5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レッスルエンジェルス サバイバー 妄想スレその1

242 :名無しくん、、、好きです。。。:2006/09/29(金) 03:31:38 ID:hUmeKQGr
とある地方の小会場
この日のメインイベントはタッグマッチ、ビューティ市ヶ谷・ミミ吉原VS永原ちづる・サキュバス真鍋の一戦
両組ともすでに入場を終え、さあゴングが鳴らされようかという時に市ヶ谷がおもむろにマイクを握った
「なんですのこの組み合わせは?相手が弱すぎてお話になりませんわ」
元々この試合の永原のパートナーはマイティ祐希子のはずだったが、前日の試合で祐希子が負傷したために急遽この日試合が組まれていなかった真鍋が彼女の代わりに永原の相方に抜擢されることになったのだった
「あなたがあの貧乳の代役?まあ胸が無いというところは同じですわね。おーほっほっほ!」
全然同じではないのだけれど、当たり前過ぎてもはや誰も口には出さない
「むっきー!あんただって本当はちづるちゃんより1センチ大きいだけじゃない!」
「・・・ええっ!?」
いつの間にかマイクを持っていた真鍋が反論している横で、引き合いに出された永原がちょっと驚いて迷惑そうな顔をしている
「嘘仰い。とてもそうは見えませんわ。詐称しているのではなくて?おーほっほっほっほ!」
「な、ちゃんと測ったもん!そっちが嘘ついてるんでしょ!?」
「てゆーか、日本人であんな胸ありえないよね。何か入れてるんじゃないの〜?」
嘘つき呼ばわりされたのは心外だったのか永原も言い返し、真鍋もそれに乗っかる
本来この程度の言いがかりは、「貧乳の人は僻みっぽくて嫌ですわ」と高笑い付きで一蹴する市ヶ谷お嬢様だったが、この時、面白がった一部の観客が「ニセチチー」「シリコンも高級品かー」と野次を飛ばしたのが癪に障ったのか、
「・・・二度とそんな口がきけないようにしてあげますわ!さっさと試合を始めなさい!」
と一方的に会話を切り上げて自分のコーナーに戻ってしまった
永原も真鍋からひったくったマイクを手放してコーナーに戻ろうとした時、真鍋が不意に耳元に口を寄せてきた
「ねーねー、ちょっと作戦があるんだけど」
「作戦?」
「・・・・のときに、私が・・・するから、後からジャーマンで投げちゃうの。いいでしょ?」
「えええっ!?ちょっと、それ本気?」
「マジだよ〜。たまにはあのおばさんも痛い目にあわないとね。じゃ、先発いっきまーす!」
「あっ、ちょっと・・・!」


486 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)