は無罪となった。
だが、アントバスターの完成を知ったポリーは、自ら薬を持ってアリの巣へ攻め込み、行方不明になってしまう。
三人はポリーを追ってアリの巣に入り、アリを蹴散らしながら巣の奥へ向かう。
そして、巣の一番奥でポリーを捕らえていた女王アリを見つけ出し、アントバスターでこれを倒した。
ポリーを助け、アリを倒した三人は、英雄として国王に謁見することになり、城の中庭に通される。
そこにあったのは、庭の真ん中に飾られた巨大なクリスタル。国の異変は、このクリスタルによって
国の方が縮んでいたのだと気付いた三人によって、クリスタルが国の外へ運び出されると
国は元の大きさに戻った。冒険には付いて行きたいが、父王を残していくことはできないというポリーを後に残し
ついに全てのクリスタルを揃えた三人は、全ての冒険が始まったキャンプ島への帰途につく。

147 :マーヴェラス もうひとつの宝島 3/3:2005/07/26(火) 00:00:49 ID:drFoVAn4
【第五章 ジーナ先生…】
三人を乗せた船は元のキャンプ島へ戻ってきた。三人とジーナ先生が行方不明になっていたため
島は海軍の捜索隊によって封鎖されていたが、学校から派遣されていたアーノルド先生が気を利かしてくれて
三人は捜索隊をすり抜け、ふたたびキャプテン・マーヴェリックのトンネルへ向かう。
4つのクリスタルを同時に配置すると、扉が開いて三人をいざなう。その奥にあったのは
秘宝を求めるものへの最終試験、キャプテン・マーヴェリックの巨大ダンジョンだった。
ダンジョンの謎を解かなければ、秘宝どころかダンジョンを出ることすらできない。三人は協力し合って
いくつものからくりを乗り越え、ダンジョンを攻略していく。
そしてついに、奥の部屋に閉じ込められていたジーナ先生を助け出し、ダンジョンから出るための鍵も手に入れた。
だがダンジョンを出ようとしたところで、ダンジョンの自爆装置が秒読みを始めた。
慌てて逃げ出そうとしたが、脱出用エレベータの定員は三名。誰かが残らなければならない。
意を決してその場に残った一人と、ジーナ先生と共に脱出した二人はトランシーバーで連絡を取り合い
ダンジョンの一角にあった謎の部屋で合流に成功する。そこに合ったのは大きな気球だった。
この気球は、まだ飛行機も無い時代に少年時代のキャプテン・マーヴェリックが完成させたもので
彼の発明と探究心の源ともいうべきこの気球が秘宝「マーヴェリック」の正体だったのである。
三人は気球でダンジョンの外に脱出。外で待っていてくれたジーナ先生たちと共に船に乗り込んで
無事、キャンプ島から帰還することができたのだった。
三人で協力して大冒険を成し遂げた思い出、そしてキャプテン・マーヴェリックが彼らに託した冒険心は
これからも彼らの心に息づき、彼らを支える大きな自信となっていくことだろう。

なお、海軍に逮捕されていたキング・ブルは、ダンジョン崩壊のどさくさにまぎれて脱走に成功したが
もうこの物語は終わりなので、彼に活躍の機会は無いのでした。めでたしめでたし。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 00:04:11 ID:drFoVAn4
>>21でリクエストのあった「マーヴェラス もうひとつの宝島」
全五章のストーリーを書いてみました。
任天堂ブランドだけあって、「ゼルダの伝説」のように、ストーリーとゲームが密着しているため
大まかな話を追うか、それとも詳細な攻略メモになってしまうかの二択しかないのですが
これでだいたいの筋は分ると思います。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 00:20:23 ID:QuU9O0lY
マーヴェラスの人乙です
最初のほうに先生の胸のポケット調べまくると怒られた記憶が

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 01:34:10 ID:7VSMABc+
マーヴェラスお疲れ様でした。
大好きなゲームだったんでティアサガ終わってから書こうかなーと思ってたけど
うまくまとめてあってお見事です。オチが好き。
主人公3人の能力がうまく生かされたゲームシステムが良かったなぁ。

んじゃ、ティアサガ続き。

151 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 01:35:48 ID:7VSMABc+
《ホームズ編》
MAP31〜MAP33

クラリス神官長の案内で、ホームズ隊は辺境地帯を越えてサリアの火の神殿へと到着する。
神殿の奥から地下洞窟を抜けると、ガーゼル神殿の邪神の祭壇に辿り着くそうだ。
ホームズは火の神殿内で、カトリから預かったリングオブサリアの力を得て、聖剣サリアを引き抜く。
グエンカオスの暗黒魔法を破るためには聖剣が必要なのだ。
ホームズは「リュナンとエンテを見守ってやってくれ」とクラリスをサリアの村へ引き返させた。


《リュナン編》
MAP34〜MAP37

リーヴェ王宮では、カナンのバルカ王子とジュリアス王子が
ソフィア公国へ養女として出していた実の妹であるレシエからセネトたちに関する話を聞いていた。
14年前、バルカとジュリアスの兄・アーレスの館が襲われ、夫人が殺され二人の幼子が行方不明になったが、
その二人――セネトとネイファは乳母の手によって逃がされていた。
セネトとネイファは、エリアルの女剣士・カティナに預けられ、彼女の養子として育った。
カティナは6勇者の一人、傭兵王テムジンの実の娘である。
昨年、ネイファが15歳になり、ふとした出来事からネイファの中に眠るカナンの守護聖竜ラキスが目覚め、
セネトとネイファはそこで初めて自分たちの出生を知った。
セネトは妹のネイファを守るため、ガーゼル教国と戦う決意を固め、
エリアルの傭兵たちを率いてここまで戦ってきたと言う。
しかしネイファは、風の神殿でグエンカオスに囚われてしまったそうだ。
現カナン皇帝であるバハヌークはガーゼルの魔女カルラに骨抜きにされたままである。
セネトが生きていることを知ったバルカとジュリアスは、父バハヌークを討ち、
今までの過ちを清算してから、セネトにカナンの未来を託すべきだと考える。

152 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 01:36:58 ID:7VSMABc+
リーヴェ王宮を目指し、カナン軍と戦うリュナン軍。
そこに、バルカ王子の娘・エストファーネ王女がリュナンを討ちに単身やって来るが、あっさり捕らえられる。
エストファーネは、以前にリュナン軍に殺されたバルバロッサ将軍を慕っており、仇を討つつもりだった。

バルバロッサと並び、カナンの剣と呼ばれたエルンスト将軍をも倒し、ひたすら軍を進めるリュナンたち。
そこにセネト王子の使者として、ヴェーヌと言う天馬騎士がリュナンの前に現れた。
ヴェーヌから、セネト王子の存在とカナンの事情を聞くリュナン。
反帝国派であるセネトはリーヴェ王国との和平を望んでいると言う。
リュナンとセネトのそれぞれの父親が成し遂げられなかった、ノルゼリアでの和約を今一度果たしたい、と
セネトは考えているそうだ。
しかし、セネトがよくても、カナン皇帝バハヌークとバルカ、ジュリアス両王子の意思を聞かなければならない。
ヴェーヌは、セネトがカナン王城に戻るまで進撃を留まってほしいと頼むが、
停戦を求めるならばリーヴェ王宮からカナン軍が撤退する方が筋、とリュナンは判断は保留する。
リュナンは捕虜にしていたエストファーネはヴェーヌに預け、セネトの元へ送ることにした。

ヴェーヌは、妹のマーテル&フラウと一時再会。
火の神官家のクラリス神官長の娘であるヴェーヌ、マーテル、フラウは
亡き祖父オクトバスからヴェーヌは風の巫女ネイファを、マーテルは水の巫女エンテを、フラウは火の巫女カトリを
守るように言われていた。
後日、ノルゼリアで会おうと約束し、ヴェーヌはセネトの元へ戻った。

リーヴェ王宮に留まっているジュリアスは、リュナン軍に城を明け渡すのを拒否。
リュナンはその事実を嘆き、ジュリアスに全力で戦いを挑む。
ジュリアスは兵士たちにはノルゼリアに撤退せよと命令を下していたが、
カナン兵は最後までジュリアスと共に戦うとリーヴェに残る。
しかしジュリアスはリュナン軍の前に倒れ、生き残ったカナン兵は撤退。

王宮を取り戻したリュナンの元に、リーヴェの貴族たちが大勢押しかけてくる。
今まで戦いの陰に隠れていた彼らは、リュナンに取り入り、自分たちの地位を守ろうと必死なのだ。

そんな中、タトゥス公爵と言う貴族が、エンテを
リーヴェ王国第一王位継承者のメーヴェ王女としてリュナンに紹介する。
リーヴェの諸侯らには、リュナンをメーヴェ王女の婿として迎えようという思惑があった。
だがリュナンはエンテの前で「このような形でお受けできない」ときっぱりと婚約を断る。
エンテは静かにそれを受け入れ、自分はノルゼリアの和平を見届けた後、水の神殿に戻るという旨を語る。
そして最後に「どうかリーヴェを見捨てないで下さい」とリュナンに願うエンテ。

リュナンは、国のために結婚すると言ったエンテに憤慨していた。
だがオイゲンはエンテの立場を擁護。
王家に生まれたがゆえに悲惨な少女時代を過ごしてきたエンテが、
リュナンと共にならば頑張れると言った意味がリュナンにはわからないのか、と。


一方、カナン王宮ではバルカ王子が父バハヌークを殺害。
バルカはすぐに後を追うつもりでいたが、ガーゼルの魔女カルラが現れ、全てグエンカオスのシナリオ通りだと語る。
そこにセネト一行が到着。カルラは一時撤退する。
セネトと、彼に同行していたエストファーネはバルカの死に立ち会う。
バルカはセネトに「カナンを頼む」と言い残し息絶えた。
バハヌーク皇帝、バルカ王子、ジュリアス王子が相次いで死亡し、実質セネトがカナンの代表となったことになる。

153 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 01:39:04 ID:7VSMABc+
ついにノルゼリアの街で、リュナンとセネトによるリーヴェ・カナン両国の和平が結ばれようとしていた。
エンテはかつて聖竜ミュースに変身し、ノルゼリアの街を焼いたことを悔い、見届ける覚悟でついてくる。

セネトとリュナンの会見により、無事に和平は結ばれた。
だがその直後、グエンカオスが聖竜ラキスへと身を変えたネイファを連れ、ノルゼリアに乗り込んできた。
エンテはとっさに自らも竜になり、ラキスと戦う。
セネトは必死でラキスに向かってやめるよう呼びかける。
ラキス=ネイファはセネトの声で一時正気を取り戻し、セネトにリングオブカナンの腕輪を渡すが、
グエンカオスに再び連れ去られる。

騒ぎの収まった後、エンテの姿は消えていた。
水の神殿へと向かったエンテは、リングオブリーヴェをリュナンに渡すようにオイゲンに預けていた。
リングオブサリアを手に入れたセネトも、風の神殿に向かい聖剣カナンを手に入れることを決意し、
リュナンと再会を約束する。


ケイトはガーゼル兵の中にいたジークを発見していた。
ジークがガーゼルに脅迫されていたと思い込んでいたケイトだったが、
ジークがグエンカオス教皇の腹心・カルラの弟であることを知る。
ケイトはジークに騙されていたのだ、と愕然とする。

カルラとジークの姉弟は、ゾーア人の子として生まれただけでリーヴェ人からひどい迫害を受けていた。
リーヴェの法律では12歳以下の子供は処刑できないことになってたので、幼い二人は地下牢に放り込まれていたが、
カルラが13歳になり処刑されそうになった時にグエンカオスに救われ、以来、ガーゼル教国に仕えていたのだ。
カルラは後に愛し合った男と子供を捨て、教皇の命令でカナン王バハヌークの妾となった。
それも、リーヴェに攻め込んで、リーヴェ地下牢に囚われたままになっている弟のジークを救い出すためだった。

軍では、ケイトがガーゼルと通じて軍を脱走したと言うことになっていた。
そんなことも知らないサーシャは、姿の見えないケイトのことを心配するが……。


水の神殿に戻ったエンテは、ネイファの身代わりとなるつもりだったが、
そのままグエンカオスに捕らわれてしまっていた。

エンテを追って、水の神殿に辿り着いたリュナン。
そこでクラリス神官長と出会ったリュナンは、エンテから託されたリングオブリーヴェと
神殿に眠る聖剣リーヴェが一つになるべきものだと聞き、見事に聖剣を甦らせる。
地下道を通り、グエンカオス追ってリュナン軍は邪神の祭壇まで向かう。

154 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 01:41:11 ID:7VSMABc+
《ホームズ編&リュナン編》
MAP38〜MAP39

ガーゼル神殿では、レダ同盟のティーエ王女とリチャード王子がグエンカオスの罠にかかっていた。
3人の巫女を捕らえたグエンカオスは、最後の土の巫女であるティーエをも手に入れようとしていた。
プライドの高いリチャードは、以前にティーエに愛を拒まれたことを恨んでおり、
グエンカオスにティーエを引き渡してしまった。ティーエの持つ聖剣レダも奪われる。


また、ケイトはガーゼルの手から解放されていたが、ジークに裏切られたショックと騎士としての誇りをなくし、
軍に戻れずにいた。
放心状態になっていたケイトをサーシャが必死で説得し、ケイトは軍に戻る。

一方、ジークは姉との語らいで迷いをなくし、リュナン軍に最後の戦いを臨む。
敗れたジークは、ケイトへ許してくれと言い残し息絶えた。(ケイトでジークを倒した場合のみ)

そしてホームズ隊とリュナン軍は、ついに邪神の祭殿へ足を踏み入れる――

155 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:46:05 ID:7VSMABc+
ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記
《最終戦》
MAP40

4人の巫女を揃えたグエンカオスは、祭壇で邪神ガーゼル復活の儀式を今しも始めようとしていた。

グエンカオスは40年前に行方知れずとなった、レダの王女ティータと愛し合う仲だった。
だがサリア王国とレダ王国の長く続いた戦争に苛立ったレダ王は、
末娘のティータを無理矢理、聖竜クラニオンに変え、戦わせた。
ティータ王女は戦争の中で錯乱し、人間の姿に戻ることができなくなった。
滅びることもできないティータは、人間たちに蔑まれ何度も何度も殺されながら生き続けたのだ。
グエンカオスは、人間がティータを受け入れないのならば、
自らが神になり、この世界を最初から作り直せばよいと考えた。
それに、グエンカオスも年老い、余命いくばくもない体ではこれ以上ティータを見守り続けることができない。
だから、邪神の肉体を得て、永遠の生命を得ようと言うのだ。

ティーエ、ネイファ、エンテ、カトリの4人の巫女は
それぞれの言葉でグエンカオスにその意義を問いかけるが、グエンカオスは聞く耳を持たない。

まずはカトリ、次にネイファ、その次にエンテが生贄にされていく。
神殿に駆けつけたリュナン、ホームズ、セネトらは愕然とする。

最後にティーエが生贄に捧げられようとした時、賢者アフリードのワープの術で、
リチャードが神殿に戻ってきた。
ティーエなどどうなってもいいと思っていたリチャードだったが、やはり彼女を見捨てることができず、
ティーエをかばい、グエンカオスの暗黒魔法に身を焼かれてしまった。
しかしリチャードの最後の力で、ティーエの元に聖剣レダが戻る。
ティーエは聖剣でグエンカオスを攻撃。
だが、グエンカオスは不完全ながらも、邪神ガーゼルとして目覚めてしまった。

リュナン、ホームズ、セネトの3人も各々の聖剣を手に、ガーゼルに立ち向かう。

一方、ジークが死んだことを知ったカルラも最後の戦いへ。
ここでシゲンがカルラに戦いを挑むとイベント発生。
シゲンはカルラが長く恨んでいた母親と悟り、剣を向ける。
シゲンが勝利すると、カルラはシゲンが息子であったことを承知していた上で倒れる。
カルラはシゲンが迫害もされず生きていたことに安堵し、息絶えた。


聖剣を持ったリュナン、ホームズ、セネト、ティーエは一斉にグエンカオスから変化したガーゼルへと攻撃。
4つの聖剣が共鳴し、ついにガーゼルは滅亡した。

156 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:46:55 ID:7VSMABc+
ガーゼルを倒した4人の前に現れたのは、大地母神ミラドナ。
神話では、兄妹神であるガーゼルとユトナを生み出した至高の女神と言われている。
ミラドナは、全てのものをあるべき姿に還し、グエンカオスとティータの魂を救済すると言う。
ガーゼルの地下神殿は浄化し、生贄にされた娘も目覚めるでしょう…、と。

光が満ち、ネイファ、カトリ、エンテは目を覚ました。
ネイファはセネトと、カトリはホームズとそれぞれ再会を喜び合う。
リュナンはやっとエンテに「僕にとってエンテは必要な人だ。エンテが好きだ」と告白する。

一人寂しそうなティーエ……、だったが、何故かリチャードまで甦っていた。
生き返った後もティーエに「俺に任せておけばレダを昔のような大国にしてやる」
と大きな口を叩くリチャード。

「俺たちの旅はまだまだ終わっちゃいない」戦いが終わったのに打ち切りENDのようなことを言うホームズ。
つられて「僕たちの新しい旅立ちに祈ろう」と言い出すリュナン。

157 :FE 17章 海賊船:2005/07/26(火) 21:48:34 ID:yaxPaz6K
流石は海の荒くれ者達である。波の漁師や船乗りと訳が違う。
魔の島への航路は順調そのものであった。しかし、自分で歩いていない為かどうも浮き足が立ちそうになる。
そんな一行の下に辿り着いた小船、エリウッドはその小船に乗っている人物をみてはたと気付く
すぐに引き上げられた小船の住人、それは「ニニアン」と「ニルス」だった。
二人は必死の思いで逃げていたのであろう、相当な疲労の様子が伺えた。
しかしニニアンはショックか何かで記憶を断片的に失っていた。
(ここでエリウッドとちょっといいシーン、どう考えてもカップリングを考えてるとしか思えない。これだから主要メンツは)

そんな二人を追ってきたのであろう。数隻の船が海賊船を囲んだ。
しかもファーガス自慢の船の船底には穴が開いた。これを修理する為海賊は手が出せない。
かくしてエリウッド一行による防衛戦が始まった。

辛くも敵を撃破していく間に船は直った。
こうした邪魔もあったが、なんとか魔の島へ到着することが出来そうだ。

158 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:49:42 ID:7VSMABc+
《エンディング》

地下神殿から出た一行は、それぞれのあるべき場所に戻ることになる。

※キャラクターの生存や死亡状況、イベント時の選択によって変わる箇所もありますが、
 以下は基本的に全員生存パターンで、
 イベントの進め方で各キャラの出生等が判明している場合のエンディングです。
 誰かが死亡していると誰かと誰かが結ばれる、などというEDパターンもありますが、ここでは省いてます。

セネト&ネイファ兄妹は兵を連れカナンに戻る。
いとこ同士であるメル&マルジュ姉弟に今度マルス神殿に行くと約束。いつかカナンにも来てほしいと頼む。
セネトとネイファは、育ての親である、エリアル王国のカティナやテムジンとも別れることになる。
お互いに淡い思いがあったらしいセネトとティーエは、互いの道を行くために離れ離れに。

ホームズ隊で仲間になっていたエリアルの傭兵サムソンはカティナの夫であった。
サムソンが次期エリアル王であったことに驚くホームズ。

メルとマルジュは10年以上も前に戦死されたと思われていた父アフリードと対面。
アフリードはレダの魔道士エリシャの母親に救われていた。エリシャはアフリードを父親のように思っていたとのこと。
しかしエリシャの母はアフリードが完全に回復すると同時に亡くなっており、
エリシャはメルに「アフリード様をお返しする」と言う。
マルス神殿に戻ったアフリードは10数年ぶりに妻シルフィーゼと再会する。
メルはそのうちロジャーと結婚する予定。マルジュも少しは成長し、エンテへの思いを振り切った様子。

159 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:50:51 ID:7VSMABc+
リーヴェに戻ったリュナンたちだが、王宮ではタトゥス公爵が待ち構えており、
自分がメーヴェ王女と結婚すると決まったと告げる。
しかしリュナンは「王女は渡さない」と以前自分が結婚の話を蹴ったことも棚に上げてタトゥスをこき下ろす。
兵や民は今まで戦ってきたリュナンを支持しており、更にリュナンには他国からの後ろ盾もある。
所詮小物のタトゥスはすごすごと退散。
暗い過去を背負ってきたエンテはやっと「リュナン様を信じて生きていきます」と
幼い頃からの想いを叶えることができた。

リーヴェは落ち着いたものの、ひとまずリュナンは最初に力を貸してくれたウエルトのリーザ王妃の元まで
報告をするため、エンテを王宮に残し、ホームズらと共に発つ。

エンテを想い続けてきたリシュエルも結果的にエンテにふられたことに。
リシュエルはいとこのマーテルに、火の神殿の再建に協力してくれるよう頼む。
火の神官家の亡きオクトバスは、リシュエルとマーテルが結ばれ火の神殿を継いでくれることを期待していた。
だがマーテルは、リシュエルには力を貸すが、私たちの将来は私たちで決める、とあっさりな態度。
メリエルは水の神官家を継ぐ予定。
ヴェーヌと、親友のサンと別れたフラウもサリアに戻る。

レオンハートも再会した娘のプラムやレネと共にサリアへ。
レオンハートはホームズから「現国王の後にあんたがサリア王になれ」と言われる。

アトロムは事情も知らないまま、ホームズからグラナダ領主の仕事を押し付けられてしまう。
彼の受難の日々は始まったばかり。

無事に再び両親と会うことができたカトリ。
サリア王やレオンハートはホームズにもサリアに残ってくれることを願うが、
ホームズは一つところに留まる気はなかった。
しかしそんなホームズをカトリは引き止めようとはせず、人が変わったように
「ホームズがいなくても大丈夫です」と告げる。ホームズはそれが気に入らない。

160 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:51:46 ID:7VSMABc+
リチャードとティーエはマール王宮に戻る。エリシャもティーエ王女を助けるためにマールに残る。
マールではロウ司祭も一連の出来事を知り、ホームズの元へ会いに来た。
ホームズは試しにロウ司祭に「俺たちと一緒にグラナダまで行った記憶があるか」と問いかける。
ロウ司祭は「ずっとマールにいた」との答えを返す。
(はっきりとは明かされないが、ホームズについてきたロウ司祭=大賢者モース、だったらしい)

ホームズは偽ロウ司祭=モースから聞いた話と、地下神殿に現れたミラドナを見て、
リーベリア大陸の真実の創世記を知った。
大地母神ミラドナの正体は、不滅の肉体と高度な魔法力を有した、古代種族エミユの王女であった。
エミユは種としての限界が近付いてきていたため、王は娘たちを他の大陸で眠りにつかせていた。
眠りにつく方法には、本体を残したまま眠りにつく方法と大地と同化する方法とがあったが、
ミラドナの従者たちは前者を取り、王女を眠らせ神殿を築いた。
従者たちは、神殿を侵す者は神の怒りに触れると噂を流し、守護の魔獣を生み出して去って行った。
だが、その噂を聞いたゾーア人たちは、エミユの地下神殿を自分たちの神であるガーゼル神殿として崇めるようになる。
ガーゼル神は、エミユが作り上げた幻想の神であった。

後にゾーア人と他の大陸から渡ってきたユグド人との間で戦争が起こり、
追い詰められたゾーア人の若き長であるカルバザンは、地下神殿に竜の姿で眠っていたミラドナの血を飲み、
竜に変身する力を得た。
その後、カルバザンはミラドナの力を一人占めするために、地下神殿に何人も生贄を送り込んた。
ユトナはその中の47人目の娘だった。
ユトナの強い嘆きで目を覚ましたミラドナは、全てを悟り、ユトナを救うため、彼女に自分の血と与え、
聖剣と守護の腕輪を渡した。
地下神殿を出たユトナは後の英雄カーリュオンと合流してガルバザン=ガーゼルを倒したのだ。
リーベリアに広く流布され、伝えられてきた伝説とは、大分違う。

※大賢者モースは、ミラドナの4人の従者のうちの一人らしい。超長生き。残りの3人は誰かは不明。
※モースの塔でミーメが言っていた「異世界」とは異大陸?
(余談:一応関係ないことになっていますが、FEシリーズの暗黒竜・紋章・外伝・聖戦あたりをプレイした人には
    ここらへんの話は興味深いものになってると思います)

161 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記:2005/07/26(火) 21:53:29 ID:7VSMABc+
ケイトはウエルトに戻っても気落ちしたまま。騎士を続ける意欲もなくしている。
サーシャはそんな彼女を心配し続けるのだった。

ウエルト王宮に入ろうとしないホームズ。
サーシャは不審がるものの、ホームズとまた会う約束をし、笑顔で別れる。

ロファールとサーシャは、王宮で待っていたリーザ王妃と再会を果たす。
リーザはリュナンに礼を述べるが、ロファールはリュナンに、リーザをホームズに会わせてやってほしいと頼む。
リーザは躊躇するものの「母と子ならば会えば心が通じる」とのロファールの言葉にホームズと会う決心をする。
ホームズと出会ったリーザ。だが母として名乗りを上げることはせず、サーシャが世話になったことに礼を言う。
ホームズも、「サーシャに会いにウエルトに遊びに来る。それでいいだろ」とだけ約束するのだった。


ウエルトを出て、ついにリュナンとホームズの二人だけになった。
幼い頃のように些細な喧嘩をする二人。
ホームズはリュナンに、エンテも連れて来て一緒に旅に出ないか、と誘う。
「僕も自由な旅がしたかった…」とリュナン。
カトリはどうするのか、とリュナンはホームズに問うが、ホームズはカトリの別れた時の態度が解せなかった。

結局、カトリを忘れられないホームズはカトリを迎えに行く。
だが、既に船にはシゲンに連れられたカトリが乗り込んでいた。
カトリはシゲンの入れ知恵で、ホームズにわざとつれない態度を取っていたのだ。
シゲンはエンテも一緒に連れて来ていた。用意がよすぎる。
エンテは、彼女の気持ちを察したオイゲンから、王国のことは任せリュナンと共に旅をしてきなさい、と言われていた。
またエンテは、これからは本名のメーヴェと呼んでほしい、とリュナンに頼む。
メーヴェと言う名は、大海を飛び回る海鳥のように、自由に健やかに育ってほしい、と
エンテの母親が付けたものだった。それを知ったエンテは、過去を受け入れ、メーヴェと言う名を受け入れたのだ。
「僕もメーヴェの方が似合っていると思うよ」と愛は盲目状態のリュナン。
それを聞いていたカトリは、「私もマリアに戻した方がいいのかな」と呟くが
ホームズは「お前はカトリだ!それ以外の名前は許さねえ!」 対照的な2組。

そろそろ呆れたシゲンが(シゲンにも恋人がいるとそのキャラも同行している ※プレイの仕方によって相手は変わる)
彼らに声をかけ、一行は出発する。

ホームズ「よし。シーライオン、出撃だ!」

Fin

162 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 : おまけ:2005/07/26(火) 21:55:05 ID:7VSMABc+
6勇者関連のまとめと神官家関連の簡易家系図。
これに王家が加わると更に複雑に。

●6勇者とその子供
グラムド(故) ― リュナン
アーレス(故) ― セネト、ネイファ
ロファール ― サーシャ
テムジン ― カティナ
ヨーダ ― ジュリア、(シゲン←義理の息子)
ヴァルス ― ホームズ、アトロム

●水の神官家
マイオス(故)―┬― ナリス(故)― リシュエル、メリエル(※1)
         │
         └― エレナ(故)
              │
              ├―― メーヴェ(エンテ)
              │
            バドウム(故)
            (リーヴェ国王)

●火の神官家
オクトバス(故)―┬― アンドレ(故)―― レネ
           │
           ├― ロゼ(故)――― リシュエル、メリエル(※1)
           │
           ├― クラリス――― ヴェーヌ、マーテル、フラウ(※2)
           │
           └― リーザ ――― (ホームズ)、サーシャ(※3)

●風の神官家
                 アーレス(故)
                 (カナン国王子)
                   │
                   ├―――― セネト、ネイファ
                   │
エーゼンバッハ(故)―┬― セレーヌ(故)
              │
              └― シルフィーゼ
                   │
                   ├―――― メル、マルジュ
                   │
                 アフリード

※1 水の神官家の長男ナリスと火の神官家の長女ロゼが結婚し、リシュエルとメリエルが産まれた。
※2 クラリスの夫(故人)はサリア王妃の弟。ヴェーヌ、マーテル、フラウの三姉妹はカトリともいとこ同士。
※3 リーザについては、ヴァルスと結婚→ホームズ出産→ヴァルスと別れる→ロファールと結婚→サーシャ出産
   …とゲーム中からは推測できるシナリオになっている。公的にはホームズはリーザの息子にはなっていない。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:56:21 ID:bC7EuDPk
今週発売の第3次スーパーロボット大戦の前に
外伝投下します

164 :ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 : おまけ:2005/07/26(火) 21:56:57 ID:7VSMABc+
リュナン、ホームズと並んで主要人物である、セネトとティーエの戦いについては
本作では謎の部分が残ったままでした。
セネト編やティーエ編もシナリオ上は考えてあったのでしょうが、
日の目を見ることがありませんでした。残念です。

家系図は、ブラウザによってはずれてるかもしれません。ごめんなさい。
では、ティアリングサーガ、長々と失礼しました。

ちなみにベルウィックサーガは未プレイなのでティアリングサーガとの関連性はまだ知りません。

165 :スパロボα外伝:2005/07/26(火) 21:57:57 ID:bC7EuDPk
前大戦「バルマー戦役」から数ヶ月後、世界はティターンズが救ったと情報操作が行われ、
ロンドベルとSDFは解体され、一部の隊員が、平和維持部隊「プリベンター」
として、活動を行っていた。連邦軍や民間の研究所は
数ヵ月後に来る重力波から地球を救うために、SDFの創設者「ビアン博士」が前大戦の切り札として
開発していたが、間に合わなかった「イージス計画」を進めていた。
さらに、最悪の場合を想定して、種の保存を目的とした「アース・クレイドル」を
地中に埋め、重力波から逃れる計画もした。
しかし、この計画を乗っ取り、地球のみを守ろうとするティターンズとプリベンターは
対立し、新たな戦いが始まってしまう。
さらに、前大戦で重要な役割を果たしたトレーズの遺児マリーメイアが蜂起し、
連邦軍に戦いを挑む。
プリベンターはこれを早期に鎮圧し、ダカールでティターンズの権限を強化する
法案が可決されようとするところを強襲し、前大戦の救世主の象徴である「マクロス」の前で
戦いが始まる。そこへ、さらに前大戦でロンドベルに協力した「シュウ・シラカワ」が
加わり、戦いは三つ巴になる。ティターンズを倒し、シュウの駆る「ネオ・グランゾン」を
倒す。そして、プリベンターは「ネオ・グランゾン」の爆発の衝撃波に包まれる。

166 :スパロボα外伝:2005/07/26(火) 21:58:57 ID:bC7EuDPk
そして、ばらばらとなって、プリベンターは荒廃とした世界にいた。
そこはドームに住む「イノセント」と呼ばれる人種が、ドームの外を生きる人達を支配する
大陸と地球の19世紀のような生活を送り、貴族が政治を行う世界であった。
前者の大陸にいたプリベンターの隊員はイノセントと支配される人間との戦いに巻き込まれ、
イノセントと対立していった。
後者の大陸では、月に住む「ムーンレイス」の女王「ディアナ」が地球帰還作戦を行い、
地上の貴族達に地球での移住権を求め、話し合いが行われた。
ディアナは黒歴史の再来を恐れ、地上と月の戦いが行われないように交渉する。
しかし、戦いを求める一部の者によって、交渉は決裂し、戦いが始まってしまう。
地球の貴族達はこれに対抗するため、「ミリシャ」を結成するが、月の機械人形に対し、
飛行機の航空戦力では全く歯が立たず、偶然そこにいたプリベンターの一員達に協力を求めた。
この世界の情報を得るために、「ミリシャ」に協力することになるプリベンター達。
地中からは続々とMSなどが発掘され、各勢力はこれを戦力としていった。
もしかしたら、ここは未来の地球かもしれないと思うプリベンター達。
他の仲間は、世界を旅する戦艦「フリーデン」と共にしたり、他の仲間を探して世界一週旅行を
やったり、この世界でたくましく何でも屋をやったりしていた。

167 :スパロボα外伝:2005/07/26(火) 22:00:38 ID:bC7EuDPk
着実に合流していくプリベンターの前に、前大戦で闘った恐竜帝国が地中から現れる。
驚く両者。しかし、驚く理由が少し違っていた。
プリベンター達は、「なぜこの世界に恐竜帝国が?」しかし恐竜帝国は、
「なぜ、前大戦にいなかったお前達がいるのか?」だった。
そこへ、以前恐竜帝国と敵対していたメイガス達が現れる。
彼女達は、共に恐竜帝国と闘って欲しいと申し出るが、プリベンターは
恐竜帝国は地中を移動するため、先に、イノセントと月との戦いを優先するとし、
共闘を断った。しかし、メイガスはこれを良しとしなかった。
プリベンターはメイガス達の基地がアースクレイドルに似ていることに気付いた。

168 :スパロボα外伝:2005/07/26(火) 22:03:00 ID:bC7EuDPk
プリベンターはイノセントの指導者「アーサー」を救い出すが、実権はカシムという男が
握っていた。さらにディアナ女王が自分達と共にいて、今ムーンレイスにいる女王は
地球に住んでいた「キエル」というそっくりな女性であり、戦争開始直後に
入れ替わってしまっていたらしい。アーサーとディアナは戦争の早期終結を約束する。
そして、プリベンターは地上に残る部隊と月に行く部隊に分かれる。
月に行ったプリベンター達に月の艦隊が襲い掛かってくる。月艦隊の御代将ギンガナムは
かつて、地球文明を破壊したターンXを駆り、襲ってくる。そして、月の「D.O.M.E」で
プリベンター達は黒歴史の全てを知る。やはりここは未来の地球であり、
「イージス計画」が完全に成功しなかった世界であった。
そして、恐竜帝国とアースクレイドルの戦い、そして、地上と月で戦いがあったことを知る。

そして、地上で合流したプリベンターは、文明を破壊した月光蝶を使うギンガナムを
倒し、さらにイノセントの実権を握るカシムをも倒すが、メイガスたちが襲ってくる。
「アースクレイドル計画」の「種の保存」、それを最優先するコンピュータに体を
乗っ取られていたメイガスは「種の保存」で最も障害になるのは人間であるとし、
人間の最大戦力になっていたプリベンターを最優先に攻撃仕掛けてくる。
メイガスの剣を名乗るゼンガーを退かせ、そして恐竜帝国との総力戦にも打ち勝つ。

169 :FE 18章 魔の島:2005/07/26(火) 22:03:33 ID:yaxPaz6K
遂に魔の島に到着した一行。霧が立ち込めて目の前は何も見えそうも無い。

一方島の内部ではエリウッドの父エルバートがラウス候ダーレン、他黒い牙首領ネルガルと対峙していた。
ダーレンは既に正気でない、彼は自らが操り人形になっていることも知らずに
世界の王になる気でいる。もはや救えそうも無い。

その三人の話を聞いていたレイラ、エルバートの無事、そしてネルガルの企みを一行に伝えるべく動く・・だが
そこを黒い牙の幹部であるエフィデルに発見される。エフィデルは黒い牙の死神「ジャファル」を呼び、彼女を抹殺した。

さて一行。霧深い中を進むと、ヘクトルはレイラを見つける。
自分達の先回りをしたレイラを誉めるヘクトルだったが彼女は既に息を引き取っていた。
マシューと(いればだが)二人きりのお別れをさせてやってから、一行は憎しみに近い感情を抱きつつ進む。

黒い牙の傭兵にして遊牧騎兵「ウハイ」が立ち塞がる。
「ウハイ」はサカの民であった。リンは説得を試みるが失敗に終わる。
戦うしかないと決心する一行。そこに海賊船から一人の助っ人が登場する。
彼の名は「ダーツ」血まみれで倒れていたところをファーガスに拾われたという海賊

レベッカもウィルも薄々彼の正体に気付きつつあった。
(彼はレベッカの兄でウィルの幼馴染のようです。)

霧深き森でウハイに攻め寄る一行、そこに新しい仲間が現れる。
天馬にまたがった女性は「フィオーラ」彼女はイリアの天馬騎士団の隊長だったが
仲間は全て黒い牙に倒されたという、いわば敵討ちだ。

自らの姉の存在に気付いたフロリーナは彼女を仲間に引き入れる。
新たは二つの戦力を得たエリウッド達はウハイを倒す。ウハイは死に際に黒い牙のアジトの場所を教え、散った

彼の言葉を信じて一行は向かう、黒い牙を倒す為に

170 :スパロボα外伝:2005/07/26(火) 22:04:29 ID:bC7EuDPk
ここから、熟練度で分岐。
「易」の場合、
アースクレイドルの前でゼンガーを倒し、内部にいたメイガスと闘う。彼女は、
自機に組み込まれている「ネオ・グランゾン」のブラックボックスを使い、
過去に戻り、イージス計画を完全に破壊しようとする。
これを倒したプリベンターは彼女が作ったゲートをくぐり、この時代の人達と別れを告げる。
そして、月基地に現れたプリベンターはイージス計画を成功させ、地球を救った。
未来にいた人たちは、プリベンター達が元の時代に戻ったことを信じるのだった。

「普」の場合、
「易」とほとんど同じでアースクレイドル内部でメイガスを追いつめるも、ゲートの
中に逃げられる。全員でゲートの中に入り、そこでメイガスを倒す。異空間から出ると
そこはイージス計画発動直前の月基地だったが、未来にいた人たちは消えていた。
イージス計画は成功し、プリベンター達は、未来にいた人たちは未来に戻ったと信じるのだった。

「難」の場合、
アースクレイドルの前でゼンガーを倒すと、彼はメイガスの呪縛から解かれ、プリベンターに
協力を申し出る。彼を仲間に加え、内部でメイガスを追い詰めるもゲートの中に逃げられる。
現代では、月基地での「イージス計画」の発動準備に追われていた。そこへ、ゲートから
出てきたメイガスが発動を阻止しようと襲ってくる。間一髪のところでプリベンター達が現れ、
メイガスと闘う。そして、メイガスが倒れ、いよいよ「イージス計画」発動のところで
次は、ダカールで倒れたはずの「シュウ・シラカワ」が襲ってくる。彼を倒し、
イージス計画も成功する。しかし、未来から来た仲間はまだいた。そこへ、正気に
戻ったメイガスが自分の命を振り絞ってゲートを作り、息絶える。未来に戻った仲間達とゼンガー。
仲間達から一緒に行こうと誘われるも、ゼンガーはメイガスの墓を守ると言い、断る。

エンディング共通部分、
未来では地上と月の平和を祝い、プリベンターが残したアーガマの進水式が行われた。
アーガマには新しい名前をつけられ、平和のために戦った地上と月の少年の名前が使われた。
現代では、重力波の脅威は去ったので、アースクレイドルに眠る人達をどうするかが
話し合われた。結局、希望を胸に眠る彼らを起こすのは忍びないとして、そのまま計画は
続く・・・。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:09:31 ID:bC7EuDPk
これで、スパロボαシリーズは3次以外終わりました。
文の稚拙さから分かるとおり、1次、外伝、2次は私がやりました
このような稚拙な文で分かっていただければ幸いです

172 :FE 18章外伝魔封じの者:2005/07/26(火) 22:11:17 ID:yaxPaz6K
ウハイの言葉を信じて進む一行、ついに黒い牙の本拠地である。
「竜の門」が見えてきた。しかし、突如として蜘蛛息が怪しくなる。強力な魔が潜んでいる証拠だった。

敵の魔術師「アイオン」は強力な雷を操る魔術師だった。
近づけばおそらく命はないであろう、慎重に進む一行。
ところが一向に雷が現れない、いぶかしげに思う彼らの目に、謎の装束の者が姿を見せた。
その・・・魔封じの者「キシュナ」はその名のとおり魔を封じる。アイオンの雷もそうして打ち破られた。

結果、呆気ないほど簡単にアイオンを倒した一行だったがキシュナの存在は不気味であった。
しかし今はそんな事を考えている暇はない、エリウッド達は竜の門へと急いだ。

(ここで遺跡を訪問すると最終章のちょっと前に仲間になる「レナート」が現れます。)
(ヘクトル編をやるとここでの登場は非常に重要な役割を持っています。)


173 :FE 19章 竜の門:2005/07/26(火) 22:31:12 ID:yaxPaz6K
竜の門に辿り着いた一行。父を目前にするエリウッド、しかしニニアンは怯えていた。
ここにきては駄目だったと言うニニアン、しかしもう後には退けなかった。

敵の玉座にはダーレン、自らの欲で自らを追い込んだ暴君。
途中の敵を各個撃破して玉座を目指すエリウッド達
一方その頃、既に義賊の黒い牙などは存在しない。それを知った一人の盗賊がひたすら宝を目指して直進していた。
彼は「ラガルト」黒い牙の最強の暗殺者「四牙」の四人に匹敵する実力者。
彼はエリウッドを見ても無関心で宝を漁っていた。
もっともエリウッドは彼に関心があったらしく、彼を仲間に引き入れる。
ネルガルを倒すという心意気に惹かれた結果だった。
強力な仲間ラガルトは竜の門の鍵を容易く開錠するのに大いに役立った。

そしてダーレンを追い詰めたエリウッド、、止めを刺されるまで自らの欲を捨てきれなかったダーレン。
哀れな男の末路にエリウッドも何故か憎みきることが出来なかった。

そして彼らは竜の門の最深部、ネルガルの元に向かった。
エルバートもその場には居た。だが感動の再会が行われるほど。気安い場所ではなかった。
ジャファルが現れエリウッドを牽制する。
エフィデルが剣を抜きエルバートを刺す。その瞬間ニニアンが何かにとり付かれたかのように
竜の門の最深部、即ち「竜の門」に向かっていった。

突然の地鳴り、竜が門よりその大きな肉体を覗きだしていた。
ネルガルはこれが目的だった。ニニアンの竜を呼び出す力。彼女に秘められたその力を。
竜を呼び出しその力を得て自らを最強の存在にする事―。

だがその野望は食い止められた。何も竜を呼べるのは彼女一人ではない
弟であるニルスも同じだったのだ。
結果竜は暴走を起こし、エフィデルはそれに飲まれて息絶える。
後一歩を邪魔され怒りに狂うネルガル、ニルス達に魔の手を振りかざす。
だが、そこでエルバートは息絶えだえながらネルガルを刺す。奇襲に慌て、転送して逃げるネルガル

なんとか竜の門から脱出したエリウッド達、だがエルバートの命はそこで尽きる。
やっと出会えた親子のあまりに短すぎる再会の一時だった。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:32:07 ID:yaxPaz6K
ここまでです。次回20章からまた書きます。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:33:51 ID:GWnYiYzM
外伝もFEも激しく乙
特に外伝は3次やる前のストーリーの確認になってよかった

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:35:23 ID:bC7EuDPk
>>173
ティアリングサーガとFEの人乙
こちらこそ割り込み申し訳ない

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:44:08 ID:71IjPTL6
先生!
メイガスのブラックボックスは「ネオグランゾン」ではなくて
αでのイングラムの乗機「アストラナガン」だと思います!

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 06:12:33 ID:FlDdFXRL
>>148
マーヴェラスをリクエストした者です。
丁寧にまとめてくれてありがとう。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 11:17:39 ID:4unRmxP8
FEのヘクトル編や異伝は最後に書くのかな

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 12:14:56 ID:Ijox1NSm
>179
内容自体殆ど変わらないので最後の方に忍ばせようと考えています。

181 :FE20章 「新たなる決意」:2005/07/27(水) 12:46:40 ID:Ijox1NSm
魔の島を後にしたエリウッド、彼は船中でずっと父の亡骸に寄り添っていた。

街に着いた一行、ニルスとニニアンが今までの自分達の動向を語る。
あの後、リン達と別れてからも黒い牙による二人への追随はとどまらなかった。
結果として捕らえられた二人は竜の門に連れて行かれる。

そこでエルバートと出会った。二人は彼に元気を貰い、そして彼の指示で船に乗り島を脱出しようとした。
・・・そこでエリウッドと出会ったわけなのだ。

ニルスは語る。ネルガルはエルバートに刺されたが死んではいない。
彼は「エーギル」という生命の奥底に潜む力を吸収する力を持っている。
それを彼は集めて自らの力を高めるつもりなのだ。
そのエーギルは人によって質が異なり、質が多ければ多いほど力は高まる。
エルバートは良質なエーギルを持っていたとニルスは語る。

ネルガルの目的は竜のエーギルを自らのものにする事だ。
もしそれが成功すれば世界は闇に包まれるであろう・・・

暗い話題、そして何よりも父の死が相当堪えているエリウッド、そこに黒い牙の悪夢が襲い掛かる。
エリウッドを部屋に休ませリン、ヘクトルは街を守るべく防衛を試みる。
また、ニニアンもニルスの特殊な能力で力をもらい戦闘に参戦する。

エリウッドは悲しみに暮れていたが、それが何になるのだろうか、防衛に向かう仲間のもとに彼はいつもの表情で颯爽と現れ
部隊の指揮をとった。

戦闘終了後、マーカスがフェレ侯爵夫人に早馬を送ったことをエリウッドに知らせた
母もまた父の死を悲しんでいるであろうとやり切れない思いを持つエリウッド。
そこにその伝令を聞いたフェレの聖騎士「イザベラ」が現れて今後はエリウッドの部隊で戦うことを知らせてくれる。

父エルバートの死をオスティア候「ウーゼル」に伝え今後の判断を仰ぐべく一行はこれよりオスティアに向かう。


182 :21章 二つの絆:2005/07/27(水) 13:00:11 ID:Ijox1NSm
オスティアを目指す一行は一旦中継基地で休憩をとることにする。
しかしその基地にも魔の手が襲い掛かろうとしていた。
黒い牙の本拠地では最強の暗殺者である「四牙」が各方面へと散った。
ついに彼らも本気なのだ。強力なエーギルを持ち、彼等に仇なすエリウッドたちを倒すべく・・・

さて一行。突然力の使いすぎで倒れたニルスを看病していたら突然敵の襲撃が始まった。
完全な防衛戦になるも、これまでと同様に敵を撃破していく。
そこに敵部隊のツートンカラーの竜騎士ヒースが現れ、今にもエリウッド達に奇襲を掛けようとした。
だが彼はエリウッド達に突然投降を申し入れた。彼は真の騎士でありたかった。
女子供を巻き込んでの戦争など彼には耐え難いものだった。
ベルン逃亡兵であって黒い牙の一員となっていた彼だが、心までは黒く染まっては無かった。

さて、戦闘が始まる中、中継基地の兵士達も協力をしてくれた。
彼らの中に見知った人物を発見するリン、それはまさしくラスであった。
ラスはリンを見受けると、あの時と同じように指揮下に入ってくれたのであった。

敵の団はあまりのエリウッド達の強さに撤退をする。
戦いが終わるとオスティア候ウーゼルが基地を訪れた。彼は隠密派なので
わざわざオスティアにまで行かなくても良かった。

ウーゼルはエルバートの死を悼む。そして黒い牙の目的について聞かされ
頭を抱え込んでしまった。

そんな中ニニアンが東に敵の反応を感じ取った。東は超軍事国家ベルン。敵に抱きこまれては厳しすぎる。
それを聞いたウーゼルは西のナバタ砂漠に行くよう提案する。全くの逆方向に慌てる一行だが
ウーゼルはそこに行き「生きた伝説」に会うよう教えるのだった。

生きた伝説とは一体・・・いぶかしげながらもウーゼルの言葉を信じて一行は一路ナバタへと進路を取る。

183 :FE22章 「生きた伝説」:2005/07/27(水) 13:07:54 ID:Ijox1NSm
生きた伝説に会うべくナバタへと足を踏み入れる一行
しかし見渡す限り砂砂砂。馬は足を取られ、人間もまた然り。
へとへとになる一行。しかしそこでも敵はいた。

ただの山賊の様子だが、山賊は一人の男を囲んでいた。
男は強力な魔術を使って敵を撃破していく。多勢に無勢とも思われたが
あまりの強さに山賊も驚いている。

双子の山賊「ポール」「ジャスミン」はコンビネーションがあって倒すのは一苦労だった。
男が敵を片付ける中一行は取り敢えず砂をあさってアイテムを回収しながら男を援護する。
そんな中砂嵐が起こった。目を凝らしてみると砂嵐から一人の金髪半裸の大男が出現する
大男はエリウッド達を「客人」と言って敵を撃破していく。

結果、魔術師と大男が敵を蹴散らした格好となったが取り敢えず戦闘は終わった。
魔術師の名は「パント」、どうやら素敵な魔道アイテムを漁っていたらそれを横取りされそうになっていたらしい。
大男は「ホークアイ」、砂漠の守護者だと言う。彼はエリウッド達を「生きた伝説」に逢わせるためにやってきたとか。

とにかくこの二人を連れて生きた伝説に会うことになる。
(ここでホークアイを仲間にしていたら外伝です)

184 :FE 22章外伝創られし命:2005/07/27(水) 13:21:32 ID:Ijox1NSm
ホークアイの案内で生きた伝説の住む場所へと進む一行。
しかしそんな彼らを流砂が飲み込んだ。流砂の下には謎の部屋が幾つかあった。
砂漠のことなら何でも知っているホークアイですらこの場所は知らないという。
そんな彼らに突然敵が襲い掛かってくる。魔を封じるものキシュナとの第二ラウンドが始まった。

魔を封じるものを撃破するものの、謎はより深まる。人間であって人間でないキシュナに恐怖すら覚える一行。
なんとかそこを抜け出し、ついに彼らは生きた伝説と出会えた。

伝説の名は「アトス」千年前の人竜戦役で活躍した八神将の一人、つまり軽く見積もっても1000歳以上である。
ウーゼルは彼に一行を合わせたかったのだ。彼は言う。世界を守る為にはネルガルを倒す武器が要ると・・・
八神将が使った武器は大陸のあらゆるところに保管されている。その保管された武器の封印を解く為に
封印の神殿に行く必要があったのだ。

了承するエリウッド、アトスはホークアイを彼等に同行させた。
(ホークアイの娘は前作のイグレーヌ)
さらにはパントも妻「ルイーズ」と共に彼等についていくことになった。
魔法使いとして、惹かれるものが会ったのであろう。
また、パントはリグレ侯爵というエルトリアの名門貴族であることも発覚する。
(この二人は後にクレイン、クラリーネの親となる)

アトスは早速彼らを封印の神殿に向かわせるためにおおがかりな転送呪文を使って彼らをフェレに送り届ける。
エリウッドが、エルバートの死を嘆き、またエリウッドの生存を嘆願する母親のもとに転送されるシーンは見物である。

かくして一行はベルンが北。封印の神殿へと向かうことになる。

続く

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 22:24:32 ID:AB1oeGb5
【予約】
>>4の未解決分にある「大貝獣物語」を予約しまっす

186 :FE 23章 四牙襲来(ライナス):2005/07/28(木) 14:46:33 ID:Hh7cHDNf
大賢者アトスの転送呪文によってリキアに戻った一行は
その導きを受けて一路ベルンを目指すことになる。
ベルンの国でリキアの貴族が暴れたら大変なので身分を隠しての出撃となる。

その頃ベルンでは、まもなくベルン王子ゼフィール(前作のボスですよ)の成人式が始まると大騒ぎ。
自分達の苦労をよそにいい気なものだと呆れるヘクトル。
さて、封印の神殿に行かねばならない一行。しかしその場所は不明である。
ベルンの王族ならばその場所を知っていると言うが、彼らは身分を明かせない
困っているところにパント夫妻が王子の成人式に参加して情報を入手してくるという。
勿論失敗すれば命が危ない、心配されながらも二人は王宮を目指した。

さて、その二人を待つだけででは仕方がない
(私はラガルトを倒したのにも関わらず)
ラガルトが元黒い牙の実力を使って情報収集をしてくれます。

ですがそんな一行の正体を破り、襲い掛かってくる敵がいます。黒い牙の「四牙」
リーダス兄弟こと「ロイド」と「ライナス」です。
ロイドはソードマスターで必殺の技を持ち、ライナスは剛剣と斧を扱います。
二人が揃った時のコンビネーションは最強クラスです。

(ここのシナリオはちょいと厄介で、ライナスかロイドのどちらかがボスになります。)
(タイトルを見てくださいな。)

シナリオ冒頭でライナス兄弟は妹分の「ニナ」と微笑ましい一面を見せてくれます。
根は非常に優しい人間であるのに何故戦わねばならないのかと悩むエリウッド、しかし戦いは無情です。
途中、ダーツが知り合いの戦士「ガイツ」を仲間に引き入れ、ライナスを倒します。
ライナスは自分に止めをささないエリウッドを「甘い」と言って殺そうとしますが、無抵抗なエリウッドを殺せませんでした。

しかし・・・彼は残念な事に敵のボスの一人でもある「リムステラ」に殺され「エーギル」を奪われます。
その彼の死体を発見したロイド、弟の死に涙し、彼はエリウッド達への憎しみを深めます。

187 :FE 23章 四牙襲来(ロイド):2005/07/28(木) 15:01:44 ID:Hh7cHDNf
大体は同じですが少し違います。
まずは同じようにパント夫妻が王宮に行ったりラガルトが情報集めをしますが。
敵のボスはロイドです。後ガイツが出ません。代わりに・・・
キアランを旅立って時は長く、方向音痴の騎士が突然戦場に現れます。
彼の名は「ワレス」、偶然にも程がある再会にリンは喜び、ワレスもまたその力となります。

先程と同じようにロイドに止めを刺さず、ロイドは怪我を負いながらも一旦本拠地に戻ろうとします。
ですがやはりリムステラに殺されエーギルを奪われライナスに発見されます。

----以下ルート同じ-----
(成人すると王位継承権が生まれるそうです)
さて一方王宮、成人の儀式を控えるゼフィール王子ですが、父親のデズモンドはそれにご立腹。
ゼフィールの母親ヘレーネはデズモンドとは仲が悪く王宮内別居状態。
デズモンドの愛する側室は女の子しか産まなかった為に彼の大好きなギネヴィアは王位を継げない(結局は女王になるが)
そこで散々な嫌味を聞かせるヘレーネだったが・・・

デズモンドは言う「ファイアーエムブレムが盗まれた」と。

ファイアーエムブレムはベルン王家の紋章、これが無いと成人の儀式は行うことが出来ない。
よってゼフィールに王位継承権が生じなくなると言うのだ。
ファイアーエムブレムは厳重に保管されているはずだったが何故か盗まれた。
勿論デズモンドが手引きした結果である。

実の息子を何故そこまで憎むのかと問うヘレーネ、彼はあっさりと
「自分は勉強も運動も全然駄目だがあいつは両方出来る。わが子とは思えない」
なんともご立派な意見である。ゼフィールが封印でひねくれたのもきっとこの所為である。
嘆き悲しむヘレーネ、しかしそこにパント夫妻がやってきた。

帰還するパント夫妻、封印の神殿への道のりを手に入れる方法が見つかった
「ある物」即ち「ファイアーエムブレム」の奪還である

188 :FE 24章 届かぬ手、届かぬ心:2005/07/28(木) 15:19:08 ID:Hh7cHDNf
もう半分私すら忘れている主人公軍師の存在感の薄さは恐ろしいものですな
さてさて、ファイアーエムブレムの奪還をしろと言われても何分情報が無い。
しかし成人の儀式が始まる10日後までには発見しなくては封印の神殿への道は開けない
一行は情報を求めて国の保管庫へと、ファイアーエムブレムの情報を見つけに行く・・・

大胆なリン、ヘクトルは城に潜り込む計画を立てる。多分エリウッドは胃薬を常備していると思われる。
その城の中庭で人の気配を感じた一行は茂みの中に隠れる。
中庭にいたのは一人の少女と御付の兵士に付き添われる青年だった。
(ギネヴィア、ゼフィールとマードックの事、マードックは不老の魔法にでも掛かったのか?)
二人の微笑ましいシーンを踏みにじって登場する父デズモンド。
何かにつけて嫌味を言うデズモンド、ゼフィールを追っ払い、ゼフィール土産の狐を始末するなど悪逆非道。

その行いをくすくす笑う一人の女、黒い牙首領ブレンダン=リーダスの妻「ソーニャ」であった。
彼女がファイアーエムブレムを保管している。いわば犯人。黒い牙と王が結託している証拠であった。
ソーニャはファイアーエムブレムを本拠地で保管していると言った。
一行はそれを聞き逃さずに、こっそり王宮を立ち去った。

一行の進路は決まった。黒い牙の本拠地に向かうのである。
しかし王宮を出た瞬間、ベルンの竜騎士達(黒い牙仕込)が彼らを襲う。
敵のリーダー「ヴァイダ」は不思議な槍の力で半分ドーピング状態、彼女は放置に決定。
敵の戦力を粗方削ると敵は撤退をする。なんとか勝利が出来た。

敵を撃破したものの王宮では人々が騒ぎ出した。早く逃げねばやばいと思う一行だったが
リンが敵の足跡を追って敵の本拠地が分かると言うのでそれを信じて走るエリウッド達。

隠された足跡の先は白い雪の降る砦であった。


189 :FE 25章 闇の白い花(ケネスorジュルメ):2005/07/28(木) 15:37:21 ID:Hh7cHDNf
真っ白な砦には確かに敵の足跡が残されていた。
確かにここには敵がいる。走ってきたのに元気そうに砦を探索するリンとヘクトル
の姿を見て胃薬を用意する(多分)エリウッド

一方その頃、黒い牙には新しい依頼が入ってきた。それはゼフィール王子の暗殺であった。
依頼者は言うまでも無くデズモンド、ソーニャは娘の「ニノ」と「ジャファル」にそれを任せる。
ニノは母親に認められるべくその依頼内容に疑問を持ちつつも頑張ろうとするのであった。
(ニノは色々議論があるもののルゥとレイの母親ではないと言われています。相当な魔導の力があります)
そしてソーニャも部下で四牙の一人「ウルスラ」を伴いその場を手下のケネスorジュルメに任せて立ち去ります。
(ここもルートが分かれますがボスがちょいと変更になる程度です)

雪の降る中、戦いが始まります。途中「剣魔」と呼ばれる「カレル」(前作のカレルの若いver)
また、消息を絶ったエルバートの側近の部下の生き残りであり、その仲間の敵を討つべく
黒い牙に潜り込んだ「ハーケン」を仲間に加えて。
破戒僧ケネス、ルーンソードを持つジュルメを倒した一行。彼らはファイアーエムブレムを手にした。

しかし・・・二人の暗殺者は既に王宮へと近づいていた。
そんな中ニノは母親であるソーニャにある約束をされる。
「成功して帰ってきたら頭を撫でて抱きしめてやる」と言うのだ。
幼く、それでも母親から愛情を貰った事の少ない彼女には福音とも言えることだった・・・・ だが

ジャファルにソーニャが接近する。彼への指令を変更しに来たのだ。
彼への命令は「王子とニノの暗殺」鼻からニノに期待を寄せていなかった彼女はニノを暗殺犯人に仕立て上げるつもりだった。
自分の娘を殺すのか?と言うジャファルだが、そんなものはどうでもいいと一蹴するソーニャ。

死神と呼ばれた男ジャファルの心に、生まれて初めて一つの葛藤が生じた。

190 :FE 26章 夜明け前の攻防:2005/07/28(木) 15:56:17 ID:Hh7cHDNf
既に暗殺者は動いている。早くしないと王子の命が危ない
王子が死んだ場合、封印の神殿の所在は絶望と言っていい。一行は急いだ。

一方宮殿では、ニノとジャファルが王子の部屋に到着した。
しかし扉の外で二人はゼフィールの健気な祈りを聞く。
その祈りは、父に愛されない自分を認めてもらいたいという本当に健気なものだった。
祈りの内容に自らを重ね少し躊躇するニノ、しかしジャファルは部屋に入る。
気付くゼフィール、だがジャファルに殴られ気絶する。そしてジャファルはニノに彼を殺すよう言うが・・・

彼と自らの「親に愛されない」悲しさを重ね、ニノには彼を殺せなかった。
怒るジャファル。任務が出来ないときは殺すと脅したが彼女は殺されても良いと言った。
ジャファルは彼女の手を引く、「ここから脱出する。急げ」
外ではウルスラが待ち構えていた。ニノの生存に驚くウルスラ
ウルスラが驚いたことがニノにとっては何よりの驚きだった。自らが捨て駒だったと知らされたからだ。

二人の裏切りを確信したウルスラは王子ごと二人を抹殺しようとする。そこに一行が到着した。

かくして夜明け前の攻防が始まった。途中、一行は王子を守るべく戦うニノを仲間にしてジャファルまでもを引き入れる。
(外伝条件が二人の生存の癖にジャファルは見事に死にまくる嫌なマップですが)
ウルスラを撃破し、敵を殲滅し、遂に光が空から離宮内部へと差し込んだ。逃げる賊、それに伴い一行も脱出した。
一方しぶとく生きていたウルスラもロイド達と同じようにエーギルを奪われる。

さて、王子も生存してエムブレムも入手した一行はヘレーネにそれを手渡す。
エムブレムを手にして息子の王位を喜ぶ王妃、しかしエリウッドはその姿が気に入らなかった。
息子が襲撃されたのに王位のことばかり喜ぶその姿が。
その場でヘレーネを一喝して神殿への道すら聞かずに帰るエリウッド、自らでチャンスを潰してしまった・・・はずだった。

名も知らぬものに一喝されて怒り心頭のヘレーネだったが、マードックが慌ててその場にやってきて昨夜の出来事を語った。
ヘレーネは自分の非を認め、エリウッドを追って、神殿への道のりを書いた書と印を手渡した。

図らずも、王子の祈りは通じてしまった。ヘレーネは自ずから反省し、仲の良い家族になりましょうと言うのであった。
(この章を見ていると封印3章(ヘクトル死亡)が遣る瀬無くなります)

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 15:57:34 ID:Hh7cHDNf
|Д´)ノ   
|回.ノ  ジャ、マタ・・・     
| < 

遅いですがマーヴェラス、ティアリング、スパロボの皆様乙です。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 20:44:54 ID:9wgezPP/
FE烈火?乙
主人公軍師はユニットの動きを指示するという、超重要人物のはずだから大丈夫!
エリウッドの胃薬ワロタ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 07:20:34 ID:UGiLB+v9
新作「零3」リクエストないけど予約していいかい?
けっこー複雑でメモ取りながらやることにしたから、ついでに投下してく。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 16:07:03 ID:6/57lyt+
age

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 20:47:33 ID:xTOYfauo
>193
神!おぉぜひ頼む!
アクション苦手なんでプレイできてないんだけど、あのシリーズ大好きなんだよ。
3の内容もすごく気になってたところだ(´Д`;)ハァハァ宜しく頼んます

196 :FE 26章外伝 決別の夜:2005/07/29(金) 23:15:44 ID:VRkEg1OZ
今日で一気に突っ走ります。

ジャファルとニノと言う二人の元黒い牙の人間を仲間に加えた一行。
しかし二人の様子はどことなくおかしい、夜、何かの物音に目覚めたエリウッド
見渡せども二人の姿は宿営地に無い、二人を追って一行は進む・・・

さてその頃、黒い牙のもう一つのアジトである「水の神殿」では、リムステラとソーニャが怪しい会議をしています。
そこにやってきたブレンダン、丁度良いとソーニャは黒い牙首領にして夫であるブレンダンに今までの計画を語る。
義賊集団黒い牙に取り入って内部を崩壊させて、大陸中で恐れられる組織にしたこと
仲間達を謀殺し、仲間を「モルフ」と呼ばれる人造人間に変えていったことを。
(モルフとはネルガルの魔力で創られた人造人間の事です。リムステラ、エフィデルも皆そうです)
それを聞き怒るブレンダン、彼はソーニャに向かいますが逆に殺されてしまい、そのエーギルを奪われます。
そこに・・ニノとジャファルが現れました。

ニノは母親にせめて話をして、真意を確かめたかったのです。ですがソーニャは笑いながら過酷な真実を話します。
ニノの両親は竜の秘密を持っていた賢者でした。ネルガルがその秘密を奪いに行く過程でその二人を殺して
ニノをさらったと言います。真実に愕然とするニノ、ジャファルはこの非道を責めます。
死神と呼ばれ冷酷に人を殺害する機械だった彼には考えられない出来事です。

二人を追っていた一行が水の神殿に到着したのはその時でした。
ソーニャはモルフを召喚して水の神殿の通路を水に沈め(業火の理と似たマップ構成です)
一行を玉座にて待ち受けます。ここに、決戦にして決別の戦いが始まりました。

しか今までの戦いに打ち勝ってきた一行はこの激戦の中ついにソーニャを倒します。
黒い牙は首領と3つの牙を失い、既に崩壊したも同然です。ニノは黒い牙に別れを告げ
ジャファルも力を貸してくれることになります。

さてしぶとく生きていたソーニャ、そこにリムステラが現れます。
またまたエーギルでも奪いに来たのかと思いきや、なんとソーニャも「モルフ」だと判明します。
「モルフ」からはエーギルが取れないとあっさり切り捨てられるソーニャ
ソーニャのこれまでの悪逆非道の行為は全てニノと同じ、ネルガルに愛されたい一心だったので
ある意味彼女も可愛そうな一人だったのかも知れません


197 :FE 27章 運命の歯車(ロイドorライナス):2005/07/29(金) 23:39:22 ID:VRkEg1OZ
すっかり印の説明忘れてました。26章でもらった印とは天の刻印のことです。
リンorヘクトルのクラスチェンジアイテムの事です。

(26章外伝を通っていないとソーニャがネルガルに殺されます。やはり哀れ)
黒い牙を壊滅させたと思った一行はすぐに封印の神殿に向かいます。
ヘレーネの助力もあり、ベルンの兵士達は一行を襲ってこないので楽に進むことが出来ます。
しかし・・・黒い牙には、一本の牙が残されていました。
ロイド(23章のルート次第ではライナス)が残存兵力を率いて封印の神殿を包囲していました。
目指すはエリウッドの首でしょう。彼らと戦うことを拒むニノですが、最早戦わずにはいられそうもありません。

また、戦闘中に以前戦った竜騎士「ヴァイダ」が名誉挽回の為に襲い掛かってきます。
ですがここをエリウッドが説得して仲間に加え、更に敵を追い詰めていきます。
ニノはロイドorライナスに何とか説得を試みますが無駄に終わってしまいます。
結局この兄弟を救うことは出来ませんでした。哀れです。

さて、敵を壊滅させた一行。そこに大賢者アトスがルーラ(多分)で登場します。
彼は封印の神殿の地下に住むブラミモンドに会うべくエリウッド達を地下に送り込みます。
そもそもここに来た理由は封印されし神将器の封印を解くためです。
ブラミモンドがその鍵を持ってるんだとか。

さて地下に辿り着いたエリウッド、ヘクトル、リンの三人とアトス、早速ブラミモンドにお願いします。
ブラミモンドは己を持たず、女っぽかったり男男しいしゃべりをしたりと不思議な人ですがそれはおいといて
神将器は絶大なパワーを誇るのでそう易々封印を解けないと彼(彼女かな)は語ります。
しかしエリウッドは世界を救うためになんとしてもとブラミモンドを見つめます。
その目にブラミモンドは揺れ動かされ、ついに封印は解けました。

しかし・・・そこになんとネルガルがやってきます。ネルガルはニニアンをさらい、更に魔法で
エリウッド達に攻撃を開始しました。アトスの結界で何とか助かりますがニニアンは連れて行かれます。
ニニアンがさらわれたと言う事は竜が呼び出される危険性を孕んでいる証拠でもあります。

一刻も早く解かれた封印、神将器「烈火の剣」を手に入れる為に一行はオスティアに向かいます。
(この際エリウッドはめでたくクラスチェンジします)

198 :FE 28章 勇者ローラン:2005/07/29(金) 23:52:04 ID:VRkEg1OZ
この辺の説明は封印とかぶりますが解説。
勇者ローランが人竜戦役の際に用いた剣が烈火の剣デュランダルです。以上

その剣を探しにオスティアに到着した一行。エリウッドは試練に打ち勝ち、デュランダルを手にしなくてはなりません
もっとも信頼の置ける4人を選び試練に向かうエリウッド、そこにいるガーディアンを倒し、ついに祭壇に到着します。
(ここで戦うのは戦士達の霊魂。山賊たちから守っていたらしいがそれを倒したために封印では以下略)
到着するや否やアトスがローランの霊魂と会話を始めます。
ローランは自分の力を解放してデュランダルをアトスに託します。アトスはエリウッドにそれを手渡しました。

手に入ったら取り敢えず使ってみたくなる人間の習性、ではないのですが
その封印された祭壇から出てきた一行の目の前に突然竜が舞い降りてきます。
それに驚く一行。竜は何かをしたそうな素振りでしたが。デュランダルは竜を斬る剣。
意思とかに関係なく竜をブスリ、哀れ竜は一撃で切り倒されますが・・・

そこにネルガルが現れました。そして衝撃の事実を語ります。
そもそも何故ニニアンとニルスには竜の門を開いて竜をこっちの世界にやってこさせる力があったのでしょうか。
そもそも何故ニニアンとニルスには特殊な力がイパーイあったのでしょうか。
理由は唯一つ、そこに倒れている竜が・・・ニニアンだからです。

ネルガルは刻々と語ります。ニニアンを殺したのはお前だと、エリウッドだと。
悲しみと怒りに震えるエリウッド。今にもネルガルに飛び掛りそうでしたがそれを制したのは人間の体に戻ったニニアン
ニニアンは満身創痍でも何とかエリウッドにぼそぼそと喋り死亡する。
ネルガルはニニアンの代わり、即ちニルスを奪いに来たのだという。そうはさせんとアトスが究極の理魔法
「業火の理フォルブレイズ」を放ちますが殆ど無力。ネルガルは最強の理魔法と最強の賢者に勝った喜びで
一旦退きますが、ニニアンは帰ってきません。呆然とする仲間達、そしてニルスの嗚咽だけがその場に残ります。

199 :FE 29章 悠久の黄砂:2005/07/30(土) 00:05:51 ID:9c4pJtxN
ニニアンの死に悲しみ暮れる一行。このままでは体に悪いと
ヘクトルがオスティア城を借りてエリウッドを休ませることにしました。
ヘクトルは兄ウーゼルを探しますがウーゼルはどうやらエトルリアに外出中。
仕方なく部屋を手配して休憩を取ります。

ここでヘクトルはアトスに訪ねます。どうすればあのネルガルを倒せるのかを。
アトスは、彼とネルガルとの馴れ初めを語り始めました。
彼が初めてネルガルと会ったのは500年前程のナバタ砂漠。二人は最初は凄く仲が良かったのです。
同じような趣味を持つ二人(世の中の神秘だとか魔法の学問だとか)はすぐに打ち解けます。
二人は色々と行動を共にしてナバタ砂漠で研究を続けました。そこで一つの理想郷を見つけます。

理想郷では竜と人が生活をしていました。これには二人も驚きます。
ですがそれが二人の決別の始まりでした。二人は始めこそ、この理想郷が外部に漏れないように
結界を張ったり竜についての研究を一緒にしたりと・・・まぁ良かったのですが。
結果としてアトスは竜の素晴らしさや人との共存を謳い、ネルガルは現在と同じく「エーギル」を奪って
最強の力を得ようとしました。こうして二人は袂を分かってしまうのです。
(こういった例はライト博士とワイリー博士やイーモン博士とワルナッチ博士の例と似てますね、どうでもいいですが)
アトスはこのヤバイ考えに魅せられたネルガルを竜の人々と協力して倒しますがネルガルは何とか生き延びました。
復讐に燃えるネルガル、いつしか彼はエーギルを用い、モルフをつくり
人としての道から完全に逸れていったのでした・・・

その時、突然の襲撃がオスティアを襲います。モルフの集団が難攻不落のオスティアに襲い掛かりました!
モルフは繰り返し、繰り返しネルガルからの伝言を伝え続けます。魔の島で待っている・・・と

モルフを倒した一行。迷いが醒めないエリウッドは一度烈火の剣をアトスに預けてから
魔の島に向かう準備を始めます。

200 :FE 29章外伝 戦支度:2005/07/30(土) 00:15:29 ID:9c4pJtxN
戦を始める前に準備が要る。そう考えたエリウッドはオスティアの城下町で
装備を整えることにする。一行は町へ散らばり思い思いの装備を買う。
ヘクトルは宝物庫からごっそり金を抜き取ろうとするが
流石にやりすぎるとオスティアが傾くので30kに留めておいた。

そんな中、街では「バアトル」が吼えていた。
西方である女に力試しを挑んだが見事一撃でやられたという悲しい過去を持つ彼。
その女をなんとオスティアの町で発見したのだ。挑むバアトル、なんとか一撃は免れたものの
中々の強さに苦戦する。しかし女は二撃目を加えない、何故か?バアトルが強くなったと感心したからだ。

結局その女はエリウッド一行に着いて来る事になった。名前は「カアラ」
(これがバアトルとカアラの馴れ初め、フィルの母にあたります)

戦支度の終わった一行は、遂にバドンに向かう。

201 :FE 30章 背水の戦い:2005/07/30(土) 00:26:12 ID:9c4pJtxN
ファーガスの助けを借りてまたも魔の島に到着することとなった一行。
船を降りた一行の前に広がったのは敵の大群、そしてネルガルの社を守るリムステラだった。
「背水の戦い」が今始まった。

ニニアンを失ったショックで茫然自失だったニルスも復活して一行は敵を蹴散らしていく。
またここでは訪問できるいくつかの遺跡がある。封印へのオマージュとも言えるソフィーヤの登場や
自らの意思でモルフとなった男「レナート」の加入もある。
とにかく敵敵敵の山を蹴散らし、遂にリムステラを倒す一行。
リムステラもまたモルフとしての悲しみを持った一人であった。

ついにネルガルの元に辿り着こうとする一行。
ニルスは刻々と今までの経緯を話していく。

ニルスとニニアンは昔の戦役で敗れ、どうにかして竜の門から逃げて竜の世界で生活を始めた。
しかし元々自分達のいた故郷を忘れることが出来るのだろうか。
竜の神殿の巫女であったニニアンは、ある日いつものようにお祈りをしている時に
竜の門から聞こえてくる一人の人間の声に感付いた。これがネルガルの声だった。
元いた土地を思い出す二人、いつしか二人の心に芽生えたそんな感情が
二人をネルガルの元へと誘ったのだ。

エリウッドは向かった。全ての根源を断つために、全ての悲しみを断つ為に。

202 :FE 終章 光:2005/07/30(土) 00:41:02 ID:9c4pJtxN
ネルガルの元へ向かう一行。そこにアトスが現れてネルガルを倒すための武器を手渡した。
その名も神将器「至高の光アーリアル」、天雷の斧「アルマーズ」、烈火の剣「デュランダル」
精霊の宿る剣「ソール・カティ」だった。どれも竜を倒すのに最適な効果を持っている。

ここで一行はマリナスに別れを告げる。
彼は泣きながらリキアでの商売を有利にする紹介状をもらって船へと帰っていった。

そして決戦が始まった。ネルガルは今まで戦ってきた人間達の強化モルフを召喚して戦わせる。
「ケネス」「ジュルメ」「ロイド」「ライナス」「ブレンダン」「ウハイ」「ウルスラ」
どれもこれも強かった敵をより強化されていて苦戦は必死だった。
彼らはそれぞれ最強の武器を持っており倒すのは大変だった。
特にニノやラガルトにとって見知った人間がこのような化け物になったのは悲しい出来事だった。

それらを倒し、遂にネルガルに肉薄する一行。
ネルガルを最強の武器で攻撃して、ついに追い詰めた。
(デュランダルよりルナの方が強いのは悲しい限り)

死地に赴くネルガル、しかし彼は諦めない、最後の力を振り絞り、彼は火竜を三体召喚した。
炎が吹き荒れるその場はまさしく地獄。逃げ惑う一行。最早これまでかと思われた。だが
そこにブラミモンドが突然転送魔法で登場。不思議な力を操りニニアンを復活させる。
(議論を醸し出した場面、仕方ないといえば仕方ないが)
ニニアンは氷竜。その吹雪の力を使い、二体まで竜を倒す。だがそこで力尽きてしまう。
ブラミモンドは倒れたニニアンを運び出して消える。そしてその場に一匹の竜が残された。
アトスは叫ぶ、「選ばれし者達よ最後の竜を倒すのだ!」

(やはりルナが最強。デュランダル形無し)

竜は倒れた。ここに平和が戻ったのである。

203 :終章 光:2005/07/30(土) 00:53:05 ID:9c4pJtxN
竜は倒れた。ネルガルも倒れた。黒い牙も倒れた。
大陸に一筋の光が差し込んだのである。
歓喜に沸く一行。だがアトスはその場に崩れ落ちた。
ブラミモンドがその側に現れる。力を使い果たしたとアトスは言う。

アトスは死の間際、未来が見えるというのだ。この大陸に近い未来
東の国から多くの災いが起きると彼は言う。力を貸してやれないと言うのだった。
(東とはベルン、つまり封印での戦争のこと)
そう言い残すと彼は逝った。微笑みながらこの世を去るのであった。

(さて、ここで分岐、エリウッドとニニアンの支援がAでないとニニアンは竜の門から帰ってしまいます)
(ここでは支援Aだとしておきましょうか)

この世界ではニニアンは人間の姿でしかいられません
よって寿命や体の強さも変わってきます。それに巫女としての使命を果たすべく
帰らなくてはいけません・・・しかしエリウッドはそれを承知しません。
ニニアンも離れたくはないのです・・・

そんな二人にニルスは言います。自分が一人で行く。と
この世界に残れば寿命は短くなるけどそれでも残りたいんでしょ?と彼は言います。
ニルスは少し憎まれ口を叩きますが。自分の義兄となる人物に礼をしてこの世界を去りました。

外に出るとそこは夜明け、陽光が暗い魔の島に降り立った瞬間でした。
何気ない一日がまた始まろうとしています。ですがその一日が人間にとって。
いや全ての存在する物質にとってその一日が大切なのではないでしょうか。

「光」が―。

〜Fin〜

204 :FE烈火ヘクトル編:2005/07/30(土) 00:58:05 ID:9c4pJtxN
基本的に殆ど同じなので変更点だけ書き込みたいと思います。

以下変更点
11章もう一つの旅立ち から
32章外伝 生の価値 までの話数保管と

29章 悠久の黄砂 の一部変更だけ

お送りしたいと思います。なお、終了後エピローグを書かせて頂きたいと思います。
複数支援は勘弁してください。以上です。


205 :FE ヘクトル補完:2005/07/30(土) 01:14:20 ID:9c4pJtxN
11章もう一つの旅立ち

ヘクトルは怒っていた。フェレ候の失踪の原因を探るべく行動を取らない兄に怒っていた。
ウーゼルとて何もエリウッドを見捨てるつもりは無かった。しかしリキアにある
諸侯不可侵の原則に乗っ取れば行動は慎むべきだった。

その態度に余計腹が立った彼はマシューを呼び出しオスティアを抜ける決意をする。
(この時マシューは煙から登場、親玉を手下か、と言われる)
しかしオスティアから抜け出そうとする二人を「黒い牙」の暗殺者達が襲った。
難なく撃破する二人だったが、不安は隠せない、「黒い牙」とは?
二人はエリウッドを追って旅立つのであった。

12章比翼の友へ

15章舞い降りる鉤爪

ラウスを制圧した一行だったが、その城に敵が襲い掛かる。
敵はラウスの玉座を制圧しようとする。ヘクトル達はそれを阻むべく応戦。これを撃破する。

あまりの鮮やかな引き際に感心するヘクトルだったが、キアランの危機に
ラウス城を去るのであった。

16章キアランの公女へ

206 :FE ヘクトル補完2:2005/07/30(土) 01:22:39 ID:9c4pJtxN
19章異伝 時の垣間(19章外伝魔封じの者より)

悲しき記憶・・・二人の少年と少女を残し、男は妻を捜しに向かった。
男は優しい笑顔で子供達に微笑をかけてその場を離れた。

古ぼけた遺跡に辿り着いたニニアン、それを追う一行。
遺跡に何かを感じ取ったのか、遺跡には一人の魔術師がいるのみであった。
魔術師はこの遺跡を戦役の時に使われていた所だと語った。
男は更にもう一つ・・・エリウッドについても語った。男はテオドル、黒い牙だ。

テオドルを倒した一行。一体なんだったのかとニニアンに聞こうとするが
ニニアンは一つに絵を見て離れない。その絵には一匹の竜と一人の人間の絵が描かれていた。
まるで・・・そう愛し合うかのように寄り添う竜の絵を見て・・・
その絵は多分、この遺跡を使っていた人の絵ではないかと言われているが・・・

一方その頃、彼らがそこを立ち去った後にネルガルがこの遺跡にやって来る。
彼は転送呪文の失敗に驚く。何故こんな場所に?
ネルガルはふと気付いた。ここは戦役の時に彼が古代の呪文を調べていた所だったのだ。
彼は言う「何か大切なものを残してきたはずだったが」と。

彼はすぐにその場を立ち去った。次なる戦いの為に・・・

207 :FE ヘクトル補完3:2005/07/30(土) 01:36:09 ID:9c4pJtxN
25章狂える獣

ファイアーエムブレムを探すべく、ヘクトルは情報を収集する。
怪しいところを絞り込んだが、そこには黒い牙の匂いがした。
黒い牙の狂える獣ことパスカルがヘクトル達に襲い掛かる。
ヘクトルは情報を元に3つの古城を攻める。だが残念な事にどこにもファイアーエムブレムは無かった。
結局無駄足を踏んだもののフィオーラの妹でフロリーナの姉の「フィオラ」を仲間に加えることが出来たヘクトル。
(20K掛かるけどね)
一行は一路ファイアーエムブレムの情報を探すべく王宮を目指すのであった。

26章 届かぬ手、届かぬ心へ

30章 狂戦士デュルバン

ここはエリウッド編で言う勇者ローランです。封印を解き、アルマーズを手に入れに西方に向かった一行。
試練に打ち勝ちアルマーズを手にしたヘクトル、その後デュランダルを手に入れる為にオスティアに向かい・・・
後は勇者ローランの展開です。

31章 悠久の黄砂

全く同じですが、少し変化します。
ウーゼルはエルトリアに言ったと伝えられたヘクトル、ですがそれは嘘でした。
オズインに詰め寄るヘクトル、オズインは口を割りませんがヘクトルはもう知っていました。
ウーゼルは既にこの世にいなかったのです。オズインを責めるヘクトルでしたが
オズインを責める自分にすら情けなくなり。ただ涙するのでした。

31章外伝 戦支度へ

208 :FE ヘクトル補完4:2005/07/30(土) 01:40:58 ID:9c4pJtxN
32章外伝 生の価値

リムステラを倒し、後一歩でネルガルと言うところ邪魔したのが
再三登場する「キシュナ」でした。彼は一体何物なのかと思う一行
しかし、最早倒すより他はなさそうです。

キシュナの正体、それを知るのはレナートだけだ。
だがその彼も多くを語らない今それを知ることは出来ない。
キシュナを倒した今となってはどうでもいいことなのかも知れない。

一行はネルガルを倒すべく。向かった。

209 :エピローグ:2005/07/30(土) 01:50:25 ID:9c4pJtxN
それから・・・

◆エリウッドは亡き父に代わってフェレを治める事となった。良き領主として民と共に生きていったという
その後彼は一人の息子を得る。名前はロイと言ったそうだ。
◆ヘクトルもまた亡き兄に代わって大国オスティアを治める領主となった。
エリウッドとの中も相変わらずのもので、彼の娘リリーナがロイに取られるのでないかと冷や冷やしてるとか
◆リンはキアランをオスティアに委ねて父と母の思い出の草原へと帰っていった。
しかしキアランの民は彼女のことを今なお忘れないという。

後、ちょっと加筆。封印との関係図

◆カナス→ヒュウの父親、ニイメの息子

以上です。長い間お世話になりました

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 02:48:40 ID:JWBqSF5+
FEの人乙でした

ただ質問なのですが影の薄い軍師の主人公はどうなったのですか?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 04:58:50 ID:SZ6fCLDc
エリウッド編かヘクトル編のエピローグで各主人公に別れを告げて旅に出るよ。
ちなみに2人に恋人ができている場合結婚を報告され子供の名付け親を頼まれる。
ヘクトルの場合は男ならウーゼルにって言ってる横から恋人が「じゃあ女の子の場合は…」って言って〆
ちなみに封印のデータがあるとベルンがきな臭くなってきたとエリウッドとヘクトルが話してるシーンが追加
更にクリアデータの場合ヤアンとゼフィールの出会いのシーンが追加。
…横から答えたら不味かったかな?

212 :FEの人:2005/07/30(土) 05:59:17 ID:9c4pJtxN
>210
えー、忘れてました。と言うより完全に存在を(ry

>211さん 有難う御座います。
完全にその通りでございます。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 20:23:34 ID:gHvHToTf
ちなみに軍師にも後日談があって、戦績によって変わる。
一番いい評価だった時のを載せとくね。

「神軍師 マーク
その指先一つが世界を変えるとまで言われた不世出の天才軍師。
ベルン・エトルリアはその才を欲し彼をめぐって戦が起きたほどであったが、
ついにその行方はつかめなかった…


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 20:41:39 ID:loj7/Nae
乙です。
ちょっと補足させてください。

17章で、船に乗っていたのはニニアンだけ。
彼記憶を失っていたのは、ニルスが船から落ちたのを見たショックのせい。
ニルスは20章の儀式の最中、ニニアンを止めるために乱入してきます。
(それまでは島で生き延びていたらしい)

29章ではカアラが現れるのは、ヘクトル編のみ。

ヘクトル編25章で出てくるペガサス次女は「ファリナ」です。

215 :FEの人:2005/07/30(土) 21:35:22 ID:G2JPL6eZ
ぐぼぁ・・・色々ミスがあったみたいだ。
どうも記憶違いと思い込みが沢山あったみたいです・・・(つД`)

色々thxでした。これを最後に名無しに戻ります。では

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 23:48:36 ID:BFaZVk7k
乙乙

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 12:59:53 ID:4XOu8W4u
烈火の人乙です!しかし良い評価でも軍師の影は薄いままなんだよなぁ。
仕方ないんだが、設定的には封印にでてもおかしくないはずなんだよな。まさか死(ry

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 19:29:11 ID:4C1iHx20
天空断罪スケルターヘブンをお願いします

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 09:53:32 ID:DmhKUoyq
亀だけどアランドラの人乙です。
今ここ知って読んでみましたが、面白かった。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 19:40:19 ID:tIyi7WxZ
私もちょっと補足。
ヘクトル編19章異伝>>206
ニニアン姉弟がネルガルと親子であることを匂わせていたりします。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:49:41 ID:6jRtGj+G
クーデルカやったことある人ストーリーお願いします。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:59:38 ID:tpYm6VsN
w

223 :零〜刺青ノ聲〜:2005/08/04(木) 01:45:03 ID:/D2yYDJN
零〜zero〜からの繋がり
・ノーマルモード。真冬行方不明のエンディングから二年後
零〜紅い蝶〜からの繋がり
・ノーマルモード。繭行方不明のエンディングから二ヵ月後

---------------------------------------------------------
●登場人物
黒澤怜(くろさわ れい)
・職業カメラマン。23歳。恋人を2ヶ月前に自分の不注意で亡くす
雛咲深紅(ひなさき みく)
・準ヒロイン。19歳。1作目主人公。怜宅の住み込みアシスタント。
天倉螢(あまくら けい)
・都市伝説を追うノンフィクション作家。2作目主人公天倉姉妹の叔父。

天倉澪(あまくら みお)
・2作目主人公。一人生還したものの、奇病に侵され眠り続けている。螢の姪。
雛咲真冬(ひなさき まふゆ)
・深紅の兄で唯一の肉親。優雨の親友。1作目EDで氷室邸に残り行方不明。

麻生優雨(あそう ゆう)
・数ヶ月前に交通事故で死亡。黒澤怜の恋人。真冬と親友だった。天倉螢と共同研究していた。

刺青の女
・全身に蛇の刺青の入った女の幽霊。

224 :零〜刺青ノ聲〜:2005/08/04(木) 01:47:09 ID:/D2yYDJN
◆一ノ刻 【徴 〜シルシ〜】 ◆怜
・黒澤怜は婚約者の優雨を、2ヶ月前、交通事故で亡くした(事故の原因は怜の不注意)
以来ふさぎこんでいる怜を、住み込みアシスタントの深紅が必死で元気づけている。
職業はカメラマン。半壊している古い幽霊屋敷の撮影に行き、そこで優雨の幻を見る。

・その夜から怜は夢の中で、その幽霊屋敷【眠りの家】に入り込むようになった。
射影機を入手して幽霊を撃退しながら、優雨の幻を追い、奥へ進んで行く怜。
子供巫女の幽霊が、子守唄を口ずさみながら、
血で染めた真っ赤なわら人形を壁一面に打ち付けていた。
怜は、この子供らに羽交い絞めにされて、杭で手足を打ち付けられる幻影を見る。

そして怜と同じように迷い込み、うずくまっている女性を発見。
女性は「私は好きでひとり生き残ったんじゃない、私のせいじゃない」とつぶやいていた。
そこへ刺青を全身に入れた長髪の女幽霊が襲い掛かってきた。
恐慌状態で逃げ惑う怜。背中を触られたところで目が覚めた。
幽霊に触られた部分に、激痛と共に刺青が浮かび上がり、すぐに消えた。

◆二ノ刻 【狭間ノ家 〜ハザマノイエ〜】◆怜
・夢の中で女性と再会した怜。女性は「私を起こして」と怜に頼む。

・滝川由乃という彼女の名前を調べてみたところ、女性は現実世界に存在していた。
数ヶ月前の飛行機事故で、ひとり奇跡的に生き残ったが、
事故後の精神的ショックからか、眠り続ける奇病に侵されているという。

・病院に会いに行く怜。ところが、声をかけようとした瞬間、
滝川由乃の体に刺青が浮き上がり、そのまま彼女は影となって消えてしまう。
刺青は、怜の体に浮かび上がったものと瓜二つだった。
もしかしたら自分もああなるのかもしれない…
怜は解決方法を探すため、その幽霊屋敷について調べていく。
屋敷は明治時代に建てられたもので、
そこに行けば死者に会えるという伝説があったらしい。

225 :零〜刺青ノ聲〜:2005/08/04(木) 01:53:51 ID:/D2yYDJN
◆三ノ刻 【鎮メ唄 〜シズメウタ〜】◆怜
・怜は夢の中の広大な幽霊屋敷を着々と攻略。奥へ進んでいった。
どうやら、優雨の幻は、しめ縄で封印された扉の奥に入って行ったようだ。

・そして目が覚めるたびに、刺青はどんどん広がっていく。
自室を出てリビングに行くと、子供幽霊が歌っていた子守唄を、深紅が口ずさんでいた。
深紅も最近、毎晩のように変な夢を見ており、子守唄はその夢の中で聞いたという。

・ノンフィクション作家の天倉螢から、優雨に手紙が何通も届いていた。
優雨の死を、まだ知らないらしい。
都市伝説などを調べてあちこちを旅しているようだ。手紙はその結果報告だった。
螢の姪、澪は神隠し(2作目紅い蝶の事件)のあと、眠り続ける奇病に侵されている。
その奇病と、現在追いかけている都市伝説【眠りの家】には関係があるようだと書かれていた。
また、螢も怜たちと同じように、不思議な屋敷に迷い込む夢を見ているらしい。

◆四ノ刻 【禍夢 〜マガユメ〜】◆深紅
・深紅は夢の中で、1作目の舞台、【氷室邸】に迷い込んだ。
思い出したくもない【裂き縄の儀式】の幻を見たり、幽霊に追い回され、逃げ惑う深紅。
「お兄ちゃんはこっち」子供の巫女幽霊が現れた。
その指さすほうへ進んでいく深紅。扉の先は、幽霊屋敷「眠りの家」だった。

226 :零〜刺青ノ聲〜:2005/08/04(木) 01:55:25 ID:/D2yYDJN
今日はここまで。

227 :零〜刺青ノ聲〜:2005/08/04(木) 01:59:01 ID:/D2yYDJN
ごめんなさい。トリップ入れ忘れました。次からちゃんと入れます。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 02:01:35 ID:NePfDZbc
零の人乙。だけど、新作だからトリップ付けた方が良いんじゃね?
あと、怖い人を最近見てない。・゚・(ノД`)・゚・。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 02:22:24 ID:ad+a+Ozj
零も人乙です

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 02:24:00 ID:jLwj9Mfk
ゼノギアスが知りたいな

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 02:26:22 ID:eNMXEQ+U
零乙。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 02:40:31 ID:nQxYlEDP
>230
まとめサイトにあるぞ。
「読むのも面倒」な文章量だがw

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 03:27:44 ID:jLwj9Mfk
>>232
あ…(/-\)
丁寧にどーも

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 11:42:38 ID:dbUjWuWM
時間があったら鬼武者2やろうか?

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 12:11:01 ID:ad+a+Ozj
>>234
お願いします

236 :234:2005/08/04(木) 21:08:16 ID:CILLIFpV
それじゃあ、鬼武者2やります。
今まとめて来ますので。

237 :鬼武者2:2005/08/04(木) 21:57:22 ID:CILLIFpV
鬼武者1から数年後、再び幻魔王となった織田信長は、天下統一の快進撃を開始した。

柳生十兵衛が旅から戻ってみると、柳生の庄は信長の軍によって壊滅状態だった。
ふと、十兵衛の名前を呼ぶ声がする。
その声は村の奥にある洞窟から発せられているようだった。
行ってみると、蛇のような体の高女という女性(の精霊?)に出会う。
彼女から鬼武者の力を手に入れ、復讐のため織田信長の後を追った。

故郷を後にした十兵衛は、今庄という村に滞在することになる。
この村で、風魔小太郎・雑賀孫市・安国寺恵瓊を仲間に加える。
西洋風の衣装に身を包んだ、不思議な雰囲気の女性に出会い、声をかけようとするが見失ってしまう。
彼女の行方を追いながら、最近村の近くに出没する信長軍の幻魔を退治していた。

ある時、偶然に、あの女性がさらわれそうになっているところを目撃。
岐阜城で彼女を助け出し、小谷のお邑が仲間になる。

実はこのお邑は、浅井長政の後妻であり、織田信長の妹・お市だった。
浅井長政を討とうとしている兄・信長を止めるため、行方を追っているらしい。

また、十兵衛の出生の秘密も明らかにあった。
十兵衛の母は、洞窟で出会った高女だった。
高女の死と引き換えに新たな力を得た十兵衛は、信長の野望を阻止するため幻魔塔へ向かう。

最後は、十兵衛自身鬼武者となり、織田信長を倒す。
(しかし3に続くっぽいですね。)

ストーリー中、良い雰囲気になった十兵衛をお邑。
しかし、お邑には既に夫もいるし、前妻の残した義理の娘たちがいる。
お邑は小谷城に戻り、十兵衛は旅に出る。

終わり

238 :鬼武者2 補足:2005/08/04(木) 22:01:30 ID:CILLIFpV
このゲームのストーリーは、仲間の高感度によって分岐するみたいです。
それによって、小太郎やエケイが死んじゃったりしますが、
今回はそれを省いたストーリーになっちゃいました。

十兵衛をお邑さんのラブラブ展開も見ものですw

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 22:05:06 ID:CILLIFpV
あと、影牢も予約がないのであれば書きましょうか?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 23:00:08 ID:0LDaDC+d
>239
なんて親切な奴だこのヤロゥ!是非お願いします

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 00:13:24 ID:oGHyzNam
激しく乙。まとめ方うまい。
ただちょっと誤字やタイプミスが多いぞ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 00:16:18 ID:WBVpJQRA
>>239
私からもお願いします。細かい所忘れているんで、是非。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 01:22:21 ID:m/jxuKbw
鬼武者の人乙です
影牢ってこの間出た新作のやつじゃなく、PSのですか?
がんばってください

244 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/05(金) 11:22:23 ID:FMCg60HV
◆五ノ刻 【神隠シ 〜カミカクシ〜】 ◆螢
・螢は夢の中で、怜と同じ屋敷【眠りの家】をさまよい、澪を探していた。
霊感のない螢は射影機を怜や深紅のように使いこなす事ができず、隠れながら進んでいく。
紅い蝶に誘われるように扉をくぐると、そこはなんと2作目舞台の【皆神村】の廃屋。
その座敷牢の中に澪を発見。

どうやら、怜と深紅と螢の3人の夢は、それぞれシンクロしているらしい。
深紅の夢も、螢の夢も、怜に筒抜け状態。
不審なラジオの音が聞こえ、怜はベッドから起き上がった。
優雨の使っていた部屋を調べにいくと、突如、長い髪の女の霊が背中に飛びついてきた。

・そこで、怜は目覚めた。夢だったらしい。
刺青はさらに広がっていく。こころなしか自宅全体の様子がおかしい。
深紅も、ぐったりして元気が無い。

◆六ノ刻 【忌ミ柱 〜イミバシラ〜】◆怜
・【眠りの家】を進む怜。(この章から【眠りの家】【氷室邸】【皆神村】が完全に繋がる)
この屋敷には人型の染みの浮き出ている壁が点在するのだが
建設に携わった宮大工が、口封じと人柱をかねて、全員殺されて壁に塗りこまれてるらしい。
怨霊と化した宮大工たちが怜を襲うが、怜は射影気で撃退。
彼らの落とした手記などから、この屋敷は【久世ノ宮】という名で、
【狭間を漂う巫女】を封じ込めるために、たくさんの命を犠牲にして建てられたことがわかる。
ついに怜は、優雨が入っていった扉を開けることに成功する。

245 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/05(金) 11:32:41 ID:FMCg60HV
◆七ノ刻 【浮獄 〜フゴク〜】◆深紅
・深紅の夢。深紅は【眠りの家】の儀式の間にいた。
深紅をここに導いた少女巫女がまた現れ「ふたりをたすけて」とつぶやく。
その部屋の中央には牢が吊るされており、中に20歳前後の若い巫女が横たわっているのが見える。
深紅は少女巫女に導かれ、牢を動かし、扉を開けた。
中には誰もいない。牢にいた巫女の日記だけが残っていた。

◆八ノ刻 【虚夢 〜ウツロユメ〜】◆螢
・螢の夢の中(◆五ノ刻の続き)。座敷牢の中の澪は、うつむき、
「お姉ちゃん…約束したよね?ずっと一緒だって…だから私も一緒に…」とつぶやいてる。
澪は繭を追いかけて、一緒にあの世へと行くつもりの様子。
螢は座敷牢の鍵を探すために皆神村の廃屋の中を放浪。
鍵を見つけて戻ると、澪の姿はなくなっていた。

・一方、怜の自宅に、とうとう心霊現象が起こり始める。
シャワーを浴びているサービスショットの最中に、幽霊が突入してきたり、
ベッドの下から手が出てくるなど。

・調査を一段落させた螢が電話をかけてきた。ようやく優雨の死を知る螢。
怜は改めて【眠りの家】の調査を螢に頼む。

◆九ノ刻 【破戒〜ハガイ〜】◆怜
・怜の夢の中。宮大工の棟梁を倒し、数々のトラップを解除。
【久世ノ宮】の最奥、【お社】への入り口を開いた怜。
この先に、優雨がいるはず…

・目覚めると、刺青は両足にまで広がっていた。

246 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/05(金) 11:34:13 ID:FMCg60HV
■ここで、一旦【久世ノ宮】で、その昔何が起こったか説明■
・明治時代、民俗学者が研究目的で、久世ノ宮を訪れる。
雪解けまで滞在を許された学者は、鏡華(きょうか)という巫女と恋に落ちる。
春になり、学者は久世ノ宮から、姿を消した。
鏡華は男の子を産む。男児は『要(かなめ)』と名づけられた。
しかし、ここでは男児は忌子と呼ばれ、流されてしまう。
鏡華は学者からもらった耳飾りの片方を赤ん坊につけ、ひそかに村へ逃がす。

・久世ノ宮は男性厳禁。しかし、参拝客など、男性が出入りする事も多い。
巫女が男に惚れて、この世に未練を持たないよう、男性は全員徹底して顔を隠している。
血を絶やさぬよう、まれに男性を招きいれ、種付け儀式も行われているのだが、
学者も、このために滞在を許されたマレビト(種馬)で、用が済んだあと流されていた。
そのことを知らない鏡華は、迎えに来るという学者との約束を信じて待ち続ける。

・数年後、鏡華は他のマレビトとの間に、雨音(あまね)という娘を産む。
雨音は、他の少女らと共に、わら人形を打ち、子守唄を唄って
【眠り巫女】を鎮める【鎮女】という役割についていた。

・雨音は、外から来た『零華(れいか)』という巫女が、母と同じ耳飾りをしているのに気づく。
恋人にもらったらしい。もしかして、その相手とは自分の兄、『要』ではなかろうか?
雨音の予想は当たった。要は、零華に会うために久世ノ宮にやってきた。
一目れいかに会いたいと願う兄の頼みを、雨音は聞き入れ、男性禁忌の【お社】に入れてしまう。
しかし、密会はばれてしまい、要は流されてしまった。そして雨音は咎打ちの刑に。
「流す」とは黄泉に送り出すこと。簡単に言うと「殺す」ってことです。
「咎打ち」は、磔の刑。わら人形を打つのを咎打ちと呼ぶのだが、それを人間でもやるということ。

247 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/05(金) 11:43:55 ID:FMCg60HV
■儀式について説明■
・身近な人を亡くし、残された人々は悲しむ。
【久世の宮】の巫女は、その悲しみを刺青として体に刻み込んで引き取る。
そして容量一杯になった巫女は、社の奥に連れていかれ、四肢に杭を打たれ眠りにつく。
(要するに巫女は、人々の悲しみを、一身に引き受け、あの世に持って行く役目)

・「眠り巫女」は強制ではなく立候補制。近親者を亡くした経験のある女性で
「人々ためになるのなら、この世に未練など」という清い心の人がなる。

・刺青を入れる【刺魂ノ儀】のあと、自分の想いを鏡にたくし、
お社の奥にある川(三途の川)へ行き、それを割って、自分の想いを流す。
思い出を流した後、さらに奥にある【黄泉の海】まで行き、
鎮女によって手足に杭を打たれ、磔にされる【戒の儀】を受ける。
その後、巫女は永遠の眠りにつき、刻まれた想いは黄泉の海へ渡り、常世へ行く。
鎮女は眠り巫女が目を覚まさぬよう、鎮メ唄を唄って巫女を奉る。

・思い出が流れず、この世に未練を残した巫女は、
体中に入れた刺青の想いに耐える事ができず、怨霊と化す。
これを【破戒】と呼ぶ。怨霊と化した刺青の巫女を封じ込める方法は、
屋敷を改築して【狭間の空間】を作り、そこを漂わせ、鎮まるのを待つこと。
その為には、莫大な人柱が必要。鎮まらない場合は増築が必要で、さらに人柱が(ry

■都市伝説「眠りの家」の説明■
『夢の中で大きな古い屋敷に行き、死別した人を見かけて追いかける。
屋敷には刺青の女が徘徊しており、襲い掛かってくる』
この夢を見続けた人たちは、刺青が体に浮き上がると言い出し、ある日いきなり失踪する。
全国各地でひそかに発生中。死者への想いが強い人に起こりやすい。
夢を見ている人の身近な人も、つられて【眠りの家】に入り込むこともある。
(深紅→怜に引き込まれる。螢→澪と怜に引き込まれる)

248 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/05(金) 11:46:14 ID:FMCg60HV
とりあえず、ここまで。
ラストまでは、あと4レス程度の長さになる。長くてすまん。

249 :鬼武者2=影牢:2005/08/05(金) 11:52:31 ID:DNjpiUCw
刺青さん、激しく乙です!

>>241
誤字やタイプミス・・・すみません(´Д`;)
お恥ずかしい。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 12:03:52 ID:cbYkL5jd
零職人様、乙!!
夏にふさわしいストーリー

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 12:10:34 ID:6R81lQGs
半熟英雄4書きましょうか?

252 :影牢:2005/08/05(金) 13:51:14 ID:DNjpiUCw
【世界設定】
人間と、人間によく似た「刻人」(トキビト)と呼ばれる種族が共存する世界。
刻人とは、血・肌が青いことを除いては、容姿は人間と全く変わらなかった。
しかし、刻人は、寿命で死ぬことがない、永遠の命を持つ種族であり、そして高い文明を持っていた。
遠い昔、人間に文明をもたらし、平穏な暮らしを与えた。
その時から、刻人による人間の支配は始まった。

恒久的とも思える平穏に溺れ、刻人に支配されている真実を考えようともしない人間。
私欲のために刻人に成り代わろうとする者さえいた。
しかし、人間の解放を願い、刻人を殺してゲリラ活動をする者たちもいた。

刻人は人間よりも明らかに数が少ない。
それは、刻人はもとは人間で、大量の人間の命を使って刻人になるからである。
その秘密を知っているのは刻人だけで、だから人間は彼らに良いように支配されていたのだった。

【登場人物】
ミレニア:主人公。人間。幼少の頃から刻人育てられてきたため、人間としての感情が欠如しており、
     人間を殺すことの意味も罪という言葉の意味も知らない。

ヨカル:刻人。ミレニアの育ての母。国王・エクリプスと、昔は恋仲だったらしい。
    殺人兵器のミレニアを育てているうちに、彼女に対して親心にも似た感情が芽生えてきていた。

エクリプス:800年余り、この国を支配し続けている刻人の王。
      人間を愚かな生き物と見下していたが、最近の不穏な動きに脅威を感じている。

ダスク:刻人。エクリプスに仕える大臣。献身的な態度で王に接するが、気は小さい。

キース:人間。ゲリラ組織「レッドブラッド」の隊長。
    刻人に対して、個人的な恨みを持っている。

デッドムーン:人間。自分も刻人になって永遠の命を手に入れ、国を支配しようと企んでいる。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 13:52:02 ID:DNjpiUCw
【ストーリー】
家族で広場のサーカスを見に来ていた少女は、一人のピエロの芸に魅入っていた。
気がつくと、両親も観客の姿もなく、周りは静まり返り、広場ではなくなっている。
振り返るとピエロもいなくなっていて、小さな光が浮いているだけ。
その光に導かれるように、少女は鬱蒼とした森の中にある館に入っていくのだった。

館に入ると、さっきまで追いかけていた光は消え、辺りは暗闇に包まれた。
数時間、数日間泣き続けても助けは来ない。
救いを求める声も流す涙も枯れ果てた頃、一人の女性がやってきた。
少女は、女性を新しい「母」とし、その館で暮らし始めた。

母から、
「人間は愚かで冷酷な生き物であること」
「その人間から百個の魂を奪えば、刻人になれること」
「人間を倒すため、トラップを使いこなすこと」
を教えられて育つ。

母・ヨカルは、人間に人間を殺させる「マリオネットプロジェクト」を計画していた。
王・エクリプスもこれに賛成しており、こうすることで逆らう人間を始末しようと考えていた。

それから15年後。
19歳になったミレニアは、人間を殺していくことになる。

●ED1
最初は、忠実に確実に人間を殺していくミレニアの働きに、王は満足していた。
しかし次第に、自分も殺されるのではないか、とミレニアを疑い始めた。
それほどまでに、ミレニアは強くなりすぎていた。
王はミレニアを殺すために様々な刺客を送り込むが、すべて失敗に終わる。
ヨカルもミレニアに殺され、業を煮やした王は自ら向かっていくも敗れる。
「導く者がいなくなった人間だけの世界は、破滅に向かって行く」という言葉を残して。

一方、街では、レッドブラッドの一員であった者が、人間たちに演説を行っていた。
「刻人に支配されず、人間たちだけで平穏な世界を作り上げよう」
しかし、偉大な指導者を失った世界は、権力を求める者たちの争いが起こり、乱れ始める。
平穏を保っていた世界は、王の言葉通り、破滅に向かい始め、数百年の時が経つ。

(結局、ミレニアの行方は誰も知らない状態です)

●ED2
育ての母・ヨカルに、数年前のことを聞かされる。
「マリオネットプロジェクト」のため、ピエロに化けたヨカルが幼いミレニアを連れ去ったこと。
ミレニアを探しに来た両親を、ヨカルが殺してしまったこと。
最初は殺人兵器として育てていたが、次第に、刻人になったときに捨てた感情が戻ってきていたこと。
最期、「ここから逃げ、生きなさい」とミレニアに言い残し、絶命する。

死んでいった多くの者たちのために何が出来るのだろうか。
ミレニアはそれを知るために、一人、生き続けているのかもしれない。

(ミレニアは生存していると思われます)

254 :影牢:2005/08/05(金) 13:52:59 ID:DNjpiUCw
●ED3
キースがミレニアの実の兄だったことが判明する。

広場に遊びに来ていたあの日、キースは、ピエロに魅入っているミレニアを目撃していた。
家に帰ると、ミレニアがいなくなったと両親が大騒ぎしている。
キースが、見たことを話すと、両親はミレニアを探しに森へ行き、そのまま帰ってこなかった。

両親もミレニアも、刻人に殺されたんだと思い込んだキースは、
15年後、ゲリラ組織の隊長となって活動していた。

しかし、死んだと思っていたミレニアは生きていた。

多くの人間を殺したミレニアと、多くの刻人を殺し仲間を裏切ったキースは、共に生きていくことを選ぶ。

国を出た二人は、子供を授かり、ひっそりと暮らしていた。

(近親(ry だけどこれが一番幸せな気がする)

●ED4
王も母も兄も殺し、館に一人佇むミレニア。
するとどこからか声がする。
その瞬間、館の中ではなく、暗闇の広がる空間にいた。
目の前には上半身だけの魔神がいる。
魔神は人間を滅ぼすために生まれたのだが、今はまだ封印された状態。
封印を解くためには、多くの人間の命が必要となる。
魔神は今までのミレニアの、容赦なく人を殺す働きを見て気に入り、ミレニアに永遠の寿命を与える。
魔神の下で働く使い魔となったミレニアは、魔神復活のため、これからも人を殺し続けることになる。

(実は、前作の刻命館に続くEDだそうです)

255 :影牢:2005/08/05(金) 14:02:00 ID:DNjpiUCw
ゲームの世界観と冒頭部分、補足と各EDだけです。
全部で26の話があるんですが、ほとんど侵入者をトラップにハメるだけなので、
省きました。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 14:33:08 ID:oGHyzNam
影牢ってテクモだっけ
零シリーズといいこれといい、近親ぽいネタが好きな会社だなあ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 14:39:32 ID:DNjpiUCw
零シリーズはどうかはわからんが、
罠ゲームは矛盾があったりして話の面ではイマイチなんだよな。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 14:40:14 ID:DNjpiUCw
ID変わってないし・・・   orz
せっかく口調変えたのに

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 15:11:25 ID:3WYEvsXR
>>258
何やってんだあんたw


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 16:00:54 ID:5guVhZgq
>>258
m9(^Д^)<OTUUUU

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 17:01:10 ID:/5yERHSJ

R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル
ハードはSSです 宜しくお願いします

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 17:19:49 ID:/5yERHSJ
リクです
スウィートホーム :SF
DEMENTO :PS2 発売から半年以内です
アリスインナイトメア :PC
クーデルカ :PC
よろしくおねがいします





263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 18:12:29 ID:bY3BVRFu
チョコボの不思議なダンジョン
チョコボの不思議なダンジョン2
パラサイト・イウ゛
をお願いします。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 19:10:49 ID:ugMBYUY3
イース〜フェルガナの誓いお願い

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 19:13:31 ID:oGHyzNam
>>262
スウィートホームはFCだしクーデルカはPSだしどっちももうリクされてるし
ちゃんと確かめてからリクしようよ

デメントは前スレでもう書かれたと思う。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 19:18:17 ID:cbYkL5jd
っつーか、クーデルカ、シャドウハーツの所でざっと書かれてるぜ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 19:37:31 ID:9y5LVBbA
>>264
イース3の方なら書けるんだが……

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 19:53:19 ID:mQb60hPM
バロックをお願いします

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 20:01:04 ID:NPbM8sV4
バロックも既出だよ。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 23:00:26 ID:m/jxuKbw
>>251
ぜひお願いします

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 00:16:10 ID:hxdwtlk/
>>263
チョコボの不思議なダンジョンとパラサイト・イヴ、書けると思います。
しばしお待ちを・・・。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 00:37:25 ID:pxPwDFkE
>>271
楽しみにしてます
がんばって下さい

273 :チョコボの不思議なダンジョン 1/2:2005/08/06(土) 00:59:55 ID:hxdwtlk/
チョコボのプーレ(名前、変更可能)とモーグリのアトラは、
レアアイテム探しの旅をしている。

日も暮れかかってきたある日、二人(?)は小さな村を見つけた。
村の前には小さな畑があり、そこには麦わら帽子を被ったチョコボがいた。
麦わらチョコボに宿屋を訪ねると、村の中にあると言う。
それを聞いた二人は大喜びで村に入っていった。

二人が去った後も、麦わらチョコボは畑を耕していた。
すると、振り下ろした鍬に衝撃があった。
なんだろうと思ってその場所を掘ってみると、
見たこともないくらい美しく紫色に輝く石が埋まっていた。
それを手に取った麦わらチョコボの瞳の色が、みるみる紫色に変わっていった・・・。

宿屋に着いたプーレとアトラ。
しかし中には誰もいない。
呼びかけてみると、先ほど畑にいた麦わらチョコボが走ってやってきた。
とりあえず、一晩だけ泊めて欲しいと二人が頼むと、
麦わらチョコボはある一室に案内した。

案内された部屋は真っ暗で何も見えない。
二人が部屋の中に一歩、足を踏み入れると・・・。
麦わらチョコボは二人を突き落とし、怪しい笑みを浮かべた。

二人が落ちた先は一つの部屋になっていた。
アイテムもたくさん落ちているので、コレクターのアトラはおおはしゃぎ。
通路で部屋同士が繋がっていることもわかった。
テレポカードを入手したことにより、二人は地上へ戻ることが出来た。

戻った先は、宿屋の前。
宿屋に入ると、地下へ続く階段があった。
それにより、アトラは宿屋の地下にダンジョンがあることに気付く。

二人は、しばらくこの村に滞在し、ダンジョンでレアアイテムを探すことにした。

274 :チョコボの不思議なダンジョン 2/2:2005/08/06(土) 01:00:33 ID:hxdwtlk/
ファースト・ダンジョンの謎が次第に明らかになっていく。
現在のダンジョンの主は、あの麦わらチョコボ。
行方不明らしい。
プーレは、彼の妻と娘のカミラに、麦わらチョコボを助けて欲しいと頼まれる。

ファースト・ダンジョンの最下層にはボス・デビルチョコボがいた。
そのボスを倒すと、中から麦わらチョコボが出てきた。
彼を助けて地上に出ると、ダンジョンは爆発し、消えてしまった。
麦わらチョコボも元に戻ったようだ。
村のみんなが喜んでいると、あの紫色の石が落ちてきた。

それを拾い上げたアトラの目が紫色に変わっていく・・・。

気がつくと、アトラの姿が見当たらない。
みんなで探し始めたとき、新たにセカンド・ダンジョンが立ち始めた。

今度は、相棒のアトラを救うため、プーレは潜り始める。

紫色の石の秘密も明らかになっていく。
この石がどうして村の畑にあったのかはわからないが、
あの石はその人物の持っている欲望の深さに比例してダンジョンの深さも決まるらしい。
つまり、欲深い者があの石を手にすると、深いダンジョンが出来上がるらしい。

(ちなみに、麦わらチョコボのファースト・ダンジョンは30階、
 アトラのセカンド・ダンジョンは60階でした)

セカンド・ダンジョンの最下層にもボス・クリシエル登場。
これを倒し、アトラを背中に乗せて地上へ逃げるプーレ。

見事、セカンド・ダンジョンも攻略したプーレ。
二人は、村人たちから感謝されながら、村をあとにするのだった。

(ここでスタッフロールが入るのでEDかと思われます)

しかし、紫色の石は、今度は畑に立っているカカシの手に渡ってしまう。
カカシの目の色が次第に紫色に・・・。

村にはサード・ダンジョンが立っていた。

(EDかと思いきや、サード・ダンジョンの登場です。
 チョコボ達も、村を去ったはずなのに何故か村に滞在しています。
 サード・ダンジョンには終わりがないので、ほぼ永久的に遊べるみたいです。)

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 01:41:10 ID:pxPwDFkE
チョコボの人乙です

276 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:18:24 ID:35sjYym5
◆十ノ刻 【刺魂ノ儀〜シコンノギ〜】◆螢
・螢の夢の中。澪を探しまくるがどこにもいない。
螢は、久世ノ宮から出られず死亡した幽霊・鏡華に、まとわりつかれる。
螢は鏡華を振り切り、【お社】への扉を開けて中へ入っていった。

◆十一ノ刻 【終ノ路〜ツイノミチ〜】◆深紅
・深紅も、【お社】へと入った。深紅に話しかけてきた少女巫女は雨音という名前らしい。
兄を助けたいという雨音の気持ちに、深紅は完全に同調。
「兄に会いたい、謝りたい」という気持ちから、真冬の幻を見るようになる。
真冬のあとを追い、【お社】の地下へ潜っていく深紅。

・怜が目覚め、あわてて深紅の部屋へ様子を見に行く。
深紅はベッドの上で膝を抱えていた。「わたしたち、死ぬんです。わかるんです」
体には刺青のあとがくっきり浮かび上がっている。
「あの時、私だけひとり、生き残ったんです」
深紅は、氷室邸事件で兄を残して、自分だけ逃げ延びたことを後悔していた。
【眠りの家】で真冬を見つけ、今度は一緒に向こうへ行くつもりなのだ。
「あなたは一人じゃないわ」深紅に寄り添う怜。
しかし、深紅の気持ちも痛いほどよくわかるのだった。
怜もまた、優雨を追いかけている、一人生き残った人間だからだ。

・結局、次の夢で深紅は、怜の制止を振り切り、
真冬を追いかけて氷室邸の最奥へ駆け込んで行ってしまった。
(真冬を追いかけない選択もできる。その場合、刺青の女に捕まってしまう)

・怜が目覚めて深紅の部屋へ行くと、ベッドで眠る深紅の周りを亡霊が取り囲んでいた。
深紅の体には刺青がくっきり浮き上がり、昏睡状態。
影となって消えるのも時間の問題のようだ。

・螢が尋ねてきた。力なく「わたしたち…死ぬのかしら?」と寄りかかる怜に
螢は「まだあきらめるには早い。澪も深紅も助かるはずだ」と断言する。
自分たちを襲う【刺青の女】は、戒の儀式に失敗して【狭間を漂う巫女】になった。
ならば彼女の四肢に、再度、刺青木と呼ばれる特別な杭を打てば助かるかもしれない。
その杭は、あの屋敷の中にあるはずだ。

277 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:20:09 ID:35sjYym5
◆十二ノ刻 【戒ノ儀〜カイノギ〜】◆螢
・一旦【お社】から【屋敷】に戻った螢は、祭壇などを回って
刺青木という石で出来た杭を4つ手に入れる。
そして【お社】に戻り、地下の先の洞窟への扉を開けた。そこには…
あたり一面、大量の巫女の体が、ぎっしりと杭で打ち付けられていた。

その中央に横たわる【刺青の女】を見つけた螢は、杭を打とうと近づく。
しかし、その四肢には、すでに杭が打たれていた。
「そんな…馬鹿な」螢はよろめいた。
杭が効かないから、彼女は怨霊と化していたのだ。
螢をあざ笑うかのように、その手足からゆっくりと、杭が浮き上がり
【刺青の女】が立ち上がった。
逃げようとした螢だったが、扉が閉まり、あたりは闇に包まれた。

・怜が目覚める。
居間のソファで眠っていたはずの螢の姿は跡形もなく消えうせ、
かわりに黒い人型の影だけが、残っていた。(この部分は分岐あり・後述)

◆十二ノ刻 【刺青ノ聲〜シセイノコエ〜】◆怜
零華(れいか)という要の恋人の巫女の幽霊が現れる。
「もう一度、あなたに逢いたい…」零華の聲に導かれ、
その想いを閉じた鏡のかけらを集めていく怜。
全てのかけらを集め、鏡を完成させた。

そして怜も強く思う。
「優雨…私も、もう一度…あなたに逢いたい…」

【お社】の奥、奈落への扉を開けてしまった怜。
もう戻る事はできないだろう。

278 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:21:43 ID:35sjYym5
↑十二ノ刻が二つある…。十三ノ刻に修正して読んでくだされ。

279 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:23:20 ID:35sjYym5
◆終ノ刻 【涯ノ淵〜ハテノフチ〜】◆怜
・割れた鏡があちこちに沈んでいる川。その橋を進んでいく怜。
ついに奈落の果て、大量の巫女たちが眠る【終ノ淵】へたどりつく。

・零華の幻が見える。
四肢に【戒】を打たれ、横たわる零華。
鏡を割っても要への想いは流れなかったが、その想いは良い方向へ作用。
要の夢を見ながら、おだやかに眠りにつこうとしていた。
そこへ、要が忍び込んできて、零華を起こす。
零華の瞳に喜びの色が浮かぶ。見つめあい微笑む二人。
ところが、侵入に気づいた当主が、背後から要を襲う。
要は崩れ落ちた。零華の瞳が見開かれ、怨霊【狭間の巫女】へと変化。
こうして【破戒】が起こり、久世ノ宮は【狭間】に飲まれた。

・死体の中から、【狭間の巫女・零華】が飛び出し、怜を襲った。
なんとか【狭間の巫女・零華】を倒した怜。
零華の体の前に戻り、見開いた瞼をそっと閉じてやる。
洞窟の間下には、三途の川が流れ込む黄泉の海が広がっていた。
怜は、零華と要の遺体を船に乗せ、鎮メ唄をつぶやきながら海へ送り出した。

・黄泉の海に光が満ち、常世への出口が開いた。
一斉に三途の川から、たくさんの人の魂が海へと歩いていく。
その中に、優雨の姿を見つけた怜は、その背に向かって走り出す。
「行かないで!…私も…私も一緒に行くから!」刺青が頬まで浮き上がった。
優雨が怜を抱きしめる。「ありがとう」微笑む優雨。
その体に、怜の刺青が吸い込まれていく。
「君が死んだら…僕は本当に消えてしまう。だから…君は生きて欲しい」
そして、怜をそこにひとり残し、優雨は黄泉の海を渡っていった。

・怜が目覚めた。刺青はもう体に無い。泣き出す怜
◆終わり◆

280 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:28:46 ID:35sjYym5
◆ED2

分岐は、二周目以降
◆十ノ刻、螢の夢で、鏡華と闘い彼女を成仏させる。
すると◆十二ノ刻で、螢が消えず、眠ってるだけになる。

ED2といっても、スタッフロール部分に以下の写真が追加されるだけ。
・深紅が目覚め、怜が抱きついてる写真。
・ソファで螢が目覚めた写真。
・澪と螢が、ダムらしき水面の近くで写ってる写真。
・澪と螢が家に遊びに来て、怜と深紅が迎えてる写真

螢(と澪)が生き残るか否かだけの違いです。
--------------------------------------------------
おまけ情報
・黒澤怜が1〜2作目共通キャラ黒澤八重の血縁かどうかは説明なし。
・射影機の発明者の名は麻生邦彦。
 優雨と苗字が同じだが、血縁かどうかは説明はなし。
・零華は、とある事件で家族が全員死亡して久世に引き取られたらしい。
 2作目の皆神村全滅事件だと思われる。
・鏡華の想い人の学者は、螢に瓜二つ。だから螢は鏡華にまとわりつかれた。

これで終わりどす。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 02:32:38 ID:KCnqlxJG
通常EDでは深紅はどうなっちょるの?死ぬの?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 02:37:22 ID:0n940rDM
影牢とチョコボと零んほ人乙

283 :零〜刺青ノ聲〜 ◆l1l6Ur354A :2005/08/06(土) 02:44:51 ID:35sjYym5
>>281
書き忘れた…指摘サンクス。

>>279の最後訂正。まとめ人さん面倒おかけする。すまん。
-------------------------
・怜が目覚めた。刺青はもう体に無い。泣き出す怜

・EDテーマとスタッフロールが終わったあと、
黄泉の海岸で怜と深紅が佇んでいる絵になる。そして暗転。
深紅「私たち、ここに残されたんですね」怜「生きていく…痛みと共に」
◆終わり◆
-------------------------------
というわけで、なぜか深紅は自動的に助かってます。
ED2でも同じ。

284 :大貝獣物語 その1:オープニング:2005/08/06(土) 05:19:18 ID:d48MtN15
大貝獣物語の舞台となるのは、我々の住む地球とは異なるシェルドラドという世界です。
この世界には人間の他、背中に貝殻をもつ不思議な生き物「貝獣」をはじめとする
さまざまな種族が共存しています。

かつて、シェルドラドでは「大魔王ファットバジャー」という強大な魔物が現れ、
世界全体が闇と恐怖のどん底にたたき落されそうになったことがありました。
その時には異世界からやってきた火の貝の勇者と勇気ある貝獣たちが協力し、
冒険の末ファットバジャーを打ち破り封印することに成功しました。
これが前作「貝獣物語」のお話です。

かくてシェルドラドには再び平和な時代が訪れたのですが、最近になって
封印された大魔王ファットバジャーが復活の兆しを見せていることがわかりました。
貝獣たちの長・貝獣仙人はこの事態を重く見て、前の時と同じように、異世界から
火の貝の勇者を召喚してファットバジャーを再び打ち破ろうとしました。

貝獣仙人らの召喚の儀式によって呼び出された地球人の少年──シェルドラドの住人は
我々の住む地球を異世界と呼んでいるようです──が、今回のお話の主人公となる
火の貝の勇者です。
貝獣仙人はさっそく火の貝の勇者にシェルドラド様式の服装と武装をさせると、
大魔王を封じ込めるためのオーラの玉、大魔王の魔力を抑えるための火の貝・水の貝・
大気の貝・大地の貝の4つの貝を与え、前回でも活躍した貝獣の3人組、バブ・
クピクピ・ポヨンをお供につけて、さあゆくがよいと船に乗せて送り出しました。

…有無を言わさず別世界に連れてこられてお前は勇者だ魔王を倒してこいと言われ、
小船ひとつで海のまっただ中に放り出された主人公の少年の心中は察するに余りある
ものがあるのですが、なおも災難は続きます。
一行は南の海に浮かぶ貝獣島からファットバジャーが封印されているドラドシティーに
向けて大海原を北上していたのですが、ろくすっぽ進みもしないうちに嵐に遭遇。
船は木の葉のごとくに翻弄され、勇者たちは海に投げ出されてしまうのでした。

285 :大貝獣物語 その2:チクリー〜サンドサイド:2005/08/06(土) 05:23:58 ID:d48MtN15
火の貝の勇者が目を覚ましたのは、シェルドラドの北西の大陸のはずれにある
チクリーの村でした。介抱してくれていた村人の話によるとずいぶん長い間意識が
もどらなかったようです。ふと気付くと一緒にいた貝獣もいませんし、持ち物も
勇者が身につけていた火の貝をのぞいて全てなくなっています。
村人にきいてみてもそんなものは最初からなかったと言うので、嵐に巻き込まれた時に
離ればなれになったり紛失したりしてしまったのでしょう。
そしてがっくり気落ちする暇もなくここでも非常事態が発生します。突然空から
ロボットのようなものが何体も降ってきて村を攻撃しはじめたのです。
彼らはそれを防ぎに出た村人を軽くひねると、マユのようなものに包んで連れ去って
しまいます。

ロボットのようなものが去った後、火の貝の勇者は村人のすすめに従って
チクリーの村を後にしました。目的地はこの地方の中心的な町、サンドサイドです。
この町でなら旅の支度もできるし、何か有力な情報が得られるかもしれません。

サンドサイドの町でいろいろ聞き込みを行った結果、思わしくない話が耳に入りました。
出発してすぐになくしてしまったオーラの玉は、いま現在奴隷商人のドグラーという
人物の手元にあり、しかも彼はそれを使ってファットバジャーの復活を企んでいる
らしいのです。サンドサイドではドグラーの配下をふん捕まえて尋問を行おうとして
いましたが、そいつは口封じのために殺されてしまいます。しかし、一味の活動の
範囲から、ドグラーの拠点はサンドサイドから南東の方角にある砂漠地帯にあると
見当がついています。それからいい話もあって、サンドサイドの首長がドグラー討伐の
ために世界各地から募った有志を火の貝の勇者に同行させてくれるというのです。
そしてその中には嵐で離ればなれになってしまっていたバブもいました。しかし、
クピクピ・ポヨンの行方についてはバブも知らないようです。以降、サンドサイドの
「勇者の館」で、最大4人までのパーティーを自由に編成することができます。

286 :大貝獣物語 その3:滝の洞窟〜ドグラー砦:2005/08/06(土) 05:27:37 ID:d48MtN15
サンドサイドからドグラーの拠点がある砂漠地帯へ行く途中、滝の流れる大きな洞窟を
抜けていく必要があります。実際に行ってみたら薬売りの行商人がいて、洞窟は
モンスターがいるからと言って勝手についてきます。旅は道連れ世は情けといいつつ
何だかうさんくさい雰囲気が気になるこの薬売り、やっぱり敵でした。洞窟の最深部で
本性を表し、サンドサイドで仲間の口を封じるのにも使った吹き矢を手にして
襲いかかってきます。
こいつを退けると洞窟の奥に捕らえられていたピッギーというオーク族を助けることが
できます。何でもドグラーに協力するのを拒んだために捕らえられていたとか。
怪力で岩をぶん投げるのが彼(彼女?)の得意技。さっそく洞窟内の通路を塞いでいた
岩をどかして、砂漠地帯へと通じる道を切り開いてくれます。

洞窟を抜け砂漠を越え、ついに火の貝の勇者たちはドグラーの居城にたどり着きました。
城内各所に仕掛けられた砂のトラップを突破し、最上階でドグラーと相まみえます。
ドグラーは同情の余地なき悪党、全力でたたき殺しましょう。

…火の貝の勇者らの活躍によりドグラーの野望は潰え、大魔王ファットバジャーへの
いけにえとして捕らえられていた娘達も無事に解放されました。もちろんオーラの玉も
火の貝の勇者のもとに戻りました。一刻も早く世界に平和を取り戻すべく、勇者たちは
ドグラーの居城に隠されていた地下通路を通って新しい大陸を目指します。

287 :大貝獣物語 その4:ラミール〜シーマン神殿:2005/08/06(土) 05:30:44 ID:d48MtN15
火の貝の勇者たちが新しい大陸で最初にたどり着いたのがラミールの町です。
この町で聞き込みを行ったところ、南にあるシーマン神殿に珍しい貝が流れ着いたとの
情報が手に入りました。もしかしたら旅立ちの時になくしてしまった3つの貝の
どれかかもしれません。

シーマン神殿は半人半魚の姿をした海の民、シーマン族の聖地です。シーマン族の
長老に会って話を聞いてみたところ、神殿に流れ着いた貝はやはり3つの貝のうちの
ひとつ、水の貝であることがわかりました。水の貝を取り戻したと思ったのも束の間、
巨大な魚が突如として神殿の中に乱入し、ひとしきり暴れ回った後長老と水の貝を
飲み込んで地下水脈へと逃げ込みます。火の貝の勇者たちも巨大魚を追って地下水脈に
踏み込み、魚を〆て長老を助け出します。
今度こそ、水の貝をしかと取り戻しました。

さて先ほどはさらっと流したラミールの町ですが、実はなかなか愉快なことになって
います。まず、地震に見舞われて町全体に被害が及んでいます。この地震はラミールの
東にあって大魔王ファットバジャーが封印されているドラドシティーが震源地で、
ファットバジャーの復活が近いのではないかと町では噂されています。この地震のため
ドラドシティーとラミール地方を結んでいる橋が崩壊してしまい行くことができません。
また、それ以外にも地震の影響で崖崩れや土砂崩れが発生し、北のマーナリー、
南のサンドラといった周辺地域との交通がことごとく遮断されている状態です。
さらに、ラミールの町はチクリーの村に現れたのと同じロボットのようなものによる
攻撃を受けており、地震とのダブルパンチで町はボロボロ。住民の一部はロボットに
拉致されることこそまぬがれたものの、マユのようなもので梱包されたまま町の一角に
安置されています。中の人は死んではいないようですが、マユのようなものは
めっぽう固く町の人達には開封できないままでいます。

そんなところにやってきた勇者ご一行、あんた勇者なんだから何とかして下さいよと
町の人達に泣きつかれるもやっぱり開封できません。こりゃどうすりゃよかんべ、
と知恵を出し合った結果、コスモストーンという希少な鉱物で作った剣なら何とか
できそうだ、ということになりました。ところが、コスモストーンがあるという
北の山──コスモストーンを加工できる鍛冶屋が住むマーナリーの町へとつながる
唯一のルートでもあります──の入口は崖崩れで塞がってしまっているのだとか。

288 :大貝獣物語 その5:ガル山脈〜コールドリバー:2005/08/06(土) 05:34:11 ID:d48MtN15
北の山に行ってみると、町の人の話どおり入口が大岩で塞がれていました。ここは
滝の洞窟の時と同じように、ピッギーの怪力で岩をどかしてもらう必要がありそうです。
入口の大岩をどかして山道を進むと、崖崩れによって立ち往生していたとおぼしき
おっさんがいました。彼はマーナリーの鍛冶屋で名はラバン。希少な鉱物である
コスモストーンを求めて山に入り手に入れたものの、崖崩れによって山の中から
出られなくなってしまったのです。
コスモストーンを手に入れた勇者一行はラバンを伴って山を下り、マーナリーにある
彼の工房でコスモストーンをコスモソードという剣に加工してもらいました。

コスモソードを手にしてラミールに戻ってきた火の貝の勇者は、腰の入った回転斬りで
ばっさばっさとマユのようなものをぶった斬っていきます。中の人もろとも斬り捨てて
しまいそうな勢いです。…普段は言葉少なな彼ですが、やはり別世界での戦いの旅で
ストレスがたまっていたのでしょうか。

とまあそんなワケで、凄惨な二次被害を出しそうになりながらも町の人達を助ける
ことができたのですが、その中にミルミーというおばあさんがいました。
彼女はグレートノーム四姉妹と呼ばれる、大賢者グレートノームの4人の娘の
ひとりです。火の貝の勇者がファットバジャーを打ち破るために旅をしていることを
知ると、南のサンドラに行ってみることを勧めます。しかし、ラミールからサンドラに
つながる道は土砂崩れで遮断されています。正確に言うと、ラミール地方と
サンドラ地方を隔てている川にかかる開閉式の橋を動かすための施設が土砂崩れで
埋まってしまい、橋が開いたままになっていて川を渡ることができないのです。
もぐらみたいに土を掘れたらいいのになぁ、と思っていたら本当にもぐらが助けて
くれました。ミルミーおばあさんのお友達のもぐらが土砂に埋まった施設に潜り、
橋の開閉装置を動かして川を渡らせてくれます。

289 :大貝獣物語 その6:サンドラ〜ゼニム屋敷:2005/08/06(土) 05:37:40 ID:d48MtN15
かくて火の貝の勇者一行は川を越え、鬱蒼とした森を抜けてサンドラに到着しました。
サンドラはラミール地方と同様にドラドシティーと橋で結ばれていましたが、今は
地震のため橋が崩れて行き来ができない状況です。
サンドラに入ると、この町を取り仕切っている名士のゼニムの使いだという男が
勇者一行の前にあらわれました。火の貝の勇者の噂を聞いたゼニムが是非とも
会いたがっていると言い、勇者一行を屋敷に案内します。
…ところがこの招待は罠でした。勇者たちはオーラの玉を奪われてしまった上、
仕掛け部屋に閉じ込められて命までも失いそうになります。

この窮地を救ったのは、忍び術の使い手のキラーという男でした。彼はゼニムが
オーラの玉と火の貝の勇者の命を狙っていることに気付いており、単身屋敷に潜入して
勇者たちを助け出し、町の一角にあるスラムにかくまったのです。
キラーの話によると、ゼニムは私兵を使って町の出入口を封鎖し、火の貝の勇者の行方を
血眼になって捜し回っている模様。何としても勇者を抹殺するつもりのようです。
ここまでされて黙っているわけにはいきません。屋敷に乗り込んでゼニムを締め上げて
やりたいところですが、さすがに正面突破は分が悪い。というわけでここは、スラムの
地下にひそかに掘られていた秘密の通路からこっそりとゼニム屋敷に忍び入りましょう。

屋敷に入り込んだ火の貝の勇者たちは、ゼニムの魔法で動くモンスターや私兵の攻撃を
かいくぐりゼニムを追い詰めます。ゼニムもしぶとく抵抗しますが、最終的には
勇者たちの力が勝り、彼は屋根から落ちて絶命しました。諸行無常とか盛者必衰とか、
そのへんの言葉をそのまんま体現したかのようなゼニムの最期に仲間たちも複雑な
心境のようで、ゼニムに同情するようなセリフもちらほらと口をついて出てきます。
…ところでこの人、死体がいつまでたってもきれいなままなんですがどうしてなんでしょう。

それはともかく、こと切れたゼニムの懐から蔵の鍵を失敬し、オーラの玉を取り戻すと
ともにたくさんのお宝、さらに船まで手に入れました。
…仲間たちがゼニムに同情するようなセリフを言ったのは、実はこの行為が後ろめたくて
言ったんじゃなかろうかという気もしてきました。

290 :大貝獣物語 その7:モスウッド〜グレートノームの家:2005/08/06(土) 05:40:35 ID:d48MtN15
船を手に入れて行動範囲が大きく広がった火の貝の勇者一行の次なる目的地は、大賢者
グレートノームが住むという北の大陸です。この大陸は中央に険しい山脈が走っていて、
北方には雪と氷の大地が広がり、南方は穏やかな気候で人も住んでいます。
グレートノームは物好きにも北の雪原地帯に住んでいるので、会いに行くには南から
山脈を越えていく必要があります。しかしこの山脈は年がら年中嵐が吹き荒れて
しかも落雷が絶えない難所、備えもなく挑んだのでは命がいくつあっても足りません。
そこで、南の森サワサという場所に生えている電気を帯びた草を手に入れ、これを
南の集落モスウッドの仕立て屋に持ち込んで雷を防ぐ服を作ってもらいました。
その名も「耐電ガッパ」、道具袋に放り込んでおくだけで雨も風も雷もしのげる
優れものにして、使うとなぜかなくなってしまう不思議アイテムであります。
かくして火の貝の勇者一行は山脈を越え、大賢者グレートノームの家を目指すのでした。

火の貝の勇者がグレートノームの家をたずねあてると、彼は病気になって床に伏せって
いました。それでも話ができるぐらいには元気なのでいろいろ聞いてみたところ、
次のようなことがわかりました。
大魔王ファットバジャーが封印されているドラドシティーは現在周辺地域との交通が
遮断されている状態にあるのですが、実はこの雪原地帯と秘密の地下道でつながっていて
そこを通って行くことができるそうです。しかし、その地下道の入口は雪崩で埋まって
しまっています。グレートノーム曰く、ワシが病気でさえなければそんな雪なんぞ
チョチョイのチョイ、ということなんですが動けないジジイはただのジジイです。
ベッドにへばりついたままウダウダされても何にもならないので、いい薬があるという
アイスマンの村を目指して勇者一行はさらに北へ向かうのでした。

291 :大貝獣物語 その8:アイスマンの村への洞窟〜アイスマンの村:2005/08/06(土) 05:43:26 ID:d48MtN15
山に囲まれたアイスマンの村に行くには山腹に開いた洞窟を抜けていく必要があるの
ですが、複雑な構造はしていません。大したことないお使いイベントかと思っていたら
思わぬハプニングが発生します。
なんと、オーラの玉に突然ヒビが入ってしまったのです!

…思えばこのオーラの玉、物語の根幹をなす最重要アイテムでありながら、2度も
敵に奪われるわ、火の貝の勇者が持っていた時は歩くたびに地面を引きずられるわで
不憫にしてぞんざいなことこの上ない扱いを受けていたのですが、事ここに至って
ついに損傷してしまったのです。
オーラの玉が失われてしまっては大魔王ファットバジャーの復活を止める手立ては
ありません。一刻も早くドラドシティーに急行しファットバジャーを打ち破るべく、
勇者たちは不吉な予感をおぼえながらも再び歩き始めます。
…オーラの玉を引きずって。

急ぎ足で洞窟を抜け、アイスマンの村に着いてみると動くものが何一つありません。
実はこの村の住民は中央の広場に立ち並ぶモアイのような頭だけの石像で、
人の姿はしていませんがちゃんと言葉が通じますし、グレートノームのために薬を
作ることも快諾してくれます。ですが彼らは石像なので動くことができず、薬の
材料となる5種類のアイテムを持ってくるよう要求します。特に入手困難なものは
ありません。
言われた通りのアイテムを持ってくると、彼らは今度はそのアイテムを口の中に
入れるよう要求します。5種類全部を石像の口の中に入れたらさっそく薬作り開始。
口の中のアイテムをぐっちゃぐっちゃと噛み砕き、舌でこねくり回したあげくに
カァーッペッと吐き出して完成です。
…あまりに豪快(?)な作業風景に、幾多の戦いをくぐり抜けてきた仲間たちも
ド肝を抜かれた様子、というか、完全に引いています。
洞窟の中でオーラの玉にヒビが入ったときの緊迫感も、完膚なきまでに打ち砕かれて
しまいました。
こうして大賢者グレートノームの病気を治す薬が出来上がりましたが、仲間の誰も
持ちたがらないため仕方なく火の貝の勇者が持つことになりました。
…こんなところで仲間に見捨てられるとは、彼も夢にも思っていなかったでしょう。

292 :大貝獣物語 その9:ふたたびグレートノームの家〜ラミールの湖:2005/08/06(土) 05:46:28 ID:d48MtN15
火の貝の勇者たちは急いでグレートノームの家に戻りました。ファットバジャーを
一刻も早く打ち倒すためで、決してエンガチョな薬をさっさと処分してしまいたかった
からではありません。早速グレートノームに薬を渡し、グレートノームは薬をのんで
元気になりました。知らぬが仏とはよく言ったものです。
元気になったグレートノームから地下道の入口を塞ぐ雪を溶かすためのアイテム、
ヒートボンバーを受け取ります。この物騒な品を使えば地下道を通ってドラドシティーに
行けるようになるのですが、その前にやっておくことがあります。
それは未だ行方の知れない大気の貝と大地の貝を見つけ出し、火の貝・水の貝とそろえて
合体させ、四大元素の力の結晶「合体貝」とすることです。この合体貝がなければ
ファットバジャーを打ち破ることは不可能です。
そして、大気の貝・大地の貝の行方も、グレートノームの力により判明しました。
その場所は、ラミールの町の近くの湖と、東の海に浮かぶ孤島です。

火の貝の勇者たちはまずラミール近くの湖にやってきたのですが、やはり貝は湖の中に
沈んでしまっていて、漁師にでも頼まないと探し出すのには無理がありそうです。
ここで助けになってくれるのはマーナリーの漁師ゲンジ。自らシェルドラド一の漁師と
豪語する彼はちょっとおだてられるとすぐに湖の探索を引き受け、ものすごい速さで
船を出しあっという間に大きな魚を釣り上げます。

…網で底を曳いてくれるんじゃなかったのかと思っていた勇者一行でしたが、ゲンジが
釣り上げた魚から都合よく大気の貝が出てきました。それだけでなく、旅立ってすぐの
嵐で離ればなれになっていたクピクピも一緒に魚の腹の中から出てきました。クピクピは
嵐のあと大気の貝を握りしめたままラミール地方に流れ着き、さまよっているうちに
魚に飲み込まれてしまったそうです。
こうして、クピクピが仲間に加わり大気の貝を手に入れました。

293 :大貝獣物語 その10:ポグー島〜みたびグレートノームの家:2005/08/06(土) 05:49:05 ID:d48MtN15
4つの貝のうち3つを再び手中にした火の貝の勇者一行は、最後の1つ、大地の貝を
取り戻すべく船に乗って東の島に向かいました。この島はポグー島と呼ばれる火山島で、
島全体が囚人を収監する流刑地になっていますが、どうも様子が変です。
いろいろ話を聞いて回ったところ、この島に収監されていたギルダーという囚人が
反乱を起こし、警備を突破して島内の洞窟に立てこもったというのです。そして、
老人である彼が反乱を起こし警備を蹴散らすほどの力を手に入れたのには、この島に
流れ着いた大地の貝が関わっているらしいことが分かりました。

そういうことで溶岩が顔を覗かせる火山洞窟に踏み込み、ギルダーと対面した火の貝の
勇者一行。やはりギルダーの力は大地の貝によってもたらされたものでした。
パワーアップしたギルダーは徹底抗戦の構えを見せ、勇者たちとの戦闘が始まります。
一度倒されても大地の貝の力で復活するギルダーを撃破し、大地の貝を取り戻しました。

こうして火・水・大気・大地の貝すべてがそろい、4つの貝は大賢者グレートノームの
力で合体して合体貝となりました。これで大魔王ファットバジャーの魔力を抑えることが
できるようになったので、秘密の地下道を通ってドラドシティーに乗り込みましょう。

294 :大貝獣物語 その11:秘密の地下道:2005/08/06(土) 05:52:58 ID:d48MtN15
ヒートボンバーで雪を吹っ飛ばし、地下道を進んでいくとおばあさんがモンスターに
襲われています。モンスターを倒して助けてあげたところ、彼女はグレートノーム
四姉妹のひとり、コリコットと名乗りました。コリコットおばあさんは病に倒れた
グレートノームに代わってドラドシティーの様子を見に行っていたのですが、地下道の
入口は雪崩で埋まるしモンスターに熱烈に追いかけ回されるしでさんざっぱらな目に
遭っていたとこぼします。と、ここで彼女は火の貝の勇者が引きずっているヒビ割れた
オーラの玉に気付きます。そしてオーラの玉にヒビが入るなんてあり得ないと主張し、
いや実際にヒビ割れてるじゃないかと勇者も反論します。そんな言い争いをしていると、
急にオーラの玉が光を放ってふるえだし、景気のいい音を立てて爆発してしまいました…

…オーラの玉が弾け飛んでしまって現れたのは大魔王ファットバジャー……ではなく、
1体のロボットでした。ロボットであるからには何かの任務があって作られたの
でしょうが、それを感じさせるような動作も見せず、それどころかアヒルのひな鳥が
生まれて初めて見た動くものを親と思うがごとくに火の貝の勇者になつく始末です。
ところがロボットを見てコリコットの顔色が一変、さっさと破壊してしまえと強い口調で
言い募ります。何でもこのロボットはチクリーやラミールなど世界の各地に現れて
町を攻撃し人々を拉致しているロボットと同型なんだそうです。
これを聞いた火の貝の勇者、こんなになついてるんだから連れていってもいいじゃん、と
一歩も引きません。このノリはそのまんま犬を拾ってきた子供vs捨ててきなさいと怒る親
なんですが、案外彼は地球で暮らしていた時にも同じ経験をしているのかもしれません。

結局コリコットが折れて、晴れてロボットは火の貝の勇者の仲間になりました。ただ、
普通に連れ回していたんじゃ町の人に何を言われるか分からん、ということで適当に
変装をさせ、勇者たちの旅に同行させていくことになります。


295 :大貝獣物語 その12:ドラドシティー:2005/08/06(土) 05:56:16 ID:d48MtN15
地下道を抜けてやってきたドラドシティーは地震のためあちこちが崩れていて、町や城の
いたるところにモンスターが徘徊しています。大魔王ファットバジャーは城の中心部に
結界によって封じられており、結界を破るにはかつての勇者が大魔王との戦いに使った
伝説の武器「愛の剣」が必要です。城の一室で愛の剣を手に入れた火の貝の勇者たちは
愛の剣と合体貝、そして世界に平和を取り戻すという強い意志をもって大魔王との戦いに
臨みます。

結界が破られ、地の底から姿を現した大魔王ファットバジャーは圧倒的な巨体と威圧感で
もって火の貝の勇者たちに襲いかかります。全力で立ち向かう火の貝の勇者たち。
闇の力を吸収してその力を増す大魔王ファットバジャー、しかし、ついに伝説の剣の力と
勇者たちの勇気が勝り、ファットバジャーは倒れました。
長い戦いの旅が終わったことを知り安堵する火の貝の勇者と仲間たち。
彼らを祝福するように空から白い光が降り注ぎ、その光に包まれてファットバジャーが
昇天していきます。そして勇者たちのもとに天からの声が届きました。 

──我が名はギャブ・ファー。 宇宙の侵略王!


そう、実はシェルドラドは外宇宙からの侵略者に狙われていて、
ファットバジャーが光に包まれて天に昇っていったのはUFOのトラクタービームだったのです!

「な、なんだってー!!」と驚くひまもなくギャブ・ファーのUFOはファットバジャーを
収容して飛び去り、地上全体に砲撃を仕掛けました。砲撃の凄まじい威力により
大地は裂け山は砕け、幾多の町や村が海の藻屑と消えていきました…。

296 :大貝獣物語 その13:ドラドシティー〜潜水艦:2005/08/06(土) 05:59:41 ID:d48MtN15
大賢者グレートノームと四姉妹がドラドシティーにやって来ました。サンドサイドの
勇者の館にいた仲間たちも、新たなる侵略者あらわる、の知らせを聞きドラドシティーに
集結しています。
ドラドシティーは少しずつ人が集まってきて復興しつつあり、サンドラ・ラミールに
つながる橋も再建されたのですが、ギャブ・ファーの存在は一般の人々には伏せられて
います。ファットバジャーの脅威が去った今、人々をいたずらに絶望させたくないと
グレートノームが判断したのでした。
とはいえ、外宇宙からの侵略者という正体不明にして前代未聞の脅威がシェルドラドに
迫っていることは事実。せめてその姿の片鱗だけでもなんとかつかみたいものだと
いうことで、火の貝の勇者が連れているロボットに白羽の矢が立ちました。世界各地を
襲い人々を拉致した同型のロボットはギャブ・ファーの尖兵であると思われたからです。

天才科学者ディープ博士の協力を得てロボットの中身を解析してみたところ、ご丁寧にも
プロモーションビデオが収録されていました。再生してみると、基地やらロボット軍団を
バックにギャブ・ファーの演説が流れます。どうやら産めよ増やせよ地に満てよの精神で
星々を蹂躙、侵略している様子、なんてはた迷惑な奴なんでしょう。
この征服キ○ガイに対抗する策としてグレートノームが出した答えは、シェルドラドの
守護者であり、火・水・大気・大地の四大元素の力を司る「貝竜」の力を借りること
でした。絶海の孤島「ガーディアン島」に4頭の貝竜のリーダー格、レッドドラゴンが
いることがわかっています。波の荒い外洋を通ってこのガーディアン島に行くには
ディープ博士の作った潜水艦が必要。ところが、潜水艦はギャブ・ファー配下の魔物に
奪われて行方知れずになっているのでした…!

餅は餅屋という言葉があります。奪われた潜水艦のことを海に詳しい人に聞いてみよう、
ということで海の民シーマン族の神殿を再び訪れたところ耳寄りな情報がありました。
なんでも、シーマン神殿の近くの入り江で潜水艦らしきものが目撃されていて、しかも
三方を山に囲まれたその入り江に出られる地下通路の入り口がなぜかシーマン神殿に
開通しているというのです。
地下通路を通り入り江に出ると、おあつらえむきのタイミングで潜水艦が登場しました。
さっそく見張りをぶちのめして殴り込み、ナメック星人そっくりの魔物の親玉と
対決します。こいつは一度倒してもよみがえるのですが、そういう復活タイプのボスは
食傷気味の今日このごろ、さくっとやっつけましょう。

297 :大貝獣物語 その14:ガーディアン島・風の塔・溶岩洞ランドン・水の洞窟アクアン:2005/08/06(土) 06:04:44 ID:d48MtN15
潜水艦を奪還した火の貝の勇者一行は一路ガーディアン島へ。この島はレッドドラゴンの
眠る遺跡を守る使命を帯びたガーディアン族が住んでいますが、たてつづけに人間が
やってきたというので皆驚いた様子です。勇者たちのこともそうなんですが、実は先客が
きていたのです。それはクシューラという少女で、火の貝の勇者と顔を合わせたことも
たびたびあります。彼女はファットバジャーへのいけにえとして奴隷商人のドグラーに
捕らえられていて、ドグラーから解放された後も身寄りがないので生きるため奴隷に
逆戻り、この度は宇宙から侵略者がやってきたことに絶望して入水したんだけれど結局
死にきれずガーディアン島まで流れ着いてしまった、と恐るべき不幸っぷりです。

火の貝の勇者たちはクシューラをお見舞いしてから遺跡に入り、その最深部で
レッドドラゴンと対面します。話を聞いたレッドドラゴンは勇者たちに試練を与え、
これを突破したら力を貸すと約束します。その試練とは、レッドドラゴン以外の3頭の
貝竜に会い、戦って力を認めてもらうというものです。


風の吹き荒れる塔に居を構え大気の力を司る、ウインドドラゴン
溶岩の流れる洞窟にひそみ大地の力を司る、ランドドラゴン
海底の神殿に鎮座し水の力を司る、アクアドラゴン


火の貝の勇者たちはこの3頭の貝竜と戦い、力を認められて各貝竜の協力を取り付けました。
ガーディアン島の遺跡で再びレッドドラゴンと対面し、最後の試練、レッドドラゴンとの
戦いに挑みます。
火の貝の勇者たちは見事この試練を乗り越え、四貝竜の力がすべてそろいました。

298 :大貝獣物語 その15:カメレオン村〜氷河洞窟:2005/08/06(土) 06:08:02 ID:d48MtN15
遺跡の外に出ると勇者たちの前にクシューラが現れ、衝撃の事実を口にします。
彼女は人間の少女クシューラなどではなく、侵略者ギャブ・ファーの実の娘、グジューで
あること。人間のふりをして火の貝の勇者の行く先々にあらわれ動向を監視し、さらに
ドグラーやゼニムを操ってオーラの玉や勇者の命を狙っていたこと。
そしてグジューは本来の姿を表すと火の貝の勇者をとらえ、UFOのような飛行体に乗って
東のほうへ飛び去ってしまいました。

仲間たちはグジューの飛行体を追って東に急行しますが、途中でばかでかい植物の根が
びっしりと地面を埋めつくしている場所があって、そこで足止めをくらってしまいました。
勇者を連れ去ったグジューの基地はこの向こう側にありそうなんですが、空でも飛ぶか
植物の根をなんとかしないことには先へ進めません。

とりあえず仲間たちは根っこ地帯の手前にあるカメレオン村を訪れました。その名の通り
住民はみんなカメレオン。いたって友好的な彼らですが、カエルが一番のごちそうという
食習慣なため宿屋の食事に不安が残ります。
物知りな長老に会って根っこの話をすると、その植物ははるか古代のものだと言います。
そして当時はその植物を食べる巨大昆虫も存在していて、今でも北方の氷河地帯では
その卵が見つかるかもしれないと言うのでした。

それを聞いた仲間たちは北方の氷河洞窟を探索し、巨大昆虫の卵を見つけて発掘しました。
この巨大卵をカメレオン村に持ち込むと、長老はじめ村の一同が巨大卵を村の奥の祭壇に
そなえて一心に祈りを捧げました。すると巨大卵から巨大幼虫が孵りました。エサの
気配をかぎつけた巨大幼虫は村を破壊しながら巨大植物に突撃し、あっという間に
根っこを食べつくしてしまいました。満腹した巨大幼虫は巨大サナギへと姿を変えます。
こうして、グジューの基地に襲撃をかける用意が整いました。

299 :大貝獣物語 その16:バイオベース:2005/08/06(土) 06:10:53 ID:d48MtN15
グジューの基地は有機体で構成されたバイオベースです。ここは新桃太郎伝説の
新しい村と並ぶハドソンRPGの双璧。壁や床には気色悪い細胞や触手がうじょうじょと
うごめき、改造とか合成で生まれたグロいバイオモンスターがひしめき合っています。
そしてここにはシェルドラド各地から拉致されてきた人々が捕らわれていて、緑色の
マユのようなものにくっつけられて生命力を吸い取られています。彼らに話しかけると
かえってくるあまりに衝撃的な言葉は、いつのまにかレゲー板貝獣物語スレッドの
テンプレになってしまいました。
奥に進むと生命力を吸い尽くされてマユのようなものと完全に同化してしまった人たちを
発見したり、血まみれの手術室に迷い込んだりと陰惨さ具合はさらに加速。仲間たちの
憤りとプレイヤーの吐き気も最高潮に達します。

基地の中枢までやって来た仲間たちが目にしたのは、カプセルの中に浮かぶ火の貝の
勇者とその前に立つグジューでした。グジューはさらってきた火の貝の勇者を自軍に
引き入れようと試みましたが、いくら痛めつけても勇者が首を縦に振らないのに業を
煮やし薬漬け作戦を実行していました。火の貝の勇者を取り戻すべく、仲間たちと
グジューの決戦の火蓋が切って落とされます。

仲間たちがグジューを破り、火の貝の勇者は無事に助け出されました。グジューは
飛行体に乗って逃走し、バイオベースは捕らわれていた人々もろとも崩壊します。
しかし悲しんでいる暇はありません。一刻も早くギャブ・ファーを止めなければ、
同じ悲劇が繰り返されることは明らかです。
決意を新たにする一行の前に、巨大植物の根を食べつくして巨大サナギになっていた
巨大昆虫が羽化し、巨大成虫のクロム蝶となって飛んできました。火の貝の勇者たちは
大空を自由に駆けるクロム蝶の背に乗り貝獣島を目指すのでした。

300 :大貝獣物語 その17:貝獣島〜失われた大陸:2005/08/06(土) 06:14:27 ID:d48MtN15
貝獣島に降り立った火の貝の勇者は貝獣仙人と再会します。勇者たちから事情を聞いた
貝獣仙人は、シェルドラドの守護者にして四貝竜の上に立つ「大貝竜」の力を借りる
ことを提案します。貝獣仙人らの召喚の儀式に応えて現れた大貝竜は火の貝の勇者への
協力を承諾し、さらに失われた大陸を目指しオーラの玉を手に入れろ、と助言します。
「失われた大陸」というのはシェルドラドの地底に広がる大陸のことを指しており、
そこにある「永遠の谷」という場所でオーラの玉を手に入れられるそうです。
そして、大貝竜の力で貝獣島から地底世界へ続く穴が開きました。

勇者一行は貝獣島に開いた地底へと続く穴を下り、さらに男のロマン・ドリル戦車をも
使って地底世界へと突き進みます。最初に火の貝の勇者たちがたどり着いたのは、
「失われた神殿」というだだっ広い建造物の中でした。失われた神殿は失われた大陸
よりも上層に位置し、ここから失われた大陸に行くのには鍵となるアイテム、
メスタファイアが必要らしいです。勇者一行は神殿を奔走してメスタファイアを入手し、
失われた大陸への道を開きました。

火の貝の勇者たちは失われた大陸の中央部の祭壇にやって来ました。この祭壇は
永遠の谷の入口でもあるのですが、今は封印されていて中に入ることはできません。
この封印を解くには、失われた大陸のどこかにある神殿にあるという呪文が必要です。
勇者たちはまたしてもだだっ広い大陸を奔走し、谷の入口を開く呪文を入手しました。

再び永遠の谷の入口にやってきた火の貝の勇者たち。尾行してきていたギャブ・ファーの
手下を蹴散らし、封印を解いて中に足を踏み入れます。
谷の中で勇者たちを待ち受けていたのは、オーラドラゴンと名乗る巨竜でした。
オーラドラゴンは試練を乗り越えることでオーラ力の結晶であるオーラの玉が得られると
言い、勇者たちの力を試すべく戦いを挑んできます。
戦いの末オーラドラゴンは勇者たちの力を認め、自らの体をオーラの玉に変化させます。
こうして火の貝の勇者たちはオーラの玉を手にしました。ちなみに今回のオーラの玉は
小ぶりなので引きずって歩く必要もありません。

301 :大貝獣物語 その18:ラストダンジョン:2005/08/06(土) 06:16:34 ID:d48MtN15
失われた大陸から帰還し、あとはギャブ・ファーの本拠地に攻め込むだけです。
ところがその本拠地の場所がわかりません。陸を探しても海を探しても見つからなかった
のですが、まだ探索していない場所がひとつありました。それは海の底のさらに底の
深海底で、すさまじい水圧がかかるために潜水艦でも行くことができなかった場所です。
そこで水圧に耐えられるよう潜水艦を改造し、ドラドシティー近くの海溝を下って
深海底を探してみたところ巨大な建造物が発見されました。
これこそが、ギャブ・ファーの宇宙船兼要塞です。

こうして火の貝の勇者たちの最後の戦いの舞台が幕を開けました。強力なモンスターとの
戦いを繰り広げ、強力な武具の入った宝箱をあさり、強力に配置されたトラップを
くぐりぬけ、強力にグロい光景に吐き気をもよおしつつ、勇者たちは要塞の奥へ奥へと
進んでいきます。
途中、砲撃戦仕様に改造されたファットバジャー、大幅にパワーアップしたグジューとの
再度の対決が待ち受けています。勇者たちはこれらの激戦を制し、ギャブ・ファーの
もとへと急ぐのでした。

要塞の最深部で遭遇したギャブ・ファーは醜怪な巨体をもつ化け物でした。そして、
その前にはグジューがこちらに背を向けて立っていて、何かを必死に訴えているようです。
実はグジューは2度にわたる戦いの中で火の貝の勇者の勇気や仲間たちの絆に触れ、
力で相手をねじ伏せ侵略していく自分たちの行いが不毛であると思うようになり、
父ギャブ・ファーに侵略行為をやめるよう説得していたのです。
しかしギャブ・ファーは耳を貸さないどころか、邪魔だとばかりにグジューを踏みつぶし
火の貝の勇者たちに襲いかかってきました。

ギャブ・ファーと火の貝の勇者たちとの戦いは熾烈を極めました。禍々しいまでに強大な
力をもって勇者たちに迫り来るギャブ・ファー。火の貝の勇者と仲間たちは、
傷つきながらも立ち上がり、果敢にギャブ・ファーに挑みかかっていきます。
死力を尽くした戦いの中でギャブ・ファーは真の姿を表し、その攻撃はさらに激しさを
増します。火の貝の勇者と仲間たちもまた、世界の命運、シェルドラドに生きるすべての
生命の未来をかけ、全身全霊で立ち向かいます。
…そして長きにわたる死闘の末、ついにギャブ・ファーは倒れました。宇宙の侵略王、
ギャブ・ファーの野望はここに打ち砕かれたのです。

302 :大貝獣物語 その19:エンディング:2005/08/06(土) 06:18:50 ID:d48MtN15
しかし、戦いに敗れ自らの滅びをさとったギャブ・ファーは、最後の力を振り絞って
要塞の自爆装置を作動させます。たとえ火の貝の勇者たちが脱出できたとしても、
シェルドラドのど真ん中で爆発されたら甚大な被害が出ることはまぬかれません。
それこそ、シェルドラドがギャブ・ファーの道連れに滅んでしまいかねないのです。
この危機を回避する方法はただひとつ。それは、宇宙船を兼ねるこの要塞が爆発する前に
誰かが操縦してシェルドラドを離れ、宇宙空間で爆発させることです。
しかし、この方法では操縦者の命はまず助かりません。今になって誰かが命を
捨てなければならない事態が発生したことに火の貝の勇者が躊躇していると、ロボットが
その役を買って出ました。

驚く一同を前にしてロボットが語り始めます。勇者たちに秘密の地下道で出会って以来、
本来はギャブ・ファーの尖兵である自分に分け隔てなく接してくれ、仲間としてずっと
一緒に旅をすることができたことを本当にうれしく思っている。そしてロボットの自分は
人間と接するうちに自分にはない人間の心にあこがれるようになり、それを理解しようと
してきたが、今、大切な人のために自分を犠牲にできる人間の心がわかった気がする…と。
そしてロボットは要塞の中に捕らわれている人たちを助け出して脱出するよう言い残すと、
勇者たちの制止を振り切って操縦室へ向かっていきました。

火の貝の勇者たちは要塞内の生存者を救出し、潜水艦で脱出しました。その後ろで、
ギャブ・ファーの要塞は海底を離れ宇宙へと飛び立っていきます。
そしてついに要塞は爆発し、ロボットもまた宇宙に散りました。

火の貝の勇者たちはドラドシティーの海岸に上陸しました。彼らが見上げている空を
大きな流星が横切っていきます。勇者たちは共に旅をし、助け合った仲間を失った悲しみに
包まれ、いつまでも空を見上げています。
そしてまた、シェルドラドを救うという使命を果たした火の貝の勇者にも、この世界を
去らねばならない時がきていました。別れを惜しむ仲間たちの前で火の貝の勇者の体は
天からの光に包まれ、彼は元いた世界へと還っていきます。

こうして、シェルドラドにまたひとつ新たな物語が刻まれることになりました。
世界を救った勇者たちの伝承はいつまでも忘れられず、シェルドラドに語り継がれて
ゆくことでしょう……。

303 :大貝獣物語 補足:2005/08/06(土) 06:22:14 ID:d48MtN15
※実際には火の貝の勇者がシェルドラドから消えてしまった後、最終決戦に同行していた
 仲間たちのその後が描かれるのですが、コレをきれいさっぱり忘れてしまったので
 書くことができません。 orz
 あと、仲間の個別EDはキャラごとに用意されたイベントをクリアしているかどうかで
 変化するようです。基本的にこのイベントはストーリーの大筋とは無関係です。
 このキャラごとのイベントものちのち投下する予定です。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 06:35:54 ID:7bLPAiU1
大貝獣物語の人乙でした

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 07:20:22 ID:24OaZu2i
大貝獣の人お疲れ様です

良ければED見る為に特攻してきます

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 08:28:59 ID:j4zgEyho
刺青さん貝獣さん、激しく乙でした。

なんだか投下ラッシュですね、最近。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 09:30:23 ID:uFoTODof
投下があるのは良いことだ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 10:52:31 ID:rYAutFmV
貝獣の方、乙です。昔やってあまりのグロさにトラウマでした…
バイオベースのくだりは笑わさせて頂きました。
そんなわけでレゲー板のテンプレとやらを拝みに行って参ります

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 15:44:45 ID:9BDt2MrJ
職人様方、乙です

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 22:39:52 ID:KCnqlxJG
ファミコンの、名門多古西応援団をお願いします

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 23:58:09 ID:72plJ0lO
興味があったので大貝獣物語で検索してみたら
www.geocities.jp/lasnet17/dkj-1.html
改造された後のファットバジャーが酷い…

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 01:07:36 ID:JS9u0kSJ
クロックタワー3のストーリーが知りたいです。
誰かよろしくです。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 01:24:51 ID:5JLjTICH
>312
>1のまとめサイトのアドレスに行って、左側にある「か行」をクリックし、少し下にスクロールしたまえ

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 03:12:34 ID:JS9u0kSJ
>>312
携帯だから見れない……orz

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 03:20:02 ID:8o4P3CJB
貝獣の人乙です
ただポヨンが嵐で流されてから再登場してないのですがどうなったのですか?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 03:34:40 ID:81ulClnl
>>314
こうすれば見れる?パケット料金に気を付けてね。
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/menu.shtml

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 05:37:22 ID:zzjqTie3
>>315
自分は貝獣の人ではありませんが

ストーリーの途中で主人公が町を作る(復興させる?)というイベントがあるのですが、
町をある程度成長させると、ポヨンがその町に出現し、再び仲間にすることができたと思います。
うろ覚えなので間違っていたらすいません。



318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 07:37:18 ID:JS9u0kSJ
>>316
肝心のクロックタワー3が見れませんでしたorz
けど他に知りたかったやつが見れました。
どうもです

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 10:13:50 ID:81ulClnl
>>318
たぶんページの情報量が携帯で見るには大きいからじゃないかな。
これなら複数ページに分割して表示してくれるから見れるかもしれないよ。
http://www.sjk.co.jp/c/w.exe?y=storyteller515.hp.infoseek.co.jp%2Fmenu.shtml
1ページ見おわったら下にあるNextPageボタンを押せば次のページを見れる。

320 :大貝獣物語の中の人:2005/08/07(日) 12:19:24 ID:bG/bDZoC
>>315
ポヨンの件は仲間のイベント紹介で書こうと思ってたのですが、
>>317さんの言う通り町作りのイベントで特定の施設を作ると再登場します。
大抵の人は気付かないままゲームを終えるのですが…

あと、>>305さん
ED特攻ガンガンいっちゃって下さい

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 12:22:21 ID:JS9u0kSJ
>>319
見れました。
ありがとうございます。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 13:48:43 ID:rOLaUqUr
皆優しいな…
なんか感動した
普通だったら
「携帯だからは免罪符にならねーよ!!漫画喫茶行くなり自分で工夫しろ!!」
終わりなのに

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 13:49:53 ID:rOLaUqUr
「で」終わりなのに
だった
「で」が抜けた

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 15:45:45 ID:4pIklEN4
>>314
これが厨と呼ばれる存在か

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 16:42:34 ID:zpnVe8bO
上で教えられてたやつや、
http://www.hutech.ne.jp/
http://fileseek.net/proxy.html
こんなのがあれば携帯でも見れる罠

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 00:14:04 ID:UduEe+7P
さっきまとめサイトのドラッグオンドラグーン2読んだんだけど、最後のところに
カイムの動機は前作のAエンディングを知っていればわかるみたいなことが書かれていたけど…
前作やったけどよくわかんないよ?(´・ω・)
まだ途中みたいだから、これから先にわかるってことなのかな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 02:44:22 ID:Yo4FORhu
これからカイムの行動の謎があきらかになるのかな?

気になるのなら、2のまとめサイトかなんかの〔カイムの剣〕の
ウェポンストーリーよむとよろし。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 04:03:20 ID:r7g2jGTg
零 刺青のストーリーって需要ある?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 04:16:06 ID:XXtZz45g
>>328
>>223
もしかしてこれ?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 05:12:29 ID:r7g2jGTg
>>329
すまん、既出なのチェックせずに書き込んでしもた。後で気付いた。
スルーしてくれ。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 14:43:53 ID:2RNCeUAt
>320
レベル上げメンドイよ・・・(´・ω・`)
許可出たよ(`・ω・´)シャキーン
取り敢えず特攻ガンバリマス

332 :グランディア3はこんなおはなし :2005/08/09(火) 21:02:48 ID:XvKSun/n
ディスク1
俺は空を飛ぶんだ!
私も飛ぶわ!
うわあああああ
ドカーンバリバリ
アルフィナ!送るよ
ありがとユウキ☆
ブローチが無い!
すまん負けた
私信じます!
俺の全てを賭けるぜ!
勝った!やったぜアロンソ!
ユウキ助けてー!
アルフィナ!
行っちゃ駄目ユウキ!
うるせえ糞ババア!
ドカーンバリバリ
ケーキ食べる?
ニャン☆
私母親やっていく自信無い・・・・・・・・
ユウキはほっといて俺と行こうミランダ
アロンソ・・・・・・・・・・・

終了

ディスク2
アルフィナを離せ!
私ユウキじゃなくて兄さんのところに行くから
アルフィナ・・・・・・・・・
俺がこの世を支配するのだ!
キャー兄さん。かっこいいニャン☆
ぐああなんだこの力は。制御できん!
私何をしてたのかしら。あ!ユウキ!
アルフィナー!
ウスノロっていうな!
いくぞ魔王ゾーン!
ドカーンバリバリ
私は何をしていたんだ。アルフィナ
兄さんが正気に戻ったわ!
よかったなアルフィナ!
子供が生まれたわ!見てユウキ!
あははは幸せだ。もう空なんてどうでもいいや

ハッピーEND


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 21:19:21 ID:hvrtui3t
ワカリヤス

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 22:19:08 ID:lFxkE9OT
なんつーか・・・デムパだなwww

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 23:08:11 ID:uv1MTwC0
グランディアは2で見放した。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 23:11:26 ID:HLXgc1UQ
ある意味、1から変わってない気もするが

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 00:24:53 ID:49HAmz7T
空なんてどうでもいいんだw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 00:39:38 ID:cjhOb+7H
マジにグランディア3のレポしてくれる勇者いねえ?
ヨクワカンネ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 00:42:13 ID:E4Cd0xS0
グランディアスレでネタばれされまくってるぞ

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 02:13:32 ID:XoUupolz
アーマードコアのサイレントラインを教えて下さい。

ACシリーズで解らないのはそれだけなので……

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 02:40:51 ID:tzO+SUAa
>>339
あれはストーリーバレとは言わないだろ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 07:55:41 ID:wYJByp24
>>332
主人公とヒロインが空を飛んで落ちて仲良くなる。
ヒロインとその兄が、魔王に操られる。
魔王を倒して、ヒロインとラブラブ。空なんてどうでもいいや。

ってことでよろしいか?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 12:45:58 ID:ZPQRewOQ
psのダークメサイアお願いします

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 14:42:01 ID:tFk0gywe
DOD2の続きが気になるので、他の方でもお願いできないでしょうか?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 14:56:33 ID:33VU4Pq7
DOD2
マナ狂いのノウェが育ての親の竜を殺したり
神様殺しに行ったり
両方殺したりするゲーム

オッガーザーン

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 16:37:51 ID:YIugvW6N
アーマードコァのラストレイブンをお願いします
やってないのはそれだけなんでヽ(;´Д`)ノ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 16:45:13 ID:Wy2j7sQ2
新作ですが、シャドウハーツフロムザニューワールドをどなたかお願いします(;´Д`)

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 17:09:19 ID:wYJByp24
>>347
ういっす。予約

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 18:35:05 ID:Wy2j7sQ2
>>348
サンクス!どうぞよろしくお願いします


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 22:01:54 ID:4HtVp9aD
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・グレゴリーホラーショー ・キングダムハーツFM
・フェイズパラドックス ・ロックマンX7 ・決戦3 ・ジルオール ・ミッシングパーツ
・ライゼリート ・紅忍 血河の舞 ・BUSIN ・FF11(国別、プロマシア) ・ガレリアンズ:アッシュ
・ステラデウス ・ジェネレーションオブカオス2、3 ・悪代官(1、2) ・Remember11 ・X−FIRE
・ファントムキングダム ・ワイルドアームズ3(詳細に) ・ガンバード1&2 ・桜坂消防隊
・スペクトラルフォース ラジカルエレメンツ ・バイオハザード(OB1,2) ・ジェネレーションオブカオス4
・爆炎覚醒 ネバーランド戦記 ZERO ・スペクトラルフォースクロニクル ・ぼくのなつやすみ2
・michigan ・「ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ」(EXダンジョン以降) ・ポポロクロイス 月の掟の冒険
・レイジングブレス ・over the monochorme rainbow ・ナムコ×カプコン ・キラー7
・機動新撰組 萌えよ剣 ・花と太陽と雨と ・ディノクライシス(ガンサバ、3) ・慶応遊撃隊外伝蘭末ちゃん〜
・サイレントヒル4(アイリーンの死ED) ・武蔵伝2 ・GENJI ・シャイニングティアーズ ・転生學園幻蒼録
・天空断罪スケルターヘブン ・アーマードコア(3サイレント、ラストイレブン) ・デビルメイクライ3
■PS ・ミスティックドラグーン ・クーデルカ ・黒ノ十三 ・すべてがFになる ・エクサフォーム
・猫侍 ・ドラゴンシーズ ・聖霊機ライブレード ・フェイバリットディア純白 ・立体忍者活劇天誅弐
・王子さまLv1 ・フロントミッションオルタナティブ ・ミスティックアークまぼろし劇場
・スタートリングオデッセイ ・エースコンバット(1、3) ・クロノトリガー(追加部分のみ)
・厄 友情談義 ・厄痛 呪いのゲーム ・火星物語 ・ガレリアンズ ・プラネットライカ
・カウボーイビバップ ・ゲッPーX ・ゲッターロボ大戦 ・サーカディア ・ディノクライシス2
・学校のコワイうわさ花子さんがきた!! ・夕闇通り探検隊 ・ダークメサイア
・シュレディンガーの猫 ・チョコボの不思議なダンジョン2 ・聖刻1092 操兵伝
■GC ・バイオハザード0
■SFC ・ラストバイブル3 ・スーパーマリオRPG ・セプテントリオン ・ざくろの味
・弟切草 ・FFUSA ・ソウルアンドソード ・エルナード ・魔神転生 ・幕末降臨伝ONI
・ヒーロー戦記プロジェクトオリュンポス
■FC  ・太陽の神殿 ・ゲゲゲの鬼太郎2 ・道(TAO)・ボディコンクエスト ・メタルギア
・スプラッターハウス(2、3) ・モンスターメーカー ・スウィートホーム ・ヘラクレスの栄光2
・ゼルダの伝説 ・リンクの冒険 ・まじかるドロピー ・えりかとさとるの夢冒険 ・亀の恩返し
・スーパースターフォース ・魔法のプリンセスミンキーモモ ・京都財テク殺人事件
・メタルスレイダーグローリー ・名門多古西応援団
■64  ・スーパーロボット大戦64
■XBox ・真女神転生NINE ・FATAL FRAME2 CRIMSON BUTTERFLY
■セガ系  ・サイバードール ・ファンタシースター(1、2、3、千年紀、オンラインep3)
・ラングリッサー2 ・シャイニング ザ ホーリィアーク ・ロンド〜輪舞曲〜 ・ゆみみみっくす
・ディノクライシス ・リアルサウンド〜風のリグレット ・大冒険セントエルモスの奇跡
・エターナルアルカディア ・慶応遊撃隊 ・慶応遊撃隊活劇編 ・七ツ風の島物語
・バトルマニア(1、大吟醸) ・エレメンタルギミックギア ・RAMPO
・「R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル」
■携帯機  ・ONI1,2,4,5 ・KOF R-1,EX ・ゴットメディスン ・超執刀カドゥケウス
・真女神転生デビルチルドレン(赤、光、闇、炎、氷、メシアライザー) ・聖剣伝説1
・エストポリス伝記 よみがえる伝説 ・風来のシレンGB2 ・スーパーロボット大戦OG2
・アレサ1〜3 ・メタルギアソリッドゴーストバベル(おまけドラマも)
・新天魔界〜GOCWアナザサイド〜 ・サバイバルキッズ(1、2)
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・「囚人へのペル・エム・フル」 ・ガラージュ
・コマンド&コンカー ・偽典女神転生 ・サイキックディテクティブ(1、2、3、4、5、ファイナル)
・アークトゥルス ・英雄伝説X 海の檻歌 ・シュバルツシルト(F以降?) ・アリスインナイトメア
・イース〜フェルガナ ・英雄伝説6 空の軌跡
■その他 (PC Engine)・コズミックファンタジー ・青いブリンク ・不思議の海のナディア
・天外魔境ZIRIA ・てきぱきワーキンラブ (PC-FX)・虚空漂流ニルゲンツ (MSX)・メタルギア2
(サテラビュー)・ラジカルドリーマーズ (アーケード)・ストリートファイターIII 2nd ・鉄拳シリーズ
(特殊)・剣神ドラゴンクエスト

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 22:02:41 ID:4HtVp9aD
●途中
■現スレ ・流行り神 ・かまいたちの夜
■前スレ ・ロックマンゼロ4 ・学校であった怖い話 ・.hack// ・DOD2 ・黄金の太陽
■Part15以前から放置 ・真メガテンデビチル白 ・クーロンズゲート ・重装機兵ヴァルケン
・アバタールチューナー2 ・大正もののけ異聞録 ・キングダムハーツ ・スーパーロボット大戦OG
・ポリスノーツ ・逆転裁判3 ・ルドラの秘宝 ・ONI2 隠忍伝説 ・「テラ・ファンタスティカ」
・グランディア ・ONI3 ・九龍妖魔学園記 ・ブルーフォレスト物語 ・東京魔人学園符咒封録
・ロマサガ(WCだけの話) ・ジャングルウォーズ2 ・バイオハザード2 ・幻想水滸伝3(主3人のED詳細)
●執筆予告がある物 
・大貝獣物語2[3] ・LUNAR ザ シルバースター[5] ・LUNAR2[5] ・ファイアーエムブレム蒼炎[5]
・エヴァーグレイス2[6] ・白中探検部[6] ・九怨[7] ・探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件[7]
・ペーパーマリオRPG[7] ・パラサイトイヴ[8] ・半熟英雄4[8] ・シャドウハーツフロムザニューワールド[8]

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 22:04:46 ID:4HtVp9aD
久々に未解決まとめたので、間違いがあったら指摘お願いします。

それから、未解決リストが容量の関係で
1レスに収まらなくなりそうです。
皆様、ふるってご参加下さい。
なるべくタイトルの長い物から……。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/10(水) 22:43:00 ID:PWEsmJlf
FCの名門多古西応援団。うろ憶えですが、ストーリーらしいものは無く

各地の不良を次々に倒し、最終的に暴力団を潰して終わり

だったと思います。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 01:51:30 ID:Po9hrujx
>>350
ディノクライシスがセガ系に入ってるのは間違いじゃね?
あと、FCのとこのボディコンクエストって確かにディスクシステムのソフトだけど、
任天堂に認可を受けずに出てた同人ソフトじゃなかった?このスレの範囲内か?

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 01:53:35 ID:sVZXG4IS
第八章<覇道>


 最後の封印の鍵は"天時の塔"にあるという。ノウェとマナは最後の鍵を破壊すべく、レグナの背に乗る。

 天時の塔上空で、騎士団の砲撃によりレグナは負傷してしまう。塔からはかなり離れたところで降ろされてしまう二人。
「相手は二人!! 大群で囲めばどうということは無い!!」
 団員の声が響く。雲霞の如く押し寄せる敵。二人はそれに臆することなく、血路を開くために走る。

「鬼神の如き強さ……た、たかが二人にッ!!」

 二人の奮戦に、この地域でも虐げられていた人々が立ち上がる。人々とともに戦う二人は、ついに天時の塔にたどりつく。

 塔の中で待っていたのはエリスと、そしてジスモアだった。俄然、投降しろというエリス。
 ノウェの耳にその言葉は入らない。目の前に親の仇、ジスモアがいる、ジスモアが何事か喋っているが、それももう聞こえない。
「ジスモアッ!!」
 人と思えぬ速さで切りかかるノウェ。ジスモアは一瞬たじろぐも、エリスを楯に身をかわす。
「!! ……エリスッ!?」
 最後まで使える部下だった、とジスモアは塔の奥に去っていく。呆然とするノウェ。
「ノウェ……わたしはもう何も言いません……鍵はこの塔の最上階にあります」
「喋るな……傷が開く」
「いつもそうだった……優しいノウェ、そんなあなたを、わたしは……」
 エリスは静かに目を閉じた。もう、息をしていなかった。


 塔の奥に通じる扉には鍵をかけられてしまった。なすすべなく外に出た二人を、傷のいえたレグナが出迎えた。
 先ほどの傷の礼とばかりに塔備え付けの砲台に復讐すると、二人を天時の塔上部まで導いた。
「わしに出来るのはここまでだ。あとは小僧、おぬしの力で切り開け」
 塔の中に侵入した二人は、そこで神官長セエレと出会う。今なら間に合う、鍵を壊すのを辞めろ迫るセエレ。
 相手にしない妹、マナ。
「……騎士団を蝕む毒は、神官にまで及んでいましたか」
「違う! 騎士団の利権とかそういう話をしているんじゃないんだ! 世界が終わってしまうんだよ!!」
「セエレ……いつもそうなのね。自分は何もせず、ただ見ているだけ……」
「マナ! 待ってよ、僕の話を聞いて!!」

 セエレ直属騎士団の妨害にあいながら、ついに最上階、封印の間にたどりついた二人。
 二人を出迎えたのは、巨大な砂時計と、異形と化したジスモアの姿だった。
 人でなくなったジスモアの圧倒的な力を、ノウェはすんでのところで切り伏せる。

「グ……その眼だ、オローと同じ眼……俺を哀れみの心で見ている、惨めになる眼だッ」
「終わりだな、ジスモア……」
「終わり? ハハハ、確かにそうだ! 鍵を壊すのだろう? 俺の思い通りにならぬ世界など、貴様にくれてやる!」
 自ら砂時計に拳を打つジスモア。砂時計から砂があふれ出す。
「そして思い知れ! お前が何をしたのか! これから何が起こるのか……フフフ、フハハハハハハ!!!」
 崩れ始める塔。塔ではない、地面が揺れているのか? 脱出する二人。

 レグナの力を借り、塔の外に避難した二人は、そこで神官長セエレの姿を見る。
「神官長、ご無事でしたか」
 駆け寄るノウェだったが、セエレの表情は暗かった。
「封印が解けてしまった……このままでは世界が終わってしまう。マナ……君は、なんてことを」
「……どういうこと?」
「すべて本当のことだったってことさ。封印の鍵を維持するためには生贄が必要だったのも本当、
 生贄の帝国軍の人たちは本当の意味で殉教者だったんだよ。君はまた、18年前と同じ事をしてしまったんだ」
「うそ……わたし、わたしは……」

 同じころ、何処からともなく現れた赤い龍が、世界を次々と火の海に沈めていった。
 その瞳には理性のかけらも見ることは出来ず、ただ、人間に対する憎悪だけが―――

356 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 01:55:28 ID:sVZXG4IS
第9章<復活>


 赤い龍の姿を見咎めたレグナたちは、その追撃を決意する。
「なんという疾さよ……ッ!」
 追いすがるレグナでさえ驚嘆の声を上げる。
 凄まじい怨嗟と攻撃をかいくぐりながら赤い龍に追いすがるうち、
 赤い龍はとある城へと降り立つ。
 そこは、かつて世界に再び封印が施された場所であるという。
 レグナは赤い龍に既に理性は無い。
 ただ、アンヘルという名前だけは聞き取ることが出来たと言う。

 城の中庭に降り立った赤い龍を、ノウェは単身追ってゆく。
 やっとの思いで城の中庭に出ると、そこには龍のほかに先客が居るようだった。
「やっぱり、あんたもいたのか。カイム」
 赤い龍を見る。うなり声を上げてはいるものの、今は落ち着いているようだ。
 倒すなら今しかないと、剣を構えるノウェ。
「……!」
 カイムが無言でノウェを制す。と、アンヘルの首を、優しくなでてやる。
「……ダレダ……オマエ……アタタカイ……ナツカシイ、コノ……」
「カイムッ!」
「ヴォオオオオオオオオ!!」
 突如覚醒したアンヘルが、再び空へと舞い上がる。ノウェを庇うようにとびすさったカイムは、腕を負傷してしまう。
「く……レグナ!」


「小僧。アンヘルを打ち落とすぞ」
 ノウェの心には迷いがあった。ノウェには、ある予感があった。
 魔物の死は契約者の死である。当然、アンヘルを倒せばカイムも死ぬ。
 ……カイムは、もしかしてアンヘルのために戦っていたのでは?
 ノウェの頭からは疑問が尽きない。
「小僧。カイムからの伝言だ。……生意気にもわしに念を飛ばしてきおった」
「カイムが?」
「"アンヘルを打ち落とせ"」
「……」
「"それが、アンヘル自身のためだ"……と。さて、どうする?」


 決意が固まったとて、封印戦争の勇士たる赤気流を倒すというのは容易なことではない。
 幾度となく死を覚悟しながら、それでもカイムは、アンヘルを倒すことに成功する。
 城の中庭に、力なく落ちていくアンヘル。


「カイム……」
 命の付きかけているアンヘルを、同じく命の付きかけているカイムが迎える。
「お前……苦しむわしの声を、幾度となく聞いたのであろう」
「……」
「わしを救うためと、お前は戦っていたのであろう……お前と再び見えるときを、わしは、とても楽しみにしておったのに……」
 みなまで言わせぜ、カイムはアンヘルを優しく撫でる。二人の体が炎に包まれる。
「もう、よいのか?」
 カイムは微笑んで応える。舞い上がる炎。
 赤き龍と、隻眼の剣士は、ゆっくりとこの世から姿を消していった。

357 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 01:56:27 ID:sVZXG4IS
第10章<崩壊>


 それを見届けると、ノウェは聖都に進路をとった。
「カイムは、アンヘルにもう一度会いたかっただけなのか」
「くだらぬ。人間ごときに心を許すからああいうことになる」
「レグナ?」
「さて、蟲が沸きおった。落とされるなよ小僧」

 ノウェが聖都に来た理由。
 セエレなら事態を収拾する術を知っているかもしれないという期待感からだったが、
 それはセエレの不在という形であっさりと裏切られた。
「あはは、みんな、みんな終わっちゃう」
 罪の意識からか、マナは塔での出来事以来壊れてしまっている。かといって置いていく事も出来ない。
 ……できるものか。

 城から脱出する折、ノウェは見たこともない魔物が出現している様を目撃する。
「これから、どうなってしまうんだ、世界は……」

 マナは足手まといだから置いて行けと言うレグナにも耳を貸さず、ノウェは再び空へ―――

358 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 01:58:07 ID:sVZXG4IS
第11章<神話>


世界を変える力がほしいともらすノウェに、レグナは"古の墓標"と呼ばれる場所を目指すことを提案する。
「竜族に伝わる"種の書"……それが、真実を知るための鍵だ」
真実を知り、力を得るためならばと、ノウェはそれを承諾した。

古の墓標では守り神"アークドラゴン"に襲い掛かられる。
ドラゴンに襲われるという経験に戸惑いながら、レグナたちは古の墓標の深部を目指して進んでゆく。
「みんな、みんな燃えちゃうよ、おわりって、おしまいってことだよね?」
マナは相変わらずだ。

古の墓標の中で、ノウェは種の書の声を聞く。
ドラゴンが、かつて神と呼ばれる存在に位置していたこと。
そして、それを現在の神に追われたこと。
封印戦争のその顛末をドラゴンの先祖は予見していたこと。
そこから"真人類"と呼ばれる人間が生まれること。
"真人類"こそがドラゴンを再び神の座に返り咲かせる存在なのだということ。

そして、"真人類"がノウェ自身だということ。

「あの話を聞いたことが強さになるのか? レグナ、俺は力を得たのか?」
「お前は力を何だと心得る? 本当に気付かぬか?」
墓標の内部から脱出したノウェたちは、封印騎士団の飛行船を目撃する。
アークドラゴンに襲われているようだ。
見過ごすわけにも行かない、ノウェたちは飛行船を援護する。
飛行船は墓標に着陸した。
「……エリス?」
飛行船から出てきたのは、天時の塔で落命したはずのエリスだった。夢ではないかと疑うノウェを、エリスは一喝する。
「あのような場所で死んでしまう私ではありません!」
エリスが生きていた。こんなに嬉しいことはない……が、こうなるとマナのことがもう見過ごせない。
ここにきてマナの精神状態はさらに危ういものになっている。
ノウェは願う。マナを守れる強さを。マナを救う力を。


「……ここは?」
如何なる奇跡によるものか、ノウェはマナの精神の内部へと導かれていた。
"愛して、愛して……愛してくれる?"
そこでノウェは、マナの生い立ちに付きまとう闇を目の当たりにする。
他人のぬくもりを、愛を求めてやまない少女。
ノウェは叫ぶ。俺が君の居場所になる、君はここに居ていいんだ、と。
その刹那、彼女の心に巣食う"闇"が、具現化して襲い掛かってきた。
「マナを返してもらう!」
「できぬ。我が血肉なり」

「おのれ、オノレ、オノレレレレレ」
何度か精神を侵食されかけながら、ノウェはマナの闇を打ち払う。
「わたし、いいの? ここにいても、いいの?」
心の中のマナが問いかける。ノウェの応えは決まっている。
おいで、俺が君の居場所になる―――


その一部始終を見ていたエリスは、わたしも腹を決めた、と語る。
ここにいないセエレは"約束の地"と呼ばれる場所で何かしら準備をしているのだという。
それをなすことが出来れば、世界を再び封印することが出来るのだと。
ノウェたちも、そこに向かうことにする。

359 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:03:05 ID:sVZXG4IS
第12章<終焉>


 異形どもの攻撃をかいくぐりながら、約束の地へと到達したノウェたち。
 エリスたちとともに行動しようとするノウェを、レグナが制する。
 選ばれし人間であるノウェには他にやるべきことがある。他の人間などどうでもいい、とレグナは切り捨てた。


 以下、エンディングAルート


 レグナの考えを否定するノウェ。
「それは竜族の意思かもしれないが、俺の意思ではない。お別れだな、レグナ」
 力ずくでもノウェを導こうとするレグナは強攻策に出る。ノウェを炎に沈めて従わせようというのだ。
 レグナの繰り出す火炎を交わしながら、ノウェはレグナに一太刀を浴びせる。
「フフフ……忘れておったわ。ハエも叩けば煩いことを」
 だが人の身の悲しさよ、空からの火炎にはなすすべもあるまい! レグナは空に舞い上がり、火炎の目標をこちらにとる。
 来る------その初撃を、セエレ率いるゴーレムが防ぐ。セエレは人の間で伝わる伝説を語る。
 伝説の中、ドラゴンが神にならんとする一説。それが、いままさにこのときなのだと。
 言い終わらぬうちから、東西、すべての空を覆い尽くすほどのドラゴンが、レグナのもとに集まってくる。勝ち誇るレグナ。


 レグナの火に吹き飛ばされるノウェ。駆け寄るマナ。
「ずっと、救世主だなんて言われるのが嫌だった」
 痛みをこらえ、立ち上がるノウェ。
「皮肉だな……今はただの人間なんていわれるのがこんなにも悔しい。なれるものなら、救世主になりたいと思ってる……」
 そっと口付けるノウェとマナ。瞬間、ノウェの"覚醒"が始まる。


 ノウェは、空を舞っていた。青き髪、翼の変わりに背負うは竜族の紋章。
 人間の姿を残しながら、その力は人も、契約者さえもはるかに凌駕しているような。
 人でない、しかし竜でもない姿。それは、紛うことなき"真人類"の姿ではなかったか。
「来るか、ノウェ!」
 刃、あるいは牙を交えながら、ノウェは叫ぶ。
「レグナ! あんたは俺を真人類として利用するためにしか育ててなかったのか! 俺は、あんたを親だと思っていたのに!!」
「くだらぬ! ひとごときに心を許すから赤き竜のような恥ずべき末路を迎えるのだ! 我らと共に来い、ノウェ!」

「レグナああぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」
「ノウェェェェェーーーーーーッ!!」

 ノウェの最後の一太刀が、レグナの体を貫いた。
 種の書は絶対ではなかったのか、と困惑するレグナ。
「知らなかったか? 子は親を超えるんだ。いつの時代でも、どんな生物でも、そうなんだ」 
 くだらぬ、と言い残し、レグナの体は地面に堕ちてゆく。

「さよなら、レグナ。今まで育ててくれて、ありがとう」
「倒した相手に礼か? フ……間抜けた奴よ。"父"に、似た、な……」


 ノウェはエリスたちの元に戻った。集まったドラゴンたちは、予言が違ったことを見届けると何処へなりと去っていった。
 しかし、崩壊していく世界は埋められない。途方にくれるノウェを前に、エリスは言った。自分が、封印の女神になると。
 訊けば、エリスが封印の女神の候補だという話はずいぶん前から決まっていたのだという。女神になるということは
 自らの"女"を捨てることと同義であり、エリスはノウェには切り出せずに居たのだ。
 それではまた、この繰り返しになってしまうと食い下がるノウェ。しかし、それ以外に世界を元に戻す手立ても見当たらない。

「ノウェ、あなたと騎士団で過ごした時間、本当に楽しかった。私のすべてだった。
 私を救うというのは、世界を救うというのと同じことになるの。だから、悲しまないで」

360 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:05:49 ID:sVZXG4IS
数日後。空は青さを取り戻し、魔物の姿もなくなった。
エリスは、全身に女神の烙印を施されると、神殿の奥へと姿を消した。
「世界は平和を取り戻した、と人は言うのでしょうか?
 世界は再び、神の鎖で縛られたに過ぎません」
 一人の女性と人生を犠牲にして成り立つ平和など、とマナは歯噛みする。
「でも、是が今の俺たちに出来る最良の選択なんだ」
「そうですね……でも私たちにはまだ未来があります。
 エリスが普通の女性として戻ってこられる日を、私は待っています」


"異なる結末を望む者は険しい道を歩む"

361 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:07:35 ID:sVZXG4IS
エンディングBルート


 レグナの申し出を突っぱねるノウェだったが、エリスが封印の女神になろうとしていること、
 竜族の目論見がうまくいけば封印の女神の必要がなくなるという言葉に心が揺らぐ。
「神がいなくなれば、そもそも封印がどうしたという話でもなくなるのだ。封印をつかさどっているのは、つまるところ神なのだから」
「それが本当なら、やってみる価値はあるかもしれない」

 レグナに連れて行かれた先は、約束の地の奥深く、そこには巨大な"卵"のような物体が鎮座していた。
 骨の棺、レグイナはそう言った。この神の創造物を逆手にとって、ノウェを覚醒させるのだと。
「なんて禍々しい……これは、人をゆだねるべきものではない」
エリスが思わず洩らす。
「さよう。これは本来この世に存在するべきものではない。神の玩具が、神への尖兵を生み出すというわけよ」


 棺を"起こす"ために棺と戦闘を始めるノウェとレグナ。
 棺の秘める圧倒的な力の片鱗を垣間見ながらも、
 二人は棺の破壊に成功する。
 が……棺の中から生まれた光球が、エリスの体を捉える!
「まずい! あれに飛び込め、レグナ!」
 エリスは動けない。レグナも間に合わない、万事休すか……?
 そこへ、エリスを押しのけて身代わりになる姿。
「わたし……そう、わたしは、このために……神様」
「マナッ!?」
 マナを包み込んだ光球はそのままマナごとはるか上空へと消え去った。
「あの女、私を庇って……わたしは、殺そうとまでしたのに? あの女を……どうして?」
「レグナ! 追えるか?」
「上か、やむをえん、捕まっておれ!」

362 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:09:50 ID:sVZXG4IS
 上空に出たノウェは、そこで神の兵と化したマナを見る。
 その姿は神々しく、しかし、個々のパーツはマナを思わせる何かを持っていた。
「マナ! マナ、判るか!!」
「無駄だ小僧、やるしかない……やらねば、喰われるのはわしらぞ」

"マナ"の容赦のない攻撃を前にも、ノウェは退かない。ここでマナを失っては、自分は、何のために?

 幾度とない攻撃に、"マナ"の動きが止まる。止めを刺そうとするレグナ。
「俺には……俺には出来ないッ!!」
 絶望するノウェ。出来るはずがない、マナを、俺が……
(ノウェ……)
 ふいに、頭の中に響いてくる声。ノウェは顔を上げる。そこに、マナがいる気がしたから。
(これが私の運命だったの、ノウェ。だから、君は生きて)
「まさか……待て、マナ、駄目だぁッ!」
(さようなら、ノウェ。君に逢えて、よかった)
 漏れ出す光。飛散する"マナ"の姿。おそらく自爆したのだろう。
「恐ろしい女よ……"神"を欺きおった……」


 地上に降りたノウェを、エリスは待っていた。
「あの女に助けられた……わたしは、あの女を憎んでいたのに……やはり、私が女神になってさえいれば!」
 そんなことを言うな、とノウェは諌める。マナは自分の使命を全うして逝った。自分たちが生きているのは、まだやるべきことがあるからなのだ。
「然り。神との戦いもまだ始まったばかりぞ。まだ玩具を壊した段階に過ぎぬ」


 ドラゴンは、神竜族としての歴史を忘れず、血の記憶を尊んで生きてきた。そして、神という存在をも凌駕しようとしているわ。
 真人類という強力な武器を携えて。
「世界が神という鎖から解き放たれるためなら、俺は武器にだってなるさ」
 ……マナの死をかけた願いは、本当にそこにあったのかしら。今となっては、もうわからないけれど。
 私たちに残されているのは戦。その、戦いの荒野だけ。


 ラストシーン。レグナ・ノウェ率いるドラゴンの軍勢が、空の果てめがけて進軍している。そこには、エリスの姿もある。
 進む先には神の軍勢、異形の軍隊が待ち構えている―――


"異なる結末を望む者さらなる困難の道を歩む"

363 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:12:42 ID:sVZXG4IS
エンディングCルート


(まずエンディングBルートに準拠し、骨の棺と戦う。
 が、マナは飲み込まれず、光球を防ぐことに成功する。
その後エンディングAルートの流れを通ってレグナと戦闘。
 これが終わるまでの流れは上記と変わらない)


 父という存在を超え、神をも打ち破り、マナたちの元に還ってきたノウェ。もう女神にならなくてもいいと喜ぶエリス。
「神も竜もいない、まったく新しい時代の幕開けですね。それが明るい世界になるか、業火に沈むかは、ぼくたち次第ですが」
 まっさらな世界を共に始めようというマナ。割ってはいるエリス。言い争う二人。
「マナはぼくにあんな笑顔を見せてくれない。羨ましいですね」
「大丈夫ですよ、新しい未来は今から作っていくんですから」

 封鎖された直轄区、復旧されていく世界がボイスキャストと共に映し出されていく。
 そのラスト、丘の上で、ノウェとマナが手を繋いで立っている。


 何処までも広がる草原。その上を、ドラゴンの影が滑ってゆく。
 カメラは上空を見上げるが、そこには吸い込まれそうな青空だけが―――


THE END

364 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/11(木) 02:16:47 ID:sVZXG4IS
以上でした。レスも期間も長くなって申し訳ない。
Bルート序盤が多分確実に間違ってるのでどなたか保管のお願いしたい次第。
3週目のセーブデータしか残ってないんだよおおおおorz


ていうか一個でいいから新宿ルートみたいなド級の電波がほしかったなあ。
Bルートイラネ。エリス救済にしてももう少しひねってほしかった。
Cルートも大半のデモが使いまわしだしなぁ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 02:20:14 ID:vtlMw0Uc
>>364
うは、リアルタイムで読めました。
本スレでは叩かれまくっていたけど、
こうして文章にして頂いて読むと、凄く面白そうに思えますな。
本当に乙でした。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 02:32:41 ID:E8RSEJn6
DOD2の人乙

前作でブラックドラゴンで飛び去った人(名前忘れた)は出てこないの?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 02:37:46 ID:EzoYeCR4
(イウヴァルト+フリアエ)×再生の卵=ノウェ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 06:53:43 ID:WpJrLFu7
>>352
アーマードコアのラストレイブンがラストイレブンになってる

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 07:49:15 ID:mmuICBjI
DOD2の人、乙です。
ずっと続きが気になっていました。ありがとうございました!

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 15:57:10 ID:YNi6L9Z2
DOD2の人乙!俺もこのゲーム気になってたからありがたい。


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 16:05:56 ID:0o9WoDd0
DOD2の人乙です。
1周目と2周目のEDは自力で見れたんだけど、3周目は諦めてたんでありがたいです。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 17:36:20 ID:08wIWsyV


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 21:50:39 ID:gO9uSnEF
まだ続編が出そうな感じだな

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 22:33:44 ID:Po9hrujx
結局、アンヘル封印の女神エンドでもカイム死ぬのか
新宿エンドでもセエレエンドでも確か死んでたよな
死にやすい奴だ

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 01:22:35 ID:7ifc4Ssu
ノウェはフリアエの息子みたいなもんなのか?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 01:52:53 ID:SU5a0P+5
息子というか、半分本人じゃないのか?後半分は、フリフリ男。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:34:16 ID:uDvrGq1+
フリフリ男?
和田のことか!?
和田のことなのかああああああ!!

ttp://www.h5.dion.ne.jp/~cube/0_spike/owabi.htm


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:39:13 ID:SApKaOSd
放置したまんまならお盆明けにでも
代わりに九龍妖魔学園紀書いていい?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:41:17 ID:SU5a0P+5
頼みます>>378

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 19:04:20 ID:YPyB3qjA
どなたか「…いる!」と「トワイライトシンドローム」お願いします…!

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 21:43:07 ID:OxeQPIAq
ナノブレイカーと剣聖ソードオブデスティニーとハードラックをお願いします。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 22:03:59 ID:d8Pq5kJl
面倒で売り飛ばしたフロントミッションオルタナティブよろ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 23:27:27 ID:cOoX5HNU
ゲームボーイカラーのバイオハザードGAIDENをお願いします

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 00:47:17 ID:X7n4b0bZ
なんつーか…依頼10に対して、書く人1の割合だな

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 00:55:35 ID:QvgdCMm4
書く方は、短くまとめるにしてもそれなりに労力が要るが
依頼する方は楽なもんで、一度にふたつみっつ依頼するなんざお手の物だ。
依頼過多になるのは必然だよ。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 01:07:39 ID:PEgjoYy8
マイナーなタイトルばかり溜まっていくしね
>>350の未解決分見ても、タイトルすら知らないゲームが結構あるし

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 01:27:51 ID:dxs42A3j
最初は貢献しようと頑張ったけどさ
もうあらすじ知ってるタイトルないんだよな

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 01:41:52 ID:e6W+epPL
「サーカディア」なら書けるな。
マイナーだから今さら需要あるとも思えんが。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 02:14:08 ID:lP+k7kRa
ここ数ヶ月でやったゲームがサルファだけだし
昔やったのは余り覚えてない
それに色々言われてまで書く気が無くなった

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 02:17:36 ID:6Mxr0Q/p
バイオ外伝なら「バイオハザード GAIDEN」でググれば
二番目か三番目あたりにあらすじ書いたサイト出てくるよー

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 03:37:39 ID:i1TaZKR8
スパロボ64、ラストマップの会話ならロボゲ板のスパロボの会話集スレかなんかにあったな

ダイジェストにもならんくらいに思い切り簡略化したストーリーで良ければ書こうかな

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 03:57:56 ID:laJqFROI
>>391
書いてくれるだけでもありがたいんでお願いします

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 06:08:37 ID:i1TaZKR8
スパロボ64
スーパー男・リアル男しかやってないのであしからず

設定:地球はムゲ・ゾルバドス軍とその尖兵のグラドス軍に支配されてますた

主人公
スーパー男:ブラッド=スカイウィンド
モビルトレースシステム(みたいなもの)を積んだ機体を使った拳法家。
兄弟子(後にライバルになる)と共に修行の旅に出る。

リアル男:アークライト=ブルー
戦争で両親を亡くしたので叔父・叔母と暮らしていたが、ある日、住んでいた街に輸送機が墜落。
中にあった機体に乗り込み戦いに身を投じることに


序盤:いくつもの敵さんが攻めて来つつ仲間が増えて行く

中盤:勢力を増したOZにつくか、独立して戦うか、それともリリーナ=ピースクラフトの唱える完全平和主義を信じ、実現するためサンクキングダムへ行くかのルート分岐(サンクキングダムルートは後にOZルートか独立ルートへ分岐)

終盤:敵勢力へ止めを刺していき、最後のムゲ・ゾルバドス帝国へ突撃した隙に、
裏切り者の赤いロリコンことシャア=アズナブルがフィフス・ルナを地球に落っことす。
さらに、アクシズにデビルガンダムを付けたデビルアクシズも落としてくる。
中のグランドマスターガンダムを倒した後νガンダムの力で押し返す

ラスト:全て終わったと思ったら銀河が遠くに見える所までワープさせられた主人公達。
そこに現れたのは、今までちょくちょく表れてはちょっかいを出してきた、アル=イー=クィスと名乗る三人組。
彼らは遙かな昔から銀河の平和を守ってきた守護者の末裔であり、三人も消滅しそうなので後を継ぐにふさわしい強者を求めていた。
銀河を任せると言われたが、地球に帰れればそれでいいと拒否。
ア「しょうがない、次のを探すか」
主「どうやって?」
ア「『一番強い奴に銀河あげるよ』って電波を発信すれば誰か釣れるお^^」
主「なんだってー!?」
地球が危機になったのは、こいつらが発信した電波をいろんなやつらが受信したせいだった。
「人が死んだんだぞ! いっぱい人が死んだんだぞ!」とブチ切れる主人公達へ「銀河のためだから仕方ないよね」と、超マクロ視点でのたまうアル=イー=クィスに主人公達はさらにブチ切れ。戦闘開始。

エピローグ:アル=イー=クィスは守るべき人のために強くなる主人公達の力を信頼したのか、地球圏まで送り返してくれました。めでたしめでたし


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 06:24:48 ID:i1TaZKR8
要約スレに書けばよかったかな

395 :ドラッグオンドラグーン2 ◆l1l6Ur354A :2005/08/14(日) 10:23:33 ID:uawhPH73
ラジカルドリーマーズなら書ける……が
タイトルでぐぐりゃあ古参の布教サイトが引っかかって
そこでストーリー要約見れるんだよなぁ。


このゲームにめぐり合えただけでもサテラビュー入った甲斐はあった。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 10:24:47 ID:uawhPH73
やっべクッキーやっべorz


失礼しました。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 16:07:17 ID:c/p4eFI9
>388 是非おながいします。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 16:18:29 ID:laJqFROI
思ったんだけど、依頼も半年〜1年経ったら消して良いんじゃないか?
どうせそこまで待って書かれなかったら今後も書かれる可能性極めて低いし。
どんどん不良債権が溜まって行くだけだよ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 16:19:51 ID:laJqFROI
消されてもどうしても書いてほしければまた依頼するだろうし。

400 :王子さまLv1 :2005/08/14(日) 16:57:07 ID:Bq+SrJK1
王子さまLv1うろおぼえだけども書いておきます。
ノーマルとウホッモードが選べます。ノーマルは、王子様と苦労人の従者の友情?どたばたストーリー。
ウホッは、まぁ・・・そのまんまです。会話と一部シーンの絵柄が変わるだけの違い。

王子さまことカナン・ルーキウスは第二王子。王家には召喚獣を呼び出す能力があるが、長男にしか伝えられないため、
兄王子が召喚獣を呼び出すのを見ているだけの退屈な毎日。
ある日、冒険者ギルドが街にできる。これ幸いと、カナンは冒険者ギルドに登録にいってしまう。
カナンの護衛役で苦労人の騎士セレストは、カナンはギルドを追い返されるだけだと考えていたが、なぜか登録が許可されてしまう。
そんなこんなでカナンとセレストは王国で立ち入り禁止だった、いくつかの洞窟へ冒険に向かうことになる。

○冒険者ギルドを開設した二人組みは、実はカナンのご先祖様に倒された魔王?の八つの羽のうちの二枚が具現化したもの。
○立ち入り禁止の洞窟は、カナンのご先祖様が魔王の羽の一枚を封印し、結界を複数の洞窟に分けて張った。←カナンは知らずにすべての結界を解除してしまう。

盗賊が出たり、国王が操られて、カナン達が反逆者扱いされたりとドタバタするが、カナンは最後の結界にたどり着く。
ギルドの二人組みはセレストを人質に、最後の結界を解くようにカナンに命令する。
カナンが追い詰められたその時、彼の中に眠る召喚獣を操る力が覚醒する。
だが、結界により封印されていた羽が暴走してしまう。

ラストバトル

ギルドの二人組みは、どこかへと去っていった。
王国はもとの姿に戻り、国王も正気を取り戻した。
洞窟はまた結界が張られ、立ち入り禁止となった。

セレストがカナンの部屋に行くと、カナンはいない。ベランダから彼を呼ぶ声がする。
そこには、冒険者の衣装を着たカナンが木の枝に腰掛けていた。
彼の肩には、召喚獣が乗っている。
あわてるセレストにカナンは笑いかける。
「一緒に冒険に行こう!」

終わり。

本気でうろおぼえです。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:22:29 ID:io0m6Yh3
>393に勝手に補足

「平和を守ってきた」「銀河を任せる」とのことだけれど、
これは「戦争と平和のコントロールによる文明の永続を行う」という事をやってくれという事
(ボトムズのワイズマンとか、ロードス島戦記の灰色の魔女といえば、分かりやすい?)

戦争と平和が繰り返し起こっていれば、文明の衰退は無く、銀河は延命していくという主張の元、
戦争を影で操り、平和地域と戦争地域を均等に作り出し、入れ替えていけと言われる

戦争を失くそうとしている主人公達は、戦争を作れと言われて、これを拒否するわけで

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 18:48:57 ID:dtQu/o8X
>>400
リク主じゃないけど、乙です。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 19:19:08 ID:qwwz2FJm
英雄伝説X 海の檻歌の続き書けるけど、需要ありますか?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 19:48:08 ID:2vYSTD+Z
>>403
是非お願いします

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:14:22 ID:yeeccIG6
FF6のED教えてくれ。
ロック仲間にした所で記録消えた。


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:54:37 ID:PEgjoYy8
>>398
今更依頼がいつあったのか調べるのは物凄く大変な気が

>>405
まとめサイト見れ

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:53:13 ID:/RkjkJfi
もうアレだ、各カテゴリに分けちまうか。
今まではRPG以外でもいいじゃんと思ってたが、
ここまで板が細かく分かれてしまうと、
来る人も限られてしまうのではないだろうか。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 01:00:02 ID:nXmY5flZ
細分化された各カテゴリにそれぞれ立てて住人を分散させるよりは
まだ今のように一つのスレでやっていく方がいいんじゃないかな?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 05:19:44 ID:Z7IY6o9H
話が長くなりやすいRPG系とそれ以外に分けれるなら
そっちの方が良いんだろうけど
そんな都合良く板分かれて無いからな

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 05:20:57 ID:Z7IY6o9H
トミーが記憶持ってたら笑えるな
もう達観してそうだし

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 13:31:51 ID:fM9m/WLX
つゲサロ

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:09:53 ID:zvAwpesL
いやいや、何で移転話になってんの
あまりにも未解決が多くなりすぎてるからどうすべ?っつー話だったじゃん

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:35:35 ID:AS0qhYZP
1レスに入らなくなったら、まとめてる人の裁量で適当に古そうなのから削れば良い。
そうすれば2レス以上にならないし、不良債権も削れて一石二鳥。

414 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 17:54:27 ID:t704C265
一行は凍った海を越え、ついに最北端の村プロクスに到着する。そこには吹雪が吹き荒れひどい状態だった。
カーストとアガティオはすでに灯台へ向かったという。
また、気になる情報もあった。村はずれの家にいたはずのガルシアの父母とドリーがいなくなったというのだ。
胸騒ぎを感じながら一行は村を北に抜ける。そこにいたのは戦士たちと村長だった。
カーストとアガティオが戻らないので村長自らが灯台に赴こうとしている。
現れたロビンがサテュロスたちの敵と知ると戦士は敵意をあらわす。しかしそこをスクレータがおさめた。
「我々は殺すつもりはなかった。でも彼らは自ら身を投げたのです」と、ロビン。
村長も、サテュロスたちの人質をとるやり方は好ましいものではなかったと詫びる。
しかしハイディアにも少なからず非はあった。このままでは村がガイアフォールに飲み込まれると訴えに行ったのだが、
村長たちはまったく耳を貸さなかったのだ。だから実力行使に出ざるを得なかったと。
しかし今はプロクスのものたちもガルシアたちも思うことは一緒だ。
ガルシアたちは彼らのためにも急いでマーズ灯台を目指す。

415 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 17:56:31 ID:t704C265
灯台を進む一行。奥に進むと氷付けになっているドラゴンを発見した。
エナジーで氷を溶かすとそのドラゴンは一行に襲い掛かる。返り討ちにすると、その姿が人のものになっていった。
それは先に行ったはずのアガティオとカーストだった。命が長くないことを悟った二人は、ガルシアにマーズスターを託す。
震えるカースト。その手をガルシアはそっと握った。
「ああ…なんて暖かい手…」
カーストはそっと目を閉じる。

二人のためにも灯台を上るガルシアたち。そしてようやく頂上に到着した。
マーズスターを投げ入れようとするガルシアの前に、ワイズマンが現れる。
カーストとアガティオを妨害したのも彼であった。彼はガルシアを制止する。
ここを解放することで錬金術が復活するが、その力はアルファ山に降り注ぐ。その光景から、それを
黄金の太陽現象と呼ぶのだ。そして今アルファ山にはアレクスが向かっている。
このまま灯台を開放すればアレクスがその力を手にすることになってしまうのだ。
しかしイワンたちに丸め込まれた彼はひとつの条件を出した。それは奇跡を起こすこと。
奇跡とは何だと問うガルシアたちの前に三つ首のドラゴンが現れる。これを倒すことが奇跡なのだろうか。
もう後には引けない8人は武器を取る。
「いかん…そのドラゴンを倒してはいかんぞ、ガルシア!」
そんなスクレータの言葉は彼らの耳に届くことはなかった。

416 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 17:57:23 ID:t704C265
ドラゴンを倒した8人。切り落としたその首が人の形に変わっていく。
誰なのか確かめようとするジャスミンをあわてて止めるスクレータ。しかしジャスミンは見てしまう。
それは、行方不明になっていたジャスミンの父母、そしてロビンの父ドリーだった。

急いで回復を施すピカードとメアリィ。しかしそのエナジーが尽きても彼らは回復しなかった。
ドラゴンになったことで彼らは生きる力を使い果たしてしまったのだ。
それはサテュロスとメナーディ、カーストとアガティオと同じように。
がっくりとうなだれるジャスミン。ジェラルドはワイズマンに怒る。
3人の命と引き換えに世界が救われるならば…というロビン。ガルシアはマーズスターを灯台に投げ入れた。
そこにメアリィの弟子からテレパシーが入る。ハモからもだ。
彼女らは口をそろえて同じ言葉を口にした。
ワイズマンが夢に出てきて、灯台の近くは危険だから逃げるようにいったのだと言う。
あんな冷酷な試練を与えるワイズマンがなぜ?そう疑問を抱えるガルシアたち。
灯台を光が包んでいく…

417 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 17:59:03 ID:t704C265
ロビンとガルシアはプロクスの村長と会談していた。これでプロクスは救われるという村長。
もし機会があればぜひここに立ち寄ってほしいといわれ、ガルシアはうなずく。
そこにジャスミンが二人をせかしにくる。早く帰りたくてたまらないのだ。
苦笑して二人は村の入り口に向かう。そこには仲間たちと、すっかり復活したガルシアの父母、そしてドリーが待っていた。
彼らは灯台をともしたときにあふれたエレメンタルを受け、奇跡的に助かったのだ。
談笑しながら村を後にする一行。ロビンは母の身を案じる。
キニーは最後に会ったときに病を患っていた。だから…と口ごもるが、ドリーが諭した。

ロビンとガルシアはプロクスを振り返っていた。
なぜワイズマンがあんなことをしたのかわからないという二人をスクレータが諭す。
あれはまさに試練だった。その試練を乗り越えて力を示すことで、彼は見極めたかったのだろう。
灯台を開放する資格があるのか、そして錬金術が開放されても防ぐことができるのかを…。
残っていたジェラルドはスクレータに問う。灯台のそばが危険なら、アルファ山の近くのハイディアは
どうなっているのだろうかと。
しかしそれはスクレータにもわからない。ジェラルドとジャスミンは連れ立って船へ走っていく。
ロビンとガルシア、スクレータもその後に続いた。

時間はさかのぼり黄金の太陽現象が起きる前。
アレクスはアルファ山を登っていた。テレポートすればいいじゃんというプレーヤーの突っ込みは無視だ。
「待って…待ってください、私が頂上につくまで!」
今までの最強っぷりが嘘のようにつぶやくアレクス。
やがて山を登りきった彼。山と彼に黄金の光が降り注ぐ…

黄金に輝く山に彼は立っていた。不敵な笑みを浮かべて。
「私はすべての力を手に入れました…」
そういって嵐を起こそうとするが、何も起こらない。

418 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 17:59:53 ID:t704C265
不思議がるアレクスの元にワイズマンが現れた。ワイズマンを攻撃するアレクスだが返り討ちにされる。
「なぜ…、私はすべての力を手に入れたはずでは…」
「それは違う。アレクスが手に入れたのは、すべてに近い力と永遠に近い命」
「い…いったい誰が仕組んだのです」
驚くアレクスにワイズマンは種明かしをする。
「マーズスターに手を加えて、ワイズマンがロビンに渡した」
そう、ロビンとワイズマンが初めて出会ったときから運命は決まっていたのだ。
絶望に打ちひしがれるアレクスを乗せたまま、アルファ山は地に沈んでいく…

ロビンたちはハイディアの近くに立っていた。
どうなっているか恐ろしくて見に行くことのできないジャスミンたち。ロビンが代表して様子を確かめる。
するとハイディアは地に沈み、アルファ山の天辺だけが穴から顔を覗かせているだけの状態だった。
ショックのあまりその場に立ち尽くすロビン・ジェラルド・ドリー。
ガルシアが説得に行く。この場所にいても何も時点は好転しない、クープアップに戻って今後のことを話し合うべきだと。
ジェラルドは泣き言を吐くが、ジャスミンとシバは笑っている。不謹慎だというピカード。だが…
「少しは立派になって帰ってきたと思ったが変わっていないのう」
「へへ、兄ちゃんの泣き言全部聞いちゃったぞ!」
振り返るジェラルド。そこにはジェラルドの家族が全員元気に立っていた。
ワイズマンが夢に現れ村人が全員助かったのだという。
「全員といったな、ということはキニーも…」
視線を横に移すロビン。そこには…
「キニー、よくぞ無事で…」
「あなたたちも…」
そして3人は3年ぶりに抱擁を交わす。
ほかの仲間たちも思い思いの過ごし方で訪れた平和を味わった。こうして世界は救われたのだった…。



黄金の太陽 おわり

419 :黄金の太陽:2005/08/15(月) 18:05:38 ID:t704C265
遅くなりましたが以上です。アレクスの動機・生死などについては一切語られません。
あと、シバの出生について書き忘れたので補足しておきますが、
ギアナ村の隣に大きなクレーターがあり、そこには以前村があった。
しかしある日その村アネモスは大地ごと空に飛んで行きムーンと呼ばれる星になった…
という伝説がギアナの住民から聞けます。
このことと、彼女が空から降ってきたということをあわせて考えると、
シバ=アネモス人という説が可能性が高いと思われます。

こうしてストーリーを見ると面白そうと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
実際はこの5倍ほど台詞回しがくどかったり、
プレーヤーにはとっくにわかっていることをキャラが分かってくれなかったりと、
とにかくストレスのたまるゲームです。
でもストーリー以外の謎解きや音楽なんかは神レベルなので、安ければ買ってみてもいいと思います。
ゼルダの謎解きが好きな方にはオススメです。

不明な点などありましたら質問受け付けます。

420 :英雄伝説X:2005/08/15(月) 19:05:38 ID:B8CfChSo
じゃあ、前書かれていた方の続きから書かせてもらいます。

念の為キャラ紹介(フォルトとマクベインは省略)
ウーナ…フォルトの幼なじみ。ラコスパルマ(フォルト達が住んでる村)の染料工場で働く女の子。
      フォルトに好意を寄せており、ピッコロ奏者としてフォルト達の演奏旅行について行く。

ジャン…マクベインの十年前の演奏旅行にも付き従っていた犬。今回の演奏旅行にも随行する事に。

リック…今回の演奏旅行でジャンとコンビを組むトビネズミ。一座のマスコット。

フォルト、マクベイン、ウーナ、ジャン&リック。この三人+2匹で構成された、マクベイン一座を中心にしてストーリーは進みます。


用語解説          
水底の民…かつて高度な文明をもって栄えた古代民族。その文明の粋ともいえる、音を力に変える共鳴魔法という特殊な魔法大系を
       確立させたが、900年前を境に歴史上から忽然と姿を消す。今では伝承にのみその姿を留めているに過ぎない。

大蛇の背骨…ヴェルトルーナの北方にそびえる険しく巨大な山脈。未だ登頂を果たした冒険者が居ないため、
         大蛇の背骨の向こう側がどうなっているのかは依然不明のままになっている。別名「世界の果て」

共鳴石…レオーネが再現した「水底のメロディー」のフレーズが刻まれた石。全部で24個あり、装備することで共鳴魔法
      を操ることが出来る。この物語の中核をなす最重要アイテム。

レオーネと水底のメロディーについては前の方が書いてるので省略。


421 :英雄伝説X:2005/08/15(月) 19:09:17 ID:B8CfChSo
<序章・旅人たちの前奏曲>

フォルトは、ある日両親から近頃マクベインの行動がおかしいので、彼が最近入り浸っている灯台まで様子を見てくるように頼まれる。
ジャンを伴い灯台の最上階まで登ると、そこには無心に手琴を奏でるマクベインの姿が。問いただしてみると、彼は演奏旅行に出掛けるために、ここで練習をしているという。
旅に出るという祖父の言葉に動揺するフォルトだが、練習の邪魔になるといわれ、灯台から追い出されてしまう。

家に戻る途中で染料工場の婆さんに呼び止められ、隣村のクランカまでお遣いを頼まれる。幼なじみのウーナと共にクランカへ。
お遣いも終わり、フォルトは両親にマクベインが演奏旅行に出掛ける気満々であることを報告する。その報告を聞いて益々心配を募らせた両親の頼みで、
再びマクベインの様子を見に灯台へ向かう。マクベインは相変わらず手琴を奏でていたが、その最中に突如魔獣が襲い掛かってきた。

マクベインによって魔獣は退けられたが、フォルト達はそのアクシデントをきっかけに、一枚の古ぼけた地図を見つける。
ヴェルトルーナ全土を記したそれは、クランカの位置で何かの印が点滅を繰り返す、不思議な地図であった。
マクベインはその地図が古い馴染みが手紙と共に送った、レオーネの著書の中に書かれていた唯一共鳴石を探し出すことが出来る「魔法の地図」ではないかと疑う。
地図は果たして「魔法の地図」なのか?その真偽のほどを確かめるために、フォルト達は地図が指し示すクランカへと足を運んだ。


422 :英雄伝説X:2005/08/15(月) 19:14:09 ID:B8CfChSo
クランカに到着し、共鳴石について聞き込みを開始するフォルト達一行。村人達に聞いて回ったところ、
どうも村の中を巡る地下水路跡に共鳴石らしきものがあるらしい。
地下水路跡に潜り込むと、水路の奥深くには共鳴石「禊」が封じられていた。地図は紛れも無く「魔法の地図」であった。
夢にまで見た水底のメロディーのかけらを手に入れ上機嫌になったマクベインは、フォルトにキタラの稽古を付けてやることに。
手練の演奏家であるマクベインの指導の下、フォルトはメキメキとキタラの腕をあげた。

そして独奏会当日。フォルトはレトラッド地方に古くから伝わる曲「それ見よわが元気」(Vでトロバが奏でていたのと同じ曲)を演奏する。
フォルトの演奏は高い評価を得たが、優勝は他の町から参加したバイオリン奏者、アルトスという少年に持っていかれ、フォルトは準優勝になってしまう。
家族やウーナが祝福する中、フォルトは突如マクベインの演奏旅行に付いていくと言い出す。
独奏会の前日、マクベインはフォルトの演奏を見届けた後、旅に出ると告げていたのだ。

マクベインのような演奏家になりたいという、確かな夢を抱き始めたフォルトの決意を汲んで、同行を許すマクベイン。
フォルトの突然の旅立ち宣言に慌てたウーナは、このままじゃ告白できないと、ほとんど勢いで演奏旅行に参加の名乗りを上げる。
来る者拒まずと彼女の同行もあっさりと許された。
こうして、ここにマクベインを座長とした小さな一座が誕生した。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 19:18:22 ID:B8CfChSo
今回はここまでということで。長くなってすみません…。もうちょっと上手く端折れたらなー。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 21:22:15 ID:2ImaumVr
少しずつでも、みんなで協力して消化していけば、当分やってけるよ。

↑職人さん乙!

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 21:32:37 ID:nlzw06If
乙ー

他スレに分裂なんぞしたらまとめサイトさんの手間増やすことになるだろうが。
移転も必要ないよ。
移動したい人だけ移動してみては。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 21:46:16 ID:nXmY5flZ
移転するメリット・デメリットは何?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 22:43:49 ID:nlzw06If
メリット
・ここは家ゲーRPG板なので基本的にRPG好きばかり。
最近はRPG以外のリクエストが出てるので各ジャンルにわかれれば
そのゲームをプレイした書き手が出てくる確率が上がる。

デメリット
・まとめサイトの管理人さんはすべてのスレに目を通すことになるかも。
・最近はいつのまにかスレ容量がいっぱいになって新スレ誘導されないことが多いから迷子がさらに増える可能性あり。
・あちこち行くのめんどくせ。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 03:08:15 ID:I2zJcxHT
実質デメリットは管理人の一つだけだな
他二つは些細な検索の手間と移動を惜しむただの厨意見だし
何にしても一番の問題はここが家ゲーRPGな事で
これを理由に荒らしに目を付けられると厄介

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 04:36:39 ID:QxWlwQ0M
もう2年近く荒らしにあってないし、それは大丈夫だろ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 09:07:45 ID:VhaFrxXb
このスレをサロンに持っていってしまえばいいんでない?
細分化させるより。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 09:44:32 ID:Hjc3nw8V
サロン行きになったら確実にRPG以外が増える
職人さんも増えるだろうがそれ以上にリクが大幅増加するだろうな
まとめ管理人さんの苦労がかなりのものになるんじゃないか?
管理人さんがログをまとめてくれるからこそこうしてられるんだ
ちょっともう手がつけられない(;´Д`)ってなってしまってはスレ存続に関わる
ゲサロに立てるならRPG以外の教えてもらうスレにして
そのスレ専属の管理人さんを募った方が良いのではないだろうか

まぁ、まとめ管理人さん自身の意向にもよるけど

432 :515 ◆A.ilTwwjjQ :2005/08/16(火) 10:23:46 ID:vvuZv1Fw
お呼ばれしたみたいなので。
私はマロン、ボーイズゲー以外の全てのスレを見てるのでログとしては大丈夫ですが、
それぞれのスレの未解決とかは無理だと思います。
その時はしたらばの未解決スレに貼り付けてリンクなりなんなりすれば解決しますけど。

後タイトル別まとめはそのスレが終了してからやっちゃうので
流れが遅いと要約スレみたいにずっと残っちゃう可能性もあります。

後現在infoseekの容量としては25MB程度(50MB上限)食ってますので
これまでの容量で行くとPart30(まぁ、そこまで行くかどうかは・・・)程で埋まっちゃう予定です。

433 :515 ◆A.ilTwwjjQ :2005/08/16(火) 10:26:55 ID:vvuZv1Fw
私は
みんなが分割の方向へ行くのなら私もそれに合わせて追っかけていきますよと。
50MB上限までですけど。

434 :515 ◆A.ilTwwjjQ :2005/08/16(火) 10:33:18 ID:vvuZv1Fw
忙しさについてはなんともですがまぁ、暇な時間に小出ししていけば
なんとかなるので大丈夫かと。
サロンだと雑談レスも多そうな気もしますし忙しさとしては余り変わらないのかな、と思ってます。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:55:53 ID:PbAr6NcH
この板のままでいいんじゃね?
もし強制停止されたらサロンに移動って事で。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 14:48:28 ID:TwVfqFhj
クーデルカの0P部分だけ書いてみたんだけど、投下していいですか?

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 15:01:42 ID:ktTfcPp4
>>432
いつもおつかれさまでふ
まあ移動するにしろ分裂するにしろ、
嵐っつのはそういうきっかけあってこそ出てくるものなんだから
そういう話するんなら秋になってからしたがいいと思うよ
今どの板もアレっぽい雰囲気だし


しかし分裂するとしたらレゲー系とか悲惨な結末になるよーな…あそこ人いな杉だから

>>436
ドゾドゾン

438 :クーデルカ:2005/08/16(火) 15:10:17 ID:TwVfqFhj
――これは、1898年10月31日、英国ウェールズ地方にあるネメトン修道院に
偶然集った三人の男女の一夜の冒険の物語である。

薄もや立ちこめ日暮れ迫る田舎道、一人馬を走らせる少女がいた。
目指すのは、断崖にそびえ立つ巨大な修道院。
玄関にたどり着くと馬を下り、ドアをたたくが開けられる気配はない。
仕方なく外壁を巡っていると屋根からロープが垂れ下がり、
その下に旅装が置き去りにされている箇所がある。
先客がいるようだ。
被っていたフードを脱ぎ捨て、ロープを使って登り始める少女。
美しく、勝ち気そうなその素顔。

屋根まで登り詰め、古びた窓を蹴破って中に飛び込むとそこは薄暗い穀物庫だった。
ドアにもたれ掛かり気を失っている若い男に気付き、警戒しながら忍び寄ると
「気の早い天使だな。俺はまだ死んじゃいない」
突然目を覚まし、男が言った。
明らかに重傷を負い、手に持った銃を持ち上げることもできないその様子を見て
「たいした違いじゃないわ。どうせもうじき死ぬんでしょ」
少女は冷たく突き放すが、後ろ手に油断無くナイフを握っている。

男が言う。
「『そいつ』に弾を撃ち込むまでは死にきれそうにないからな」と。
背後に不穏な気配を感じ、少女が振り返るとそこには男を傷つけた異形の化け物がいた。
とっさに握っていたナイフで刺すがたいした威力はなく、
化け物に殴り飛ばされてしまう。
男は発砲するが弾は当たらない。
「クソッ!」
少女に銃を投げ渡す。

439 :クーデルカ:2005/08/16(火) 15:12:29 ID:TwVfqFhj
少女が化け物を倒して戻ると、男はいよいよ死にかけている。
死ぬ前にお祈りを聞かせて欲しいと頼まれるが
「生憎ね…。あんたのために祈るなんてごめんだわ」と、笑い飛ばす。
「けど…そうね。助けてもらった借りは…返さなくちゃ」
男に手をかざし、しばらくすると傷は癒えた。
「おどろいたな…本物の天使だったのか」
「おめでたい人ね。この世に天使なんてものがいると思って?
 あたしはただの霊媒。ほんの少し傷を癒す力があるだけ」

「俺の名はエドワード・プランケットだ」
男が名を告げる。
富豪の息子が大金を持ってこの修道院に住んでいるという噂を聞いて
盗みにきたのだというその目的も。
君も自分と同じ流れ者なんだろうと問うと、
「同じなんかじゃないわ。あんたみたいな普通の人がどうしてこんな所に来たの」
少女はエドワードを責める。
「死にたくなかったらあたしの側を離れないことね」
立ち上がるのに少女の手を借り、その手を握ったまま
「よろこんで」
エドワードは言う。
手は邪険に振り払われる。

そして少女も名を名乗る。
彼女の名はクーデルカ。
――闇の扉を開く者。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 15:20:58 ID:TwVfqFhj
OPだけなのにえらく長くなってしまった…orz。

できたらこんな感じで最後まで書きたいんですがどうでしょうか。
再プレイしながら書くので時間がかかると思いますが。

うざいと思う人が多かったらもうちょっと簡潔に書きます。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 16:04:31 ID:fi6dl1xf
読む方からしたら「書いてもらう」んだから好きなように書けばいい
情報の取捨選択は書き手の裁量にまかせるよ

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 16:19:37 ID:Bda+ItP/
>>440
書いてください是非!
シャドハやって、ずっとクーデルカ気になってたんで。
丁寧に書いて貰える方が自分は嬉しいので、これでお願いしたいです。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 16:30:47 ID:2MxvXw2V
アーマードコア3サイレントライン、書いてみるね。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 17:28:02 ID:HldFuIVc
いや、書かなくていいよ

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 17:36:09 ID:olLtDT9X
できればアーマードコアラストレイブンの方を頼む

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 17:39:14 ID:2MxvXw2V
いらないのか。じゃあやめとく。ラストレイブンは無理

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:11:26 ID:ewEEt7bm
>>446
>>444は荒らしなんで(上げてるし)、良ければ書いて下され

448 :英雄伝説X:2005/08/16(火) 18:11:41 ID:gU6H/bDa
マクベイン一座を結成し、ラコスパルマを後にしたフォルト達。彼らが目指す次の地はグレイスールである。
だが、それにはまず旅券手帳と他国の通行許可書を手に入れないといけないので、独奏会の舞台でもあったピンゼルへと向かうことに。
ピンゼルに到着したフォルト達を待ち受けていたのは、独奏会でフォルトの演奏とルックスに一目惚れをしたギャル集団であった。
フォルト達を囲んで大騒ぎをするギャル集団の迫力に怯えるフォルト。なんとか集団を撒いて、旅券手帳とグレイスール、ブロデインの
通行許可書をゲットする。

船着場のあるファゴットに着き、連絡船の運行状況を確かめるため、マクベインは船着場に向かい、フォルトとウーナは荷物を見張る事に。
初めての船の旅に船酔いしないか気が気でないフォルトに、見るからに胡散臭い男が近づく。彼曰く「船に乗る前に唐辛子食っとけば
船酔いしないぜ」との事。フォルトとウーナ、そして不審人物の接近に気付いてすっ飛んできたマクベインは、あっさりと男の話を信用し、
激辛唐辛子を頬張る。当然のように辛さに悶絶し、水を飲みに方々に駆け出す3人。辛さが収まり船着場に戻ると、荷物の中から
旅券手帳が消えていることに気付く。男(実は三人組のこそ泥の1人)の狙いは旅券手帳にあった。

辛い唐辛子を食べさせられ、あまつさえ旅券手帳まで盗まれ、怒り心頭の三人はファゴット中を探しまくり、ついに地下倉庫の彼らのねぐらを
探し当てる。地下倉庫でこそ泥三人組と戦い勝利するフォルト達。手帳も取り戻し、三人にボコボコにされたこそ泥達の口に唐辛子を突っ込み、
自分達と同じ苦しみを与える事に成功する。
こそ泥達をとっちめている間に、グレイスールの連絡船が船着場に到着した。手続きを終え、連絡船に乗り込むフォルト達。船は大海原に向かって
漕ぎ出し、マクベイン一座の本格的な旅が始まろうとしていた…

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:18:57 ID:gU6H/bDa
英雄伝説X、序章終わりです。ではまた…。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:41:00 ID:6i7a9zy5
英雄伝説の人、クーデルカの人、お疲れ様です。どちらも知りたかった話なので書いてくださる人がいて嬉しいです。
続きもお待ちしています。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 20:40:17 ID:JnsBe1Yn
>>388
リク主じゃないけど、書いてくれるなら知りたい

452 :アーマードコアSL:2005/08/16(火) 21:35:37 ID:2MxvXw2V
賛否両論あるけど、書いちゃったんで投下します。

かつて、大災害から逃れるため、人類は地下世界レイヤードを作り移住した。
レイヤードは「管理者」と呼ばれるコンピュータによって完全に管理された世界。
数世紀の間に人類はすっかり管理者に頼りっきりになってしまった。
旧文明の記憶もかなり薄れたイヤードでは、日々、クレスト、ミラージュ、キサラギといった大企業同士の軍事闘争が巻き起こっていた。
そして、人型機動兵器「AC」を駆る傭兵「レイヴン」が大きな役割を果たしていたのである。
しかし、あるときを境に管理者はレイヤードを滅ぼすような行動を取り始め、結果、管理者は一人のレイヴンによって破壊される。
管理者は人類再生のための最終プログラムを発動、禁じられた地上への扉が開かれた。
(ここまでが3の話)

それから数年後、地上進出を果たした人類は急速に新天地の開発を進めていた。
相変わらず企業同士は利権をめぐって紛争を繰り返し、レイヴンもまた数多の戦場に駆り出されていた。
地上開発も残すは未踏査地区「サイレントライン」を残すのみ。
誰も立ち入れないが、それゆえにまだ見ぬ技術と資源が期待されるサイレントラインを巡る争いに、レイヴンである主人公も巻き込まれて行く。


453 :アーマードコアSL:2005/08/16(火) 21:38:10 ID:2MxvXw2V
企業の小競り合いの手伝いをするなど任務を請け負っていると、そのうち電力施設の崩壊阻止の依頼が来る。
早速出動し、大火事になった施設の消火装置を起動させていると、研究員から助けてくれとの通信が入る。
施設内はものすごい温度なのによく無事だったなと思いながら消火していくと、コンデンサルームに未確認機が侵入してくる。
そいつは、未知の武装と桁外れの性能を持った謎のACだった。
任務成功後、AI研究所のセレ・クロワールという人物からメールが届く。
彼女はあの施設で助けた研究員で、救助の礼と謎のACは未踏査地区からくるとの情報をくれた。
一方、レイブン専属のオペレータのエマから、AI研究所は兵器用の人工知能を開発する機関であること、また不審な噂もあることを教えてもらう。

高速で高火力な武装輸送列車を必死こいて追いかけて破壊したり、基地を防衛したりと依頼をこなしていると、
セレから、あなたはなかなか優秀なレイヴンのようですね、とのメールがくる。
メールによると、サイレントライン付近で各企業の被害が増大しているらしく、各企業とも真相の解明と対処方法の究明に手を焼いているとのこと。

再び傭兵稼業。
さっき頑張って守った基地を別企業からの依頼で襲撃して微妙に気分になったりしていると、サイレントライン付近に建造中の工場から救援依頼が。
衛星軌道上からレーザーが撃ち降ろされはじめ、この機に乗じて敵対企業が侵攻してくるというのである。
そんな所に工場作るなと思いながら出撃して敵を倒していると、高威力の衛星レーザーが雨のように降り注ぎ始める。
しかも例の謎のAC、I-Cシリーズまで現れて工場はボロボロ。何とか生き残ったレイヴンは、ますます株を上げた。
思ったより広かったサイレントライン。その正体は衛星砲によって形成された砲撃領域だった。
どうやら人類が地下に逃げる前の文明によって作られたものであるらしい。
しかし、その存在理由は今もって不明である。

454 :アーマードコアSL:2005/08/16(火) 21:40:32 ID:2MxvXw2V
その後も未踏査地区から飛来するミサイルから空港を守るなど、サイレントライン絡みの依頼が増えて行く。
セレは、サイレントラインは踏み越えていいものなのかどうか、と口にする。
それでも企業はあきらめない。クレスト社、ミラージュ社とも、サイレントラインに関する情報を得るため、レイヤードの管理者があった中枢への侵入を試みる。
主人公はミラージュ側からの依頼を受け、クレストの雇った3人のレイヴンを打ち倒してデータを持ち帰った。
ミラージュはそのデータで衛星砲の位置、制御方法を解明するつもりらしい。果たして吉とでるか凶と出るか…。

サイレントラインの奥に眠るものを巡る戦いは激しさを増していく。
クレストが未踏査地区からの攻撃で混乱する一方で、ミラージュはキサラギと組んで、AI研究所の人工知能を使った無人ACなどを開発。
さらに、ついに発見された衛星兵器の内部をレイヴンに探索させるなど、ミラージュの優勢が続く。
またセレからのメール。ミラージュが衛星砲とのデータリンクをまもなく完了するとの知らせだった。
セレは、人類はかつて力の使い方を誤りレイヤードへ潜ることになった。その力がまた無分別な企業の手に渡ろうとしている。人類はまた過ちを犯すのかあなたは人類の判断を信じるのか、と問うてきた。
焦るクレストはミラージュ本社への襲撃を敢行するが、主人公の妨害で失敗。
ミラージュ社の勝利で終わるかに思われた……。


455 :アーマードコアSL:2005/08/16(火) 21:42:56 ID:2MxvXw2V
そして人類に試練の時が訪れた。
ミラージュがデータリンクを完了すると同時に異常事態が発生する。
ミラージュの無人兵器、クレストの無人要塞、そして衛星砲のコントロールが突如失われたのだ。
被害はネットワークを介し加速度的に広がっていく。
セレからは、「選択はなされました。もしその選択が過ちならば、正されなければなりません」というメールが届いた。

主人公は複数のレイヴンと協力して衛星砲を機能停止させにいく。
ジェネレーターを破壊すれば止められるのだが、そこに立ちはだかるI-Cシリーズ。
無人ACの猛攻を乗り越えて衛星砲の破壊に成功する。
ミラージュは衛星砲に使われている技術、そしてレイヤードの管理者に使用されていた技術は、AI研究所が企業に提供していた技術に酷似していると指摘した。
また、暴走兵器群は未踏査地区から発信される信号で動いていることが判明する。
そして、それら無人兵器の開発にはすべてAI研究所が関与していた。
研究所は暴走事件以来沈黙し、セレ・クロワールもまた消息不明となっている。
これまで企業は端末を通してしかAI研究所と接触しておらず、その実態は不明であった。
AI研究所への疑惑が高まる。いったセレは何者なのか。

衛星砲の無力化により、サイレントラインへの侵入が可能になった。
各企業は共同して無人兵器への信号の発信源を捜索する。
そこには巨大な空洞と、いまだ稼動中の旧文明の軍事要塞があった。
無人兵器の暴走を止めるにはこの要塞「OLD COURT」を制圧するしかない。
無数の無人兵器がひしめく要塞にレイヴンたちが突入する。
一人、また一人とレイヴンが倒れる中、主人公は最深部で待ちうけるI-Cシリーズを倒し動力炉を破壊する。

456 :アーマードコアSL:2005/08/16(火) 21:44:14 ID:2MxvXw2V
特定された信号の発信源。それは滅びてしまったもう一つのレイヤードだった。
事態を収拾するには、滅びたレイヤードの中枢からの信号を止めるしか道はない。
そこにセレ・クロワールもいるはずだ。主人公は単身レイヤードの中枢へと向かう。
「待っていました」
内部に入った途端、外部との通信が途切れ、代わりにセレの声が。
「端末セキュリティ、解除」「接続開始」
セレの声は、画面にはIBISと表示される何者かの声に変化していく。
そして、もう一つのレイヤードの「管理者」の間へたどりつく主人公。
管理者の前に黒い悪魔のような機動兵器が佇んでいた。
「モード変更、……最終確認へ移行します」
最後のI-Cシリーズ、その名も「I-CFFF-SERRE(セレ)」のシステムが起動する。
「最終チェック中」「各レベル、フェイズ確認。適応レベルクリアー」
多彩な兵器を駆使する機動兵器との死闘の最中、IBISは何かを確認しているようだ。
「確認完了」
I-CFFF-SERREの撃退と同時に、IBISはメインシステムを停止する。
「ココマデガ、ワタシノ役割…。レイヴン、後ハアナタノ役割…」

こうして、人類の進出を阻む壁、サイレントラインは完全に消滅したのである。

蛇足:
結局セレ=IBISの目的ははっきりとは分からずじまい。
いろいろ解釈はあると思うけど、
人類が旧文明の残る地上でやっていけるか試してたって考えるのが素直かと。


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 23:25:36 ID:ZMiSyjpe
某サイトでは、こっから無印に繋がるって解釈してたな。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 23:31:12 ID:W7KZ3aTo
アーマード・ポア

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 23:33:55 ID:hgO7lyYq
シャイニングフォース3お願いします。
多少長くてもいいので3部作すべて詳細まで知りたいです。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 00:06:47 ID:Zz5PVQ+p
クーデルカはファミ通辺りで出た小説がほぼ原作準拠で真エンドやってるんでオススメ

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 01:24:08 ID:mmI/6Fww
アーマードコアSLの人乙です

462 :九龍妖魔学園紀:2005/08/17(水) 21:42:26 ID:lyyJyrud
まだ途中だけど九龍妖魔学園紀。

メイン登場人物
 
 葉佩 九龍・・・主人公。高校生のトレジャーハンター。
         所属する協会の命で天香高校の「墓」と呼ばれる謎の遺跡を探る
 皆守 甲太郎・・葉佩の親友。無気力だがカレーには深い情熱を注ぐ。いつも眠そう。
         常にラベンダーの香りのアロマパイプを咥えている。
 八千穂明日香・・ヒロイン。テニス部の副キャプテン。おだんご頭。白岐が好き。
         明るく快活だが他人の心の痛みに敏感。弾丸を上回るスマッシュの持ち主。
 白岐 幽花・・・もう一人のヒロイン。ミステリアスな美少女。美術部。ツンデレ系。
         物語と「墓」の鍵となる人物だが、無口な為か影が薄い。八千穂が好き。
         

 阿門 帝等・・・天香高校の生徒会長にして墓守の長。一応敵のボスだが妙に性格がいい。
         遺伝子を改造し普通の人間を魔人にする力を持つ。


おおまかな物語
 九龍が遺跡に潜りそのエリアの謎を解いていき、そのエリアのボスと対決する。
エリアのボスは執行委員と呼ばれる学生達。彼等は何らかのトラウマを抱えていて
その記憶に纏わるものを生徒会長に差出し、記憶を封じてもらい、特殊能力を与えられて
遺跡を守る「墓守」となっている。
だが、大きな傷を無理に封じている為に大きな歪みを抱えてしまっている彼等。
 九龍との対決で記憶を取り戻した彼等は自分の過去を正しく受けとめ、九龍の仲間に
なっていく、という感じで進む。

 選択によって多少違うルートを辿ったりするものの基本的に物語は一本道。

463 :九龍妖魔学園紀:2005/08/17(水) 21:43:43 ID:lyyJyrud
 早朝、音楽室に入った女子生徒が深夜墓で男と密会していた事を謎の男に責められる。
意味不明な事を呟く男。そして彼女の指を見つめる。
「綺麗な指をしてるね・・。くれよ、その指を。僕の姉さんの為に・・いいだろ?」

 悲鳴を聞きつけた葉佩と皆守。二人が駆けつけると手が干からびた女生徒が倒れている。
保健室に連れて行った葉佩はそこで取手という病的な男子生徒と、美貌の保険医、ルイリーと
知り合う。
 放課後寮に戻る途中「黒い砂が」と怯える取手を目撃、ルイリーの話で取手は
慕っていた姉の死に関する記憶が消えている事を知る。
 取手の状況が「墓」に関係していると直感した八千穂が「墓」に潜って探る事を主張、
反対する皆守とぶつかり合いつつも3人で「墓」に潜る事になる。
 初めての「墓」の探索で3人は異様な化け物ケヒトと対峙しながら謎を解いていく。
その奥には異様な雰囲気の取手がいた。取手を倒すと彼から黒い砂が現われ、それが
尋常でない化け物の姿と変化する。その化物、カミムスビを倒すとそれが楽譜に変化する。
 それはかつて姉が取手に授けたものだった。姉が死の記憶を消してもらったものの
大切な思い出まで失っていたと気付く取手。
姉の思いを正面から受け入れ、取り戻してくれた九龍の力になる事を願う。
 
 葉佩が墓に侵入した報告を受ける謎の3人の男女。
今度の転校生はいつまで持つのか、と嘲笑する3人。監視を怠るな、と指令するリーダー格の男。

 後日九龍の為に、と授業でピアノを弾く取手。
同時刻授業を抜け出した皆守が無銘の墓地に花を手向ける姿があった。

464 :九龍妖魔学園紀:2005/08/17(水) 21:44:35 ID:lyyJyrud
 第3話
 ある屋敷で上品な夫婦が言い争っている。夫のやり方はあの子の為にならない、と。
その時一人の人形のような少女が走ってくる。彼女は無邪気に言う。飼い犬を石で叩いたら
動かなくなってしまったの、何故?と。父親は母親が止めるのも聞かず、犬はまたすぐに
生きて帰ってくる、と彼女をなぐさめる。何も悪い事はしなかった、と。
 暫く後、教会で母親の葬儀が行われる。無邪気に笑いながらお父様が新しいお母様を
連れてきてくれる、と言う少女。少女の手を離し何処かへ去ってしまう父親。
 悪夢から目を覚ます成長した少女。
「みんないなくなってしまえばいい。そうしたらお父様が戻ってきて全部元に戻してくれる」

 いつもの如く八千穂、皆守をはじめ親しくなった友人たちと賑やかな時を過ごす葉佩。
午後の授業をサボり皆守と食堂に行くが、そこで墓を掘り起こそうと企む学生たちの話が
耳に入ってくる。
そんな二人の前をゴスロリ風の美少女が笑いながら横切って行く。直後爆発騒ぎが起きる。
その時は、渋いバーテンダー千貫の機転でことなきを得るが、午後の授業中に再び爆発、
あの時食堂にいた学生たちが今度は怪我を負う。
さき程の美少女が笑いながら見つめている。追いかける葉佩達。
「死んじゃったらどうするの?」と言う八千穂に、少女、椎名は「死んだ人間はお父様が
新しく連れてきてくれる」と、イザナミ,イザナギを例にあげ、事もなげに言う。
 尋常でないその様子に取手と共通したものを感じ、彼女の大切なものも遺跡にあるのか、
と言う八千穂。あの遺跡は忘れろ、知った奴が死ぬのはもう見たくない、と強く言う皆守。

 遺跡の新たなエリアの奥には案の定椎名が待っていた。彼女から出た黒い砂はケヒト
イザナギへと変化、倒した後オルゴールへと変わる。
 それは彼女が生まれた時にプレゼントされたものだった。母親の葬儀で父親は母親の死も
愛犬の死もきちんと伝え、その上でオルゴールを聞く事で彼女が愛された記憶だけは消えないと
諭していた。
 椎名は葉佩に自分を一人にしないかと問い、その側が心地良いと笑つつも、強く一人で立てるように
なると葉佩に誓うのだった。



465 :九龍妖魔学園紀:2005/08/17(水) 21:45:23 ID:lyyJyrud
第4話
 深夜、寮で夜更かしをしている八千穂が寝ようとすると目覚ましが止まっている事に気付く。
そこへ窓の外から光りが指し込み、煙に巻かれている内に意識を失ってしまう。

 次の日の休み時間、図書委員と才媛七瀬に宇宙人との接触の話を聞く葉佩と皆守。
 放課後、二人は八千穂に頼まれ女子寮の監視をする事になる。
八千穂が言うには最近女子寮を誰かに覗かれているようだ、と。それも宇宙人に。
 宇宙人にびびる皆守と共に女子寮を回る二人。途中学校を探る怪しい探偵鴉室や女子寮を
覗くスケベ用務員境に遭遇。もう帰ろう、という段になり謎の煙と光りの中に珍妙な影が
現われる。大興奮する皆守だがいきなり光が消え現われたのは奇妙な顔のオカマ。
「大人しくマスクを取れっ」「キィィ地顔よっ」とかいう会話をかわしつつオカマ逃走。
いやいや追いかける二人。
 取敢えずエリアの奥にオカマを追い詰める。大興奮のオカマを倒すと黒い砂が
ケヒトアマテラスに変化、後コンパクトに変化する。はじめてオカマが買ったコンパクトらしい。
ちなみに、女子寮を覗いていたのは女の子を観察して参考にする為。
 メンバーに八千穂がいると、「女の子に生まれたかった男」に同情して許そうとする八千穂。
だがポケットから女子寮の盗撮写真がこぼれ落ち、オカマは半殺しにされる。
 いない場合は、理由が馬鹿らしいので見逃す事にする葉佩と皆守。その優しさ?に感激した
オカマが熱いキスをしようとして皆守に蹴り倒される。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:47:30 ID:lyyJyrud
 ぐはっ、メモからコピペに慣れてないんでageまくってもーた。スマン
取敢えず続く。
でも近日中(夏休み中)には全部書けると思う。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:50:41 ID:3t7j+nvB
古いゲームですが風雅システムのアマランスシリーズをお願いします
盗賊に攫われた姉が妊娠して戻ってきたりするらしいので

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:53:31 ID:mmI/6Fww
九龍の人乙です

>>467
エロゲー?
エロゲーは専用のスレでどうぞ

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:55:29 ID:3t7j+nvB
エロゲーじゃないです
PC98〜windows95時代のパソコンの一般向けRPGです

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:58:45 ID:mmI/6Fww
どっちにしろ「姉が妊娠させられた経緯」を知りたいだけだろお前

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:06:45 ID:+jR3mPjC
ACの人ありがとう。面白かった。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:30:46 ID:dko8lo5U
>>467
その場面はアマランス4のほうにあったな。
全5作で時系列順に並べたら以下のようになるが、俺では”ストーリーを要約してもらうスレ【面倒】”のほうで
アマランスKH以外の4作について1〜2行ずつ大雑把に書くのが精一杯だから、あんたの要望には応えられん。
(アマランスKHは未プレイだから書きようがない)

古 アマランスKH(カーハーと読む) -- アマランス -- アマランス2 -- アマランス4 -- アマランス3 新

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:36:10 ID:mmI/6Fww
>>472
その妊娠させられた描写だけ要約スレで書いてやったらどうだ?
こんな餓鬼の性欲を満たすためだけの依頼が、どうせいつまでも未解決一覧に残り続けるかと思ったらたまらん。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:38:00 ID:iYp9Nexw
九龍乙です!
でもやっちーは部長ですよ。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:55:35 ID:FjEV4kFS
ID:mmI/6Fwwウザイ

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 23:00:06 ID:mmI/6Fww
ID:3t7j+nvB=ID:FjEV4kFS

ID変えてまで必死だなお前。
でも変えたとこまでは良かったが、下げ忘れてるぞ。
ID変えた後によくやりがちなミスだから次から気を付けなw

477 :467:2005/08/17(水) 23:23:11 ID:3t7j+nvB
穏便に片付きそうではないのでアマランスシリーズへの依頼を取り下げることにします
スレ汚し失礼

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 00:17:46 ID:9IGGSuMQ
そういう暗い描写があるゲームのストーリー全体はどんなものなのか興味があるけどな。
それじゃ俺が改めてアマランスシリーズのストーリーをリクエストします。
なるべく詳しくお願いしたいです。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 01:00:35 ID:sJzO+RJM
アマランスは昔友人がやってたのを見たことがあるが、モロに裸が出てたぞ。
大体のストーリー聞いても、近親相姦みたいなこと言ってたし。
ホントに一般向けなのか?

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 01:23:35 ID:ocjJo94d
PC、同人ゲームは流石に抜かしておけよ
本気で止められるぞ

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 01:59:01 ID:z+GFe6CW
全くだ。昔も7とかいうPCゲーを書いてた奴が
いたが、スレ違いを理解していない餓鬼が多すぎる。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 02:16:47 ID:1JjaR5HH
まぁ、ちょい上にある英雄伝説VもPCゲーなんだがな

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 02:17:42 ID:OmXKO8oo
つーか>>478みたいに気軽に「シリーズ全部、しかも詳しくお願いします」とか言う奴大杉。
今のこのスレの未解決の量の多さについて皆で話し合ってるのを分かった上で言ってるのか?
新手の嫌がらせや荒らしかと思ってしまうぞ。
しかもアマランスシリーズって>>472見る限り5つもあるじゃねーか。
問題の場面があるのは4なんだろ?それだけでいいじゃん。

依頼は一人一つまでとか極端な事を言うつもりはないが、せめて一回につき1つずつにしてくれ。
あと一部の場面だけ知りたい奴は要約スレに行ってくれ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 02:22:21 ID:1JjaR5HH
とはいえ、シリーズ全部まとめて、とかSFC時代のもの、とかリクエスト
されたときにこれは永久にダメそうだなと思う奴はやっぱり残るな。

漏れも未解決で放置されているものを消す案に賛成です。今ある分を
どう扱うのかは課題だけど

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 02:24:47 ID:OmXKO8oo
依頼の多いPS2やPSのものをとりあえず3〜4個、その他を1〜2個ずつ消すのはどうかと。
最初の方のリクからね。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 03:20:35 ID:lIQawzoD
ちなみにアマランス1は98版とwin版でストーリーが違う。
シリーズ指定はやめろ、マジで。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 04:32:22 ID:aDzmYNpb
タクティクスオウガお願いします。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 05:49:10 ID:9zX8ByZd
ということで、テイルズ、スタオー全シリーズお願いします
今までのレスはとくに読んでないので、解説済のがあったらそれは抜いてもらってけっこーです

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 05:52:35 ID:/UP3P4eI
>>487,488

>>1

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 06:05:41 ID:UM/0YImw
「FATAL FRAME2 CRIMSON BUTTERFLY」が未解決の模様なので、覚えている範囲でよろしければ書いていきたいと思います。
PS2からの移植なので、追加エンディング位しか書くこと有りませんが…

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 06:49:35 ID:OmXKO8oo
>>488
上げてるし、荒らしだろうから相手にするだけ阿呆らしいが、
シリーズでまとめて依頼するのは止めろ。
しかしここまであからさまで嫌みな愉快犯もなんだかなw

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 06:51:09 ID:OmXKO8oo
しかしテンプレもまとめサイトも見ない奴の多い事多い事…

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 07:21:37 ID:3bHzhGfe
>>490
お願いします。

494 :fatal frame2:2005/08/18(木) 08:03:38 ID:UM/0YImw
加ED、道中はPS2と変わりませんのでまとめサイトの
「終ノ刻『紅い蝶』」の方を見て頂ければ分かると思います。

「約束」

真壁を倒し、虚へと向かう澪。

「どうしてあの時置いて行ったの…一緒だって約束したのに…」
連なる鳥居を抜ける最中、聞こえてくる声。
その声は、繭のものか、紗重のものか。

最後の鳥居をくぐろうとした時、繭の姿が見えた。
儀式を行う宮司達に囲まれ、虚へと向かう繭。
「最後の時まで、待ってる…」


「お姉ちゃん!」
繭の元へと駆け寄る澪から、八重の姿が抜け出す。
八重が繭に歩み寄ってゆく。繭の姿に、紗重の姿が重なる。

「八重…やっぱり来てくれた…」

「ごめんね…ごめんね…ずっと一緒だって約束したのに…」

長い時を経て再び出会った二人は、
果たされなかった「約束」を果たそうと虚へと近付く。
「ずっと一緒…約束だから…」

二人が手を結んだと同時に、分かれていた二人の紅い帯が結ばれる。

ゆっくりと虚へ倒れてゆく二人。
危うく落ちかかる繭の体を、澪が抱きとめる。


495 :fatal frame2:2005/08/18(木) 08:05:25 ID:UM/0YImw
「もう、この手は離さないから。」
八重と紗重は、まるで紅い蝶のように虚へと消えてゆく。


「お姉ちゃん…間に合って良かった…」
澪に抱かれる繭が見たものは、虚から飛び立つ一羽の紅い蝶だった。

「ありがとう…」

やがて、無数の紅い蝶が虚から飛び立つ。
天へ昇る蝶を見送る村人達。
その中には、失踪したはずの須藤美也子とその恋人
槇村真澄の姿もあった。
同じく見送る樹月やその弟である睦月。
村には穏やかな空気が漂う。


496 :fatal frame2:2005/08/18(木) 08:05:56 ID:UM/0YImw
皆神村を離れ、山道を歩く澪と繭。
村を一望する丘へと辿り着いた二人。
澪が口を開く。

「私、ずっと思ってた。あの時手を繋いでいればお姉ちゃんは…」

その言葉を受け、繭が口を開く。

「私ね、あの時澪が離れてゆくのがとても怖かった…
私達、別々に生きて、別々に死んでゆく…
そのことに押し潰されそうで…
でも、あれから澪は、ずっと一緒に居てくれた。」

二人が手を結ぶ。

「私達は一つにはなれないかもしれないけど」
「もう、この手は離さないから」

果たされた「約束」と、果たされてゆく「約束」。
明けないはずの夜が明け、村に朝が訪れる。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 08:10:15 ID:UM/0YImw
以上です。
ソフトが手元に有りませんで、台詞や状況なんかが曖昧ですが…
大体こんな感じだったのではないかと思います。
長くなってしまい申し訳ありませんでした。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 09:15:39 ID:FCm/mOpZ
FATAL FRAME2 のひと乙
九龍の人も乙!

・・・・クーロン?
ギャルのパンティおくれ!

499 :462:2005/08/18(木) 09:25:16 ID:5o1cCJ7+
>>474
ぐはっ、本当だ。
なんで「副」キャプテンって書いたんだろう。
「準」優勝と間違えたんだろうか(んな馬鹿な)

それはそれとして、読み返してみて長くなる割にはつまらんので
続きは1話1話でなく、メインストーリーを要約して書くつもりっす。
夕薙の話とか、葉佩が女と入れ替わる話は削ると思う。

500 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:00:13 ID:WimrSdt0
シャドハフロム行きます。遅れてスマソ。
登場人物説明とあらすじを同時に書くという
なんかよくわかんない書き方になった。

501 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:01:41 ID:WimrSdt0
●舞台は1929年のニューヨークから始まる。
前作SH2から14年後。前作主役は姿を見せず。
2で変態悪役だったレニが、ジョニーの母親代わりの優しい執事になっている。
(留守番係でほとんどストーリーには絡んでこない)
ほか、ロジャー、吸血鬼一家などの年齢不詳メンバーだけが登場。
ストーリーはマリス、エミグレ文書が共通するだけでまったくの新規。

●マリスとは
悪意の塊の赤い光。怪物の源。要するに悪いもの、気。
対の光に、ウィルという青い光もある。こっちは善の塊。清い光。

●エミグレ文書とは
死者再生の方法などが載っている魔術書。
あまりに危険な物のため、ロジャーが管理することになっていた。

502 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:03:07 ID:WimrSdt0
◆ジョニー・ガーランド(その1)
3年前に火事で父と姉を亡くし、そのショックで一部の記憶もなくした16歳。
退院後ニューヨークで探偵を始めた。怪しい男ギルバートから
マーロウ・ブラウンという男を捜して欲しいという依頼を受けて、マーロウを探し出す。
マーロウはジョニーを見て非常におびえまくる。
その時、突如『窓』と呼ばれる異界の扉が開き、マーロウは現れた魔物に食い殺されてしまう。
そこに何かが助けにはいった。が、ジョニーは気絶。

◆シャナイア
魔物に食われそうになったジョニーを助けたインディアン美女。エロい変身能力あり。
故郷を壊滅させた女(レディ)を追って『窓』の怪物退治をしながらアメリカに来ていた。
『窓』とレディにはなにか関連があるらしい。その後、一緒に行動する事になる。
途中、復讐心からレディに単身突入して返り討ちにあい、マリスの口づけを受けてしまう。

◆ナタン
シャナイアを姫と呼ぶインディアン大男。
故郷が襲われた時、シャナイアの父親である族長に命令され、
シャナイアを無理やり連れて逃げた。村で生き残ったのはナタンとシャナイアだけ。

◆フランク
このゲームの馬鹿担当アメリカ人忍者。ギルバートという怪しい学者を追っていた。
ギルバートは、ジョニーにマーロウ探しを依頼した男で、一緒にギルバート探しをする羽目に。
ギルバートが『窓』から魔物を出す事を研究していたことを知り、仲間になって一緒に追う事に。

◆マオ
アル・カポネも一目置くシカゴマフィアの影番長。酔拳の達人。
フランクの師匠で、力になって欲しいと頼まれ、なりいきで仲間になった猫。

503 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:04:27 ID:WimrSdt0
◆リカルド
イケメンギター弾き。マフィアの抗争で恋人エドナが誘拐され死亡。
そこに偶然居合わせたレディにエドナはマリスを吹き込まれ、生き返る。
が、代わりにエドナは『窓』を出現させ人を襲うようになり、自らも化け物と化す。
私を殺してというエドナの願いを聞き入れるリカルド。
その憤りからリカルドはレディを追う旅に同行する。

◆ヒルダ
魔女っ子ゴスロリ吸血鬼。1〜2作目共通吸血鬼一家ヴァレンティーナ家の末っ子。
なぜかロジャーと旅していたが、宇宙人と間違われて捕らえられ、
ジョニーたちに助け出される。というか、勝手についてきた。

◆ロジャー・ベーコン
1作目から全作に登場しているへんないきもの。7百年生きてる魔術師。
エロ本探しの為にアメリカを旅行していたが宇宙人に間違われ捕まる。
んでヒルダと共に助け出される。そしてジョニーを見て驚く。

◆ジョニー・ガーランド(その2)
ジョニーは一度、キラーという殺人鬼に殺されるのだが、
サイヤ人のように変身パワーアップして復活する。まさしくその姿はレディの男版。
かすかに戻った記憶からロジャーが関わってる事がわかり、会いに行って昔話を聞きだす。
ロジャーは悪魔の書『エミグレ文書』を、マーロウに盗まれていた。
そして数年前、ジョニーの父親グラハムがエミグレ文書を持っていることを突き止め、
ガーランド邸に取り返しにいったところ、儀式の真っ最中だったという。

504 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:05:19 ID:WimrSdt0
◆マーロウ・ブラウン
黒魔術師として名をあげたくて、エミグレ文書を盗んだ男。
交通事故で娘と息子を亡くした大富豪グラハム・ガーランドに、
死者再生の儀式をしようとそそのかした。
肉体再生には赤い光マリスと青い光ウィルの絶妙な配合が必要らしい。

◆グレース・ガーランド
父グレアムは、子供達の死をひたかくしにして、エミグレ儀式に没頭。
ついに5年後(今から3年前)儀式は成功する。赤い光と青い光の渦巻くパイプの中で、
まず先に姉のグレースが目覚めた。そこで何が起こってるかを察した彼女は、
青い光ウィルをすべて、隣のパイプの中の弟に捧げてしまう。
そしてマリスだけを取り込んだグレースは、記憶も感情もない悪意の塊として再生。
パイプを突き破って父グレアムを惨殺。屋敷に火を放ち姿を消す。
ロジャーはなんとか逃げた。(マーロウも逃げ出したが3年後ジョニーの前で死亡)
ジョニーはグレースのおかげでマリスに取り込まれずに無事再生。
記憶の抜け落ちた状態で屋敷から助け出される。
(ジョニーは、「体が弱く5年入院して成長していない」という親の流した嘘を信じ込んで
16歳と名乗っていた。戸籍上は21歳。死んだのは13歳。)

◆レディ
記憶も何もなく世界をさまよう再生したグレース。
マリスの『門』を開けて世界を破滅に導くという、無意識の欲求だけで動いており、
マリスの封印遺跡を壊しまくる。シャナイアの村を襲ったのも、
マリスに対抗する力を秘めている遺跡があったため。
そんななか、ブルックリンで死にかけている殺人鬼キラーを助け、口づけしてマリスを注入。
生き返ったキラーは無表情で何も喋らない彼女に興味を持つ。というか惚れてしまう。
そして彼女に「レディ」という名をつけ、ボディガードをするようになる。

505 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:12:43 ID:WimrSdt0
◆キラー
レディの願いを叶えるために、彼女を守ろうとする赤い髪のイケメン殺人鬼。
キラーはレディを止めようと襲い掛かってくるジョニーたちを蹴散らしまくり、
ついにレディは最後の『門』を出現させてしまった。
『門』の中身があふれ出したら世界は破滅してしまう。
門の開放を青い光ウィルの力で食い止めたものの、開いてしまうのは時間の問題。
レディが姉だとわかり、殺すことにジョニーは苦悩するが、悩んだ末きっぱり決断。
シャナイアは廃墟になった故郷でマリスに対抗する力を手に入れパワーアップ(←注・ED分岐)
ジョニーたちは最後の決戦準備を整え、『門』の前に乗り込んでいく。
立ちふさがるキラー。しかし、力をつけまくったジョニーたちに破れ、キラーは死んでしまう。
そこで初めてレディに感情が宿る。その感情がマリスの爆発を呼び、門が完全に開いてしまう。
レディはキラーを抱きかかえると『門』の中に入っていった。

◆ギルバート
ジョニーたちも門の中に突入。
そこで、ギルバートというマーロウ探しの依頼をした研究者と対峙。
ギルバートは怪物作りに精を出すマッドサイエンティスト。せむしの小男。
どこから調べ上げたのか、ジョニーがエミグレで再生した人間だと知り、
確認するためだけにマーロウとジョニーを引き合わせた。
その結果『窓』を自在に作り出すにはマリスが必要だと確信したギルバートは
マリス側のレディの方についていけば、マリスで一杯の『門』の中に一番最初に入れると考え、
レディのストーカーと化す。そしてお望みどおり門の中に入って化け物化。
ジョニーたちに襲い掛かってくるがさっくり返り討ちにあい、簡単にアボン。

506 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:15:00 ID:WimrSdt0
●グッドエンディング(シャナイアが完全パワーアップしたバージョン)
レディは門の奥の祭壇のような場所にキラーを寝かし、なんども口付けをする。
しかし、マリスをいくら注入してもキラーは生き返らない。涙を流すレディ。
そこにジョニーたちが現れた。レディの涙にうろたえ、手が出せない一同。
だが、大切な人を殺された絶望と怒りで、レディはジョニーたちに襲い掛かった。
死闘の末、レディは倒れた。キラーの屍の上に倒れこみ、二人は抱き合いながら消えた。
世界に現れた『門』が崩れ落ち、空に吸い込まれていった。

◆ナタンは世話になったインディアンの村に戻った。
◆リカルドはエドナの墓参りのあと、どこかに旅立った。
◆ヒルダは、また棺おけで何百年もの眠りにつく
◆マオはなんと、ハリウッド女優に。
◆フランクはブラジルにある撫裸汁忍者村で忍者修行、変な人として有名人に。
◆ジョニーはニューヨークに戻って探偵。「また猫探しの依頼?」とぶーたれている。
◆シャナイアが現れジョニーをたしなめる。どうやらここで一緒に探偵業を営む様子

507 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:16:44 ID:WimrSdt0
とりあえず、グッドエンディングまで。
分岐場所のセーブを間違えたので
バッドエンディングを見るまで、あと3日はかかると思います。
見たら、また書き込むので、それまで待ってください。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 11:21:08 ID:BYBXxLY+
シャドウハーツの人乙です


509 :シャドウハーツ・フロムザニューワールド ◆l1l6Ur354A :2005/08/18(木) 11:32:50 ID:WimrSdt0
>>504
やべ。父親の名前間違えてやんの。
グレアムじゃなく、グラハムが正解です。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 11:41:31 ID:9IGGSuMQ
シリーズ指定を嫌がる人がいるようなので取り消して、まずアマランス1をリクエストします。
PC-98版とWINDOWS95版がでているようですが後のものはPC-98版しか出ていないようなので
1もPC-98版の方のストーリーをお願いします。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 11:43:26 ID:9IGGSuMQ
>>479
作成元の風雅システムのサイトに行ってみたけど、特に成人向けではないみたい。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 11:51:12 ID:+n0j0KnS
シャイニングフォース3は3つで1作だよ。黄金の太陽と同じ。
黄金の太陽書いたし自分だって未解決に協力したいけど、知ってるのがないのさ(´・ω・`)
バテンカイトスの続きでいいなら書くけど。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 17:00:25 ID:OmXKO8oo
3つで一つとか言ったらDQ1〜3だって、ゼノサーガシリーズだって、同じだぞ。
前は未解決リストにも余裕あったから良いけど、今後は余裕ないんだからシリーズ指定は禁止するべきだろう。

>>512
バテンよろしくお願いします。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 18:44:32 ID:kWgtfMJm
依頼主ですがシャドハフロムの人本当に乙です!
BADエンドも楽しみに待っています。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 18:46:31 ID:9IGGSuMQ
未解決リストに余裕がないっていうのがよく意味がわからないんだけど。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 19:05:08 ID:emXwxoLu
シャドフロの人乙ー
今回のグッドエンドは「グッドっぽい」なw
前作はグッドなんだかバッドなんだかわからなかったからな

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 20:07:00 ID:spuCt2MP
>>515

>>352

ま、未解決状態が半年とか長いものは迷宮入りとして未解決リストからはずして、
サイトにだけ残すとかかね

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 20:58:05 ID:+n0j0KnS
じゃバテン書くね。
リクする人は未解決から一つ書くとか言うふうにできればいいんだけど…そうもいかないんだよね。
ある程度時間が経ったリクは削除するに賛成。
リクした人ももうスレを見てないかもしれないし、見たければまたリクすればいい。

519 :515 ◆A.ilTwwjjQ :2005/08/18(木) 22:25:02 ID:J5yh6VV/
では一応10スレ以上前の未解決を迷宮入りと称して
したらばの掲示板にでもスレを立てておきますね

でも今ビール4杯飲んで手元が全然おぼつかないので明日の朝にでも。

520 :英雄伝説X:2005/08/18(木) 22:31:33 ID:xh4oVvv3
<第一章・盗賊どもの奇想曲>
グレイスール・トリムに入ったフォルト達。彼らはそこでマクベインにあの手紙を送った、シャオとレイチェル親子に出会う。
彼らもまた旅芸人で、彼らの話によると、グレイスールは現在旅芸人を装った盗賊集団・スイング団が各地で暴威を振るっており、
そのせいで旅芸人のイメージは最悪になっているという。
トリムの街道沿いの洞窟で手に入れた共鳴石「心眼」で得たフレーズを使い、イメージ回復の為に親子と共に興行を行うが上手くいかない。
幸先の悪いスタートになったグレイスール巡業。トリムでの興行を終え、親子を加えたフォルト一行はビエントへと向かう。

ビエントでは、シャオ親子が勝手に受けてきたバイトをする羽目になる。町一番の資産家の家事手伝いをするフォルト達。
腹を空かせたトビネズミを助けたり、キツイ重労働に根を上げシャオ親子が逃げ出したりして時間は過ぎてゆく。そんな中、
思わぬ事態が勃発する。外に出掛けていたウーナが、スイング団に攫われたのだ。彼女を助けるべく一団が立て篭もって
いる水琴窟に向かうフォルト達。先程助けたトビネズミ達の恩返し攻撃で難なく一団を撃退し、無事にウーナを助け出した。
水琴窟では共鳴石「水」が封じられており、ついでに手に入れる。
トビネズミのリックが仲間になり、賑やかになった一座はレオーネゆかりの音楽学校があるので有名な、カントスへと旅立つ。

音楽学校で、フォルト達は三度の飯よりイタズラ好きなシュベールという生徒と知り合う。学校では音楽祭を催しており、
一座も一般参加を申しこむ。そのさ中、校長の部屋が誰かに荒らされる事件がおきた。速攻で疑われるシュベール。
無実を主張をするが、日頃の行いのせいで教師達は信じようとせず、シュベールは学校を飛び出してしまう。
人格者な校長のお陰で彼が無罪だとわかり、フォルト達は彼を連れ戻す為に跡を追う。
隣町のボザールへと続く峠の茶屋でシュベールとその祖父レイゼンを発見する。レイゼンは学校の初代校長であり、レ
オーネとも会った事があるという。疑いも晴れ、学校に戻るフォルト達とシュベール。
学校では既に音楽祭が本格的に始まっていたが、その舞台に突如スイング団が乱入し、団の頭目が校長に共鳴石を出せと要求してくる。
頭目は何故か共鳴石の存在を知っていた。
「ない」「いや、あるはずだ」と押し問答を始める校長と頭目。
そこに別行動をとっていた団員が現れ、レイゼンが石を持っているという情報を伝える。一団は早速峠の茶屋に向かい、
フォルト達とシュベールも急いで跡を追いかける。一団はレイゼンから無理やり共鳴石を奪おうとするが、シュベールの
コショウ爆弾の襲撃を受けあえなく撤退。レイゼンと共鳴石の無事を確保する。
邪魔者も退散し、音楽祭は再開された。マクベイン一座の演奏は絶賛を受け、レイゼンは審査員特別賞と言い、共鳴石
「生命」を手渡す。正しい人に共鳴石を渡すようレオーネに頼まれていた彼は、フォルト達に石を受け取る資格があるとみなしたのだった。

521 :英雄伝説X:2005/08/18(木) 22:33:24 ID:xh4oVvv3
シュベール達と別れ、ボザールに到着したフォルト達。彼らはそこで独奏会での優勝者、アルトスと再開を果たす。本業はパン屋のアルトスは、
生き別れた姉を探すために姉との唯一の思い出であった音楽を続けているのだとか。
アルトスと別れ、共鳴石探しを開始する。ボザールの西にある採掘場でそれらしい石が発見されたというので、採掘場に赴くことに。
採掘場の深部で、厳重に封じられた共鳴石「大地」を手に入れるが、またしても現れたスイング団に不意を衝かれてしまう。
一団が歌うフザケた子守唄で眠りこけ、「大地」の共鳴石を奪われてしまう。スイング団の秘密兵器は聞く者全てを眠らせる子守唄であった。
アルトスと、一団の存在を無視できなくなったボザールの町長、ルプシャの助けを得てスイング団のアジトがある旧採掘場へ向かうフォルト達。
そこで一人のの団員を捕まえる。およそ悪人に見えないその団員の話によると、スイング団は元はただの旅芸人の一座だったが、ある日ふと
した事で共鳴石「子守唄」を手に入れ、悪用することで盗賊に身を堕としてしまったのだという。そんな彼らに謎の人物が近づき、もっと沢山の
共鳴石を手に入れたら多額の報酬を渡すと約束されたらしい。
彼の話を聞き終え、いよいよ旧採掘場の最深部でスイング団と決着をつける。子守唄対策をしていた為、実にあっさりとスイング団を打ち
負かし、「大地」と「子守唄」の共鳴石を手に入れる。
スイング団は捕まるが、先程の団員が必死に仲間の命乞いをする。その姿に心を打たれ改心した頭目とその子分達は、町長の計らいで、
採掘場で働くことでその罪を償うということで処分が決まる。フォルト達の活躍により、グレイスールでの旅芸人の地位は回復した。
                                   第一章終了。


522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 22:37:21 ID:xh4oVvv3
今回はここまでということで。まだまだ続きます、すみません。

>>519
いつもお疲れ様です。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 00:02:47 ID:bd5WlTc2
ロックマンエグゼファントムオブネットワークをお願いします。

途中になってるロックマンゼロ4の続きとキラー7(PS2)を書こうと思うんだけど、いいかな?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 00:30:29 ID:PThAjFHC
>>523
ぜひお願いします

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 00:36:58 ID:PThAjFHC
>>519
まとめサイトの人もいつも乙です。
お暇な時でけっこうですのでよろしくお願いします。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 01:35:18 ID:k4npwXLR
グランディア3のストーリーレポ要望にお答えして、書いてみます。
Disk2はまた明日。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 01:39:31 ID:k4npwXLR
Disk1

山間の壷作りの村アンフォグで、母ミランダと暮らす少年ユウキは、
飛行機王シュミットに憧れ、海の向こうの大陸まで飛行機を
飛ばすという夢を持っていた。

ある日ユウキは親友ロッツと共に試作飛行機19号を完成させ、
その夜大陸に向けて飛び立つが、
操縦席の後ろに隠れていたミランダの重さで
飛行機は近くの森に墜落しそうになる。
このとき、兵隊に追われている少女を発見した2人は
そのまま少女の乗る馬車に突撃する。
行きがかり上兵隊を倒した2人は馬車を確認するが少女はいない。
近くの森を捜索すると、少女が黒尽くめの男になにやら詰め寄られているところだった。
男を追い払った2人は少女をアンフォグに連れ帰る。
(ロッツは大陸でユウキを迎えるため旅立ったこともわかる)

翌日、少女(アルフィナ)を探して兵隊長コーネルが現れ、2人はこれを撃退。
アルフィナが神獣の言葉を伝える巫女「神人」であり、
海の向こうの大陸にあるアークリフに神人としての
最初の儀式をしにいくところだと知った2人は、大陸側の港町メンディまで、
アルフィナを送ることにした。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 01:41:49 ID:k4npwXLR
アルフィナの超マズキノコ鍋に戦慄しつつ
山から降りてきて着いたサバタール海岸で、
3人は海岸に樽詰めにされて流れ着いていた男アロンソを助ける。
アロンソが船の船長だと知った3人は彼の船に乗せてもらうべく
港町サバタールに向かう。
サバタールにつくと、アロンソはいきなりカジノに行ってしまう。
そしてカジノの主人ビアンカにアルフィナの大事なブローチを巻き上げられる。
また、彼はすでに船も服も全部ビアンカに取り上げられていた事が発覚する。
後がないアロンソは、賭けに負けたらビアンカと結婚すると約束し、
翌日の勝負に全てを賭けた。

翌日、ミランダの協力でビアンカのイカサマを阻止したアロンソは賭けに勝ち、
船と服とブローチを取り返した。
こうして航海に出た4人は、海上で飛竜乗りウルと出逢う。
この時、最近謎の地震が発生していること、そのとき発生する黒い渦は、
「バース界」に繋がっていて、そこは死の世界らしいという話を聞く。
神人として、「バース界は神獣の故郷であり、楽園である」
と聞かされていたアルフィナはこれに動揺する。
また、ウルはユウキにメンディにシュミットがいる事を伝え、
途中ランドート島に寄って彼の好物レムの実をもっていけと助言し、去る。
ランドート島に着いた4人はレムの実を入手するが、
謎の地震がおきて発生した黒い渦にアルフィナが飲み込まれてしまう。
ミランダの制止を振り切って、ユウキは黒い渦に飛び込む。

渦の先は全てがガラスでできている世界だった。
2人はそこで背中に羽根があるバイオリン弾きの少女に出会う。
少女は、この世界は忘れ去られるべきだと言い、バイオリンの力で2人を元の世界に返す。
アルフィナは少女も一緒に来るように言い、その手を握るが、
その冷たく冷え切った手に驚き手を離してしまった。
元の世界に戻った2人は、アロンソとミランダと合流する。
とりあえずの目的を果たした4人は、メンディに向かった。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 01:45:10 ID:k4npwXLR
メンディに着き、ユウキはシュミットに飛行機作りを依頼する。
シュミットは本当のレムの実を持ってきた者だけに飛行機を作ることにしており、
ユウキは飛行機を作ってもらえる事になった。
ランドートでユウキのアルフィナへの思いの強さを感じたミランダは、
ユウキがアークリフまでアルフィナについて行くことを認め、
自分はアロンソと共に新しい旅にでると告げてPTを離脱。
(以後2人は一切登場しない。街のNPCのセリフで結婚したらしいことはわかる。)

ユウキはアルフィナとともに飛行機でアークリフに向かうが、
途中巨大な空とぶ蛇に乗ったアルフィナの兄、エメリウスに遭遇して墜落する。
それでも2人はなんとかアークリフの神殿に着く。
その夜、アルフィナは本来神人には兄がなるはずであったこと。
しかし、最初の儀式を前にして兄が失踪したことを語る。
翌日、アルフィナは神人として聖獣グリフを召喚するが、
そのグリフを突然現れたエメリウスが殺し、さらに神殿を破壊してしまう。
ここから脱出した2人はメンディまで戻ってくるが、
アルフィナはショックで寝込んでしまう。
ユウキはウルと再会し、もう一度レムの実を取りに行って
シュミットに飛行機を作り直してもらうことにした。
無事レムの実を入手した2人が街に戻ると、アルフィナも気を取り直しており、
またパンがまともに焼けるようになっていた。
飛行機を作ってもらった3人は、「他の神獣に会い自分の死を伝えてほしい。」という
神獣グリフの遺言に従い、まずウルの故郷である飛竜の谷に住む、
神獣ドラクに会いにいくことになった。

ウルは谷を逃げ出してきたという過去があったため、
谷にいっても、アルフィナが神人であると信じてもらえず
部族の者にドラクとの面会を拒否される。
が、ドラクの一声で部族の者も折れ、アルフィナはドラクの力を宿したオーブを貰う。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 01:47:15 ID:k4npwXLR
ドラクに東の砂漠に神獣がいると聞いた3人は、
砂漠の集落バクラに向かう。この街の族長ダーナは神人の来訪を占いで知っていた。
ダーナとの会話で、アルフィナは兄エメリウスのことや、
聖獣グリフの「どんな時でも愛を忘れるな」という言葉を語るが、
これを聞いたダーナは突然「愛は悲しみを生むだけ」といい、引きこもってしまう。
困る3人は宿屋で肉料理をやけ食いする。
その夜、かつて森で遭遇した黒尽くめの男デュンケルが再び現れる。
デュンケルはこれ以上エメリウスに近寄らないよう警告して去るが、
この時デュンケルがかつてこの集落の族長を務めており、
ダーナの恋人であり、エメリウスに会った直後から失踪していたことが発覚する。
デュンケルが生きていたとわかったダーナは愛を信じる気になり、
神獣ヨートがいるバクラ遺跡へ3人を案内する。
遺跡最深部についた4人は、奥へと続く門が破壊されているのを見つける。
嫌な予感がした4人が奥へ行くと、そこにはヨートを殺そうとしている、
エメリウスの部下コーネルとヴィオレッタの姿があった。
2人を撃退し、ヨートからオーブを貰った4人は集落に戻る。

ダーナの思い出話から、デュンケルとエメリウスが失踪前、
集落北にあるヘルアセルから、バース界にいった事をしった3人は、
その足取りをたどってなぜエメリウスが聖獣を殺すようなマネをしたのかを
探ろうと決める。デュンケルを追うダーナを加えたPTは、
バース界の扉を開く族長の証を用い、
ヘルアセルからバース界に再び旅立った。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 02:00:08 ID:k4npwXLR
と、ここまで。文章が長いのはこれが要約ではなく、
シナリオ上のイベントをほぼ全部端折らず書いてるからです。
むしろDisk1枚の内容がレス4つで全て表せてしまうのは…orz

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 03:27:55 ID:bIwpzNRj
プレステ2のインゴット79をお願いします

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 05:13:58 ID:PThAjFHC
グランディア3の人乙です
噂通りの内容の薄さに笑いましたw
2枚目の方にぎっしりストーリーが詰まってるんでしょうか?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 08:05:51 ID:WZlJcnDZ
グランディア3の人乙。

次から名前欄に、ゲームタイトルと新作トリップ>>1を入れてくだちい。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 17:43:14 ID:zUoGxPgE
グランディア3は最後に行くにつれてしょぼくなるよ

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 18:10:26 ID:C0kyxHjC
九龍の続き投下します。
端折ったのに妙に長いのは何故なのか・・・

537 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:11:54 ID:C0kyxHjC
 3人の執行委員を墓から解放し、心強い味方が増えた葉佩。
だが残りの執行委員の一般生徒への制裁は次第に苛烈になっていく。
反発する生徒。その影には、葉佩を利用し、生徒会の力を弱め様とする仮面の男
<ファントム>の存在があった。
 生徒会、転校生葉佩、ファントムの三つ巴の様相を呈する学園。
 そんな中でも度々ピンチに陥りながらも仲間たちの協力を得、墓の秘密を暴く葉佩。
探索が進むにつれ、墓を暴かないでくれ、と頼む双子の少女の幻を時折見るようになる。
 そして、墓に進入する場所でもある墓地(学園内に墓地が何故かある。表向きは行方不明の
学生の持ち物を埋めている、と知らされている)にミイラが埋められている事を突き止める。
生徒会に逆らった者の末路であるミイラたちは、それでもまだ生きていたのだった。
 苦闘の中、執行委員全員を解放し信頼を得る葉佩。
多くの仲間を得、残る敵は生徒会長,阿門を中心とする役員メンバーだけとなる。
 

538 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:13:13 ID:C0kyxHjC
 役員最初の敵は書記の双樹(巨乳美女。阿門に惚れてる)。
香りによって人の記憶を操作する彼女の能力によって、葉佩をはじめすべての人間が
クラスメイトの神秘的美少女、白岐の存在を忘れてしまう。
 白岐は生徒会=墓守たちにとってある重要な存在だった為に阿門の手によって隠されていた。
 誰もがもやもやした思いを抱きつつ思い出せない、そんな状態の中何故か皆守だけは
記憶を保っており、葉佩と共に白岐を探す。
 やがて白岐の事を思い出した葉佩は二人で彼女がいる時計台へと向かう。
 白岐を守れるなら、と道を譲る双樹。その途中、時折見た幻のごとき少女が現われる。
小夜子と真夕子と名乗る少女は葉佩に墓の秘密の一端と、白岐を悪しきものから守って
欲しいと願いを託すのだった。

 だが、墓に封印された者は確実に力をつけ、ついに一般生徒まで利用し何かを探す。
それは自分を完全に解放する為の「鍵」。
 葉佩が<墓>を暴いてきた為、ついにそれが完全に力を得ようとしているのだった。
(ちなみに、この段階で巨乳の双樹(書記)と細目の神鳳(会計)が仲間に)

539 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:14:02 ID:C0kyxHjC
生徒会長、阿門の屋敷がファントムに襲われる。
阿門を慕う神鳳と双樹、そして副会長補佐の夷澤に阿門は<墓>の最後の封印を開く鍵を
守る事を頼む。
 深夜、葉佩は双樹に呼び出されプールに出向く。待っていた双樹(裸にリボン)に
鍵の事を切り出される。そこへファントムが現われ、双樹(裸にリボン)を襲い、鍵の在り処を
喋る様に脅す。更にそこへ現われた阿門は双樹と引き換えに鍵の入った箱を手渡す。
鍵を奪い去るファントム。
 それを追い遺跡に潜りファントムと戦う葉佩。戦いの末にファントムの正体は生徒会の
副会長補佐夷澤だと知る。阿門を密かに追い落とそうとしていた心の隙を突かれ、墓に潜むモノに
手駒として利用されていたのだった。
 解放してくれた葉佩に協力すると誓う夷澤。
 そして彼等が去った後に、鍵を手に入れたとほくそえむ声が聞こえる・・。

学園が葉佩が所属する組織の敵対組織に襲われる。彼等もまた遺跡の宝を探していた。
手引きしたのは、葉佩の後に転校してきたモノベ。彼もまた高校生トレジャーハンターだった。
 ファントムから鍵を出し抜いて手に入れたのもモノベだった。占拠された学園を解放し、
モノベの後を追う葉佩。最奥エリアで変生し鬼と化したモノベを倒し、鍵を取り戻す葉佩。
その時守り手不在の場所にケヒトカグツチが現われる。カグツチを倒すと1枚の写真が
葉佩の手元に残る。それはラベンダーに囲まれた女性の写真だった。
 鍵を取り戻し地上に戻る葉佩を待っていた阿門は「鍵など存在しない」と言い放つ。
ファントム、トレジャーハンターを一掃する為に、偽者の鍵を用意した阿門の作戦だった。
 疲れた身体を引きずり部屋へと戻ると白岐から温室に来て欲しい、との書置きが残されていた。

540 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:14:47 ID:C0kyxHjC
白岐の手紙に従い深夜温室へ出向く葉佩。そこで待っていたのは白岐の姿をした,巫女だという
女性と、あの双子の少女だった。対の勾玉に姿を変え、白岐に寄り添う少女。
同時に白岐とは別の、封印の巫女と名乗る女性の姿へと変る。そして彼女は<墓>の真実を語り始める。
 それは遥か1,700年前の大和朝廷と蝦夷との戦争にまで遡る。
 戦いに敗れ,殺されたとされる蝦夷の人々が、研究施設に囚われ、改造された結果が<墓>に
蠢くケヒトなのだと。だが蝦夷のリーダーであったナガスネヒコは研究者たちが思いもよらぬ
程の力を身につけ、自らを崇拝してきた荒神アラハバキだと思い込むようになる。
研究者たちは研究所を封鎖、その鍵を巫女の一人に封印したのだという。
すでに1,000年以上の月日を経て、地上に出ようとするアラハバキを封じる事は出来ず、
共に封印されている<九龍の秘宝>に頼るしかない、という巫女。
 そこまで話した時、「見つけた」という不気味な声と共に白岐に施されていた封印(鎖)が
砕け散り、双子の少女の姿も消えてしまう。
白岐は、隠してあった剣を葉佩に託し、倒れてしまう。
 途中から現われた皆守に言われ、1時間後に共に遺跡に潜る事を約束する。

 いよいよ最後の決戦に臨むわずかな時間に絆を育んだ大切な人と共に過ごす葉佩だった。


541 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:16:14 ID:C0kyxHjC
 皆守と共にいつものように<墓>へと降りる葉佩。いつものように降りた中心部が崩れ落ち
そこに入り口が現われる。最後の扉に足を踏み入れる二人。ふと足を止め、アロマパイプに火を
付けながら、今迄の事を回想する皆守。やがてその視線を葉佩に向けて静かに言う。
「俺は忠告したはずだ、生徒会には気をつけろ、と。悪いがこれ以上進ませるわけにはいかない」
「残るお前の敵は生徒会の会長と副会長、つまり阿門と俺だ」「俺が相手だ悪く思うなよ」
 
 容赦のない攻撃を仕掛ける皆守に苦戦しつつどうにか倒す葉佩。
隠し続けた事を表に晒した事でふっきれたような皆守は葉佩が持つ「ラベンダーの女性の写真」に
ついて語りだす。皆守を唯一理解しようとしていた女性教師だったが、その途中で墓の秘密の一端と
墓に近づくものすべてを粛清していた皆守の秘密に気付いてしまう。それまでと同じく彼女を
処断しようとした皆守の前で二度と彼の手は汚させまいと彼女は自ら命を断ったのだという。
 

542 :九龍妖魔学園紀:2005/08/19(金) 18:17:01 ID:C0kyxHjC
 不自然なまでの明るさで改めて葉佩の手伝いをするという皆守。
 断固として墓荒しを排除しようとする阿門を説得しようとするが、阿門は衰弱している白岐を
再び封印の巫女として利用しようとし、葉佩がいては心が乱れると襲いかかってくる。
 阿門を退けるものの、アラハバキはついに復活いてしまう。かつてナガスネヒコに特別な思いを
寄せていた巫女の声も届かず、己は神だと言うアラハバキ。そしてそれを封じる<九龍の秘宝>など
ここには無い、と言い放つ。
 万策つきたと知った阿門は自分一人で抑えようとするものの、墓に長年支配されていた為に
身体の自由も白岐と共に奪われていく。葉佩は皆守と共にアラハバキに最後の戦いを挑む。
(注:一応他もう一人仲間を入れられるものの、話に絡まないので端折る)
 最後の一瞬に人としての心を取り戻すアラハバキはナガスネヒコとして消えていく。

 <墓>としての機能を失った遺跡は崩壊を始める。そこに残り呪われた歴史に終止符を打つという
阿門、そして阿門と共に残るという皆守。それが犯した罪の償いだと葉佩に笑って手を振る。
 崩壊する遺跡、その時双子の少女が現われる。彼女たちは学園のこれからに彼等が必要だと諭し
すべての人間を光りに包み送りだす。天に登るかのような光りが学園を包むのだった。

                                  終わり


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 18:17:54 ID:C0kyxHjC
補足
 ちなみに秘宝は本当にあって、騒いでる隙に先に潜入してたハンターにかっ攫われる・・・

 ゲームはここで終わっており、多くの迷い人を救った主人公が親友の心だけは救えなかった的
ラストで凹むプレイヤー続出。
その後発売されたシナリオ本では、各々のエンディングが載っており、馬鹿な事をした
皆守をぶん殴れるし、本心を聞く事もできる。ここまでゲームに入ってたならば。
 
 端折ったら八千穂がいなくなってしまった・・・。
 お粗末様でした。
 

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 18:36:45 ID:GofDV03u
九龍乙

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 18:51:56 ID:k4npwXLR
あーごめん。トリップ必要だった。思いっきり忘れてたな…。
ではグランディア3のDisk2編です。

546 :グランディア3 ◆l1l6Ur354A :2005/08/19(金) 18:53:13 ID:k4npwXLR
Disk2

バース界に降り立った一行は、背中に羽のある人々が住むテラリウムに到着する。
ここでは人々のガラス化が進行中だった。
そして、この街の指導者ヘクトが、アルフィナとユウキがかつて出逢った
バイオリン弾きの少女であることがわかる。
どうやらヘクトはエメリウスとデュンケルの事を知っているらしい。
ヘクトの奏でるバイオリンの音で花が枯れるさまをみたアルフィナは
それを止めようとするが、ヘクトは「地上人はいつも希望を運んでくる」と悲しそうに言い、
街の広場に人々を集める。彼女はグリフが死んだ事を街の人々に告げ、
聖獣の加護が得られない今、自分達にできることはただ”ゾーンの呪い”によって
ガラスになっていくという穏やかな滅びを受け入れる事だけだと説く。
その言葉に納得して解散する街の人々。そしてヘクトは自室に閉じこもってしまう。
ユウキ達一行は何も理解できないまま、ヘクトの家で一晩を過ごす。

翌朝、一行はヘクトが出かけ、2,3日は戻らないであろう事を執事から聞く。
時間を無駄にできない一行は、執事からかつてエメリウス達はテラニウムから、
スルマニア・ゼロに向かったことを聞き出しとりあえずその軌跡を追うことにした。

その道の途中にあった屋敷に住むフェムトという男から、
一行はバース界の歴史を聞かされる。
かつてバース界には、12の聖獣がそれぞれ加護を与えた12の街があった。
しかし、その聖獣のうちの1匹、ゾーンは無を司る聖獣であり、
全てのものと同化し、無に帰そうという望みをもっていたため他の聖獣と対立。
自身が加護していたバース界最大の街スルマニアの人々を盾に取り
他の聖獣と戦った。激しい戦いで何匹もの聖獣が倒れたが、ついにグリフ他
残った聖獣はゾーンの封印に成功した。ただしこの時、スルマニアは廃墟と化し、
バース界には全てのものがガラス化する呪いがかけられた。
残った聖獣は呪いが地上に広がるのを防ぐため、地上界に降りていった…。

スルマニア・ゼロについた一行は廃墟と化した街の中心部でヘクトに出会う。
ヘクトが言うには、かつてここを訪れたエメリウスは、
ゾーンの牙で自らの手を貫いてその力を手に入れ、
同時にデュンケルとヘクトの制止を無視してその封印を破ってしまったという。
泣き崩れるアルフィナ。だが、ダーナに軽く励まされすぐ立ち直る。
もう少しここに残るというヘクトを残し、一行はテラニウムに戻る。
翌朝。アルフィナの強さ?に心打たれたらしいヘクトが前向きになっている。
ダーナが、昔に妹ルイリが森で聖獣の鳴き声を聞いたという話を思い出し、
一行は地上界に戻る事になった。
バイオリンをケースに収めたヘクトは一行を見送る。

547 :グランディア3 ◆l1l6Ur354A :2005/08/19(金) 18:54:17 ID:k4npwXLR
地上に戻った一行はバクラに向かう。途中ノウティカ高原で、
エメリウスの手下ロウ・イルを撃破するが、逃げられてしまう。
バクラの集落に戻った一行はダーナの妹ルイリと会い詳しい話を聞いたあと、
肉料理を食べてからヴェジャスの森へ向かう。
ヴェジャスの森の奥の、ヴェージャ神殿の最下部の大空洞で
最後の聖獣セイバと会った一行。
ここで一行がバース界に行ってる間にドラクとヨートが殺された事を知る。
落ち込むアルフィナ。しかしすぐ立ち直る。
セイバからオーブを貰い、神殿を出るとそこにはエメリウス、
そしてそれを追うデュンケルがいた。
大空洞から出てきたセイバはエメリウスに首を切断され、死亡。
ついにすべての聖獣を殺したエメリウスは、
地面に剣を突き刺す。その割れ目から浮かび上がったのは、スルマニアと
それに寄生するように取り付いた不気味に胎動するゾーンのサナギだった。
空を飛んでエメリウスを追うデュンケル。
アルフィナはショックのあまり気絶してしまった。

目を覚まさないアルフィナのために森でキャンプする一行。
ユウキはアルフィナは自分が見てるから他の2人は寝るようにと言って
見張りについた。

アルフィナは夢の中で、小さな頃のエメリウスとの思い出を見ていた。
神人の手の甲にある、神人の証の紋章。エメリウスとアルフィナは、
その紋章を半分ずつ持っていた。
一緒に頑張ろうというアルフィナの言葉に、口ごもるエメリウス。
儀式を拒否するエメリウスは、神官をナイフで切りつけ部屋にこもる。
最後の記憶の扉を開けようとするアルフィナの前に、
幼い頃のアルフィナが現れ、開けないでくれと泣く。
アルフィナはどいてっ!っと無理やり幼いアルフィナをどかし、扉を開けた。
そこにあったのは兄の部屋。
部屋にこもったエメリウスは自分の手の甲の半分しかない紋章に、
ナイフでもう半分を書きたしていた。「これで聖獣の力は俺だけのものだ。」
と狂ったように笑うエメリウス。

ふとユウキが目覚めると、眠っていたはずのアルフィナがいない。
近くの川に行ってみると、アルフィナが泣いていた。
「どうしてっ!どうして2人で1つじゃダメなの?」と泣き崩れるアルフィナを
励ますユウキ。ホタルの光が2人を優しく包みそうになったところで、
聖獣の声が聞こえた。どうやらまだ残っている聖獣がいたらしい。
一行はその聖獣が待つ空とぶ遺跡、メルクに向かった。
メルク遺跡で一行は聖獣の幽霊ウナマと出逢う。
ずっと神人が訪れるのを待っていたというウナマは、オーブを一行に託す。

548 :グランディア3 ◆l1l6Ur354A :2005/08/19(金) 18:58:44 ID:k4npwXLR
何となくふっきれたらしいアルフィナと一行はエメリウスを止めるため、
浮上したスルマニアに向かう。
スルマニアについた一行は、ヴィオレッタおよびロウ・イルと戦いこれを撃破。
だがヴィオレッタには逃げられてしまう。
一方その頃、デュンケルはエメリウスと一騎打ちをしていた。
実は持っていたゾーンの牙の破片で自らも手を貫き、エメリウスと同じ力を
手にしたデュンケルはエメリウスと互角の戦いをする。
最後の2人の交錯時に、エメリウスの巨大な剣で貫かれてしまうが、
デュンケルの投げた剣はゾーンのサナギに刺さっていた。
この戦いを途中から下のほうで見ていたダーナは、落下するデュンケルに走る。
デュンケルを抱きしめ、後を任されるダーナ。
息を引き取ったデュンケルは光となって消えた。
おろおろするアルフィナに、ダーナは「あの人は最後まであの人だった。」と言う。

逃げたヴィオレッタは、ゾーン復活のためには自分のエメリウスへの愛の力が
必要なのだといい、ゾーンの根に貫かれるが、即死。
エメリウスは「お前の愛じゃダメらしい。」と冷たくあしらう。
最深部についた一行は、エメリウスと対峙する。
説得を試みるアルフィナ。だがエメリウスは全く聞く気がなく、戦いに。
戦闘には勝つが、このタイミングでゾーンがすこし復活。
エメリウスは側近グラウと共にアルフィナを攫い飛び立ち、
ユウキとウル、ダーナはスルマニアを脱出した。
ゾーンがすこし復活したため、空は紫色に染まり、
ゾーンの根が、地上にまで広がる。これに触れた者は皆ガラスになってしまった。
ユウキ達はエメリウスに追いつこうとするが、
途中で飛行機のエンジン部であるフライトユニットが故障。
雪山に墜落してしまう。

近くの町ラフリドでロッツと再会したユウキは、
フライトユニットを治してくれるように頼み込む。
ロッツはなんとかすると言うが、工房を訪ねてみると意気消沈したロッツが
でてくるところだった。
どうやら空が紫になったせいでフライトユニットが機能を失ったらしい。
ここでシュミットにも再会。シュミットは「女のためになんて理由で空を飛ぶな。」
と言い放つ。ユウキは見損なったと言い工房を飛び出す。
ロッツと2人で空を見上げた2人が、グライダーで飛ぶことを思いつく。
また、このとき街の中に黒い渦が発生。
そこから出てきたのはヘクトだった。ヘクトはアルフィナに呼ばれたと語る。
ユウキは即興で作ったグライダーで飛ぼうとするが、
近くの雪山に墜落。このとき真珠のネックレスを見つけた。
ネックレスを持ったままラフリドに戻ったユウキは、入り口で「もう一度だ…」
と言ったまま倒れてしまう。これを見たウルはシュミットに詰め寄るが、
シュミットは全く乗り気でない。ところが、ウルがいつの間にかもっていた
ネックレスを見るといきなり泣き崩れてしまう。
どうやらそのネックレスは、かつて彼が失った最愛の人のものだったらしい。
翌朝、ユウキが目覚めるとシュミットが傍らにいた。
シュミットは自分が最愛の人を失って飛ぶのを止めた時に使っていた、
フライトユニットを使わないエンジンのついた飛行機が裏山に眠っている事を
ユウキに伝えた。
改めてヘクトをPTに加えた一行は裏山に向かい、飛行機を無事入手。
1人乗りのこの飛行機にシュミットが乗り、後ろにユウキ達4人を乗せた飛行機をつないで、
気流によってエンジンなしでも飛べるところまで連れて行くことになった。

549 :グランディア3 ◆l1l6Ur354A :2005/08/19(金) 18:59:44 ID:k4npwXLR
翌日、前日に決めた方法で一行は崩壊したスルマニアに再び向かう。
気流を掴んだ後、シュミットの機体のエンジンは火を吹き、墜落した。
スルマニアに無事着いた一行は、ゾーンの根のコアを見つけこれを破壊した。
これにより根は消滅し空の色は戻ったが、ゾーンのサナギは残ったままだった。
これを壊しアルフィナを救出するためさらに奥に進む一行。
そのころエメリウスとアルフィナは最上階で2人の紋章をあわせ、
ゾーンの力を完全に開放していた。
アルフィナ曰く、「私は逃げない。兄さんを愛してるから。」
ところがゾーンが復活すると、エメリウスはアルフィナ含む全ての人がガラスになる
夢を見る。(たぶんアルフィナの愛に気付いたということであろうが、)
エメリウスは、揺れで崖から投げ出されたアルフィナの手を掴むが、
後ろからグラウに刺される。ゾーンの力を全て手中に収めようとするグラウ。
しかし、ゾーンの根に刺し貫かれてあっけなく即死した。
ここでユウキ達が最上階に到達する。
エメリウスは剣を抜き、ゾーンに向かって行く。アルフィナがPTに復帰する。
ヘクトが作った光の道で、ゾーンのところに向かう一行。
そこにはエメリウスの剣だけが残っていた。
ゾーンを倒した一行は、ガラスになったエメリウスを見つける。
それを見て涙するアルフィナ。そのときエメリウスが発光し、アルフィナを抱きしめる。
「ありがとう。」という言葉を残し消えるエメリウス。

Thank you ←画面に表示される。
スタッフロールへ。写真っぽい後日談が流れる。
・デュンケルの墓参りをするダーナ
・街の人気者になってるウル
・なんか楽しそうなアロンソとミランダ
・相変わらずバイオリンをひいてるヘクト

で最後のCG
結婚して子供ができてるユウキとアルフィナ。
その子供が飛行気乗りになる夢を抱いたところで糸冬

550 :グランディア3 ◆l1l6Ur354A :2005/08/19(金) 19:06:37 ID:k4npwXLR
と、まぁこんな感じです。
コーネルどうなったのよ?とか、
ガラス化してたバース界と地上の人はどうなったのよ?とか、
ウルって何でついてきてんの?とか、
聖獣のオーブって戦闘補助しか意味なくない?などなど
多くの疑問は最後までわかりません。
あ、ちなみにDisk1で神獣と表記してましたが、正しくは聖獣でしたorz

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:16:59 ID:rKxnAa2n
九龍の人、グランディア3の人乙です。
あらためて>>332を読み返すと…なるほど。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:17:57 ID:lyOJcLtv
グランディア、乙。文章だけだと、本気で普通の冒険活劇だ。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:44:23 ID:39d6TpXK
グランディア3の人&九龍の人乙
アルフィナ、ウザいと聞いたが、文で読む限りでは普通っぽいな。
王道RPGというノリで楽しめそう。
あと九龍の皆守が女だったらヨヨ並の悪女ヒロインだったろうに。。惜しい。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:47:48 ID:oUzHK1J/
>>553
アルフィナがウザイのは声が原因だな

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:48:31 ID:CHwwSxog
兄さん好きすきがウザイ

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:54:54 ID:39d6TpXK
声がウザいってのはCM見たからなんか分かる・。
ヒロインが自分以外の男を好きも切ないな。
それと最後に結婚して子供まで、ってのだけは苦手だ・・何故か知らんが。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:54:59 ID:bIwpzNRj
>>553
プレイするとこんな感じの印象を受けるらしい。
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1124303041/66

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 20:58:10 ID:bIwpzNRj
しかし>>332読んで、>>342と同じでオレも「私も飛ぶわ!」って言ってるのは
ヒロインなのかと思ってたがおかんだったのか

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 21:01:10 ID:39d6TpXK
>>557
な、なんか瀕死?

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 21:02:04 ID:bQuDw7Bx
グランディアは2が地雷だった。
うざい宗教女との回避不可能なデートイベントが苦痛。
Xもクソゲーだったらしいしもう興味のかけらもない。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 21:22:51 ID:LI/IwvJL
>>557
コピペ改変ワロスw

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 21:54:19 ID:k4npwXLR
グランディア3もこうしてシナリオプロットにしてみると、
そんなに悪くないのかもしれないですな。
ただ、敵側のキャラ背景、味方の個別イベントが皆無であるために、
やっててもほとんど感情移入はできない。
声あててる人の演技の質やCGの台詞回しのヘタレさが全てをぶち壊す。
グランディア3は、まさにそんなゲームだったのですよ。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 21:56:10 ID:xqz8Rb3H
書き手さんがた乙です。
3は兄と妹の物語でしたか。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 22:04:10 ID:GofDV03u
ヒロインばかり欠点を指摘されるが主人公もかなりアレだった

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 23:04:03 ID:YoIbwG0D
…オレは読むのも面倒なカスだ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 23:10:25 ID:rggffW0X
(#・д・) オマヘハ カスダ!

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 01:08:41 ID:b0w+6LjU
キングダムハーツが半年以上止まってるので再リクエストしたいんだけど
こういうのってアリ?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 01:42:40 ID:t5m5l03F
●未解決分
■PS2 ・グレゴリーホラーショー ・キングダムハーツ ・キングダムハーツFM ・ナノブレイカー
・ロックマンX7 ・決戦3 ・ジルオール ・ミッシングパーツ ・インゴット79 ・BUSIN
・紅忍 血河の舞 ・FF11(国別、プロマシア) ・ガレリアンズ:アッシュ ・ステラデウス
・悪代官(1、2) ・Remember11 ・X−FIRE ・ハードラック ・ファントムキングダム
・ワイルドアームズ3(詳細に) ・ガンバード1&2 ・桜坂消防隊 ・バイオハザード(OB1,2)
・スペクトラルフォース ラジカルエレメンツ ・ジェネレーションオブカオス4 ・ぼくのなつやすみ2
・爆炎覚醒 ネバーランド戦記 ZERO ・スペクトラルフォースクロニクル ・michigan
・「ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ」(EXダンジョン以降) ・ポポロクロイス 月の掟の冒険
・レイジングブレス ・over the monochorme rainbow ・ナムコ×カプコン ・機動新撰組 萌えよ剣
・花と太陽と雨と ・ディノクライシス(ガンサバ、3) ・慶応遊撃隊外伝蘭末ちゃん〜 ・武蔵伝2
・サイレントヒル4(アイリーンの死ED) ・GENJI ・シャイニングティアーズ ・転生學園幻蒼録
・天空断罪スケルターヘブン ・アーマードコアラストレイブン ・デビルメイクライ3
■PS ・ミスティックドラグーン ・黒ノ十三 ・すべてがFになる ・エクサフォーム ・猫侍
・ドラゴンシーズ ・聖霊機ライブレード ・フェイバリットディア純白 ・立体忍者活劇天誅弐
・フロントミッションオルタナティブ ・ミスティックアークまぼろし劇場 ・火星物語
・スタートリングオデッセイ ・エースコンバット(1、3) ・クロノトリガー(追加部分のみ)
・厄 友情談義 ・厄痛 呪いのゲーム ・ガレリアンズ ・プラネットライカ ・カウボーイビバップ
・ゲッPーX ・ゲッターロボ大戦 ・ディノクライシス(1、2) ・夕闇通り探検隊 ・ダークメサイア
・学校のコワイうわさ花子さんがきた!! ・チョコボの不思議なダンジョン2 ・…いる!
・シュレディンガーの猫 ・トワイライトシンドローム
■GC 
■SFC ・スーパーマリオRPG ・セプテントリオン ・FFUSA ・エルナード ・魔神転生
・ヒーロー戦記プロジェクトオリュンポス
■FC  ・道(TAO) ・メタルギア ・スプラッターハウス(2、3) ・モンスターメーカー
・スウィートホーム ・ヘラクレスの栄光2 ・ゼルダの伝説 ・リンクの冒険 ・まじかるドロピー
・えりかとさとるの夢冒険 ・亀の恩返し ・スーパースターフォース ・京都財テク殺人事件
・メタルスレイダーグローリー ・名門多古西応援団 ・魔法のプリンセスミンキーモモ
■64 
■XBox 
■セガ系  ・ファンタシースター(1、3、千年紀) シャイニングフォース3(1、2、3)
・シャイニング ザ ホーリィアーク ・ロンド〜輪舞曲〜 ・ゆみみみっくす
・リアルサウンド〜風のリグレット ・大冒険セントエルモスの奇跡 ・七ツ風の島物語
・エターナルアルカディア ・慶応遊撃隊 ・慶応遊撃隊活劇編 ・バトルマニア(1、大吟醸)
・エレメンタルギミックギア ・RAMPO ・「R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル」
■携帯機  ・ゴットメディスン ・超執刀カドゥケウス ・聖剣伝説1 ・風来のシレンGB2
・真女神転生デビルチルドレン(赤、光、闇、炎、氷、メシアライザー) ・アレサ1〜3
・スーパーロボット大戦OG2 ・メタルギアソリッドゴーストバベル(おまけドラマも)
・新天魔界〜GOCWアナザサイド〜 ・サバイバルキッズ(1、2) ・エストポリス伝記 よみがえる伝説
■PCゲー ・「囚人へのペル・エム・フル」 ・ガラージュ ・コマンド&コンカー ・偽典女神転生
・サイキックディテクティブ(1、2、3、4、5、ファイナル) ・英雄伝説6 空の軌跡
・アークトゥルス ・シュバルツシルト(F以降?) ・アリスインナイトメア ・イース〜フェルガナ
■その他 (PC Engine)・コズミックファンタジー ・青いブリンク ・不思議の海のナディア
・天外魔境ZIRIA ・てきぱきワーキンラブ (PC-FX)・虚空漂流ニルゲンツ (MSX)・メタルギア2
(アーケード)・ストリートファイターIII 2nd ・鉄拳シリーズ (ケータイ)ロックマンエグゼファントムオブネットワーク

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 01:44:45 ID:t5m5l03F
●未解決迷宮入り
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・フェイズパラドックス ・ライゼリート
・ジェネレーションオブカオス2、3
■PS ・聖刻1092 操兵伝
■GC ・バイオハザード0
■SFC ・ラストバイブル3 ・ざくろの味 ・幕末降臨伝ONI ・弟切草 ・ソウルアンドソード
■FC  ・太陽の神殿 ・ゲゲゲの鬼太郎2 ・ボディコンクエスト
■XBox ・真女神転生NINE
■セガ系 ・ラングリッサー2 ・ファンタシースター(2、オンラインep3) ・サイバードール
■携帯機  ・ONI1,2,4,5 ・KOF R-1,EX 
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜
■その他 (特殊)・剣神ドラゴンクエスト

●途中
■現スレ ・流行り神 ・かまいたちの夜 ・英雄伝説X 海の檻歌 ・クーデルカ
・シャドウハーツフロムザニューワールド
■前スレ ・学校であった怖い話 ・.hack//
■Part15以前から放置 ・真メガテンデビチル白 ・クーロンズゲート ・重装機兵ヴァルケン
・アバタールチューナー2 ・大正もののけ異聞録 ・スーパーロボット大戦OG
・ポリスノーツ ・逆転裁判3 ・ルドラの秘宝 ・ONI2 隠忍伝説 ・「テラ・ファンタスティカ」
・グランディア ・ONI3 ・ブルーフォレスト物語 ・東京魔人学園符咒封録
・ロマサガ(WCだけの話) ・ジャングルウォーズ2 ・バイオハザード2 ・幻想水滸伝3(主3人のED詳細)
●執筆予告がある物 
・大貝獣物語2[3] ・LUNAR ザ シルバースター[5] ・LUNAR2[5] ・ファイアーエムブレム蒼炎[5]
・エヴァーグレイス2[6] ・白中探検部[6] ・九怨[7] ・探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件[7]
・ペーパーマリオRPG[7] ・パラサイトイヴ[8] ・半熟英雄4[8] ・サーカディア[8] ・バテンカイトス[8]
・ロックマンゼロ4[8] ・キラー7[8]

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 01:48:44 ID:t5m5l03F
とりあえず、パート8のテンプレを参考に、
迷宮入りをリストアップしてみました。
容量限界まであと400バイトほどです。

あと、ラジカルドリーマーズとバイオハザードGAIDENは、
あらすじサイトをまとめサイトの方へ報告したので、
リストからは削りました。

>>381さん
剣聖ソードオブデスティニーは天星ソードオブデスティニーの
間違いではありませんか? 確認お願いします。

571 :472:2005/08/20(土) 02:12:45 ID:tDe1s5ZT
>>467=469=477(=要約スレ388),478=510=511=515,461=468=470=473=476
要約スレの391〜393にアマランスシリーズ全5作の要約を書いたよ。(全3レスだが実質1レス)
我ながら結構うまく書けたと思う。つーか俺も自分の記憶や資料がきちんと残ってる間に書いておきたかったんだ。
あんたらの本音は別にありそうな気もするけどね。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 06:19:37 ID:gj/mBdkp
>>571
向こうでも書いたけど乙でした。

>>567
迷宮入りになってからの方が良いのでは?
今また頼んでも変わらんと思うよ。
あとKHとKHFMってほとんど変わらないからどっちか一つにした方が良いと思う。
KHFMは追加分だけにしてもらうとか。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 06:22:00 ID:gj/mBdkp
>>568
未解決リストまとめの人もいつも乙です。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 12:10:53 ID:b0w+6LjU
>>572
なるほど。KHFMと言うのが出ていることも知らなかったよ、ありがとう。その通りにしよう。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 14:01:11 ID:lsWcdglY
>>568 まとめ乙です。
PSの「ゲッターロボ大戦」は、
「ゲッターロボ大決戦」の間違いだと思います。
訂正よろ

576 :ファントム・キングダム:2005/08/20(土) 14:51:26 ID:1bohnuzU
予言者プラムによって自らの魔界が滅亡すると予言された魔王ゼタ。
全知全能の書をもってすれば滅亡を回避できると考えたゼタだが、
「アホ魔王ゼタ、そのバカさ加減ゆえに魔界を消滅させる」と書かれていたことに激怒して火をつけてしまう。
が、全知全能の書=世界そのものであったため予言どおり自らの魔界が滅ぶことに。
しかし燃え尽きる寸前に自らの魂を書にコンファイン(憑依)させることでどうにか滅亡を回避。
また全知全能の書に願いを書き込むことで魔界を復活させる事が可能と判ったので、
本の姿となって動けないゼタに代わり他の魔王たちに願いを書き込んでもらうことで魔界を復活させる事に。

若くして魔王となった予言者プラム、ラスボスとして各所から引っ張りだこな邪神ヴァルヴォルガ、
ちょっとボケてる暗黒竜バビロン、ゼタをライバルとして何度も挑んでくる破壊神アレクサンダー、
元勇者で魔道に堕ちた冥王シードル、(自称)魔帝ロイヤルキングダーク3世、
元ゼタの弟子である背徳者サロメと次々集まってくる魔王たち。

アレクサンダーの挑戦を受けたり、謎の少女トレニアが闖入したりしつつも順調に復活していくゼタ魔界だが、
突如謎の振動に見舞われバビロンが「調停者が来るぞー!」と乱心状態に。
調停者とは魔王クラスのものでも敵わない力を持つ存在で、魔王を裁くためにやってくるのだとか。
若かりし頃調停者の呪いを受けながらも力の殆どを使う事でどうにか呪いを避けたバビロン曰くつるつるふさふさな容姿らしい。
そこへトレニアがつるつるふさふさなモロコシ悪魔を連れてくる。まさかこいつが調停者なのか…?
一体誰を裁きにやって来たのかと魔王たちが注目する中魔界復活作業からゼタが帰還。
ちょうどモロコシ悪魔たちを倒してきた後だったため、
もののついでにトレニアの連れてきたモロコシ悪魔も倒してしまう。
あっさり倒される調停者(?)「やっちまった…」な雰囲気にわけがわからないゼタ。
調停者を殺したものにも呪いは降りかかる。これでゼタの寿命は後三日。
そんなもの弾き返してくれるわ!と笑い飛ばすゼタだが魔王として暴虐を尽くしてきた事を考えるに
裁かれる要素はたっぷり、ちょっと不安。

577 :ファントム・キングダム:2005/08/20(土) 14:52:18 ID:1bohnuzU
そんなゼタにこれが最後かもしれないからと全力で挑んでくるアレクサンダー。
応えねば男が廃ると応戦するゼタだが本の姿のままなので超弱い。
男と男の戦いに乱入するサロメ。「邪魔するな!」とアレクサンダーに一喝されるも
「そっちこそ他人の恋路の邪魔するな!」と一歩も譲らないサロメ。
三つ巴の末サロメによってアレクサンダーは倒される。
(ルート分岐。自力でアレクを倒すとアレクENDへ)
自ら師匠ゼタの下を去ったサロメだが、それはゼタを愛するがゆえであり、
ゼタのために影ながら力を削ったサロメにはもう時間が残されていない。
ゼタにもまた時間が残されていないのなら一緒に死んで欲しいと願う。
しかしそれを突っぱねるゼタ。それならばと自らの魔界をゼタの魔界に衝突させて
戦わざるを得ない状況へと追い込むサロメ。
ゼタによってサロメは倒されたが、愛しい人に殺されるならば本望とサロメは逝く。
(ルート分岐。一定数の味方を味方で殺しているとプラムENDへ)
サロメを失った事で初めてサロメを愛していた事に気づくゼタ。
そこへトレニアが現れ自分こそが本来の全知全能の書の中身であることを告白。
人の姿も充分堪能したし、お互い本来の状態に戻ろうという事に。
そして本来の姿に戻った魔王ゼタは真っ先に愛しいサロメの復活を全知全能の書に書き込むのだった。

おまけ
…調停者の呪い発動予定日から3日後。呪いが発動する気配は全く無い。
あのモロコシ悪魔は調停者では無かったのだ。では調停者とは誰だったのか?わけのわからない魔王たち。
プレイヤーにだけ邪神ヴァルヴォルガを形成する3人格の1人、
オルフェリアこそが調停者であると明かされるのだった。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 14:53:27 ID:1bohnuzU
以上、ファントム・キングダムGOODEND(サロメEND)でした。
一部うろ覚え&他のENDは見たこと無いのでどなたかご存知の方補足お願いします。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 20:32:33 ID:ohdbAoFA


バビロンって、調停者と戦ったことあるのにオルフェリアのことに気付いてないの?

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 21:03:42 ID:eucjYV4E
バビロンちゃんはボケジジイですから

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 21:13:53 ID:7mCiBIrk
>>579
バビロンはボケてる

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 21:23:07 ID:ohdbAoFA
ああ、なるほどw

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 21:57:42 ID:B864EShx
バビーン

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 00:40:59 ID:YMd1s3Ah
PS2の「アカイイト」お願いします

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 17:42:48 ID:9zm2vH1T
スタートリングオデッセイ書いていい?

586 :271:2005/08/21(日) 18:59:31 ID:Tjeb8TJd
パラサイト・イヴを予約した>>271です。

全部書けるかなーと思ったのですが、
数年前にプレイしてしかも既に売っちゃったので、
ストーリーがうろ覚えでした・・・。
その結果、ゲーム中で6日間ある内容のうち最初の3日間だけ完成しました。
この3日間だけうpして、残りの3日間はパスということでもよろしいでしょうか・・・。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 19:14:23 ID:fT7ooNFJ
>>585&>>586
お願いします

588 :271=586:2005/08/21(日) 19:17:13 ID:Tjeb8TJd
>>587
マジすか?
それじゃあ、パラサイト・イヴの、最初の3日間を投下しますね。

589 :パラサイト・イヴ:2005/08/21(日) 19:24:17 ID:Tjeb8TJd
Day1【共鳴】
1997年12月24日、クリスマスイヴを迎えたニューヨーク。
新米刑事のアヤ・ブレアはボーイフレンドと共に、
オペラを観にカーネギーホールに到着したばかりだった。
舞台上では新進のオペラ歌手メリッサ・ピアスのソロが始まるところ。
それとほぼ同時にメリッサの体には異変が起こり始めていた。

メリッサが大勢の観客の中からアヤを確認した瞬間、
華麗な歌声に煽られるように、側にいた俳優たちが炎に包まれる。
そして、悲鳴を上げる観客たちまでもが次々と発火していく。
瞬く間に、劇場内が炎の海と化した。
しかし、何故かアヤだけは無傷。
拳銃を構え、アヤは単身でメリッサの元へ走った。

メリッサはもう、オペラ歌手だったメリッサではなくなっていた。
彼女はミトコンドリア「イヴ」と名乗り、アヤに攻撃をしかけてくる。

イヴは舞台裏に巨大な穴を開け、その中に逃げ込んだ。
アヤもそれを追い、劇場地下の楽屋へ向かう。

楽屋の稽古場に追い詰められたイヴは、
「核の支配は終わった。」と言い残すとメキメキと奇怪な音を立て体を変形し、
「ミトコンドリアが解放される日がやって来た。」と告げると共に、
アヤに向かって攻撃を仕掛けてきた。

稽古場での戦闘の後、イヴは再び床に穴を開け、下水道へと逃げ込んだ。
その後を追うように自ら飛び込むアヤ。
下水道の奥へ進むと、イヴが待ち構えていた。
「お前は分からなくともミトコンドリアは理解している・・・。」
という、意味深なメッセージを残し、
体をゲル状に変形させて下水道の奥へと消えていった。

下水道からカーネギーホールに戻ると、事件を嗅ぎつけたマスコミが殺到していた。
発火しなかった人間をレポートしようと、報道陣はアヤを取り囲む。
そこに現れたのが、相棒の刑事、ダニエル・Bo・ドリス。
彼は、しつこいレポーターを殴ると、アヤと市警に戻るのであった。

590 :パラサイト・イヴ:2005/08/21(日) 19:24:54 ID:Tjeb8TJd
Day2【融合】
オペラ座で起きた怪事件から一夜明けて、唯一の生存者となっていたアヤ。
アヤのいるニューヨーク市警17分署でも、その事件の捜査が始まった。
アヤとダニエルは、ミトコンドリアについて詳しいハンス・クランプ博士のいる
アメリカ自然博物館に向かう。

ここでハンスから、ミトコンドリアが熱エネルギーを発生させて、
人体を発火させることもできるという可能性を知る。
しかし、肝心の事件について触れると、博士は突然怒り出し口をつぐんでしまった。

署に戻る車の中で、調査に進展があったとの報告が入り、急いで署へ。
緊急会議で聞かされたのは、セントラルパークの野外音楽堂で行われる予定だった
メリッサのソロ・コンサートが中止になったにも関わらず、
観客がぞろぞろと集まってきているという事実だった。
それを聞いたダニエルは、息子のベンと妻のローレンがそれを見に行く予定だったことを思い出し、
セントラルパークに向かった。
アヤもダニエルを補佐するべく、セントラルパークに向かう。

昨夜のような惨劇を防ぐため、家族を救うために向かった二人だが、
イヴの影響なのか、パーク内に入ろうとするとダニエルの身体だけが燃えそうになり近づけない。
アヤが単身でイヴとダニエルの家族を探しに入る。

アヤが音楽堂に着くと、舞台の上には不気味に浮遊するイヴと、
何かに操られているかのようにうつろな、大勢の市民がいた。
そして、イヴは人間たちに宣戦布告するかのごとく
「今宵から我々ミトコンドリアが宿主である核を支配するのだ」と宣言する。
その瞬間、観客の身体がゲル状に溶けて一体化していく。
怒りを胸にアヤが舞台に近づくと、イヴは余裕の表情で逃げていった。

イヴに追いついたアヤは問う。
「何故こんなことをするの?」
しかしそれには答えず、イヴは馬車に乗るよう誘ってきた。
その誘いどおりに馬車に乗ると、突如、馬体が発火しマンハッタンを疾走し始める。
やがてイヴから、
「私より赤の他人の方につくのか。」という驚くべき発言を聞く。

イヴとの戦いで傷ついたアヤは、馬から引き離された馬車の中で気を失う。

591 :パラサイト・イヴ:2005/08/21(日) 19:27:10 ID:Tjeb8TJd
Day3【淘汰】
気を失っているところを、通りがかった日本人化学者・前田邦彦に助けられる。
一方、アヤを探していたダニエル。
この三人がソーホーで合流し、ミトコンドリアについて調査することになった。

実は日本でも、ミトコンドリアについての事件が起こっていた。
(それが、小説版のパラサイト・イヴです。
 小説版の3年後が、このゲームの世界なんだとか。)
前田は、ニューヨークでもミトコンドリアの事件が起きたと聞きつけてやってきたのだった。

前田の、研究設備のあるところに行って欲しいという要望に、アヤとダニエルは、
今ならマンハッタン島外への避難命令が出ているから、クランプ博士もいないだろう
という目論見から、アメリカ自然博物館内にある博士の研究室へ向かう。
予想通り博士の姿は無かった。
そこで前田は、アヤの上着に付着していたゲル状のものが何かを確かめるべく、
実験を始める。
そのゲル状のものはどうやらイヴの細胞の一部らしい。

前田の細胞とイヴの細胞、アヤの細胞とイヴの細胞を合わせる実験を行う。
前田の細胞はあっさりとイヴの細胞に支配されてしまったのだが、
アヤの細胞はイヴの細胞を跳ね返してしまった。

イヴのミトコンドリアは驚くべき進化により核との共生関係を逆転。
アヤのミトコンドリアは核を保護強化、イヴの対抗勢力となっていた。

その時、避難したと思っていたクランプ博士が戻ってきた。
前田の実験結果を見ると何かを知っているかのような発言をする。
ダニエルが問い詰めるが、三人は博士に追い出されてしまった。

今回の事件について深く関与しているクランプについて調べようと署に戻った三人。
しかし署内は何ものかに荒らされていて、人の気配すらしない。
イヴの仕業だと確信したアヤは、単身で彼女を追う。

地下に行くと、ダニエルの息子ベンとベイカー署長がいた。
二人の目の前には警察犬がいたが、アヤが来た瞬間、変形を始めた。

(ベンは、アヤが馬車でイヴと戦っているときに自力で父の元へ逃げてきました。
 が、妻のローレンはゲル状のものになってしまい・・・。)

592 :586:2005/08/21(日) 19:32:44 ID:Tjeb8TJd
以上が最初の3日間です。
うろ覚えで本当に申し訳ない・・・。

しかし、ストーリーには
・メリッサは体が弱く、大量の薬を摂取していたためミトコンドリアが異変を起こした(?)
・幼い頃、アヤには双子の妹がいたが、事故で亡くなってしまった。
・幼い頃、アヤは移植手術を受けていた。
という事実があるのは覚えてます・・・。

ラスト3日間は、パスさせて頂きます   orz
書ける方がいらっしゃればこれ幸い。よろしくお願いします。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 20:02:24 ID:fT7ooNFJ
パラサイト・イウ゛の人乙です。
書いて下さるだけでもありがたいので、そうお気を落とさずに。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 20:07:15 ID:cKQPWnw7
クーロンズゲート予約します。
プレイしながら投下しますので、
1週間弱、時間を下さい。

俺は3D酔いは無いんですが、
この世界観まとめるのが……。


595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 20:25:15 ID:pix93SgZ
>>586
乙です!
>>594
お願いします。

596 :パライヴの人:2005/08/21(日) 22:08:29 ID:rcIuily0
>>593
ありがとうございます・゜(つД`)・゜・

>>585>>594
ぜひぜひお願いします。

あと、つい一昨日「桜坂消防隊」を買ったばかりなので、
書く人がいなかったら予約させてください。


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 22:41:46 ID:EqP3ixal
クーロンズゲートはもう投下されてるけど…?

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 22:47:04 ID:DSt1i7zU
>>597
まとめにUPされてる以外にもあるの?
あれ、途中までしか無いけど。


599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 23:29:47 ID:EqP3ixal
>>598
ごめん。まとめサイトと過去ログ探してみた。
最後までのあらすじ見た気がしたんだが、他板で見たんだった。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 00:18:12 ID:aBH3kqcY
クーロンズゲートの人も桜坂消防隊の人もがんばってください

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 01:30:06 ID:rP5FErHS
「コロニーの落ちた地で」をお願いします。
ハードはドリームキャストです。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 03:54:43 ID:Wyg46H1g
>>586
乙。

パライヴ本編なら覚えているんだけど
肝心のクライスラービルをクリアしていないんだよな…
ゴキにやられてそのまま放置。

603 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 10:50:22 ID:5kKCwubk
アリシアの村に母親サリアとともに住んでいる主人公レオン。
アリシアにモンスターが侵入してきた所から物語が始まる。
そのモンスターを倒したレオンは、死に掛けのモンスターから「この村は終わりだ」と不吉な言葉を聞いた。
後日アリシアに辺境制圧部隊隊長ガラードがやってきてレオンと1戦交える。
ガラードは強くレオンの腕では全く歯が立たなかった。とどめを刺される所でサリアが魔法で割り込みに入った。
彼女の魔法は強力でガラードをあっという間に窮地に追い込む。
レオンも村の人達もサリアが魔導師だということを知らなかったため、ただ見ているだけだった。
このままでは勝てぬと悟ったガラードは村の子供を人質に取った。
これで手が出せなくなったサリアは、ガラードが所有している「魔槍ゴルゴン」で石にされてしまう。
人質に取られた子供も殺され、ガラードは石になったサリア共に何処かへ消えてしまう。
残されたレオンは、村の人達の仇とサリアの奪還のために一人旅立った。

604 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 11:41:42 ID:5kKCwubk
レオンはアリシアに最も近い港町「アムロン」で魔法学校からアリシアに帰郷しようとしていた幼馴染ソフィアと出会う。
レオンからアリシアの惨状を聞いた彼女はレオンの旅を手伝うと言い出し、彼の仲間になった。
アムロンの王に頼まれ、モンスターに占拠されていたアムロン城を奪還し、レオン達はベイラード大陸へ渡った。
ベイラードに入り、エルバトール山に隣接している村でレオンはアリシアで殺された少年によく似ているホッグと出会う。
聴けば、彼は行方不明になっている父親を探す旅に出るのだという。
エルバトール山を越え、カナリー大陸に入ったレオン達は、カナリー城でガラードの話を聞く。
ガラードは南にある塔にいて、カナリーも先遣隊を送ったが音沙汰がないとのことだった。
早速レオンはカナリー王に南の塔へ行く許可を申し出た。カナリー王はそれを了承し、2人では心許無いと神官を呼び出した。
この神官は旅の途中で立ち寄ったカナリーで酒に酔い、町の女性達にワイセツ行為を働き、逮捕された。と王はいった。
王はレオン達の仲間になるというのなら罪を放免するというので、ワイセツ神官ベルンは喜んで彼らの仲間になった。
ところがベルンはレオンの蒼い髪を見て「貴方はもしかしてロビン様の御子息では?」と質問した。どうやらベルンはレオンもよく知らない彼の父親を知っているようだ。
一行は南の塔へ行く途中にある、ソフィアが在籍していた魔法学校があるミストムーンの村に立ち寄ることにした。
魔法や魔道器に関する文献が沢山あるこの村で、魔槍ゴルゴンの対抗策を考えねばならなかった。
その村にいた謎の老人から「ニュートラー」という魔法効力を中和する魔道器をもらったレオン達は、南の塔でガラードを倒した。
石化が解けたサリアからレオンは父親の事を聞かされる。
レオンの父ロビンは、20年前に起きた未曾有の大戦「魔竜戦争」にて自分の命と引き換えに世界を救った大英雄なのだ。
そして今、また世界に危機が訪れている。レオンは闇と戦わなければいけない。と、自らの宿命も聞かされる。
こうしてサリアと別れたレオン一行は新たな大陸へと旅立った。

605 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 13:36:39 ID:5kKCwubk
砂漠の大陸バルカノに渡った。地下資源の燃える水(石油)が豊富にある大陸だ。
その石油をくみ上げるタワーにモンスターが住み着いて石油の出を悪くしているというので、早速退治にむかった。
レオン達に倒されたモンスターは最後の力を振り絞り、タワーを爆発させた。石油に引火して、あっという間にバルカノ大陸は炎に包まれた。
何とか炎を消し止めたレオン達は次の大陸へ向かう途中、お尋ね者の盗賊ランディとゲイラとブラックナイトに出会う。
ゲイラはレオン達を罠に嵌め立ち去り、ブラックナイトは問答無用でレオン達に襲い掛かってきた。
ブラックナイトは鎧自体が意思を持つインテリジェントタイプのアーマーで、魔力の高い者に取り付き、操り、鎧の力を何倍にもするものだ。
ブラックナイトとの戦いの途中、突如ベルンの持っているペンダントが光りだした。するとブラックナイトが苦しみもがきだし、鎧が砕け散った。
その中から出てきたのはエルフの少女だった。ベルンの旅の目的は、ペンダントをそのエルフの少女に渡すことだったらしい。
彼女の名前はロゼッタ。ペンダントの持ち主の娘だ。ロゼッタは母親を殺した魔女に騙され、ブラックナイトに操られてしまったのだ。
母の仇を討つ、とロゼッタも仲間に加わる。
次の大陸は雪で覆われた大陸ソルディア。ここで船を手に入れたいのだが、海が凍り付いてしまい船を出せないというのだ。
原因を探るべく、北に進むと怪しげな建物を見つける。中に入り奥へ進むと、
そこには父親を探す旅に出ていたホッグが倒れていた。そして傍にはモンスターに改造されたホッグの父親が立っていた・・・。
ホッグの父ホウガンはこの建物の最深部にある天候制御装置を使ってこの大陸を永久凍土にしてしまおうと企んでいた。
ホッグからの哀願もあり、レオン達はホウガンを倒し、この大陸の危機を救い、ホッグの一命も取りとめたのだった。
ソルディア城に戻ってみると、ソルディアの王女がいなくなっていた。あのゲイラが魔女のいる大陸サウザイルまでレオン達をおびき出すため人質に取ったのだ。
ソルディアの王女セレナは魔導師としての資質も高く、ロゼッタの母を殺した魔女の完全復活のために使うという用途もあった。
急いで船を出向させ、セレナが乗っている船を追いかける。船に体当たりを仕掛け、敵船内部でセレナを救出したが、今度はソフィアが攫われてしまった。
目を覚ましたセレナを仲間に加え、魔女討伐と、ソフィア救出に向かった。

606 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 14:17:56 ID:5kKCwubk
魔女のいる城でソフィアを救出したレオン達は、一旦町に戻りソフィアが目を覚ますのを待った。
ところが目を覚ました彼女は、いきなり魔法を使い出し、手当たり次第に町を破壊し始めた。
どうやらソフィアは魔女に操られているらしい。彼女がこの町を消してしまうくらいの大火球を振り下ろそうと
絶体絶命の時にレオンの体が蒼く輝き始めた。その光は、ソフィアの火球を消し飛ばし、彼女の暴走も食い止めた。
しかし、魔女の魔法は継続しているらしく、一刻も早く魔女を倒さねばならない。
仲間がさっきの蒼い光は何なんだ、と聞いてもレオンはソフィアを助けるため無我夢中だったのでよく覚えていないと答えただけだった。
魔女の居城へ向かい魔女を倒して町へ戻るとソフィアはすっかり回復していた。
セレナもソルディアへ戻り、また元の4人での旅が再開した。
手に入れた船でベルヌーイ大陸に渡りそこで潜水艇を見つける。しかしまだ動力が不十分で、
「ウルトニウム」というエネルギー物質が必要だというのだ。近所の鉱山で採れるというので、
レオン一行はウルトニウム鉱山へ向かった。奥で大量のウルトニウムを見つけるが、ゲイラが仕掛けていた罠に嵌ってしまう。
そこに偶然通りかかった盗賊ランディがレオンを助けようとする。救出には成功するが、敵の集中砲火を浴びランディは命を落としてしまう。
怒りが頂点に達したレオンはサウザイルで見せたあの蒼い光を放ちゲイラに突進する。
ゲイラは相当な深手を負い逃走した。
潜水艇を手に入れたレオン達は海底から、地下世界に行き今度は飛空挺を手に入れる。
この頃からレオンは父ロビンにコンプレックスを抱くようになっていた。
何処へ、何処の世界にいってもロビンの伝説が色濃く残っており、自分との力の差を痛感していた。
飛空挺でロズベルク神殿へと向かう。そこにいたのはミストムーンの村でニュートラーを渡された老人と
母サリアだった。ロズベルク曰く、この世界の混乱の原因は魔界メガヘルズにいる魔帝ザクスゼータだという。
魔界への扉を開くには8つの聖導器アムレットが必要なのだ。
アムレットを集め、魔界へ旅立ったレオン達はまずドラゴン城に向かった。
ドラゴン王に謁見し、王がロビンと共に戦った戦友だと聞かされる。
みなみにあるドラゴンの塔にかつてロビンが着ていた鎧を保管してあると聞き、
鎧を取りに向かった。鎧を手に入れそこにいたのはザクスゼータの息子ザクス・ザーディンだった。
彼はレオンとの一騎打ちを希望した。レオンがこの一騎打ちを征し、ザーディンは斃れた。


607 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 14:31:02 ID:5kKCwubk
この事を聞いたザクスゼータは激昂し、単身レオン達の所へ向かった。
レオン達はザクスゼータを倒すが、最後に自らの魂を使い破壊神ハーデスを呼び出した。
レオン達は急いでザクスゼータの居城へ向かう。玉座で待ち構えていたのは、ゲイラだった。
ゲイラを倒し、さらに奥へと向かう一行。最深部でハーデスを見つけ戦いを挑むも、圧倒的な力の前に
レオン達は返り討ちにあってしまう。生死の狭間でレオンはロビンに会う。
「自分はもうだめだ、父さんほど強くない。」と弱音を吐くレオンに対し、ロビンはレオンを諭し、励まし、
お前は今まで一体何のために戦ってきたのだ?と、問う。レオンはその答えを見つけ、自分の力で再び立ち上がる。
レオン達は再度ハーデスに挑み勝利を治め、世界に平和を取り戻した。

608 :スタートリングオデッセイ:2005/08/22(月) 14:46:52 ID:5kKCwubk
ここからは余談です。
このゲームはPCエンジンのソフトのリメイク作品です。2もPCエンジンのみ発売されています。
2は1よりも前の時代の話です。魔竜戦争の話なのでロビンが主人公です。
PS版の1だけではどうしても全ての謎や伏線が回収しきれません。
PSで2、3の発売予定があったのですが、どうもダメなようですね。
ちなみにこのゲーム「エストポリス伝記」によく似ています。
・1、2で時間の流れが逆行
・2で最後主人公がラスボスとともに死亡。(エストポリスの場合はヒロインも)
・1は2の主人公の子供が主人公
・3発表されたけど未だに出ない
こんなとこです。あとラストダンジョン内に隠しダンジョンがあります。
ここの一番奥にいるボスを倒してからゲームをクリアするとスペシャルルームにいけます。
ここでは語られなかった謎や2の伏線回収の話が聞けたり、音楽、ムービー、イベント鑑賞ができます。

最後に本文の方で書き忘れがありました。ランディはソフィアの生き別れの兄です。
ソフィアは兄を探していました。ランディが死ぬ間際あたりでそのことがバレます。
                                 終わり

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 14:57:30 ID:5kKCwubk
後すいませんが、PCゲームの「アンタリア創世紀」のストーリー誰かお願いします。


610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 15:32:59 ID:P7QvBKWH
しかし、皆良く書けるよ。オレなんてゲームやってもこんなに詳しく内容覚えてないし。
パラサイトイブもクリアしたけど、覚えてる事なんてラスボス戦より最後に追っかけてくる
方が怖かったことと、原作者がゲームをもらえなくて(´・ω・`)となっていた事くらいだ。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 15:39:45 ID:osIBeGnU
>>610
攻略サイト見ながら書くと、
何度もやったゲームは思い出せるよ。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 17:17:47 ID:1noFv+0+
あと攻略本みたりな。
ここでストーリー書くのは大概本買うくらい入れ込んでるゲームだし、
アクションとかなら再プレイしてビデオ取っとくのもそんな手間じゃないしな


ところで容量まだ大丈夫なんだろうか

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 18:00:37 ID:4JVj7F3T
>>612
468kbだな。そろそろヤバス。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 20:54:23 ID:KlE4lFAW
次スレ立てようと思ったが無理だった

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 21:15:23 ID:BLiDwpX7
普段から荒らしてるからそうなるんだよw

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 21:18:18 ID:BLiDwpX7
無理でした

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 21:26:49 ID:YZoWarZk


618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 21:32:15 ID:YZoWarZk
駄目だった・・・

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 22:07:25 ID:PeI++m7j
次たててみる

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 22:15:56 ID:WXdX5wo5
>>584
アカイイトはギャルゲー板のストーリーを教えてもうらスレで聞いた方がいいんじゃないかな

>>619がダメだったら漏れがたててみる

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 22:24:21 ID:PeI++m7j
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1124716149/
ひとまずたてた。急いでたから未解決リストが間違ってるかも…

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 22:27:21 ID:qaqg3BpV
俺もたてた
       /⌒ヽ⌒ヽ
               Y
            八  ヽ
     (   __//. ヽ,, ,)
      丶1    八.  !/
       ζ,    八.  j
        i    丿 、 j
        |     八   |
        | !    i 、 |
       | i し " i   '|
      |ノ (   i    i|
      ( '~ヽ   !  ‖
        │     i   ‖
      |      !   ||
      |    │    |
      |       |    | |
     |       |   | |
     |        !    | |

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 01:22:26 ID:JkvzcKNy
アカイイトの詳細を書き込もうと思ったのですが、
ギャルゲー板に書いたほうがよろしいのでしょうか?


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 01:33:29 ID:QrFkAUSO
そりゃ、そうですよね。
そんなこと、確認しないとわからないのですか?

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 01:34:25 ID:drsTjlql
よっぽど未成年が見て困るような内容でもない限り、どっちでもいいかと思います。
お好きな方でどうぞ。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 01:36:28 ID:1+g0blvb
スタートリングオデッセイの人、乙。
蒼い光の正体は謎のままなんですな。

627 :スタートリングオデッセイ:2005/08/23(火) 01:51:01 ID:oPAVGq29
>>626
スマン。あれはロビンとレオンの最終奥義ペイルブレイクです。
体内の闘気(蒼い光)を纏い、相手に突っ込み敵を爆殺する技です。
闘神の直系の血を引く者にだけできる芸当だそうです。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 02:15:52 ID:uIgS2KCW
>>627
わざわざトン。なるほど。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 11:05:28 ID:ahkAsedH
アカイイトって美少女ホラーゲーでしょ。
零やEVEと同じようなもんじゃないの?ここでいいんじゃないかな

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 11:13:24 ID:AMs39EC6
>>610
えっ、パライヴの原作者、ゲームもらえなかったんだw
なんだかかわいそう・・・
せっかくゲーム中と繋がってるのに・・・
ていうかそもそも原作者なのにw

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 18:07:40 ID:6cyRPaTF
>>610
うわ、スクウェア信じらんねえw

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 18:10:33 ID:uIgS2KCW
>>610
よく2が出せたな。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 18:17:27 ID:flNd+E9q
パライヴって2の売り上げ、1の半分だか三分の一だったんだよね。
よくそこまで売り上げ減ったもんだ。
よっぽど1の出来が悪かったんだろうか。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 19:27:34 ID:X5WfNbTz
>>810
船かなんか脱出する途中でちょっとでもでっぱりにひっかかると追いつかれてゲームオーバーのあれか。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 19:33:51 ID:lUpUCbf1
>623
ギャルゲ板のスレッドは寂れているから活性化させる意味でも、ギャルゲ板のほうでお願いします。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 19:58:26 ID:/iSCyXVJ
>>633
2の出来が悪かったシャワーシーン以外

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 21:35:34 ID:T0MaxQDk
1はなかなか面白いと思ったが、2はバイオになってたしな

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 21:41:51 ID:+2JAoDOo
俺はバイオっていうかディノクライシスかと思った>パラ2

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 02:24:39 ID:bPoGufIs
ロックマンDASH1と2をお願いします(;´д`)ノシ
Xシリーズは好きだったんですけどDASHのほうはアニメ色が強すぎて体が受け付けないんで…

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 02:45:54 ID:/2ml4zpT
それじゃ、DASH2書いてみます。
DASHは覚えてないんでパス。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 21:37:18 ID:DY1Qps1r
容量に気をつけてね。
あと20kぐらい。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 22:12:49 ID:bZ0Cv2nb
そろそろ次スレに移行したほうがいいのでは?

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 22:53:21 ID:FrTMpIkE
とっくにしてるのでは…

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 02:24:49 ID:DgMfhsw2
じゃあ梅作業がてら、雑談としゃれこもうぜ。

>>パライヴ1・2
1は友達も絶賛してたが、2の方は全然評価聞かないなぁ。
2は本当にゲームって感じだった気がする。
1は美形キャラがいなくて、その辺リアルだった。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 03:01:49 ID:8ssW5f/x
パライヴ1はクライスラービルだったけか?
あれが一番大変だった。
100階とかだっけ?
よっぽどの暇人しかクリアできんだろあれ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 15:38:45 ID:D2v+xyB7
>>よっぽどの暇人
ノシ

高校生だったからなあ・・・・・・

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 17:22:14 ID:4PQCoSJM
俺も暇人ノシ

パライブ1といえば最強魔法が(ってか「パラサイトイブ」で
魔法使える時点で相当無理矢理なんだが
ミトコンドリアの力借りてどうこう言ってるが明らかにケアルとかそれ系の効果)
何かスーパーサイヤ人みたいなのに変身してキュンキュン瞬間移動しつつ
敵タコ殴りにする技で禿ワロタ
んでその後それラスボスに使ったら瞬殺しちゃってショボンヌ(′・ω・`)

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 01:05:55 ID:QnOBmFCX
>>645
苦痛ではあるが、
ゲームスタート→1週目クリア→2週目以降に強化してクライスラークリア

までかかる時間は、普通のRPGをクリアするより短い


>>647
普通は、何回も使わないと倒せないぞ

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 02:49:07 ID:2MW9y34j
クライスラーに居る真のラスボスはきつかったな
暇人と言うかクリア時間は1回辺りが短いし2週目以降からは強化されてるから
RPG1本をオマケ回収しながらクリアするのとそう変わらなかったりする
クライスラーが単調な割りに有る程度まとめて上らないとだから精神的にきついけど
流石に強化不足で登ってる途中で殺されると時間かかるな

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 05:03:45 ID:9ev7bSmf
>648
うっそ。何かと間違えたかな?
えらいガックリした記憶があったんだけど…勘違いゴメス
あとエンディングにもガッカリした記憶が…
(がっかりっていうかホラー的余韻を残したのが当時はすっきりしねえ終わり方としか
理解できなかった)

ホラーな雰囲気は好きだったな…余りの移動の遅さにイライラしがちで
あんま雰囲気楽しめんかったけど

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 21:30:48 ID:nUofMiXD
クライスラービルみたいな、単調な作業は嫌いだなー。
RPGのレベル上げですらめんどくせって思う俺には苦痛だった。
しかもおまけダンジョンかと思えば、クリアしないと真の敵に会えないってーのは勘弁してほしかったよ…。
死んだはずのアヤの姉ちゃんに会えるって聞いたが。

652 :592:2005/08/27(土) 02:56:39 ID:mPCJKQIp
>>651
ね、姉ちゃん!?
ということは1の手術台に寝てる回想シーンは姉だったんですか?
双子の姉でしたっけ?
妹だとオモテたよ・・・。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 20:38:45 ID:w6xhYZTf
あと20kぐらいだけど、埋まりそうも無いので、
リクに出てないけどスペースチャンネル5パート2を
投下してみますね。

念のため、次スレのリンクを貼って……と

【やるのが】ストーリーを教えてもらうスレPart18【面倒】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1124716149/


654 :スペースチャンネル5パート2:2005/08/27(土) 20:39:33 ID:w6xhYZTf
スペースポイントXX
不可解なコロニーの存在を知って調査に訪れていたジャガーは、そこで消息を絶った。

第一話
以前、なりゆきで銀河を救ってしまったスペースチャンネル5のリポーターうららは、
あいかわらずディレクターのヒューズに叱られながらリポーターを続けていた。
そんな彼女の下に、スペース客船スペースシンフォニー号が、謎のダンシング集団に占拠され、
乗客が踊らされた上に誘拐されているとの一報が入った。
うららたちはスクープを求めて現場に急行した。
彼女を待っていたのは、パージを団長に頂く「踊り団」と名乗る集団だった。
ロボ軍団とそれを率いるシャドウを、ダンスとビームで撃退しつつ乗客を救出したうららは、
その勢いのまま、パージがけしかけて来た侵略歌謡メカをも撃破した。
「銀河の全てを踊らせてやる」そう言って、パージは撤退した。

第二話
スペースパークを公務で訪れていたスペース大統領が、踊り団によって拉致された。
現場に急行したうららは、そこでまたも踊り団のシャドウの襲撃を受けた。
さらには、ライバル局の42chのリポーターであるプリンまでがギター勝負をしかけてくる。
それらの障害を排除し、スペース小学生、スペース鳥使いたちを救出しながら進んだ彼女は、
温室で大統領を拘束している巨大植物を撃破、大統領の救出に成功した。
だが、うららたちが救出成功に喜んでいる隙をつき、シャドウは大統領を連れ去ってしまった。

第三話
踊り団に誘拐されたのは、大統領だけではなかった。銀河中で40万人近くが誘拐されていた。
そんな中、パージが電波ジャックして大統領の身代金を要求してきた。
指定交換場所へ急行するうららたちだったが、途中、報道関係者を排除しようとする
スペースポリスのパインと一戦交える事になった。
ビームでミサイルを打ち落とし、さらにドラム勝負でパインを打ち負かして意気揚々と進もうと
したうららたちだったが、チャンネル5の局長スペースマイケルから緊急通信が入った。
チャンネル5の本社が襲撃を受けていると言うのだ。
身代金ネタが罠と気づいたうららたちは、本社へと取って返した。

655 :スペースチャンネル5パート2:2005/08/27(土) 20:40:53 ID:w6xhYZTf
第四話
踊り団は各地の宇宙放送局を襲撃し、その放送システムを奪っていた。
うららたちが本社に戻ると、既に内部は踊り団に占拠されていた。
ロボを撃退し、同僚達を救出しながら中心部にたどり着いたうららは、
そこでシャドウに踊らされた局長を救出した。
これで一件落着と思いきや、今度はパージ自らが、大統領の歌声パワーを増幅するメカを
操って襲い掛かってきた。
うららたちはヒューズの中継艇のアンテナに踊りパワーを集中させ、強力なビームを発射した。
しかしそのビームははじき返され、中継艇はヒューズもろとも撃沈されてしまった。
その衝撃で本社は崩壊し始めた。うららたちは、ヒューズを残して脱出せざるを得なかった。

第五話
うららとマイケル局長、それにライバル局のプリンとボスモロは、パインに導かれて、
パージが大統領を監禁していると思われる場所に集まった。
力をあわせて罠を切り抜けたうららたちの前に、シャドウが立ちふさがった。
バンド対決で打ち負かされたシャドウは、その正体を現した。彼は、パージによって
操られていたジャガーだったのだ。
うららによって助けられたジャガーを加え、彼女達は、パージの下へと急いだ。

第六話
各宇宙放送局から奪ったシステムを使い、パージは強力な電波砲を完成させていた。
誘拐してきた人々から踊りエネルギーを集め、電波砲の発射準備は最終段階に入っていた。
パージの本拠地に潜入したうららは、奇跡の生還を果たしたヒューズや仲間達、そして
今までに救出した人々の声援を受けて大統領を救出、全ての人々のエネルギーを一つに
集めてパージの電波砲を破壊し、彼の野望を打ち砕いた。
こうして再び、銀河にハッピーに満ちた日々が戻ってきた。うらら、ありがとう。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 20:41:57 ID:w6xhYZTf
4kぐらいしか使わんかったorz

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 21:21:04 ID:FanAyR5F
>>656
乙。面白かった。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 21:50:10 ID:sPYfk6ys
うららの人、おつです。
なんかもったいないから短いのくらいはいけそうだよね。
でも二つに分かれるとまとめの人が大変?

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 23:17:47 ID:E5wAN2BK
いいんじゃまいか。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 01:09:15 ID:QtKBINuo
いいと思われ

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 02:00:56 ID:U6jVWJVf
やるならお早めに。
投下途中で容量限界になっても泣いてはいけません。
ある意味チキンレースだね。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 07:07:08 ID:pxRYQXTH
あまり端っこに投下すると、落ちる前に
まとめの人が回収できないんじゃないかと心配してみる。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 16:28:14 ID:kjCWPB3a
hosyu

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:16:21 ID:uTYsusME
以前書いたパンツァードラグーンオルタの番外編。
帝国少年兵イーヴァの物語で埋めてみる。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:17:17 ID:uTYsusME
「帝国は間違ってる!」
「イーヴァ。黙るんだ。」
「父様だってそうだ、作っているのは人殺しの道具じゃないか!」
「どきなさい。薬は飲んだのか?」
「薬なんて飲みたくないよ!いつも仕事ばかりでぼくの話を聞いてくれない。
 父様なんて、もう帰ってこなければいいんだ!」

その夜、イーヴァの父は死んだ。
シーカー(発掘を生業とする部族)の里を攻略中に、
凶暴な攻性生物によって船を沈められたのだ。
帰ってきたのは、父が身に着けていた御守りだけであった。
だがイーヴァに悲しむ暇は無い。
帝国アカデミー最高研究者の息子といえど、孤児であることに変わりはなく、
孤児は軍人になるか、荒野へ追放されるかしか道はないのだ。
まだ幼いイーヴァに、選択肢などは無かった。

イーヴァは物心ついたときから父に貰った薬を飲んでいる。
薬が無ければ発作によって一日も生きられない。
残った薬の量はあと50日分・・・
軍の一人乗り兵器"ポッド"の乗り手として訓練を積むイーヴァ。
自分は強い、独りでもやっていける。そう自分に言い聞かせて。


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:17:56 ID:uTYsusME
イーヴァが気を抜いた瞬間、ポッドに攻性生物が襲い掛かってきた。
だが上級生が庇ってくれたおかげで大事には至らなかった。

「大丈夫か、君は中々いいセンしてるな。すぐに実戦に出られるぞ。
 俺はストラテだ。よろしく。」
「あ、ありがとう。ぼくはイーヴァです。」
「イーヴァ?噂は聞いてるよ。父親は気の毒だったな。」

久しぶりに聞く父の名前。イーヴァの目から堰を切ったように涙が溢れる。

「・・・家に帰りたい。父様に、会いたい。父様に会いたいよ。
 帰ってこなければいい、って言ってしまった。ぼくが、ぼくが父様を殺したんだ!」
「イーヴァ、自分を責めるな。責めるなら船を沈めたドラゴンにするんだ。」

厄災のドラゴン、光の矢を放つ最強の攻性生物。そんな怪物が本当にいるのだろうか。

それから2週間が立ち、イーヴァにも多くの仲間ができた。
そして今度の作戦にストラテが配属されることになった。
表向きは研究の資料採取だが、本当の相手はあのドラゴンだと噂されている。
冷酷な魔女が操るドラゴンの噂は兵士たちの間にも広まっていた。
イーヴァはこっそりストラテの飛空挺へと忍びこむ。

「イーヴァ!?ついて来たのか。仕方ない、俺の防護服を着ろ。
 いいよ。怪我したことないような育ちのお前と違って、俺の体は丈夫なんだ。」

そして現れた厄災のドラゴン。
光の矢が次々と味方を貫き、イーヴァとストラテの機体も破壊されてしまう。


667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:18:55 ID:uTYsusME
イーヴァが目覚めると、そこはシーカーの里だった。
生存者は自分一人。
なぜ皆が死んでしまったのか、自分が死ぬべきだったのに。
イーヴァはドラゴンへの復讐を決意する。

記憶喪失を装い、シーカーへと溶け込んだイーヴァ。
自分を看病してくれた少女エミーデとも仲良くなる。
やがて彼らの仕事を手伝ううちに、シーカーの一員として認められるように。

「私達の村は別のところにあったんだけど、帝国軍に追われちゃって・・・」
シーカーの旧集落は、イーヴァの父が命を落とした場所でもあった。
ドラゴンメアの大群の前に、シーカーたちは一溜まりも無かったのだという。
帝国が造った生物兵器ドラゴンメア、その開発にはイーヴァの父も関わっていた。

「前の集落といえば、旧世紀の破壊兵器が発掘されたばかりなんだって。
 なんでも辺り一面を破壊する爆弾だそうよ。」
「そんなこと、ぼくに話していいの。」
「あら、もう貴方はシーカーの一員じゃない。」
――自分は、記憶がないふりをしているだけなのに。

ドラゴンを見たという情報を知り、イーヴァはすぐさまポットに乗り込む。
シーカーの技術で強化されたポッドは、ドラゴンへ向けてぐんぐん加速していく。
邪魔な攻性生物を退け、ポッドは一瞬だがドラゴンに追いついた。

イーヴァは撃てなかった。
ドラゴンに乗った少女の瞳は、深い孤独に彩られていたのだ。
自分と同じ瞳、彼女も独りぼっちで苦しんでいるのかもしれない。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:20:34 ID:uTYsusME
シーカーの里へと戻ったイーヴァを、病気の発作が襲う。
再びエミーデに看病されるイーヴァ。
父の薬はこれで最後、次に発作が起これば命は無いだろう。
形見の御守りをじっと見つめるイーヴァ。
「手紙入れじゃない。誰からなの?」
御守りだと思っていたそれは、シーカーが使う手紙入れだった。
エミーデに開けてもらうと、そこには父の手紙が残されていた。

「この手紙を読んでいるということは、私は既にこの世にいないのだろう。
 イーヴァ、お前に言わなければならないことがある。」

イーヴァの体は樹海の微細菌に冒されている。幼い頃に誤って生水を飲んでしまったためだ。
普通なら数時間で死んでしまうところだが、イーヴァの父は攻性生物の体液から薬を調合した。
一時は助かったものの、耐性ができるのか薬の効果は徐々に弱まっていく。
イーヴァの父はその度に強い攻性生物を捕まえては薬を上書きしていった。
やがてどんな攻性生物のものも効かなくなり、父はドラゴンメアの開発に参加するようになったという。

「イーヴァ、お前は争いごとが嫌いだったね。
 お前の言うことが正しいのかも知れない。
 ドラゴンメアは本来いないはずの存在だ。強すぎる力は世界を滅ぼす原因にもなりうる。
 だが、私は少しでも長くお前と生きたかった。
 こんな父親を許してほしい。
 薬はどれくらい残っているだろうか?
 どうかお前が最後まで、希望をもって生きてくれることを願っている。」

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:21:45 ID:uTYsusME
辺りに警鐘が響く。村が帝国軍に発見されたのだ。
現れた無数のドラゴンメアと飛空挺。その中にはイーヴァの仲間もいた。
イーヴァを撃てないと、命令を拒否する仲間達。
彼らに避難するよう告げ、イーヴァはポットを加速させる。
向かう先はシーカー旧集落、最深部の破壊兵器。
「父様の作ったドラゴンメア、僕が倒さないと!」

エンジンから火を噴きだしたポッド、追い縋るドラゴンメア。
遺跡を越えて、ついにイーヴァは破壊兵器を起動させる。
天を貫くように、光の柱が昇っていった。

ドラゴンメアは撤退していった。
結局、破壊兵器はシーカー達が思っていたようなものではなく、
対攻性生物用の防衛システムだったようだ。
だが人間の心にも作用したのか、人々は争いを止めて美しい光景に見とれていた。
イーヴァもエミーデに抱かれ、光り輝く虹を見上げる。

「・・・父・・様・・・」
「どうしたの、イーヴァ?」
「ぼく・・・眠くなっちゃった・・・」
「眠りなさい。ずっと傍にいてあげるから。」
「ありがとう・・・」

まるで天国のような光景。
人間は争うだけでなく、これほど美しいものも作ることができる。
この世界に生まれてよかった。
イーヴァは安らかな気持ちで、父や友人のところへ旅立っていった。


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 17:23:23 ID:uTYsusME
6kか、あと少しだな。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 23:28:16 ID:xHQ/eqpQ
オルタの人乙!
切ない話だ

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/28(日) 23:36:19 ID:HfSHQgji
>>662
そこはアレですよ、リクにも出てない
流れちゃってもいいような小ネタで埋めるんですよ。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/29(月) 00:02:35 ID:8RCA6OgS
ソウルリーバー

ラジエルはノスゴスを支配する偉大な吸血鬼の王ケインの
"息子"の一人。だが、ある日翼が生え、自身を越える進化を
したことを怒ったケイン、そしてその指令を受けた"兄弟"達によって
奈落の水の渦に投げ込まれる。水は吸血鬼にとって強酸であり、ラジエルは
苦痛に飲まれ沈んでいった。

…時は流れ、ラジエルは目を覚ます。しかしその姿は亡霊のように
変わり果てていた。彼を助けたのはエルダーゴッドという謎の存在で
助けた代償としてケインを殺すことを求めた。

ラジエルは精神世界の魂喰らい(ソウルリーバー)となり、時に物質界に
も転移しつつ、かつての兄弟を殺して力を得る。吸血鬼と戦う聖戦士だった
自分達を吸血鬼として転生させたことを途中知り、更に怒りを深める。

遺跡にケインを追い詰める。だがケインは遺跡の装置を稼動して過去に飛ぶ。
ラジエルも追いかける。どこかの部屋に現れたラジエルに時の番人が
挨拶をする。 ソウルリーバー2に続く。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/29(月) 08:46:09 ID:+Lzn3jEq
>>まとめサイトの中の人
ファイアーエムブレム聖戦の系譜のリンクをクリックすると封印の剣のストーリーに
行くみたいなので修正してくるとうれしいです。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/29(月) 14:37:14 ID:60K+4JJM
>>まとめサイトの中の人
クロノトリガーのストーリーの順番が451-「482」-452-453-454-…の順ですが
482は453の詳しい話らしいので、 451-452-453-「482」-454-…と修正したほうが分かりやすいかと思いました
よかったら修正よろしくお願いいたします

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 02:37:23 ID:eziBU6vf
んじゃ俺も便乗で
>>中の人
いつもお疲れ様です
バイオ4のラスト投稿分最初の1レスが抜けてるようです。(6月8日分)
よろしければ修正お願いします

……しかし埋めるとなったら中々埋まらんね

677 :515 ◆A.ilTwwjjQ :2005/08/30(火) 04:59:33 ID:ulcQ2AZB
了解です、1週間ほどパソコンに触れないので出来るようになってから直させていただきます。
たぶん戻ったらログ落ちてるのでこれ以降は適当にお願いします。



埋まれー埋まれー

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 06:13:53 ID:0t6McDzc
専用スレがある作品なら応援依頼できるのに…

埋め埋め

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 14:50:18 ID:Ls2gQj5p
梅梅

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 16:59:01 ID:A7jO+BhL
うめー

いつも楽しませてもらってるが、ストーリー書けるヤツはもう全部書かれてる。
職人様いつもありがとう!

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 17:33:49 ID:U2lTnDP0
よく見たら、グランディア1のストーリーって
まとめでは途中までしか書いてない希ガス

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 23:13:50 ID:PvQje44F
梅ついでに、職人様方、まとめサイトの人、未解決まとめの人に感謝の言葉を。
いつもありがとうございます。
しかし2年近く続いてるんだからすごいよなあ。
このままずっと続いてほしいです。
自分も書けるのあったらこれからも書いて行きます。

683 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/31(水) 01:25:43 ID:UUHnhHNk
Christmasナイツ書いた時特にストーリーに関係ないんで書かなかったが
エピローグがきちんと流れるのはエリオットクラリス
どちらからでもいいけど連続クリアかつ内臓時計で冬期間だけなんだよな。
内臓時計対応してゲームのエフェクトとかキャラのコスチュームとか変わってるし。


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 08:44:26 ID:BZEFAoZb
感謝ume

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 10:34:45 ID:3DiCpplh
Part19のテンプレには、「何作もあるシリーズをいっぺんに頼むのは禁止」
「依頼は一回につき1個づつ」ってのを入れてほしい。
そんでテンプレも読まずにいっぺんに頼んでくる厨は排除できる。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 16:24:13 ID:cm+00WIw
梅〜。
いつもたのしみに読ませてもらってます。
職人さま、まとめ人さま、いつもご苦労さまです。
これからもがむばってください。(`・ω・´)b

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 19:29:37 ID:LCY3Sm38
>>683のIDなんかかっこいいな

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 20:26:51 ID:d2/bVLaX
埋めてよ〜

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 21:54:46 ID:s1F4aGs/
うまらないの?

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 04:35:55 ID:wuGye+JI
ここから一行で最後まで内容を書けるゲームの紹介コーナーを始めます

691 :ファミコンジャンプ:2005/09/03(土) 06:13:00 ID:wDgboABi
ジャンプ世界の征服を企むピッコロを、れいきが一撃でぶっ倒した。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 07:49:48 ID:ObekR0Jt
「ボールは友達、怖くない!」と言いながら、ピッコロ大魔王にシュートかます、翼萌え。

693 :カイの冒険:2005/09/03(土) 09:40:11 ID:SRKTB3m4
悪魔ドルアーガに奪われたブルークリスタルロッドを取り戻しに塔を登り、石にされる物語。

694 :リンクの冒険:2005/09/03(土) 10:58:29 ID:5ffRpNsT
呪いで眠りについたゼルダ姫を勇気のトライフォースで助ける。
最後の敵は自分の影ダークリンク。

695 :ゼルダの伝説:2005/09/03(土) 10:59:10 ID:5ffRpNsT
トライフォースのかけらを集めて大魔王ガノンを倒し
ゼルダ姫を救い出す。

696 :スーパーマリオブラザーズ:2005/09/03(土) 12:23:02 ID:c2aNk/ag
配管工の兄弟が悪の亀軍団に浚われたキノコ王国の姫を助けに行く物語。
なぜ配管工が。なぜキノコ王国なのにピーチ姫。なぜ亀が敵。つーか、亀じゃねえ。
全ての謎は依然、闇の中。

ちなみに、姫と従者以外の人間は全て敵の魔法により
ブロックやコイン、キノコなどのアイテムに変身させられている。
でも、そんなことは気にせずぶっ壊せ。むさぼり食え。

697 :テイルズオブ:2005/09/03(土) 14:03:06 ID:BkwPf/VP
ファンタジア
世界相手に戦いを挑んでくる敵を倒す主人公達だったが、敵には敵なりの理由があったと知る物語。

デスティニー
古の悪人が蘇り、主人公達が過去の遺産と共にこれを打ち倒す物語。

エターニア
大昔の神vs神の戦いで負けた神様が世界を滅ぼそうするも、主人公達により阻止される物語。

デスティニー2
幸せを求める神様の暴走をくい止めた結果、夢オチとなった物語。

シンフォニア
不老になった古代勇者のシスコン具合に、何百年も世界が振り回されてしまった物語。

リバース
女王の我侭で種族間に争いが絶えなくなるも、姿形など関係なく同じヒトなんだと最後に女王も皆も気付く物語。

698 :アバタールチューナー:2005/09/03(土) 14:37:01 ID:i8PNMwB+
地球を2度壊滅の危機に陥れた喪女が
オナニー用に作った理想の男と合体して
地球を救い神になる

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 15:01:28 ID:6li1pj2x
なんか全体的に違うスレになっててわろた

700 :ロマサガ1:2005/09/03(土) 15:07:30 ID:gCauhp/6
ひたすら戦い続けた主人公が、詩人に紹介された巨人に紹介された邪神を倒す。めでたしめでたし。

やり方によってはストーリーがほんとにこれだけになるという。

701 :ロマサガ2:2005/09/03(土) 15:40:16 ID:+7V8O6Cr
アバロンの皇帝が世代交代を繰り返しながら七英雄を殺っちゃうついでに世界全土を平定する物語。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 15:44:11 ID:SRKTB3m4
ガンバード
伝説の「魔境」のかけらを集め、出てきた魔神を倒して願いをかなえてもらう物語。

ガンバード2
「万能薬」を手に入れるため三つの秘薬を探し出し、薬の神様に会いに行く物語。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 16:11:32 ID:C5c68SxO
>690
そー|・)っ>1

704 :ラングリッサー:2005/09/03(土) 16:13:27 ID:FafSWjd2
時系列は 3→1→2→4・5
作品の間には数百年が経っているので登場人物が重なるのは4と5しかありません

ラングリッサー
持つものに無限の力を与える聖剣ラングリッサーを狙う帝国に滅ぼされた王国の王子が
帝国に復讐して聖剣を奪取。ついでに湧いて出てきた魔族と魔王を倒す物語

ラングリッサー2(デアラングリッサー)
聖剣ラングリッサー・魔剣アルハザードを巡る主人公・帝国・魔族の三つ巴の争い
主人公の行動により正義の王国・秩序の帝国・魔族・独立覇王のルートに分岐

ラングリッサー3
帝国に滅ぼされた国の騎士が(ry。ついでに湧いて(ry。古ぼけた破邪の剣に人の魂を
注入して強化、聖剣ラングリッサーが誕生しました。

ラングリッサー4
聖剣・魔剣が封印された石を保管していた村。それを狙う悪徳領主が石を強奪&クーデター
村長の息子が領主を退治。ついでに湧いて出た魔族と魔王を倒す。

ラングリッサー5
4の悪徳領主が作った改造人間が魔族の生き残りを退治して、ついでに暴走した月(実は宇宙船)
の落下を防ぐ物語。聖剣(破邪の剣)は月のリモコンの予備でした(本物のリモコンは魔剣)。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 17:06:44 ID:gcSskD53
まとめの管理人さんは一週間ほどこれないっつってたよね
つまりあの管理人さんの書き込みからこっち書き込まれた奴は取得できないから
「適当に(雑談でもして流しといて)」ってことじゃないの?
ストーリーで加速させてどうすんのさ……

とか書き込んだらこれで埋まったりして

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 18:04:37 ID:cbbpGbIz
>>705
みんな遊んでるだけで、まとめサイトに乗せてもらおうとは考えてないと思う。

SFC スレイヤーズ
人間をさげすむ魔族が、人間の力で世界を滅ぼそうとして失敗。魔族のトップも滅ぼされちゃう話。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 18:42:16 ID:gcSskD53
>>706
なるほれ。しかし貧乏性なのでなんとなくもったいナス(´・ω・`)と思ってしまう……

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 18:44:04 ID:6li1pj2x
まあ誰かはログ持ってるだろうし、くれって言われたら上げるだろ。
俺も持ってる分だったら上げるよ。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 19:50:59 ID:KYK35Ces
DQ
王様に言われ竜を倒し姫を助けて竜王を倒すゲーム。エロもあるよ。

710 :レーシングラグーン:2005/09/03(土) 22:29:28 ID:Aw/R17eq
走り屋の兄ちゃんがコールドスリープで横浜最速なエコロジー野郎でした。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 22:32:08 ID:Aw/R17eq
FF8
惚れた女が魔女でした。

FF7
惚れた女が聖女でした。

バハラグ
惚れた女が悪女でした。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/04(日) 00:15:56 ID:wQzv5HzH
>>711
ワロスww


スターオーシャン
1.宇宙軍士官が未開惑星の仲間と共に、地球のムー大陸にまつわる種族と戦う物語。
2.1キャラの息子や3億年前からタイムスリップしてきた娘が、宇宙征服を目指す輩と戦う物語。
3.1や2が全てゲームの世界での出来事でしたと明かされる物語。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/04(日) 16:34:32 ID:Vcb70wco
ケツイ 絆地獄たち
各国政府にとって都合の悪い民間軍需企業を国連の軍事介入で壊滅させ、証拠隠滅を図る物語。

714 :(プ)500kbゲト ◆.vxbvPzT76 :2005/09/09(金) 16:08:03 ID:2NRm93zl
500kbゲト

715 :(プ)500kbゲト ◆.vxbvPzT76 :2005/09/09(金) 16:08:56 ID:2NRm93zl
sage忘れゴメン

716 :(プ)500kbゲト ◆.vxbvPzT76 :2005/09/09(金) 16:14:53 ID:2NRm93zl
あれ?まだ書き込める?

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/09(金) 21:25:23 ID:pyCNbjPa


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/09(金) 21:26:05 ID:pyCNbjPa
もうちょっと梅

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/09(金) 21:27:18 ID:pyCNbjPa
職人さんとまとめサイトの中の人に感謝しつつ埋め

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/09(金) 21:28:28 ID:pyCNbjPa
なかなか500行かないよう。・゚・(ノД`)・゚・。

721 :『スペースチャンネル5』でフィニッシュ!:2005/09/09(金) 21:32:40 ID:Y16c++8p
時は25世紀。宇宙を遭難していた一人の少女が、テレビリポーターによって救助される。
彼女の名前はうらら。成長したうららはスペースチャンネル5のリポーターになっていた。
スペースポートが占領されたと特ダネをつかんだチャンネル5は、新人のうららを現場に出す。
スペースポートでは謎の宇宙人モロ星人によって人々が踊らされていた。
「謎の宇宙人を発見しました。とりあえず踊ってみたいと思います!」
踊りとビームで人々を解放し、さらにライバル局お色気レポーターのプリンも踊り勝負に勝つうらら。
モロ星人のマシーンも倒し、シチョー率もそこそこである。

続いてVIPたちのスペースシャトルにやってきたうらら。
前と同じくモロ星人たちをビームで倒し、乗客たちを助けていく。
うららの行く手をスペース海賊放送のジャガーが立ちふさがった。
「真実を追求する」というジャガーを、これまた踊り勝負で倒す。

とうとうモロ星人の本拠地がわかったので、うららも突撃取材。
次々と倒れていく他局レポーターの中で、うららは最深部へとたどり着く。
モロ星人の最終兵器をジャガーと協力して破壊。
と、そこで衝撃展開。なんとモロ星人たちも何者かに操られていた。
洗脳電波の発信源は・・・なんとスペースチャンネル5本社!?

スペースチャンネル5へと乗り込んだうららたち。シチョー率もウナギ昇り。
操られるモロ星人たちを解放するうららたちを、うらら型ロボのイビラが塞ぐ。
しょせん情熱の無いレポーターだったイビラを下し、ついにチャンネル5社長が現れた。
なんと全ては落ち目のチャンネル5を復興させるための陰謀だったのだ!
化け物の正体をあらわした社長を踊りで攻撃。
だがスピーカーが壊され、リズムの取れないうららは吹き飛ばされてしまう。
宇宙を漂ううららを助けるジャガー。過去うららを助けたのもジャガーだった。
みんなの声援を受け、アカペラでリズムを取って社長を倒す。
そして大行進は銀河の果てまで続くのだった。


502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>17>>18>>19
>>1>>2>>3>>4>>5★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)