5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歩「俺が成ったら結婚してくれる・・・?」

1 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/10/31(火) 03:13:46 ID:7sNS0YL5
桂子「ええ、だから・・・生きて帰ってきてね」

歩「ああ、君の為に帰って来るよ!!」

そして、歩の進軍は無事成功し、金へと出世して桂子の元に帰ったのだが。

桂子「貴方・・・歩なのね? 良かった、帰って来たのね・・・」

桂子は泣きながら歩に抱きついた。

金「は?お前だれ?」

冷たく見下しそう言った。

桂子「え、私だよ? 結婚するって・・・約束したでしょ?」

金「知らねーよ。 これから香子ちゃんとデートなんだよ。
  お前はピョンピョン跳ねてな。」

桂子「そんな・・・」

歩は、出世して有頂天になり、元の優しい心を忘れてしまったのだ。

「歩・・・もう一度昔の貴方に戻って・・・」

2 :名無し名人:2006/10/31(火) 03:21:16 ID:X2qMe/HZ
歩の成り捨てか?

3 :名無し名人:2006/10/31(火) 03:26:42 ID:k4o7ah6q
香子は香織だな

4 :名無し名人:2006/10/31(火) 03:53:33 ID:54IS40Hg
こういうスレを待ってた

5 :名無し名人:2006/10/31(火) 08:21:15 ID:MvHAFeKo
>>1のような話はあちこちで聞くな。しょうがない。と金からすれば、桂なんて糞だもんな。

6 :名無し名人:2006/10/31(火) 11:27:10 ID:aX83rJzi
桂子は変態
香子はストレート

7 :名無し名人:2006/10/31(火) 11:52:28 ID:/QyK44Kk
期待外れのスレになるオカン

8 :県代表になな子さん:2006/10/31(火) 14:45:44 ID:WcYj5JDR
と・・いうか・・・
歩(あゆみ)と桂子(けいこ)ならむしろ(稽古)が♂と思う


9 :4/6の視線 ◆o8q58r8zyQ :2006/10/31(火) 14:47:58 ID:WcYj5JDR
桂子が追いついたというべきじゃないか?


10 :名無し名人:2006/10/31(火) 15:40:44 ID:c1W4sUN+
捕られたら歩からやり直しなのにね

11 :名無し名人:2006/10/31(火) 15:50:07 ID:RC4ZmJr9
>>□単発質問スレッド・一発ギャグスレ
とあるので>>1は責任持ってこの恋愛物語を完結させてくださいね 立て逃げは許されません

12 :名無し名人:2006/10/31(火) 16:14:06 ID:u7KlwTCh
>>10
取られてまた気付くんだよ・・・

13 :名無し名人:2006/10/31(火) 16:54:06 ID:NRQRedVH
取られても打ち込むんだよ


14 :名無し名人:2006/10/31(火) 17:18:54 ID:46uVlukS
桂子だけに二股かけていた予感

15 :名無し名人:2006/10/31(火) 18:05:44 ID:N18Ck5Qc
>>14うまいなw

16 :名無し名人:2006/10/31(火) 20:23:15 ID:aX83rJzi
10が話のオチなら1は話を続けられない

17 :名無し名人:2006/10/31(火) 20:54:34 ID:rucIMkQT


18 :名無し名人:2006/10/31(火) 23:45:46 ID:54IS40Hg
>>8
あゆむなんじゃね

19 :名無し名人:2006/11/01(水) 00:43:56 ID:dn59DC2V
>>1
金(キム)かよ
まじチョンは最悪だな

20 :名無し名人:2006/11/01(水) 00:45:30 ID:V8Nn1dbF
おもしろい

21 :名無し名人:2006/11/01(水) 00:48:16 ID:/j+DelC4
韓国ドラマっぽくなってきたな

22 :名無し名人:2006/11/01(水) 00:57:07 ID:V8Nn1dbF
香>>桂
つーのが微妙に笑える
>>1
取られるオチまだぁ?

23 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:43:34 ID:98otwAhy
「ああ・・・金さん・・・イイ・・・!! もっと激しく突いて・・・」

香子と激しいスポーツを繰り広げる金。

「やれやれ、しょうがない子猫ちゃんだ。」

「あぁ、イイ・・・」

出陣前の女との一戦を終えた。

「さて、出陣か。今回も軽く戦果を挙げるとするか。」

武装を施し外に出ると、桂子がいた。

24 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:45:19 ID:98otwAhy
「歩・・・」

「誰が歩だ、俺は金なんだよ・・・! 今度『歩』って呼んだら殺すからな!?」

物凄い形相でそう言った。

「ええ、私じゃ貴方に勝ち目が無いから殺したいなら殺せば良いわ!!
 
 でも、私は最後まで貴方の名前を呼び続けるから・・・
 貴方は私にとっていつまでも愛する『歩』なのよ。」

桂子は一点の曇りも無い瞳でそう言った。

25 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:47:12 ID:98otwAhy
「くっ・・・時間が無いから俺はもう行くぞ!!」

桂子を押し退け、外へと出る金。

「歩!!私・・・信じてるから・・・!!貴方が・・・優しい歩に戻ってくれるって!」

桂子の叫びが届いたのかどうかは分からぬまま、金は戦地へと赴いた。



 「歩・・・お願い・・・敵に捕まって・・・そうすれば、私が・・・
  でも、もしそうじゃないなら・・・私・・・」


桂子は、ある決意を固めた。 

26 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:48:57 ID:98otwAhy
「うぉおおお・・・!!」

金は一心不乱に戦場を掛けた。
まるで、全てを忘れるが為に・・・。

「おいおい、金の奴、金らしくない動きじゃねーか。 俺の出番が無いぜ。」

熱血漢の凄腕戦士の飛車がそう呟いた。

27 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:51:00 ID:98otwAhy
『 私は最後まで貴方の名前を呼び続けるから・・・
  貴方は私にとっていつまでも愛する『歩』なのよ!!」 』

桂子のその言葉が脳裏を過ぎって離れなかった。

何とか脳裏から除去しようと、金は戦場で暴れ続けた。

そして・・・

28 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:57:18 ID:ZHDDZbIG
「え・・・金さん・・・貴方・・・」

軍随一の頭脳と、冷静な判断が売りの凄腕戦士、
角の助が金の方に駆け寄って来て何やら驚いている。

「ん、どした・・・?」

まるで死人の様な目でそう問いかける金。

「どしたって・・・その首、敵の『玉』じゃないですか!?」

「えっ・・・?」

金は、無我夢中で暴れてる内に敵の大将の首を取っていたのだった。

29 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 06:59:16 ID:ZHDDZbIG
そして、金は今回の功績が認められ、
全ての戦士の憧れ『王』の座に降臨したのだった。


だがそれは、金にとって悲劇の幕開けだったのだ。

30 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:01:18 ID:ZHDDZbIG
王になった金は更に増徴し、今まで以上にやりたい放題だった。


「ああ、王様・・・気持ちようございます・・・」

「はぁはぁ・・・ギンちゃんのマンコ、凄く良いよ・・・。」


毎日酒と女遊びに明け暮れる日々であった。

もはや桂子の事など心の片隅にも無かったのだった。

31 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:03:13 ID:ZHDDZbIG
そんなある日の事だった・・・

「王様!!敵襲です!!」

飛車が王室に駆け込んできた。

「んー? そうか・・・ まあ適当に暴れなさい。」

王は女郎に一物を加えさせながらそう指示した。

32 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:05:04 ID:ZHDDZbIG
「いえ・・・そ、それが・・・もう既に城内に入り込まれているのです・・・!!」

「なんだと・・・?」

王の「気楽にやれ」と言う方針に従い、
訓練を怠っていた兵士達は烏合の衆だった。

生真面目な角の助以外は、
日々酒と女に漬かる日々で体が鈍りきっていたのだ。

33 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:07:43 ID:ZHDDZbIG
そして、飛車もその言葉を最後に力尽きたのだった・・・

「し、仕方ない・・・私が出るか・・・」

王は武装を取り出し着替えた。

「王、お急ぎ下さい・・・もうすぐ、そこまで・・・」

角の助はその言葉を最後まで言う前に息絶えた。

入り込んだ来た敵に殺されたのだ。

34 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:12:08 ID:ZHDDZbIG
「王ですね・・・お命頂きます・・・」

角の助を倒した『金』が王に剣を向けた。

「ひっ・・・ま、待て・・・王の座が欲しいならくれてやる。 だから命だけは・・・」

王は恐怖の余り保身に走った。


「やはり・・・私がわかりませんか・・・」

金は悲しい口調で王にそう言ってきた。

35 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:14:48 ID:ZHDDZbIG
「えっ・・・? だ、誰だ・・・? 誰なのだ・・・?」

「私は・・・桂子です・・・」

「桂・・・子・・・?」

王は思考を巡らせ、思い出した。

「け、けいこ・・・お前なのか・・・?」

「はい・・・」

36 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:16:32 ID:ZHDDZbIG
「そうか、お前も成ったのか・・・お、おめでとう。」

「ええ、貴方を倒す為に、その一心だけで頑張ってきました・・・。」

その言葉を聞いて王は驚愕した。

「た、倒すだと・・・? な、何言ってるんだよ。
 かつては愛し合った仲じゃないか!?」

37 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:18:03 ID:ZHDDZbIG
「私はずっと貴方を愛してた・・・想い続けてた・・・
 でも、貴方は私の事なんて忘れてたんでしょ・・・」

涙目になりながらそう語りだした。

「そ、それは・・・」

王は言葉に詰まった。

「貴方は、あの時の戦場で敵軍に捕獲されるべきだったのよ・・・」

更に泣きながら語り続ける。

「そうしたら、私は貴方を、優しかった頃の貴方を取り戻せたのに・・・」

38 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:22:13 ID:ZHDDZbIG
そう、桂子は敵軍に捕獲された歩を自らの手で救出し、
降格されれば元の優しかった歩に戻ると望みを託していたのだ。

だが、金は戦果を挙げて王になってしまった。
そして、自らの手で決着を付ける決意をしたのだ・・・。


「そうだったのか・・・」

王は、やっと桂子の想いを知り涙を流した。

39 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:23:30 ID:ZHDDZbIG
「思えば私は随分往生際が悪かったな・・・
 桂子・・・お前の手で私を罰してくれ・・・」

王は落胆し、静かにそう呟いた。

「ええ、私は・・・その為に来たのだから・・・。」

泣きながら、剣を構える桂子。

40 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:29:06 ID:ZHDDZbIG
「さようなら・・・私の愛した歩・・・」

そう言って剣を振り下ろした。

「まだ・・・私の事を・・・歩と、呼んでくれるのか・・・?」

それが、歩の最後の言葉だった。

41 :まきひと ◆zeDiWCcgGk :2006/11/01(水) 07:30:48 ID:ZHDDZbIG
ええ

だって

言ったでしょ・・・?

大好きな歩・・・



     私は最後まで貴方の名前を呼び続けるから・・・
     貴方は私にとっていつまでも愛する『歩』なのよ。





______終わり______

42 :名無し名人:2006/11/01(水) 07:37:37 ID:i+n3HgzE
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′


43 :名無し名人:2006/11/01(水) 12:35:19 ID:V8Nn1dbF
予想外すぎるww

44 :名無し名人:2006/11/01(水) 12:40:34 ID:OE8Xkow1
一冊の本にしよう

45 :名無し名人:2006/11/01(水) 13:09:52 ID:i+n3HgzE
ちなみに
シミュレーションRPG将棋
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1117042963/

姉妹スレ

46 :名無し名人:2006/11/01(水) 14:05:03 ID:Hpq+ot9o
アホすぎるw

47 :名無し名人:2006/11/01(水) 14:24:26 ID:9HnnIShY
金が王ってwww
しかも桂子は 無所属→敵軍なのか それとも自軍→敵軍 なのか?
そこら辺の描写が無かったな

48 :名無し名人:2006/11/01(水) 14:31:29 ID:A1jOlNz0
歩だけでここまで語れる奴はなかなかいないなw

49 :名無し名人:2006/11/01(水) 15:16:40 ID:MYDI3o2v
普通に面白かったんだけどw

50 :名無し名人:2006/11/20(月) 23:12:13 ID:MiXWvfUr
すげえwww



51 :名無し名人:2006/11/21(火) 00:31:27 ID:s9142gil
垂れ歩で成るのはコネ入社みたいなもんか

52 :名無し名人:2006/11/21(火) 05:30:13 ID:96fxkbDX
>>51
誰がうまいこと言えとry

53 :名無し名人:2006/11/21(火) 06:07:38 ID:EGujmuJO
成銀を打つのは他陣営からハンティングしてきたようなもんか

54 :最強女流棋士:2006/11/21(火) 06:51:56 ID:5exeDBoM
あほすぎるvv


55 :名無し名人:2006/11/21(火) 09:03:59 ID:WmBQRHPE
続編まだ?
個人的には最後まで戦いに参加する事のない香をヒロインに…

56 :名無し名人:2006/11/21(火) 09:38:23 ID:wpSRBmCJ
出世したかもしれんけど、勤務先はイラクとかじゃない。

57 :名無し名人:2006/11/21(火) 10:16:50 ID:jmSOe8LQ
1は文才があるなー。おれには書けないよ。

58 :名無し名人:2006/11/22(水) 03:05:15 ID:kERezqm9
これが噂のまじかる将棋入門か

59 :名無し名人:2006/12/19(火) 09:19:54 ID:4LRkQTtj
あがれ!!!!!!

60 :名無し名人:2006/12/19(火) 10:12:15 ID:RDHyheyf
良スレすぎるw

61 :名無し名人:2006/12/20(水) 17:22:39 ID:jzDBMh7o
>>41
で終わらせてどう発展させるんだよ

62 :女性棋士 ◆Hp17aNs7O2 :2007/01/06(土) 00:17:59 ID:wBHKjP+s
あゆみ「うちが3段届いたら結婚してくれる・・・?」
角(すみ)[まあ無理やろうけどがんばってみ-や]
あゆみ「なっちゃいました」
すみ[おまえじゃな・・・・・オレ喪女より美女がいいんだ・・・]
あゆみ「うそつき・・・・・うそつき・・・・あんたなんて・・・・・」




このくらい作れよ

63 :名無し名人:2007/01/06(土) 00:19:22 ID:wBHKjP+s
よかったら続けようか?

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)