5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

RPG大辞典【第6版】

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 23:25:45 ID:v8hZsfdJ
>>31の一行レスだけでageちまったので、反省込みでいくつか。

●くずのは-きょうじ【葛葉キョウジ】 に追記。
なお、設定として・・・
「千年前から世界の裏で魔と戦い続ける一門の出で、一門屈指の実力の持ち主。
そのサポートとしてクズノハと呼ばれる組織を持ち、サマナーであるキョウジにも女性のサポート役がつく。
GUMPという特殊機器を用いて普段はディスクに封印された悪魔を使役することができる・・・」
というのがある。
さて2005年、仮面ライダーの新作「仮面ライダー響鬼」における主人公の設定が結構似ていたのだが、なにしろデビルサマナーという作品自体が糞マイナーであったため、誰からも似てるという声が上がらなかった・・・。


●ひょうけつじゅもん【氷結呪文】
攻撃魔法の一種。敵の周辺の空気を急速に冷却することで敵を凍死させるもの(フリーズ系)と、氷の塊を作ってそれを相手にぶつけるもの(アイス系)がある。
グラフィック的に、フリーズ系は複数攻撃呪文、アイス系は単体攻撃呪文として扱われている。もっとも現在のRPGではグラフィック的な区別くらいの差異しかなく、それらを一まとめにして氷結呪文と呼ぶ。
ポジションとしては、火炎魔法が効かない敵への対抗魔法であり、攻撃力は火炎魔法や雷撃魔法に比べて落ちるがどんな敵にもそれなりのダメージが期待できるため、安心して使える魔法・・・といったポジションといえる。
氷結呪文がよく効くのは、爬虫類タイプのモンスターと半裸系亜人モンスターが多く、逆に効きにくいのは・・・あまりいないが、体毛に覆われた獣系モンスターや、機械系モンスターである。
機械系モンスターなんか、地球の常識では氷結呪文食らったらオイルが凍ったり結露して漏電したりして悲惨なことになりそうなものだが、そこは古代文明の超技術を使われているだけあって、そんな間抜けな故障は絶対にしない。


●らいげきじゅもん【雷撃呪文】
攻撃魔法の一種。術者自身が電流を発生させて敵に放電するもの(スパーク系)と雷雲を召喚して敵に雷撃を落とすもの(ライトニング系)に分類される。
貫通性能や複数攻撃性能に優れる反面、単体へのダメージでは火炎魔法に劣るというのが一般的位置づけ。
雷撃呪文がよく効くのは、水棲系モンスターや機械系モンスター。効かないのは霊体系モンスターや悪魔などが多い。
古くは神の罰といえば雷撃がお約束だったのになぜ雷撃呪文が霊・悪魔系に効かないのか・・・などと思うかもしれないが、理由はひとつ。
「地球外の世界での出来事だから地球神話のお約束は通用しない」ということである。
同様に、「電撃が地面を伝って相手に流れるのって変じゃないか? 電流が地下に流れたらそれっきりで、敵に伝わるはずがないような・・・」などという疑問も、理由はひとつ。
「地球外の世界での出来事だから地球物理のお約束は通用しない」ということである。

319 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)