5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大局将棋を指しましょう3〔第1局第3譜〕

450 :316:04/09/29 12:31:43 ID:l0CPfpPH
 上で述べましたが、文言の解釈だけではすまない問題なので、ゲー
ムにおける実質的な影響を踏まえて議論していくべきだと思います。
 対局用のルールという意味では、ルールC,E,Fは除外されるべきでし
ょう。これらのルールでは、大将系の駒で(途中の駒を飛び越えて)玉
将や太子を取れますから、初手から大将系の駒による『大空中戦』が
展開され、ゲームとしての面白みに欠けるものと思います(これらのル
ールでは、いずれも十数手で終局すると思います。おそらく先手必勝
です)。
 大局将棋を指している人や、指そうとしている人は、大将系の性能を
抑える方向で考えているのではないでしょうか。大将系以外の多数の
駒にも活躍の機会を与えたいし、数千手に及ぶマッタリした大河のよ
うな対局が可能になるからです。そういう意味から、私はルールAを推
しています。
 ルールDでは、ルールAよりも幾分か大将系の駒が強力になってい
ます。私はAの方が良いと思いますが、Dも検討に値すると思います。
Dを採用する場合、陣地内の弱点の防御がポイントになりそうですね。
奔鬼の位置(10一、27一、10三六、27三六)・獣曹の位置(8一、29一、
8三六、29三六)・白虎の位置(2一、35三六)・玄武の位置(35一、2三
六)に大将または飛将で縦に飛び込まれると取ることができません(か
つての879手目 ▲10一大将 を見つけた先手さんは慧眼だと思いま
す)。これらの弱点はルールBでも同様です。ここに飛び込まれるのを
防ぐのは相当難しいので、これを許すか許さないかで相当ゲームが
違ってきます。
 このような手を許容するかどうかを含めて、ゲームとしての良し悪し
を検討するのが良いと思います。大将や飛将で敵の一段目に侵入
でき、しかも非常に防ぎにくいという結果をもたらすルールは、私とし
ては採りにくいと感じております。

496 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)